人気ブログランキング |

あいやばばライフ


北国初心者・家事初心者の日々・喜怒哀楽を・・・。
by aiyababa

タグ:キュウリ ( 7 ) タグの人気記事

オイキムチを漬けてみました!・・発酵させないオイキムチ編。

ナマステ!




 先月記事にしたオイキムチなんですが・・・




 これを味見してもらおうとFじーに差し出したら・・頑なに断られてしまった・・・。
d0251572_16085239.jpg




 なんでも、Fじー、発酵が進んで酸っぱくなりかけたキムチは苦手なんだと・・・。 




 これはキムチのみならず、他のニシン漬けもしかりで、初期の余り発酵してない時期の物なら食べるけど・・酸っぱくなりかけてきたのはどうもねぇ・・・と。




 で、梅落としをした時、梅酒用にあげた梅の他に「キムチの素」も一袋差し上げたんですが・・・後日、”発酵させないオイキムチ”なるものをお返しでいただいた。



 なんでも、常温発酵させずに、冷蔵状態のままなら酸っぱくならずにいつまでも食べられる・・・ということでした。 Fじーからは2種類のオイキムチをお返しで頂いたんだけど、キュウリの扱い方をちょっと変えたもので、板摺り、塩もみしただけのものと、5%食塩水に一日漬けたものの二つ。



 ただ・・この二つともあとからきゅうりの水気が抜けて、食べ終える頃にはタッパーの底にはちょっと薄まったキムチのたれが残りました・・・・。



 小生の試作品はこれらの結果を参考にして・・・



 まず・・キュウリはおおまか4分割の輪切りに。 
d0251572_15475216.jpg

前のでは十字に切り込みを入れたものだったけど、今回はそのまま最後まで切ってしまって、種が多いと感じたらその部分は多少削ぎ落としておく・・という形にしました。
d0251572_15481700.jpg


  ここまでは多分Fじーと一緒。 違うのは用意した5%塩水に1日漬けるか2日漬けるかの違いのみです。 この5%塩水には2g程度の少量のだしの素を入れてまして、これを一度沸騰させてます。 



  塩水の量は漬ける素材(この場合きゅうり)とほぼ同じ重さの水を用意しました。 今回は610gでした。 塩は30gです。 後にレシピで紹介します。



  で、熱いうちにそのまま袋に入れて、冷めたところで冷蔵庫で寝かせました。 
d0251572_15582088.jpg




  二日間冷蔵庫に入れておいてどれだけ水気が抜けたかっちゅーと・・・610gのきゅうりが550gになってました・・。 10%抜けたってことですね。
d0251572_18151669.jpg

 この辺の思惑でいうと・・1週間後に食べきるころでもそれほど水分は出ていなかったので・・読み通り?ってことでしょうか。 どうやら上手くいったようです。
 



 で、2日間漬けたのち・・キュウリだけを取り出して・・・いよいよキムチ漬けです。




  用意する野菜は大根と人参とニラ・・そして生姜。 必ずしもキッチリ!っていうことは無いですが・・・この辺はFじーレシピに合わせてみました。





  と、いうことで、大まかなレシピを。




  ベースはきゅうり。 4~5本分500g・・です。 

  このきゅうりの切り方は何て言うのでしょうか?? スティック切り?? とにかく画像通りです。

  水     500cc
  塩     25g・・水に対して5%の食塩水を作る為
  ほんだし 小さじ1程度(2~3g)  

  *以上を一旦沸騰させる。

  キムチの素 30g 今回使ったのは”つけもと”社製。
  大根    100g 千切り・・やや細く
  人参    30g  千切り・・より細く
  ニラ    30g  みじん切り・・1~2㎜幅
  生姜    20g  千切り・・・より細く


  以上が、用意する材料です。 但し・・細さ・分量はただの好みです。 お好みでどうぞ。




 今回は約600gのきゅうりだったので、全て2割増しで・・。


  


  大根、ニンジン、生姜は千切り。 特に人参と生姜はより細かく切りました。 大根も刺身のつまよりやや太い程度まで細く切ってみました。 ニラは1~2㎜幅のみじん切りです。 写真は上のが左から・・生姜、人参、ニラです。
d0251572_18242235.jpg

  こっちは大根です。
d0251572_18253388.jpg

  これに出来合いの”キムチの素”を入れて・・
d0251572_18271786.jpg


  あとは只管・・混ぜ混ぜです。



   とりあえずこんなもんだべか?・・・っていう頃合いで終了。 上にラップをして・・・冷蔵庫で・・一旦寝かせます。
d0251572_18293704.jpg


  のちのち、大根やニンジンからの水分が出て、更に若干水っぽさが増したところで・・混ぜ混ぜ。



 二日後辺りから味がなじんでくるかと思うので・・それまでは・・我慢・・・。



 そして・・・晴れて・・御飯のお供に。
d0251572_19405941.jpg


  ごちそうさまでした!  ちなみに・・冷蔵庫に入れておく限り1週間経っても全然酸っぱくなりませんでした。



  でわでわ また




 ランキングに参加しています。 

 ↓の何れかワンクリックして応援していただけたらブログの励みになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへ

にほんブログ村 住まいブログ DIYへ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 雑木の庭へ




 ご訪問ありがとうございました。 またお越しくださいませ。






by aiyababa | 2019-08-20 20:03 | 家事・料理 | Comments(0)

オイキムチを漬けてみました。

ナマステ!



 採れ過ぎるキュウリ対策に味噌マヨで生で齧ったり、いつもやってる焼酎漬けを作ってみたりとやっては見るものの・・・



 半分は人に差し上げてます。



 焼酎漬けも毎回となると飽きてきちゃいますし、実際キュウリの焼酎漬けは飽きてます。



 キュウリに関しては、日本では炒めたり煮たりっていう習慣がないのでついつい漬物かサラダ、生野菜として食べるのが普通ですが、炒め物に関しては他に菜っ葉やナス、ピーマンも作っているのでキュウリを使えばそっちが逆に余ってしまいかねない訳で・・・悩みは尽きません。



 で、テレビ番組でたまたまオイキムチを食べてるところがあって、「そうか・・オイキムチ・・と言う手があったか・・。」と、まだやったことが無いオイキムチ漬けに挑戦してみることにしました。



 しかしながら・・ベースのキムチの素は手作りじゃなくて、メーカーで既に作られているものを使ってみました。



 ただ・・大手メーカー製品ではなくて、専門の会社で作られてるものがいいだろうと思い、ネットで注文したのが・・つけもと株式会社っていう奈良にある会社でした。
d0251572_07280565.jpg

  キムチの素をヤンニョムって言うことも知らずに、今まで生きてきたのが恥ずかしいくらいですが・・・そんなことはどーでもよろし。



 キュウリの他に大根とニンジンの千切り、ニラを用意し、この粉を混ぜ合わせるだけ・・と言いたいですが・・他に塩・砂糖・生姜・ニンニク・ダシの素を入れて・・
d0251572_07335118.jpg

   まぜまぜ。 
d0251572_07351612.jpg

  只管混ぜ混ぜ。
d0251572_07353733.jpg

 
   最終的に・・水も出てきて・・ねっとりしてきました。
d0251572_07361910.jpg

  一方、キュウリの方は・・結構面倒なんですね。 キュウリの両端を落として、4等分し、十字の切り込みを入れるけど下1cm程度は切らずに残すということをするらしい。



  で、それを3%くらいの塩・砂糖を入れた甘辛水を作って、・・一旦沸騰させて・・その熱湯を入れて1時間くらい漬けておく。
d0251572_07425309.jpg

 
  そのあとはザルにあけて水切り。 1時間くらい放置するんだけど・・そのままだとまだ水気が残っているので、小生は一つ一つ持って振り切ってからキッチンペーパーで拭いておきました。



  で、そのあと・・十字に切り込みを入れた間にヤンニョム入りの他の野菜たちを入れて行って、器に収めて・・
d0251572_07515319.jpg

  後は常温で寝かせて・・そのあと冷蔵庫で寝かせて・・夏場だと2~3日後に食べることが出来るそうですが・・・




  さて・・・試食はまた後で!




  でわでわ また




 ランキングに参加しています。 

 ↓の何れかワンクリックして応援していただけたらブログの励みになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへ

にほんブログ村 住まいブログ DIYへ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 雑木の庭へ




 ご訪問ありがとうございました。 またお越しくださいませ。






by aiyababa | 2019-07-13 07:58 | 家事・料理 | Comments(2)

ハウス内栽培用の苗を買いました。

ナマステ!




 ここ数年、野菜苗の購入先、特にナスとトマトは北竜町の野菜直売所で買ってます。GWの帰省に合わせてってことですね。 どうしてっていわれたら、特に深い思いがあるわけでもないんだけど、近くのHCの苗より全てしっかりした接ぎ木苗だからってことでしょうか? もちろん地元の農家さんの苗も買ってます。




 で、先日行った細君の実家の帰りに立ち寄りまして・・ナス苗2種4本、トマト苗アイコの赤・黄、桃太郎中玉の3本、あとはキュウリ苗2種2本、スイカ苗2種2本。ピーマン2本、激辛トウガラシ1本・・等々 みんな1~2本づつでしょぼいですが・・細々と育てていく予定です。
d0251572_19135696.jpg



 で、本日、植え付けしました。



 その前にちょっと驚いたことがあって、ビニールハウスっていつも湿気でもわ~~っとしてるイメージがあったけど・・・夕方換気用のロールシートを閉じて、朝方行くと、確かにメガネが即曇って中は結構な温度になってたりするんだけども・・・前日蒔いた水はすっかり蒸発してて、要は気温が高くなった分蒸発量が増えて、そのままだと毎日半端ない水の消費が考えられるわけです。




 ということで、ハウスの中こそマルチシートを被せて水の蒸発を防がないといけません。 



 今回は植え付けたすべての苗にマルチシートを使いました。



        まずは・・きゅうり。 一応2本ですが・・気が向いたらもう一本増やす予定。 一本は黒サンゴ。 もう一本はイボなし艶ありきゅうりにしてみました。
d0251572_18540943.jpg


    ナス(中央の4本)とピーマン(手前、右2本)と手前左の激辛唐辛子。 ピーマンエリアも予備としてパプリカを考えてます。 あと2本植えられるスペースはあります・・・がシシトウに変更したりして・・。
d0251572_19051032.jpg


  そして・・・スイカ。 スイカはいつも通りの小玉スイカなんですが・・・今回は伝助スイカの小玉バージョンを買ってみました。
d0251572_19064040.jpg

   まだ、気温が低いので、この後トンネルを掛けますが・・手前が黒艶小玉。(伝助スイカの小玉バージョン)奥が赤身の小玉。



  上手く成長してくれたら嬉しいですが・・・。




   露地栽培だともうあと3週間くらい先の筈ですが・・ハウス栽培・・上手くいきますように!




  でわでわ また




 ランキングに参加しています。 

 ↓の何れかワンクリックして応援していただけたらブログの励みになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへ

にほんブログ村 住まいブログ DIYへ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 雑木の庭へ


 ご訪問ありがとうございました。 またお越しくださいませ。


 



by aiyababa | 2019-05-03 19:15 | じぶんちの畑 | Comments(0)

生り物野菜・・キュウリの初収穫

ナマステ!



 我が家の畑の収穫物。 二十日大根に始まり、ビタミン菜、水菜、ホウレン草と続いたところで・・・



 10日前からブロッコリーとキャベツが相次いで収穫を迎えました。 



 ほぼ同じ頃に、ミニトマトがポツポツと収穫し始めたんだけど・・まだまだ本格的な収穫とは行ってなくて・・一日2つくらい収穫出来たらいい方。 でも・・これから毎日晴れの日が続いて気温も27℃28℃と続くので期待が持てます。



       黄色ミニトマトとアイコ(下)
d0251572_17181568.jpg

d0251572_17194272.jpg


 で、先日やっと初収穫を迎えた・・キュウリ。 最初地面に刺さった格好で大きくなり始めたので何故か中太りのキュウリになってしまった。
d0251572_17225294.jpg


   予備軍はかなり待機してるので・・あと2週間後は・・食べきれないほどになってるかもです。
d0251572_21440266.jpg


  これから一気に気温が30度近くまであがる毎日が続くと思うけど・・



 勝負はこれから・・ってところでしょうか。




  でわでわ また






  

by aiyababa | 2018-07-18 21:54 | じぶんちの畑 | Comments(0)

干すという技?

ナマステ!



 キュウリの件については何度か記事にしてきた通り、我が家で今や3株植えてあるキュウリの供給量と言ったら・・・とても手に負えない量でありまして、なんとかおすそ分け以外でも消費する方法を見出さないと大変なことになるな・・と、焦りを感じていたのですが・・



  生のまま使うんじゃなくて、一度干して食べてみる・・・ということを提案されて・・



  先日早速実行したんですわ。 



   最初はおろし金に付いているスライサーで薄く切っていたんですが・・たまたまピーカンの日でありまして、あっという間に乾いてしまったようで、ペラペラになって干しざるにへばり付いてしまい大変でした。 別な半分は切り方を変えて、もっと厚く切っておいたので、乾き方も半生で・・実はこれがとても都合よかった。
d0251572_17512596.jpg



   2回目はもうちょっと厚めに切って、形とかもいろいろ取り混ぜて3種類干してみました。
d0251572_17465216.jpg


    それぞれ一種類一本分のキュウリです。 



    ↓横から。 ・・・実は干してるのを忘れてまして・・・4時間ほど外に出していたんですが、ラッキーなことに、晴れているんだか曇っているんだかはっきりしない天気で・・影がくっきりと出来なかったところを見ると曇ってたのかな?っていうような天気が幸いして、カラカラにはならず、半生状態で仕上がりました。
d0251572_17462124.jpg
 
   ひっくり返すのも忘れて・・片側のみ。 でもこれ以上は・・


  
d0251572_17455149.jpg

   ↑並べた後と比べるとそれでもかなり干された方だと思います。



   で、これを・・どう料理してるかというと・・スープとか炒め物に使っています。 


 
    ちなみにこれは一人寂しくいただく焼きそば! でございます。



 野菜・野菜・野菜・野菜・肉どこ??野菜・野菜・・。 


      これでもか!野菜!っていう焼きそばです。
d0251572_18021122.jpg

   キュウリのアッピールが少々足りなかったので・・3つ4つ下から上に持ってきて・・演出が入ってます。 あしからず・・。



   実は・・・干しキュウリ・・かなり甘味が増しました。 生のシャキシャキもいいけれど・・半生干しキュウリは時にもっと良い!



   干しキュウリのいいところは、量的に2割か3割くらいに減るので、キュウリ一本分でも直ぐに無くなっちゃうことでしょうか?



   これだと・・逆に足りなくなるくらいかもしれません。 ・・・と、それはないか・・。




  急遽”浅漬けの素”を使って、遊び半分で紫蘇巻きキュウリを作ってみました。 



  
  残った干しキュウリを紫蘇に載せてくるっときつめに巻いて・・小さいタッパーに置いて・・八分目くらいまで浅漬けの素を注いで・・上からちょっとだけ押す感じで板を置いてみましたが・・


  
  重石(板)を載せた感じがこれ。 板は熱湯消毒しました。
d0251572_07585405.jpg

  重し板を取ってみると・・
d0251572_07583890.jpg

   これを好みに切って・・・食べます。
d0251572_07585726.jpg

   ちなみに巻いてあった物を広げると・・
d0251572_07582745.jpg

   干しキュウリは柔軟性があるので、きつく巻くには適してます。



   味ですが・・・浅漬けの素・・の味です。 あたりまえですが・・。 ↑の感じですと青じそ味が勝ってまして・・これでご飯一杯はいけないけど・・・3口くらいは運べそうです。




   でも・・まぁ。 主夫の領域がまた少し広がりましたね。




    でわでわ また


   
 ランキングに参加しています。 いずれか一つで結構ですので・・ポチっとブログ応援よろしくです。 別窓で開きます。 






  ご訪問ありがとうございました。 またお越しくださいませ。






by aiyababa | 2017-07-28 08:30 | 家事・料理 | Comments(2)

キュウリを食べ尽くす前に・・河童はどこぞに?

ナマステ!



 野菜作りっていうのはいろいろ一筋縄ではいかない面もあって、それはそれで楽しいものなんですが・・・




 二人暮らしってことを考えると・・実は・・・それほど作らなくたって十分足りてるっていうのがほとんど。 ましてや二人とも小食ですから・・消費量は一般的日本人の半分強ってところじゃないでしょうか?



 例えばキュウリだったら5本パックとか3本パックでは買ってきません。 安売りしてるときだけ1本とか2本買いで終わりです。



 先の記事で、毎日2本前後収穫してますって書いたけど・・それなら苗を1本にしちゃえばいいじゃないか・・っていう理屈が当てはまって当然ですが・・・。



  ところが一本にすると、今回のように突然折れてしまったり(たぶん強風の所為)して、何も採れないっていう事態になるから、保険の意味でも各野菜・・最低2本は植えるようにしています。



  ただ・・ナスとかピーマンだと2本で丁度いいかタイミングによってはやや足りない感じがします。 が、キュウリはそんなわけで・・一本でも足りるところを2本植えてるんだから持て余すのは当たり前の話なんですが・・



  収穫せずに放っておくわけにもいかない・・。




  放っておかないと言ったら・・人にあげるか、自分たちで食べるかって話になるんだけど・・・



  とりあえず・・自家消費ってことで、今までになくキュウリ三昧の毎日になっています。



  まずは・・定番の漬物。 
d0251572_22230333.jpg



   漬物といっても糠漬けとかじゃなくて、焼酎漬けです。  これは大きく育ち過ぎたキュウリ(店先サイズの3倍重量)3本を使いました。 大量消費にはこれが一番効果的なんですが・・それでもやっぱし限度がありまして・・一回でせいぜい太物5本まで・・。




  そして・・キュウリと大根のツナサラダ(青じそ入り)。 
d0251572_22435706.jpg




   奥が・・今ちょっとハマってる・・ハムと春雨とキュウリの青じそドレッシング掛け+錦糸卵。 




  そして・・いつも切らさないようにしてるのが生野菜。 ベースは水菜なんですが、それにピーマンやら玉ねぎやらニンジンやらレタスを加えまして・・キュウリもその一つです。
d0251572_22442887.jpg



   こーゆー感じで・・いろいろと使って・・作ってはせっせと消費を試みているんですが・・



   キュウリの収穫はまだ始まったばかりと言ってもいいくらいの時期で、これから先の長~~い期間をどう対処するかっていうと・・何か別な味も含めて開拓するしかない・・。



   そこで・・新たに試みたのが・・汁物です。 云わば熱を通すというもの。



   長い海外生活で、けっこうキュウリの煮物とか、炒め物とか火を通して食べてた経験があります。



   で、面白半分に作ったのが・・キュウリの豚肉詰め。 とでも名付けたらいいのかどうか・・。 名前はどーでも・・まずは料理風景から・・。



  大きくなり過ぎたキュウリを半分に縦割りして・・種の部分を取り除く。
d0251572_23110273.jpg



   まな板の上では・・肩ロースのミンチ、玉ねぎ、エリンギ、ニンジン、ニンニクのみじん切りを用意して・・
d0251572_23110218.jpg


   ボウルに移して、片栗ひと匙、玉子、塩コショウを適当にして、序でにハイミーを少々。 これを良く揉んで・・




   ここから先・・写真が無いのですが・・




    キュウリに詰め込んでいきまして・・半割りしたものをもう一度合体させて・・タコ糸でぐるぐる巻きにします。



    一本の長さが長いので鍋に入りきれないから・・半分にして・・切り口はラップを被せて輪ゴムで・・。



   ここまでやって、切り口はこんな感じ。
d0251572_23165206.jpg

    

      これを鍋に入れて・・・
d0251572_23314934.jpg


   水を7割方浸かるところまで入れて・・火を入れ・・落し蓋の代わりにキッチンペーパーを被せて・・



   煮込むこと約7分。
d0251572_23332103.jpg


    スープも一緒に飲むので火を止める間際に水菜を・・。



   肉詰めは取り出して・・

d0251572_23391062.jpg


    糸をほどいて・・輪ゴムを取ると・・
d0251572_23391880.jpg

      ちょっと輪ゴムがきつかったかな?


    輪切りにして・・ちょっと醤油を垂らして・・。
d0251572_23413349.jpg



    余った肉はフライパンで・・焼いて・・
d0251572_23413897.jpg



      とある・・夕食です。



    ちなみに・・書き忘れましたが・・スープは中華味にして煮込んでます。




    味的には・・ちょっと物足りず・・翌日、同じように切った肉詰めにとろけるチーズをのせてレンジでチンをして食べましたが・・・こっちのほうが美味しかった。 ソースを工夫するっていう手もある。



   調理方法にまだまだ開発の余地ありなので・・ここら辺は今後の楽しみとして残しておきます。



   他にキュウリをスープの具として食べましたが・・けっこう普通に美味しかった。  表現が微妙だけど・・みそ汁に入れた大根のように大根そのものが凄く美味いと感じないけど、無いと困るんだよね・・的な位置づけと考えてください。





   でも・・キュウリばかり食べていると他の野菜の消費がおろそかになり・・今度はそっちがだぶついてしまう・・という事態に陥らないとも限らない・・。





   近所に河童でもいれば毎日でもおすそ分け出来るんだが・・せいぜい鈴虫とかカブトムシじゃなぁ・・。




  このまま続けたら・・河童になれるかも・・。 




  泳ぎ下手だが・・。





  でわでわ また



   
ランキングに参加しています。 いずれか一つで結構ですので・・ポチっとブログ応援よろしくです。 別窓で開きます。 






  ご訪問ありがとうございました。 またお越しくださいませ。

  



by aiyababa | 2017-07-22 07:50 | 家事・料理 | Comments(2)

ウリ科の不思議 その2キュウリ編++ナス科も不思議だ・・。

ナマステ!




  ウリ科の不思議・・第2弾です。




  現在きゅうり苗は3本。 元々あったのは2本で、5月中旬に苗で植え付けたものですが、そのうち一本、芯から何故か折れて?(強風?) 6月初め、急遽もう一本買って植え付けてます。 
d0251572_14063317.jpg


  で、今、キュウリは大変なことになってて、毎日2本前後の収穫がありましてとても食べきれるものじゃないんです。 漬物・サラダ・・で、今まで作ってこなかった汁物にも使い始めましたが・・それでも正直食べきれない。 時々おすそ分けで細君に仕事場に持っていってもらわないと、冷蔵庫はキュウリだらけになるし・・今は正直やばい・・・。



  現在・・そんなわけで、2本の苗がフル回転で毎日キュウリを届けてくれているんですが・・ここに来て、6月初めに折れたキュウリが復活して新たな芽を伸ばし始めて・・生産ラインに乗っかろう?と、出てきたんですねぇ・・。 第3勢力っちゅーやつですね。
d0251572_14042260.jpg
 
      な、なんでここに来て復活すんの?



  そんな非常に成績優秀過ぎるキュウリたちなのですが・・・笑えないような・・笑える出来事が起きまして・・・



   一昨日の出来事・・・・。  ここんところ毎日見慣れた花だけど・・



    そこにあっちゃいけないもの?を見つけてしまいました・・・。




     なんと・・・




      かぼちゃの雌花! 
d0251572_09123220.jpg




       そして・・雄花も。
d0251572_09133196.jpg




    なして??




    よく見たら・・・接ぎ木苗の一番下から出ていたんですよ・・。
d0251572_09114296.jpg


    小生は初めてですけど・・・こーゆーことは恐らく良くあることなんじゃないかな? ってのはありまして・・


  人のやる事ですからね、接ぎ木は。 やったことが無いので良く分からないんだが・・これは一応プロとしての仕事としては失敗?ってことになるのかな? それとも将来台木の方の芽が出ることは予測できないもので失敗とは言えない・・? 



  ま、見つけたら通常は摘み取ってしまうのが当たり前ですので、失敗とか成功とかの範疇じゃない・・とか。 



 小生的にみれば・・・これは非常に面白い出来事で・・・出来たら同じ蔓からキュウリもカボチャも出来たら愉快じゃないですか、最高ですよね、両方成ならしてみたいです。



  残念ながら・・人工授粉は出来ずに、見つけた時は萎んでまして、受粉できたかどうかは数日経ってみないと判りませんが・・カボチャ蔓は2本のうち1本だけにして、引き続き伸ばそうと考えています。 



  一本残しておくのは、これ以上キュウリの方に勢力を取られず若干削いでおいたほうが、消費の面でもいいのかな?と素人考えで出した結論です。



  と、ここまでウリ科の我が家の畑の3種を紹介しましたが・・・接ぎ木続きで・・今度はナス。



  「・・接ぎ木というのはあーゆーことも起こり得るのか・・。」と、気付かされて・・直ぐのことです。



   接ぎ木と言えばナス科のトマトもナスもそーだったな・・。 と、頭をよぎって直ぐ・・




    今度はナスに・・・「・・見たことあるけど・・ナスの葉っぱじゃないのが生えてる!!」
d0251572_14104996.jpg




   これも接いだ一番下から2本・・伸びてまして・・・
d0251572_14161540.jpg



   写真も取らずに・・直ぐにパッツン! 切ってしまいましたが・・・




  どうやら台木に使っていた”スズメのナスビ”っていうナス科の木が生えてきたものらしい。 



   かぼちゃもナスも昨日今日生えてきたものじゃなくて、少なくても10日以上前から出ていたと思うけど・・ひょんなきっかけが無ければこのナスの葉っぱもずっと見落としたまま、気付かぬままにいたかもしれません。



  今まで・・でもトマトもナスもキュウリもみんな接ぎ木の苗を買って育ててきたけど・・同じ年に2種類もこーゆーことが起きたって言うのは偶然にしては確率高過ぎじゃないのか??



  人為的な他にも何か原因があるのかもしれませんね。 何かのきっかけで眠っているはずのオリジナル因子が目を覚ましてしまった・・・みたいな・・。




   と、ウリ科とナス科の接ぎ木・・不思議な世界・・でした。




  でわでわ また



   
ランキングに参加しています。 いずれか一つで結構ですので・・ポチっとブログ応援よろしくです。 別窓で開きます。 






  ご訪問ありがとうございました。 またお越しくださいませ。






by aiyababa | 2017-07-21 07:36 | じぶんちの畑 | Comments(0)


「みちくさ」 ちょっと覗いて
最新の記事
以前の記事
最新のコメント
カテゴリ
タグ
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧