人気ブログランキング |

あいやばばライフ


北国初心者・家事初心者の日々・喜怒哀楽を・・・。
by aiyababa

タグ:トリマー ( 7 ) タグの人気記事

ぷちDIY・・ラー油匙に調味料置き。

ナマステ!



 ちょっと前になりますが、餃子を作ったのにラー油が無くて、自家製のラー油を作った話を書きました。 そこまでは良かったんだけど、適当な容れ物が無いから細君がわざとしまっておいたプリン用の容器として残してたガラス瓶に入れてしまった。



 それはそれで、一寸だけムッとされたんだけど・・ここ1・2年プリンなんて作った試しも無いから暗黙の了解で許しを請うた形になったんだが・・・入れたはいいけど掬うものが無い。 数滴たらすのにティースプーンっていうのもちょっとおかしな話なわけで・・・必然的に耳掻きをちょっと大きくしたような匙を作る必要が出てきた。 



  耳掻きをちょっと大きくしたあたりが理想なんだけど、そこまで小さいのは作れそうもないので、もうちょっと大きめのものをちまちまと作ってみた。



 材料はナナカマド。 かなり固い材質なので、こーゆーのに向いているんじゃないかと思った次第。



ちょっと癖のある焚きつけ材的なものを見つけたので、それを鉈で割って適当にのこぎりで切ってサイズも決めずに勝手に削って掘ってやすりを掛けてみた。  中央部で横になって写っている焚きつけ材がそれ。
d0251572_23103123.jpg


   で、出来たのがこんな感じのもの。
d0251572_23115137.jpg

d0251572_23111801.jpg


  で、瓶に入れてみたんだが・・ほとんど水没。 どっぷりと首まで浸かっちゃったんで、次・・掴めない・・。



  で、二つ目に挑戦。 今度は正面、横、上の3面に最初に削り出す線を書き大雑把に削りだしを行う。 写真は横からみた匙のアウトライン。 ぶれぶれで大雑把ですが黒い線がそれです。 まず、これを削ったら次は上から罫書く・・と言う具合で、最後に角を落としていくという感じです。
d0251572_07544685.jpg


    大雑把ですが、まずはこんな感じで削っていきます。
d0251572_07585018.jpg

  で、角を落として・・完成までおよそ半分。
d0251572_07585512.jpg


    で、最後はやすりを掛けて完成するんだけれども・・・


  写真を撮る前に・・既に使っちゃいました・・・。
d0251572_08092753.jpg


      横から・・
d0251572_08095471.jpg


      
d0251572_08095702.jpg

 
   で、瓶の中に入れて収めて・・蓋も閉まるし・・・並々入れない限り一応手を濡らさず掴めます。
d0251572_05065232.jpg


  つーことで・・完了です。




  で、このあと何度か使ってみたのですが・・やっぱりS&○食品のプッシュ式ラー油瓶の使い勝手がいいなぁ・・という事になって、市販品を買っちゃいました。 



 で、これで”落ち”とするには心苦しいので・・・醤油さしとかも含めて、調味料置きを作ってみました。



  板は・・薪にする予定だったナナカマドとヤチダモ。


 
  まずは比較的素直な切り口の薪を選んで、厚み約20mmで切断。 その後は・・簡単に調味料容器の外寸線を入れて・・適当に大きさを決めて・・
d0251572_08205315.jpg


  製作スタート。 窪みをつけて置くために若干大きめのサイズにしてガイド用のテンプレートを作る。
d0251572_08223158.jpg


  同じように中心線を書いてこれに合わせてテンプレートをセットする。
d0251572_08230026.jpg
   ちょっと面倒なんだけど、それぞれでガイドをセットしなおす・・。




  で、写真はないけど・・トリマーで削り出しまして・・・角をやすりで丸めて・・・



  ほぼ完成。 醤油さしのところ・・固定用のクランプが緩くて動いてしまって、余計な部分を削ってしまいました・・・。  デザイン上のアクセントとして・・作り直しは無し。 
d0251572_08260666.jpg


        裏側から。 表皮は残してみました。

d0251572_08263122.jpg


   仮置き。
d0251572_08304258.jpg

   このあと、もう一度仕上げのやすりを掛けて、更に塗装をして終了ですが・・塗装にするか、ワックスにするか迷っています・・。




   ちなみに、ヤチダモの方は小さなクラックがあって・・・使い物にならず・・・。




  このごろ・・なにかと妥協ばかりしてます。 失敗も”味”として受け入れてます・・・。 只の言い訳ですが・・。


   

  でわでわ また



   ⇓
ランキングに参加しています。 いずれか一つで結構ですので・・ポチっとブログ応援よろしくです。 別窓で開きます。







   ご訪問ありがとうございました。 またお越しくださいませ。






by aiyababa | 2018-05-14 08:38 | ちょっとしたもの、したこと | Comments(0)

狭小ハウスならぬ狭小机の製作。

ナマステ!



 小さな本棚の次は・・同じ場所で、中途半端な隙間を埋めるべく作った狭小机の製作です。




  いや、狭小机というよりか・・・サイドテーブルの更にサイドテーブル? 位置関係で言えばそんな感じのものを作りました。



 場所は、本棚下に置いた机、そしてサイドテーブル。 その横に隙間を埋める為だけに作った机なのです。
d0251572_23281817.jpg


  あまり写真の加工が良くありませんが・・机を壁の端一杯に移動して120㎜のスペースを確保し、元々あった80mmの隙間と合わせて200㎜の隙間にサイドテーブルを製作する・・というのか今回のミッション?です。 



 これも細君からの依頼なので、無視できない事情があります。



 で、今回使った材料が・・・MDF材。 聞きなれない言葉だったんですが、Medium Density Fiberboardの略で語訳だと中密度繊維板・・だそうです。



 思い出せば1年前、100個近い廃棄パレットをもらった時、その中の一枚にこの材を使ったのがありまして、小生今まで保管して置いたのがあったんです。
d0251572_23443208.jpg


  風雨に晒されていたものですから、多少染みが出来てしまっていて、見た目は良くないですが、こーゆー材料を使わない手はありません。 



  ダメージを受けて剥がれたり、釘を抜いた跡があるところを省いて材料取りをすれば、主要な材は買わずにいけることが判りました。



 一番最初の写真のように既存の机を移動して、各所寸法取りをして・・材料の切り出し・・です。



 記事を進める前に、説明することがもう一つあって、今回のサイドテーブルは、テーブル部分と引き出し部分の2つの要素から作られていることを申し上げておきます。



 で、最初はテーブルから。
d0251572_00014215.jpg


  奥の穴はコンセントに絡む場所で、コードを通す穴とコンセントカバー部分を開けたものです。 この上にテーブル部分が乗ります。⇓
d0251572_00050239.jpg



  木ネジで留めてますが・・これは木工ボンドを塗ったときにキッチリ締め付ける為であって、接着されたあとは抜いて、代わりに6㎜径のダボを打ち込みます。 角は面取り用のトリマーで丸く落としました。



 
 
 と、一旦ここでテーブル部分は終了。




 ここから、引き出し編。



 幅が20cmしかないので、テーブルの方も横板は片側だけ。 引き出しと言っても、本棚風引き出し。 出来るだけ有効スペースを確保しようということです。



      引き出し側の底板にキャスターを付けました。 これをベースに順次横板をはめていきますが・・・
d0251572_08084049.jpg


    本日は・・ここまで。



  今回材料にしたMDF材。 この手の圧縮材は昔からあったように思います。 時に吸湿材だったり、絶縁材だったり、ベッドの底板とか、テレビの裏側なんかにこんな材料が使われてた気がします・・が、圧縮度が今ほどではないようで、廃パレット材のでも中密度じゃなくて低密度って感じでした。



  それでも木工用としての使用にも十分耐えてくれる気がしますし、トリマーとかでの加工も楽です。 まず反りが無い。 ただ・・・切り粉が微細なので粉じんが半端ないのが悩みどころ・・・。


  それと・・テンプレートに使うのに実に加工し易く、3mm前後の厚みのをテンプレート用に買っておいてもいいかなと思えました。
d0251572_09534267.jpg




  今までは通常の合板とか化粧合板、シナベニヤあたりが主流だったけど・・この材も面白い。 今後はこっちを選択するかもです。



  でわでわ また



   ⇓
ランキングに参加しています。 いずれか一つで結構ですので・・ポチっとブログ応援よろしくです。 別窓で開きます。







   ご訪問ありがとうございました。 またお越しくださいませ。






by aiyababa | 2018-04-03 09:56 | じぶんち | Comments(0)

DIY テーブル・・その5 脚部組み立て、途中経過

ナマステ!


 いよいよ、脚部の組立が佳境に入ってきました。


 脚部は形的にはT字タイプになり、先日書いた設計図を基に、まずは側板と下板を接続するのですが・・・


 そのままボルト締めにするより、ほぞを切ったりしたほうがより強度が増すと思い、10mm程下板に食いこませようかと思ったのですが、作業が面倒かなと思い・・ほぞを切らずに全体を10mm程食い込ませる方法を取りました。

 ところが・・側板の片側は耳になっているので、それに合わせた切り欠き加工が必要となります・・。


 下板に、側板下部の輪郭をトレースして・・・トリマーで慎重に削っていく・・・。
d0251572_19114250.jpg

 トリマーで削るのに・・1回約3mmづつ下げていくので何回もビットの出を変えなくちゃならない。 


 最終切削はノギスで測って予定よりも0.1~2mm程度少な目にセットして終了。 


         で、仮の削り出し終了。
d0251572_19115005.jpg

    ここから先の最終仕上げはノミと彫刻刀で調整。



 ・・・・ってやるんだけども・・耳の部分・・ここが曲者。 ビットの動かし方をちょっとミスすると・・それに合わせてまた大目に削らなくちゃならなくなって・・・ちょっと深く入れてしまった場所もあった・・・。


 失敗した一回目、2回目・3回目は慎重になり・・各層に段差が・・・。
d0251572_19121104.jpg

 で、この段差を彫刻刀で修正してやってみたが・・・失敗した部分のリカバリーを何度かやってて・・耳の部分はきっちり合うようになったが・・・余計に削ったため・・結局反対側に・・・
d0251572_21534936.jpg

 しわ寄せ?? 2mm程度の隙間が出来てしまった・・・・。 こちら側のガイドのセッティングも合っていなかったってこともあるんですが・・お互い・・負の方向に行ってしまって・・。


  この間違い・・重大ミスなのは明らか・・。



 無垢のテーブルにこの失敗は許されません・・・・。 2mm厚の板を打ち込んで隙間を埋めることは出来ますが・・・製作者としてはここまでやってきてこのミスに対しての妥協は・・ちょっとなぁ・・・。


 余り材はあるので、もう一度同じ大きさで切って、あらためて作り直すこともできるのですが、余り材とはいえ・・もしかしたら立派な棚を作れるかもしれないので・・出来れば別の方法を選択したかった。



 で、思いついたのが・・・同じ脚のデザインを変更して接地面をフラットから4点支持にする・・・っていうものです。
d0251572_22143093.jpg

 
 最初にやったもので学習できたので、2個目のやつは耳の部分に限っては無理しないでわざと1mm程度手前で止めておいて、最後のラインは彫刻刀で差し込みを確認しつつイレギュラーなラインに沿って削っていった。 で、耳の部分の合わせをきっちり取ったところで反対側の直線ラインをもう一度確認してぴったり合うように削って・・以降事なきを得た。



 直線部分はガイドに沿って出来るからいいけど、耳の部分・・手でぴったり罫書いたラインに沿って動かすっていうのはリスクが多すぎた・・。 過信しちゃいけない・・。 トリマーは結局そうやって使うものじゃないのだ。

 
 結局2か所の削り出して済むところ、上下刻んで合計4か所の削り出しとなったが、結果には満足しています。


 4か所削り終わった時は心身ともに疲労困憊・・・。


 で、次は側板下板のコーナーの落しとカーブの加工に入っていきます。


 卓上の丸のこがあればどんな角度でも切れるからいいのだけど・・・無いので、苦心惨憺の上・・斜め切り敢行・・。

d0251572_22442349.jpg

       端材を利用して斜め切り・・・。 
d0251572_00240263.jpg

 多分・・二度と出来ないやり方です。


 下板をフラット接地から4点支持にするために削った場所。 内側コーナーを丸く削るトリマーのビットが無いので・・あとで買ってきてからやることとして・・・残りの時間は貫の両端の加工に入りました。


 切り出しラインを罫書いて、直前で丸ノコを止めて・・最後はトリマーで差し込み部分を精度高く削り出す。
d0251572_22320109.jpg


 上下で寸法が違ったら脚が真っ直ぐ立たなくなるので、直角定規とノギスとで各部の寸法を確認して最終修正は・・結局ノミで・・。


  そして・・貫とくさびのほぞ穴のラインを罫書いて・・本日終了。


 裏側にも同じように罫書いてありますが・・ぴったり同じラインかどうかはやってみないと判りません。 いずれにしろ反対側は若干小さめでノミを入れて、表側に合わせて徐々に調整していく事になると思います。 

一発で裏表に罫書いた通りにラインが貫通する自信が無い。

d0251572_00392766.jpg

 
      こちらは側板に罫書いた貫用の貫通穴。 
  
d0251572_00393393.jpg

 薄くて見辛いですが・・・自身の無さが表れてる?? っていうか鉛筆の線を濃く残したくない・・。


 裏・表ともトリマーで穴を開けてみます。 コーナーは面取りして入れるので6ミリビットのアールで仕上げようと思っています。 テンプレート作って開けるのが一番無難でしょうか・・。


 一応ここまでミスはありましたが・・なんとかリカバーしてやってきました。


  なにかと力が入りますです。 無垢材のテーブル。 


  ブログアップも面倒って思うくらいくたくたになります。 土曜の夜は夜中の2時近くまでノミと彫刻刀でちまちまとやってました。  汗は掻きませんが・・シビアーな精度にです・・。


 目の疲労もけっこうきてます・・。


  書いてる方がこれじゃぁ・・読むほうも「・・またこの記事か・・。」って思うかもしれませんね。


 ま、めげずに応援お願いします。 


   正直なところ・・・記事をアップしている割には・・ここんところ順位は凋落の一途・・。


  「ブログアップはやめてテーブル造りに専念すっかなぁ・・。」って思う今日この頃。


    小生に活力を! 



 でわでわ また



 ランキングに参加しています。 いずれか一つで結構ですので・・ポチっとしていただけましたら・・ブログの励みとなりますゆえ・・よろしくお願いもうしあげます!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 雑木の庭へ
にほんブログ村

 ご訪問ありがとうございました。 またお越しくださいませ。





by aiyababa | 2015-04-20 01:16 | じぶんち | Comments(2)

DIY 小棚・・その5 ほぼ完成。

ナマステ!


 昨日からパラパラと降っては止んでいた雪・・まだ今朝も似たような感じで、お日様見えててお天気雪っていうような状況。 うっすらと庭にも雪が積もりました。 薄氷も張ったようですが、このブログをアップする今は雪も氷もみんな融けてました。

d0251572_07365140.jpg

 さてさて、引き出し部・・掛かりましたねぇ・・時間。


 最初からここはこーやって、あそこはあーやってっていう作業方法が確立してなかったから・・その都度・・


 「・・ここはこーやって接合した方がいいかな?」っていう感じで、作業時間より考えてる時間の方が長い時もあった。


 今回もトリマーが活躍。 というより、出来るだけトリマーを使った作業を心掛けたと言った方が正しいかもしれません。


 引き出しの箱部分は何とかごまかしごまかしやって、あとは蓋というか表の板との接合が残ってたんですが・・


 さて・・どうくっつけるか・・。 最初は蓋になる板との合わせ部、この角にさん木みたいな三角の木を貼り付けてそれを釘とボンドかなんかで取り付けようかとも思ったのですが・・


 「・・やっぱし溝を切って差し込んでみっか・・。」と、なった。


 ただ・・躊躇したのは・・ちょっと面倒なのでありました。 


 というのも、箱の部分、14mmの板を半割りしたものですから、あるところは4mmの部材、あるところは5mmの部材っていう具合に・・均一じゃなく、すべての板の厚みが微妙に違う。 


 トリマーは一直線に削るならどんな厚みでも調整できますが、同じ板でも下は4mm、上は5mmなんていうのもあって少しずつカーブが掛かっていたりするのもある。


 とりあえず、板のラインを蓋側の板に写し取る。
d0251572_21540746.jpg

 上の写真で行くと、右の側板は5mmから4mmに細くなっていて、左の方は90度の矩が取れてないから、側板を1mm程動かして強引に?真っ直ぐにする。


 溝切りは一枚で3回セットする必要があって、一番下の3mm厚の底板と右側板、左側板ってな具合。 引き出しは5個あるから都合15回、それぞれの板厚を測ってガイド幅を調整しなくちゃいけないからけっこう面倒くさかった。

 最大厚みのある部分にトリマーガイドの幅をセットして、カーブの部分はゆっくり動かしてきっちり罫書いた線通りにスライドさせていくっていうある意味職人芸?みたいな操作で削った。
d0251572_21541613.jpg



 全部が全部じゃないけど、側板が90度取れてなくて、やや内側に傾いてたりしてたのはけっこうあったので、その都度・・これも真っ直ぐ90度になるように強制的に矯正して・・・ってやってって、


 やっとこさ・・溝掘り完成。 深さ4mm。 
d0251572_21542539.jpg



 で、仮に一度入れてみて・・・入り具合をチェック。 
d0251572_21542178.jpg

 ここには引かなかったけれど、深さ4mmの線を描いてから本来入れてます。 ここは意外と隙間なくきっちり入ってくれた。 段々トリマーの癖と操作が板についてきた?


 かなりきついものはもう一度トリマーをセットして削ったり、一部が当たるっていう場合は彫刻刀で少し削り出してという感じのところもあったけど、ややキツキツ感があるところで終了。 材質が桐なので多少のきつさは打ち込めば入ってしまいます。


 で、木工ボンドを流し込み・・金づちで軽く押し込んで・・・余分なボンドは濡れタオルでふき取って・・
d0251572_21542924.jpg


     ひとまず・・一丁上がり・・。あと・・4つ・・。あと・・3つ・・・・やっと最後っていう感じでひとまず5個の取り付け終了。



 次に・・引き出しのうち小さい4つは敷居すべりを貼り付け・・
d0251572_21545751.jpg



 大きいのはベアリング台車を貼り付けて・・もう一度箱にセット。
d0251572_21545498.jpg



 で、・・・・入れてみたのはいいのだけれども・・上段下段の引き出し・・若干右に傾いてたりして(多分小生の癖?)真っ直ぐ揃ってない・・・。
d0251572_21545274.jpg



 悲しいですねぇ・・・ここまで来て・・。その差は1mm程度なんだけども・・正面から見るとやっぱり妥協できない傾きだった。 


 600#までの仕上げ用サンドペーパーも掛けてあったのだが・・・また手カンナで削り出して、サンドペーパーの掛け直し・・。 


 やっと・・・完了までこぎ着けました。 



  長かったなぁ・・・ここまで。
d0251572_22271555.jpg
  表見はラインも揃って・・まずまず。


   でも・・・



     このままでは引き出せない・・。



        取っ手が必要なのだ。



 取っ手やつまみ・・・細君は表に出ないようにって要求なのだけど・・板自体を彫るとか穴を開けて後から駄目だしをされてもどーしようもないし・・ここはやっぱし取っ手とかつまみでご容赦願いまして・・・とりあえず脱着できるようにと、プランだけは出来ました。


      手っ取り早い取っ手が思い浮かばなかったので・・


  ここはシンプルなデザインで・・・つまみを付けるだけに留めて置いた。
d0251572_22273025.jpg

 つまみのトップに細い穴を開けて、針金を通して・・蓋に仮止めです。なんとなくボタンの取り付けに似てないこともない・・。


   と、いうことで、一応の完成形が・・・・



      こちら。
d0251572_22272605.jpg

 これで、細君のOKをいただければ・・


   完成とする。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



    細君には・・後日じゃなく、当日・・・・


      OKをいただきました!


   あとは・・・塗装。 部屋自体のベースがウォルナットなので、以前あらかじめ買って置いたオスモカラーのタッチアップ用を使い塗ってみました。 まだ乾いてないのでこちらの写真はまたあとで・・。



  小棚の製作・・・・終わっちゃったけど・・・



      あ~~~~~面白かった~~。



     ということで、これから・・



        いよいよ



      テーブルの組立てに移ります。



    と、その前に・・・パチンコの再製作か・・・。



  でわでわ また



  
 ランキングに参加しています。 いずれか一つで結構ですので・・ポチっとしていただけましたら・・ブログの励みとなりますゆえ・・よろしくお願いもうしあげます!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 雑木の庭へ
にほんブログ村

 ご訪問ありがとうございました。 またお越しくださいませ。





by aiyababa | 2015-04-08 10:24 | じぶんち | Comments(6)

DIY 小棚・・その4 あられ組み治具の製作

ナマステ!


 引き出しの製作・・地道に取り組んでおります。


 まず・・あられ組みをするために、トリマー用の治具を作るところから始めました。


 いろんな方の治具を参考にしましたが・・・小生・・あまのじゃくと言われた所以か、人と違うことをしてみたい・・っていう気がおきまして・・・


 100均でプラスチックのまな板を買って・・・トリマーで切断。
d0251572_21245076.jpg

 厚さ3mmのボードを両面テープで貼り合わせて6mmとして使用しました。 本当はもう一つ15mm用のものも作ろうかと思ったのですが、ボードの剛性不足で2枚合わせにしてしまいました。


 で、まな板に線引きして仮穴(8mm)を開けまして、そこに6mmビットを落し・・トリミング。
d0251572_21251190.jpg

 ガイドはトリマーのベース90mm+6mmの幅96mmにセット。 試し開けもして幅を確認後切削開始です。


 今回のあられ組みは8mmピッチで組もうと思ってまして・・小学校に習った足し算・引き算を駆使して?


 2mmオフセットされるガイドを見越して・・12mm(8+2+2)幅の穴と、4mm(8-2-2)の山を交互に8つ作りました。↓が一応8mmピッチ用治具です。
d0251572_21252369.jpg

 と、ここまで書いても・・トリマーなるものを知らない方には何を言ってるのか判らないと思いますが・・・ここまで書いたのだから・・判ったつもりで読み流して頂きたい。


 往復長さは5mm厚の板に宛て木も噛ませて一回で4枚切れる程度・・約60mm取ってあります。

 
 これをトリマー台にセットする雇いも作りまして・・・
d0251572_08381967.jpg
 あまりスマートには作れませんでしたが、まだまだ改良の余地ありってことです。

 正確さを要求されるトリマー作業。 線は罫書き針を使うといいよ・・とFじーには言われていたんですが・・無いので、0.4mmのシャープペンを使って更に細い線を描いて・・・それに合わせてトリミングしたつもりですが・・・


 結果的に0.2~0.4mm程隙間が出来たりで・・・神経を使った割りにいい仕事は出来ませんでした。 ↓・・これがあられ組みっていう接合の仕方です。
d0251572_23255735.jpg
 ま、小生の作業・・・得てしてこんなもんです。


 もう一度作るという気力もなかったので・・・試作第一号記念としてそのまま使っちゃうのですが・・


 8つある穴のうちこの2つを除いた6つはそこそこ綺麗に嵌ったので良しとして、次回に生かします。


 いずれにしろ、”精密な治具を作るには??”っていうのが今後のかなり大きな課題です。


 っていうのも、罫書いた線が仮に0.2mmとして・・この線を残すか残さないか・・・はたまたぴったし中心で削るかっていうだけで仕上がりに0.4mmの誤差が出来ちゃいまして・・小生の現在の眼で見るに・・ぴったし中心でっていうのは不可能。 せいぜい誤差を0.2mmにまとめるくらいが関の山です。


 旋盤みたいに0.1mmだろうが0.01mmだろうがきちっと削れるというか・・納まる方法・・ないかな・・。 テクニックを必要としないやり方。 


 他に、ビスケットジョイントと呼ばれる板と板の接合。 これも今回初めてやった接ぎ方でして、一枚で事足りる材料が無かったので、繋ぎ合わせが必要だったのです。 これもトリマーを使ってできるやり方なのでとりあえず・・トライ。
d0251572_23263796.jpg

 買ってきた板の厚みが微妙に違うので、片面を揃えるために下に押しつけてあります。


 まだまだ・・完成には遠いですが・・地道にやっていきます。



 でわでわ また
 

 

 ランキングに参加しています。 いずれか一つで結構ですので・・ポチっとしていただけましたら・・ブログの励みとなりますゆえ・・よろしくお願いもうしあげます!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 雑木の庭へ
にほんブログ村

 ご訪問ありがとうございました。 またお越しくださいませ。




by aiyababa | 2015-04-02 08:51 | じぶんち | Comments(0)

DIY 小棚・・その3 やっと外枠、先は長い・・。

ナマステ!


 ふぅ~~~~。 とりあえず棚の外枠がほぼ完成しました。
d0251572_06501124.jpg

 一旦、キッチン棚に置いて、様子見。 あまり物は置けそうもない引き出しが付きますが、現在は上に乗っている籠が置いてあるだけなので、丁度この小棚分の収納が追加されることになります。



 懸案の板の反りはビス止めでごまかす。
d0251572_21084165.jpg


 そのまま置いた状態だと両サイドで3mmくらい隙が出来まして、いうなれば片側を基準にすれば5~6mmは反った形になってます。 

 端っこから一本づつ止めて行って、力を加えながら端に揃えて決めて行った。 まぁ・・厳密にはまだ反っているのかもしれませんが、見た目では真っ直ぐ。 

 同時に木工ボンドで接着してるから、接着完了後に、今度はビスを一本づつ抜いていって・・・代わりにダボ(6mm)を打ち込み、見た目はビス・釘類を使わないっていう形に持っていく。 この作業はまたいずれ。


 ちなみに接着剤硬化後に当てた差し金で隙が0.5mm?あるかないかってところでしょうか。 ゼロと思ってやってたんですが・・材もやわらかいですし・・若干の戻りが発生したのかなぁ。 止めるビスの数とかにも影響されたかと思いますが・・ちょっと悔しい。

 
 これを作った時、小口の年輪が正面(表)に来るのが2枚あって、意匠的に違和感があったので、同じ種類の木を2mm厚に切って小口テープは使わず貼り付けました。 ごまかし作業ですが・・見栄えはよくなったので・・これで良し・・としました。



 で、次は引き出しの製作。


 その前に・・・材料から。 


 当初、材料はベッドの引き出しに使っていた桐材があったからそれを使おうと思っていましたが(立てかけてあるのがベッドの引き出しです。)・・・
d0251572_07363286.jpg


 厚みが13mm程あって、これを引き出しに使うと・・小さい引き出しなので肉厚分有効スペースがかなり制限されちゃいますし、この写真にある材料だけなので、全部の引き出し分の材が足りない・・・。


 で、桐を使うことは使うのですが・・・小棚の大きさに合わせて・・この13mm材を半分にして、およそ5mmの材に切りだしてみようと・・・。
d0251572_06501167.jpg

 でも・・・なかなかうまく行かないんですよ。 手ノコで切っても途中から少しずつ曲がりだして厚みが5mm以下になっちゃったり・・・。


 丸鋸でやってみましたが、深さ40mmくらいが限度で、両サイドからやっても真ん中30mm位はノコ挽き。 んで、なぜか切り始めは垂直(直角)に切り出されているのですが、御終いは若干斜めになっててこちらもやっぱし4mm幅になってしまったり・・。 切断用の治具が悪かったのか、丸鋸の押し方が悪かったのか・・なかなかうまく行かない。 

 で、切った板は手カンナで地道に削るんですけど・・同じ材で幅が7mmあったり3mmしかなかったりで・・3割が使い物にならない。 


 正直・・・完璧を追及する方には100%廃棄処分になってもおかしくは無いのだが・・小生的には・・最終的に4~6mmで収まった板でGoサインを。 凄い妥協ですね。


 その板にしても・・あるところは4mm・・あるところは6mmってな具合です。 自分ちで使うものだし・・いいかって。
 

 桐材って順目と逆目が同一方向で出てくるのもあって、こりゃいカンナ!っていうようなカンナでやってるとすべすべ面が出来なかったりでカンナ掛けもいい加減うんざりしてくる。 言い訳がましいけど・・・そろそろ終わりにしたくなってきたってのもあります。


 表面・・ぐちゃぐちゃですが・・内側に平滑面を持って来れば何とかなるだろうってことで・・


 次回はトリマーを使って・・・あられ組? 要は角の接ぎですが・・なんかいきなりハードルが高そうで・・・まずは治具から作らないといけないようなので・・出来るかどうか・・。

 
 ちなみにアラレ組みっていうのは枡酒の枡みたいに同じ間隔でオスメスが組み合わされるというか、両指を交互に組んで根元まで入れたみたいな・・見た目に美しいものですが、すっごい時間が掛かりそうなので、一か所せいぜい二山くらいで終わりにしようか一山にしようかと・・超手抜きで考えてます。


 乞うご期待・・・無しで・・。


 引き出しはさらに難しい・・。


 でわでわ また





 ランキングに参加しています。 いずれか一つで結構ですので・・ポチっとしていただけましたら・・ブログの励みとなりますゆえ・・よろしくお願いもうしあげます!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 雑木の庭へ
にほんブログ村

 ご訪問ありがとうございました。 またお越しくださいませ。

 



by aiyababa | 2015-03-22 22:50 | じぶんち | Comments(0)

DIY 小棚・・その1 トリマーがやってきた。

ナマステ!


 このタイトルだと誤解を生むかもしれないので説明すると・・・ここで言うトリマーは犬猫の毛を刈り揃えるトリミングのトリマーさんじゃなくて・・・木工で使うトリマーです。 箱を作ったりする時に、材に溝を付けたりして、木と木を組み合わせたりする時に使ったり、角材のコーナーにカーブを付けたりすることのできる・・トリマーです。



 そうなんです。  我が家にトリマーなる凄腕の電動工具がやってきたんです。



 とは言っても・・ロボットじゃないのでトリマーがうちを訪ねてきたわけじゃ無くて・・・



 借り物。 持ち主さんはFじーなのでございます。 先日・・必要最小限の通路だけは確保された(足の踏み場はちゃんと作ってある、これぞ隠れ家的な部屋であります。)1千冊はあろうかという本とベッドとPCデスクに占領されたFじーの部屋を訪ねまして・・(Fじーの正体が少しづつ暴露されてきますねぇ・・)その現物を見に行ったんですが・・



 トリマーなるもの・・初めて見ました。 引き出し付きの小さい食器棚の製作にってことで、「ならこれでやってみて・・。」と、手渡されたものなんです。
 
d0251572_07440339.jpg

 <丁重に取扱い、座布団の上に鎮座ましまして・・ウェルカム トゥー マイハウス>


 蓋をあらためて開けてみて驚いたのだけど・・・ん?? 新品??
d0251572_07321734.jpg




 Fじー・・買ったはいいのだけど・・今までず~~~~っと使う機会が無かったんだと・・。 忙しいからなぁ・・Fじー・・。 


 更に、入門書も併せてお借りしました。 How to 本ですが、使う前の準備として何が必要なのか、どんな治具が必要なのか・・おおまか書かれてまして、大変参考にさせていただきました。
d0251572_07323236.jpg
        DVD付きです。 やらしーものではなかったようです。


 日曜大工って言ったら・・ノコギリ、ノミ、カンナ、金づち。 電動工具も・・丸のこ、ジグソー、プレーナー、インパクトドライバー・・と、とりあえずこれだけ揃えて置けば事足りる世界であって、正直、小生の木工もその域から逸脱するものではありませんでした。


 で、ここにきて・・・トリマーなる電動工具が・・これはいったい何を意味するのか・・。


 日曜大工の範疇で考えると・・よりプロの域に・・っていうような・・言い方はオーバーですが、素人から見ればそーゆー錯覚に陥ってもおかしくない電動工具なのであります。小生だけかもしれませんが・・・。 
 もちろん、プロからすれば、そんなもの持っていたからといって、プロの仕事の領域に入ってくるものじゃぁ無いってことくらい判りますが・・素人目にはとっても面白い機械なのであります。


 で、何を作るかっていうと、キッチンの収納棚に置く・・・小棚。


 細君によると・・・引き出し付きで、小さい食器や小物を置きたい由。


「ここをこーやって、こんな感じで、ここのスペースはもうちょっと大きいコーヒー豆の瓶とかの収納にしてほしいの…云々。」


 高さ25cm幅60cm・・で、奥行き25cm。 引き出し5つ(うち一個大)っていう条件で・・


 早速簡単な図面を引く。


 今まで、木ネジで留めていたところを接着剤と接ぎで止めたいなと思ってるんですよ。


 材料は新たに買ったのもあるのですが、ちょっと足りなくなって・・残っている板と板を接いで一枚にしてみました。 早速トリマーさんの出番です。
d0251572_07372804.jpg

 新たにクランプとかハタ金と呼ばれる締め付け金具も新たに購入。
d0251572_07373337.jpg

 上の写真はちょっと大げさで・・実際は別なところで養生しましたが、見ての通り・・この手のものを置く場所がない。

 
 ただ・・・・一番重要なベースとなる作業台・・・欲しいなぁ・・・。 やっぱりきっちり安定したところでの作業は不可欠です。 


 車庫での作業・・冬場は零下になるのでこの手の木工ボンドは暖かい室内に持ってこないと接着してくれません。 それに作業は夕方まで。 5時になったらさっさと片付けて、車を入れられるようにして置かないといけません。


 今は・・・とりあえず・・トリマーなる物を使ってどんな木工の世界が待っているのか・・それを知るがために・・今ある条件で取り掛かってみっか・・というとこでしょうか。


 続きはまた・・。



 でわでわ また




 ランキングに参加しています。 いずれか一つで結構ですので・・ポチっとしていただけましたら・・ブログの励みとなりますゆえ・・よろしくお願いもうしあげます!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 雑木の庭へ
にほんブログ村

 ご訪問ありがとうございました。 またお越しくださいませ。




by aiyababa | 2015-03-14 08:57 | じぶんち | Comments(0)


「みちくさ」 ちょっと覗いて
最新の記事
以前の記事
最新のコメント
水田の上にかかる虹の橋!..
by 山野草 at 07:18
chihacoさんこんば..
by aiyababa at 00:12
収穫の嬉しさと食べる楽し..
by chihaco at 21:29
はなこさんこんばんは。 ..
by aiyababa at 22:44
あいやばばさん、お久しぶ..
by はなこ at 16:58
山野草さんこんにちは。 ..
by あいやばば at 09:23
カテゴリ
タグ
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧