あいやばばライフ


北国初心者・家事初心者の日々・喜怒哀楽を・・・。
by aiyababa

タグ:薪ストーブ ( 37 ) タグの人気記事

世界は熱いが我が家は寒い・・ストーブ焚きました。 

ナマステ!



 劇的な6月12日が去りました。 なんか今まではテレビ画像と新聞という形でしか我々には知る由もない動き・・大統領も政府高官もツイッターという手段を使ってネットでいち早く状況とか内容を伝えちゃうんですね。 世の中変わったぁ~・・・。



 さて・・・昨日は朝から一日中雨降り。 朝9時の気温でも10℃くらい。 今朝に至っては7.5℃しかありませんでした。
d0251572_16092371.jpg



 いつものように5時前に起床したけれど・・ここんところまた朝一番にともちゃんのお相手をすることになっている。 寒いのは昨日ばかりじゃなくて一昨日もその前も寒くて朝は”ちょい焚き”をしている。



 しかし昨日は別。 一応200℃まで上げて・・空気を絞って巡行運転。 室温も20℃から25℃まであげたんだが・・その後放っておいたらまた室温22℃まで下がってしまった。 
d0251572_16091612.jpg



  外気温を見たら・・10.5℃・・・。 朝からほとんど上がってなかった。 すかさずまた夕方前から焚き始めたんだけど・・気分は4月。
d0251572_16113073.jpg


  実は・・このストーブの2018年の焚き納めの時を待ってます。 



  土間を打って約6年。 この”土の間”に終止符を打つ時を狙ってます。 



  理由はまた後で述べますが、とにかく・・こー寒くちゃストーブを一旦片づけることも出来ません・・。



 今日も気温は上がらないようです。 雨は降らないけど昨日よりも寒くなりそうで、もう6月半ばなのにテープを巻き戻した感じです。 明後日から気温が上昇する気配があるけど・・もうここまで下がることは無いでしょうから・・と期待したいが・・悪あがきもここまでとしていただきたい・・ですね。



  でも・・・雨が降って・・野菜たちは元気いっぱいに見えます。 ジャガイモなんか更に勢いよく葉っぱを広げた気がします。近々花も咲きそうな感じです。
d0251572_07155024.jpg

d0251572_07160475.jpg



  今週の水遣りは必要ないかもですね。 お隣の畑は毎回ジョウロとバケツを下げて水遣りに行ってますのでちょっとでも助かると嬉しい・・。
d0251572_08362139.jpg



 何より・・井戸のガチャポンを漕がなくていいのがねぇ・・。 5分連続して上げ下げしてるだけでけっこう息が切れます。


  

 この雨と寒さで外仕事は一時中断ですが・・暖かさが復帰したところが春・夏の分岐点でしょうか?



 ”土の間””を無くすというのはかなり大きな我が家の工事になります。 今の内に鋭気を養っておかねば・・・。




  でわでわ また



   ⇓
ランキングに参加しています。 いずれか一つで結構ですので・・ポチっとブログ応援よろしくです。 別窓で開きます。










   ご訪問ありがとうございました。 またお越しくださいませ。






by aiyababa | 2018-06-13 09:06 | 薪ストーブ | Comments(0)

畑の準備その1・・防風ネットを張りました。

ナマステ!



 お隣さんの畑・・やっと雪が溶けました。
d0251572_20374993.jpg



 冬の間、ネットを地面に寝かせてたのを・・そろりそろりと持ち上げて・・



 防風ネット張り方開始です。  元々がいただき物でしたから、何ヶ所かネットが傷んでいたりもするんですが、去年も強風に耐え暴風を堪えた実績があるので今年も出番となりました。 



 支柱はそのままですから、あとは端から持ち上げて天辺の棒に結わえるだけです。 で、結う時にビニールハウスの押さえバンドという黒い平ロープを使うのですが、これが優れもので、ちょっとやそっとじゃ切れやしない。 


 50cm間隔であるフックを鉄棒に縛っていくのはいいんだけど・・雪解けしたばかりだから土が柔らかくて脚立の足が沈む沈む。 



 ここんところの体重増加も影響してか、一段乗るとやばい時は垂直になってしまう。 で、結局、わざと沈ませて、更に反対側に行ってまたも沈ませて固定して使いました。 ただ、これをやると、毎回沈んでは抱き上げて足を抜いてっていうのを繰り返しになるわけで、ちょっと体力も消耗・・・。
d0251572_20424208.jpg



  それプラス、風が強くて・・・中央部が大きくはらんでいます。 ワイヤーを通して締め上げる作業が出来ずに・・・途中で断念。 少し風が止むのを待って・・と思ってたら・・結局翌日。 再スタート。



  中間のフックにはワイヤーを通しましたが、強風の中、手で引っ張るだけでは力が足りなくてだらんとしてしまうので、ターンバックルを使ってワイヤーを張ってます。
d0251572_20431175.jpg



 なんだかんだで、風があって気温もそれ程上がらなかったから寒い思いをしつつ頑張っちゃったんだけど・・一応終了です。
d0251572_20460871.jpg

  こーゆー強風の中の曇り空は朝だけじゃなくて、昼もまだまだストーブの火を絶やせません。 体が芯から冷えてます。 
  10日以上も前・・暖か陽気が続いたころ防寒タイツにもおさらばをして見え張って履いてないから寒さが身に染みてます・・・。
d0251572_06395591.jpg


  チェーンソーをわざわざ取り出すまでもなく、かといって斧で割ることが出来ない節入り玉。 もうこれ以上は無理というところまで頑張って薪割りしたけど・・大株のまま放り込んでみました。 ナナカマドの薪です。 乾燥だけは十分に進んでいたので・・思いの外早く燃え尽きてしまいました・・・。 




   ナナカマドじゃなく・・イチカマド?で灰になりました。 



  燃えにくいって言われるナナカマドですが・・・昨今の燃焼を研究し尽くした?薪ストーブに掛かれば、ナナカマドも最上級の薪に早変わりです。 




   いい薪です。 一発で惚れました。




  畑の準備作業・・第2弾は・・害獣ネットです。





  でわでわ また



   ⇓
ランキングに参加しています。 いずれか一つで結構ですので・・ポチっとブログ応援よろしくです。 別窓で開きます。







   ご訪問ありがとうございました。 またお越しくださいませ。


  
  


by aiyababa | 2018-04-15 09:00 | じぶんちの畑 | Comments(0)

薪ストーブのハンドルが・・完成しました。

ナマステ!





 ここ数日、このブログへの応援ポイントがグンと増えまして、順位も若干上昇致しました。 特に何をしたということも無いのですが・・不思議な興奮に包まれながら、わくわくしつつブログアップしている今日この頃。 


  ひきつづき応援の程、宜しくお願いいたします!




 今日は久しぶりのDIY記事です。 製作物は小物ですが、オリジナルを超えた風合いが自己満足に過ぎないのですが・・なかなかいいと思ってます。 元はと言えば、3月10日の記事で既に紹介してますが・・ネジを舐めつつ入れてしまってた中国人の作業員に感謝でしょうか?
d0251572_09521651.jpg

 そして、一昨日、ご近所のHCから連絡があって、依頼していたネジが届いたとのこと。



 そのネジというのが、今回待ってたM8、100㎜長の鍋小ねじ。
d0251572_23184431.jpg



  テンポラリーで付けていた取っ手を取り外して、
d0251572_23243407.jpg


  同じように、焚きつけ用に持ってきたナナカマドの枝の方を選んで・・



       加工開始です。   作業中の写真は取れないので・・9㎜径木工ドリルを差したままで・・。
d0251572_23324251.jpg


  片側は、ネジ頭が入る分、13mmのドリルで3cm程揉みました。
d0251572_23331275.jpg


    そして、既存の取っ手の金属部に差し込む分の切り込みを行いました。 正面扉の写真ですが、実際は側面の扉のこの部分です。 
d0251572_23434243.jpg


   貫通部の周りを削りだすのでけっこう神経を使いました。  
d0251572_23474238.jpg



  完成後の写真ですが・・貫通部の周りは約1㎜の薄さ。
d0251572_23503633.jpg



   ネジを通して、取っ手の金具に差し込めば完成・・・ですが・・

d0251572_23541991.jpg


 
   一応工程を。



   最初は2枚上の写真の金具差し込みから始めましたが、次に表皮を取り除く段階で・・驚き。
d0251572_00015590.jpg


   虫が這った跡がありますが・・実は削り作業中、この2mmしかない表皮の薄さの中で・・・2匹の結構大きい幼虫がいたんですねぇ。 知らずに切り出しナイフで切ってしまったんですが・・・渓流釣りの餌にも十分なりそうな幼虫でした。



  で、全ての表皮を削いで、角を丸く削って・・多少やすりをかけて・・



  色を塗らずに、多少バーナーで焦がして・・・



      完成です。
d0251572_00114968.jpg



     ネジのヘッドはこんな感じ。内側のネジ頭、あらかじめ13㎜径のドリルで予備穴を開けてましたが、それでもセンターがあってなくて若干頭が当たるので、その部分は彫刻刀で大きくしました。
d0251572_00115508.jpg

    ま、仕上がりは粗雑なんだけど・・・



   これくらいの方が薪ストーブには丁度いんでないか・・と。
d0251572_00144543.jpg


  木自体が楕円だったので、均一にするのは至難の業。 そのままでいいかとなりました。




   作業的には1時間弱くらいの作業でしたが・・取っ手もちゃんとクルクル回るし・・・



   とっても気に入ってます・・・。




   でわでわ また



   追記:テニスの大坂なおみ選手が先週ビッグ大会で優勝して、今週は1回戦で元女王セリーヌウィリアムズと初対戦したら・・・あっさりと勝っちゃいましたね。
彼女の才能は2年前に初めて見た時、粗削りだけどサーブが錦織より早くて、リターンクロスを信じられない角度で決めちゃって、凄いのが出てきたなって印象だったんですけど、今年になって全てにおいて安定してて・・怪我さえなければグランドスラムも行ける!と確信しました。日本語ド下手ですけど・・愛嬌あるから許しちゃいましょう。 




   
ランキングに参加しています。 いずれか一つで結構ですので・・ポチっとブログ応援よろしくです。 別窓で開きます。







   ご訪問ありがとうございました。 またお越しくださいませ。





by aiyababa | 2018-03-22 10:10 | 薪ストーブ | Comments(0)

焼き芋

ナマステ!



この時期にしては、かなりの雨が降りました。 道東の方は河川の氾濫やらで避難勧告がでているようで大変なことになっています。



 それに比べたら大したことは無いけど、道路の排水溝が雪で塞がれてて、水たまりが家の前にできて、車が通るたびに水を掛けられて歩道を歩けない状況なので、せっせと雪というか氷を砕いて排水溝の氷塊を除去し、なんとか水たまりを少なくする努力をしてみました・・・。 ま、多少の効果はあったようです。




 さて・・時々ですが・・・薪ストーブで勝手に焼き芋作ってます。




 別に誰の許しを請う必要も無いから勝手に作ってるわけだけども・・・




 昔は焼き過ぎて焦げ付きばかりの焼き芋作りも、今ではほどんど失敗無しで美味しい均一な焼き具合の焼き芋を作ることが出来ています。 ちょっと言い過ぎですが・・・。



 やり方なんて言うのは、わざわざ書く必要もないくらいそれぞれの家で確立した何かがあるので、参考にはならないでしょうけど・・



  小生流のやり方で行くと、誰しもやる新聞紙巻きも、最低3回は巻いて完全に水で湿らせて空気を抜くって感じでしょうか? アルミホイルは無駄に何枚も巻く必要もなく一重で十分。 



  薪ストーブに投入するタイミングは焚くのをやめて温度が下降し始めて170℃以下になってから150℃くらいまでの間で投入してます。



 携帯タイマー、もしくはタイマーで15分にセットして最初は焼きます。 焼く位置は右か左の端っこ。 右か左かはその時の燃え方次第。 熾きの上というより灰の上に・・。



 で、アラームが鳴ったら・・次は反転させて10分。 トータル25分。 だいたいこれで直径3㎝程度の物だったらOKだけど、それ以上のサイズは5分+5分って感じで、それを7分にしたりして調整。 



  で、適当な時間が来たら取り上げて・・恐る恐る開封・・・。
d0251572_18290026.jpg



  形は丸いものよりサツマイモらしい細長いものを選びますが、直径はせいぜい6㎝。 これ以上大きいと芯に火が通ったころは表面が焦げている場合があるから焼きバランスが難しくなるので使いません。 上のはおよそ上限の6㎝物。 7分+7分追加しておよそ合計40分焼いてました。 取り出す頃は120℃くらいに温度も落ちていたし・・それほど過酷な環境には置いていません。



   で、次は肌襦袢を・・・
d0251572_18314088.jpg


   ところどころのやや焦げがいいですね。 自画自賛ですが・・・。



   で、まずは半分に割って・・・
d0251572_18325477.jpg



    
d0251572_18340329.jpg


   ホクホク系でしょうか? 紅あずまなんですが・・・。美味しかったです。




  でわでわ また



   ⇓
ランキングに参加しています。 いずれか一つで結構ですので・・ポチっとブログ応援よろしくです。 別窓で開きます。







   ご訪問ありがとうございました。 またお越しくださいませ。






by aiyababa | 2018-03-09 18:51 | 家事・料理 | Comments(0)

薪ストーブの話。2018年1月の炎。

ナマステ!




 今まで、毎日とはいかないまでも、気が向いたら炎の写真を撮ってきてたんですが・・・
d0251572_22291680.jpg



 ゆらゆらと燃える薪を眺めて飽きないな・・・と、いつもいつも思ってます。

d0251572_22300795.jpg


 薪ストーブの薪の消費。 今年初めてナラ薪をふんだんに燃やせる喜びを感じつつ日々薪をくべてます。



 以前、針葉樹を燃やしていたころ・・一日およそ17㎏の薪を燃やしてました。 で、ナラ薪の場合はどうか?ってことなんですが・・



 野菜収穫用のコンテナに無理しない程度で一杯詰めて約19~21㎏。 コンテナ重量を含まない薪だけのネット重量です。
d0251572_23362058.jpg


 薪の長さが30㎝とかなり短いので(購入したものはどうやらシイタケ栽培用に90㎝の長さに切ったもののようで、45㎝じゃ長すぎるし・・仕方なく30㎝に・・)こんな重量にしかならないのですが、35~40㎝長の薪だったら25㎏前後になり、一杯入れてきても10本前後は毎回残るかもしれない重さです。



 そうなんです。 我が家は完全外断熱の家屋なので、一度部屋というか家全体を暖めたら火が落ちても室温の下降は緩やかなので、薪を連続投与することはありません。  朝・夕・晩の3回焚きが普通でしょうか?  もちろん日中でも10℃(零下です)近くまで下がるような日は昼も燃やしますが・・。
d0251572_22455668.jpg



 室内を暖める為の総火力・・熱量は当然ながら針葉樹だろうが広葉樹だろうが一緒というのが証明できたのはやっと昨年の秋の事です。 ナラ薪をやっと燃やせるようになってからです。




 籠に一杯詰めた薪も平均で2~5本毎日残ります。 ということは、平均17kg燃やしていることになり、これは以前計った針葉樹(トドマツ)の一日平均の重量とほぼ同じでした。
d0251572_22452625.jpg


 
d0251572_23150419.jpg



  そして・・今年から燃やし方を変えました。



  薪割りの段階であまり大きな薪を作らないってことでしょうか? けっこうあっさりと燃えてくれます。



  朝まで燠が残ってるとか残ってないという事には固執しなくなりました。
d0251572_23055511.jpg



  というのも、ダンパーを絞って、二次空気を絞って、ガラス表面への空気をも絞ってガラスに煤が付くのが嫌で、4時間燃えてくれたらそれで十分と考えたら・・なんだか憑き物が落ちた・・というか気が楽になりましたね。
d0251572_23062579.jpg

     ガラス・・きれいっしょ?





  今ではたぶん二次空気よりはガラス表面へ送る一時空気の方が多くなってるかと思います。 毎回軽~くティッシュで拭く程度で、炎もよく見えるし・・いいこと尽くめです。



  それと・・わけあって、燃焼温度を少し下げました。 以前は270℃くらいまで上げてからダンパーを絞って巡行運転をしてたんですが。今は230~250℃あたりでそれをやってます。 念のために温度計をもっと信頼のおけるものに変えてもいいかなとは思うのですが・・・新しく買うより少し負荷を抑えて燃やそう・・と。

d0251572_23205635.jpg

d0251572_23222588.jpg


  ともちゃんは今日も優しい炎で我々を暖めてくれてます。



 落ち着くなぁ~・・・・。




  でわでわ また



   
 ランキングに参加しています。 いずれか一つで結構ですので・・ポチっとブログ応援よろしくです。 別窓で開きます。 







   ご訪問ありがとうございました。 またお越しくださいませ。


 



by aiyababa | 2018-01-30 23:47 | 薪ストーブ | Comments(0)

パレット解体材で残りの冬を越す・・。

ナマステ!



  ここんとこ、暖かいです。 雪解けもぐんと進んで・・



  本日の積雪深は78.5cm。 昨日が87cmだったから一日で8.5cm減。 最低気温も0℃くらいだったしこの調子だと3月中に積雪ゼロになりそう・・。



  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



  さて・・・先日頂いたパレットなんですが・・・いつまでも山積みさせておくわけにもいかず・・地道に解体作業・・やってます。
d0251572_09000551.jpg

d0251572_09005479.jpg

   南側の方はやっと半分終わりました。


  まずは、パレットでも下側の地面に接触する側を先にバラし、ブロックを取り払い、最後に上部のすのこ状の板を丸ノコで切断するという手順で進めています。

  

  今回の解体作業、基本的に釘は抜かずに叩いて曲げて、そのまま燃やしてしまえ!・・という方向で行くことにしまして、毎日毎日たくさんの釘を炉内から回収して、ストーブを焚いております。



  というのも・・パレットに使われている釘・・言ってみれば特殊釘で、らせん状に筋が入ってたり、釘に半田付?された針金で抜けにくくなってたりしてるので、くぎ抜き作業などけっこうな重労働になるんですよね。
d0251572_09065601.jpg




  燃やした後の釘回収はたやすいものですから、労力もいりませんし・・薪にする板を並べるときとか持ち出すときにはちょっと気を付けないといけないけど・・くぎ抜きの面倒くささに比べたら屁でもない。 



  それでも・・パレットによってはそこそこ使えそうな頑丈な板を使ってるのもあって、そーゆーのは丁寧にくぎ抜きをしたりしてますが、ほとんどは大ハンマーを振りかざしてバキバキと板を破壊、粉砕してバラしてます。




  そんな中、パレットの角、中間に備えたブロック・・・角材を切ったのもありますが、パレット用に圧縮成形されたのが多くて数的には3分の2はそんな圧縮材でした。(写真:奥2つのもの)
d0251572_08541818.jpg




  で、この圧縮材・・けっこう火持ちするんですよねぇ。 少なくても針葉樹よりはゆっくり燃える。 
d0251572_08540918.jpg


  そんなわけで、急遽頂いたパレット材を早く処分しないと、春が来てしまいますので大変です。



  でも・・・1日に焚く量・・重量的にはパレット1個分で十分賄いきれちゃいます。 



  100個近く頂きましたから・・少なくとも3ヶ月は掛かる・・・。 



  これから残りのシーズン・・全部は燃やしきれないですね。



   嬉しい誤算ですが・・・やっぱし・・まだ薪棚が足りない感じです。



  でわでわ また



   ⇓
 ランキングに参加しています。 いずれか一つで結構ですので・・ポチっとブログ応援よろしくです。 別窓で開きます。 





  ご訪問ありがとうございました。 またお越しくださいませ。




by aiyababa | 2017-03-03 09:19 | 薪ストーブ | Comments(0)

ともちゃんと語る・・・。

ナマステ!


 昨日は北海道・・猛吹雪。 いたる所で事故が起きてしまってました。


 出張で3日ぶりに帰宅する途中だった細君も地吹雪による渋滞に巻き込まれ、到着予定時間がオーバー。 あらかじめ聞かされていた時間に合わせて夕食の準備をしていた小生も調子が狂っちゃいました。 


  点数稼ぎじゃないけど、ホッカホカ、熱々の状態で出す予定だったものが・・・結局みんな温め直しに・・・。


  別に点数稼ぎゃなきゃいけない程、やましいことしてたり、弱みを握られているわけじゃないんですが・・人生、こーゆーすれ違いとかタイミングのずれ・・とかいうのはままあるわけで、別段気に留めるほどのことでもないんですが・・天候には逆らえないし・・到着してから最後の火入れをしてもよかったな・・と、ちょっと後悔。


  
  で、本日の積雪深。  99cm。 昨日の記録が雪で見えなく曖昧だったので・・ほぼ昨日と同じかな? 積雪自体は10cm以上はあったかと思うのですが、この場所は風で吹き飛ばされた気がします。



  定点撮影。



      まず道路側。
d0251572_08413472.jpg



     そしてお隣さん側。
d0251572_08413517.jpg




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



   さて・・薪ストーブ・・。 ともちゃんとの会話ですが・・



   昨日みたいに一日中風が強くて、時々吹雪いてって云うような天気だと、外に出て何かしようとも思わないし、車庫で何か作ろうとか思ってもシャッターを開けっぱなしにできないので・・ほぼ一日室内で過ごしました。



  外気温自体はそれ程寒くはないんですが、風が強いんで・・室温もどんどん下がって・・昼過ぎにストーブに火を入れたりしてたんですが・・・一仕事して部屋に入って来た時の19℃と、ずっと部屋にいて下がってきた19℃では寒さの感じが全然違いまして、19℃どころか、20℃あたりでもう手足が冷えて堪らなくなって・・珍しく昼から火熾しです。



  それまではTVをつけっ放しでどうしようない質疑応答の国会中継を流しながら、ブログをアップしたり、ネットで燻製の手ほどきを受け、ちょこっとメモなどとって時間を潰してましたが・・・ストーブを付けると・・ちょっとしばらくともちゃんとの会話が始まります。



  まず、ともちゃんと対峙します。 土間に置いたストーブの前に小上がりがあって、そこに足拭きマットを敷いてあるのですが・・ここに腰かけます。 青いホーロー引きの器は、灰から取り出した釘入れです。
d0251572_09043586.jpg



   300℃近くまで上げた後、空気を絞ってゆらゆらと漂う炎を見てると・・時々眠くなります。
d0251572_09164145.jpg


  特に二次燃焼空気でポワポワと漂う炎は幻想的で、なんかこー夢を見ている気分になるときもあります。 っていうか、いつも早起き・・だいたい5時頃なんですが、就寝時間も遅いので正直・・寝不足。 
d0251572_09180706.jpg

  この寝不足を補おうとすると・・とーぜん昼寝をするわけで・・そーゆー朦朧としかけた時にこの火熾しを安定状態に持っていくと、一安心して・・ストーブの前でつい・・うとうと。



   夢を見ている気分というより・・夢を見てたりするんですね。 



   時々脛が熱くて起きちゃうのですが、次第に温度も下がってくると燠だけが怪しく輝いてて・・またそこに惹かれるんですねぇ。
d0251572_09323183.jpg



  
  ともちゃんは何も言いませんが・・そーゆー遠赤外線を放って小生を暖かく包んでくれる時・・



    幸せを感じます。



   いつの間にか部屋の温度も23~24℃に上がって・・今度は板の間でごろ寝です。



   さて・・・これから一週間前に仕込んだ豚バラの塩漬けを水に戻して塩抜きして・・いよいよ燻製づくりを始めます。



   ベーコン作りです。



  さて・・一発目・・どんな味に仕上がるか・・楽しみです。



   でわでわ また



   
 ランキングに参加しています。 いずれか一つで結構ですので・・ポチっとブログ応援よろしくです。 別窓で開きます。 





  ご訪問ありがとうございました。 またお越しくださいませ。





by aiyababa | 2017-02-03 09:54 | 薪ストーブ | Comments(0)

薪の量

ナマステ!



 久しぶりのまとまった降雪がありました。 北海道では道南・道東に多くふったようですが、ここ当別は今回も大雪を免れて、せいぜい10cm程度でした。



 ただ、風が強くて吹き溜まりの場所、そうでない場所、風の通り道になる場所で積雪もまちまちで、庭に設置した測定棒では・・



  今朝の積雪深が72.5cm。 昨日からたった5mmしか増えてませんでした。 風の通り道になったたようです。 風もいつもの北西風が北東風だった所為もあるようですが、吹き溜まりでは40cmくらい溜まった所もありました。



 で、本日の定点撮影。



     まず道路側。
d0251572_08405824.jpg

  車庫の屋根などは風で持っていかれてほとんど積雪に変化はありません。



     そしてお隣さん側。
d0251572_08405997.jpg



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




   さて、薪ストーブですが・・・ともちゃん絶好調です。



   今年はいつもより寒い日が続いているので、どれくらい一日燃やしているのかチェックしてみました。



   どこにでも売っている野菜コンテナに一日分の薪を運んでいるのですが、けっこうぎちぎちに詰め込んでます。
d0251572_08490880.jpg



  我が家の薪は半分がミックス薪(白樺、桜、柳、イチイ、桑等々)。 残り半分が家の解体材(米松、杉、トドマツ、カラマツ等々)


   これで18.5㎏。 コンテナ+底敷板が2kgなので正味16.5㎏。 



   一日分としては・・ほぼこれで間にあっちゃいます。 日中晴れて陽が部屋の中にまで差し込んできた日には、夕方まで全然焚く必要がないくらい室温が下がらないので、そんな日は若干余ります。



  平均すると・・いつもこんな感じで1~2本余ってる感じです。 となると、一日平均15~16㎏燃やしている計算です。
d0251572_08544371.jpg



     余った薪は後ろの薪置き場に置いてます。 ゆっくりですが嵩が増えてきまして、10日前後くらいで山になるので、今度はそっちの薪置き場の薪を一日分燃やして減らして、また次からコンテナに用意した薪を使うっていう風にしてます。



   ですから15㎏x30日で450㎏++くらいがひと月の薪の量ということになります。 建築端材とかミックス薪(比重の軽いもの ≒0.45で長さ35cm)あたりだと薪棚に並べて高さ1mで長さ3m・・大体1立米くらいでしょうか? 



  ナラ薪を使うと重量は2kg程度増える計算ですが、今のところまずは雑薪を消費して、それが無くなったらナラ材に移行していく予定です。



  ただ、この薪には焚き付け材は入っていません。 焚き付け材は別の籠を用意して、主に解体材の外壁板を細かく割って使ってますが、立ち上げには1㎏も使っているかどうか?
d0251572_08490802.jpg


   見づらいかもしれませんが、箱の右と左で若干幅が違います。 左が細木で、白樺の皮の上にそっと載せる木で、右側がやや幅の広い木で、その上に重ねるもの。 一回に使う量はそれぞれ一握り程度。 薪はこの焚き付け材の上に数本載せて・・着火しますが・・



   この白樺の皮・・樹皮、ほんとに優れものです。 紙は一度燃えたらすぐに火は無くなりますが、樹皮は火を出し続ける時間が長いので、確実に細木に火がついて、馬鹿でも失敗しないのです。 
d0251572_09094355.jpg


   ですから、使う量も一回でせいぜいこんなもの。
d0251572_09094398.jpg


 これより少なくても付きますが、保険の意味で最低これくらい入れて着火します。 1分後の火室内は火の海になってます。



  で、その後もガンガン燃やして・・
d0251572_09252895.jpg


    300℃まで上げて・・・ダンパーを絞って暖を取る。



  そろそろミックス薪も在庫が尽きる頃となりました。 



   来月初めころから待望のナラ薪を燃やせるかと思います。 本当は来年、2018年シーズンから使いたいのですが、昨年は海外で仕事をしていたので薪の用意が出来ずに、2015年初冬・・11月伐採のナラ材を急遽購入したものです。・・・まだ1年と3ヶ月・・。



  水分計を持ってないのでどれくらい乾燥が進んでいるのか判りませんが、やむを得ないですが・・・燃やしてみます。



  でも・・ナラ材を燃やすに越したことはないですが、燃やしてみると・・ホンマの薪ストーブ・・よく頑張ってくれてます。



  針葉樹だろうが広葉樹だろうが樹種に関係なくガンガン燃えてくれて・・煤も余りつかないし・・



  食べるものに好き嫌いなく何でも受け付けてくれるともちゃん・・



    頼もしい愛人です。



   でわでわ また



   
 ランキングに参加しています。 いずれか一つで結構ですので・・ポチっとブログ応援よろしくです。 別窓で開きます。 





  ご訪問ありがとうございました。 またお越しくださいませ。




by aiyababa | 2017-01-23 10:05 | 薪ストーブ | Comments(0)

サンマ甘露煮と焼き芋が美味い!

ナマステ!



 ここんところ毎日朝は氷点下。 昼でも3℃前後。 そして・・雪か雨。



 もう・・冬到来と言ってもおかしくはないのだけど・・まだ山々は紅葉真っ盛り。 



 いうなれば。。微妙な季節感覚です。



  とはいえ寒いのに変わりはなく、毎日朝昼晩とストーブを焚いてます。



  これだけ頻繁にストーブに火を入れて何もしない手はない・・。



   先日実家から届いたサツマイモやら、スーパーで一尾55円で売りだした時のサンマ。



  しからば・・こーゆー食材を薪ストーブを使って料理でしょ。 


 
   サツマイモは今のところ焼き芋に凝ってまして、アルミホイルを開けた時の香ばしい匂いに、もうにんまり。




  サツマイモをよく洗って新聞紙にくるんで水で湿らせ、アルミホイルでぐるっと包んでともちゃんの端っこに放り込む。 




  温度は150~170あたりまで下がって、燠だけになった時に入れるが、10~15分おきに3分の1回転づつ回しておおよそ40分前後で完了。



  で、おもむろに取り出す。
d0251572_16545745.jpg



  期待を持たせながら・・アルミホイルを取る。
d0251572_17034447.jpg


   新聞紙の焦げ具合がよろしいようで・・。



    新聞紙をそろりそろりと脱がしにかかる。 この辺からもう香ばしさが鼻を刺激して・・



     焼き芋が露わな姿に・・。
d0251572_16525896.jpg


    これを真っ二つにして・・
d0251572_16560696.jpg

  小生は半分いただく。しかも皮ごと。 半分は細君。 でないと・・あとあといろいろ揉めるのだ・・・。



  銘柄を教えてくれなかったので何だかわからないが・・茨城辺りだと・・紅あずま?? 



   なんにしても美味しい。





    そして・・・さんま。



  55円という値段だと幾分小さいかな?っていう印象があるが、その辺は気のせい?と言われればそれまで・・っていう程度のもので、安いに越したことはない。



  で、これを甘露煮にする。 ストーブの上でことこと煮込むのだ。 圧力鍋がないので、長時間煮込むこと以外に方法は無いのだが・・・



  ガス代も電気代も全くかからないので・・実に嬉しい。



   出来上がりまで何度か差し水をして・・ストーブで3回・・冷めては温めて、煮立ててを繰り返し・・時間にして合計7時間くらい煮込むと・・・
d0251572_17550502.jpg



  缶詰の如く・・全く骨の存在をも感じさせず・・美味しく煮込めました。



   実のところ、まず細君がこれをやって、実に美味しく出来たのを見て・・んじゃ小生も・・と、やってみたんだが・・



  もうちょっと甘くしても良かったんじゃない? と、味に指摘を受けたが・・小生的にはこの辺がいいところかな・・と思うし・・


  
  個人差の問題として・・砂糖は特に追加しなかった。 一応及第点は戴きました。



  また一つ・・レパートリーが増えたわけですが・・忘れて行ったレパートリーも数知れず・・。



   「この頃○X▲作ってくれないよねぇ・・・。」




   ・・・・はて? そんなの作ったことあったっけ??



  まだまだ身に付いてない料理ばかりであります・・・。





   でわでわ また



  
 ランキングに参加しています。 いずれか一つで結構ですので・・ポチっとしていただけましたら・・ブログの励みとなりますゆえ・・よろしくお願いもうしあげます!

 ご訪問ありがとうございました。 またお越しくださいませ。





by aiyababa | 2016-11-03 18:16 | 薪ストーブ | Comments(0)

初焚き・・しました。

 ナマステ!


 
 ともちゃんの煙突掃除、部品交換を終えて、いつでも使用OK・・となっていた薪ストーブですが・・・


 思ったより早くシーズン初焚きの瞬間が訪れました。


 今年一番の冷え込みを記録した先日、我が家の寒暖計でも9.5℃まで下がってまして、日中もずっと曇ったままで19度くらいまでしか上がらない日でした。


 室温も22℃から21度台に下がって来てて、通常日が昇れば徐々に上がって来る室温も下がる一方。


 外仕事から戻って家の中に居ても暖かみが感じられないので・・


 「・・焚き付け材だけでいいからストーブに火を入れてみっか・・。」 と、いうことになった。


  庭仕事をやってて、庭木の剪定とかで出た枝・・これが結構溜まってるんです。
d0251572_13281283.jpg


   これをこーして束ねて・・

d0251572_13274316.jpg


  薪ストーブがあるのにいちいち”燃えるゴミの日”に出すなんてことはしません・・でしょ?


  必然・・・一応一纏めにして、庭の片隅で乾燥させて束ねてあります。 それがもう4・5束あります。 乾燥中の予備軍を入れたら7・8束。 他にもたくさんの普通の焚き付け材があるので、どこかで処分しなければとは思ってたんです。


 白樺の皮・・ほんの5cmくらいの切れ端に火をつけて・・あっという間に広がる火焔・・。


  いいですねぇ。 やっぱし。


  一束、直径30cmあまり・・。 これを全部燃やして・・室温はほどなく23度まで上がってくれて・・後は徐々に追加の焚き付け材を投入し・・24℃まで上げて・・終了。
d0251572_13201607.jpg

d0251572_13201684.jpg


  ストーブ内の温度もせいぜい150℃程度。


 この時期、こーゆーふーにフルに焚かなくてもいい気温が続くかと思います。 


 ま、それでも薪らしい薪を早く燃やしてみたい衝動には駆られますが・・。



 でわでわ また


  
 ランキングに参加しています。 いずれか一つで結構ですので・・ポチっとしていただけましたら・・ブログの励みとなりますゆえ・・よろしくお願いもうしあげます!

 ご訪問ありがとうございました。 またお越しくださいませ。







by aiyababa | 2016-09-18 08:56 | 薪ストーブ | Comments(2)


「みちくさ」 ちょっと覗いて
最新の記事
以前の記事
最新のコメント
カテゴリ
タグ
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧