あいやばばライフ


北国初心者・家事初心者の日々・喜怒哀楽を・・・。
by aiyababa

タグ:こくわ棚 ( 5 ) タグの人気記事

我が家のコクワ・・初めての大量収穫。

ナマステ!



 我が家の畑とかいろいろ生り物の記事で紹介してきたコクワなんですが・・・いよいよ収穫時期が迫り・・頃合いを見てたら・・



 ある朝、熟した実が2つ程地面に落ちてまして・・・「・・オッ!いよいよかな・・。」という手ごたえを感じて・・



 先日・・収穫祭・・催しました。



 とにかく今年の実の付きは半端なく多くて、今までは毎年数を数えられるくらいしか生らなかったのに・・・どこもかしこも鈴なり・・。
d0251572_09101255.jpg
d0251572_09101207.jpg
d0251572_09101206.jpg


  でも・・この突然の大成りには小生なりに説明できる訳があります。



 今、コクワ棚には2種類のコクワの木というか蔓がありまして、一つは両性花のコクワで、今回収穫した蔓なんですが、HCから6~7年前に買ったものです。 今までは両性花なので同じ蔓の花からの花粉で受粉してきて、毎年味見程度の数しか収穫出来ていなかったんですが・・・



 今年からもう一本のコクワの蔓・・野生の実生蔓が花を咲かせ始めたんです。 3年前にコクワ棚を作って、その時恐らく2年目くらいのものを定植したから今年で5年目くらいになると思うのですが・・・多分これが功を奏したんじゃないかと思うんですよね。 遺伝的な面で近親相姦はヤバイ! 他の血が欲しい!みたいな・・。



 でも・・・最初、花が咲いた時は・・「えっ~~~雄花の蔓だったかぁ~~・・・ちょっとがっかりだなぁ。。。」と思ったんです。 そりゃそうです。 今か今かと待ち望んでいた花が雄花じゃ・・・実はなりませんし・・。



  ところがどっこい! これだけ両性花の方に実をつけてくれると、重要な役割を果たしたんだな・・と拍手喝采です。 言ってみれば我が家コクワ界の立派な種馬として大活躍してくれたわけです。 マルハナ蜂にも感謝ですが・・・。





 野生種では8割9割方、場所によってはそれ以上が雄花らしくて、雌花は稀らしいのです。 ですから野山のコクワ界は丁度、街の中では独身男性が溢れ返ってるイスラム教のように・・(要は一夫多妻制度があるので、お金も地位も無い輩は一生結婚できない・・。)しょうがないから男色に走っちゃうもんねぇ~~っていうのが多くて始末が悪い。



 小生はそーゆー感じで野山の雄花蔓を蔑視してきたんですが・・・いや、そうじゃない! 種を残すためには多種多様の男種が必要なんだな・・ということを感じ入りましたね。 
 


   収穫した直後。  2キロは優にありそうです。
d0251572_09331579.jpg
 余談ですが・・・今回の大収穫にはほんとに驚いているのですが・・これでもまだ枝を伸ばしている範囲はコクワ棚の3割にも満たなくて、これが今後全面を覆うようになるまで枝を伸ばしたら・・・一体どんだけ採れるんだろう??って思います。  ちなみに写真右が両性花の蔓。 左が雄花の蔓。 まだ両方とも一角を占めているにすぎません。
d0251572_09525505.jpg



  このあと、車庫に入って、ヘタとしっぽの髭を取り除きました。 
d0251572_12094430.jpg
d0251572_09361622.jpg

  この作業こそ根気のいる作業で、数百個ある実一つ一つ取り除く作業はかなり堪えます。




  で、計量したら・・・およそ2700g 籠が300gありますので、正味2400gです。
d0251572_09402076.jpg




  ここから、やや熟したのも含めてジャム用とコクワ酒用に振り分けて・・・それぞれ水洗いして乾燥させます。
d0251572_09415948.jpg

 ただ、2400gはちょっと多いので、この中から若干柔らかさが見えたもの、形のいいもの、大きいものを幾つか取り分けて、生食とジャム用に回しました。 何かの果物と一緒にして追熟させるか、自然と熟すのを待ちます。



  で、先日Fじーと一緒に採りに行ったコクワも一緒にして、コクワ酒用に2㎏程度用意して、生食・ジャム用は500~800gとして、それぞれ用意する作業は後日掲載するとして・・




  本日は・・収穫と下処理まで。





  でわでわ また



by aiyababa | 2018-09-22 12:11 | じぶんちの畑 | Comments(0)

DIY こくわ棚製作・・その4 完成。

ナマステ!


 毎日、少しづつ進めてきたコクワ棚の製作。 骨組みだけは終わってましたが、ワイヤー張りとか防腐剤塗装、腰かけとかが残ってまして・・・


 こくわの剪定も含めて・・やっと完成しました。


 骨組みを終えた後、ワイヤー用に45mm角の垂木を少し骨組みより長めに作って、50cm置きにワイヤー用の穴を開けて取り付け。
d0251572_13170344.jpg



 次に塗装。
d0251572_13171173.jpg


 そして、ワイヤー張りですが、ステンレスとか錆びないものは高くつくので、耐光性のプラスチックロープ5mm径に変更しました。


 正直、まだ蔓が棚まで伸びてないので今張る必要も無かったのですが、紐をピンと張るのを確かめたかったのでとりあえず張ってみました。
d0251572_13175682.jpg

 プラスチック製なので伸縮が激しい気もして、これがいいのかどうかわかりませんが、反対側は垂木をぶら下げてロープにテンションを掛けているわけです。 
d0251572_14100243.jpg


 雪の重みでどうせ垂れ下がるかと思いますが、多少は吸収できる? 穴がその前に凍りつくでしょうけど・・。



 で、腰かけ。 今日完成しました。 これで木工作業は全て終了です。
d0251572_14111139.jpg

 若干カーブをつけました。 別に意味はありません。 ちょっとひねくれているだけです。



 そして、こくわを剪定して紐に絡みつけました。
d0251572_14111512.jpg

 本来は棚に届くまで1~2本に絞って、脇芽を摘んだ方がいいのかな?と思うのですが、元々雌雄一株づつ付いて一鉢で売ってたもので、どれがオスでメスか判らないので、花が咲くのを確認してから剪定しようかと・・。


 このこくわ、実はこの辺の山に自生しているものとは若干違ってて、葉っぱの付け根が赤くない。 品種改良でもされたやつなのでしょうか? 

  
 この辺の自生種はこちら。 昨年までの蔓は皆ひ弱だったのですべて剪定し、今年出てきた太い茎のもの1本にしました。 
d0251572_14322138.jpg

 花芽も付いてないのでまだオスかメスか判りません。


 あとは蔓が伸びて実を付けてくれるまで気長に待ちます。


 さて、この後はいよいよ薪棚です。 既に取り掛かっていますが、この記事はまたいずれ。



 でわでわ また




 ランキングに参加しています。 いずれか一つで結構ですので・・ポチっとしていただけましたら・・ブログの励みとなりますゆえ・・よろしくお願いもうしあげます!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 雑木の庭へ
にほんブログ村

ご訪問ありがとうございました。 またお越しくださいませ。






by aiyababa | 2015-05-25 22:52 | じぶんちの庭 | Comments(2)

DIY こくわ棚製作・・その3

ナマステ!


 寒い、寒い。 お昼過ぎても外の寒暖計で9.5度。 時折り晴れ間が見えたりしてるものの、ほとんどは雲に覆われっ放し。 かてて加えて風が強い。 予報欄に6m/秒っていうくらいだから時々10m超えの風も来たりする。


 体感温度は3~4℃ってところでしょうか?


 そんな中、午前中にこくわ棚の構造体・・いわば骨組みだけは完成しました。 


 防腐剤塗装、腰かけ、ワイヤー掛けは後回しにして、とりあえず恰好だけはつけました。



 作業経過を説明すれば・・・まず昨日から・・。


 昨日は昨日で、朝から霧雨・・。 外に置いてある門型の柱は雨でぬれたまま。


 それでも9時頃にはなんとか止んだようなので、残り2本の柱に筋交いを取り付けた。


 いよいよ建て方です。


 柱を立てる前に束石に乗る部分に防腐剤を塗らなきゃいけないのだけど・・・まだ濡れてまして・・・仕方ないからバーナーで焼いて乾燥させてから立てました。 一つ一つ予期せぬ余計な手間が掛かっちゃって、予定の作業も遅れ気味です。


 さて、一人で起こさなければならないので、一つの門型に対し、両サイドにつっかえ棒ならぬ板を木ネジで止めて、起こしました。 


 適当な位置に杭を打って、柱に下げ振りを落し、鉛直になったところでつっかえ棒を杭にビス止めして仮固定です。
d0251572_13134345.jpg

 あれ? 杭が見えませんね。 手前の柱に沿って下げ振りを落としてます。 判りづらいかな? 赤いのがそうです。


 同じく、残りの2本。
d0251572_13134618.jpg

 こちらも同様に同じ手順を踏み・・・


  遂に柱が立ちました。
d0251572_13135126.jpg

 で、すぐに柱間の正確な距離を測って、大梁にほぞ穴を開けました。
d0251572_13135337.jpg

 と、ここまでが昨日の作業。



 で、本日・・これを柱の上にあげて・・・筋交いを入れました。


 ところが・・・一本終えたところで(次の写真、手前左の柱)・・・


   寒さに耐えきれず?・・残りは構造用合板で間に合わせるか・・・となりました。


  いえいえ、脚立が立たなかったこともあります。 お隣の枯れた生垣の中に立てないといけなかったのでちょっと無理があったのと、立てたにしても不安定な中で、筋交い用に柱にノミを振るうことが出来なかったというのが妥協の理由です。 筋交いは10~20mmくらいノミで彫って埋めて柱に固定してあります。


 ほぼ、完成形の姿です。 あらかじめ必要な場所には防腐剤を塗ってありますので、色がまだらで恰好は今一つですが・・・
d0251572_13130401.jpg

 午後からは・・・車庫内で残りの作業。 


 ほんとに身体の芯まで冷える久しぶりの寒さです。 外作業・・続ける気がしませんでした。


 でわでわ また


 ** 明日から4日間・・秋田に。 姉の家に久々の訪問です。 山菜の本場にちょっと勉強がてら行ってきます。**

 
 ランキングに参加しています。 いずれか一つで結構ですので・・ポチっとしていただけましたら・・ブログの励みとなりますゆえ・・よろしくお願いもうしあげます!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 雑木の庭へ
にほんブログ村

 ご訪問ありがとうございました。 またお越しくださいませ。



 

by aiyababa | 2015-05-15 22:20 | じぶんちの庭 | Comments(0)

DIY こくわ棚製作・・その2

ナマステ!


 昨日夕方から降り出した雨は目を覚ました時もまだ降り続いていたのですが、朝食も一段落した7時過ぎにはもう上がってしまってました。 


 恵の雨・・庭や畑は生き返ったようでした。
d0251572_21313203.jpg

 

 先日植えたトマトやナス苗も元気になってくれました。
d0251572_21330129.jpg



 というわけで、今日も朝から晴れてくれたし・・



        コクワ棚の製作に没頭です!



 4本ある柱のうち、手前の2本の組み立てに入りました。



 と、その前に・・完成形のスケッチです。
d0251572_20355907.jpg


 柱間の距離は短か手で芯々2.2m、長手で3.1m。 高さは長手の梁天端で2.0m。


 手前の柱2本・・というと、上のスケッチで見ると腰掛が乗る部分です。


 腰掛の板の下に貫を入れて、柱同士を固定します。 


 が、この貫の長さに相当する材料をカンナ掛けするのを忘れてまして・・ちょっと焦り。


 あらためて別な3.6m材を切ってしまうのは躊躇いがあって(薪棚用に残してある長物が残り少ない)、急遽切り落とした材料同士を繋ぎ合せて2.2m物を作ることにした。
d0251572_21384021.jpg


 ↑昨日製作して、木工ボンドが固まるのを待っている状態です。 クランプできつく締めたのでこれだけでも十分強度はあるかと思うけど・・・念のため通しボルト2本打ち込んで再固定。



 で、長手の梁を除いて、すべてのほぞ穴開けを完了し、組立です。
d0251572_20593145.jpg

 残りの2本も組み立ては終わってます。 ただしこちらは短手の梁は一本。 貫は無しで直接束石にボルト固定して終わる予定です。



 さてさて・・これは仮止めではありません。 面倒だから全部本締め・・固定です。


 エゾマツの乾燥材とは云え、105mm角の寸法を持った柱・梁・貫の合計で約8m。 重量約40kg。


 これを車庫から庭を通って井戸まで移動しなきゃならない。


 万歳しながら梁を持ち上げて少しづつ移動。 ちょっと気を抜くとすぐに倒れるのでずっと万歳しっぱなし。


 けっこう骨が軋みました。 背が小さいので手を一杯伸ばしきってやっと5cmくらい地面から浮く感じです。 

 所々すり挽きながら・・・やっとこさ井戸までたどり着いた時は一瞬身長が5cmくらい伸びたんじゃないかと勘違いするくらい重さから解放された喜びに浸りました。
d0251572_21175619.jpg

 これで、防腐剤塗ればとりあえず・・と思ってたら・・・また雨が・・・。 


 防腐剤無しで行っちゃおうかな。


 ここまでずっと一人作業。 当分Fじーの応援も期待出来ないし、さて・・これをどうやって一人で束石の上に立てるか・・策はあるけれど、二人いたら簡単なのだが・・


 地道に行くべ・・。



 つーわけで、本日の作業・・ここまで。



 ちらっと見たら・・・イチゴの花が咲きはじめました。 今年は昨年のままランナー伸ばし放題で育ったものなので、粒は一回り小さくなる気がするけれど・・ジャムを作るくらいは採れるかと思います。
d0251572_21291742.jpg



  でわでわ また




 ランキングに参加しています。 いずれか一つで結構ですので・・ポチっとしていただけましたら・・ブログの励みとなりますゆえ・・よろしくお願いもうしあげます!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 雑木の庭へ
にほんブログ村

 ご訪問ありがとうございました。 またお越しくださいませ。 





by aiyababa | 2015-05-13 22:18 | じぶんちの庭 | Comments(2)

DIY こくわ棚製作・・その1

ナマステ!


 いただいてきた家の解体材で、とりあえずは薪棚とこくわ棚を作らなきゃいけないのだけど・・どっちを先にするか・・ということになって・・まずは見た目の問題もあってこくわ棚を先に作ることにしました。


 こくわ棚は井戸の廻りに作り、薪棚は家の西側、敷地境界線に沿って作ろうと思っているので、ほとんど道路からは見えない場所になるのです。


 よって、材料も比較的ほぞ穴や切り欠きの少ないもの・・上物?の柱材・梁材をこくわ棚に回すことにしました。


 作り方は簡単。 おおよその位置に束石を立てて・・大体の矩を決めて、仮に束石を置いて距離を測定。

d0251572_19463821.jpg


 それに倣って、梁材を載せ、筋交いをつける・・というものです。


 柱もたった4本なので本当に基本的な骨組みなのです。


 地面の起伏も多少あるので、束石の天端を測ってそれに合わせて柱の長さを変える方法でいくことにしました。


 棚のてっぺんは同じ高さってことになりますか。


 材料の選定を終えたら、表面を軽く電動カンナで仕上げました。 ほとんどが製材されたままでケバケバだったので、こくわ棚だけは少しましに仕上げようかと・・
d0251572_19450423.jpg
 ここまでが、昨日の作業。



 で、本日、それぞれ寸法を取り、罫書いてほぞやほぞ穴作りに没頭・・。


 この後は・・雨が降る前に・・・なんとか防腐剤を塗りたいところだけど・・・
d0251572_19452010.jpg


 本日は間に合いませんでした。


 そもそも・・こくわなんですが・・以前鉢植えで実が成ってたものを買ってまして・・水遣りを忘れて危うく枯れかけたことがあって、慌ててとりあえず地植えにした経緯がありまして・・・


 雪害で伸びた蔓も毎年折られてあまり成長よろしくありません。


 今年は4年目なのですが、なんとかゆっくり勢いを取り戻してきているところであります。 しかしながら実の数は鉢植えの時を超えていないっていうのが心配なのですが、これでのびのび蔓を伸ばしてくれたら今年はどうでも来年以降しっかりと実を付けてくれると信じて疑いません。 



 心なしか今年の蔓は元気いっぱいに見えます。
d0251572_19464188.jpg

 昨年まで地道に成長して少しづつ蔓は伸びてきたけれど・・一杯伸ばしてもまだまだ棚まで届くような蔓はありません。 


 でも今年の芽の勢いがすごいんですよ。



 早く柱に沿わせてあげたいですね。



 でわでわ また





 ランキングに参加しています。 いずれか一つで結構ですので・・ポチっとしていただけましたら・・ブログの励みとなりますゆえ・・よろしくお願いもうしあげます!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 雑木の庭へ
にほんブログ村

 ご訪問ありがとうございました。 またお越しくださいませ。




by aiyababa | 2015-05-13 00:23 | じぶんちの庭 | Comments(2)


「みちくさ」 ちょっと覗いて・・現在ランキング取りやめ中
最新の記事
以前の記事
最新のコメント
カテゴリ
タグ
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧