あいやばばライフ


北国初心者・家事初心者の日々・喜怒哀楽を・・・。
by aiyababa

カテゴリ:釣り・釣られ( 61 )

根性無しの釣行記・・一人ぼっちのぶっこみ釣り

ナマステ!



 訳あって・・休日なのに細君を職場まで送る必要があって、札幌方面に車を飛ばすことになったんだけど・・・



 どうせそっち方面に行くならと・・・石狩湾新港にまで足を延ばして釣りでもするか・・・となった。



 餌は塩イソメしかないのだけど、まず樽川埠頭に行ってみたら・・何のことは無い・・みんなチカ釣りをしているのだった。 チカ釣りのためにわざわざオキアミの餌を買うつもりもないし・・店はちょっと遠いし・・ここはイソメで釣れる釣り・・と、固く決めた! でも本音を言えば・・・釣ってる人達とその道具を見て・・ちょっと歯が立たん・・と感じた。



 見ると、玄人衆の一団、桟橋の車止めブロックにちゃんと固定されるような竿受けもいろいろ改造が加えられていて・・



 ここをベースに釣りをしてる人たちは他と違うな・・・という印象でした。 やっぱり小生は入り込めないです。 実際に釣りが出来る距離はそれほど長くは無いので新参者はおいそれとは入り込めない何かがある・・・気がします。



 と・・西埠頭の方も行ったけど、釣り場と呼ぶにはちょっと寂しいので、樽川埠頭を見た後は反対側の花畔埠頭側に行きその先のタンクヤードに近い方で釣ってみた。
d0251572_11541131.jpg

  対岸はいつぞや帆船海王丸が接岸係留した西埠頭です。



  しかして・・狙いは・・カレイといったとこでしょうか。 そんなに遠くまでは飛ばさない”ぶっこみ釣り”です。



  距離にして40m前後。 それにしても・・・釣れない・・・。  



  近くでは潜水艦でも浮上してくるのか?と思ったんだけど・・何かの排水口があるのでしょうか・・ずっと海水が湧き上がってました。
d0251572_11581539.jpg

  何やら不気味なところでしたが・・3投して2度地球を釣りました。 流石に持ち上げられなかったので・・釣り針のハリスが切れてしまいまして・・



 こりゃ何度やっても同じだな・・・と思い、仕掛けがいくつあっても足りないし・・早々と竿を畳んだんだけど・・また別の場所で続きをする気力は無くて・・・



 家路に就くことに。 



 ただ・・その途中にFじー宅に寄って、ちょっとお届け物を・・と伺ったんだけど・・・



  時もお昼頃だったので昼飯をごちそうになってしまった。



  クリームシチューだったかクラムチャウダーだったか何だったか名前・・忘れましたが・・



 絶妙な旨さ。 市販のものと言ってはいたけど・・・初めて食べた味って気がしましたよ。
d0251572_14001902.jpg

   ま~~何と言ったらいいのか・・さすがプロ。 ケチャップ味かと思わせる御飯も・・いろいろ素人じゃ出せない裏技を駆使して作ってらっしゃる・・。




       旨すぎて・・・
d0251572_14004985.jpg

       完食! でした。



  そんなわけで・・・一人ぼっちの釣りはやっぱりつまらない・・食事も複数の方が楽しい・・・・が本日の結論でした。



  でわでわ また




by aiyababa | 2018-08-20 18:26 | 釣り・釣られ | Comments(0)

根性無しの釣行記・・予定外のチカ釣り。

ナマステ!



 毎週木曜日は”週間つりしん”が発行される日に当たります。 他県でこのような新聞を発行してるところがあるのかどうか? 見開きA2サイズで24頁の内容はなかなか濃いと思います。
d0251572_08162171.jpg
d0251572_08164028.jpg



  とにかく北海道は三つの海に囲まれてる他、川も湖もたくさんあるので魚種の多さもさることながら、多種多様な釣りが出来て釣り場も広範囲にあるので24頁でも足りない時期もあるんじゃないかと思います。



 この新聞を買ったからと言って、掲載された魚種を特化して釣りに挑もうとしたところでそう簡単に釣れるとは限らない。 何故なら・・・そのデーターは10日前とかせいぜい1週間前の釣果に過ぎない。 それでも、釣り人は海に川に足を運ぶ。



 今回、Fじーの休みに合わせて久しぶりの釣りを試みたのだけど・・当初の狙いは・・サビキでマイワシだった・・・。



 まずは仕掛けから・・というので石狩湾新港での釣りだといつもここで待ち合わせ。 海産物などが安く買える店。
d0251572_08220225.jpg

  そして新港に行ったのだが・・・



   みんな釣ってるのはチカ・・・だった。  地元の人に聞くと・・マイワシ?・・あぁ~先週は上がってたよね・・・と、いうことだった。



  チカ釣りの道具も持ってきてたが・・・いろいろ打ち合わせて・・じゃ、チカ釣りにすっか・・ということに。
d0251572_08312162.jpg

   穏やかな日でした。



  この日は周りも左程連れてなかったけれど・・われらはそれに輪をかけて釣れてなかった。 数か月前に買ったオキアミの餌を使ってたんだけど・・”生き”が下がっちゃってたのか・・




   たった3匹。 あとから出した投げ用の置き竿には小さなクロガシラカレイが一枚。
d0251572_08402708.jpg

      頭と内臓を取って軽く塩をして一夜干し。

d0251572_08411368.jpg

    
       翌日の昼飯にいただきました・・・。
d0251572_08414824.jpg

    実は、魚の収穫は寂しい限りだったんですが・・・我々のお隣で釣ってた人たちが軽の1ボックスで来てまして・・それぞれ荷台を改造して釣り専用に作ってあったのでありました。




   将来的には小生も軽の1ボックスが欲しいなぁ・・と思ってまして・・ちょっと参考に写真を撮らせてもらいました。


   まずはAさんの車。 後ろの左半分は寝られるスペースが作られていて、夜討ち朝駆けも平気・・らしい。 
d0251572_08454748.jpg


  で、もう一台のBさんのは床を上げていて、いろいろとs上げ底の間に保管できるような設計です。
d0251572_08482012.jpg


    屋根下のスペースは・・スピーカーが付けられ、予備のリールがいくつも掲げられ、網棚は頑丈そのもので、空間の有効利用が良く出来た車内でした。
  
d0251572_08535101.jpg


  これも横に成れるスペースがありまして・・やっぱり釣り好きは寝られるスペースの確保は必須なんだなと実感。



  小生も力仕事が無くなり、軽トラの必要性が左程無くなったらこっちに切り替えようと思ってます。



   今回の釣果・・というか成果は・・この2台の車を改造の参考として見れたことの方が大きかった。



 帰ってから余った生イソメに塩をかまして・・塩イソメを作りました。



  次は気ままな投げ釣りに行こうか・・。



  でわでわ また




by aiyababa | 2018-07-26 09:08 | 釣り・釣られ | Comments(0)

カレイ釣りに行ってみました。

ナマステ!



 一昨日、昨日と細君の実家の方に帰省してたんですが・・・気温も上がって根性入れなくても釣りが出来る気候になってきまして、久しぶりに釣り竿を積んで行ってきました。



というのも、この時期になると時々釣り新聞を買うのですけど・・・
d0251572_08084483.jpg

  北海道の釣りについての週刊新聞で、釣り場から攻め方から釣果から仕掛け迄けっこう内容充実してて、ついつい釣行前には買ってしまう情報誌なんです。



  こーゆー記事につられて・・・投げ釣りでカレイでも狙ってみようか・・となったわけです。



 一昨日は2時前に到着したんだけど、けっこう時化てて、竿を出す気にはなれなかったが、それにもまして運転で疲れてしまって、ここんところ到着後2時間くらい寝る習慣がついてしまった。



 で、翌日、細君のおやじさんを連れ出して、数年ぶりに近くの海岸に投げ釣りに行く。



  狙いは・・・真ガレイ。



  だが・・・まだ海は荒れてて、風も強くどんどん北に流されてしまって・・・釣りにならない・・・。
d0251572_23561817.jpg

d0251572_23553358.jpg



  それぞれ2投ほどやったところで、諦めて・・波の静かな漁港方面に変更。



 漁港の外ではあるが、風下の方で比較的穏やかな感じのところ。
d0251572_23585540.jpg

  1投目から当たりがあったが、なんとなく分かりずらい反応で、ちょっと待って次の当たりがあったら引こう!と決めたんだが次が良く分からない。




  そろそろ・・と思って引き揚げたら・・結構重い・・。 またここでも海藻が引っ掛かっているのかな? と思いつつ・・淡い期待を抱いてリールを巻いてくるが・・



  近くになってやっと片鱗が・・「あらま! 魚がついてる!」




   しかもダブル!!  どうりで重いと思った・・。 



 が、引き上げる時、手前のテトラポットを思い切りクリアしなければ引っ掛かる可能性があったので一気にと思ったが・・なかなか思うようにはいかず・・



  一応上げることは出来たけど、一度岸壁に叩きつけられて・・一匹・・外れてしまった・・・。



  で、釣り上げたのがこれ。
d0251572_08265659.jpg

   ちっちゃな真ガレイです。 21cm・・・。 



  当たりがあっても結局放っておいたものだったので・・・思いっきり針を飲まれて・・出すのにかなり痛い思いをさせてしまったので・・リリースするわけにはいかず・・・持って帰って食べることとした。



 そのあと・・逃げたカレイが周りのカレイ仲間にここは危険だ!と情報を流されてしまったのか・・・全く音沙汰ナシ・・・。



  2時間でたった1匹。 親父さんの方は・・釣果ゼロ・・という散々な結果でした・・。



  帰り際、サクラマス狙いのアングラーが5~6人竿を振ってましたが・・・バンバン釣れるならこっちの方が面白そうなんですが・・



  今回は、カレイ釣りに集中!ということでパスしました。



 さて・・次回の釣行は・・・まだ‥未定ですが・・リベンジを期して臨みます。




  でわでわ また




   
ランキングに参加しています。 いずれか一つで結構ですので・・ポチっとブログ応援よろしくです。 別窓で開きます。










   ご訪問ありがとうございました。 またお越しくださいませ。






by aiyababa | 2018-06-04 08:50 | 釣り・釣られ | Comments(0)

根性無しの釣行記・・厚田港カレイ。

ナマステ!



  昨日の雨と比較的高い気温で、庭の雪はほぼ融けました。 北側にはまだ残ってますが、4月12日で融けたっていうのは去年より5日遅いですかね。 7日の日には既に福寿草も咲いてたようです。 福寿草は・・まだ数日先の話だろうし・・。 雪解けは早いほうだと思ってたんですが、去年は異常に早かったんですね。
d0251572_09184044.jpg


 さて、少しづつ気温も温んできた気もしますが・・ここんところ毎日一喜一憂の天候で気長に釣りっていうのもままならない状況。



 そんな中、この火曜日、天気予報では気温も上がり終日晴れの予報。 これはFじーを誘って釣りにでも行くしかない。



 が、前日のメールでは・・足の痛みにより動けず・・釣行は断念・・とのこと。



 じゃ、一人でのんびり行ってくるか・・という事になったのだが・・



 翌朝、早い時間にFじーからメールがあり、「合流OK!」 NHK朝ドラを見てから出発して・・最初の目的地は古潭漁港。 



 が、家を出て間もなくメールがあり、「古潭漁港は先端部で工事中。」 もう8時30過ぎには古潭漁港に到着してたんですね・・早!。 また「風がものすごくて外海に向かって釣りは無理」との情報がFじーからもたらされて・・



 急遽場所を厚田漁港に変更。



 我が家からは石狩川河口の北、望来(もうらい)地区に抜ける近道で海岸線に出る。 



  途中、北帰行で羽根を休めて田んぼで稲穂を食べてる白鳥たちに遭遇。 この時期かなり多く見かけます。
d0251572_19150166.jpg


  9時過ぎに厚田漁港に到着。 やっぱし外海は荒れてて竿を出すのは無理そう。




  北防波堤側には既に何人か先客がいたので、我々は南防波堤側に移動して、釣りを始めることにした。 奥が北防波堤で出入口を経て真ん中に伸びてるのが南防波堤。
d0251572_20443785.jpg

  振り返れば湾内を経て厚田の街並み。  なかなかこじんまりしてるけどいい街です。



d0251572_21212694.jpg




  北防波堤の灯台が見えてますが・・歩いてるのは南防波堤。 
d0251572_20315180.jpg

  ウミネコが先導してくれました。  っていうか、歩くと逃げる・・が真相。



  釣る場所はここ。  荒れているようには見えませんが、風が右から左にかなり強く吹いてたので、北防波堤の釣り人も港内に向かって投げていました。  ここも風も全くなくてポカポカ陽気の中で釣りは出来ました。
d0251572_20370279.jpg
   


  こんな感じで釣り竿を立てかけて、斜め45℃くらいの方向に投げてました。 他に短い竿で近場を探ってましたが、辺りは合計3回のみ。 
d0251572_20472904.jpg


  で、釣れたのが・・ちんこいクロガシラカレイ1匹。 全長20cm。 前回の砂ガレイはすんなり針が外せたのでリリースしたんですが・・今回のはかなり飲まれちゃいまして・・ちょっと強引に外した経緯もあって・・持ち帰りです。
d0251572_20533126.jpg



  帰ってから直ぐに頭と内臓を取って、塩をして一夜干し。 で、昨日の朝。 いただきました。
d0251572_20584463.jpg


   やっぱりもっと大きいのが食べやすいし・・次回は30cmものを釣りたいねぇ・・。





  でわでわ また




   
ランキングに参加しています。 いずれか一つで結構ですので・・ポチっとブログ応援よろしくです。 別窓で開きます。







   ご訪問ありがとうございました。 またお越しくださいませ。






by aiyababa | 2018-04-12 09:27 | 釣り・釣られ | Comments(0)

根性無しの釣行記・・投げ釣り石狩湾新港。

ナマステ!



 ここんところ休日の釣行が結構多くなってきました。 Fじーとつるんで行くとなると、天候もさることながら勤務表とにらめっこってことで、休日にってこともあるんですが・・・



 昨日は久々に早い出撃を企ててみました。 6時前に家を出て・・石狩湾新港東埠頭に着いたのが6時半。



 前回は月曜日に出撃して竿を出す前に早々と断念した経緯があるんだけど・・・



 今回は天候曇りだが風は無し・・という予報の元、満を持してニシン釣りのリベンジを・・・と目論んでいたら・・・



 前回釣れてた場所にはだ~~~れも居ない。 逆にそこを避けるように、車が並んでいたが・・皆ほとんどが投げ釣り・・・。



  何を狙ってるの?? カレイくらいしかいないと思いますが・・。



 どうやら完璧にニシンの群れはどこかに行ってしまったようであった。



 一度は用意した竿と仕掛けだったけど・・早々に畳んで、次の釣り場を探す。 こーゆー時に軽トラは便利。



 全て畳まなくても屋根に立てかければすぐに出せるのです。



 Fじーと話し合った結果・・東埠頭はやめて花川埠頭か樽川埠頭に行こうということに。  



 ものの数分で移動完了。 花川埠頭側で、中央ふ頭に向かってカーブするあたりです。 既に何台も車が止まってましたが、平日だったら数台しか止まってないところです。
d0251572_08274671.jpg


  しかし・・・みなさんあまり釣れてない様子。 
d0251572_08303021.jpg


  一番手前が我々の釣り座。 最初のうちは風も無くて良かったんですが・・・陽も差さない状況で少しでも風が吹くと・・ちょっと寒さを感じるようになりまして・・



  上の写真の後、ほんのチョイ投げで20mくらい先を狙ってもう一本竿を出したら・・そっちに当たりが・・。



  一度目は途中で外れたんだけど・・・2度目は一応砂ガレイが掛かってきまして・・写真には納めたんですが・・
d0251572_08463230.jpg


  長さ的には20cmに満たない小物だったので・・・直ぐにリリース。




   最終的にはこれ一匹しか釣れなくて、お持ち帰りサイズもなく・・・風も若干出てきて寒さを感じてきたので・・



  思い切って・・終了宣言! 9時には早々と見切りをつけて家路につきました。




  でも・・根性無しのいち早い決断が功を奏して・・このあと家についてから雨が本格的に降ってきまして午後は本降り。 ほんとに北海道の天気予報はいい加減です。



  家に帰ってからは・・手をつけていた木工の方に集中。 次回はまたそちらの記事を。



  でわでわ また



   
ランキングに参加しています。 いずれか一つで結構ですので・・ポチっとブログ応援よろしくです。 別窓で開きます。







   ご訪問ありがとうございました。 またお越しくださいませ。


 



by aiyababa | 2018-04-02 08:59 | 釣り・釣られ | Comments(0)

根性無しの釣行記・・二人してくじける・・編。

ナマステ!



 このブログ、先週から応援ポチが増えて、昨日は遂に3位に入ってしまいました!! 予期せずメダル圏内に突入どころか銅メダルまで・・。 重ね重ね応援ありがとうございます。 ブログネタに苦慮する毎日ですが、なんとか頑張って日々の更新を目標にやっていきたいと思ってます。 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




 月曜日は釣りにでも行くべさ!っていうことで先週打ち合わせをしてて、いつもの待ち合わせ場所で落ち合って、一応生イソメとか釣り餌は買っていって・・石狩湾新港に向かっていったのが9時半。



 でも・・着いてみれば、東埠頭漁港側の先端角辺りにただならぬ人だかり。 駐車中の車もずらり・・・。 みればニシンの入れ食い?? サビキでバンバン上げている・・・。 ただし広範囲じゃなくて人はいるが結構狭い範囲で釣れてる感じで群れが動けばラッキーっていう状況で釣り人が出ていた。 釣ってる人は大きなバケツ・・二斗くらいはあるかもしれないような容れ物が既に一杯。 100匹以上は釣ってるでしょうね。



  二人して一瞬にんまり。 再び取って返して、釣り具を売ってる最初の店までひとっ走りして・・・仕掛けと撒き餌のアミを買う。 俗にいうショードー買い?



  二人とも・・ある意味・・若い?? もうちょっと冷静な判断が出来たとしたら、餌を買うまでしなくても良かったのだ。 



  再び戻ってみたけど・・・よく見りゃ釣り場がない。 無いというより・・メインの場所から離れすぎてる・・・。 あとから来た人は必然的に一番外側に場所を取らなきゃいけないわけで、群れが来るのか来ないのか保証がないところで釣り場所を確保したところで坊主じゃ意味がない。 それにFじーの容姿は既に坊主以上の・・いや、これ以上は言うまい・・。



 それにもましてだ・・。 話が違うんだよね。 おととい、日曜日に予報では月曜日は一日中晴れ!気温も札幌では10℃になって4月上旬から中旬の暖かさ。 尚且つ風も左程なくて、正しく小春日和を連想させる・・我々にしてみればこれ以上ない天候の筈だったんだが・・・空はどんより曇り空。 そして予想してたよりけっこう強烈な西風。 写真でも撮っておけばよかったんだけど・・・・当初予定してた投げ釣りに向かい風はちょっとやりずらい・・。 が、こうなれば狙いはニシン。サビキづりであるからして投げ釣りはしなくてよくて、選択肢とすればニシン釣りしかなかったのではあるけれど・・上記の理由で・分かる通り。




  一応は竿を出さずに、ちょっとだけ他の人の釣りを見ていたんだけど・・釣れているのははるか先の人だかり。 そして、その人たちは例外なく鼻水垂らしながら寒さと風に立ち向かって釣っていたのです。 



  もー尊敬のまなざしですよ! ちゃんと釣りをする!ってことはこーゆーことなんでしょうけど・・我々には・・シュ・・シュギョーが足りません。



  ただ、根性無しのいいところは、そーゆー見極めが早く出来るってところでしょうか。



 他の釣り場・・放水路とか花川埠頭とかぐるっと回ってみたけれど、どこもぽつぽつと人は入っていたけれど、釣れてる様子は無くて、みんな向かい風の中寒そうにして頑張っている・・・。  ここで、完全に我々の出番はない!と確信して・・



   帰路に就く。  



  帰り際HCと大型釣具店に寄って、ニシンの仕掛けを追加で買った。
d0251572_00295084.jpg
 



   場合によっては・・(いや、既に行く気満々なのだが・・)近々出撃を考えている・・・。




  でわでわ また




   ⇓
ランキングに参加しています。 いずれか一つで結構ですので・・ポチっとブログ応援よろしくです。 別窓で開きます。







   ご訪問ありがとうございました。 またお越しくださいませ。






by aiyababa | 2018-03-27 09:27 | 釣り・釣られ | Comments(0)

それ・燻・記・・ソーセージ編・・保存版。

ナマステ!




 なかなか完全に納得のいかないソーセージ作り・・。 前回のトライでなんとか及第点を取るところまでは行ったんだが、採点すれば60点。



 しかして、メーカーのプリプリソーセージにはまだ遠い食感なのですが、Fじーがある記事を探してくれまして、実はメーカーの作るソーセージは一体何が入っているのか分からない・・日本ではヨーロッパではやってないやり方で日本独特の方法でプリプリの食感に仕立てられ、我々は何を食べさせられているのか分からない・・と言う記事を調べて送ってくれました。 逆にプリプリソーセージ程怖いものは無い・・という記事です。



  ま、でも・・それが原因で死に至ったとか病気になったとかっていう話は聞いて無いけれども、知らないものを口にしているという事実は変えようがなくて、無知というのは本当に怖い。 それをいいことにやりたい放題のメーカー・・法の下での食の安全という事に関してはきっとクリアされているから言い分はあるでしょうから、われわれ庶民がもっと利口にならなくちゃいけないってことなんでしょうね。 



  その記事に関しての具体的な出どころはここでは割愛しますが、100%鵜呑みにしないまでも、なるほどと思わせるものが一杯でした。



  そんなわけで、手作りソーセージはコスト以外の意味でも作ることには意義がある代物だった・・と確信しまして、ますますソーセージ作りに精を出せそうです。



  今回の記事は一気に最後まで手順よく書き出しましたので・・長いです。 読み切るには覚悟が・・。



 で、今回は今まで同様、温度上昇に気を付けて、いつもの寒い車庫内での作業としました。



 最初は4日前。 肉は豚挽肉と豚肩ロース。肩ロースは粗挽きサイズで挽きました。 脂身は最初から少なかったんですが、それも取り除いて、最終的に赤身:脂身8:2くらいだろうというところに収めました。 正直豚挽き肉の脂身比率が分からない・・。 2:1で赤身が2?くらいじゃないかと思うんだけど・・それをベースとして考えれば約8割が赤身という事です。 


   今回は豚挽き肉460g、肩ロース肉480g。 合計940gでした。
d0251572_22184726.jpg



 今回変更したのは塩分を2.5%から2%(19g)に変更したことです。 とりあえずちょちょいと捏ねて・・冷蔵庫で寝かせます。
d0251572_22214772.jpg


d0251572_22194586.jpg



 で4日目の昨日・・ソーセージ作りの再開です。



 今回は2種類のソーセージを作りまして、香辛料の配合は一緒なんですが、肉の捏ね方に二通り程・・。



 その前に、一応全て準備しまして、
d0251572_20120506.jpg

  手袋が二種類ありますが、白いのは使い捨ての肉捏ね用。 オレンジ色のはネオプレン製ので、絞り袋を持つときの物。 ヘラが置いてあるのは細かく砕いた氷です。 あとは香辛料とあらかじめ冷やしておいたボウル。 上の方に絞り袋とミキサー、予備の氷水。ミキサーの容器も冷蔵庫で冷やしておきました。


   砂糖・香辛料は砂糖19g、粗挽きコショウ5g、セージ1g、クミンパウダー0.7g?程度です。  細砕氷は150g(肉の15%程度)用意しました。 



    で、まずは香辛料をビニール手袋をして捏ねます。 いつもいつも冷たさには堪えるけれど少しづつ・・慣れてきた感じ?
d0251572_20551118.jpg

d0251572_20563392.jpg

    肉温・・1.3℃。



   これを半分に分けて、一方はミキサーにかけてエマルジョン状態を目指します。 追加の砕氷も混ぜて・・
d0251572_20584411.jpg


   オン・オフを繰り返すこと数十回・・。 途中何度もトリップしたりしたけれども、リセットをしては回して・・・
d0251572_21063090.jpg

  なんとなく・・水と脂が混ぜ合わさって・・乳化状態(エマルジョン化)にある程度なったんじゃないか・・と。





      まだ何もしてない肉との比較写真。
d0251572_21111102.jpg


     次は、手練りというか手捏ねの方。
d0251572_21134420.jpg


   まだエマルジョン化までは行ってないと思います。  前回もこんな程度でした。



  肉温は両方とも-1℃から+1.5℃の間で推移しました。 前回より若干高いのは外気温が4度程度高かったからだと思います。



  で、いよいよ腸詰めですが、例によって作業途中の写真は無し。 



   捻ったあとのがこちら。 こっちはミキサーで捏ねたもの。
d0251572_21185309.jpg


   次は燻製の工程なんですが、その前にソーセージ表面の脂分とかを取り除くために、熱湯に軽く通して・・
d0251572_21214501.jpg


    冷たい流水で締めまして、
d0251572_21215588.jpg

  一時間ほど水気を取って乾かして・・・因みに車庫内の温度は最初7℃で終了時4℃でした。
d0251572_21241711.jpg



   燻製器に移しまして・・・*この時は既に庫内温度は炭火で60℃に上昇させてあります。
d0251572_21245335.jpg

   右がミキサーにかけたもの、左が手捏ねの物です。 若干色が違います。



  60℃で30分の乾燥の後、60℃から70℃で更に30分程燻し作業。 今回も桜チップです。
d0251572_21330459.jpg




      燻製作業終了です。 小雪降る中の作業でした・・・。 外気温は零下1度。
d0251572_21334004.jpg



 すかさず、次は70℃のお湯でボイルを20分。 小生は5分毎にタイマーをかけて鍋の温度が70℃を切ったら火をつけて73℃になったら止めるという事を繰り返しました。
d0251572_21352703.jpg



   最後に氷水に入れて冷まして締めて・・・
d0251572_21364969.jpg

   最後に・・また車庫で乾かして・・・



     あとは・・切って冷蔵庫に保管です。
d0251572_21430323.jpg


    で、ちょっと不思議な現象なんですが・・・



   今回、ミキサー・手捏ねのそれぞれから2本づつ、直に70℃の温水で20分ほどボイルしたものも作ってみたんですが・・・(燻製作業をせず)
d0251572_21443464.jpg



   ソーセージの色が白に変わってまして、燻製をやると肉色が残ることが判りました。 不思議ですねぇ。 ちなみに一番下のは前回作ったソーセージです。 比較で置いてみました。



  で、試食タイムですが・・弾力感はそれほど変わってないけどまたちょっとアップしたかなって感じで、手捏ねの方がややワイルドな感じ?でプチン・・と割れます。 気の所為程度の誤差ですが・・・。  
d0251572_10072966.jpg
 上のはミキサーでエマルジョン化を目指したソーセージです。 そこそこプリッと感は出てました! 



  でも・・添加剤を入れないで作るとなると・・この辺が限界?って思えてきちゃいますが、採点すれば65点? だんだん良くなる法華の太鼓? プリプリ感はこれくらいが良いとこかなぁ・・・として・・次は味付け?


  総じて・・市販ソーセージの袋にはおびただしい添加物が書いてあるけれど、小生の作っているものは塩・砂糖・香辛料の3つだけ。 シンプル・イズ・ザ・ベストってところでしょうか? 



 でも・・中身はシンプルですが・・・工程も多いし、洗い物も多いし、寒いところでの作業だし・・・ソーセージ作りは面白いけど全行程気の抜けないところばかりで結構肩凝ります・・・。



  今のでも決して悪くないのでこのまま続けていこうと思ってますが、今はまだいいけど・・春から夏に向けては気温との戦いになるのかな?




  まだまだ1%づつでも向上させるべく頑張ります。





  でわでわ また


  

   ⇓
ランキングに参加しています。 いずれか一つで結構ですので・・ポチっとブログ応援よろしくです。 別窓で開きます。







   ご訪問ありがとうございました。 またお越しくださいませ。






by aiyababa | 2018-03-20 10:10 | 釣り・釣られ | Comments(0)

根性無しの釣行記・・2018年度ワカサギ釣り終了。

ナマステ!




 昨日・・ちょっと避けたい日曜日だったんですが・・・ワカサギ釣り行ってきました。



 天気は朝から気持ちいいドピーカンで、風もそれほどなくて、もうほとんど・・



 「今日しかあんめぇな・・・。」と。 




 準備は大方終わっていましたが、餌だけは買う必要があって、以前の餌はみんなサナギになってしまってたので、HCが開くのに合わせて9時過ぎに出発です。



  9時40分。 マクンベツに到着。 路肩には小生のも含めて30台弱既に止まってまして・・
d0251572_09310468.jpg

   



      氷上には20数張りのテント。
d0251572_09311157.jpg


  よくわかんなかったけど・・手前の集団・・なんかツアーっぽかった気がしますね。 凄い賑やかでした。



 場所はいつものところ。 写真左側ですが一番奥ではなくて、テントで言ったら4・5張り手前の位置。 前日誰かがやってた場所で穴あけ器も使わず、テントも張らず・・



  久しぶりの青空釣り師・・・になりました。



  始まって間もなく、けたたましい鳴き声がしたら・・遠くの・・ほんとに遠くの枝にはたぶんワシが・・。 



   トンビじゃないと思ってカメラを向けてみましたが・・・何かが気になるらしくこっちは向いてませんでしたね。 これはオジロワシのつがいでしょうか?
d0251572_09583824.jpg



 手で持って1000倍くらいの望遠で撮ったんですが・・そこそこ撮れてましたね・・。 



  ウグイが釣れて小生から1mくらいの場所に打ち捨てていたんですが、それを狙ってキタキツネも近寄ってきて小生から3mも無いところまで・・。 カメラを手にしたら逃げてしまいまして写真は無し。 釣り客の中には手渡しでやる人がいるのかもしれませんね。



  さて、釣りの方ですが・・当初3時間を予定して行ったんですが・・・



  これが良く釣れまして・・最初の1時間で48匹。 次の1時間で67匹。 もうこの時点で100匹を超えていたので、とりあえずの目標はクリアしてましたが・・
d0251572_10242773.jpg



  実は穂先を一度損傷してまして・・大きなウグイを上げた後、ポキンと折れてしまい、ちょっとショック。
d0251572_10131811.jpg



  穂先はこれも1時間ごとに交換してまして(作品の試釣目的)、2本目だったんですが、この日のために制作してきた今シーズン5作目の品でした。 1時間当たり60匹以上のペースで釣りあげていたもので、今までウグイで壊されたことが無かっただけに、強度不足と釣果の相反する結果に来シーズンのために新たな難題を突き付けられましたが・・実に嬉しい誤算でした。



  釣りは結局2時間20分後、134匹を数えたところで6匹目くらいのウグイが掛かってこんどは仕掛けがぐちゃぐちゃ。 新しい仕掛けを出すより、本日ここまで!・・と決めて、



   即納竿。  



   2018年シーズンのワカサギ釣りの終了でもあります。 雪面の表面もかなり水を含んだ場所もあり、氷はまだ十分釣りに耐える厚みはあるでしょうけど・・



  臆病者でもあり根性無しの釣り師にはこの辺が見極めどころです。



  引き上げたのは12時半あたり。 まだまだ釣り人はたくさんいました。 一番手前が今回の釣り座です。イスじゃなくて座って座布団を敷いてやってました。
d0251572_10285709.jpg


  
   
  帰ってからは・・冬の間ハナちゃんに乗せておいたワカサギ釣りセットを解体して・・
d0251572_10535695.jpg



      物置最上段に仕舞って・・。




   また来年。




   でわでわ また



   ⇓
ランキングに参加しています。 いずれか一つで結構ですので・・ポチっとブログ応援よろしくです。 別窓で開きます。







   ご訪問ありがとうございました。 またお越しくださいませ。
 





by aiyababa | 2018-03-19 11:15 | 釣り・釣られ | Comments(0)

根性無しの釣行記・・2018マクンベツワカサギ3月初回。

ナマステ!



 ワカサギ釣り・・昨日行ってきました。  3月では初めてですね。 



 天気予報で行くと・・もう今日しかないよ!っていう日だったんですが・・・1月頃と比べると日没は1時間以上遅くなってるし、12時から始めても3時に切り上げたってまだ早い時刻・・と言えまして、出発は11時に担っても問題ないだろうと、午前中はちょっとソーセージの準備を車庫内でやってました。 ”塩をして肉を寝かせる”ってやつですね。 これはまた別記事で・・。



 出掛ける前にチェックしたら餌のサシがかなりやばかったので、慌てて町に一つの釣り餌販売?のニコット(ホーマックの小店舗版)に・・。 



 なんと! 2月半ばに買った餌もそうだったんですが、大安売りで一袋69円。 普段は確か100円か120円で売ってたものです。  数匹ほど駄目かな?っていうのが混じってましたが、残り3・40匹?くらいは元気そのもの。 この一袋で最低2回分、食いが良い時は3回分の釣行は持ちますので、コスパは最高じゃないでしょうか? ただし、一回の釣行は2時間~3時間ってとこですが・・。
d0251572_10445768.jpg



  なんだかんだで11時30分に出発。 12時には現地着、車は既に15台ほど。
d0251572_10553601.jpg




       テントは10張り。 
d0251572_10563761.jpg


  

   1月のころのもっと人出があったころは一番左の黄緑色のテントからまだまだ先にたくさん設営されてたのに・・前回もそうでしたがみんな手前で釣りをなされてて・・小生も無理せずに左から2番目のテントから手前3m・沖側に5m行ったあたりに設営。



  まず、穴あけからスタートしましたが、先日のドカ雪もあってか、貫通するまでかなり深くて1m近くガリガリ君が埋もれました。




   到着したころまだ風も強くて、テント本体のみならず、飛散防止のロープも張ってペグを打ち込んでたら思ったより時間が掛かってしまって、第一投が12時40分。




  さて・・ここからです。 今回試作した3本の穂先を試すために1時間づつ試釣し、合計3時間釣る!という事にしました。




   最初に使ったのは全長37㎝の穂先。 1時間の釣果は28匹。 最初の20分で15匹程釣れてたんですが、それ以降の40分で13匹は余りに不甲斐ない・・。 群れが薄くて当たりもかなり減って・・この先の釣りが不安になったんだけど・・



  2本目突入。 穂先交換です。


 2本目は1号錘用のかなり軟らかい竿です。 仕掛けは同じで錘だけ交換してやってみました。 相変わらず群れという感じじゃ無くて、活発な当たりは皆無。 


 しかし、その心もとない小さな当たりでもなんとかヒットさせて・・そこそこ安定したペースで釣れまして、何よりもうれしかったのは、あまり空振りが無かったってことでしょうか?  合計33匹。
d0251572_11303967.jpg

      釣れました! ダブルです。  今回ダブルは3回のみ。 それほど魚影と活性が低かった?ってことでしょうか。



   で、最後の1時間。 2本目の穂先に比べてやや硬調ではあるけれど、全体的には軟調で、錘は1.5号あたりが適正の穂先。 



   結果から先に言うと最後は時間24匹。 



  当たりは感じるけれども、そもそも魚影が薄い? 当たりがこないのも無理はない。 時間的にそーゆー時間帯なのかわからないが、釣れなかった理由のもう一つに、ウグイがあります。 今回ウグイを6匹くらい掛けたんですが、最後の最後で釣り針を一本持って行かれまして・・最後の20分、サビキ仕掛け5本針のところ4本で釣っていた・・と言うのもあります。  更に仕掛け自体、最初に比べてかなりくたびれて、糸に癖が付いたり、素直なままだったらもうちょっと釣れていたかもしれません。


  が、今年のマクンベツ、昨年あんなに釣れたデカサギ・・今回は5匹。 毎回2匹から6匹とか二桁まで行かないんですよね。 大きいのが釣れればたとえ釣果が低調でもそこそこ満足したりできるんですが・・チンコイのばっかりで尚且つ貧果とあってはやる気が出ないけど、今年はいずれも100匹前後で、そこそこ楽しめてまして、こんな釣りなら・・ま・・楽しいです。 



  今回は100にちょっと足りなかったけど85匹は、周りから聞こえる話からすると上出来。
d0251572_15351541.jpg


  帰ってから計ったんですが、重さで行くと290gで、前回より重さでは勝ってました。 デカサギが4匹多かったから?



  終了時に撮った写真です。 もう大方の釣り客は引き上げてまして・・(このコールマンのテントが小生のです。)
d0251572_15513607.jpg


       中央にそりを引く方と奥にもう一つオレンジ色のテントが見えてますが、この後テントを畳んだ時は誰も居なくて、多分奥の人が坂を上がってるところでした。



     で、残ったのは小生と・・・こいつ。
d0251572_15565460.jpg

    ここのは毛並みが美しかった。 でも顔は正しく狡猾! 残していったウグイ・・小生がそりを引いて10mも歩いた時にはもう食い尽くしてました。

  



  振り返ってみて、今年のワカサギ釣りですが・・1月には200超えもあったし・・決して悪くは無かった。 



   何より、今回の新しい穂先・・これが実にいい感触を持った穂先だったんです。 特に本日2本目の物は、次回の釣行までに改良を加えればもっといいものが出来る予感を与えてくれまして・・・ヒントを与えてくれた秀逸の合わせは・・・もっともっと釣果アップを可能にできるんじゃないかという代物だったんです。 



   う~~ん・・・。 止めらんないですねぇ。 ワカサギ釣り・・・そして穂先作り。

  あまのじゃくと言われたへそ曲がり男が出会った根曲がり竹を使って作る穂先・・これだけは浮気せずに曲がりの無い一途な思いで作りますよ。(ちょっとややこしいですが)



  どうでしょう・・もう一回くらいは行けるかな? 天気次第ですが3月前半にもう一回行けたら言うことないです。 新しい穂先を携えて・・・。



  さて、帰ってから、軽く洗って3%食塩水に浸けておいたら今朝になってもまだピンピンしてまして驚きでした。 という事は・・海水でも生きられる?ってこと??



  先ほど下処理をして大きいのは開きまして、中サイズは頭と内臓を落としました。 新鮮なのはどこまでも透き通ってますね。 
d0251572_15435522.jpg


    

       美しい魚です。  





  という事で、本日天ぷらです。 うまく出来たら追加で写真をアップしたいと思ってますが・・・


 追記: すっかり写真撮るのを忘れてました・・・。



  でわでわ また

  

   ⇓
ランキングに参加しています。 いずれか一つで結構ですので・・ポチっとブログ応援よろしくです。 別窓で開きます。







   ご訪問ありがとうございました。 またお越しくださいませ。
  





by aiyababa | 2018-03-08 16:36 | 釣り・釣られ | Comments(0)

根性無しの釣行記・・大荒れの日は内作。ワカサギ穂先作り。

ナマステ!



 数年に一度の暴風雪・・吹き荒れました。 窓に張り付くべっとり雪。
d0251572_01293734.jpg



    物置は白ペンキを塗ったように・・正しく、なかなかの風合い。
d0251572_01293765.jpg




 幸い50cmとか70㎝とかのドカ雪は免れましたが、それでも・・小生の細腕にはちょっと堪える量でした。 3日朝も同様に除雪が入るでしょうから、ユキちゃんの出動はまず免れません。 湿った重い雪なので全然飛んでくれず、一旦車道際まで持って行かないとなりません。 風に乗せるにしても重すぎて・・飛ばない時もたまに・・・。



  そーゆーことはちょっと目を瞑ってもらって・・さて、こんな外出禁止?の日は家で内作です。



 今年2回目の穂先作りです。



 数ある根曲り竹の穂先用割り竹から一本一番筋がよさそうなところを選んで過去最長の穂先を製作しました。



   全長32㎝。 今までの平均より1.2~1.5倍長い。
d0251572_01401702.jpg


  ただ、全体的にはやや硬調に仕上げてみました。 2号の重りで丁度いい感度を持つような感じです。
d0251572_01420072.jpg



   上のはけっこういい感じで釣れそうな気がしてるんですが・・問題は・・長すぎて穂先を入れる容器が無い・・・。 差し込み分を入れると35㎝。 ダイソーに行って探してこなくちゃ・・・。




 まだ時間があったので、2本目にトライ。



 こっちは、過去最少の薄さに挑戦してみました。 先端部で0.25㎜です。 以前のように幅広タイプで作ってみました。
d0251572_01561328.jpg


 
  

 ガイド位置も決めて、糸を撒き始めたんだけど・・
d0251572_01561353.jpg


  先端のガイドを巻いてるとき・・よく見たらうっすら線が入ってて・・この線が実はクラック。



  丁度半分当たりのところに入ってたんだけど、しょうがないから丁寧に張り付けたガイドを取り外し、割れたところに切り出しナイフを入れて半分に・・分割。



  そして、それぞれもう一度細部を削りなおして、差し込み棒にセットし・・
d0251572_02051638.jpg



      ガイドも2セット分作って・・・
d0251572_02061971.jpg

d0251572_02070449.jpg



  まずは、一本完成。 今回のはかなり軟調に仕上げてたものが真っ二つに割れてしまったので、更に柔いものが出来てしまいまして・・・



  1号の重りで丁度良い感じに・・。
d0251572_02093957.jpg


  
     試しに2号の重りを付けたら・・・
d0251572_02093419.jpg


   完全にウェートオーバー。 1号の重りを付けて落とし込まないといけないから・・・底に着くまで時間が掛かり過ぎて小生の釣り方に合わない気がしてますが・・一応使ってみるつもりです。



 細かい当たりは取れるかと思うけど・・合わせがうまくいくのかどうか・・・



  楽しみっていえば楽しみです。



  でわでわ また



   ⇓
ランキングに参加しています。 いずれか一つで結構ですので・・ポチっとブログ応援よろしくです。 別窓で開きます。







   ご訪問ありがとうございました。 またお越しくださいませ。





by aiyababa | 2018-03-03 02:27 | 釣り・釣られ | Comments(0)


「みちくさ」 ちょっと覗いて・・現在ランキング取りやめ中
最新の記事
以前の記事
最新のコメント
カテゴリ
タグ
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧