あいやばばライフ


北国初心者・家事初心者の日々・喜怒哀楽を・・・。
by aiyababa

車庫(カーポーチ)兼薪棚の製作・・屋根下地編

ナマステ!

 一生懸命頑張っているにも拘らず・・・車庫工事・・遅れています。 ちょっと焦りが見えてまいりました・・。

 前回、棟上まで取り上げましたが、その後は応援者も無く、一人黙々と取り掛かっていますが、雨に祟られたり、寒さに震えたり・・・その進行速度は目に見えてスローダウンを余儀なくされましたが、ここにきて天候にも恵まれて、必死の挽回工作です。

 屋根の長さは4.55m。 この中で使う屋根垂木は11本。 455mm間隔で入れています。

 金具は元と末端の2箇所に2種類使い、止めました。

 こちらは元の方。 名称・・忘れました。
d0251572_22344198.jpg


 末端と両サイドには90度たがえたもの。
d0251572_22383842.jpg


 最大の見誤りだったのが、この垂木を支える屋根勾配。 桁の高さ寸法が210mmから185mm(25mm低くなった)に変わったので、中央の受け、105x105材の高さを25mm下げなければいけなかったのだけど・・大ボケかましてしまって・・・・そのまま組んでしまった。25mmの切り欠きをしても良かったのだが・・・既に20mm欠いていた支えに更に25mm欠いてしまうと強度が持つかどうか・・・。

 結局取った結論は・・・勾配を変えて、末端を50mm嵩上げする!というものでした。

 丁度いい材が無かったので30x58mm材を末端の桁の上に乗せて、11箇所それぞれの屋根垂木材に合わせて5~10mm切り欠きをしつつ勾配を取った・・っていう・・苦肉の策。

 材、一本一本反りがあったりするので、この切り欠き作業で更に時間を食ってしまいました。

 勾配は7.5%から5.9%に・・・。 
d0251572_2311287.jpg


 ここまで来ると・・見た目フラット。 どの道、雪はスライドしないので面圧は同じ。


 ここまでが一昨日までの作業。

 そして、昨日が、垂木の間に入れる転び止めの取り付け作業。
d0251572_2303786.jpg
 屋根下地合板(910x1820)に合わせた位置にビス止め用も兼ねて入れるのだけど・・合計5列で50個もある。

 3時過ぎに2x4材料が底をついたので、作業はそこまでにして・・・資材調達にHCへ。

 足りない分の資材と屋根下地用の合板、アスファルトシングル用の材料を買いに札幌のHCまでハナちゃんを飛ばす。 飛ばすといったって軽トラではたかが知れていますが・・。


 で、本日。 残りの転び止めを取り付け、屋根下地合板を2枚半残すのみ・・としたところまで進めて日没。 
d0251572_233047.jpg


 合板を載せるまでちゃんと矩が取れているかどうか心配だったけど・・・若干(数ミリ)矩が取れていなかったけど・・・概ね合格。



   ・・・・・ちゃんと建つもんだ・・・・と、自画自賛。


 角度を変えて、後ろと前から・・。
d0251572_2381091.jpg

d0251572_2383156.jpg
やっぱり勾配が無いようにも見えますね。

 
 でも・・・下地合板を乗せて屋根を歩いてみると・・・ちょっと安堵感。


 上で揺らしてみても全然動かず、更なる安堵感を味わって・・



      本日終了。


 この陽気は明日も続くらしいので、明日までに、防水シートまで完了せねば。


 Fじーが次回応援に来てくれるのは、アスファルトルーフィング工事の日。 


 来週火曜日がそのXデーになるのですが・・・


     雨よ降らないでくれ~~~~!


 でわでわ また


 ランキングに参加しています。 ポチっと押してランキングを覗いてみてくださったら嬉しいです。 
にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村  
にほんブログ村 花ブログ 雑木の庭へ
にほんブログ村  


 ご訪問ありがとうございました。 また遊びに来てくださいませ。 
# by aiyababa | 2013-10-19 23:30 | じぶんちの庭 | Comments(0)

雨の日にすること・・。

ナマステ!

 台風26号が通り過ぎた日。 風は無かったけれども一日中雨で・・・・じゃこんな時何するべ・・と。

 とりあえずやることといったら・・・

   廃材の切り揃え。


 いままで溜めてきた建築端材を30cmと35cmに切った。


 30cmは焚き付け用の薄い板。 35cmは太い製材。 ちなみに2x4は太いほうに入れてます。

 太いのはあまり無いのだけど、薄い板はコンパネも含めて結構ありまして、とにかく出国前にはこれらを大方整理しておかないと・・・冬・・除雪に入れない。


 土嚢袋で10袋くらいは既に燃やしてしまったけれど・・まだけっこう残ってます。

 湿った材と乾いた材は別にして、切り落とされた木っ端は木っ端で別に回収して一まとめ。

 この日だけで半分は処理できたかな?

 乾いた木っ端は土間に持ってきて・・・早速燃やしています。
d0251572_0144619.jpg



 ストーブの横だけでは置ききれないので・・・階段下にも・・。
d0251572_0151213.jpg



 湿った端材と35cmに切り揃えた太い材は・・車庫で乾燥中。
d0251572_0361310.jpg



 残りはまだ外にあって、ブルーシートを被せて置いたまま。

 一部物置にもあって、早く薪棚が出来ないとあっちにもこっちにも薪っていう感じで、このまま放置してたら益々目が吊りあがってしまいかねない。 

 穏やかな顔でいてもらうためには・・この端材の整理も出国前の重要項目の一つなのであります。


 でも・・・ちょっと長いのは・・・切り揃えるか、そのままにして将来何かに使うか思案中。


  でもこーゆーのが結構あって・・でも最終的には・・きっと薪になる・・・。




 でもなぁ・・・薪棚作っても・・・置く薪が無いんじゃ・・・格好つかないのもあるけれど・・


 ハナちゃん・・・雪に埋もれる・・・・・・・・。



   ・・・・でも・・どうせ乗れないし・・


      いいか。


 でわでわ また


 ランキングに参加しています。 ポチっと押してランキングを覗いてみてくださったら嬉しいです。 
にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村  
にほんブログ村 花ブログ 雑木の庭へ
にほんブログ村  


 ご訪問ありがとうございました。 また遊びに来てくださいませ。
# by aiyababa | 2013-10-19 00:58 | 雑用・諸々 | Comments(0)

ともちゃん絶好調・・薪ストーブ本格運転。

ナマステ!

 ここ当別には何の影響も見せずに去っていった今回の台風26号。 伊豆大島では深夜の土石流の発生で多くの方が犠牲になられたこと、大島では恐らく未曾有の豪雨だったと思いますが、真夜中故の避難指示の不徹底、たら・ればを今更言ったところで犠牲者は帰ってきませんが、返す返す日頃の災害に於ける個々での認識・準備の大切さ、自治体の対応、気象庁の特別警戒の判断基準等々、何かまだまだどこかに災害に対して我々も含めて対応に甘さのあることを痛感させられました。
 犠牲になられた方々に心より御冥福をお祈りいたします。




 さて、本日は気温も一桁台で推移し、肌寒い一日となりました。


 実は、薪ストーブの本格運転、数日前から何度かやっておりまして、温度計読みで250度まで、更に今日は280度まで上げてみたり、安定運転までのコツを見つけるべく試行錯誤しつつやっております。

 立ち上がりのともちゃん(薪ストーブの名前で、小生の愛人?でもあります。)すこぶる好調で、
慣らし運転以来、煙騒ぎは一度だけ。

 その煙・・・実は、キッチンの換気扇を廻したため。 丁度二次燃焼空気のみの最小燃焼運転に入っていたところだったので、あっという間に火は消えて・・煙が逆流・・ってな具合です。 直ぐに窓を開けて事無きを得ましたが・・・・

  ついうっかり・・。 これが一番恐いですね。

 一次燃焼空気のみの運転は特に何の問題も無く燃えてくれますが、ちょっと火の足が速い。

 焚き付けはもう完璧です。 一切の失敗なし。
d0251572_21273621.jpg


 約1分後には完全に細木に燃え移っています。 
d0251572_21292422.jpg



 ここまでは・・何のミスも無く、250℃だろうが300℃だろうが温度上昇に限っては全く問題なく上がっていきます。


 と、ここからです。 


   細く長~~~~く・・・火持ちのコツを掴むべく・・試行錯誤の世界に入ってます・・・・。 


 ともちゃんから「一体どう燃やしたいの?」・・と疑問を投げかけられている感じ・・。


 二次燃焼・・・目指すは”オーロラバーン”って言うらしい”もやもや燃焼の域”に入れるかどうか・・・が、取り敢えずの目標です。

 ストーブの温度が260度(温度計読み)になったときに・・
d0251572_21351051.jpg
・・細君が気を利かして仕事場から”赤外線放射温度計”を持ってきてくれました。 ホンマ製作所付属の温度計とは40度近い温度差が・・・計測値は304度。 どっちが正しいの??

 ま、それはいいとして、どちらも目安として使っていきましょう。

 で、付属温度計読みで260℃になったときに、一次燃焼空気(外気導入スライド弁と正面灰受け扉にあるツマミを完全にシャットアウトしてみました。

 ・・・すごいですね、ともちゃん。 ・・直ぐに反応して、火が消えかかったので、二次燃焼空気導入レバーを”開”に。


 そして・・・煙突ダンパーを3割オープンくらいまで絞っていくと・・・
d0251572_21572068.jpg




 すると・・・・


   ちょっと変化が現れ始めた・・・・。


  おぉぉぉぉぉーーーー~~~~~~!!! 

 
d0251572_2126122.jpg


 オーロラバーンっていうらしき”もやもや燃焼”。 これがそう? 

 二次燃焼空気の細かい穴から炎が出てくるのはよくみたが・・・。

 薪がまだまだ建築端材の木っ端が中心なので、同じ条件での燃焼が長続きせずに、10分もすると炭化した板がすぐさま燃え尽きる・・・。

 それでもこのような炎を何度か確認できました。
d0251572_21262991.jpg



 これはオーロラバーンではないですよ!・・・と言われたらそれまでなんですが・・・

 
 なんとなく・・・そんな気分で・・・。


 こんどは広葉樹の薪で長~~~く安定した炎を見てみたいですねぇ・・・。


  ただ・・・思うのですけど・・・


 我が家は高断熱・高気密の部屋でして・・・


   一度上げてしまうと、あとはそんなに高温で燃やす必要も無くて・・・

 
 2時間も200℃前後で燃やしても・・・そこそこ室温も上がってきちゃうんです。


  厳冬期がどう変わるかですねぇ。 今より外気温で15℃は下がりますからねぇ。


     ともちゃん・・今のところ頑張ってくれてます。 


   
        焚いてるあいだ・・なでなで出来ないのが欠点ですが・・。



  でわでわ また



 ランキングに参加しています。 ポチっと押してランキングを覗いてみてくださったら嬉しいです。 
にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村  
にほんブログ村 花ブログ 雑木の庭へ
にほんブログ村  


 ご訪問ありがとうございました。 また遊びに来てくださいませ。
# by aiyababa | 2013-10-16 22:22 | 薪ストーブ | Comments(2)

車庫(カーポーチ)兼薪棚の製作・・棟上編

ナマステ!

 明日の棟上~~!・・を目指して準備をしていたら・・お昼過ぎにFじーから電話が・・。

 「今日早く帰れそうなんだけど・・そっちはどうだい?」

 「着々と進んでるよ~~~。」

 「う~~ん。 どっちかっていうと、明日の方が忙しくなりそうだから、予定変更して・・だったらこれから行くわ。」

 「うっそ~~! じゃ待ってるねぇ~~。」
 
 と、思いもかけず、急遽Fじーが来てくれる事になった。

 一気に気分が昂揚したのは言うまでも無い。 
 

 段取りとしては明日の方がより完璧だったが、多少後回しにしたって構わないのもあるので、

    棟上決行!!・・・と相成った。


 段取りとしては、東西の桁と柱を頬杖まで組んで、あとはそれを起こして土台に嵌める・・っていう形を取りました。

 まず、柱を桁に差し込みます。 矩(カネ)は3・4・5の定理で仮止めしてから、カスガイを打ち込みます。
d0251572_18484272.jpg

d0251572_18491436.jpg


 なんとなくきっちり入っていなさそうなところは番線を絡めて絞っていって、締め付けを行なったところも・・。
d0251572_1851314.jpg
ま、苦肉の策。

 反対側も同じようにして組んでいって・・・とりあえず・・

     棟上の準備完了です。
d0251572_18545372.jpg


 ここまで終えて・・・昼飯を速攻で食べて・・・Fじーの到着を待ち・・


   ・・・・・いや待つことなく直ぐに到着。 ・・・ほとんど休みなし。



      ・・・だが・・・


    やっぱり・・Fじーが来てくれると心強い。 

 一人でやってたら嵌まるものも嵌まらず、おそらく・・倒れてはまた起こして・・って言うようなことになっていたかもしれない。

 そもそも最初から一人でやるつもりは無かったけれど・・安全・確実に事が進められるってことは何よりも代えがたい安心が買えますし。

 そして、やっぱり細かいところにノウハウを持ってるので、進め方に無駄が無い。

 小生の姿が出ちゃってますが、これは桁を入れてるのではなくて、柱を土台のホゾに入れているところです。
d0251572_19115944.jpg



 そして、本日の最後の部材。 梁上の垂木の受けを嵌め込んで・・
d0251572_1914716.jpg
今年還暦を迎えたFじー・・・若い!

 取り敢えずの・・棟上・・完了!

 
 ただ・・屋根垂木を乗せる切り欠き・・ツーバイ材に変更したために勾配が変わって・・


 屋根勾配を変えないといけなくなってしまった。 ま、これからの問題でもあり・・何とか成るといえば成るのですが・・・


 こーゆー変更・・全て頭の中に設計図を叩き込むというのはやっぱり無理がありました。 

 これを年だから・・と処理してしまうのには抵抗があるけれども、やっぱりかなり錆び付いてしまったのか??


 午後になって・・日も陰り、午前中のポカポカ陽気はどこかに行って、じっとしていると鼻水が垂れるんじゃ無いかと思うくらい寒くなってきて・・・

 「・・・あ~~去年の物置製作と同じだぁ・・しばれる前に早く終わりにしないと・・」と思う次第でした。



 でわでわ また



 ランキングに参加しています。 ポチっと押してランキングを覗いてみてくださったら嬉しいです。 
にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村  
にほんブログ村 花ブログ 雑木の庭へ
にほんブログ村  


 ご訪問ありがとうございました。 また遊びに来てくださいませ。
# by aiyababa | 2013-10-14 21:16 | じぶんちの庭 | Comments(2)

地球温暖化とブリ

ナマステ!

 昨日、今日と細君の実家に行ってまいりました。

 この時期の海の幸・・・またまたいろいろありまして・・・

 先月は”鮭のチャンチャン焼きをごちになり・・今回はまず・・旬のトーベツカジカを賞味してきた。

 それともう一つが・・・ブリ。

 でも何故ブリなのか? 本来なら居るはずのないブリが鮭の定置網に掛かってくるらしい。

 地球温暖化の影響は複雑な心境を漁業関係者にもたらす。 ブリが網に入るのは悪いことではないにしろ・・一方では昆布が死滅しているらしくて、昆布の無い海にはとーぜんウニも居なくなるわけで、喜んでばかりも居られないようです。

 鮭の漁獲高も上がれば申し分ないのでしょうけど、昨年で行けば・・最悪。

 釧路沖ではサンマの代わりにいわしやサバが豊漁だったり・・。 

 これからの漁業の動向は全く予測がつかない状況に陥っているらしい。

 ま、そーゆーことをまずはブリの刺身を山わさびで食べ、照り焼きで食べ、カマ焼きを無言でしゃぶりながら食べ尽くして・・一息入れてから考えたりしているのだけれども・・予期しない恩恵に預かりながら無責任なことを書いている小生は罪な人間?

 ブリにありつくことは出来たけれども、本来はやっぱりサンマや鮭で締めくくるのがよかったのかなぁ・・。

 南方で暮らすはずのウミガメがオホーツクで見つかるなんて話・・誰も信じないでしょうけど、その信じない話が実際に起きてる現実・・北海道で熱帯魚の刺身を食べる日がそう遠くない未来にやってくる??

 絶対信じたくない話だなぁ・・。


 今日、当たり前に雪虫を見ました。 そして当たり前に本州に向かう前に羽休めをしているマガンや白鳥の群れも見ました。 当たり前に紅葉している木々。

 いつも通りの光景ですが・・・やっぱりホッとします。


 でわでわ また


 ランキングに参加しています。 ポチっと押してランキングを覗いてみてくださったら嬉しいです。 
にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村  
にほんブログ村 花ブログ 雑木の庭へ
にほんブログ村  


 ご訪問ありがとうございました。 また遊びに来てくださいませ。


 
# by aiyababa | 2013-10-13 23:13 | 帰省 | Comments(0)

車庫(カーポーチ)兼薪棚の製作・・基礎+内作編

ナマステ!

 本日・・雨。

 残念ながら・・本日予定していた棟上は延期・・という羽目に。

 彼此2週間余り・・こつこつと内作工事に勤しんでいました。

 ここに至るまでの道のりの長いこと・・・・。

 やっときたかぁ・・・といった矢先・・これまでの好天がウソみたいに・・

 
    なして?


  それはそれで、

 前回の続きになりますが・・・

 基礎は結局、束石の周りをコンクリートで巻くことにしました。 

 というのも、束石を捨てコンの上に乗せただけだと、微妙にぐらぐらするからで(底面が完璧に密着しているわけじゃない)、柱間を求めても正確な距離が把握できないからであります。

 そうなると、ちゃんと矩(カネ)が出ているかどうかもわからなくなる・・・。

 よって、おおよその矩が出たところで、コンクリコンクリ。
d0251572_239497.jpg


 で、もう一度矩と対角線の距離を確認してOK。

 次に土台の高さの確認です。 6箇所のうち一番低いところに合わせて、高いところはノミを入れて削りださなければなりません。

 直接柱を立てる一本を除いた5箇所のうち、3箇所はほぼ1mm内。 残りが2mmと5mm。

 捨てコンのレベルもこれくらいならまあまあ良く打てたと。 材のねじれもあったので、5mmのところだけは何かが噛んだ可能性ありです。 でもまぁ5mm程度ならノミを入れたほうが早い。

 こちらは2mmのねじれが生じていた土台のノミ入れです。
d0251572_23103294.jpg


 土台まででもノミ入れがあるんじゃこの先が思いやられます・・・。

 在来は2x4よりも使う材の数が少ないから面倒はより少ないかと思いきや・・・これがどっこい、

    加工する箇所が多過ぎ~~~!! 


 それに輪をかけて・・やれ・・材がねじれてたり、曲がってたり・・。

 105x210や240の梁材を使うつもりでいたら、それは注文になりますといわれて・・少々焦りました。 届けるまでに10日から2週間掛かるといわれて、

  え===ーーー~~~っ!! そんなぁ~~~。 

        そこまで待てね~よ。 


 よって、ツーバイ材を2枚貼り合わせて使うことにしました。 210の代わりは2x8(185mm巾)240は2x10(235mm巾)で。

 でも貼り合わせてみると2枚がぴったりというものは無かった。材そのもので巾も違えば厚みも違う。

 更に材の収縮や反りなどで5ミリずれたり、片方を合わせると片方はねじれで3cmもの隙間が出来たり・・・。 ひどいのを選んできたもんだ・・。

 貼り合わせは根太ボンドを使いました。 これはプロの大工さんエコエコさんのアドバイスもありました。
d0251572_23173720.jpg


 入荷の状況によって、そこそこ良質の材が揃ったり、節だらけで割れが多く入ってたり当たり外れがあるのですが、今回は運悪く・・若干後者の方でした。 全てのサイズの材では有りませんが、肝心の梁材(桁も含む)はあまりいいものは無かった。

 これらはボルトを使って、合わせ面には根太ボンドを塗って・・密着~~~!!です。
d0251572_23184034.jpg


 ずれが生じている部材は墨を打って、柱がくるところの面を削って高さ合わせをしたり・・。

 とにかく、ほぞを切る以外にも一杯微調整しなくてはならないところが出てきて・・

・・泣きでした。

 しかしそれにもめげず、連日ノミと金槌で戦って・・・己に恨みがあるわけでもあるまいに時には指を叩いたり・・・涙と冷や汗の日々でした。

 仕事っていうのはなんでもそうですが、道具の手入れっていうのが重要ですよね。

 プロのように刃物を砥げないながらも、一応砥石を使って刃物を砥ぐと・・・切れ味は多少良くなる。 でもなんか力の入れ方に癖があって、左右一緒じゃないんだなぁ・・これが。

 ほぞを彫るときも効き目利き目の違いからか、ほぞの右側と左側で角度が違う。 

 なかなか上手くいかないもんです。 試しに挿して見ると、片方はぴったりだが片方は隙間が空く。

 これはノコギリの挽き方も一緒。 こっちは大分上達したけど、まだまだ微妙にきっちりとは行かない。

 で、思うのだけど・・・素人が建てる小屋だからっていう言い訳はあまりしたくは無いけれど、ほぞや頬杖に隙間が出来て、一応それらは釘や金具で補強するとはいえ・・・あんまりスカスカだったら却って何もやらずに金具だけでも十分強度は補えるのじゃ無いかと・・・。

 やっていくうちに、3つに1つや2つはきっちり入らず、簡単に差し込めるような物だったりするんだけど・・・これで大丈夫かいな?・・と。

 数トンの雪の重みに耐えて、風雪に耐えてもらわなきゃいけないのだが・・


 あとは・・カスガイやボルトに委ねてなんとか堪えてもらいましょう。


 こちらは梁に掛かる屋根垂木の受けの加工です。
d0251572_23505097.jpg


 で、こっちは頬杖の製作風景
d0251572_23514758.jpg
矩を出して仮組みをしてますが、本当にちゃんと矩が出て建つのやら・・・。 

 頬杖の切り欠きもちゃんとプロの御指導宜しくやってみましたが・・なかなか全部が全部ぴったりとは行きませんでした。 実際に組んだらまた微妙にノミ入れがあるんだろうなぁ・・。梁の重さのある分もうちょっとしっかり組み込まれる筈だから現状だとあとで更に削る方向で行く・・と思うし・・・今の時点で多少隙間が出ても・・・問題ないはず・・と勝手に思ってます。

  ま、不安はありますが・・・何とかなるっしょ!


  でわでわ また


 ランキングに参加しています。 ポチっと押してランキングを覗いてみてくださったら嬉しいです。 
にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村  
にほんブログ村 花ブログ 雑木の庭へ
にほんブログ村 


 ご訪問ありがとうございました。 また遊びに来てくださいませ。
# by aiyababa | 2013-10-12 00:06 | じぶんちの庭 | Comments(2)

秋の味覚が届きまして・・

ナマステ!

 実は先週、小生の実家と兄弟から相次いで秋の味覚が届けられまして・・
d0251572_2147265.jpg
サツマイモ・・栗・・かぼちゃ・・です。

 秋のホクホク三姉妹ってところでしょうか。 細君の目尻が下がったことは言うまでもありません。 この三つに限って言えば・・7割は細君の腹に納まってしまいます。 

 先日も栗の皮むきをお願いされまして・・とりあえず1.5kgくらいでしょうか? 地道に渋々渋皮剥きです。 

 細君は渋皮煮を作るというのになぜこんなに渋皮剥きが出てくるのか? と疑問に思ったけれども・・ちょっとでも渋皮を傷つけたら・・渋皮煮にならないらしくて・・そーゆーのは規格外品となってしまうのであります。 その渋皮煮規格外品・・要は失敗栗を栗御飯として使う腹積もりでいたらしい。

 で、いきなりですが・・毎年恒例の栗御飯です。
d0251572_2232371.jpg


 秋の三大賞味品。 新さんま・鮭ちゃんちゃん焼き・栗御飯・・・これで一応達成しました。

 ま、他にもキノコ飯やらイクラ醤油漬けやらなんやらありますが・・

 先日採った山わさび・・御飯に乗せて食べました。
d0251572_22134726.jpg
ちょっと乗せすぎました。 ツーン・・と鼻に抜けるのは日を追って弱まってきてますが、擂った翌日のは強烈でした。

 で、本日、二度目の山わさびの収穫。

 一年経って・・これだけ大きくなりました。 上から見ると芽が6つにもなってます。
d0251572_22163986.jpg


 横から見ると・・
d0251572_22182471.jpg
横幅は10cm近くもありました。

 イカを買ってイカ刺といってみました。 これ以上載せるとヒンシュク物なので写真はありませんが・・。

    も~~たまらん。
 

        はいいですねぇ。



 でわでわ また



 ランキングに参加しています。 ポチっと押してランキングを覗いてみてくださったら嬉しいです。 
にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村  
にほんブログ村 花ブログ 雑木の庭へ
にほんブログ村  


 ご訪問ありがとうございました。 また遊びに来てくださいませ。
# by aiyababa | 2013-10-10 22:29 | じぶんちの畑 | Comments(0)

車庫(カーポーチ)兼薪棚の製作・・基礎編

ナマステ!

 先月末より、地道に制作活動に入っている車庫兼薪棚。

 今回は軸組み工法・・いうなれば在来工法で建てる事になりました。 なぜならカーポートスタイルで壁を設けないからであります。

 昨年建てた物置の前、道路まで3.5m弱のスペースを車庫予定地としたわけですが、これは何を隠そう・・軽トラック・スバルサンバー・・我愛車・・「ハナちゃん」のために建てるわけであります。

 昨年も今年も野ざらしで駐車してるのですが、ハナちゃん・・前オーナーが過去にぶつけたことがあるのかどうかわかりませんが、時々運転席奥のほうから雨漏りがありまして、床に水が溜まっていることがあるんです。 方々に錆も見え始めてきました。

 修理工場の人も、こーゆー雨漏りはどこが原因だか全部ばらして見ないと判らない・・と言っているので、自分ではお手上げ状態。 表側は全部シリコン固めをしたのですが、それでもどこからか入ってくる・・。 謎なんです。 


       ハナちゃんの涙か・・・?


 ま、そーゆーこともありまして、屋根のあるところに駐車させてあげようと・・。


 では工事編に入りますです。

 
 基礎は今回は大袈裟に凍結深度まで掘り下げません。 車庫っていうよりカーポートですから。

 基礎は6箇所。 独立基礎です。 大まかな測量をして・・
d0251572_21552599.jpg


 
 束石は6個。 今回は市販品を使いました。 高さ45cm+羽子板付きのものです。

 30cm程地中に埋めて、15cmが地上。 例によって、適当に掘って、石を入れて突き固めをして、5cmくらい捨てコン。 この時捨てコンのレベルを合わせまして・・
d0251572_21565436.jpg


 それが固まってから束石を乗せました。

 一応遣り方をやって、基礎束石を微調整。

 で、その上に土台を置く。 というような感じです。
d0251572_21592111.jpg


 そして、今後の大工仕事に少なからず役に立ってくれるだろう・・オートレベルを購入しました。

 中古品ですが、レシーバー付きなので、昼間のラインが確認しづらい時でも一人でレベル出しが出来て実に便利。
d0251572_2291234.jpg
早速捨てコンの天端出しに・・。


 今回はFじーが大忙氏?なので、昨年の物置製作の様には協力を願えないので、当分一人で進めることになりました。


 それにしても・・・在来工法は・・いやいや大変だぁ・・・。

 土台を乗せたまではいいですが・・その後・・

 まだ棟上には数日掛かります。 もう10日近く・・・外作業はストップしてまして・・墨を出しては・・ほぞ切って・・母屋の車庫内で悪戦苦闘中。

 棟上までに全てのほぞや切り掻きを済ませなければならず・・それまで・・地道に・・。

 近所の親しくなったおばちゃんには・・

 「車庫はやめたの??」って言われるし・・。


      大工さんは偉いです。 


 大工さんのプロの墨付けの仕方を知らないので、自己流で勝手に柱に番号をつけて・・・鉛筆で柱の4面に東西南北を記入して・・・

 頬杖用の切り掻きも入れたら・・柱だけでも一本で4~6箇所も何かしら加工をしなくちゃならない。 

 「・・・この桁は物置側の桁で・・北はこっちで・・だから・・・こっち側に梁が来て・・だから柱はこっち向きで・・」

 失敗も何箇所かありました・・・。 リカバー出来るところは寸法を変更したり・・・


 図面も大分変わってしまいました・・・。 


 そもそも・・105mmの寸法で梁材を購入しようとすると、注文になってしまうので、高く付くし、仕方なくツーバイ材に変更したまでは良かったけれど・・寸法が全然違うから・・頭の中は混乱を極め・・・変更になったら図面も書き直せばいいのだけど・・そこまでやら無くても大丈夫だろうと高を括っていたら・・その微妙な寸法差が命取りに・・・。

 
 それでも・・・先がやっと見えてまいりました・・。


 そちらは次回のアップ・・ということで・・・。



 また海外行きが決まりました。 数ヶ月。 短期といえば短期ですが・・。


 この仕事・・あと2~3週間でやっつけなければなりません・・。


 少なくても・・あと10日で屋根をあげて・・薪棚を4日。 そのあと薪を積んで・・庭をすっきりさせねば・・・。


 けっこう・・タフな日程だなぁ・・。 庭木の冬囲いの準備もあったし・・。


 なるように・・なる・・か。


 でわでわ また


 それよりも・・・薪ストーブの本格運転・・・やってから行きたいなぁ・・。



 ランキングに参加しています。 ポチっと押してランキングを覗いてみてくださったら嬉しいです。 
にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村  
にほんブログ村 花ブログ 雑木の庭へ
にほんブログ村  


 ご訪問ありがとうございました。 また遊びに来てくださいませ。
# by aiyababa | 2013-10-08 22:50 | じぶんちの庭 | Comments(4)

山わさび・・初収穫

ナマステ!

 去年Fじーがこっそりと畑に植えてくれた山わさび・・去年、今年とどんどん大きくなって・・

 「なんじゃこれは??」

  っていうくらい繁茂してしまってます。 
d0251572_19121352.jpg


 味はもう昔から知ってましたが、実際に栽培してみて、

 「・・1年でどれくらい成長するんだろう?」

 「・・何年目から収穫できるんだろう??」と疑問だらけでした。

 合計七株植えられた山わさびも、今年一番の成長頭のものは春に見たときは一株だった筈の物が5・6株に増えてたように思えました。

 で、試しに一度掘ってみてもいいかな・・・と前々から思っていたんだすが、本日それを決行することとしました。

 その成長頭の株の根元はこんなに大きくなってました。
d0251572_19123093.jpg


 邪魔な葉っぱを切って
d0251572_19131648.jpg
穴掘り開始・・。

 でもFじーはお隣との境界ギリギリに植えたくれたので・・・スコップを入れたら・・一部切れた根っこも・・・。 コンクリートがお隣との境界ですが、地面下10cmまで。 根っこはその下にもぐっているのも・・。

 でも2年目でこれだけに成長していてびっくり!
d0251572_19152085.jpg
・・・太いもので直径3cmくらいになっているのもありましたが、今年多分分岐して成長した物はまだまだ細くて・・

 それらはまた植えなおしておきました・・。 ただ境界からは30cmほど離して・・。

 採ってみて判ったことなんですが、売ってるものに比べてなんか表面がすべっとしているので「これでもいいのかなぁ・・。」とちょっと不安でしたが、それは・・あとでただの杞憂に・・。

 今回は山わさびの醤油漬けに挑戦です。 でも挑戦っていうほどのものじゃありませんが・・。

 使うのはこっちです。 3~4本に見えますが・・元はどうやら1本。
 
d0251572_20423317.jpg


 
 そして頭のほうを刎ねて、こちらはまた畑に戻します。
d0251572_20453282.jpg


 残った根っこの泥を落として、いくつかに分けて・・
d0251572_20461583.jpg



 更に皮を剥いで、
d0251572_20483895.jpg
おろし金で擂って、


 醤油をたらして・・(ちょっとめんつゆも入れて味をまろやかにして・・)


 瓶に詰めて・・
d0251572_20494121.jpg


    完成です。 


 食べるのは・・醤油が馴染んだ明日あたり?? 

 
 ただ・・・わさびを擂る時・・・他の方のレシピを参考にしたのだけど・・その時


 ・・口で呼吸してください! 鼻で呼吸すると大変なことになります!・・って書いてあって、


 なるほどぉ~~・・・と思って、それに倣ってやってみましたが・・・


  目に沁みる沁みる。 涙を流しながら擂ってました。


 味のほうは、知ってる方は知ってますので何も語る必要はありませんが、知らない方は北海道に来て味わって下さい・・としか言いようがないですねぇ。 
 刺身はこの山わさびに限ります。 出回ってなければ本わさびを使いますが、刺身も良いけど・・・

   やっぱり・・御飯にのせて食べる!っていうのが一番かなぁ。

 生唾もんです。 本わさびとはまた違う・・つーん・・が何とも言えない・・。


 でわでわ また


 そうそう・・・昨日ほんとうは記事にしようと思っていた「日ハム戦・札幌ドーム観戦記」

 残念ながら負けてしまって・・・アップせずに・・今日の最終戦も負けたけど・・

 それでも行ってよかったなぁ・・と思ったのは丁度”当別町の日”で、我々の応援席にB・Bが来てくれて一緒に記念撮影をしてくれたことでしょうか。

 行きのバスの中では、「・・大人の応援席に来てくれるかどうか判らないですが・・」との説明でしたが、こちらのほうにも来てくれて一人一人と握手したり記念写真も気軽に応じてくれたり・・年甲斐も無く細君と一緒に記念写真を撮ってもらいました。
 
 B・Bのファンに対する接し方、思いは素晴らしくて、こっちが感動をもらっちゃいました。
d0251572_2113253.jpg


 そして、中田君が1ヶ月半振りに試合復帰! 代打で登場して守備にも着いてくれました。 
d0251572_21172535.jpg
この間大きく負け越して、CS争いからも早々に脱落して、遂には最下位にまで・・。

 たら・れば・・・は御法度ですが、やっぱり彼の存在は大きかったなぁ。

 日ハムの今年の試合云々は・・いろいろ取り沙汰されていますが、このオフでかなりメスが入るのじゃ無いかと・・。 というか入れないといかんでしょ。

 今年は3回ドーム観戦に行って・・全敗。

 栗山監督も真価を問われる最終年だし・・。 個人的に言うと・・もっとベテランを使って欲しかったなぁ・・。 代打でもいいから誠君を使って欲しかった・・・・。


 ランキングに参加しています。 ポチっと押してランキングを覗いてみてくださったら嬉しいです。 
にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村  
にほんブログ村 花ブログ 雑木の庭へ
にほんブログ村 


 ご訪問ありがとうございました。 また遊びに来てくださいませ。
# by aiyababa | 2013-10-06 21:33 | じぶんちの畑 | Comments(8)

こくわジャムとシロップ漬け

ナマステ!

 先日こくわ酒を作ったところまでは記事にしましたが、今回はその時こくわ酒用から外れた熟れたこくわをジャムにしたので・・ちょっとリポートを・・・。

 前回の写真と同じですが・・・熟れすぎたふにゃふにゃこくわです。
d0251572_8485762.jpg
計量したら485g。


 これをフードプロセッサーにドバッと入れまして・・・
d0251572_850138.jpg


 
 これをフードプロセッサーでぐじゅぐじゅの極地までミキシングします。
d0251572_851291.jpg


 砂糖は「こくわ:砂糖で3:1」くらい。 よって160gとなりますが・・


 まずは・・そのうち半分を最初から入れて煮詰めます。 強火でやるとプクプクってなったときに激しく飛び散るので・・最初は中・弱火くらいがいいかも・・。
d0251572_854674.jpg


 レシピ本には”あく取りをして・・”と書いてあったけど・・この泡があくなのかどうか・・? ちょっと判りかねたのだけど・・
d0251572_954965.jpg
一応掬っては・・全部口の中に・・。

 これらのこくわ・・生で食べてみると、甘さよりも酸っぱさの方が味覚として強く出ていました。

 多分、これは木の個体差があるかと思います。 今まで食べた中では一番酸っぱさが強く出ていたような・・・。 これは一面ジャムには最適かもしれない・・と秘かに期待するものが・・・。

 煮詰めていくと、強いグリーンが褪めて少し茶色がかって見えてきまして、この辺はイチゴとは違う点でしょうか。 火は弱火でとろとろと煮詰めていきます。

 色が変わってきてから少しづつ砂糖を入れてはかき回して、味をその都度見ながら調整していきましたが・・・残りの80gを入れてもまだ酸っぱさの方が強く出ているので、更に30g追加。

 結局190gの砂糖を入れましたが・・・それ程差は見られなかったので、この辺で良いかな?と。


 で、もう一つ・・。  器の小瓶の煮沸も忘れずに・・と。
d0251572_984788.jpg
 


 で、あまり時間を掛けすぎて煮詰めると冷めてから固いジャムになってしまうので、沸騰のぷくぷく状態をみて、適当な粘度で判断して・・
d0251572_9103454.jpg
火を止めて・・

 
 瓶詰め。
d0251572_9115664.jpg



 なかなか美味しいですよ。 まず市販されていませんから・・味の比較とか出来ないのですが・・こくわはこくわで独特の存在感のあるジャムになってます。

 生食用のこくわも・・一気に食べきれる量じゃなかったので・・インスタントコーヒーの空き瓶にシロップ漬けにしてしまいました。

 シロップ漬けはトマトの時と同様に蜂蜜も入れまして
d0251572_9391710.jpg



 現在進めている車庫兼薪棚の製作の合間に・・ツマミ食いしております。


 保存が何日くらい効くのか判りませんが・・10日くらいで食べきるでしょう・・。


 男の料理・・には入らないので、カテゴリーは山菜・キノコのほうに入れましたが・・やっぱりこくわは採る方も食べる方も魅力的な木の実ですねぇ。


 今年はでも・・・熊にも残しておかないと・・。 また来年です。


 次回は山葡萄ですかね。 今月末にはきっとしわしわになって落ち始めているかと・・。



 でわでわ また


 ランキングに参加しています。 ポチっと押してランキングを覗いてみてくださったら嬉しいです。 
にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村  
にほんブログ村 花ブログ 雑木の庭へ
にほんブログ村  


 ご訪問ありがとうございました。 また遊びに来てくださいませ。
# by aiyababa | 2013-10-04 10:00 | 山菜・きのこ | Comments(4)


「みちくさ」 ちょっと覗いて
最新の記事
以前の記事
最新のコメント
カテゴリ
タグ
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧