あいやばばライフ


北国初心者・家事初心者の日々・喜怒哀楽を・・・。
by aiyababa

タグ:薪作り ( 19 ) タグの人気記事

立木の伐採・・その2 栗の木の大枝伐採

ナマステ!



 前回の続きですが・・・今度は栗の木の大枝の伐採です。 



 胆振東部地震の一日前、北海道では台風21号が通過して各地に大きな被害をもたらしていまして・・ここ当別でも街路樹やら公園樹やらビニールハウスやらがかなり倒されました。



 この惨禍でいくつかの倒木を処理したりしましたが、新たに栗の大木の枝折れ処理を依頼されました。
d0251572_07565565.jpg

  丁度脚立が立てかけてあったので、上に登って折れた個所のチェックです。 これなんかは捻りながら折れてます。
d0251572_09401381.jpg

  もう一本は・・・素直に折れてますが・・・
d0251572_09405624.jpg

   それぞれ、普通に切り落としたらかなり危険な伐採になると・・直感的に思いました。



  というのも通常伐採する時はチェーンソーを入れるところが支点となって倒れていくんですが・・折れて地面に到達した枝というのは地面に接した枝がそれぞれ支点になるので、折れた大元にチェーンソーを入れると上が開くのか下が開くのか横が開くのか、閉じてチェーンソーが抜けなくなるのか・・とか全然読めない。



  よって・・・先に折れた枝の先にあるさらなる小枝を一つ一つ切り落として、最終的に大枝がぶら下がるくらいにほぼ裸にしてから



  大元を切り落としました。 残すのは左に伸びる2本だけです。
d0251572_10013543.jpg

       角度を変えて反対側から・・・
d0251572_10122681.jpg

   写真では”後で伐採”・・となってます。 が、実は切って切れないことは無かったものの、脚立に乗って、もし体勢が崩れたらやばいので、ここは無理せずに・・北海道ですし・・雪が降って積もった3月頃なら丁度腰の高さで切りやすいと思い残しておきました。



 で、次は・・切り落とされた枝を整理して、薪用、焚き付け用に分けて地道に処分していく作業ですが・・・栗の木って厄介ですねぇ・・。



 主幹以外は全部曲がりくねって枝を伸ばす。 まるで柿の木と一緒。
d0251572_17514568.jpg



 基本的に直径10cm以上のものは玉切りにして、それ以下のは後々丸鋸で切断するつもりでいますので棒のまま。



      玉切り品。
d0251572_17502745.jpg

       曲がった小枝。
d0251572_17505840.jpg
 



 時間的に言うと主幹を切断している時間より枝整理の方がはるかに多くの時間を費やしてまして、いつもながら忍耐の時間でした。 




  結果的に言うと・・栗の木は真ん中が腐っていたこともあって、大きさの割にはあまり薪としてのボリュームはありませんでした。



 ま、こーゆー時もあります。



  ということで、ひとまずミッション終了です。



  でわでわ また


  本日のこつぶ: 今日は動物病院に行きました。 明日2回目のワクチンを打つ予定でしたが・・・まだ。若干咳をする。 もうちょっと様子を見てみましょう・・ということで・・・ワクチン接種は延期となりました・・。 元気は人一倍・・否、犬一倍なんですけどね。


        それは俺のシャツ!
d0251572_18023687.jpg
       
         ちゃんと餌入れといてよね!
d0251572_18020574.jpg
 

 

by aiyababa | 2018-10-29 18:03 | 薪ストーブ | Comments(0)

立木の伐採・・その1 小木の伐採・掘り起こし。 

ナマステ!



 前々からお願いされていた、立木の伐採なんですが・・冬が来る前にやっつけなくてはならず、なんとか時間を・・と思ってましたところ・・



 全国的に天気の良いこの木曜日に決行することとしました。




  今回の依頼は大きく分けて2つ。 



 一つは栗の老木の枝折れの撤去。 こちらは別記事で・・。



 そして、休耕畑に遂に芽を出しここ数年で勢いを伸ばしてきた小木の伐採と撤去です。
d0251572_08463327.jpg




  まず初めにこの小木の小枝を立っているうちに払いました。 小木というくらいなので薪にはなりませんが焚き付けにはなります。 後からだと何かと面倒なので、今のうちがいいかと・・。
d0251572_12421489.jpg



 伐採と言ったってここ4~5年の木がほとんどですから、伸びたと言ってもたかが知れてる。 ・・はっきり言って・・ほとんど薪にはならない。


 焚き付けに使えるのがそこそこあるかな・・と言う感じです。 焚きつけといってもそれはそれで必要なものですから、しっかりと確保しておく必要があります。 ですから全く無駄な作業でもないんです・・・が、やっぱり手間がかかります。



 集中してやれたら1日あれば終わっちゃうくらいの量ではあるんですが、1時間やっては家に戻って、2時間後にまた来て、1時間やっては戻ってっていうのばかりなのでなかなか進まない。



 そーやって進めていると、刈り払い機で切られた更に小径の木の株があちこちに出てくる。 それらは地上5cmから10㎝の長さで刈り取られているから他の草と違い踏むと危ないし、躓きやすい。 場所によってはヨシも生えてるところがあるし、そんなところで転んだら・・怪我をする。
d0251572_12425480.jpg



 で、これも見つけ次第、唐鍬と鉈あたりで掘り起こしたり切断しに掛かる。 こーゆーのが数十本。



 そして最後はやっぱりチェーンソーで切断っていう、かろうじて薪になる太さの物を残して・・
d0251572_12440791.jpg
d0251572_21025519.jpg


   初日・・・終了。



  翌二日目、残りの刈り払い機の残り株を地道に見つけ撤去して・・
d0251572_21201264.jpg




 残りの小枝を一か所に集めて・・・いよいよチェーンソーの出番。



  やや太い立木を地面スレスレに切っていくも・・あるところで土を一緒に巻き込んでしまって・・一気に切れが悪くなり・・慌てて目立てして再スタート。


 

        で、終了!
d0251572_22563573.jpg

      スッキリ!



   残るは・・・栗の木・・。




   でわでわ また


  追伸: 日ハムが吉田輝星君を1位指名! 交渉権獲得しました! ファンとしては言う事ありません。
 

by aiyababa | 2018-10-27 01:03 | 薪ストーブ | Comments(0)

風倒木の無料配布。

ナマステ!



 先日、いつも家の前を通って買い物に行くご老人が、一輪車に手首サイズの枝を数本運んでいた。



 それどうしたんですか?って聞いたら・・役場の方で○Xセンターに保管してある台風の風倒木を持って行っていい・・というのだった。



 なんでも、町の方で広報を通じて、「風倒木の無料提供致します。」という記事を載せていた・・というのです。



 何それ? 小生がメールで役場に質問した時は、個人で風倒木の処理をするのは駄目・・と言ってて、正式に持って行っていいならその旨言ってくれたらよかったのに・・って思ったんだが・・



 よく考えたら、それはそれで、恐らく小生のような質問を薪ストーブ愛好家?からいくつか受けたのかもしれません。



 それで、回覧板で回ってくる”広報”で無料提供に至った・・と。


 それならと、まずは役場に行って無償提供許可証なるものを受け取りに行くか・・と。



 で、かようなものを頂きまして、晴れて引き取りに行くことが出来ました。
d0251572_18100777.jpg

  ただ、広報が各家庭に届いたのは10月第一週。 あまり細かく目を通すことも無かったので正直行きそびれた感があったんですが、その話を聞いても子犬の世話でなかなか家を抜け出せず・・・子犬の睡眠とか段々と判ってくるようになって、1時間2時間なら抜け出せることになってやっと決行に至ったんですが・・・


  役場、建設課の担当者の話では・・丁度いいサイズはもう無くなってて大木しか残ってないんです・・とのことだった。



  で、取って返してその保管場所に行ってみたが・・・
d0251572_18223039.jpg

   最初に出て来たのは・・ニセアカシアの大木。 言ったとおりだった・・・。 正直ユニッククレーンでも持ってこない限り、ヤサおとこの人力では手に負える大きさじゃなかった・・・。



  それでも、いろいろ見定めて・・チェーンソーで玉切りしてみたが・・やはり直径50cm超えは切れないことは無いが、長さ30cmちょっとくらいまでしか切れない。 それ以上だと重すぎて持ち上がらない・・・。 一個切って止めました・・。 チェーンソーの前にあるやつです。
d0251572_18392390.jpg

  あまり多くは持ってこられなかったけど・・初日はこれだけ。
d0251572_18433952.jpg

  で、このあと・・もっと嬉しいことがあって・・



 多分、公園の落ち葉だと思うのですが、風倒木で枯れた木の葉っぱなのか大量に集められてまして・・・
d0251572_18530699.jpg




  翌日、この落ち葉を少しいただきに上がりました。



  こちらはまた別記事で・・。



  でわでわ また






by aiyababa | 2018-10-13 20:34 | 薪ストーブ | Comments(0)

庭木の伐採を頼まれました。

ナマステ!



 朝方、ブログアップを丁度したばかりの時、ご近所のSさんが訪ねてきて、「庭木を切ってもらいたい人がいるんだけど・・」と突然の伐採依頼。


 
 なんと! 嬉しい話じゃないですか。 Sさんちの裏の人っていうので歩いても1分。 すぐに見に行って見ると、どうやらエゾノコリンゴっぽい。 



 切りたい理由は、葉っぱが茂ると日が差さなくなるから洗濯物が乾きにくい・・ということらしい。 いろんな理由があるもんだ。



 庭木と言っても直径20cmちょっと。 上の方は剪定されてて高さは4mちょっと・・と言うところでしょうか? それでも周りには低木の庭木があるので一発で切り落とせなくて、
枝を一つづつ落としていく方法を取った。 脚立に乗って上の方から1m長くらいで3回に分けて切断。



 あっという間に切り倒してしまったので、ご近所のYさん・・「この木も切ってもらおうかな・・。」と。 名前の分からない針葉樹。
d0251572_23342513.jpg



 気が変わらないうちにこっちもサッサと片付けちゃおうとチェーンソーをギュンギュン唸らせて・・・伐採完了。 これも直径20㎝程度の庭木。
d0251572_23333559.jpg



 切った木をハナちゃんに積み込んでいたら、この材木も持って行ってくれ・・とのことで、既に不要になった雪囲い用の角材。 そのほとんどは腐りが入ってて確かに使えそうにないのがほとんどだったが、乾かして燃やせる程度の腐りだったので喜んで頂いた。 もちろん何本かはまだ十分使えるものもあった。



  そうこうしているうちにほぼ終わりかけた時に庭の角に立ってる木が目に付いた。  あれ??  一番目立つ位置にあるのに今まで誰も気が付かなかったのか、それは既に立ち枯れの木だった。 こーゆーのこそ真っ先に切るべきものと思うが・・・。 とーぜんの如く、これも伐採を依頼されて・・Yさんの庭から都合3本の庭木と角材(垂木)をいただくことになった。
d0251572_23350156.jpg



  この際いただける物ならみんな引き取ります!・・と宣伝しておいて、一軒?落着。



 で、続いて先月末にまだ雪が残るころに依頼を受けて、一本のエゾノコリンゴの木を切ったKさん宅。 「雪解け後に残った1m分の木を切り倒しに行きますね。」と言っておきながら行ってなかったので、チェーンソーを持ち出したついででもないのだけど、午前中に一気にやってしまおうと伺った。 



 で、こちらでも追加の伐採依頼があって、新たに2本追加。 全部合わせて1㎥以上になったと思いますが・・・




 翌日、雪囲い用の角材・・半分腐っているものだし・・そのまま放置してたらどんどん腐るばかりなので、ここはすぐにでも薪用に切断して薪棚で乾燥に掛けたほうがいいだろうという事で、今度は電動丸鋸を取り出しまして・・・カット、カット、カット・・。



  積み上げたけれど・・たいしたことは無かった。 ちょっとがっかり。 この薪は真冬用じゃなくて今の季節のような、ちょっと焚けば間に合うっていう状況の時に使おうと思ってます。
d0251572_18180062.jpg



  でわでわ また



   ⇓
ランキングに参加しています。 いずれか一つで結構ですので・・ポチっとブログ応援よろしくです。 別窓で開きます。







   ご訪問ありがとうございました。 またお越しくださいませ。






by aiyababa | 2018-04-22 08:39 | 薪ストーブ | Comments(0)

塀の防腐剤塗布と庭の残作業。

ナマステ!



 久しぶりに爽やかな青空が一日中見られた一日でした。 



 早朝、いつも通りに野菜の収穫に外に出たらば・・・今までにない股間まで縮む感じの冷たさ。



  寒暖計を見たらば9℃。 たぶん初めて10℃を切ったと思います。



  何気に木造の塀の方をみたら・・なんかごちゃごちゃっとした塊が見えまして・・よ~く見たらば小さなキノコ・・・サルノコシカケ科だと思うけど、そんなキノコが生えていた。




   それを見て・・今日の仕事を”畑の草取り”から・・”木造塀に防腐剤を塗る!”に変更しました。





   歩道側にこの春に廃パレットを利用して作った木造塀がありますが・・・材質は2種類。 一つは針葉樹・・で、もう一つは恐らく広葉樹。 木質は硬くて脆い。 こちらの広葉樹のパレット材がちょっと怪しかった。

  


  まさかもうキノコが生えるとは・・・。





  物置でここ数年寝てたままの防腐剤があったのを思い出して、朝から一気に塗装開始・・・と行きたいところだったが・・その前に・・腐りかけた長い板を30cmでカットして薪にする作業から・・。
d0251572_21453898.jpg



    いろんなところに置いてあった板も2年も経つと使える板はなくなりまして・・全て薪に・・。
d0251572_21471492.jpg

    いつの間にか焚きつけ材が増えて増えて・・・。





     さて・・歩道側木塀ですが・・・塗布前です。
d0251572_21513096.jpg


    狭い隙間には刷毛が入らないので・・筆も使って塗っていきました。





   薪棚の扉の場所はマスキングテープのカバーシートを使ってやりました。 薪棚は塗装しません。
d0251572_21564561.jpg




    道路側・・終了。
d0251572_21563195.jpg



   午後は裏側も終えて・・
d0251572_22012383.jpg




   
     で、次は東側の塀。   3.6m長の胴縁の真ん中が弛んでいます。 本来ならその中間に少なくても一本の支柱は必要かと思ったが・・いつの間にか追加で入れるのを忘れてまして・・・今も弛んだままです。
d0251572_22095286.jpg

     
      今更この真ん中を持ち上げて真っすぐにする・・・なんてことは出来ないから・・・現状より下がらないようにと・・支えの板を渡すことにしました。
d0251572_22234802.jpg



   こーゆーのを2か所作って・・・完了。


   尚、ここではユニクロメッキのビスは使うのをやめました。 あのビスはせん断力に極めて弱くこのケースでは簡単に千切れちゃうかと・・。 ここでは直径7mmのロッドとコンクリートネイルで補強してます。





   で、そのあと・・・もう一つ。





    デッキへの入り口に置いてあるスノコ・・・これにも防腐剤を塗布しました。 
d0251572_22343318.jpg



  また・・このあたりの地面の高さが実に曖昧になってるので・・これを機に段差をつけるとかして・・・メリハリをつけることにしました。
d0251572_22344365.jpg



   今日は久しぶりに一日中爽やかな秋晴れが広がるということで・・気持ちよく作業できたのはいいけれど・・





   4種類を間髪入れずにこなすとは思わなんだ・・・。 





     張り切り過ぎるのもほどほどにした方がいいかもだが・・・





    インドへの出発日が決まらないっていうのが・・ネックだ・・・。 急に決まると何もできなくなるから・・できる時にやっとくか・・っていう気持ちになっちゃうんだよねぇ。





    お蔭で明日することが無くなってしまった・・っていうのは大げさだけど・・





    そうか・・・思い出した。 畑の草取りだった・・・。
d0251572_22505568.jpg

     猫じゃらしで戯れるとすっか・・・。





    でわでわ また



   ⇓
ランキングに参加しています。 いずれか一つで結構ですので・・ポチっとブログ応援よろしくです。 別窓で開きます。 







   ご訪問ありがとうございました。 またお越しくださいませ。


    



by aiyababa | 2017-09-22 22:55 | じぶんちの庭 | Comments(0)

シーズン最後の薪仕事。 玉の移動。

ナマステ!



  風邪ひきも2日目には平熱に戻りまして・・やれやれです。 それにしても暑かった。 健康体でも今日は外で仕事をする気力は生まれなかったんじゃないかと思います。




 さて・・・先週終わりの話なんですが、いよいよ、薪を積むスペースが無くなりました。  ということは・・・今年の薪割りは終了ということですね。




  ストーブも6月23日だったかを最後にそのあと焚いてません。



 全部割ったかというと・・・残念ながら、大きな玉を残してこの夏を過ごすことになりました。
d0251572_22213869.jpg




 で、仮に下ろしてた場所(↑)からちょっと玉を移動して、一か所にまとめることにしました。




  雑草・・オオアワダチソウを引っこ抜いて道を作り・・
d0251572_17462132.jpg


      大きいのは転がして運びました。 距離にして20mちょっと。
d0251572_17465888.jpg

      

  この玉切りした丸太・・最大で直径が50cm長さも40cm程あって、重さにしたら50kgちょっと。




  残念ながら非力な小生にこれを担いで移動・・なんてことは出来ません。 せいぜい腰までは持ち上げられても歩けと言ったら・・2・3歩進めばいいほうでしょう。 


  お姫様抱っこ・・なんてやれるはずもなく、俳優さんなどはみんな軽~く抱っこしてますが、女優さんも軽いとはいえ・・軽々と持ち上げるのはなんだかんだ鍛えてますよねぇ・・。  小生の場合、取り敢えず箸が持てれば、死ぬことはないかな?っていうくらいでいいでしょう。




   で、最後は矢張り多少は持ち上げなくてはならず・・・この頃腰の調子はいいとはいえ・・やっぱり不安が残ります。




     それでも・・何とか積みました。
d0251572_17472709.jpg



   それにしても・・馬力というか力は無くなりましたね。 筋肉が昔とは雲泥の差です・・。 



  筋肉とか回復力が無くなってる‥って思ってたんですが・・筋肉に痛みがずっと残ってるのはもしかしたら知らず知らずに無理してて筋が一本二本切れてたりして・・?




   今後は面倒でも無理のない大きさにあらかじめ切っておくことが先決ですね。 




   「な~~に、俺はまだ若い!」なんて言ってると・・身を滅ぼします。  同世代の諸兄、肝に銘ずべし! ・・です。





  でわでわ また



   
 ランキングに参加しています。 いずれか一つで結構ですので・・ポチっとブログ応援よろしくです。 別窓で開きます。 






  ご訪問ありがとうございました。 またお越しくださいませ。






by aiyababa | 2017-07-14 08:48 | 薪ストーブ | Comments(0)

薪割り対策・・安全靴を買いました。

ナマステ!



  九州地方・・物凄い雨が降ってますね。 もし、今ここで同量の雨が降ったら・・・多分壊滅的な被害が出るかと思います。 

  北海道は全般的に雨に対しての対策が他に比べてまだ甘い気がしますし・・。 

  過去にもそこまでの集中豪雨ってなかったから仕方ないのかもしれませんが、ここんところの異常気象で、北海道でも昨年のような台風上陸とかで甚大な被害が出てきてますし・・・油断はできませんね。




  さてさて・・早速週400点キープ・・とはいきませんでしたね。 ちょっとだけ・・つかの間の夢を見せてもらいました。 




 で、タイトルですが・・・安全靴を買いました。 先日のような愚かな過ちを繰り返さないために・・お隣の江別までお買い物です。



 ここ数年に限らないですが・・安全靴だけはけっこうな数購入してるんですですけどねぇ・・。 



 海外での仕事でも安全靴の装着は絶対で、日本人は軽量の運動靴にしか見えないタイプのものを皆日本で買って持ってきて履いてるんですが・・これを現地人は皆欲しがるわけですよ。 滅茶苦茶軽いですもんね。
 一応全員に配布してるんですけど・・中国製の旧来のタイプで鉄製のカバーで頑丈一筋っていう靴なものだから、小生みたいに体力のない人間は、履いてるだけでエクササイズ。 
  いつも帰る頃は膝やくるぶしから下が鉛のようなけだるさに支配されまして・・「・・・次の帰国には日本から取り寄せてこなきゃ・・。」となる訳です。 ・・・他人の分も合わせたりすると4足とか5足購入っていうのもあったりします。



  小生の場合、一応最低2足は自分用として買っていきます。 一応盗まれた時の為です。 土足厳禁!の時期になったりすれば上履き用の安全靴も一緒に持っていくのでこれまで一体何足の安全靴を買ってきたことか・・・。



 でも・・・仕事にけりつけて帰国する時には・・み~~~んな置いてきちゃいます。 云わば・・プレゼントみたいなものです。 帰りの荷物を少なくしたいって言うのもあるけど・・こっちも特に値の張る安全靴を買ってるわけでもないし・・帰国直前ともなると、こーゆーのは現地スタッフなどが小生に予約を入れに来るので自然と持ち物は減っていく。 どーみても足のサイズ合わないだろ?っていうような奴まで「俺にくれ!」と言ってくる。 



  というわけで・・・持ち帰って履いてりゃあんなことにはならなかったのだが・・そーも行かなかったところに今回の落とし穴があったと・・・。




  そーゆー個人的なセーフティーシューズヒストリーは置いといて・・・買ったのは3000円のお手頃価格版。 
d0251572_08263645.jpg


   色もかなり目立つオレンジ。  そこそこ履きやすいです。 



  で、突っ掛けタイプの夏用安全靴? を見つけて・・こっちも欲しくなって・・買っちゃいました。 一応かかとも起きて引っ掛かるようになってますので車の運転も可。 値段はさらに安くて2000円。
d0251572_08315753.jpg



   こーゆーのを見せられたら欲しがるわけですよねぇ・・。




   そして・・他に脛当て(スネ当て)を探したんですが・・江別のHCにも作業服専門店にも置いてなくて・・しょうがないからニーパッドを(膝当て)を買ってきて・・・それを脛(スネ)に装着して見たら・・
d0251572_08411165.jpg


   意外とフィットしまして・・




    足の指を痛めた後、薪割りは控えていたんですが・・・




     痛みも薄らいできた今・・・




    薪割りを再開する予定です。  ちょっとだけですが・・・。




    でわでわ また


   
ランキングに参加しています。 いずれか一つで結構ですので・・ポチっとブログ応援よろしくです。 別窓で開きます。 






  ご訪問ありがとうございました。 またお越しくださいませ。





by aiyababa | 2017-07-06 08:58 | 雑用・諸々 | Comments(0)

薪作り・・とにかく一段落つきました。 でも不名誉の負傷。

ナマステ!



 先日・・伐採現場からすべての丸太と玉切りしたヤチダモとナナカマドを運び終えました。 ブログではそこまでは紹介済みですが・・問題はそこから先です。



 ナナカマドの玉はそれ程大きくなくてせいぜい40cm弱ってところなんですが、ヤチダモは40cmオーバーが何個もありまして・・・



  最高は長手で50cm。 流石に大きい。 良く運んできましたね。 自分で言うのもなんだけど・・。
d0251572_20592106.jpg




  節が無い素直な物でも薪にするには何回斧を振り上げなければならないのか・・・。  10cmくらいの枝だと1回斧を振れば終わりだけど、ほんとうに40cmオーバーの玉はなかなか一丁上がりとはならない・・。 



  30cmくらいの玉なら斧だけでもいけそうだけど・・40cm超えはやっぱしくさびを使って半割りしないと大変です。 倍以上斧を振り上げても割れない時もありますし・・。
d0251572_22114917.jpg

  くせ薪の一部。 ここまでするだけで通常の4倍くらい斧を振り上げてます。



  写真はないですが・・あれは心強い味方です。  更に玉の長さが35cm程度なら斧だけでもそこそこヒビが入りますが・・・40cmの長さの玉は何度やってもヒビすら入らない時もあって・・ただ、疲労の度合いが増すだけですもんね・・・。 意外と隠れた節が存在してたりする時があるんです。 そんな時は「・・おかしいなぁ・・素直な玉の筈なのに・・・。」と首をひねるばかり。



  節とか捻じれ材にも効果的ですが、打ち込む場所を間違うとくさびが飛んできたりするので、打ち損じはご法度です。 が、くさびは楽です。多少のねじれや節もそれらをかわして”割り”を進めてくれます。



  でもやってしまったんです・・・。  最後の最後になって・・・くさびが当たったわけじゃないのですが、パカンと割れたのはいいんですが・・・いくつか繊維の筋が残ってまして・・・それが思いの外・・変に引っ掛かって通常あり得ない動きをして・・玉の半分が小生の打ち込んだ時の軸足(右足)に落ちてきまして・・軸足ってのは体重が載った場合・・絶対にすぐ反応できないじゃないですか・・。



  40オーバー半割り玉の角がまともに小生の親指に・・・・「ウッ・・・」



  片目だけが涙目になる・・ような痛み・・と言えばわかるでしょうか・・。 他を叩いて痛みの分散とかやってみたりして20秒後には「よしっ!」と目を潤ませながらも・・また作業に戻っていきました。



  その後もあと2本、玉を割って薪にして・・ハナちゃんに薪を積んで、車庫に薪棚に並べて痛みをこらえつつも作業を終了させました。



   ハナちゃん車庫内の薪棚・・歩道側は全部塞がりました。
d0251572_21582811.jpg



    物置側に若干余りがありますが・・ここまで! なんでもかんでも積んじゃうと、後先が逆になって、せっかくの乾燥薪を取り出せなくなる恐れがあるので・・ここは手を付けず。
d0251572_21583261.jpg



   それでもまだヤードには玉がごろごろしてます。
d0251572_22213869.jpg

d0251572_22214373.jpg

   薪棚がほぼいっぱいなので・・このまま玉のまま置いておくか・・新たに薪棚を作る必要が出てきました。



  一応、仮の薪棚を作ろうかと思ってますが・・ざっと見て2立米は残ってるので少なくても3~4mの長さは必要で・・大弱りです。




   とりあえず・・このまま玉のまま年越しかな?



   ほんとに悩むところです。




     さて・・・部屋に戻ってから靴を脱いだ後・・いきなり更なる痛みが襲ってきて・・もう普通に歩けない状態に・・。 親指を床に付けられないんです・・。



  今回のアクシデントの前でも、左手親指の腹にマメが出来まして、潰さないように、わざわざ一日斧を握らない日を作ったりしてたんですが、それだけじゃなくて、右足脛(スネ)には3回くらい薪が飛んできて、青アザを作ったり擦り傷作ったり・・少なからず血を流してたりはしてたんですが、今回ほどのものじゃなかった。
d0251572_21510904.jpg

   今朝の写真。 爪の下にうっ血が見られます。 腫れはかなり引きました。




   今日は湿布薬をはって、痛み止めを飲んだりして凌ぎました。 
d0251572_21510903.jpg




   ちょっと通常の仕事に戻れるのは数日先になりそうです。 それまでおとなしくしてましょう。




    でわでわ また


   
ランキングに参加しています。 いずれか一つで結構ですので・・ポチっとブログ応援よろしくです。 別窓で開きます。 






  ご訪問ありがとうございました。 またお越しくださいませ。


   



by aiyababa | 2017-07-03 22:50 | 薪ストーブ | Comments(0)

薪作り・・その5 小径ナナカマド終了。

ナマステ!





なんでポイントが上がらない??って思ったら・・昨日・・アップし忘れてましたね。 記事を書いたのは昨日なので・・そのつもりで読んでくださいませ・・・。



  まだ伐採地には小口20cm以上の玉切りした丸太などが残っているのですが、20cm以下の小径のものは昨日で一応全部薪作りが終わりました。



 今回は全てナナカマドを薪にしました。 手に豆が出来る寸前まで頑張っちゃいましたが、ヤチダモの時は今回に比べて倍くらいの量を薪割りしてきただけに、ナナカマドがいかにヤチダモに比べて手強かったかが判ります。



  玉切りは既に一昨昨日終わってまして・・一昨日、昨日と薪割りに勤しみました。
d0251572_09243110.jpg

d0251572_09225790.jpg




 直径30cmクラスの中間サイズの玉も何個か挑戦しましたが、それが枝分かれを含む玉だと・・割れが半分まで行ってもスパッと割れることが無かったり、端から少しづつ攻めていってもけっこう大きな株として残ってしまうなど‥時間と体力を消耗するだけ・・と考えて、そーゆーのは回避しました。 あとで15cmとか20cmの玉にして小割の端材薪で処理する予定です。

d0251572_09264266.jpg


   割った薪は全て薪棚に収めましたが・・あっちこっちと後で判らなくなる積み方なので、いつ作った薪なのかメモを貼っておかないといけません・・・。
d0251572_09232852.jpg

d0251572_09232701.jpg



  いよいよ次回は残りの大玉?を運んで・・割って・・終了ですが、果たして・・場所が足りるのかどうか??



  薪が無いころに何でもいいから作った焚き付け用の桑の木の薪(直径2cm~7cmくらい)は一旦外に出してブルーシート被せ・・に降格させないといけないかもです・・。



   いずれにせよ・・今シーズンの薪作りも終盤に来たってことですね。




   でわでわ また



   
ランキングに参加しています。 いずれか一つで結構ですので・・ポチっとブログ応援よろしくです。 別窓で開きます。 






  ご訪問ありがとうございました。 またお越しくださいませ。




 

by aiyababa | 2017-06-25 08:29 | 薪ストーブ | Comments(0)

薪作り・・その2 ヤチダモ編。

ナマステ!



 昨日は、11時半くらいになってやっと雨が上がってくれまして、外作業開始です。 とはいえ、午前中はほとんど何もできず・・午後から‥本格的に作業開始です。



  今回、4月の立木伐採でゲットした木は主にヤチダモとナナカマド。 伐採地に寝かせてあるのはどっちがどっちとも言えずに混在してますが・・・こっちに持ってきたときに一応別々に下ろしてあります。
d0251572_08111006.jpg



  で、手始めにヤチダモの方から・・。 写真は既に小径のものは運び出したあとです。




  直径10cm以下のサイズのものはチェーンソーじゃなくて丸ノコで切断していく。 
d0251572_08185605.jpg




  そして・・・それ以上のものは玉切りにして・・薪割り。




   一昨日の桑の木と言い・・ヤチダモと言い・・斧を扱うのはここんところちょっとしんどい・・。



  実は腕自体・・筋肉が悲鳴を上げてて、これ以上なにかやると・・ピキッと音がして筋が断裂しそうな気がするのです。




  小さいサイズに玉切りしたものなど小口を掴んで持ち上げるだけで前腕外側のなんとか筋に痛みが走ってあんまり無理が出来ない。 




   それでも続けるんだけれど・・だましだましやってるって感じです。




  だけど・・まだまだ先はありますね。 昨日も薪割り途中で時間切れ。 今日・・また続き・・薪割りから始まります。




  でわでわ また


   
ランキングに参加しています。 いずれか一つで結構ですので・・ポチっとブログ応援よろしくです。 別窓で開きます。 






  ご訪問ありがとうございました。 またお越しくださいませ。






by aiyababa | 2017-06-09 08:34 | 薪ストーブ | Comments(0)


「みちくさ」 ちょっと覗いて・・現在ランキング取りやめ中
最新の記事
以前の記事
最新のコメント
カテゴリ
タグ
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧