あいやばばライフ


北国初心者・家事初心者の日々・喜怒哀楽を・・・。
by aiyababa

タグ:能郷イチゴ ( 7 ) タグの人気記事

能郷イチゴ採り・・2回目・・行きました。

ナマステ!



日に日に犠牲者と安否不明者が増えていく今回の豪雨災害。 台風7号の発生から尾を引いて梅雨前線の影響から始まった今回の惨禍。 まさかの北海道にまでその被害は派生しました。 10日前はこれ程の被害になるとは誰しも思わなかっただけに、毎年繰り返される予想だにしない悲劇の繰り返しに、この文明の世の中でさえ人智の無力さを感じます。 犠牲になられた方々のご冥福をお祈りいたします。



 さて・・・エゾ梅雨?にしてもあまりに長かった雨があがり、久しぶりに差した陽の光の下・・・



 実は先週末のことなんですが・・・行ってきました。 能郷イチゴ採り。



 我が家のイチゴが散々な目に合っていたので、野生種はどんなものだろうと思ってましたが・・被害はそれほどでもなくて、時期的に採集が遅れて腐りかけたっていう感じのが見受けられた程度でした。 ⇓こんな感じですが、黒くカビが生えるところまでは行ってません。 でもここまでふやけたら・・対象外・・・かな。
d0251572_10481598.jpg




 今回は平日で、細君にもFじーにも休日が合わずに一人で行ってきたのですが・・収量としてはまあまあとしても昨年には及びませんでした。



  今回は恐らく北東ないし北西斜面と思われる場所での採集となりました。 要は最後まで雪が残っていたと思われる場所ですね。 そーゆー場所がメインで採ってきました。
d0251572_10474421.jpg
d0251572_10475307.jpg


 前回、細君と二人で言った時より100gほど少なかったです。 時間は倍掛けましたが、一か所で大量にというのは余り無かったです。 



  それでもヘタ+ゴミ付きで480g近く採れて・・
d0251572_12060143.jpg



  地道にヘタ取りです・・・。 ほんとに地道です。 ワカサギを開くのより時間が掛かる気がしました・・・。 今回のはやはり長雨にたたられて若干ふやけた感じのイチゴも一緒に採ってきたので・・ヘタ取り前に一旦軽く凍らせてからヘタ取りしました。 これは・・正解でした。 ワイルドストロベリーの場合にも使える手法です。
d0251572_12073965.jpg


 下準備後の計量でも350gありましたから小瓶で2つくらいは出来るか出来ないかというところです。 いいんじゃないでしょうか?
d0251572_12091789.jpg

   野生のイチゴジャムは酸味がいい味出してくれるのでやっぱし毎年欠かせない収穫行事であり、製造作業です。 今年はもう行く予定はありません。 長雨に祟られちゃってますしね。



  林道も年を追うごとに草が深くなって少しづつイチゴの繁殖エリアが他の草や木々に侵されてます。 あと・・4~5年続けられたら嬉しいけど・・。 ちなみに別な場所で5年前にたくさん採集した場所はもう見る影もなくなってしまいました・・。 



  当別ダムの建設に伴って出来た比較的新しい林道なのでやむを得ません。



  こーやって新しい場所を見つけ出すのもまた楽しいのですが・・新しい場所を見つけるって・・・けっこう体力要るんですよね。 車じゃなくて足で稼ぐものですから・・・。



  でも野山の散策はいつ行っても楽しいですよ。



  でわでわ また






  

by aiyababa | 2018-07-09 12:26 | 山菜・きのこ | Comments(0)

能郷イチゴ採りに行きました。

ナマステ!



 昨年のジャム作りで味を占めて、今年も野に繰り出して能郷イチゴを採りに行きました。



 天気は曇り。 気温もそう上がらず、虫も飛んでなくてホッとしました。



 今回は細君も一緒に採りに行ったので、虫でもいたら大変な騒ぎになっていたはずなので、まずそこんとこが良かった。



 例によって・・出掛ける前のセイコーマート詣で。
d0251572_18384979.jpg
        車の窓はちゃんと拭いておきましょう!




 生えているところはこんな林道の際なんですが・・・小生が採った場所は車道側よりガードレールの近くか、外側。 こっちの方が大物がある・・気がしまして・・・。
d0251572_18404747.jpg

   能郷イチゴはそこそこ大きいのも混じってるので、採ってても良いのを見つけると思わずにんまりしますが・・大概はそれ採ってどうするの?っていうサイズ。



     この辺は中の上。 親指の爪ほどもないが・・これでも大きいほうだ。
d0251572_19550207.jpg


   そして、こーゆー苔の上に生えてるのは汚れが無くてよろしい。
d0251572_19581116.jpg


  しかし・・・油断がならないのが・・ツタウルシ。 夢中になると気が付かずに触ってるケースが多い。 手袋しててもやっぱり触ってとってて樹液が残ってるケースも無いとは限らないし・・出来ることなら事前にチェックして、ツタウルシのある所は採らないと決めたほうが良い。 小生なんぞは毎年春でも秋でも山に入ると一度はかぶれる・・・。  実は今年も被れた。



   これなどは典型的な例。 一見して分からない。
d0251572_20102402.jpg


   こーいった混在してる場所はパスしたので今回の収量は昨年に比べて減ったけれど・・ジャムを作るにはひとまずOK.
d0251572_20132261.jpg

   上が細君、下が小生。 この時点では540g。 ここからヘタを取って洗ってってやっていって・・



   きれいに洗った後で460g。 このあと、水を完全に切った後で再計量したら435g程度になってました。
d0251572_20160764.jpg


  これを煮詰めてジャムにしたのが・・細君。
d0251572_20190113.jpg


   煮沸して瓶詰。  二瓶と半分・・出来ました。
d0251572_20242596.jpg

  後は小生がラベルを張り付けるだけです。



  能郷イチゴのジャム・・・一味違うんですよ。 酸味が効いてパンチがあります。




  まだ物足りないので・・・もう一度今度は一人で採りに行こうと思ってます。 




   熊に遭遇しませんように・・。





  でわでわ また。





by aiyababa | 2018-06-27 20:35 | 山菜・きのこ | Comments(0)

能郷イチゴの偵察?に行ってきました。

ナマステ!



 例年より暖かい日が続き、野菜苗の成長も早い今年。 我が家の能郷イチゴも場所によっては5月末から赤く色づきまして、いよいよ野生の能郷イチゴはどーなってるのか? ・・・気になるとこでした。



 去年のブログを見てみれば6月7日の同じ日にはまだ早かったが、いくつか赤くなり始めてた・・というのがあって、ならば今年はいつもより早めだし、もしかしたら・・と思って出かけたんだけど・・全然赤くなってなくて、まだ花が盛りでどう見ても熟すのは6月半ば過ぎが良いころかな?っていう感じでした。



 でも、せっかく野外のフィールドに出てきたんだからと・・山野草やら山菜のチェックに余念がありません。
d0251572_17081695.jpg

    ↑まずは・・たのもしいハナちゃんの雄姿から。



   林道の途中で見えるダム湖の水の色もかなり透明感を出してきてました。  新緑の中に身を置くっていうのは気持ちいいものです。
d0251572_17102071.jpg

d0251572_17112173.jpg



 山の花はいろいろ。 まずはタニウツギがそこかしこに咲いてて、道端にアクセントをもたらしてくれてました。
d0251572_15410752.jpg


       深山サクラは今が丁度いい感じ。
d0251572_15423761.jpg


  そして、ミズキ。 これも意外と大きくなる木ですね。 普段はこの高さ(見下ろす高さ)では見られません。 橋から撮りました。
d0251572_15423797.jpg


   そして、盛期は過ぎてたけれど、結構な密度で咲いていた・・朴ノ花。
d0251572_16092669.jpg



  我が家にもほしいな・・と思ってるミヤマガマズミ。 紅葉もきれいだから、オオカメと対で植えてみたい木の一つです。
d0251572_16115224.jpg


   そして・・超危険な・・ツタウルシの花。
d0251572_16141443.jpg


   ほんとに嫌ですよねぇ・・。 小生は今年さっそく山菜取りでウルシにやられてしまってます。



  この花で終わるには抵抗があるので・・最後に紹介するのは・・



   ノビネチドリ。 手稲山あたりだとハクサンチドリが群落で咲いているのだけど・・当別ダム周辺ではまだ見ていません。 でもこの花は林道沿いでも数か所で見受けられました。
d0251572_15423791.jpg

       結構目立ちます。



   そして、山菜取りでは・・良質のフキを求めて探しました。
d0251572_17010565.jpg

   小生の場合・・茎が赤いのではなくて、できれば緑のフキを探して採取してます。 味は変わらないと思うのだけど・・茹で上がった後の色が緑の方が美味しそうに見えるから・・・ただそれだけの事なんですが、上の写真のフキなんかは上等であったと思います。



   帰ってきてあく抜き。 今回もそれほど沢山は採ってきませんでした。 やや大型のタッパー一杯分。 
d0251572_17161132.jpg


  右手指先、親指・人差し指・中指の第一関節から先の指紋やひび割れは・・きれいに真っ黒? 皮むきと筋取りは面倒ですが・・このシミは小生の勲章?です。 
d0251572_17263350.jpg


      で、昨日の昼飯は山菜ラーメン。 具は以下の通り。
d0251572_17165557.jpg


 上の左から、カブの葉っぱ、シメジ、アカミズ、ワラビ、下の段が今回のフキ、ウド、そしてタケノコ。



   出来上がりはうまそうじゃありませんが・・醤油味です。  肉は鶏モモ肉少々。
d0251572_17165543.jpg
でも・・見かけによらず・・






   して・・本当は・・ミズナラの古木の根元に生えたナラタケの株を見つけたんです・・・が、
d0251572_17335833.jpg

    残念ながら・・・ほとんど・・虫食い・・・。 かなりがっかり・・・。 このキノコが入ってたらもっと味に深みが出たんだが・・ 収穫は諦めました・・・。  



   今回は空振りでしたが・・・春先でも偶発的にこーゆーのが見つかったりするから山歩きはたまりません。




  でわでわ また



   ⇓
ランキングに参加しています。 いずれか一つで結構ですので・・ポチっとブログ応援よろしくです。 別窓で開きます。










   ご訪問ありがとうございました。 またお越しくださいませ。






by aiyababa | 2018-06-09 08:42 | 山菜・きのこ | Comments(0)

野山へイチゴ狩り。

ナマステ!



 昨日・・一昨昨日と、野山に入ってイチゴ狩りに勤しみました。 一昨昨日は一人で、昨日は細君と一緒に出掛けましたが・・・どちらも天気には恵まれまして収穫も十分で取り敢えずは・・大満足。
d0251572_08454836.jpg

   写真は昨日、当別ダム駐車スペースから撮ったものです。 




    この時期・・幸いにも虻、ブヨ、やぶ蚊などに出くわすことなく採れたので助かりました。 




  道端の土手とか傍らにあるのですが・・成り方は色々。 こちらは土手。 土手に成ってるものは採るのも楽。
d0251572_08191402.jpg



   或いは、エリアを拡張するためにランナーで伸びた先に成ったものとか・・。
d0251572_08203781.jpg



   一昨昨日一人で行った時に撮った量が・・こちら。
d0251572_08244321.jpg



    計量するのに鍋に入れましたが・・山盛りです。 鍋は縁一杯で2リットルの容量がありますから3リットルくらい摘んだことになりますか?
d0251572_08253474.jpg

    重量はぴったり800g。 およそ530個です。 そこそこ大きいのを摘んでも平均一個1.5gくらいです。



  次の作業は・・水洗いとヘタ取りです。 



   なんといってもこの作業が一番辛い。 辛いというか・・根気の要る仕事なんです。 ペティナイフの先っぽでサッサと切っていきますが・・実も小さいし、それを同じ方向に並べて・・スパッと切る・・・。
d0251572_08351170.jpg



  30個くらい切ったらボウルに冷水を入れて水洗い。 最低3回は水を取り替え、ゴミや泥を取り去ります。



    1時間半近く掛かってやっと完了。
d0251572_08354142.jpg

   
   もう一度全体水洗いをして・・・・計量。
d0251572_08361165.jpg



   約2割を切り落として・・640g。 すぐさま冷凍庫に保管です。




   同じように、昨日採った分・・合計740gでした。 
d0251572_08500202.jpg

 昨日のは前のよりも粒は揃ってます。 二人して摘んだし、初日には一応十分な量を確保してたので、後処理も楽な大きいのに的を絞って採ってみました。



    10円玉よりも大きなサイズもちらほら混じって採れました。
d0251572_08503271.jpg

   コインのすぐ左がアベレージサイズ。 更にその横が大玉サイズ。 




   同様にヘタを取って・・水洗いをして・・(ちなみにこの作業・・今回も小生が致しました・・・。 細君・・小生より更に忙しい身であります故・・。)こちらも計量。
d0251572_08541516.jpg



   580g。  やっぱりほぼ2割・・そぎ落としまして・・



   合計・・640g + 580g=1220g  約1.2kgにもなりました。  ジャムの小瓶にしたらいくつ出来るんだろう??




   下処理までは小生がすることにして・・ジャムにするのは細君にお願いしました。 



  今、昨年作ったジャムを二人して大事に食べてきまして・・いよいよ最後のひと瓶になってたんですが・・・これで、今までよりもっと豪快にパンに付けて食べることが出来ます!



   この野生のイチゴも年々状況が変化して、ゆくゆくは無くなっていく運命にある気が致します・・が、ここ数年は収穫できると思います。



   面白いですねぇ。 能郷イチゴ・・ワイルドストロベリーは酸味が強くてジャムにするとより一般のイチゴより美味しく出来ます。



  かといって甘味が全然ないということも無くて、熟したものは酸いも甘いも両方口の中で爆発します。



  ただ・・野山で収穫すると・・同じ場所にツタウルシも一緒に生えていることが多いので・・ご注意を!



   本日は・・また畑仕事です・・。 オオアワダチソウの根っこ取りがメインなんですが・・。




   でわでわ また


   
ランキングに参加しています。 いずれか一つで結構ですので・・ポチっとブログ応援よろしくです。 別窓で開きます。 






  ご訪問ありがとうございました。 またお越しくださいませ。







by aiyababa | 2017-06-19 09:42 | 旅・お出かけ | Comments(0)

山にイチゴ摘みに行ってきました。

ナマステ!



  5月のGWに野山の散策に行った時に見つけた能郷イチゴの群落。
d0251572_21103523.jpg




  さて・・いつ頃摘みに行こうかと考えていたんだけど・・先日我が家の能郷イチゴも初収穫を迎えた。



  初収穫と言っても・・たったの4粒。 合わせたって普通のイチゴの一個分にもならない・・が、期待は持てた。



  ↑の写真の場所も南斜面のポカポカ陽だまりが出来るようなところに生えていたので、条件は変わらないだろうと・・昨日出掛けてみました。



   色づいたのは三つ四つ採って来たけど、全体的に早過ぎた感あり。
d0251572_21145991.jpg

  写真中央のは3日後くらいにOKでしょうが・・・他のほとんどは・・・


  

  あと1週間・・10日ってところでしょうか? 



   一週間後の楽しみが出来ました。



   お目当てのイチゴがまだ早い・・と判ってからは・・山菜取りに変更。



     小さい沢に入った時・・斜面にたくさんの山ウド。 既に大きくなっていたけど、先端の新芽はまだ柔らかいので食べられます。



   そして・・・今年の新しい山菜発見は



    う・る・い 



   土の崩れてる斜面に生えてたうるいを数株見つけまして・・そのうちの一株から2本ほど頂いてきました。 この手の斜面に生えた山菜は山ウドも含めて白い部分が長くて美味しい。




   で、偶然に・・朽ちた白樺に生えたヒラタケも見つけまして・・なんか・・この沢・・最高!



  時期的に一般的な山菜には遅い季節ですが・・タラの木などを見ても・・全然採られた跡がないって言うのが驚きでしたね。
d0251572_22155287.jpg


   車も基本的に入ってこられる場所で、タラの芽が生き延びていた?っていうところを見たのは何十年振りかです。





   で、今回の収穫。
d0251572_22121253.jpg

    正直・・うるいは葉っぱも広がって時期的に遅かったのですが、食べられないことはない・・ということで採ってきました。




  ぎりぎりセーフって言った感じでしょうか? きっと最後まで雪が残っていた場所かもしれません。




   とりあえず・・・酢味噌和えでいただきました。 若干のぬめり感がたまんないですよね。
d0251572_06485259.jpg



   そして・・家に戻った後、もう一つ作りました。



   我が家で採れた山わさび・・・どう活用しようかと考えていたんだけれども・・

d0251572_08175759.jpg



    結局は思いつかず・・山わさびの醤油漬けに落ち着いてしまった。
d0251572_08205389.jpg


    空き瓶も丁度いいのがありました。  久しぶりにきつい涙を流してしまいました・・。



   ただ・・・毎年結構な量を収穫していくようになると、そろそろ他の活用方法を見つけないといけません。



    ・・山わさびの醤油漬けなどちょっと食えば十分でそう毎日毎食食うものじゃないし・・。 



  今回の野山歩きはまだうるさいブヨやアブも飛んでなくて気温も景色も爽やか感いっぱいで比較的楽しく過ごせました。 でも・・もうそろそろ出てくるでしょうね。



   来週のイチゴ摘みは防護ネットを被っての作業になるかも・・かなぁ。




   でわでわ また


   
ランキングに参加しています。 いずれか一つで結構ですので・・ポチっとブログ応援よろしくです。 別窓で開きます。 






  ご訪問ありがとうございました。 またお越しくださいませ。





by aiyababa | 2017-06-07 08:49 | 山菜・きのこ | Comments(2)

林道ドライブ・・in 当別

ナマステ!



 この辺の桜も満開から散り始めたところもあって、この休日最後のチャンスとあって・・当別ダム周辺でサクラの花見でも・・と出かけました。




   いつもは行かない林道をドライブしてきました。 入り口で見つけたのは・・立派な桂の大木。




   でも・・多分雷が落ちて一度朽ちたあと”ひこばえ??”で再生したかのような木ですが・・・焼けた大元の木を見ると・・直径は1m?? 
d0251572_21414217.jpg



  さらに奥に入っていくと・・・桜の木はあまり見かけませんでしたが・・・・思いもかけず・・能郷イチゴの群落をあちこちで見つけまして・・・大感激!
d0251572_21113959.jpg

d0251572_21120930.jpg

  ま、こんな感じで生えているんだけど・・最初は大感激して数枚撮ったけど・・あとからあとからどこに行っても見つかるので、貴重さは半減どころか全く無くなりました。 ある意味いいことです。



  我が家で栽培している100倍以上の面積はあったでしょうか? ジャムにすると普通のイチゴより数段美味しい能郷イチゴですので・・今年は数キロは収穫できそうです。 これは大袈裟じゃありません。 ただし・・・他に誰も取らなければの話ですが・・。



  さて・・本来、この時期山に入る・・・イコール・・山菜取り・・になるんでしょうが・・・時間的に2時間弱のドライブではそこまでは無理な話で、リサーチ的な感覚で見てきました。



   南斜面には既に山ウドが顔を出してきました。
d0251572_21520744.jpg



   けっこうたくさんの人が山菜取りで山に入ってましたが・・・いつも見ても思うのはタラの芽への集中攻撃?としか思えないほど、まだ葉っぱも伸びてないし、開いてもいない・・やっと芽として盛り上がったところで摘まれてしまったり、枝ごと持っていかれたりっていう惨劇を目にしました。  タラの芽ばかりが山菜じゃないのに・・どうしてあの木だけはあんな採られかたしか出来ないのか??



  小生はいつもこの惨状を目の当たりにして・・タラの芽だけは一切採らないようにしています。 憤りもさることながら・・この山菜・・癖の無さ過ぎる山菜でもあるので、食べてて高揚感もない。 今はスーパーに並んでても栽培ものばかりだし・・



  山菜採りには平日にあらためて入ることにして・・



   やっぱし・・山はいい。 里はいい。



    帰り際・・・山に桜を見つけました。
d0251572_22113979.jpg

   画面中央と、やや左よりに2本。 丁度いい咲き具合いです。 トラクターも始動しました・・。





   でわでわ また


  
   
ランキングに参加しています。 いずれか一つで結構ですので・・ポチっとブログ応援よろしくです。 別窓で開きます。 






  ご訪問ありがとうございました。 またお越しくださいませ。


  



by aiyababa | 2017-05-07 22:36 | 旅・お出かけ | Comments(0)

我が家の一般のイチゴと能郷イチゴ・・ちゃんとした畝を作りました。

ナマステ!


  
  本題に入る前に・・・やっと勝ってくれました・・日ハム。


  すんなりとは勝たせてもらえませんでしたが・・何とか勝ち切った・・。 


   もうこれ以上は悪くならないでしょうから・・これからが勝負。 今までの鬱憤を晴らしながら勝ち進んでいってほしいな・・と思ってますが・・・まずは連敗地獄を抜け出せて・・良かった・・・。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



  本題です。



 家の南側、軒下から池に至るまでの間・・丁度犬走りの前にイチゴ農園?エリアがあります。



 東側は一般のイチゴ。 西側は当別ダムからランナーを移植して増やした能郷イチゴがあるんですが、こちらは肥料も与えず・・畝も作らず、ただ自然のままにほったらかし植え・・っちゅーやつをやってまして、今年は何とかちゃんと面倒見てやるからなぁ~・・と、心で言い聞かせておいたんですが・・・



 今年の能郷イチゴは・・とうとうブ千切れたのか、虫もまだそんなに飛んでないのに一気に花を咲かせてしまってるんですね。
d0251572_06594847.jpg



  花は5月になってからだろう?と思ってたんですが・・例年一般のイチゴよりも早く花を咲かせて実を付けると言っても・・ちょっと早過ぎるんでないの? って言いたいが、どうやら本人たちが先を急いでいるみたいなので・・急遽、能郷イチゴエリアに新しい土を入れて肥料も施してあげました。



  まず、既存のイチゴ苗をひとまず全部抜き取って、今後の苗として使うものと、もう既にイチゴ苗として役目を終えた?ものに分けて・・

      こっちはとりあえず・・若い根っこの多い苗として使うもの。
d0251572_08081819.jpg

     こっちは残念ながら・・古い苗。 ひげ根のない黒い根っこが20cくらい真下に根を伸ばしてました。
d0251572_08102533.jpg

  で、いよいよ掘り返しです。



  ここの場所は、黒土とは言うものの、実際は黒い色した砂・・黒スナ土?っていう水はけだけはいいのと、家を作った時の火山灰の盛り土。 phもやや高めの火山灰土で、肥料分はそれぞれ無し!という土で出来てるところで、今回、北側花壇の黒土(水はけやや悪し)と混ぜて、序でに苦土石灰と顆粒状の発酵鶏糞をミックスし、更に、腐葉土も若干混ぜて丁度良い加減の土になってくれるんではないか?という目論見がありました。



  そーゆーことで、まず深さ20cmくらいまでの土の中で火山灰土を畑に出して、”黒スナ土”はそのままに火山灰土を排出した分”花壇の黒土”を移植しました。 
d0251572_08242444.jpg

  
   で、肥料や腐葉土を施して・・
d0251572_08265610.jpg


   苗を植え付けて・・
d0251572_08300114.jpg


    完成です。 周りのレンガは昨日並べ直ししました。




   で、この作業が一昨日。



   昨日は・・いよいよ一般のイチゴエリアをやっつけました。 ほんとうはGW明けにでも・・と思ってたんですが、思いの外成長が早いので、花が咲く前にと思ったわけです。



  ここも同じように、若い元気のような苗を確保するところから始まりです。 
d0251572_08520961.jpg

d0251572_08555087.jpg


   いくつかは、昨年既にランナー苗でポットに確保したのもありまして・・

d0251572_08574382.jpg


   苗の確保はなんとか。
d0251572_09041040.jpg


   次に、古いイチゴ苗とか雑草とかスギナを除去して序でに土をほぐしたくて・・全て篩に掛けました。
d0251572_09000986.jpg

  この作業が一番きつかったですが・・何とか終えて・・
d0251572_09044085.jpg



  能郷イチゴエリアと同じように、”花壇黒土”に腐葉土、肥料などを混ぜて・・・
d0251572_09053998.jpg


   変則畝を作り・・・苗を植え付けて・・
d0251572_09070529.jpg


    完了です。



   今朝からは板を周りに置いて、区画整理。 写真は準備中のものです。



   能郷エリアの区画はレンガを並べ直しました。
d0251572_09100927.jpg



    実は・・2株ほど植えてない場所がありまして・・・これは今年新品種を買って植えてみようと思ってますが・・GW明け・・にでも。



   ちゃんと花が咲いて実が沢山なってくれたら嬉しいですが・・・。




   でわでわ また


   
ランキングに参加しています。 いずれか一つで結構ですので・・ポチっとブログ応援よろしくです。 別窓で開きます。 





  ご訪問ありがとうございました。 またお越しくださいませ。





by aiyababa | 2017-04-28 09:21 | じぶんちの畑 | Comments(0)


「みちくさ」 ちょっと覗いて・・現在ランキング取りやめ中
最新の記事
以前の記事
最新のコメント
カテゴリ
タグ
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧