あいやばばライフ


北国初心者・家事初心者の日々・喜怒哀楽を・・・。
by aiyababa

タグ:ロフト ( 5 ) タグの人気記事

家の設計・・アーカイブ

ナマステ!

 いよいよ佳境に入ってきました。 

 家造りの最初は
ログハウスから始まってネパールの石積みの家ときて、北海道の我が家と、20数年の歳月を経てやっと完成までもうちょっとというところまで来ました。

 北海道は寒い。 かてて加えて土地も半住宅地に買ったということで、だいそれた家(お金の問題もありましたが・・)を作らず・・・

   ランニングコストが掛からない家を目指しました。


 そうなると、今流行の高気密高断熱の家ということになるのかなぁ。 

 流行というより必然だと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 そもそも家は自分で建てるもんだ!・・と言っておきながら、健康管理?もせずに腰痛に苛まれては建てられる物も建てられません。 

 だらしないのは良く存じてます・・ハイ。

 更に、法律は良くわからないのですが、都市計画法だか何だかで市街化区域に建てる場合、いろいろと法規に準じて建てなければならず、好きなところに好きな家が建てられる山林とか計画区域外の場合と制限が異なるので、ここは素直にどこかの会社にお願いした方が懸命かな・・と。

 ましてや、海外でしばらくは働かなくてはならないので、一人でこつこつとやったって腰をいたわりながらでは2年も3年も掛かってしまい、残念ながらとてもそんな時間は作れない。

そんなとき、4・5年前でしょうか?  細君のほうからこんな設計会社があるよって言う話をされました。

 友人がその会社で家を建てて、あそこは他のところより親切丁寧でとことん突き詰めて話に乗ってくれるし一度話しをしてみたらと薦めてくれたというのです。 

 会社というより設計士さんに趣きをおいていましたね。

 そうこうしているうちにその設計士さんが独立して新しい会社を興したというんです。 たった3人の会社でした。

  設計士さん。 インテリアコーディネーターさん。 そして営業兼設計士見習いさん。

 最初会った時は具体的な家の間取りも何もなくて、ただ会っただけでした。 

 その設計士さんはいつもニコニコしていて、とても設計士さんというより七福神のようでした。 

 通常家を建てるときはいろいろな会社から見積もりを取って、その中から気に入ったところに決定するというパターンですが・・・・一発で気に入りました。 

 他のところと競合してという常套手段を使わず決めたものだから、細君は一応気になったのか、「本当に他のところも見ないで決めていいの?」 と言ってくれましたが・・・最後に数社に絞っていって、外したところに「すみませんねぇ・・・」とあいさつするのも嫌だったし、その役をするのが細君になるだろうということは自分の仕事の関係で見え見えだったし、何の落ち度も無いのだからそこでいいじゃないか・・という小生の長年の勘もありました。

 昨年の春に第1回目の打ち合わせをしました。 本当はその前年の秋ごろには打ち合わせをしたいなと思ってたんですが・・・・

 昨年3月に購入した土地は、おととし夏から地主さんといろいろ交渉していて農地から宅地に変えるのに農業委員会の承諾が必要だったり、役所への届け出があったりで、(全部地主さんの方でやる)なんやかやと半年以上経ってやっと手に入れた土地でした。

 それだけじゃなく、私道をもっと広く取っておきたいので、2.5mから4.1mに変えてくれとか、何故か向こうからの要望が入ってきたり、二転三転してようやく最終用地と価格が決まって境界杭を打てる雪解け後の3月末にと言うことになったのでした。

 ま、そんな訳で打ち合わせも若干延びてしまい一昨年秋から昨年2月までに描いた間取りのスケッチは20数種類。 40ページ以上になりました。 

 何かアイデアが出たり不都合がでるとすぐに5mm方眼紙に向かって一心不乱に描いてましたね。

 その中から気に入った物を数枚、最初の打ち合わせに持って行きました。

 そこには庭のレイアウトも入れまして、自己満足に浸っているのが一目瞭然の絵でした。

 残念ながら、今のパソコンにそのデーターが入ってないのでお見せできません。 

 次回打ち合わせにはそれを参考にして、設計士さんのほうで3種類くらいプランを作りますのでというのでわくわくしながら打ち合わせの日を楽しみにしておりました。

 プランの骨子は

 1、土間のある家。小生の小物家具等内作スペース確保。
 2、薪ストーブを設置する。
 3、基本は平屋建て。
 4、ロフトあり。ゲストが寝るスペースがあれば十分。
 5、車庫内蔵。一部シンクを設けて鮭やカレイの解体調理できるスペース+冷凍庫を置くスペースも含む。
 6、部屋は寝室のみであとは間仕切りを設けない。
 7、風呂場から庭を見られるようにしたい。

 と、まぁ以上の要求を満たす間取りは・・・

 次回・・家の設計2で。


 でわでわ また


追記: 自分で家の見取り図を描く・・・。 この面白さは何ものにも代えがたいですね。 間取りっていうのはどうにでも変えられる。 

 たかだか20坪に40数種類の間取りを考えていたんですから。 その中で3種類の間取り図を持って設計士さんに会いに行ったのに、設計士さんはまた別のアイデアを持って提示してくれました。 それも3種類も作ってくれたんです。

 そーゆー意味では無限ですね。 人が変われば見方も変わる。 注文住宅っていうのはそーゆー意味設計士さんの才能に左右されます。

 こんなのは上手い図面を何千枚描いたって意味のないことで、採光とか、動線、換気、北海道の場合落雪の方向エトセトラがどれだけ詰まっているかに関わってきます。 外見の斬新さで言ったら若手の設計士さんも負けてはいないでしょうけど、使いやすさとかも含めて総合的な見地からだと・・引き出しを一杯持ってる設計士さんに一日の長がありますね。

 なんだかんだ家に関わっている間で一番楽しかった時期ですね。

 でわでわ また




 ランキングに参加しています。 皆さんの後押しが更新の励みになります。
にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 雑木の庭へ
にほんブログ村

 ご訪問ありがとうございました。 またお越しくださいませ。



by aiyababa | 2014-06-28 00:28 | 家が出来るまであれこれ | Comments(0)

ロフトの収納・・完成。

ナマステ!

 ロフトの収納・・・やっと完成しました。 本来なら昨年中に(ロフトの収納ワゴン参照)やっつけないといけない物だったのですが・・・時間掛かっちゃいました。

 ちまちまとはやっていました。 始まったのは1月20日頃でしょうか? 材料は昨年中に揃えておいたのですが・・・雪掻きが忙しくて・・気力が・・・・。

 おさらいをすると・・

 このようになっていたロフトの収納は・・こんな感じ。
d0251572_194615.jpg
・・・見えないところに段ボール箱やら布団がごろごろ。 

 細君の要望によれば・・

 「プラスチックの収納もデザイン統一されてないし、布団やダンボール箱もバラバラだし・・いくらロフトだと言ってももっとスマートに見えるようにカバー付きで収められないかしら?・・。」

 と、いうものなのだが・・・

 結論から行くと、キャスター付きの台車にこれらを載せて、正面が壁になるようにすっきりとしたものを作って!・・・と。 しかも・・手前の床スペースは人が寝られる位のスペースは確保して・・・と。 なんとなく矛盾してなくもない意見が・・。

 途中経過の写真です。
d0251572_19154111.jpg
一番奥の一段上がった場所の台車はまだですが、低い場所のは4分割にしてあります。 

 壁に見えます?


 で、取っ手をどんなタイプにしようか悩んだのですが・・・掃除道具の柄をハンドル替わりにして、中心をくり抜いて、ロープを通してみようかと・・
d0251572_19244225.jpg
ロープは綿ロープの9mm径。 穴は10mmです。

 でもドリルを真っ直ぐ立てることが出来ず・・・一発で開けようとすると反対側が芯に行かない・・・。

 しょうがないので両方から開けて真ん中のずれは丸やすりでゴキゴキやって・・とりあえずロープを通せれば由として・・・やってみました。 

 ま、結果オーライ。 でも・・・ボール盤が欲しい!


 で、一番奥の台車も本日完成し・・
d0251572_19334017.jpg
こんな感じです。

 かなりすっきりしました。


 取っ手はこんな感じです。
d0251572_19344057.jpg
位置が低いのは・・・

 上にすると・・・重い台車の場合・・正面の壁がしなって倒れてしまうのです。 

 壁を固定するのに筋交いやベニヤ板を取り付けてますが、両側に付けられないので、付けてない方は金具のみでやってるので、かなり歪む。 

 で、余り影響の無い重心位置の低い下側に取っ手を付けた・・・というわけです。


 使う時は台車を前に引き、プラスチック製の収納引き出しは横から出す・・という具合です。
d0251572_19462570.jpg



 プラスチック製の収納は元々キャスター付きでしたが、全部外して、ビスで台車に固定してあります。
 

 こちらは布団用です。
d0251572_19482185.jpg
・・大きさが掴みにくくて台車サイズの決定に苦慮したのですが・・もしダラ~ンとはみ出すようだったら、ゴムバンドとシートで包めばもっとすっきり載せられるかなと思ってます。

 実をいうと・・キャスターの選定を間違えまして・・

  小さいサイズを取り付けたら・・重くて重くて・・一応限界重量以下だったんですが・・重い台車の方には2個更に追加して6輪つけてあります。 

 最初から大きいのを付けると・・有効高さが稼げないので・・・小さいのにしたんですが・・これはこれで勉強になりました。


 ロフトの改造は・・もうそろそろやるところが無くなって・・ここらで一旦お終いかなぁ。


 ちょっと寂しい気もしますが・・・



    次なる木工作業・・・いよいよ・・リビングの小テーブルと椅子ですかね。 

 出来合いの堅い木で出来たものはやたら高いし・・・でも自分で作るとちょっと安っぽくなるし・・でも椅子はちゃんとしたものだとかなり小細工が必要だし・・なんといっても座り心地が悪いとくつろげないし・・・これは出来合いの物にしようか・・・。


 悩みますねぇ。



 でも・・楽しいですわ。



 でわでわ また

 

 
by aiyababa | 2013-02-07 20:13 | じぶんち | Comments(4)

ロフトの床仕上げ

ナマステ!

 昨日も午後から雲行きが怪しくなってきて2時半過ぎから小雨が・・ぽつり・・っ・・。

 大して気にならない程度だったけど・・・そのうち本降りに・・。


 嗚呼・・・今日も・・・。


 物置製作作業を中断して・・・そそくさと店仕舞い。


 いつもより早い時間で切り上げたため・・・屋内で出来る作業で前から遣り残していた・・・

 床の隙間処理をしました。


隙間はこんな感じです。 オス・メスで結合していくものなので、最後の一枚を差し込むときはどうしても遊びが必要になります。
d0251572_8431141.jpg



 フローリングでも合板の板を敷き詰める予定・・まで以前記事にしましたが・・今気付いたのですが・・板貼りのほうは全然記事にしてなかったんですね。

 ま、板貼りは8月中にほぼ終えていて、この巾木処理だけが残っていまして、雨降りの時にすればいい・・・と気長に考えていた作業です。


 で、フローリング材1.82x0.303を貼っていくと・・最後に壁際に数ミリの隙間が出来てしまいます。 これは通常後からする巾木で隠せるから問題ないのですが、家が出来た時は下地ボードのみでしたが巾木は既に貼られていたので・・・この処理をどうしよう・・・と。

 巾木の上からまた巾木で隠すっていうのも芸がないので・・何かいい方法は・・

 ここでいういい方法とは・・お金の掛からないで・・というのが前提にありますが・・。


 ここで採用したのが・・三角の面木です。 1辺が7mmの直角三角形のものです。

 巾木に合わせて白いペンキを塗って・・・ピンで留めて・・・
d0251572_915736.jpg



 1m離れて見れば・・


   粗は見えない・・・。 


   というくらいの仕上げ程度で・・・完了です。
d0251572_923191.jpg



 このような作業を行っても時間は確実に減っていくんですね。 コーナーなどは切り出しナイフで少しずつ整えて、やすりかけて・・・。

 見た目・・どこを作業したの?って思うところですけど・・・。


 大工さんもこーゆー地味な場所にけっこう時間をかけて仕事してるんですよね・・・きっと。


 せっかく作業を終えたのに床の写真とか・・残ってなくて・・今では色んな物が置かれているので全体写真を撮れないのが残念ですが・・・

 ロフトの下にある車庫との秘密の?開口部・・この蓋をせめて一枚お届けします。
d0251572_9163430.jpg
 

 床目地に合わせて・・隙間を極力少なくして・・でも開け易く・・ということにこだわり?製作しました。 縁取りはアルミサッシは止めて木にしました。 けっこう仕上がりは気に入っています。


 ロフトの床は・・これで終了です。 無垢材を使わなかったので安くあがりました。 

 でも三角の面木・・・90cmで一本88円もしたんです。 2x4の6フィート(1.82m)で238円しかしないのだから・・・ボリュームでみたら滅茶苦茶高い。 こーゆーのを製材できる機械があればいいのですけどねぇ。 

 製材になると木の値段が極端に高くなる・・。 ほんとうにそこまで高くしないと今はやっていけないのですかね。 考えさせられる価格問題です。



 でわでわ また



 ランキングに参加しています。 今日は晴れ晴れとしたいい天気です。 さて・・がんばるぞ! ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 ご訪問ありがとうございました。


 

 
by aiyababa | 2012-10-26 09:34 | じぶんち | Comments(0)

ロフトの板貼り

ナマステ!

 先週、ロフトの畳シートを購入したところまではブログにアップしましたが・・・先日・・畳シート廻りの板貼りが完了しました。 火曜日の出来事です。 

 ロフトの寸法は規格通りってゆうんではないので、畳を置いてから一つ一つ寸法を測って貼りました。

 結果は上々です。 既に出来てる壁や柱が多少ねじれていたり、真っ直ぐでなかったのでところどころ隙間は出来ましたが・・・ひどく気になるものでもなくて・・・この家を建てた大工さんより上手に仕上がっちゃいました。 と・・自画自賛。 これには細君も驚きを隠せない?ほど感激してくれまして・・・ロフト工事第1弾はひとまず成功。 
d0251572_833021.jpg


 でもこの工事・・・もちろん?小生一人で出来る物ではありません。 寸法取りは小生が行って・・・材料のカットは手馴れたFじーにお任せしました。 小生は補助要員であります。 やはり電動工具は気をつけて扱わないと大怪我をしますし、材料も特別なカットを施さなくてはならないところもあったので刃の出し加減から止め方等々・・それなりのテクニックが必要で寸法もライン残し、ライン上カット等々1mm2mmに影響してくるのでいい加減に線も引けませんでした。

 ホームセンターに行ってみると・・真鍮釘くらいは知ってましたが・・フロアー釘から巾木をボンド付けするために使う釘とかいろいろな釘がそれぞれの用途に用意されてる今日の建築事情に少々驚きました。 Fじーがいなかったら適宜にそれらを使うことも出来なかったし、仕上がりも恐らくはみすぼらしい物になっていたかもしれません。



 そんなこんなを良いイメージで行うには間を空けてはいけません。 

 翌日には・・・床材を貼ってしまいました。 この床材たまたま安売りしていたので・・色が不人気だったからでしょうか? 1坪分3950円・・・約15平米、5坪分を衝動買いしました。一枚の大きさが1818x303mmで6枚1セットのものです。303x303のクッション付の床材も候補に上がっていましたが、それだと材料費で2倍以上も掛かってしまうので・・・財務大臣に相談した結果・・・こっちの床材で行くことになったのであります。 

 で、そのうち畳のある高床の前、2坪弱の広さですが・・・やっつけました。 水糸を張って慎重に真っ直ぐに置かれているかどうかを確認しながらの作業で、これも初めての作業。

 このフロア材を固定するのは釘頭に凹みのあるフロアー釘を使います。 目打ちで板の中に打ち込んでしまうものですが、失敗すると床材の表面にポンチを打ち込んで傷つけてしまうので結構慎重にやりました。 結果・・・しくじりも無く無事張り終えることが出来ました。

 焦るな!焦るな!と言い聞かせて慎重に打ち込みました。 ここという時、まだまだ精神集中が出来てる自分を褒めておきます。 まだ3分の2の広さが残っているので油断は出来ませんが、その時は再度集中して望みたいと思っています。

 余談ですが・・・この床材・・・梱包はいい加減でした。 1セット6枚入りですが通常は2枚ずつ表面どうしを重ねてその間に紙とか薄いシートを挟みこんで表面に傷がつかないような梱包にするかと思うのですが・・・写真のようにそのまま積み重ねて売っていました。 こんなところに気を回さないのは恐らく中国製だと思います・・が、輸入業者もそこまでは注意しないのでしょうかねぇ・・・ちょっと気になるところでした。 いくつか細かい傷が入っている床材もありましたし・・。
d0251572_9394918.jpg


 ただ、ロフトでゆくゆくは半分は収納エリアにしかならないところですので、クレームはしませんでしたが・・・安いのは安いなりの理由がこんなところにもあったわけです。
 
 すこしずつ家の中も整ってきました。 もう一頑張りです。



 ではでは また
by aiyababa | 2012-07-20 09:59 | じぶんち | Comments(0)

ロフトに畳を。

ナマステ!

 月末にシンガポールから悪ガキさん家族が訪ねて来るのでロフトの床に畳シートを用意しました。
d0251572_9143290.jpg


 うちは特に来客用の部屋を用意してないので、間仕切りも無いけれどロフトには山小屋感覚で寝てもらえば3~4人は寝られるスペースがあります。

 かねがねロフトの床は自分達でやっつける予定だったので、下地合板だけ貼ってもらっただけにしたままだったのですが、今回はその一部を仕上げることにしました。

 ロフトは約25m2あるのですが、屋根下で1.7m以上あるエリアは約10m2・・・およそ3坪。 半分以上は背の立たないエリアで物置空間?でしかありません。

 その3坪空間の中でも畳が置けるのは上の写真の高床にした2坪分。 

 滅多に来ないお客さんの宿泊空間を最上級の部屋にする必要も無い・・ので・・・というより、そんなに気を遣う程の友人を持った覚えも無い・・・というのが真実ではあるけれども、そのままささくれ立った板の間に通すわけにも行かないので・・・当初から目論んでいた「畳の床」にしたわけです。 

 その2坪空間に畳を敷くと4枚で収まるのですが・・・細君が”四”という数字を嫌がったので・・1畳分を3枚、半畳分のものを2枚入れて5枚で2畳分をカバーすることにしました。 

 物は中国製ですが、他の種類の中国製よりは品質がやや良かったので、数種類あった中からそこそこ品?を選びました。 日本製は倍の値段しちゃうし・・・。規格品なので交換が効くというのも中国製にした理由の一つでもあります。 ま、毎日使う空間じゃないので”そこそこ品”でよしとしようじゃないか・・と。

 イ草の匂いだけは十分しますんで畳気分は味わえます。 

 結構気に入ったので・・・時々こっちで昼寝をしたり・・・で、意外と落ち着ける空間だった・・・というのが第一印象。 ロフトからでも庭を眺められますし横になってテレビも見られるので、特に池を中心とした風景ににんまりとして時間を過ごしています。これがどう変わって行くのかなぁ・・・と。
d0251572_9134056.jpg


 でも・・・畳シート(高さ22mm)を置いたのはいいけれど・・高床の縁を板貼りにしないと格好がつきません・・・。 その辺は後日取り掛かる予定です。

 で、また大工仕事です。 次はロフトの床を全部仕上げてしまおうと思っています。 安い合板の床材を購入して・・この辺・・またまたFじーのアドバイスと御協力をお願いしました。 自分だけで何かをしようと考えると独りよがりのアイデアしか出てこないので・・・このあたりはFじーにかなり助けられています。

 床の板張りも来週あたりに予定をしてます。 

 さて・・どんな仕上がりになるやら・・。



 でわでわ また 
by aiyababa | 2012-07-13 09:19 | じぶんち | Comments(4)


「みちくさ」 ちょっと覗いて
最新の記事
以前の記事
最新のコメント
カテゴリ
タグ
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧