あいやばばライフ


北国初心者・家事初心者の日々・喜怒哀楽を・・・。
by aiyababa

タグ:井戸掘り ( 8 ) タグの人気記事

やっと畑らしくなって・・。

ナマステ!

 昨日、予期せぬお湿りがありました。 東北、道南各地で豪雨の被害をもたらした低気圧ですが、ここ当別では、やっと降ってくれた普段の雨でした。

 一昨日はカラカラ状態でしたが・・
d0251572_558576.jpg


 昨日の雨で、土が黒々と。
d0251572_557452.jpg
反射して光って見えますが、黒々とした土の色っていうのは、見ていても力が漲ってきますよねぇ。

 っていうか、この日照りの間、朝・晩と井戸水でせっせと水遣りをしてましたが、庭木のほうも含めると毎回優に30分は水遣りに掛かってしまっているのでその手間が省けたことが一番嬉しいです。 大分水道代も節約できたと思いますし。

 さて、6月末に苗で植えたトマトや茄子、ピーマンがここに来てやっと収穫できるようになって来ました。 1ヶ月半近く掛かってます。 

 まずはトマト
d0251572_6334352.jpg


 ピーマン
d0251572_634215.jpg


 数日前に種まきした大根が芽を出してきました。
d0251572_6351954.jpg


 同じく、ほうれん草や二十日大根、水菜も芽を出してくれてます。
d0251572_6363516.jpg


 実は・・この上の2枚の写真の場所・・。 土を篩に掛けて、固い土の塊を取り除いたんです。
d0251572_649862.jpg


取り除かれた塊たち。
d0251572_6512580.jpg


 この作業はすごい地味で、鍬で掘り起こした後にある程度潰して、それを篩に掛けて、残った土の塊をさらに手でほぐしていく・・という作業を延々と続けました。 それでも固い土が出てきて、それは除外する・・という風に。

 家を建てたときは、元々畑だったところでしたが、重機が入って土を徹底的に固めてしまった・・といういきさつがあります。 それも去年は腱鞘炎になるほどカチカチの土を砕いて砕いて細かくしたつもりだったんですが・・実はまだまだ大きな塊が掘り起こした中に沢山混じっていたのです。

 6月に苗を植えたときは、時間が無くて、ただ鍬で掘り起こしただけですが、今回は根類、菜っ葉類を育てるので、それなら徹底的に土を細かくしておこうと思ったわけです。

 お陰様で・・これら、芽を出したところの土はフカフカです。 

 これから順次全ての畑の土を篩にかけていく予定です。

 
 実は・・すごいカルチャーショックを受けたんです。 

 先日、石をいただいたHさん宅の色んな野菜を見せてもらったんですが、たかだか1~2週間早く植えただけとは言い難いほど・・見事に育っていたのです。

 決定的な違いは土でした。 手で簡単に掘れるくらい細かく柔らかくて・・そしてミミズが一杯。 我が家の畑にもミミズはいますが・・密度が違いました。

 生ゴミ入れて枯れ草入れて堆肥作りに余念がなく、見た感じで・・収穫は倍以上ある・・って感じでした。 

 畑の歩く場所でも土がふわふわしていたのでほんとに驚きでした。 

 我が家ではまだまだ市販の堆肥や肥料に頼っていますが、全て自家製っていうところが目指すところです。 

  
 今年は、海外での仕事も入って、畑のほうを構っていられなくて、昨年よりも寂しい野菜作りとなってますが、ここに来て8割方エリアは埋まってきたので、ちょっとホッとしています。

 またお盆に掛けて好い天候が続くので水遣りに今まで以上に励まなくてはなりません。

 そんなわけで手押しポンプ「ガチャポン」にもまだまだ活躍してもらわなくては・・。
d0251572_7165183.jpg

 何か名前でもつけてあげようか・・・。


 でわでわ また
by aiyababa | 2013-08-10 07:20 | じぶんちの畑 | Comments(2)

一時帰国・・そしてガチャポン取り付け。

ナマステ!

 一ヶ月半振りで我が家に戻ってきました。

 今回の一時帰国は、前もって計画していた「北海道兄弟旅行」に行くためで、長兄は以前亡くなって替わりに義姉さんが参加するものの、以下次兄、長女、次女、そして末っ子でもある三男の小生の兄弟全員が参加する。

 今回は特別中の特別な旅行でして、旅行自体は20日からなのだけど、その前の準備に数日必要なためやや早めの帰国となった。

 15日に帰国して、翌16日、早朝から早速庭の草取り。 細君には既にメインの池周りの草取りに取り掛かってもらってまして、庭の中心でもある築山は既に完了。 小生はそれ以外の歩道沿い約30m、巾にして2m前後をその日大雑把に取ったが、5時間掛かった。 それでもまだまだ一部で、本日は畑の通路、物置小屋周り・・明日は家の南側・・・北側も・・う~~~頭が痛い。
d0251572_23341795.jpg


 で、今回の一時帰国、午前中は草取り、午後から諸々の準備に充てることとし、16日は・・

 手押し井戸ポンプ・・通称ガチャポン・・を取り付けることにしました。

 前もってメールでFじーに休みの日を打診して・・「16日の午後からなら空き有り」ということで、井戸ポンプの取り付け架台の製作を手伝ってもらった。

 久々のコンビ復活であった。 本当は草取りを10時くらいに終わりにして、少し材料でも切っておこうか・・と思っていたのだったけど・・思いのほか草取りに時間がかかり・・午後からのスタートとなった。

 ポンプは本当は中古品でもいいからと、ネットで探してはいたのだけど・・あまりに古いものではピストンやら交換部品も出てくると厄介なので、新品を購入することとした。

 その品がこれ。
d0251572_2311021.jpg
いわずと知れた中国製。 ま、やむを得ないでしょう。 サイズは内径35mmのやや大きい方を選びました。

 久々のコンビネーションではありましたが、小生がけがいて、Fじーが切断・・という役目を決めて・・板を切って・・組み合わせ部には雑だけど防腐剤を塗って・・
d0251572_2352744.jpg
・・ここまで1時間半。

 組み立ては全てビス止め。 

 羽子板付きの束石、バルブソケット等は、ポンプと一緒に帰国時の15日に購入済み。

 ちなみに牛革のピストンにあらかじめ水を沁みこませておく必要があったので、午後一番に池にポンプを放り込んでおいたが、取り付け時には十分沁みこんでいた。

 で、いよいよ、設置。 ポンプ取り付けボルトの長さが足りず・・近くのHCまで購入に行くという遅延もありましたが・・・夕方4時半過ぎ・・

   設置完了。 

 Fじーにはボルトを買っている間に呼び水を入れてもらっていた。

 最初の試運転?には細君にも参加してもらって・・セレモニー的なものはこれにてお終い。

 で、水が・・でた==--~~!!。
d0251572_2318934.jpg


 で・・水質チェック。
d0251572_23184580.jpg


 「・・・・。」


 赤水は出ていなかったが・・

 ちょっとだけど・・・くっさ~~~!! 


 ・・・ま、でも井戸を掘ってから8ヶ月もそのまんまでしたし・・これから毎日汲んで行けば・・そのうち臭いも薄れていくことでしょう・・・。

 とにかく、畑の水は確保できました。 まだ半自動水撒き設備を作らなくちゃいけないけど・・それはまた後の機会として・・・

 念願の井戸・・水が出てきた時は嬉しかったですねぇ。

 水は手がしびれるほど冷たくて外のポカポカ陽気とは正反対。 スイカを漬けておきたくなるのもわかります。

 そんな16日でした。


 そして一夜明けて・・・


   筋肉痛に悩んでいます・・・。 草取りの所為? ポンプ製作の所為? 

 気持ちいい痛みではありませんが・・忘れるくらいの嬉しい出来事でしたし・・


  我慢我慢。



 でわでわ また


 追伸: その後・・井戸ポンプ設置完了・・を祝して・・BBQ。
d0251572_234659.jpg
Fじー・・アルコールフリーで申し訳なかったけど・・夕方になるとまだまだ結構肌寒い! ホルモンに椎茸・・美味!でした。
by aiyababa | 2013-06-17 23:41 | じぶんちの庭 | Comments(2)

井戸掘り・・その5 ほぼ完成編

ナマステ!

 前回までで2.2mまで掘った井戸ですが、目標だったもう一つ下の水脈までは到達できませんでした。

 本日、もう一度Fじーの応援を請い、再チャレンジです。

 

 天気予報では”曇りのち雨”降水確率60%・・・となっていましたが・・・やっぱりどちらかが晴れ男・・らしい。 昼過ぎからは晴れ間も見えて、日が差してきて・・ちょっと汗ばむほどでした。

 故障していた水中ポンプは前回の翌日、新しいプラグコンセントに取り替えて、もう一度分解清掃をして廻るようにしましたし、新たにスイッチを取り付けて、穴掘りしてる人が入り切りできるように改造しておきました。ビニールのカバーがしてあるところです。
d0251572_21552348.jpg



 さて、本日・・・まず水を掻き出しまして・・早速開始。 Fじーが穴っぽり担当、小生が地上部担当でバケツの引き上げ、型枠の押し下げをしました。
d0251572_21574963.jpg


 しかしながら・・この4日間で・・少々条件が変わってきてました。 コンパネが水を含んで、かなり弱くなっていたこと。  

 一番下のコンパネがかなり内側に押されてしまってました。 したがって、カケヤで叩いてもそれ程前回のように型枠が下がらなくなったのです。 コンパネの周りにかなりの土砂がなだれ落ち、面圧が大きくなり摩擦抵抗が増えてしまったんです。 パイル打ちの末期的なものに似ています。

 矢張り前回決めるべきだったところ、決め切れなかったのが効いてます。

 一回にせいぜい下がって3cm。 水の浸水も多く、壁外の土砂が容赦なく中に入ってくるようになってしまってました。 

 朝9時40分に開始して・・2時間頑張って・・およそ20cm。

 見たら・・一番下のコンパネへの土圧が大きく、垂木で補強してあっても、その垂木が曲がるくらい圧力が掛かっていました。 補強してない場所は内側へ2cm強も凹みを見せてます。
d0251572_2261177.jpg
本日スタート直後は10mm程度でした。

 万が一、コンパネに亀裂が入ったら・・・。

 残念ですが・・・

2.4mを以って、穴掘りを完了と致しました。

 水脈的には十分とはいえないですが、有効水量を最低500リットル確保できれば、毎日の畑の水遣りには十分すぎる量があるので・・・結果・・そうしました。

 有効水量とは、あとでポンプをセットして、吸い込み口から最高水位までの水の量を言います。

 現在の深度が2.4m。 底から約70cm上の位置にポンプの吸い込み口が来ます。高さ的に言えば上から1.7m下です。 最高水位を1mとすると70cmの高さが有効水位となりまして、単純計算だと

 1.7-1.0=0.7m

 型枠の内寸が0,9mなので 0.9x0.9x0.7=0.567m

 というわけで、567リットルの水を最低確保できたわけです。

 これは減水期を考慮してのものなので、現在のように地下水位がかなり高い場合は多分7~800リットルは確保できるものと思っています。 

 とりあえず・・穴掘りは終了して・・

    

     ご苦労様・・・


     と・・・いうところですが・・



 小生は・・実は・・・ここで終わりというシナリオは最初から持っていませんで・・・

 あいやばば式井戸?は・・ここからが他と違うところです。

 コンパネの型枠ですが・・これは最初から朽ち果てる物と考えておりました。

 要は、掘るためだけに必要なものであったわけです。

 で、実はこの中に核となる”朽ち果てない物”を入れて・・・その中央にパイプを立てる・・というのがそもそもの考えの骨子です。


 ”朽ち果てない物”がどこぞに無いか・・・最初は石を考えましたが、砂利も含めてかなり高い買い物になる。

 もちろん、最初からお金があれば、業者さんに頼んだりしてコンクリート製の土管を埋めることも出来たのですが・・・それは最終手段として・・・

 たまたま近くに古物商があっていろんな物が棄てられて?いや、置かれていたので・・見に行ったら・・塩ビパイプとか洗濯機、パソコン、灯油タンク、廃材、鉄パイプ・・その他もろもろあって・・以前池の水の排水用に塩ビパイプをただで手に入れたところです。(排水管工事ほぼ完了・・参照

 それらの中に・・・

 工事現場のバリケードかフェンスに使ったと思われるプラスチック製の囲いがありました。 

 「・・・これは使えるんじゃないか・・」と咄嗟に思ったのです。

 形状が一定しているので、プラスチックのブロックと考えてくれたらイメージできるかと思いますが、まとめてひと塊にすれば強いし、何より、中空になっているので、水を保有できる空間が沢山あるという利点があります。 これを石にしたらば、恐らく2割程度しか空間は確保できなかったと思いますが、これなら9割以上確保できそうです。

 そんなわけで、穴掘り後、このようにバリケードを埋めていきました。 大きさも丁度よかったというのもあります。

 バリケードは現在の最高水位と思われる高さまで積み重ね、隙間もバリケードを詰めて出来上がりです。
d0251572_22265085.jpg


 その上にはとりあえずコンパネを置きました。
d0251572_2229949.jpg
ポンプ吸い込み管の鞘管(φ100とφ75)の固定の意味もあります。

 して、バリケードの上は土を戻す予定です。 浮力によってもし浮き上がってきたら困りますので・・。

 簡易的に防水シートを置いて、上からの土の侵入を防ぎます。
d0251572_22312393.jpg
これで地中部は完成です。


 これからはガチャポン(手押しポンプ)を付けるか、電動井水ポンプを付けるか、いずれにしても上物を取り付けて全て完成の運びとなります。 いずれにしても中古を考えていますが、パイプ(鞘管)が二本あるのもそのためです。 停電時のことも考えて”両方取り付ける”が最善の方法でしょうか。

 とりあえず・・ここまでやれば・・憂いはありません。


 Fじー殿・・ほんとうにここまで御協力ありがとうございました。


 そうそう、Fじーの”じー”ですが、これはおじいさんという意味ではありません。

 今まで気が付きませんでしたが、誤解をしてるかもと思いまして、ここで説明させていただきます。

 じーとはネパール語で目上の人や、尊敬に値する人に付ける呼び方で、英語で行けばミスター、ミセス・・に当たります。 日本語で言うと、”さん”に当たるのでしょうけれど、もうちょっと敬ったニュアンスがあるように思われます。 

 さて・・・次は・・いよいよ”物置”を建てます。 

 冬が~来る前に~~もう一度~あの人と~た~ててーしまいた~い~~~~

 あの人とは・・・Fじーのことでありんす。


 でわでわ また

 

ランキングに参加しています。 ここまでよくやったわ・・と思われた方、わかんねーけど押しとくかー・・・と思う方・・ポチっと・・よろしく・・です。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 ご訪問ありがとうございました。 ホッ・・・今日はいい汗流せたわ。夕日もきれいだった~。
by aiyababa | 2012-09-29 22:56 | じぶんちの庭 | Comments(2)

井戸掘り・・その4

ナマステ!

 井戸掘りに着手したのは前回までの記事で述べましたが(右欄、タグの”井戸掘り”をクリックしてくれれば見られます。)・・・でも、あらためて説明すると・・

 井戸掘りには大まかに二通りあって・・一つは打ち抜き井戸・・地上で掘削していく方法で、機械掘り(ボーリング)も上総掘りもこちらの方法になります。 もう一つは、手掘り井戸で地面を掘り進めていって、コンクリート枡とか井桁を組んで壁を作って水脈まで掘り進める方法です。 昔の家にはこの井戸が使われていたように思います。 地域にもよるでしょうけど・・。

 今回採用したのは・・手掘り井戸です。(掘り抜き井戸ともいう) でも恐らく個人で「井戸掘るぞ~~!」ってやっている井戸掘りは大概前者の”打ち抜き井戸”の方法だと思います。

 こちらは塩ビパイプ75mmとか100とか150mmの外壁用のパイプを入れる穴を専用の手作り掘削装置で(安い!)水を差しながら少しづつ深度を下げて、毎回上げられる砂質を見ながら水脈を確認して行くという掘り方です。 具体的な解説は”井戸掘り”で検索してもらうといろんな方のブログが見られますので、こちらからどうぞ。

 こちらの(打ち抜き井戸)方法だと手掘りで進めるよりももっと深いところまで掘っていける利点がありますが、ある程度の水量のある水脈に突き当たらないと、保有水量がパイプの中だけ・・ということもあって、水を汲み上げてもあっという間に無くなるという欠点があります。 

 小生の住んでいる町は比較的札幌に近いこともあって、Iターン組が多いのですが、田舎で頑張ろう!という人達はなにかとDIYが好きなようで、意外と自分で井戸を掘ってる人が多く、大方は打ち抜き井戸でやっているようですが、小生のように手掘りでやっている方も何人かいるようです。ただ・・・手掘りといっても・・大概は重機を使ってあっという間に掘ってしまうので、小生のように型枠を使ってまさしく手掘りでやってる人は少ないかもです。

 今回手掘りで行こうと決心したのは、いろいろ話を聞いてみると2.5m~3mで砂の層が現れ水脈に突き当たる・・らしい・・からです。(ただし金ッ気の水なのであまり良い水質とは言えないですが・・。) 2~3mであれば土圧も差程ではないので何とかコンパネでも耐えられるだろう・・・という理由からトライしたわけです。

 なんと言っても手掘り井戸の最大の利点は・・たとえ湧水量が少なくても十分な水量を確保できる!   このことよ。池波正太郎氏のパクリ・・でした。

 1.8mx0.9mのコンパネを買って来て、それを半分にして壁型枠を作ります。 要するに高さ90cmx縦・横90cmの枠です。この大きさが保有水量になりますから水位が1mあれば800リッター(バスタブ4杯分)も保有できます。 これだけあれば震災にあってトイレにもお風呂にも毎日使っても十分足ります。ちなみに現在の保有量は1000リッター以上もあります。

 で、製作方法ですが・・一番下の型枠だけは、下から30cmくらいまでの間で直径21mmの穴を約250個(一面63個)開けました。ここから水が入ってくるようになります。

 2段目からは穴の開いてない型枠を載せていくだけです。角には6cm角の角材を用いました。 カケヤで頭を叩きながら型枠を落として行きますので、15cmほど型枠より高くしておきます。 これは2段目以降の型のガイド役にもなります。 下が参考写真です。
d0251572_1842376.jpg
2枚一組のものをあらかじめ作っておいて、これを2組用意して4面出来上がりです。 最初から4面を組むと入れにくくなったり、たぶんサイズがぴったりし過ぎて入らない・・かとおもいます。 4面を最初から組むのは一番下だけです。

 さて、ここまでの間で他に準備しておく物は・・・

 1、スコップ これが無いと・・正しく手掘りになります。

 2、バケツ+引き揚げ用ロープ。 やぐらを組めば滑車も。

 3、水中ポンプ。 小型の物で十分です。 土砂用がベストですが、清水用でもなんとかいけます。

 4、助っ人最低一人。 ここが一番重要です。 上でバケツを引き揚げたり、カケヤで型枠を下げる人が居ないと仕事が全く進みません・・。

 5、忘れてました追加です。・・・梯子。 体操部とか山岳部とか力技に覚えのある方はたぶん脱出できますが・・・。 中年以降の方は・・もう若くないですので梯子は用意いたしましょう・・。 もし大声を出して人を呼んでもあなたの人格が疑われるような人だと・・・逆に埋められてしまいますし・・・。

 ポンプは一旦水を汲み上げてしまえば少量の湧き水ならあとはバケツで十分ですが・・・一日で掘りきれない場合・・大量の水が一日で溜まってしまうので(1000リットル以上)、バケツで掻き出さないと次の仕事に進めません。 一回7リッターくらいの水を掻き出して・・150回くらいやらないと底が見えません。 掘り進める前に体力を全部使うことになっちゃいます。

 小生の使用しているポンプは池水循環用で中古のものを使っています。古物商から買いました。 
d0251572_18132264.jpg
 そんなに安くは無くて新品の大体25%くらいでしょうか? 5千円でした。 もうちょっと値切ればよかった。 大阪人の血がほしい・・と思うときですね。


 ま、こんな感じで・・いよいよ25日・・Fじーに来ていただきまして穴っぽり開始です。

 当日の天気予報は雨・・実施を危ぶまれたのですが・・・殊の外、外は小降り。 傘を差さなくてもいいくらいの雨・・・

 穴掘り開始・・決定しました。 どちらかが晴れ男なのかもしれません。 9時過ぎには・・止んでしまいました。

 まず、やったことは・・・中に溜まっている水を掻き出すことです。 ポンプをセットしましたが、ホースが10mあるので管内抵抗がついて20リッター/分も上がりません。 4・50分掛かったでしょうか? 約500リットルの保有水・・予想より地下水位が上がってました。 地面から90cmくらいまで来ていました。

 底が見えて水の掻き出しは一旦終了。

 いよいよ型枠を降ろします。

 実は・・小生が一人で掘った穴はいびつであり、下にいくにしたがって狭まってました。 

 最初は小生が中に入って壁の土を削っていき・・型枠を収めました。 1.6mまでは掘ってあったのですが、落とした土砂を運び出して、続いて2段目の型枠を上に載せて、2枚割してあったものを一段目の上に載せ固定します。

 こーして、2段目まで型枠を入れて・・高さ1.8mまでの型枠が入ったわけですが・・

 ここからが段々大変になってきました。 

 まず・・・中古ポンプがいかれました。 電源が入らないのです。(後でわかったことですが、プラグ内で断線してました) 仕方ないのでバケツで掻き出しながらの作業です。 ちょっと休むとあっという間に10cm・20cmと染み出た水で一杯になってしまいます。

 地面下、1mから1.2mあたりにあった砂の層から下は粘土っぽい細かい砂の層ですので、相変わらず泥田に入って仕事をしている感じですが、以前ほど長靴ものめり込まなくなってきてました。

 それでもスコップにはまとわりつくし、結構大変な作業に変わりはありません。

 で、後半は上下を変わり小生が地上での作業になりました。 どうやら上のほうが仕事がきつい?・・Fじーが老体?に鞭打って頑張っていましたが・・・バケツを上に引き揚げるのに、段々深くなるにつれて引き揚げ量も増加し、腰を曲げての作業が・・実に辛そう・・・。 

 後半といっても後半の後半くらいですから・・かなりしんどかったのでは・・。

 深くなるにつれて・・ペースも落ちてきます。 染み出る水の量が増えてきている感じがしないでもない。 一回掘り下げる度に一度水を掻き出さないと次に進めない・・・。

 ポンプが廻らなくなってしまったのも大きい。 

 でも・・・なんだかんだで2.2mまで掘り下げることが出来ました。 

 第一目標であった2.5mまではもうちょっと。 

 でも憂いが無いでもありません。 第一段目の砂の層から約1m掘り下げましたが、土質に一向に変化が見られません。 相変わらず細か~い砂と粘土まじりの層が続いているんです。

 光明は得られるのか?

 これは次回に持越しです。 

 二段目の型枠でも足りなくなって、3段目の型枠をセットして・・・終了しました。
d0251572_1862138.jpg


 で、これが本日の成果。 深さ2.2mの穴掘り。
d0251572_1882385.jpg



 疲れましたねぇ。 ただ、気温が20度くらいまでしか上がらなかったので・・大汗を掻くまでにはいきませんでしたが・・・疲れました。 

 そんな意味では・・ウルシになってなんだかんだ2週間くらいずれたのは・・よかった?

 次回は29日(土)を予定してますが・・・これも予報では雨。

 
 翌日・・水位を見たら地面から80cmまで上がってました。 1.4mも水かさがあります。ってことは・・1100リッターもの容量が・・。 
d0251572_189411.jpg


 なんか十分じゃないの?って感じですが・・・やはり・・次の砂の層が出るまで・・頑張ります!


 でわでわ また


 ランキングに参加しています。 しょーもないことよくやる・・・いやいや応援したくなるって方も・・お慈悲の1ポチを。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 ご訪問ありがとうございました。
by aiyababa | 2012-09-27 18:46 | じぶんちの庭 | Comments(4)

井戸掘り・・その3

ナマステ!

 ウルシに被れて一旦中止していた井戸掘り・・先週末から再開しました。

 あっ! ウルシはもう痒みもなく残党らしきものは残っていますが、先週半ばを以ってピークを過ぎたらしく、今は全然問題なくなりました。 一応まだ軟膏は塗っていますが、もうあと3日くらいで消滅するのではないかと思います。

 さて・・・井戸掘りですが・・・まずは前回までの写真を・・。 内容については「井戸掘り・・その2」を。
d0251572_192861.jpg
・・この時は予想外の地下水位に若干戸惑いもありました。

 インパクトドライバーも購入して
d0251572_19303617.jpg
リョービの12V・・旧型?ですが、日曜大工程度の仕事量なら14Vでなくても十分使用に耐えられます。特売してたので(1万円切り)思わず買っちゃいました。 バッテリーパックも2個付きです。

 で、早速残りの作業・・・そう穴あけです。 コンパネに200数十個穴を開けていくのですが、前回は半日以上掛かってやっと半分強。 今回は残り120個を2時間半くらいで開け切りました。

 でも結構モーター部はヒートアップしましたね。 一度30分くらい冷蔵庫で冷やしながらの作業でした。 12V製の限界?を感じましたが・・ここまで連続してインパクトを続ける作業は今後はもう無い・・と思いますので・・よく頑張ったと・・いったところでしょうか。

 で、穴あけ作業終了の写真です。
d0251572_19473184.jpg
このようなパネルを4面。

 ここまでの作業は先週初めで終えていましたが・・あとはウルシの回復を待つのみ・・という状態でした。

 で、先週金曜日(21日)穴掘り再開です。

 一番下になる穴あきパネルを入れられるまで・・・要するに一人で掘れる限界まではやっておこう!と決めて痒みも無くなって、ウルシも落ち着きを見せたあたりで汗かき作業を決行したのであります。

 掘りました。 1・6mあたりまでは掘りました。 水面からの高さでは1.5m。
d0251572_2015238.jpg
これを上から見ると・・・
d0251572_2025135.jpg
この狭い中、背負い投げ・・いやいや、ジャーマンスープレックス・・のような感じで泥のような土を上に投げ上げました。 

 もう投げ上げる場所が無いと上に上がって一輪車で泥を他まで運ぶ・・と、まあこのような作業を続けて行ったわけですが・・投げ上げるのも限界を感じてましたが・・このあたりから土質が変わってきたのもあります。

 地表から1、1mから1.3mまでの10~20cm前後は一旦砂の層になり、湧き水が多く、これが前回てこずった水脈であったわけですが・・これを過ぎると細かい砂というか粘土っぽい砂が出始めまして・・これが壁を崩す土質であったわけです。 このまま掘り下げ、何もしないと壁が崩れてしまう土だったわけです。写真で見れば青っぽい灰色の土です。

 で、泥揚げも限界を感じてましたし・・少しづつ崩れる壁を見て・・本日ここまで!を決定したわけです。

 で、「・・次回は助っ人Fじーが来る25日(火)だ!・・」と決めて・・

 スコップを置いて上に行こうと・・・

 「あれ? 足を掛ける場所が・・・」


 「・・・まさか・・・自分の墓穴を・・・掘った・・・?

 事実・・冷や汗が・・。 「・・こ、こんなはずじゃ・・」・・上のほうの幅は1.1m。 ジャンプして手だけで上にあがろうなんていうのは絶対無理・・。 

 途中に一箇所・・・足を掛ける場所を作り・・・ようやく・・シャツを泥だらけにしながら・・・(細君には内緒ですが)・・

 やっとの思いで上に這い上がったのでした・・・・。 


 掘ったのはいいけれど・・・上に上がれない・・・とは・・。 泥田に長靴で入ってるようなものですから・・片足が抜けても片足が嵌まって取れないし・・実に難儀しながらの脱出劇でありました・・。とてもジャンプなどできるはずもありません。

 そして・・この脱出劇をして・・一旦這い上がってから・・また入って穴掘りしようなんて・・誰も思いません。

 第一段めの壁型枠を準備して・・一人穴掘りは終了です。
d0251572_20354870.jpg


 この続きは・・本日決行したわけですが・・・そちらの記事は・・次回つーことで。

 

 でわでわ また



 墓穴に入らなくて良かったぁ・・・。 死ぬには、ま、まだ早い! 応援ポチを!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 ご訪問ありがとうございました。
by aiyababa | 2012-09-25 20:56 | じぶんちの庭 | Comments(2)

井戸掘り・・その2

ナマステ!

 昨日はいい天気でしたね。

 予定通り井戸掘りを開始することとしました。 

 先週・・開始する前にある程度スギナの地下茎が及んでないところまで掘り下げておきました。
d0251572_740398.jpg


 更に実際に井戸となる場所を30cm程掘ったら・・それが・・今週初めの雨で・・庭には水溜りなど出来ていませんでしたが・・掘ったところだけはこのように水が溜まって引きません。
d0251572_7481183.jpg
かなりまとまった雨だったのでちょっと心配。

 それでも・・Fじーが週一の休みを返上して毎回応援に来てくれるし・・・水を掻き出して掘り始める事に。 

 ぬかるんで重い土に真夏日の気温・・。 大汗を掻きつつ1mほど掘り下げました。

 地表から1mくらいまでは畑の土と粘土質の土。 その下は非常に細かい砂が現れました。 そのあたりから染み出してくる水も多くなり一服の間の10分15分で結構地下水が溜まってしまいます。

 そして・・更に30cm掘り進むと若干砂も大きくなって水の染み出しも多くなってきました。 

 ところがその量が半端じゃない。 横からの染み出しじゃなくて下から湧き出て来てます。 残念ながら写真がないのですが・・・一輪車で掘った土を他に運び出している間に桶に数杯分の水が・・。

 掻き出しても掻き出しても湧き出してきて、いつもネトネトどろどろの土と格闘しなくてはならなくなり・・・声を出して悲鳴をあげたいくらいでした。 外の気温は恐らく30℃。 眼鏡に汗がたれるし、手袋は泥だらけ・・粘土質の土はスコップにねっとりとついてスコップ離れも悪くて通常の3倍・4倍もの労力がかかります。

 で、昼飯時一休みして戻ってみたら・・
d0251572_8294781.jpg
水位は50cm以上にもなり・・・もうお手上げ状態でしたね。 一人ではちょっと無理が出てきました。

 この時点で水が出てきたらもう無理して掘り進める意味も無い・・ここで完了にしてもいいんじゃないか・・・という考えもありました。・・・でも・・渇水期には流石にここまで水位は上がらないだろうし・・砂の出てきた場所をもっと掘って数日置いたままにしたら壁が崩れてくるのでここで一旦止めました。

 そのころ・・Fじーには木枠の加工をお願いしていました。 ところがこちらも作業が思うように進まない。 

 一番下に来る木枠に二百数十箇所穴を開ける作業を依頼してたのですが・・・インパクトドライバーに木工ドリルをつけて地下水流入用の穴を開けてく途中で・・バッテリーが直ぐにエンプティ。 ドライバー本体もバッテリーもヒートアップして冷蔵庫で冷まし冷まししての作業。 よって・・こちらも遅々として捗らない。 やっと2枚分の穴と角材を取り付けたところで終了。


 今回の井戸掘りは短期で一気に終了させようと目論んでいただけに・・「想定外」?の水と老朽化したバッテリーチャージャーのこともあって後日新品でも買うか・・と・・札幌圏の人なら誰でも知ってるジョイフルAKの広告を見ながら・・・昼飯に、素揚げ野菜満載ビーフカレーパスタを食べ・・
d0251572_9111244.jpg
今後の段取りを考えたのでした。 プロの作るまかない飯的な感じでさっさと調理し至福の時間を・・

 で、・・・こうも条件が悪くなったら無理して作業を進める意味がないわけで・・・

  本日の作業・・終了! ・・・としました。


 じゃ・・午後は? 


 愛車ハナちゃんが外に出掛けたがっていたようなので・・遂に・・

     林道デビューです 

 まだ近隣で足を踏み入れたことが無い林道がいくつもあります。 山野草やこくわ(サルナシ)・またたび・ヤマブドウあたりのリサーチがてら・・乗り入れました。 

 こちらのもようはまたあとで・・・。

 井戸掘り・・来週には決めたいですね。



 でわでわ また


 ランキングに参加しています。 ポチッと応援宜しくお願いいたします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 

 ご訪問ありがとうございました!
by aiyababa | 2012-09-14 09:50 | じぶんちの庭 | Comments(0)

井戸掘り・・その1

ナマステ!

 畑の水を確保しようと井戸掘りを敢行するべか・・・と思いが巡ったのはいいのだけれど・・・ここんところ雨がよく降るので・・・地下水位が上昇気味・・。 掘るには直ぐ水が出てきてしまって・・あまりよろしくない・・・・。 本日も予定に無かった・・朝から小雨。 


 よって・・若干延期。 と・・することにしました。 本当はお盆過ぎあたりを考えていたんですけどね・・・。


 でも・・井戸掘りについて・・ちょっと説明すれば・・・。

 
 今回トライするのは手掘り井戸です。 90cm角の囲いを作って掘り進む・・・というようなやり方を考えています。 打ち抜きで深井戸を掘る必要も無いかと思ったのでそうしました。というのも、近所でも井戸を持っている方が数人いまして、その人たちに聞いてみると2.5mで出た・・とか3mで出た・・とか言ってまして、揃って手掘り井戸で設置したものでした。

 とりあえず1~1.5mくらいは一人で掘れるので地道にやってみますが・・それ以上となると一人では危険です。 何かあった時に誰も助けにきてくれませんし・・・。 で、またまた正義の味方Fじーに助っ人を依頼してます。 Fじーだったら掘り進めて行ってる間に井戸に蓋をして釘を打つなんてこともしないと思いますし・・全幅の信頼を置いて共同作業を行えます。

 しかしながら・・ここのところの雨で50cmも掘ると水がにじみ出てきてしまいそうな感じだし・・土が水分を大量に含んで重いってこともあります。 壁を土圧に耐えられるようなものにして製作する予定ではありますが、リスクを極力少なくするために雨も少なくなる10月あたりがベストと踏んでそれまでに準備を完璧にして望むことにしました。 なんせ壁崩壊=死・・という構図が・・手掘り井戸にはあります。 そして短期決戦で臨まないと水が上昇してきて壁を脆くしてしまうということもあります。 大袈裟かもしれませんが完璧を目指して計画を練っています。

 ひとまず・・材料集めに東奔西走。 先日は4mの径100mmの塩ビ管をタダでゲットしました。

 御近所の古物商に時々顔を出しています。「北の国から」で純が富良野市の清掃局員になって掘り出し物を家電などが廃棄されている「山部山麓デパート」で調達していましたが・・デパートという名前をつけたのは言い得て妙!だと思いましたね。 

 ま、他にもいろいろ・・頑丈な滑車を500円で手に入れたし(土砂の引き上げに使う予定)なかなか古物商というところは面白いところです。

 一人で手掘りが出来るところまではやってみますが・・・・地下水と天候の状況で本格的な手掘りは9月以降でしょうか・・。 

 池の水も気温が高くて風が強い日にはかなり蒸発してしまいます。 補給水も馬鹿になりません。 野菜への水遣りよりこっちの方が多いかもしれません。 

 ま、なんとしても今年中には取り付けたいです。

 ひとまず資材を揃えるところから始めてます。


 でわでわ また



 追伸: 今回からランキングに参加してみました。 

にほんブログ村 花ブログ 自己流ガーデニングへ
にほんブログ村

 ありがとうございました。 
by aiyababa | 2012-08-25 22:11 | じぶんちの庭 | Comments(2)

野菜作りの難しさ・・。

ナマステ!

 何が良くて何が悪いのかの見極めが出来てないまま時間だけが過ぎていきました。

 土作りが大切だ・・と・・いうことは重々承知してますが・・うちの野菜たち・・正直言ってちゃんと実をつけてくれるのかどうか全く自信がありません。

 あまりにふがいない成績なので今まで控えていたブログアップですが・・記録として残しておかないといけない面もありますので・・うちの野菜たちを紹介します。

 大根です。
d0251572_8244460.jpg
 今月の10日に種まきしました。 一度間引きして、もう少ししたら最後の間引きを予定してます。 もともと大根を作っていた(プロが・・)畑なので期待はしているのですが・・今のところ順調に見えます。 というか、順調なのか、これでいいのか悪いのかの判断が付かないと言ったところでしょうか。

 お隣はほうれん草。
d0251572_82648.jpg
 21日に種まきしました。 ここだけは苦土石灰を追加して耕したので他より遅い種まきとなりました。 いつ頃食べられるのでしょうか? ほうれん草の最初の芽だしが細い葉っぱだということ・・初めて知りました。

 こちらはアイスプラント。
d0251572_22575365.jpg
 ポットで売っていたものを7月6日に地植えにしました。 今月は最高気温も半ば過ぎまでずっと22~24度で夜間も15度前後だったので寒かったのか生育がよくない。 肥料も足りないのか伸びてくれない。 家の中で育てた方がよかったのかなぁ・・・と思ってましたが、23日の週から最高気温も25~30度を記録してくるようになってぐんぐん伸び始めました。 

 先日やっと一回目の収穫。 写真は撮りませんでしたが、生でマヨネーズとカツブシで・・。 醤油をかけないほうがよかったなぁ・・と思っても後の祭り。 でもシャキシャキして美味かった。

 お隣のキャベツも同じ日に植え付け。 こちらも同じです。
d0251572_8432475.jpg
 最初の2週間はこのまま枯れるんじゃないかと思いましたが・・・ここに来て成長し始めました。 キャベツは冷涼な気候の野菜・・と認識してたのですが・・青虫が早速沢山付き始めました。 毎日プチプチしてますが・・葉っぱは穴だらけです。 でも見て判るようにここは雑草?のほうが成績いいです。 スベリヒユです。 去年9月に帰国した時に除草したのがスベリヒユでしたがこの辺に集めておいたのは記憶にあります。 その種がここに来て一気に? 今年は種が出来る前に除草しなければ・・。 でも・・黄色い花も可愛いのですが・・放っておけないので・・・昨日夕方除草完了です。

 で、気分転換に植えつけたのが・・・山芋。長芋? 良く判らないのだけど・・お隣との生垣境界あたりに先月末あたりに沢山芽を出してきたんです。 ビオトープを作るために掘った時に判ったのだけど・・どれも1年生。 ムカゴから芽を出した物ばかり。 収穫までに何年掛かるか判らないけど・・いくつか取って別の場所に植えてみることにしました。
d0251572_2203463.jpg
それがこれ。ちょうど山土(山砂?)が余ってたので・・畑の土:山土を1:2の割合で混ぜて植えました。 肥料はあまりいらないっていうんでそうして見ました。

 元々はこんな感じで生えていました。 
d0251572_2231079.jpg
これだけのムカゴを落とした昨年の親はどこだ?と探してみても見つからない。 細君は昨年秋にはこちらに移り住んできたけれども・・果たして山芋というものを知っていたかどうか・・。 摩訶不思議。ただ、木の周りに生えると後で収穫する時に根っこが邪魔になって非常に採り辛い。 昔、実家で巨大な山芋を掘った時に数時間かけて結局折らざるを得なかった・・という記憶が。

 ちなみに山芋1年生はこんな感じ。
d0251572_2133276.jpg
 まるで赤ん坊のちんちんくらいです。 これが店先サイズになるまでは・・・何年?  立派になれよー。
 

 ナスは植えつけて1ヶ月経つのに・・・全然実が付きません。 やっと第1号らしきものが・・。
d0251572_22215036.jpg
葉っぱが邪魔でしたね。

 ピーマン、しし唐、唐辛子はまあまあ順調です。 写真は唐辛子。
d0251572_22235690.jpg


 そもそも野菜作りの自信をなくしていた張本人が二十日大根。 大きさもまちまちで形も不ぞろいで・・・とても写真でお見せするような代物じゃございません。 それでも収穫して食べてみれば・・ピリッと辛くて美味しいです。 次回はもっと上物を揃えてみたい!
 

 でも・・・厄介なのが・・これ。
d0251572_8503022.jpg
 スギナです。 毎朝このように水滴を一杯つけて・・何が元気かって・・これほど元気な草を自分は知りません。

 取っても取っても出てくる。 これからは長い戦いになります。 庭中に広がっていまして、今はどこから手をつけていいのか判らないほどです。 これから庭の見栄え・・を考えるとスギナはもっとも邪魔な草ではあるけれど・・・スギナだけやっつける除草剤っていうのがあったら農林大臣賞ものですよね。 あればいいけど・・。

 今月に入ってまともに雨が降っていません。 今月初めに九州・本州地方に甚大な被害を出した前線も北海道まではやってきません。 エゾ梅雨というのもあるという話ですが・・お湿りまでは至っていません。 おかげで水道水・・かなり使っています。

 池が終わったら今度は井戸掘り・・真剣です。 御近所の人曰く2.5mでカネッ気(鉄分)のある水だけど水脈がある・・というので・・やってみます!


 でわでわ また



 
by aiyababa | 2012-07-30 07:38 | じぶんちの畑 | Comments(0)


「みちくさ」 ちょっと覗いて・・現在ランキング取りやめ中
最新の記事
以前の記事
最新のコメント
カテゴリ
タグ
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧