人気ブログランキング |

あいやばばライフ


北国初心者・家事初心者の日々・喜怒哀楽を・・・。
by aiyababa

タグ:スノーシュー ( 9 ) タグの人気記事

スノーシューで一人歩き。

ナマステ!



 あとは写真を載せるだけ・・と言う段階で、なぜか写真が載せられなくて、しょうがないから一度下書きにしてやり直すかと思って下書きをクリックしたら・・・一度書いた文が全て消滅してしまいまして・・ちょっと落胆してます。


 ・・・なんとか本日中のアップをと思い、再度エネルギーを充填して書くことにします・・・。



 昨日、ピーカンとはいかなかったけれど、そこそこ天気が良かったので、ちょっとダイエットと思い、今年初めてスノーシューを持ち出し、雪上散歩をすることにした。



 細君も一緒にと思ったんだが・・・午前中・・プチ腰痛になっちゃいまして・・やむなく・・キャンセル。 小生一人での散歩となった。



    よって、出発写真は・・・セルフタイマーで・・
d0251572_20493308.jpg


   お隣の廃屋の敷地を抜けても更に休耕地が続いてまして・・ススキヶ原状態。
d0251572_20495481.jpg


 
  河川敷に出る前に幅30cmの排水溝があるんですが・・・ここはクレバス状になってて、深い開口部が・・・。 
d0251572_20501381.jpg


 でもラッキーだったのは塞がっていなかったことです。 もし塞がっていたら・・・一気に1mは落下したと思います。 ここは雪を落として固めて横断。


 雪はふかふかの新雪です。



    土手に上がって一枚。
d0251572_20502499.jpg

  南方面。 橋の手前は雪捨て場になってるんですが、写真撮影場所まではまだあります。 



 まずは堤防の土手まで。 振り返って一枚。 ここで見えてる草はイタドリです。 他にはオオハンゴンソウの種の部分がかろうじて表に出ているくらいです。
d0251572_20503068.jpg




   そこから雪を蹴ってみたら・・・ やっぱりさらさら雪。 雪ダルマにはなりえませんでした。
d0251572_20503979.jpg



  スノーシューがなかったらラッセルして行かなきゃいけない雪原ですが、スノーシューを履いていても結構沈みます。



 20cmくらいはのめり込んでいたでしょうか? 真上からじゃ判り難いですが、けっこうずぶずぶです。
d0251572_20513901.jpg

 
  河川林の幅は15m程度でそれほど広いわけじゃありません。 結構倒木や折れ曲がった木もあって行く手を阻んでたり・・。
d0251572_20505211.jpg


   その多くは・・やっぱり虫食いでやられた木でした。 この木でもまだ完全に死んでたわけじゃないんですが・・こうなったら・・もうダメかな?



  今年は・・1月になってから気温が高くて・・いつもなら全面結氷している川面もまだまだ閉ざされることはありません。 
d0251572_20504456.jpg


   さて、今回の散歩、いつもなら何本もある獣の足跡が全くありませんでした。 川が凍れば対岸の神社の原生林あたりからエゾリスとかが遊びに来てもおかしくはないんだけど・・この調子だと・・今年も望めませんね。



  河川林で見た景色。 赤い実は・・ツルウメモドキ?
d0251572_20505524.jpg



    鳥は2種。  コガラだかハシブトガラだかが居ました。
d0251572_20511089.jpg


    もう一種は・・ヒヨドリ。 
d0251572_20512804.jpg

   なんか毛を逆立てているような気がしますが・・・気のせい? いつも見るヒヨドリとは違うような精悍な感じです。



  中間地点を振り向くと・・
d0251572_20513424.jpg

   ↑河川林を抜けて歩いた跡です。



  このふかふかの雪、スノーシューでもけっこう疲れました。 20cmは沈むのでその都度膝を上げて歩かなければならず、これがかなり体力を消耗します。



  河川林の中の歩行をやめて迂回したのは、実は林内で2度こけたんです。 それもちょっとバックしようと思ったときに・・・スノーシューが動かなくて・・・頭と足の行動が一致しなかった・・・というわけです。



  いよいよ、焼きが回ったかな・・・という思いでした。 前はこんなことなかったのに・・・。



  更に深雪で災いしたのが・・こけた時に手で踏ん張って起き上がろうとするんですが・・この手が雪の中にのめり込むんですよ・・・。 思うように反動をつけられなくて・・・まず手を突く辺りを固めてから踏ん張らないと・・よいしょ!っていう感じで起き上がれないって訳です。




  こけたあと、起き上がるのにこんなに苦労したのは・・蔵王の樹氷地帯で木の根元のえぐれた場所に突っ込んだ時以来です。



 帰路はけっこう疲れたのでそれほど歩かず・・戻ることにしました。



  この日は日中も氷点下だったので雪の結晶もまだ6角形の片鱗が見えてるものもあったのでちょっと一枚。
d0251572_20515034.jpg

   いくつもあるのですが・・・ちょっと判り難いですね・・・。




   借りてるお隣の敷地に生えてたガマの穂。 多くのものは既に種を飛ばしている中、まだ飛ばしていませんでした。
d0251572_20520047.jpg


   でゴール!・・というところで一枚。
d0251572_20520451.jpg


    翌日・・ヘルスメーターの筋肉量は増えたけど・・体重は全然減ってませんでした・・・。



  ま、こーゆー時もある・・・・・・・。




  でわでわ また



   ⇓
ランキングに参加しています。 いずれか一つで結構ですので・・ポチっとブログ応援よろしくです。 別窓で開きます。 







   ご訪問ありがとうございました。 またお越しくださいませ。






by aiyababa | 2018-01-15 22:09 | 私のこと | Comments(0)

2年ぶりのスノーシュー。

ナマステ!



 ほんとにどうしちゃったんでしょう?? 予報では若干の降雪(5~10cm)とか言ってたんですが、昨日は終日いい天気でした。


  一日中雪マークが付いてたはずでしたが・・夜になってもいい月夜でした。 ま、雪が降らないってことはいいことです。


  で、定点撮影です。 雪が舞っています。  景色に若干の異変が??


    まずは道路側。
d0251572_08173497.jpg



    そしてお隣側。
d0251572_08173488.jpg



    昨日、廃屋のお隣さんの大きな桑の木の枝を払いまして・・・その小枝を雪に挿してみました。 えさ台の周りをもう少し賑やかにしようか・・という目論見です。



  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



  さて、昨日・・ほんとに天気が良かったので、久しぶりにスノーシューを引きずり出して当別川河畔まで散歩に行きました。



   2年振りです。 埃まみれになってましたが・・雪の上で埃をぬぐって・・
d0251572_22445060.jpg



    いざ出発・・です。


  まずはお隣の敷地・・オオアワダチソウの群落を通り過ぎ・・堤防へ。
d0251572_22445027.jpg



   あれ?? 河川敷に以前あった2本の大きな木が・・無い? 丁度倒木の手前当たりと記憶してますが・・・
d0251572_22454287.jpg


  ちなみにこちらが以前の写真。
d0251572_2023974.jpg



   思うに・・2年前から河川敷が当別町の雪捨て場になっちゃって・・
d0251572_22465402.jpg




  恐らくその時切り倒されたのかな??って思うのだが・・



  なんか・・こー・・変わりようがない景色っつーのも変わるものなんだ・・・な。  今の時期ならまだ河川敷に行けるけど、大雪の年だとすぐに我が家からのアプローチ付近まで来てしまって、その後は立ち入り禁止。 ま、重機にダンプカーがひっきりなしで捨てにきますしね・・。 寂しいと言えば寂しい限り・・。



  で、河川林まで足を延ばすと・・



  意外と小鳥達には出くわさなくて・・アカゲラが突いたと思われる穴があちこちに。
d0251572_22535525.jpg

d0251572_22535502.jpg


    意外だったのは・・よくよく見たら・・穴は丸じゃなくって四角に開けられていたことでしょうか?



   キツツキの穴は丸いっていう先入観が強すぎました。



  それとも・・虫取り用と巣穴用では開け方が違う?



   川面は岸近くは氷が張っていたけれど、全面結氷までは行ってませんでした。 網走湖のワカサギ解禁!っていうニュースが流れて、今年はワカサギシーズン早くなるかな?って思ってましたが・・・この川を見る限り平年並み??
d0251572_23204278.jpg



  歩いてくる途中、見慣れない足跡を発見しまして、この足跡をたどりながら散歩をしてたんですが・・・
d0251572_23484317.jpg



   突然・・足跡が無くなってまして・・もう一度あるところまで戻ってみてみたら・・・
d0251572_23262062.jpg

   
   ぽっかりと穴が・・。



   悪いとは思いながらも・・・15cm程雪をどけてみたが・・まだ穴は続いてまして・・
d0251572_23265014.jpg


   恐らく・・エゾヤチネズミじゃないかと思うのですが、これは出発点か到着点かと言われると・・足跡だけじゃよくわからないところがあって・・・



   じゃ、徹底的に調べるか・・と、再び足跡を追跡すると・・・



   なんと・・河川敷のみならず、堤防も越えて農家の物置まで200m近く続いてました。 

 

    途中、堤防から見た小高い山々。 自衛隊基地のある山かな?
d0251572_23510987.jpg




   で、この場所から足元に目を移すと・・・急斜面の上りで必死こいて登っていた跡がありました。


   必死によじ登った・・と思われる足跡です。 中央部の間隔が狭いところが急斜面。
d0251572_23465349.jpg

   そこから行き先を判断すると・・河川林内でみた穴は到着点だったことが判り、昨日朝方、物置から移動したもの・・と・・推察。


   で、出発点と思われる物置横の穴。
d0251572_23544635.jpg


    この場所は、我が家から100m足らず。 ちなみに我が家は下の写真、奥の屋敷林のその先です。
d0251572_23561729.jpg


   こーして無事追跡行は終了したのですが・・・エゾヤチネズミの行動範囲が相当広いということが判りました。


  冬の間はてっきり雪の中だけで暗躍してるのかと思ってましたが、けっこう大胆な行動を取ってますね。 ところどころキツネの足跡と並行してるのですが、こーゆー天敵を相手に平原の中を移動するというのはかなりのリスクがあるかと思うのですが・・・



   勇気ありますよねぇ。 ただの無鉄砲なバカかもしれませんが・・。



   いずれにしても・・・小生より行動力があるということは・・確かです。



    最後に無事・・我が家に戻りまして
d0251572_09594763.jpg


    思いもかけずアカデミック?な記事を書けたことにエゾヤチネズミ君に感謝しまして・・



    本日ここまで。 次はもうちょっと遠出しますか。




  でわでわ また



  
 ランキングに参加しています。 いずれか一つで結構ですので・・ポチっとブログ応援よろしくです。 別窓で開きます。 





  ご訪問ありがとうございました。 またお越しくださいませ。





by aiyababa | 2017-01-06 10:09 | 自然 | Comments(0)

スノーシューで散歩

ナマステ!


 先日、先の月曜日だったのだけども、鈍った体に喝を入れ、ちょっと気分転換のつもりでスノーシューを履いての雪上散歩をしてみた。


 場所は、北海道医療大学とゴルフ場の間にある牧草地とその周りに広がる山林です。 


 家から車で10分弱っていう場所で、行こうと思えばいつでも行ける場所でもあります。 ま、なぜそこなのかっていうと・・ちょっと小高い丘の上で当別町が一望出来て、札幌方面の山々も天気が良ければず~~~っと見渡せるところがプチ魅力なところなのであります。


 出発は昼飯を食べてから1時半頃。 天気は上々。 7割方晴れっていう感じ?


 今回は珍しく細君も一緒。 細君には「たまには気分転換に外に出てみたら?」って言ってたのだけど、その日はそこそこ天気が良かったので、じゃ行ってみっか・・ってことになったのであります。 


 細君は現在仕事を家に持ち帰って毎晩PCを前にしての資料作りに追われてて、そーゆー気分転換の”て”の字も思い浮かばないほど没頭してましたんで、丁度いいチャンスであったわけです。 時間的に1時間くらいだからってのもあったと思います。


 いつもいつもダイエット・ダイエットって言って食事だけは気を遣っているようなんですが、小生に言わせりゃ「・・運動が一番だろ・・。」と、思うわけです。 
 エネルギーになるものの摂取を拒んでいるものだから、体力なんて基礎体力に欠けてる小生の半分にも満たないんじゃないかって思えるほどでありまして、ジャムの蓋なんかはろくに力を入れて試しもせずに「開けて!」と、すぐにこっちに回してくる。 こと”運動”とか”体力作り”に関しては端から敬遠気味でして、”力仕事”っていう部類のものは暗黙の了解でほとんどが小生担当であります。

 
 というわけで、今回は初心者コース設定で予定時間は1時間。 往復2キロ程度。


 下の写真にある「ハッピーバレーゴルフコース」への道をたどって車で行きまして・・
d0251572_19362246.jpg

 途中の除雪や車の往来に邪魔にならない場所に車を止めて・・

 
 出発です。
      
d0251572_14120057.jpg

 左奥のやや大きな建物が北海道医療大学で、こちらの方角は新篠津方面です。


 出発点の標高が約50m。 目指すは標高94mの丘です。(標高はグーグルアースから) 下の写真で行くと左奥まで伸びてる雪面を登りきったところです。 大した高さじゃございません。 それでも下の平地からしたら80m高いところです。
d0251572_14124845.jpg

 ごらんのように、前日新雪が大量に降ったばかりで、まだ動物の足跡もほとんどないくらいのバージンスノーが広がってます。

 
 いくらスノーシューを履いてるとはいえ、20cmはもぐります。 完全にサラサラとはいかない雪だったので歩くと意外と抵抗がありました。
 
d0251572_00221395.jpg



 これらの写真を撮ってる間に、細君が先頭を歩きだしましたが・・・「・・この深雪で先頭は辛いべ~・・・。」と思い・・つつも・・・そのまま先を行かせる。 後ろを歩くと3分の一くらいのエネルギーで付いていける。 小生も意外と意地が悪い。


 それでも30mくらい行ったところで・・声を掛ける。


 「先頭は辛いべ? 俺が先に行こうか?」 


 したら・・細君・・素直に「じゃ、お願い。」


 で、後ろを付いて歩きだしたら・・「あ~~うしろは楽~~。」 ・・・で、このあとはしばらく小生が前を歩く。


 今回の散歩は雪上を歩くのが主目的ではなくて、山で何かを見つけることに趣きを置いていたので、動物の足跡なんかを探してみたが・・・これが珍しく・・何もない。


 雑木林に目を向けると・・緑色の繭を発見。 

 なかなか美しい。 でもこの寒さの中でたったあれだけで冬を越せるの?
d0251572_14130878.jpg


             拡大。 
d0251572_14131113.jpg

 単調な林の中でも・・いろいろ目立つものがあるものだ。
d0251572_14130371.jpg

 この一本の白樺だけ花が咲いてるって感じの雰囲気ですが・・・蔓アジサイがドライフラワーになってるものです。


 この木には可哀そうに山ブドウに絡まれてました。
d0251572_14125770.jpg


 その木に大勢で絡むのはやめろ!  と、仲裁に入るにもこれだけあると切り離すのもちょっと難しい。 すべて葉っぱを落とすこの時期だからその実態が明らかになる。


 それもそのはず。 山ブドウはアラビア語かヒンドゥー語を使うようです。 蔓の枝が怪しいスペルを形作っている感じ。
d0251572_14125963.jpg

 
 いつもは高い木に咲く朴ノ木を眺めているが、雪の上では目線に来る。
d0251572_14125467.jpg


 林の中から天空を・・。
d0251572_00255934.jpg


 雪原の中の孤高の立ち木。 立ち枯れるも下には幼木が・・。
d0251572_00221326.jpg

 
 こちらは木に花が咲いたような
d0251572_14131395.jpg

 で、ヤドリギの幼生。
d0251572_00221324.jpg

 細君は途中一人で別な道を歩き出したが・・最終的にまたあとをついてきた。 ちょっとへばり気味のようであった。
d0251572_00222081.jpg

 このあたりが本日の折り返し地点。

 
d0251572_00223467.jpg

 当別町の街並みが眼下に広がります。 札幌方面はもやって良く見えないですね。


 帰りはトドマツ林の横を通って
d0251572_00223997.jpg

 
 ほぼ来た時のルートで・・体力消耗を避けて車まで戻り・・散歩終了。 


 写真を撮りながらだったので予定より45分もオーバーして、1時間45分の散歩となりました。 最後の最後にはお天道様も雲に遮られたし、ちょうどいいタイミングで車に戻れてよかったです。


 家に着いてから30分後に外は雪模様になりまして・・この時期の天気はよく判りません。

 
 小生的にはまだまだ距離的に物足りなさはありましたが、細君にはちょうど良かったんじゃないかと思います。


 ただ、翌日「おかげで体重が減ったよ」・・と言う報告は入ってないので、細君にもまだ足りないのか?


 でわでわ また。




 
 ランキングに参加しています。 皆様のポチ・・励みになります。
にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 雑木の庭へ
にほんブログ村

 ご訪問ありがとうございました。 またお越しくださいませ。




by aiyababa | 2015-01-23 00:48 | 私のこと | Comments(4)

スノーシュー履き初め。

ナマステ!


 昨夜はミッション・インポッシブルを見てて、アップする機会を失いました。


 相変わらずIphoneの取り扱いに苦慮しているのですが、ドコモメールとWi-Fiへのコネクションが出来てちょっと進歩。 しかし・・・ヤフーにすぐにたどり着けなかったり・・たまたま・・とか偶然とかいう感じで・・会得した・・というところまでは・・まだまだ。


 先は長い・・・。


 さて、昨日ちょっと天気も安定してきたところで、この冬初めてスノーシューを履いて近くの河川敷まで散歩してみました。

 今年は新たにストックを購入して、いざ出発!
d0251572_15363491.jpg

 今年から河川敷が雪捨て場になって、あと2週間もしたら家の近くまで到達しそうな勢いです。
d0251572_15363347.jpg

 やっぱり今年は暖冬なのか・・まだ川は結氷まで至っていない。
d0251572_15363352.jpg

 川向こうに居るらしいエゾリス達もこれではこちら岸に渡ってこられない・・。


 この日は一応目的があって、動物たちの足跡を見つけてどんな動物が河川林に遊びに来てるのかを観察することだったが・・・・キタキツネの足跡も見つけることが出来ず・・・実際は・・何一つ見つけられなかった。 そんなことがあるのだろうか? 2年前はいろいろあったんだけど・・・。

 やっぱり雪捨て場にされて年中ガーガーとうるさい環境になっているからだろうか?


 木々は怒ってる!
d0251572_15363473.jpg

 何かが飛び出してきそうな”うろ”というかキツツキの穴?だったが・・何の変化もなかった。


 途中からうっすら日も差してきて・・・
d0251572_15363438.jpg

 世間に対して何の貢献もしてないけれど・・”足長おじさん”でも。



 これは何の実だろうか? 触ってみたらふにゃっていう感触があったので、ちょっと試食してみたら意外と果肉部分は多かった・・・が、甘みは感じられず。 毒ということもあるかと思い・・一応ぺっぺ・・と。
d0251572_15363462.jpg

            
d0251572_15363401.jpg

 見渡したところ・・この一本だけだった。 春になって葉っぱでも出て花が咲けば特定出来るのだろうけど・・もしかしたら果実酒くらいは出来るかもしれない。


 他に実を付けたものは・・ツルウメモドキ。
d0251572_15363454.jpg

d0251572_17571581.jpg

 北海道は高木の常緑樹は針葉樹を除いてほとんどないのだけど・・落葉樹でも葉っぱを落とさないものもあって、殺伐とした林の中で結構目立った。

 
 で、その落葉してない落葉樹・・?・・は、
d0251572_15363436.jpg

 ミズナラだった。 カシワの葉っぱがそのままで冬を越しているのはよく見るが、兄弟樹?だからかミズナラもここまで葉っぱが付くものだとは思ってなかったので・・ちょっと勉強になった。 


 いくら歩いても鳥も姿を見せず、以前ならどこかで聞こえてきたキツツキのドラミングの音もなく、聞こえてきたのは重機の音だけっていうのはちょっと寂しかったなぁ。


 午後の散歩だったので、雪もかなり落ちてしまっていたが、林の木々の北側にだけ付いた雪の跡。 季節風の厳しさが垣間見られるのはこのような情景。
d0251572_18111219.jpg

 で帰路に着く。 平原を一直線に歩いてきたつもりが・・多少曲がった・・・残念。
d0251572_18112250.jpg

 5000mのベースキャンプに到着、8000mの頂上が見える。・・・と、そーぞーしてみてください。
d0251572_18111819.jpg

 で、夏の間は絶対撮れないアングルから・・小生の家を
d0251572_18112786.jpg

 見えてる木々は全てお隣さんのものだが・・こっちからみるとちょっと木々に囲まれた感じ。


 庭に植えている木々もゆくゆくはこんな感じになるはず・・なのだが・・さていつのことやら・・。



 庭作りは地道に・・・。 


 
 でわでわ また



 
 ランキングに参加しています。 皆様のポチ・・励みになります。
にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 雑木の庭へ
にほんブログ村

 ご訪問ありがとうございました。 またお越しくださいませ。



by aiyababa | 2015-01-12 18:39 | 山野草 | Comments(0)

近所の山でスノートレッキング。

ナマステ!

 少しづつ春の陽気になって、以前ほどしゃかりきに雪掻きをする必要もなくなって・・・

 どうやら・・身体も鈍ってきている感じがしないでもなかった。

 日曜日は「晴れ」という予報だったので、久々にスノーシューを履いて


   ・・・・山を歩いてみっか・・・


           ということにした。


 場所は、車で5・6分程度で着く北海道医療大学裏あたりの山林であります。

 ここに行く林道は時々利用させてもらってまして、丁度当別町と月形町の境界でもあり、標高100~200m程度の山の尾根に沿って走り、所々見晴らしがいい場所もあります。

 でも、今回はほんの入り口。 まだまだ当別町内。 もうちょっと先まで期待してましたが・・残念ながら・・・

 というのも、車で行けるのがお隣のゴルフ場までだったからです。

 ま、それでも、歩くのが目的だし・・1km奥まで行けたからといって・・それほどのもんでもない。 ちょっとだけラッキーというとこかな?

 邪魔にならないところに車を停めて・・いざ出っぱ~~~つ!
d0251572_15144979.jpg


 まず出くわしたのが・・動物の足跡。
d0251572_1516155.jpg
これは・・野うさぎ。・・先月行った「かんじきフットパス」で教えてもらったばかりです。 手前に向かって走ってます。 

 このあたりは牧草地で、廻りはなだらかなまるでスキー場の初心者コースのようですが、キタキツネに狙われてもおかしくない・・大胆な走り抜けですねぇ。

d0251572_15181897.jpg
キタキツネ。

d0251572_15194548.jpg
エゾリス。 

d0251572_15213886.jpg
このガニマタは・・・?


 500m程度歩いたところで標高もややあがり、当別市街地、さらに奥には札幌、手稲山あたりが見えました。
d0251572_1547974.jpg
左に国土地理院3万分の1の地図にも登録された人工の山、モエレ山も見えました。




 さてここから山の中に入っていきます。
d0251572_15592410.jpg
ヤドリギの着床です。いつも高いところにあるので、目の高さで見られるとは・・・。 冬ならでは? それにしても・・親木を完全に自分の木としてるところが蘭との大きな違い・・かな?

d0251572_164506.jpg
オオカメノキのドライフラワー?

 
 こちらはホウの木の実。 完全に枯れたまま・・。
d0251572_1662494.jpg
これも目の高さにありました。 


 で、こっちは春を待ってるホウの木の花芽。 まだまだカチカチに固かったけれど・・
d0251572_1692949.jpg



 ネコヤナギは殻を破りました。
d0251572_16102023.jpg



 それにしても・・今年も雪が多かったと見えて・・あちこちで枝が折れていました。
d0251572_16112319.jpg

d0251572_16114386.jpg



 それでも・・・弓なりになっても堪えていた木も・・。
d0251572_16124345.jpg
見事な二段アーチです。 雪が融けた反動で折れたりして・・・?


 森の中の風景。
d0251572_16144255.jpg
雪上の血管?


 天を仰ぐと・・
d0251572_16181064.jpg
 


 こっちの白樺はなかなか味があります。
d0251572_16201297.jpg



 幹にも沢山の富士山や羊蹄山?が描かれてます。
d0251572_16221010.jpg



 例えばこんな・・。
d0251572_16223339.jpg
俯瞰図で描かれていまして、火口まで見えるんです。


 そして、いつも不思議に思う樹上の雪玉。
d0251572_16235381.jpg



 そして、見えました。 


 春に向かっての風物詩といえば・・・


 畑の融雪剤散布。
d0251572_16274286.jpg
ややグレーがかっているところです。 まだ1m以上の積雪があるんですけどね。これもパッチワークのようになって航空写真ではおなじみです。


 伐採されたトドマツに布団が被せられてました。
d0251572_1633471.jpg


  
 帰路・・2時間歩いて最初の牧草地に戻ってきました。
d0251572_16362262.jpg
中央は当別市街地ですが、右の山の向こうは石狩湾を経て積丹の山々・・の筈ですが・・・分かりませんね。

d0251572_1640876.jpg
一気に牧草地を下ってきました。 スキーだったらもっと楽・・。


 到着~~~! 車から直ぐの場所です。
d0251572_1641355.jpg
でも・・・なんか変だと思いませんか?


 なんと・・・いつの間にか・・


     ガニマタが・・・


        矯正されてる~~~!


  みなさん! ガニマタでお悩みの皆さん!

  冬はスノーシューを履きましょう!



   でも・・なんで?



 でわでわ また


 写真ちょっと・・多すぎた?


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花ブログ 雑木の庭へ
にほんブログ村

 ご訪問ありがとうございました。
by aiyababa | 2013-03-18 16:54 | 旅・お出かけ | Comments(2)

瀕死の野ネズミ君

ナマステ!

 先日、Fじーと一緒に当別川河川林までスノーシューを履いて歩いていたら・・


 野ネズミ君がカラスにもてあそばれてまして・・もうヘロヘロ・・よたよた・・状態になってました。


 カラスは我々に気付いたのか飛んでいってしまいましたが・・野ネズミ君・・それでも必死に雪原の真ん中で・・

 
 あっちよろよろ・・・こっちよろよろしながら・・


  懸命に身を隠せる場所を探して・・頼りない足取りで・・雪原を歩いていた。


   足跡を辿れば・・何度もカラスの攻撃を受けていたらしく・・カラスもカラスだ! 一撃でやっつけられるくらいに弱っているのに・・・もてあそんでいやがる。 


 慌てて・・駆けつけて・・助けてやろうと手を差し出せば・・・


 「・・今度は人かよ~~・・・。」というような感じで・・


   やっぱり逃げ惑う。 が、実は掴まえようと思えば簡単に掴まえられた。


 彼にしてみれば小生は巨人。 スノーシューが小生の足だとは気付いてないのかも・・


 スノーシューが作った地獄に舞い込んでしまった・・・。


 ひっしに逃げ場を求めて・・・足元へ
d0251572_2327019.jpg
必死に暗がりを探してもぐろうと・・

 
 「あれ? あんた・・誰?」
d0251572_23491262.jpg
 


 「・・・どこを歩いても・・スノーシュー地獄から抜け出せない・・?」
d0251572_23353353.jpg



 やっと地獄から脱出?
d0251572_2328653.jpg
「・・・こんどはちゃんと逃げないと・・・」


 で・・・小生もスノーシューの足跡に誘い込むのを・・やめて・・


 おとなしく・・見送った。
d0251572_23442395.jpg



 このあと・・・無事かどうか分からないけど・・とにかく・・・身を隠せる場所を見つけたようです・・。


  さいなら~~~。 


     カラスには気を付けてなぁ~~~。




 でわでわ また




にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花ブログ 雑木の庭へ
にほんブログ村

 ご訪問ありがとうございました。
by aiyababa | 2013-03-15 23:57 | 生き物 | Comments(2)

かんじきフットパスに参加してみました。

ナマステ!

 もしかしたら初めての当別紹介記事になるかしらん?

 先日、新聞の折込に第2回景観セミナー「冬のかんじきフットパス・・参加してみませんか!」というのが入っていました。

 これは”当別町役場・企画部美しいまちづくり課”が企画して行っているもので、「当別町景観形成普及啓発事業」の一環として、今回は中小屋地区の秋編に続いてスエーデンヒルズGCでの冬編であって、「かんじきを履いて冬の当別の素晴らしさを実感してもらおう!」ということらしい。 

 これを今後春・夏と継続していき、当別町の景観の素晴らしさをまもり、つくり、ととのえていこうではないか・・と。

 主旨は概ね了解したものの・・・ちらしを見る限り・・どうも堅苦しさから抜け切れない・・アカデミックなイメージを持ってしまいかねない内容のものであった。 (担当者さんごめんなさい。 あくまでもイメージですから・・・景観形成普及啓発事業とかセミナーとか書かれると教養を持たない方々・・例えば小生のような輩はそれだけで萎縮してしまう・・?)

 家族連れの参加者もそういえば居なかったなぁ・・。

 なにはともあれ、当別町に住所を移して1年半。 暮らし始めて8ヶ月の小生にしてみれば、当別町の殆どを知らずにいるわけで、もっともっと地域のことを理解したいし、ひいては”こんないいところに俺は住んでいるんだぞ~~!”と、声を大にして自慢もしたい。 

 でないとせっかく終の棲家として選んだ当別町が札幌都心までたった30kmしかないのに寂れていくってーのは堪らないじゃないですか。 

 当別町企画部の意図するところはどうだったか判りませんが、このようなイベントはもっと若者や30代・40代のバリバリ世代(世帯)もより多く参加できるようなものにしないと、近隣市町村、ひいては道外からの移住を考えているような人達の目を惹くことができるのか・・いまのままではちょっと疑わしい気もしないでもない。 目的はそこにあるわけではないというのであれば話は別ですが・・・。

 ま、現段階は2回目ということでもあり、テスト段階で、今後募集先をもっと開放して地道に広報活動をしていくようではありますが、今回50代半ばの小生でも全体的に若い方に入ってしまうくらいで、”中高年専用企画”と言われてもしかたないものであったので、その辺・・どう捉えているのか・・正直な感想をいえば、意外な年齢構成で驚いたといえば驚きました。 家族連れがけっこう参加してくるんじゃ無いかとおもっていたもので・・・。

 さくらでもいいから役場職員の家族でも何組か参加させて当事者の目からこの企画が上手く行ったか行かないかを見たって良かったのにと・・ちょっと悔やまれます。

 ただ、朗報なのは・・用意されたかんじきの数に限りがあって、最初から多くは募集していなかったとはいえ・・募集人員はすぐに一杯になってしまった・・ことで、このことは「かんじきフットパス」に少なからず皆さん関心があったってことです。
 小生も実は、募集定員は達したけれど、かんじき・スノーシューを持参される方は参加OKですよ・・という粋な計らい?で参加できた一人なのであります。



 前置きが長くなってしまいました。

 では「冬のかんじきフットパス」の体験記事を・・・。

 
 実はあらかじめスノーシューの深雪実践テストをドカ雪の降った日の午後にやってみた。

 なんせ吹きさらしの場所でも5・60cmは積もり、吹き溜まりなどは1m以上も積もった今回の豪雪・・一体どんなものかと・・。
d0251572_1236225.jpg
ひざまで埋まりました。およそ40cm。

 これで、50mを一気に歩きましたが・・・かなり疲れました。 とてもじゃないけどトップ引きはぜ~~~ったい無理。 皆さんの歩いたあとを大人しくついて行かないと遅れを取るぞ・・と。


 で、セミナー当日 2月24日 日曜日。 

 リュックにお菓子とチョコレート、水筒と着替えを入れて、スノーシューを持って10時20分前に当別駅に到着。既に数人が来てました。

 遠い昔、待ち合わせと言ったら・・渋谷ハチ公前・・田舎から駆けつけた小生はハチ公が判らず(人垣がハチ公を隠していた)渋谷駅を3周して・・遂に人にハチ公の場所を聞いて・・仲間に会えた・・苦い経験の持ち主ではありますが・・こんな看板を用意してくれてたので今回はすんなり。
d0251572_12544458.jpg



 で、10時、石狩当別駅を出発。
d0251572_1243087.jpg
立派な駅舎です。 ここでけっこうな人数をピックアップして・・

 石狩太美駅へ10時15分。
d0251572_12571749.jpg
ここでも10数人ピックアップして・・

 合計30数人は集まったでしょうか?  一路スウェーデンヒルズGCへ


 見えるはスウェーデンハウスが立ち並ぶスウェーデンヒルズ。
d0251572_130277.jpg


 で、スウェーデンヒルズGCクラブハウスへ。
d0251572_1314015.jpg



 で、今回同行した酪農学園大学、小川巌教授による挨拶があって、
d0251572_132776.jpg


今回使用したスペシャルかんじき?の取り扱い、履き方の説明を受け、皆さんかんじきを装着。
d0251572_16552438.jpg

d0251572_16555855.jpg



 このかんじき、なかなか優れものらしい。 実にコンパクトに出来ていて、今まで持っていたかんじきのイメージと180度違ってまして、軽く、装着も簡単。 しかも・・・

    かかとが上がる。
d0251572_1410597.jpg


 よって歩き方も楽。 


 小生の買ったアルミパイプ製のものも装着は簡単だし、軽い・・・と思っていたのだが・・みなさんの歩いているのを見る限り・・・更に上を行く装着感、歩行感があるのではないかと想像される。


 冬のゴルフコースの開放っていうのはなかなかのアイデアだと思います。 


 今回採用したコースから広々とした石狩平野の眺めはかなわなかったけれど、一部は見ることが出来た。

 ただ、若干小雪が舞うコンディションだったので、遠くまでは望めなかったのはちょっと残念。

 それでも、アップダウンのあるコースにはいくつか動物の足跡もあって、その都度オーソリティーである小川教授の説明等もあったりでなかなか為になるトレッキングであった。 

d0251572_141247.jpg
d0251572_14122475.jpg


 こちらはウサギの足跡。 これも初めて知りました。 
d0251572_14133824.jpg


 で、ここから小川教授の説明のよると・・

d0251572_14251157.jpg
このように、スパっと芽や枝をナイフで切ったような跡があるのは、ウサギが食した跡だというんです。 足跡付近の枝をさっと見てみて、すぐに鋭く切れた枝を見つけて説明してくれました。

 これは・・・楽しい。 
 

 そしてこの木の幹をみて
d0251572_1426587.jpg
エゾリスが剥いだ跡だと・・・。

 これは今の時期巣作りに欠かせないベッドの材料にする・・らしい。

 そーいえば・・我が家のお隣の林の木もところどころ幹が剥がされていた。 春先には子リスが見られるのだろうか?

 途中、一度休憩をとって、ソリ遊びなどもやったが・・小生は・・・遠慮組。

 一度上って来たところを下って・・また上る?・・というハードな行動・・汗はもう十分だったし・・。

 クラブハウスまでもう一息。 最後の上りです。
d0251572_14354076.jpg


 もうこの頃になると、ちょっと疲れが・・・。

 実は、小生ガニマタ歩きなんですが・・・みなさんの付けたトレースを辿ると・・巾が無さ過ぎで、障害なく歩こうとすると、スノーシューを平行に運ばねばならず、ガニマタ歩きでは先端が壁の外に出て歩きづらいのです。 
d0251572_14395081.jpg
小生の使っているスノーシューの方がスペシャルかんじきより2回りくらい大きいので4・50cm巾以内で歩行するのはかなり辛い。 
 時々、ルートを外して新雪の上を歩くが、それはそれで体力が要る。

 スノーシューを平行に運ぼうとすると、足の付け根に負担が掛かって・・・ガニマタ矯正には丁度いいけど、別な汗を掻いてしまう。

 後半は下りより上りが多く、けっこう息が切れそうな場面もありましたが、なんとかクラブハウスが見えてきました。
 丁度、昼休みの時間で、屋根には沢山のママさんダンプが・・・。
d0251572_15553690.jpg
 先日のドカ雪・・雪下ろしも大変そう・・・・。

 そして到着。 ご苦労様でした。
d0251572_1557367.jpg


 時間は正味1時間半くらい? 最後で一気に汗を掻いたって感じでしたが・・充実感はありました。


 そして、ランチ。 クラブハウス内のレストランがオープンしてまして、バイキング形式のランチにホッと一息。
d0251572_15595055.jpg
2種類の飲み物と2皿+デザートを採りまして、胃に収めました。 なんかこー元は取ろうと・・頑張りましたが・・見についた遠慮がちな性格が出てしまい・・・他の人のように3皿4皿は・・ちょっと小生にはきつかった。

 最後に、小川教授の話、参加者の感想等々、主催者側の挨拶を終えて・・無事終了。

 再び送迎バスに乗って、当別駅に戻り・・解散。


 この催し・・今後も続くと思いますが、これは是非春・夏と参加してみてもいいかな・・と。


 札幌雪祭りも最初は市民参加の小さなイベントだったのがあんなビッグイベントに・・。


 この企画も今後どう発展していくのかわかりませんが、面白いイベントになることに期待を持って・・主催者の方々には頑張ってもらいましょう。 



 でわでわ また



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花ブログ 雑木の庭へ
にほんブログ村

  ご訪問ありがとうございました。

   
by aiyababa | 2013-02-25 17:29 | 旅・お出かけ | Comments(0)

春めっけ!

ナマステ!

 この頃雪投げも手馴れてきたのか・・雪は降っても汗を掻く前に終わってしまうようになりました。

 余った時間・・・青空も見え始めてきたし・・・

 「スノーシュー履いて河川敷まで行ってみっぺか・・」 



 ということで、150m先の当別川河川敷まで。

 
 毎度のことですが・・新雪を踏むのは気持ちが良いもんです。


 河川敷に行くまでちょっと寄り道(といっても10mほどですが)して・・・本日のエゾリスの足跡。
d0251572_23542229.jpg
目的地までは一直線。あのフカフカ雪でどうして沈まないんだろうか? 不思議です。 

 このちょっとした寄り道が・・・河川敷一番乗りを逃してしまった。

 到着1分前になにやら甲高いエンジン音・・・。 

 高みで止まって・・唖然・・・。
d0251572_024432.jpg
小生の汗です。 ウソです。 


 スノーモービルが走り去ったようです。
d0251572_03411.jpg
くっそ==--気持ちよかっただろうなぁ・・・といっても遅れをとったこっちが悪い。



 河川林に入ってみると、前回は凍っていた川面は氷も融けて流れが見えていました。
d0251572_061347.jpg
本格的な春はまだ先でも少しづつ変化は起きてる・・・・。


 そんな予感の河川林歩き。 



  さてさて・・・どんなものに出会えるでしょうか?


 きのこに積もった雪。
d0251572_093348.jpg



 つづいて昨年の巣に積もった雪。 
d0251572_0103116.jpg
雪が降ると意外と手の届きそうな高さに営巣してるんですね。 3mくらい上にありました。

 そこら中にあるのがキツツキの穴。 これはどうやら今日作ったもの?
d0251572_0123231.jpg


 下には雪の上に落ちた幹の欠片・・・。
d0251572_0132492.jpg



 居ました居ました。 対岸の木でなにやら音がするかと思えば・・・
d0251572_0585197.jpg
アカゲラ君・・今日はこっちに来てましたか。

 で、ぼろぼろにされた木。 既に枯れ木です。
d0251572_0141038.jpg
痛々しいけど・・キツツキにしたらエサの宝庫・・だったんだろうな。 それでも真っ直ぐ屹立している姿が凛々しい! 老兵は死なず!って感じでしょうか・・。 ・・・枯れ木だって言ってるだろ!


 でもあまり川には近づくな!っていう標識。 
d0251572_0183061.jpg
 どうやら熊がモデルなのだけど・・熊がおぼれたって・・別にかまわないけど・・。 

 それに熊語で書かないと読めないっしょ! ただ熊の識字率はそんなに高くないから、高学歴の熊で無いと日本語までは読み取れないだろうし・・・




 あっ!こっちにはなんか何か居そうな・・木のウロが・・。
d0251572_020328.jpg
もしかして・・リスでも???

 ちょっとごめんねぇ・・・・
d0251572_0221035.jpg
何もいませんでした。

 この穴はちょうど目線の高さ・・こんな低いところじゃ・・・危なくて住めないよねぇ。




 で、しばらく歩いていたら・・


   春めっけ!

 ネコヤナギの芽が・・・
d0251572_025142.jpg
ふくらんで・・・


d0251572_0254622.jpg
半分割れて・・・

 
 光を浴び始めました!
d0251572_0261813.jpg


 なまめかしい乙女の入浴シーンに似たものがありますよねぇ。


 少しづつ恥じらいをもって・・且つ大胆に脱ぐ! 嗚呼ーなんか思い出すなぁ・・デビュー当時の関根恵子さん。 ちがうか?


 そしてちょっと上を見たら・・・さっきまで雪がついた枝だとおもっていたのが・・ネコヤナギの蕾が弾けたと知って・・・
d0251572_031848.jpg
・・感激物の一枚です!


 流石に深雪を歩くのはけっこう疲れて・・・


 帰り道は・・スノーモービルの走ったあとを・・・
d0251572_0332861.jpg
歩かせてもらいました。


 で、堤防から我が家の物置が遠くに見えて・・
d0251572_0345239.jpg
ドアの上のほうにまで雪が積もって・・ましたね。庭の高さからすると・・1.6m?

 

  で、最後にお届けするのは・・・



    冬・・雪 と言ったら・・




     あ・あ・あの獰猛な・・・・



      行く時は気が付かなかったんですが・・・





      寝ている間に・・・





       そ~~~~~~っと




         帰らないと・・・・。






d0251572_040028.jpg


   白熊君とこんな至近距離で出会うことが出来ました。


   感激です。


   今日は日差しにも恵まれました。




  形をその時その時でどう捉えるか・・・他の人と違った視線で眺める癖がついた賜物?でしょうか。

  昔から天の邪鬼と呼ばれてきて・・・・よかった?



 でわでわ また




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花ブログ 雑木の庭へ
にほんブログ村

 ご訪問ありがとうございました。
by aiyababa | 2013-02-17 01:09 | 自然 | Comments(2)

スノーシュー履いて冬を撮る

ナマステ!

 先週、ワカサギ下見した時、屯田のHCに行って”あるもの”を買った・・と書きましたが・・

 その”あるもの”とは・・

    以前から興味があった・・

      スノーシュー

 ま、言ってみればカンジキの西洋版といったものでしょうか?
d0251572_2001373.jpg
5480円だったかな?裏と表です。

 性能の良し悪し、耐久性・・いろいろあるのでしょうが、スポーツ店に行くと1万円以上はしてしまう。

 これは安い方で、新雪、深雪用のは1000円高で後方がより長くなって、受ける面積がやや多い。

 買うときに迷ったのだけど、長いと歩きづらい気がして安目の方を買ったのだが・・体重も軽くなったし、これくらいでよかっぺ・・ということにした。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 翌日装着してみた。
d0251572_2083169.jpg


 ここんところ天気が良くて雪が降らない。新雪はせいぜい5cm程度。

 歩いても既に硬くなった雪面では深く入ることはない。 新雪も含めて10~15cm沈む程度?

 これがなかなかよろしい。

 第一に、装着が楽。 みんなワンタッチで片手で出来る。 長靴の上から締め付けるのだけど・・・カチッカチッと小気味よく締まる。 もちろん緩めるのも楽。

 で、かねてより遊びに行きたかった河川敷に行って見た。

 堤防までは約150m。この間畑しかないのでいちいち道路を横断しなくていいから、これから冬の間は人の土地でも我フィールドになってしまうのです。

 堤防までちょいと写真を。
d0251572_2018899.jpg
奥の林がエゾリス君達の住む・・と思われる林で、その裏が我が家です。

 堤防と低い山々。
d0251572_20201783.jpg


 で、河川敷と河川林。 川の両岸に柳をメインに河川林が続いています。
d0251572_2023974.jpg
ここが前々から行きたかった場所です。

 林の中から結氷した川を・・。
d0251572_20251496.jpg
長靴じゃここまで来れません。 積雪は1.5m越え。 ラッセルしても20mがいいところでしょう。

 枝に付いた霜?
d0251572_20282113.jpg
川近くだと湿気が多いからか付く量も多い気がする・・。

 キツツキが空けた穴。
d0251572_20291494.jpg
いつも来る赤ゲラ夫婦かもしれませんねぇ。

 小生の影
d0251572_20314571.jpg


 一通り歩いて家路に・・
d0251572_20325216.jpg
・・でもこれはお隣の廃屋です。 その奥が我が家。 ちらっと見えますが・・。

 ・・・・・・・・・・・・・・

 とまぁ・・履いて歩いた感触は・・悪くなかった。

 かかとが上がるのがカンジキとの大きな違いだが、この違いは・・大きい気がする。 カンジキ履いた事は無いけど、歩き方は普通の歩き方でOKだから歩き易いのだ。

 新雪が降ったあともう一度試してみたいのだが・・かれこれ一週間・・ほとんど雪が降らない。 これじゃ試しようが無い。

 これを買ってから、河川敷まで歩いて夕日を撮ったりしてますが、次回は山を歩いてみようかと・・。 

 おにぎりとコーヒー持って・・広~~い石狩平野を見てみたい。

 これでまた・・

   新しい冬の楽しみ方が増えました。


    そうそう・・ストック買わなきゃ・・。


 でわでわ また



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花ブログ 雑木の庭へ
にほんブログ村

 ご訪問ありがとうございました。
by aiyababa | 2013-01-28 20:44 | 旅・お出かけ | Comments(2)


「みちくさ」 ちょっと覗いて
最新の記事
以前の記事
最新のコメント
カテゴリ
タグ
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧