あいやばばライフ


北国初心者・家事初心者の日々・喜怒哀楽を・・・。
by aiyababa
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

タグ:石積み ( 9 ) タグの人気記事

平日の楽しい過ごし方・・?? おまけ編。

ナマステ!



 またまた先日の話。 



  ところで、今日は実に気分がいい。 日ハムがやっと勝ってくれましたんで・・。 なんかもう今年はロッテ以外に勝てないんじゃないの?っていうくらい気持ちよく勝てましたね。 最後はピリッとしませんでしたが・・。




  で、昼飯を散策路で食べた後、ゆっくりと海浜植物を散策しハマナスの丘公園を後にする。



  で、本来ならここで解散となるのだったが・・二人とも来る途中、興味を注がれたものがあって・・・帰りにそれを見てから帰ることにした。



  で、その興味を注がれたもの・・でありますが・・・それは・・




   石積みというか石垣造り。



   なんでこんなところで?っていうようなところでしたが、作ってる石垣は立派なものでした。




  とある講習会で、その名も穴太流穴太衆(あのう衆)石積み講習会・・。 興味ある方は左をクリックしてウィキペディアで見てください。
d0251572_00152474.jpg


   いきなり大きな石垣が目に飛び込んできたので驚きましたが・・帰りに寄ってみよう!ということで・・立ち寄ってみました。




   穴太衆というのは、石積みを生業としてきた大昔からの石工集団で、戦国時代もその前も後も、せっせせっせと石を削り、積みあげてきたプロ集団なのであります。  日本の有名なお城の石垣はここの石工集団がかかわっていたらしい・・・。 というのは今回ネットで調べて分かった事なんですけど・・



  石狩市の石狩川の畔の寂しい?ところで何故講習会??っていうのを問うことは別にして、石工というのは日本もネパールも同じやり方でやってるんだなぁ・・と、素朴な技術集団の積む石垣に感心して見てました。
d0251572_00352393.jpg



  今は重機って言うのがあるので、何百キロとか何トンとかある石も容易に運ぶことが出来ますが・・昔の人はどうやって積んでいったんでしょうね? 



  ちなみにネパール人は日本人より体は小さいですが、山に住むグルン族(グルカ兵にもなってる力強くすばしっこい人達)なんかは100キロもある石を背中に背負って急斜面を登ったりするくらいですが、流石に集落の石垣でもせいぜい200キロくらいの大きさが限度っていう感じで、人力で何とかなる重さまでしか使ってませんでしたが・・隙間に細かく破片を差し込んだり、石垣裏には小石を詰め込んだりするのは見てて一緒でした。 割るときも石の目?を読んでハンマーやくさびを打ってましたが・・多分一緒でしょう。



  お隣には札幌軟石で作られた蔵がありましたが、何か関係があるのでしょうか? やっぱり昔の建物って言うのは風格がありますね。
d0251572_08171881.jpg

  

  講習会っていうことですから石積みを習いに来てる人たちがいると思うのですが、恐らく建築関係者なのか? どの方が先生で生徒なのか詳しくは判りませんでしたが、みんな熱心に仕事を進めてました。



   こちらは基礎からの講習でしょうか? 
d0251572_08253280.jpg



   一見、講習会というより工事現場っていう感じがしましたが、当たらずとも遠からず?? この付近にはレンガ倉庫もあったりレトロな空気が支配するエリアでした。  講習会も兼ねて何か作っちゃいましょう!・・的な・・。




    プロによる石積みを見るのは久しぶりで・・ちょっと心が躍りましたね。 いいものを見させてもらいました。



  ただ・・熊本城の石垣修復に人手が足りないとか・・記事が出てましたが・・それの育成?? ちょっと判りませんが・・。







   すぐ隣の堤防に上がると、直ぐに石狩川で・・船着き場になってました。
d0251572_08301330.jpg


   ここで見つけたのが薄雪万年草。 

d0251572_08313729.jpg

d0251572_08314666.jpg



    ちょっと戴いて、我が家の北海道産多肉エリアに移植しました。




    帰路に付く途中・・この春咲き伐採したヤチダモの玉切りが残ってる畑に立ち寄り・・残り全部積んできました。
d0251572_08451715.jpg

d0251572_08454518.jpg


   これで全部。 やっと運び出し終了です。 重いものは50キロ(比重0.7として)超えもありまして、腰にきましたが・・なんとか積み込みました。 




   薪作りはまた別記事で・・紹介することとして・・



  平日・・・3部作・・終了です。



  今日から7月。 日ハムには大攻勢をかけてもらいましょう!




    でわでわ また


   
ランキングに参加しています。 いずれか一つで結構ですので・・ポチっとブログ応援よろしくです。 別窓で開きます。
 





ご訪問ありがとうございました。 またお越しくださいませ。






by aiyababa | 2017-07-01 12:07 | 旅・お出かけ | Comments(0)

北側エリア花壇・・こまごま作業・・完了+こくわジャム

ナマステ!



 なんとまぁ・・今日の天気の荒れてること・・。 雨は断続的に降っては時折晴れ間を見せるが、またまたあられを伴って横殴りの雨になってみたり・・。 外で仕事しようにも・・マックス30分で切り上げては退散し、また機をうかがって出動! と、まるでゲリラ的に・・。 おまけに風が冷たくて・・次第に萎えてきて・・11時前には撤収。 ・・・でした。



 夕方前の3時には気温が4.5度。 室温もどんどん下がっていきまして・・・



  夕方4時には遂に火を入れました。
d0251572_19470109.jpg



 そのほかには、強風でバタンバタンとうるさかったお隣廃屋の物置の屋根のトタンを仮止め。 これに関しては以前から地主にお願いしていたんですが、先日会ったら既に70を過ぎたかな?というおじいさん。 車の運転も危なっかしい感じで(植え替えたばかりのイヌツゲを踏みつぶされた・・。)、とても屋根に上がってトタンを押さえるようなことは出来そうにないので、こっちでやっちゃいました。 この物置も潰れそうでこの冬持つかどうか・・。
高いところは屋根の上に上がらないと釘というかビスを打ち込めなかったので、穏やかな日にでも・・と思ってます。

  ビス止め前
d0251572_19480000.jpg
  
      ビス止め後。(下半分まで固定)
d0251572_19483277.jpg


 そんなことがあった今日一日ですが・・・本題である花壇エリアのこれまでの経緯を説明すると・・・



 花壇から境界線までのエリア幅約40cm、長さ約12mを簡易的に防草シートを敷いて、法面にブロックを置いたところまでは書きましたが・・・そのエリアへちょっとした植栽を行なうために今回購入した土を入れました。



 延長部分の縁には石を置いて出来るだけ土が流されないようにしましたが、隙間だらけなので大雨が降った時には一気に流れ出す可能性はあります。 ま、そんときはそんときで、モルタルでも流して塞がなければならないかもしれませんが、とりあえず様子見です。



  本当はレンガでも積めばもっと見栄えは良くなるのでしょうが、何せ石が余ってる状況下ではこの石の有効利用を考えなくちゃなりません。 ところが・・・余ってるとはいえ12mをカバーするほど当初は余ってなかった・・・。



 帯に短したすきに長し・・。 で、ここ数日・・現在庭に置いてある石を再チェックして・・あっちをこっちに・・こっちをあっちに・・これは要らんな・・とやって、なんとか算段し・・積み上げました。




 で、この延長エリア、ヒメイズイを西側半分、チゴユリを東側半分に植え付けてみました。 ただ・・来年になってみないとちゃんと芽が出るのかどうかは判りませんが・・。

d0251572_19564165.jpg


 特にヒメイズイは長い間ほったらかしにしてて、その多くを駄目にしちゃいましたから左程期待は出来ません。



 今まで使わせてもらっていた私道に置いた土も移動して・・土嚢も片付けて・・
d0251572_19560910.jpg



  とりあえず・・ここまでかな。 けっこう長かったですねぇ・・。



  今後の花壇の計画は・・・水はけの悪い土・・・すこし、砂と小さい軽石を混ぜて改良してみっか・・と考えてます。 試験的に何か所かやってみてそこそこ改善されたら・・実際にGoサインを出そうかと・・。


  既にスズランは植えこんだので・・その他の草花・・春から秋までを通して何かしらの花が咲いて、葉っぱだけでもずっと残っててっていうような宿根草・・ないかしらん? 



  そーゆーことを考えていくのも・・楽しい。

  

  札幌では本日初雪を観測したらしいですが、ここ当別は雨。


  夕方、家の中で何する?って考えてて・・冷凍にしておいたこくわを思い出し、ジャム作り。
d0251572_20073362.jpg

  瓶も同時に煮沸。



    完熟こくわだったので、数年前に作った時よりやや砂糖を控えました。
d0251572_20080428.jpg


  見た目は・・・よくありませんが、こくわの味がしっかり出ててなかなかの出来だ・・と自画自賛。

d0251572_20083471.jpg

  雨の日の仕事もこれから作っておかんといけないなぁ・・。



  でわでわ また


  ⇓
 ランキングに参加しています。 いずれか一つで結構ですので・・ポチっとしていただけましたら・・ブログの励みとなりますゆえ・・よろしくお願いもうしあげます!

 ご訪問ありがとうございました。 またお越しくださいませ。




 

by aiyababa | 2016-10-20 20:22 | じぶんちの庭 | Comments(0)

庭のこまごま作業とか・・その2 土のphをチェック。

ナマステ!

 
 庭のマイナーチェンジというか雑作業が続きます。



 まず北側エリアの刈り取った雑草・・・
d0251572_23243993.jpg


 積み重ねて腐葉土を作っていたのですが、これを処分しないといけない。


  これから行う・・というか、もう既に手を付けているのですが、


  「北側のスギナシャットアウト花壇」・・の作業が出来ない。 


  つまり・・いつまでもそこに置いておくわけにもいかなくなっているのでありまして・・



    さてどこに移そうかと・・。



 量的にけっこう大量にあるので腐葉土として使えないこともないのですが、腐葉土になるのを待っていたら・・


 「北側のスギナシャットアウト花壇」工事がいつ出来るのか判らないので、ひとまずどこでもいいから地面を掘ってそこに投げてまた土をかぶせるという方法を取りました。



 その場所が庭のなかでもまずヤマボウシの横。 



   庭の入り口部分であります。
d0251572_22372596.jpg
     右にある石の横がヤマボウシ・・です。


 庭を作るにあたって、以前の記事をめくってみれば判るのですが、元々あった畑の土、盛り土に使った火山灰、その後ピートモス、黒土、山土等々・・5種類の土が複雑に混じっているんです。 



 ですが、火山灰に限って言えば本来なら水はけがよさそうな土のイメージなんですが、踏み固められるとどうしようもなく固くなる。 どこから持ってきたものなのか判らないのですが、3分の1くらいが粘土でありまして、これが悪いのかどうか・・とにかくあまり植栽には向いてない気がしました。 



 それなら・・と、ここ2年花も咲かないヤマボウシなので、その周りの土を入れ替えてみようかとなったわけです。



 で、穴を掘ってみたまではいいのですが・・じゃその火山灰土をどこに捨てようか??と。



 「・・試しにphでも計ってみようか・・。 もしアルカリ性だったら畑に混ぜ込もう。」と考えたわけです。



 で、そのあたりに層を成している火山灰土、山つち、黒砂土を計ってみたら・・



  まず・・山つち
d0251572_22391379.jpg

   なんと・・ph4.5 弱酸性・・・。 ピートモスとほぼ同じ?? か、それ以上??


   で、火山灰土が
d0251572_22394424.jpg

   ph6.5。  中性。 土としたらアルカリ性に近いイメージがありました。



   ちなみに、黒砂土は・・
d0251572_22451182.jpg

  我が庭や畑の土とほぼ同じph5.5。 ヤマボウシの場所では火山灰土の下になってましたが、層的には5cm程度。



  実にややこしい話ですが、結局ヤマボウシ横に腐葉土捨て場として穴を掘った土は・・畑のアルカリ度アップのため



  大いに役立つと・・考えてますが・・ここに移動しました。
d0251572_22591959.jpg

  手前と奥の畑にも一輪車で2台づつ。



  せっかく置いたのだから早く混ぜて次の野菜でも植えれば・・というとこですが・・あっという間に冬が来ちゃいますので・・今から種まきは・・すでに時遅し。 来年用にそのうち混ぜ混ぜする予定です。



  でも、今回のph調査で・・ここまでphに違いが出るとは想像してませんでした。



   土選びって大切なんだなぁ・・・と。 



    今まで、何でもかんでも持ってきてはばら撒いて庭を作ってましたから・・ちょっと反省です。




   でわでわ また
 
 


 ランキングに参加しています。 いずれか一つで結構ですので・・ポチっとしていただけましたら・・ブログの励みとなりますゆえ・・よろしくお願いもうしあげます!

 ご訪問ありがとうございました。 またお越しくださいませ。






by aiyababa | 2016-09-09 23:27 | じぶんちの庭 | Comments(0)

池回りの改造工事

ナマステ!


 なんか、今年の気象もおかしな動きを見せてますね。 今回の台風10号なんて、例外中の例外かと思うのですが、進路予想は見事に当たってますね。 気象庁すごいです。 韓国や中国あたりじゃ台風の進路予報は日本の気象予報を信用してるとか? でも、これだけ正確に予報できるのに相変わらずあちこちで増水や土砂災害が後を絶ちません。

 北海道では台風も去った今あちこちの川の氾濫ニュースが入ってきています。


 実は、今回の台風での大雨を覚悟してたのですが、逆に我が家にはお湿り程度の雨しか降らなくて、池の水位アップをある程度期待してたのですが、やむなく井戸水からの補給に切り替えです。 水槽が空になってから満水にするのに連続で10分以上手押しポンプを漕がねばならず・・けっこう重労働なんですよ・・これが。


 さて、以前から気になってた池回り。 


 2012年の9月に最初の池工事を完了した後・・ビジュアル的になんか大量の石だけが目につくアンバランスな風景に、これまでも大きな改造をしてきた池回りですが・・・
d0251572_08441797.jpg


 今回はまたその範囲を縮めることにしました。


 工事前の写真ですが・・黄色い部分(前の写真の赤い範囲)が現在枯れ川になってる部分で、雨降り以外は基本的に水気のない場所になります。
d0251572_08403689.jpg


   で、全体の池のバランスを見てみると、ここに大量の石が置かれていまして、まだまだアンバランスな印象は否めない。


 当初は循環ポンプでたまに池の水を回してあげようか・・・と思って滝まで作った石積みなのですが・・・


 結局、電源や丁度いい循環量のポンプが見つからなかったこともあって、ただの石置き場?になってしまっていたのです。


 で、今回、この石を撤去して、植栽のスペースをもう少し確保しようか・・・と・・なりました。


 石をどかして、シートもどかして・・・ってやってみたら・・


  スギナの地下茎がすごいことになっていました。 
d0251572_08584390.jpg

   土のスペースはないはずなのに・・シート下で暗躍してたんですね。 


  これだけのたくましさを持ってるからこそ、ちょっとした隙間でも容赦なく入り込んで来れるんでしょうね。


  引っぺがしたら・・焼きそばの麺のようでした。




  すべての石と、シートを撤去した後です。
d0251572_09035642.jpg

  このあと・・土を他から持ってきて、埋め戻しです。 余分な防水シートも容赦なくカットして・・・
d0251572_09045783.jpg
 
  また少し植栽エリアが増えまして、何を植えるのかは未定ですがこれからの愉しみとしてしばし・・瞑想でもして考えます。



  久しぶりに大きな石を動かしましたが・・・悔しいかな・・けっこう体力が落ちてました。




 以前、毎日力仕事をしてバネ指になって以来、連続して力を入れて握る作業を控えてまして、今回もやや、右手の指関節がバネ指を感じさせる動きを見せたのでちょっと控えてます。




  さらにここんところ気温も30度以上まで上がってて・・ちょっとやるともう汗・・。





  体重も一気に1・5キロ減っちゃいました。




  次回はこの石の片付けです。 この石は敷地北側の放置アリア?に移動させます。





 いつも雑草をはびこらせスギナの天下となってる場所なんですが、ここを花壇に改造する予定がありまして・・このスギナをなんとか抑えて少しでも見栄えが良くなるように・・と考えているんですが・・・・





  ぎっくり腰とバネ指に注意しながら・・そろりそろりとやりたいと思います。




  でわでわ また




 ランキングに参加しています。 いずれか一つで結構ですので・・ポチっとしていただけましたら・・ブログの励みとなりますゆえ・・よろしくお願いもうしあげます!

 ご訪問ありがとうございました。 またお越しくださいませ。





by aiyababa | 2016-08-31 09:16 | じぶんちの庭 | Comments(4)

また石をもらっちゃいました。

ナマステ!

 先月末から度々家を訪ねてくれる方がいらっしゃる。 

 当初は海外出張で不在だったため会うことはできなかったのだが・・どうやら石をいらないか?という話らしい。

 で、先週畑仕事をしていたらその方がまた訪ねてこられた。

 話を聞いて、それならと、軽トラのハナちゃんを飛ばしてそのHさん宅まで行ってみた。

 軽トラで2回分程度の手ごろな石が集めてあった。

 それにしても・・・これで「石欲しかったらあげますよ」・・というのが2回目。 御近所でこれほどまでに有名?になって居るとは思わなかったが・・・そーゆー御好意を蹴る理由もないし、丁度物置の西側斜面の段差をどうするか迷っていたところだったので、気が変わらないうちにと戴きに上がったのであります。

 我が家の敷地はもともと道路より50~70cm低かった。 畑にしているところは当時のままなので、物置を作ったときに、ドアを2箇所作ったのだけど、正面ドア(東側)は道路と同じ高さにあるものの畑側ドア(西側)は50cm以上の段差がついたままだったのです。

 これを解消するには土留め工事をして2ステップ程度の階段を作らないといけない。 この土留め工事を杭と板でやるか、石垣を作るか・・で迷っていたのであります。

 石垣にするには石を調達しないといけないし、木でやるには材料を買うのにお金が掛かる。

 で、降って湧いたように今回の話。

 ハナちゃんには無理をさせたくないので、少量づつ3回に分けてせっせと運んで・・・
 
 とりあえず石を物置周りに放り投げて・・
d0251572_9121316.jpg


 この時点ではもらってきた石はそこそこあったが果たして足りるのかどうかは微妙でした。

 翌日・・・石積み完了。
d0251572_9155094.jpg


 けっしてきれいに積み上げたわけじゃありません。 やっつけ仕事みたいで、納得はして無いのですが・・石の量にあわせてつじつま合わせ・・という感じです。

 右側・・一見崩れていると思われるところは一輪車用のスロープです。

 久しぶりにハンマー持って、石の形を整えたり・・とかしましたが、固い石が多くて、思うように剥がれてくれないし、割れないので、ほとんどは原型のまま。 隙間を小石で埋めるという邪道?的な作業で、見てくれは悪いですが・・とにかく出入りは楽になりました。

 思うに、田舎っていいなぁ・・と思う今回の出来事でした。 

 我が家が通りに面しているっていうのも大きな理由の一つですが、見知らぬ人が声を掛けてくれるっていうのはマンション暮らしではほとんどありませんでしたし・・。



 さて、秋ダイコンの種まきをしなくてはなりません。

 細君の実家からニシン漬け用に15本のダイコンの注文?がありました。


 まずは畑を耕さねば・・・。


 でわでわ また
by aiyababa | 2013-08-05 09:33 | じぶんちの庭 | Comments(2)

石積み・・ほぼ完了。

ナマステ!

 池の石積み・・ほぼ完了です。

 あとは隙間にこぶし大の石を適当に配置すれば良いだけとなりました。

 石と石の大きい隙間には不織布で袋を作って土を入れて苔とか草花を育てます。 そのうち馴染んできて石の上にも苔が生えてくれたらと思ってます。 

 不織布で防水シートのカバーをしてますが、防水シートを使っての池作りだとどうしても土手を作る必要が出てきます。 その土手は石や土でカバーすればよいのですが、石でカバーしたところはどうしても不織布のシートカバーがむき出しになってしまうところが出てきます。 こーゆー人工的なものが露出するのはあまりよろしくありません。 自然じゃないからです。 もっともこれだけ石を積み上げたこと自体・・・もう自然とは言えなくなってますが・・・。

 でも不織布のいいところは水をある程度吸い上げてくれるところです。 今はまだ木を植えてないので日陰が出来ませんが、日陰が出来てくれれば蒸発も少なくなるし、例えば大文字草のような水気を好む山野草や湿気を好む苔類ならでも石の間で育ってくれるのでは?と考えています。

 ただ、不織布は基本白色なので景観的にはその上を苔や土が覆わないことには目立ちすぎます。

 それならば茶色である樹木の根巻きに使う「麻むしろ」で次回はやってみようかと思案中です。

 いずれにしてもある程度の年月が経てばわからなくなるかと思うのですが・・・思惑通りに運ぶとは限りません。

 今はこんな感じです。
d0251572_1901693.jpg

d0251572_1903865.jpg
石ばかりで殺伐とした感じであるのは否めません。 ちょっと多すぎたかな? ま、気に入らなかったら配置換えをすればいい。

 見て判ったのは、緑が少なすぎ。 もっとも庭のうねりの概要が見えてきたのがつい最近ですから致し方ないんですが・・・矢張り中木、低木の木を配置して”らしく”なって来ないことには”庭”はまだまだ見えてきませんね。 グランドカバーも苔の他に舞鶴草とか車葉草とか日陰を好む草花が繁茂しないことには格好がつかないっていうのもあります。

 さてどうなりますやら・・その前に・・・スギナの大繁殖に毎年頭を悩ませるのは目に見えているのですが・・・庭造りも一種の格闘技?  ですかね。


 でわでわ また


 ランキングに参加しています。 ぽ・ぽち・・っと。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 ご訪問ありがとうございました。
 
by aiyababa | 2012-09-19 19:45 | じぶんちの庭 | Comments(2)

石をいただきました。

ナマステ!

 先日、庭で作業していたら・・御近所のかたがふと訪ねられて・・

 「頑張ってるねぇー、池作ってんの?」
 
 「あっ・・はい。そうです。 なかなか”はか”いかねぇーけど・・」
 「あぁ・・私・・ガソリンスタンドの前のKだけど・・はじめまして。 ところで、石いらないかい?」って突然単刀直入に。

 「滅茶苦茶欲しいです!」ってすかさず答えたら・・

 「気に入るかどうかわかんねぇーけど、一度見に来る?」
 
 「えっ? 是非!」 300m程歩いていくと、そのKさんの家があった。

 なんでも、長年商売してて借りてる土地が今住んでいるところらしいのだが・・もう高齢になって(見た目70代前半?)商売止めて別なところに引っ越すらしい。 

 で、庭石として集めてきたいろいろな石を全部あげる・・・というのです。 結構な量でした。

 で、更には置物として趣味で北海道中から集めてきた石を磨きに磨いて部屋に飾っていた艶々の立派な石まで「持ってけ!」っていうし・・。 小生にはそれがどれだけ価値が在るのかもわからなかったのですが・・・いただいてきちゃいました。

 そのKさん曰く・・「おっかぁが”新しく引っ越してきた家の人、石で庭造っているから良かったら庭の石・・持ってってもらったほうがいいんじゃない?”っていうからさ・・。」って。

 小生の誠実さが実を結んだと・・・言い過ぎでした。 

 先週の土曜日に細君と一緒にこれらの石をいただきにあがりました。 手ぶらではいけないので家で取れた野菜とかブドウとかお菓子を携えて・・・なんせこれだけの量・・業者に頼んだら最低でも5000円。 自分で取ってきたとしたら・・・ガソリン代だけで10000円くらい掛かるかもしれません。 こんな御近所からいただけるなんて・・。


 その石は
d0251572_14241822.jpg
乗用車で4往復+1輪車で4往復(重くて持ち上げられない石)もありました。 これで池の周りや小川の方の石積みを再開出来ます。

 その中には例えば・・・赤い石たち。
d0251572_14441750.jpg


 茶色とか黒い石。
d0251572_14444933.jpg


 そして石英の多い石。 中央は水晶が露出してます。
d0251572_14454319.jpg
珍しい石ばかり。 でもこれは石好きかどうかで価値観は変わってしまいますが・・・少なくても小生には驚きの石ばかりです。

 そしてこの磨かれた石。はっきり言って・・置物です。
d0251572_14292850.jpg
なんかこー・・パワーストーンのような霊気が・・。
 
 で、石積みを再開・・・あまりに多くて今度はどの石を配置したらいいのか迷ってしまってます。

 そのうちに全貌を紹介するつもりです。



 でわでわ また


 追伸: お隣の猫・・。 ちゃっかりデッキに来て日向ぼっこはするし・・置物にならないばかりか家の周りには別の置物をしていくし・・・追い払ってもやってくる。 ふてぶてしいやつなのだ。
d0251572_1564212.jpg
こっちみたって何もやらないからな!


 ランキングに参加してます。 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 ご訪問ありがとうございました。
by aiyababa | 2012-08-28 15:15 | じぶんちの庭 | Comments(2)

池工事つづき・・石積みの巻き

ナマステ!

 いよいよ池の石積みです。

 かなりの石が必要なので・・川から失敬してくる・・・ということも考えましたが・・・その量は半端じゃないのです。 普通乗用車で20往復しても足りるかどうか・・という量です。 既に近くの河川は調査済みですが・・・池に使うような比較的小さな石(それでも5kg~10kgはあります)は蛇籠と言って堤防の土台として使ってしまっていてかなり遠くの川まで行かないと採集は不可能。

 それに、漬物石1個くらいならお咎めも無いのでしょうが、大量にとなると本来違反となります。

 で、近所の土木会社に頼んで石を探してくれないかと以前頼んでおいたのですが・・・10日経っても返事無し。 

 半ば諦めていたのですが・・先週末に電話があり、「少し欠けた石も混じるけどあるよ~。」

 一も二も無くオーダーしてその日の夕方には2㎥の角の取れた丸みのある石が届きました。
d0251572_218197.jpg


 転がす以外に移動できそうも無い大きな石もありましたが、転がれば何とかなる。腰痛を抱えている身としては無理は禁物です。

 この後、半数程度の石をまず選別です。 欠けた石。大きな石。小さめの石 やや平たい石。 長い石。丸い石etc.。
d0251572_725832.jpg
 

 この作業も結構しんどかったですねぇ。 腰をかばいつつの作業でしたし・・・でも以前なら絶対持ち上がらなかった石も・・身体に筋肉が付いた所為か?・・難なく持ち上げられたりしてかなり絞られてきた身体に感謝です。 ズボンも今では全部ゆるゆるです。 

 初日の石積みです。
d0251572_21172968.jpg


 真ん中には深みをつけるための桶?(園芸用の大型の木製の鉢ですが・・)を置いてあります。
この底板の場所で深さ80cm。 当初1mを予定していましたが、4mのシート幅では若干足りなくなりそうだったので80cmにしました。
 この桶が上からの圧力に耐えられるか?というのが問題ですが・・・崩れたらまた積み直せばいい!という比較的楽観的な考え方で結構な重さの石を何段も積みました。 水の中は木は腐りにくいという事実も見逃せません。 一応これを信じて・・・。

 石が来て3日目の写真です。 
d0251572_21132558.jpg


 そして4日目・・5日目・・。

 で、ここで気がつきました。 これから小川の部分を作るに当たり・・・小さ目の石が足りない?

 流石にもうこれ以上石を買うつもりもありません。 何とかやりくりして・・・場合によっては最初に作った池の石を一旦取り払って、小さめの石は小川の方に廻そう・・・。

 え~~ここまで積んだのに~? ・・・と、思われてもおかしくは無いのですが・・ま、やりくりがつかなかったらの話ですけど・・・。

 さて、小川をつくらないと池全体の現在の水位が見れなくて・・特に池に入る部分の高さが問題でオーバーフローよりもぎりぎり若干高くして・・ゆるりと水が進入するように・・と思っているのですが・・レーザーレベルでもないと確認できません。 水管を使っても出来るのですが・・二人必要なので・・ここは一度水を入れて確認してみっか。 ということに。
d0251572_6595271.jpg
 

 川の入り込みの水位は思っていた通りでした。 これによって今まで積んだ石の高さも確認できて、一部もう少し高く積み上げないといけないところもあったり非常に参考になりました。

 で、既に水を入れる前に棲みついた奴が居りまして・・
d0251572_7101648.jpg


 エゾアカガエルでした。 

 これが暑い夏の夜に大きな声で鳴いてくれます。 ちょっとやかましいですがあいやばば家の一員のつもりか勝手に住み着きました。 こいつは指を目の前にもって行っても全然逃げないのです。 擦られるとうっとりするし・・・変な奴です。

 と、ここまで終わって・・次は小川の方へと移って行くわけですが・・・その前に・・もうそろそろ魚を入れてもいいかな?と思っていまして・・次回、暇を見つけては近くの川に魚採りにでも行ってみようと思ってます。

 

 でわでわ また
by aiyababa | 2012-07-29 07:35 | じぶんちの庭 | Comments(0)

池工事その後。

ナマステ!

 池の工事が続いています。 既に何日費やしているのかわからなくなりました。

 前回のアップから下地のシートを張り(毛布であったり、カーペットであったり、カーテンであったり・・)防水シートを張り、上掛けシートを張り・・・のサンドイッチ工法?の終了に3・4日費やしてしまいました。 

 池の大きさが半端でなかった?のかもしれません。 

 使い古しの毛布とか何とか集まるだろう・・・などと高を括っていたら・・防水シートの裏表に敷かなければならないため全然足らない!

 ・・・はてさて・・・どうしよう・・・と思案に暮れて・・カーテンは裏地を剥がし、くねくねと縫製してあるピンを刺す部分をほぐし・・・只の一枚の布にして・・・とりあえず下地の部分は何とか全面クリアして被せることができました。
d0251572_6212714.jpg


 で、次に防水シートです。 これは物を見て驚いたのですが・・・実に丈夫に出来ている。 4m幅で20m程購入したのですが、受け取った時に「・・・やけに重いなぁ・・・」と感じていた代物は少なくても0.5mm?は肉厚があり、傍目からみてもしっかり防水してくれそうな物でした。

 タイガーシートと呼ばれるこのシート・・・最終的には一重のみで行くことに決定。 もっともその裏には二重にすると足りなくなるから・・・ということもあったのですが、何せ金額が決して安くない。 
 池と湿地帯の部分だけなら15mで十分なのですが、今後小川も作る予定なので20m購入に踏み切ったのですが、これを二重にしたら・・・5万円が10万円の出費になってしまいます。(2500円/m) 5万円の出費だけでも「高~~~」と思っていたくらいですから・・・シートが思っていた以上に丈夫だったこともあり、一重でOKとの判断に胸をなでおろしたというのが正直なところ。 一種の賭けでした。

 で、この防水シートを敷き終わったところの写真がこれ。
d0251572_22505013.jpg


 池の形がシンプルに見えても深さがいろいろなので防水シートもかなり折り返しながら使わなくてはならず、単純に最短で8mなのに14~15mは使ってしまいました。 結構ごわごわに折り重なるので丁寧に折り返しをしなければならず骨が折れました。 

 上掛けのシートは毛布類が足りず農業用の不織布を2~3枚重ねで使用しました。 防水シートの保護の目的で使うものですからそれなりに丈夫さが求められるのですが、見たところ十分保護シートの務めを果たしていると思われます。 

 このシートはペラペラですが、3枚も重ねればそれなりに強くなります。 一番いいのは値段が安いってことです。 楽天から一番安いものを選びましたが・・・余ったらもちろん農業用に使えますのでちょっと多めに購入しておきました。

 そして上掛けの保護シート張りも終了。
d0251572_23202186.jpg


 と、ここまでやっと終わったけれど・・・絵で行けばデッサンが終了した程度。

 これから土入れと石積みが残っています。

 と・・・とりあえず今回はここまで。

 

 でわでわ また
by aiyababa | 2012-07-21 23:41 | じぶんちの庭 | Comments(2)


「みちくさ」 ちょっと覗いて・・現在ランキング取りやめ中
最新の記事
以前の記事
最新のコメント
カテゴリ
タグ
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧