あいやばばライフ


北国初心者・家事初心者の日々・喜怒哀楽を・・・。
by aiyababa

カテゴリ:山菜・きのこ( 38 )

今年3回目のキノコ採り。

ナマステ!



 日曜にまとまった雨が降ったから、週半ばあたりは期待が出来ると読んで行ってみたんだけど・・・



 惨敗でした。



 多分・・前回来てからそれ以降はほとんど新しいのは生えていないと思った。 つまり・・ラクヨウは終わった。



 今日の収穫・・アカモミタケ2本。 ラクヨウたったの3個。 探索時間40分で見切りを付けました。
d0251572_21555569.jpg

  で、虫出しした後、ラーメンに入れて全部食べちゃいました・・・。 写真・・撮り忘れ・・。



 これで、今年のキノコ採りは終了です。 次の日曜から子犬が来るので・・もう勝手に家を空けていられません・・・。



 でも・・来年は絶対にキノコ採りに連れて行きたいです。



 でわでわ また





by aiyababa | 2018-10-04 22:02 | 山菜・きのこ | Comments(2)

2018年キノコ採り ラクヨウ2回目

ナマステ!



 先週の土曜日にちょっとした雨が降った。 小生としてはもっとまとまった雨が欲しかったんだけど、なかなか思惑通りに運ばないのが天気。



 前回から既に12日経ってて・・この時期のキノコ採りはキノコ好きにとってじっとしていられないものでありまして・・先の水曜日に・・雨降りから4日目だし・・ってことで行ってきました。
d0251572_13462188.jpg

  今回もそーなんですが・・・傘が開いたものが多くて・・若いキノコはそれほど採れなくて・・数は多くないのに大ぶりなものが多くなっちゃって、ボリューム的にはたくさん採ったように見えるかも。
d0251572_13472192.jpg



 今回は結果から言うと・・・貧果・・といっていいかもですが、実は我が家の消費量に程よく見合ってる・・といってもいい。



 たくさん採れたら採れたでご近所さんにおすそ分けするだけだし、やや冷凍庫のストックが増える程度。 で、今現在冷凍庫は満杯状態なので丁度良いといえば丁度いい。



       ってことで、今回の収穫。
d0251572_13534139.jpg
   虫出しして、石突きも取って洗ったものです。 こーやって撮ると美味しそうに見えます。




  まだ前回採ったものが一部冷凍されて残っているので、こちらもほとんどは冷凍保存します。 



  でも・・・一部の大ぶりなものは茹で上げた後、めんつゆ5倍濃縮に直接漬けて保存です。 
d0251572_13571472.jpg


  これはそのままご飯に載せて食べてもいいし、大根下ろしと和えてもOK. なめこのようなぬめりがあるので、ツルン!と口に入ります。



 山で出会った他のグループ3人組の人たちは「今日はこの山で3か所目だ。」・・といって、既にたくさんのキノコを収穫していました。 全て里山に生えるもので、ラクヨウ、ボリボリ(ナラタケ)ハタケシメジ、布袋シメジ、いろんなキノコが野菜コンテナに一杯。 きっと日の出と同時に山に入ってるんでしょうね。 なんとなくプロ集団に出会った気分です。 が、”この山”での収穫量は小生が勝ってました・・。



  と、ちょっとだけ気分を良くして・・帰ってきました。




  でわでわ また






by aiyababa | 2018-09-27 20:13 | 山菜・きのこ | Comments(0)

2018年のコクワ採りに行きました。

ナマステ!



 今年も恒例?のコクワ採りの季節がやってまいりました。 知ってる人は知ってる、知らない人は知らない里山の果実コクワ。 知らない人の為に説明すれば・・形と味はキウイフルーツに酷似してて、半分に切ってもまるでキウイフルーツ・・ただ滅茶苦茶小さくて大体2cm前後しかありません。
d0251572_1023516.jpg




 コクワと言ったって北海道以外の人は知らないかもしれないのですが・・・一般的・・通称サルナシって読んでるかと。 



 いずれにしても茨城や海外にいた時は全く知らない木の実でして、北海道で初めて知った秋の味覚の一つなんですが・・個人的には”コクワ”って呼ぶ方が美味しそうな響きがあります。



 もう何度も言ったかもですが、野山で採れる果物類・・アケビとか山ブドウ、グミ等々の中では一押しの果実に間違いない。



 特に果実酒としては小生の中では不動の一番人気であります。 



 ということで、ジャムもいいですが、メインは果実酒作りのために・・Fじーをお誘いして行ってきました。



 毎年行く・・個人的に命名した”コクワ林道”なんですが・・・ところが、なんと・・いきなり通行止め・・。 なんでもトドマツ?林の伐採搬出作業で林業関係の車両が行き交う為か一般車の侵入は禁止となってました・・。 そりゃないよ・・と言いたいけれど、遊びと仕事どっち優先?って言われたら返す言葉は無いのだが・・。



 この林道にアクセスできるのは最初に行ったルートばかりではないので、別のルートから数キロ迂回してまた行ってみましたが・・・そこも頑丈なゲートに道を塞がれて・・完全に一般車両はシャットアウト。 ここまで厳重に通行止めにあったのは初めてです。 



 去年はこの林道沿いで過去2番目の収量(2.7㎏)を採集出来ただけに・・今回の通行止めは・・けっこうショック。



 せっかくジョインしてくれたのにこのまま帰るのも忍びないわけで・・・懲りずに・・一般林道に入ってみました。



 何故か今年のコクワ・・葉っぱがことごとく何かの虫に齧られて・・穴あきだらけ。 
d0251572_16483081.jpg




 そして・・残念ながら実を付けた蔓がなかなか見つからない・・。
d0251572_16533189.jpg

  この蔓はいくつか見えたんだけど・・・あまりに高すぎる・・・。


 
  そうした中、手の届きそうなところにぶら下がってるコクワを発見。 Fじー車に乗って採取するつもりの様です。
d0251572_23445012.jpg



  高枝ばさみは持ってきてるから、無理しなくてもいいのだが・・もしかして・・ヒグマのように引きずりおろす??


  我が家のコクワは鈴なりになってたけど・・・山のコクワは一枝に3個とかせいぜい5個とか実の付き方が今年はまばらです。
d0251572_17165633.jpg


  地道に集めて他も見て廻りましたが、手に負える高さのコクワは他にありませんでした。



  結局一か所のみ。 で、家に戻って、ヘタやしっぽの髭を落として計量したら・・
d0251572_17223396.jpg

  427gのみでした・・・。 




  他に生食とかジャム用に既に柔らかく熟したものが47g。
d0251572_17240188.jpg

 去年は9月末でいつもよりやや遅かった所為もあって、熟したものが半分以上でほとんどをジャムの方に回しましたが、今年はそれを見越して早めに取りに行ったんだけど・・・まだ早かった。 およそ1割が熟したコクワでした。この比率は・・ちょっと低いです。 個人的には2割5分くらいがジャム用とコクワ酒用とかに分けた時にいいバランスかな・・と。 ただし、2キロ以上収穫出来た時の話ですけど・・。



 2キロには程遠い収穫でしたが・・・実はそこそこ満足してます。 



  今年の我が家のコクワは結構ありそうな気がします。 合わせたら2キロになるんじゃないかと・・・。



  というわけで・・本日ここまで。



  でわでわ また





by aiyababa | 2018-09-20 20:22 | 山菜・きのこ | Comments(2)

2018年キノコ採り ラクヨウ偵察編

ナマステ!



 本当なら12日水曜日に行きたかったキノコ採りだったのですが・・・タイル工事がまだ終えてなかったので若干延び延びになってしまいました。



 キノコ採りというものは実はいつ行ってもいいというわけではなくて、ベストな日ってのがあります。 



 これまでの勘で言うと雨と気温でしょうか? 雨が降っても気温がまだ高い状態だと菌が増殖するまでには至らなくて・・適温になるのをじっと待ってるって感じでしょうか?



 そして、今回は予定より2日遅れで入山したんですが・・・



  出掛ける日の夜中にちょっとした雨が降って葉っぱは濡れてたりしたんですが・・・地面は乾燥してました。



 早速入ってすぐに見つけました。
d0251572_13551751.jpg

   一個は一部ナメクジに食われてます。
  


      そして、一個見つけて・・・
d0251572_16554579.jpg

      付近の葉っぱや枯れ葉を取り除くと・・・
d0251572_16561538.jpg

    更にもう一個現る・・・という典型的なパターン。 



  今回は同じ個所で3個以上まとまって見つからなかったので・・・結果的には・・・取りこぼしを拾ってくる・・・という状況でした。 




 アカモミタケ↓も松林に生える典型的なキノコです。 
d0251572_17014548.jpg


 ハツタケ(初茸)の仲間で、小生の実家のある茨城では”アカハツ”と言って、傷をつけると朱色に変色する特徴がありまして味に癖は無いですが食感はボソッとしてて良くないです。 が、良い出汁のでるキノコです。 小生的には見つけると嬉しいキノコの一つです。



  面白いところでは・・珍しいキノコですがノボリリュウを見つけました。 
d0251572_17082459.jpg

 珍しいキノコを見つけるのも楽しいけれど・・やっぱり大物をゲットするとそれはそれで嬉しい。
d0251572_23054720.jpg

  ちょっと開いちゃったから歯ごたえでは劣るけれども・・ボリュームは十分。 傘の直径が10㎝を超えるものは実に珍しい。 一応こんな大きさでもラクヨウです。



 ただ・・山に入ると・・ウルシがすごい。 今年は春から2回もウルシに掛かってるから、これから何度も山に入るけどそこんところ気を付けないと・・またひどい目に・・
d0251572_23150855.jpg
  こーゆー場所には生えてこないでほしい・・・。



  およそ2時間。 山をうろつきましたが、収穫はこの通り。 鍋の水面に空きが出るくらいですから量は推して知るべし・・。 塩水に浸けての虫出しです。
d0251572_23401748.jpg


 ここんところの晴天続きでキノコも次の世代の登場はほとんどなくて・・この感じだと・・一旦切れますね。 次回は一旦相応の雨降ってからですね。



 他にラクヨウと同時期に出る同じイグチ科のキノコでシロヌメリイグチ・・というものがたくさん出ていたので・・保険の意味で収穫した。



 このキノコは何故かラクヨウと味も食感も酷似したものなのにだ~~~れも採らない。 本気で持ち帰ってきたら大量に採れたはずだけど、状態の良いものだけに特化して持ってきたので左程採ってないけど、ラクヨウ自体の収量が少ないものだから・・結局一番目立つ・・。




  ここで2時間ほど虫出しをしてキノコを洗い・・キノコ飯にする分だけ別にして残りは全部冷凍保存に回しました。



  キノコご飯は炊き込みじゃなくて混ぜご飯。 甘辛に煮て鶏肉とニンジン・牛蒡、そして今回は糸コンを入れました。



  写真は・・・・無し。 昨年の記事でも参考にしてもらいましょうか?  



  でわでわ また






by aiyababa | 2018-09-16 14:43 | 山菜・きのこ | Comments(0)

能郷イチゴ採り・・2回目・・行きました。

ナマステ!



日に日に犠牲者と安否不明者が増えていく今回の豪雨災害。 台風7号の発生から尾を引いて梅雨前線の影響から始まった今回の惨禍。 まさかの北海道にまでその被害は派生しました。 10日前はこれ程の被害になるとは誰しも思わなかっただけに、毎年繰り返される予想だにしない悲劇の繰り返しに、この文明の世の中でさえ人智の無力さを感じます。 犠牲になられた方々のご冥福をお祈りいたします。



 さて・・・エゾ梅雨?にしてもあまりに長かった雨があがり、久しぶりに差した陽の光の下・・・



 実は先週末のことなんですが・・・行ってきました。 能郷イチゴ採り。



 我が家のイチゴが散々な目に合っていたので、野生種はどんなものだろうと思ってましたが・・被害はそれほどでもなくて、時期的に採集が遅れて腐りかけたっていう感じのが見受けられた程度でした。 ⇓こんな感じですが、黒くカビが生えるところまでは行ってません。 でもここまでふやけたら・・対象外・・・かな。
d0251572_10481598.jpg




 今回は平日で、細君にもFじーにも休日が合わずに一人で行ってきたのですが・・収量としてはまあまあとしても昨年には及びませんでした。



  今回は恐らく北東ないし北西斜面と思われる場所での採集となりました。 要は最後まで雪が残っていたと思われる場所ですね。 そーゆー場所がメインで採ってきました。
d0251572_10474421.jpg
d0251572_10475307.jpg


 前回、細君と二人で言った時より100gほど少なかったです。 時間は倍掛けましたが、一か所で大量にというのは余り無かったです。 



  それでもヘタ+ゴミ付きで480g近く採れて・・
d0251572_12060143.jpg



  地道にヘタ取りです・・・。 ほんとに地道です。 ワカサギを開くのより時間が掛かる気がしました・・・。 今回のはやはり長雨にたたられて若干ふやけた感じのイチゴも一緒に採ってきたので・・ヘタ取り前に一旦軽く凍らせてからヘタ取りしました。 これは・・正解でした。 ワイルドストロベリーの場合にも使える手法です。
d0251572_12073965.jpg


 下準備後の計量でも350gありましたから小瓶で2つくらいは出来るか出来ないかというところです。 いいんじゃないでしょうか?
d0251572_12091789.jpg

   野生のイチゴジャムは酸味がいい味出してくれるのでやっぱし毎年欠かせない収穫行事であり、製造作業です。 今年はもう行く予定はありません。 長雨に祟られちゃってますしね。



  林道も年を追うごとに草が深くなって少しづつイチゴの繁殖エリアが他の草や木々に侵されてます。 あと・・4~5年続けられたら嬉しいけど・・。 ちなみに別な場所で5年前にたくさん採集した場所はもう見る影もなくなってしまいました・・。 



  当別ダムの建設に伴って出来た比較的新しい林道なのでやむを得ません。



  こーやって新しい場所を見つけ出すのもまた楽しいのですが・・新しい場所を見つけるって・・・けっこう体力要るんですよね。 車じゃなくて足で稼ぐものですから・・・。



  でも野山の散策はいつ行っても楽しいですよ。



  でわでわ また






  

by aiyababa | 2018-07-09 12:26 | 山菜・きのこ | Comments(0)

能郷イチゴ採りに行きました。

ナマステ!



 昨年のジャム作りで味を占めて、今年も野に繰り出して能郷イチゴを採りに行きました。



 天気は曇り。 気温もそう上がらず、虫も飛んでなくてホッとしました。



 今回は細君も一緒に採りに行ったので、虫でもいたら大変な騒ぎになっていたはずなので、まずそこんとこが良かった。



 例によって・・出掛ける前のセイコーマート詣で。
d0251572_18384979.jpg
        車の窓はちゃんと拭いておきましょう!




 生えているところはこんな林道の際なんですが・・・小生が採った場所は車道側よりガードレールの近くか、外側。 こっちの方が大物がある・・気がしまして・・・。
d0251572_18404747.jpg

   能郷イチゴはそこそこ大きいのも混じってるので、採ってても良いのを見つけると思わずにんまりしますが・・大概はそれ採ってどうするの?っていうサイズ。



     この辺は中の上。 親指の爪ほどもないが・・これでも大きいほうだ。
d0251572_19550207.jpg


   そして、こーゆー苔の上に生えてるのは汚れが無くてよろしい。
d0251572_19581116.jpg


  しかし・・・油断がならないのが・・ツタウルシ。 夢中になると気が付かずに触ってるケースが多い。 手袋しててもやっぱり触ってとってて樹液が残ってるケースも無いとは限らないし・・出来ることなら事前にチェックして、ツタウルシのある所は採らないと決めたほうが良い。 小生なんぞは毎年春でも秋でも山に入ると一度はかぶれる・・・。  実は今年も被れた。



   これなどは典型的な例。 一見して分からない。
d0251572_20102402.jpg


   こーいった混在してる場所はパスしたので今回の収量は昨年に比べて減ったけれど・・ジャムを作るにはひとまずOK.
d0251572_20132261.jpg

   上が細君、下が小生。 この時点では540g。 ここからヘタを取って洗ってってやっていって・・



   きれいに洗った後で460g。 このあと、水を完全に切った後で再計量したら435g程度になってました。
d0251572_20160764.jpg


  これを煮詰めてジャムにしたのが・・細君。
d0251572_20190113.jpg


   煮沸して瓶詰。  二瓶と半分・・出来ました。
d0251572_20242596.jpg

  後は小生がラベルを張り付けるだけです。



  能郷イチゴのジャム・・・一味違うんですよ。 酸味が効いてパンチがあります。




  まだ物足りないので・・・もう一度今度は一人で採りに行こうと思ってます。 




   熊に遭遇しませんように・・。





  でわでわ また。





by aiyababa | 2018-06-27 20:35 | 山菜・きのこ | Comments(0)

フキ採りに行きました。

ナマステ!

 先日、Fじーの休みに合わせて・・フキ採りに行ってきました。 Fじーがフキに目覚めてしまったんですよね。



 フキなんてものはわざわざ店で買うものじゃない・・と小生が言ってるにも拘らず買って食べてたようで・・店に出ているものより美味しいフキを採らせてみれば分かるだろうと・・いうこともあって、フキ採りを決行したんだけど・・




 それとは別に・・・やっぱり山懐に入るのは実に楽しい。




  まずは・・腹ごしらえ。 北海道のオアシス・・セイコーマート。
d0251572_22102172.jpg

    林道ドライブ・・といえば・・ハナちゃんの出番です。



   
 朝はまだ霧雨が降ってまして・・出発するころは霧雨も止んでたけど・・山はまだ朝霧が残ってました。 フキの採取場所は見ての通り?当別ダム周りの林道です。 



  フキは道中3か所くらいで数本づつ採って、なんだかんだで20数本も採ってしまった。 正直・・5~6本で十分だったんだが・・ついつい・・良いものが出てくると、前のはボツ・・ってことにしていいものだけを残す。  で、結果的に前のも捨てられなくて・・持って帰ってきちゃった・・ってことですわ。



 野鳥ものんびり。 小生を見るとギャーギャー騒ぎまくる近所のカラスとは大違い。



      まず一つは橋の欄干に止まってこっちの様子をうかがうキセキレイ。
d0251572_22201093.jpg


      そして・・つがいのキジバト。 ミミズでも探していたのでしょうか?
d0251572_23385229.jpg


   あまりに逃げないものだから・・車で行きすぎるのが申し訳なかったんだが・・無情にも蹴散らすように・・・通り過ぎた。




      この日の収穫。 厳選されたもの・・といえます。
d0251572_00021330.jpg

    出来るだけ、緑色のものを見つけて採ってきましたから・・・店に置いてあるものより多分質は高い。



      あく抜き。 まずは板摺り。
d0251572_00054205.jpg

   似たような大きさのものだけでゴリゴリ・・ゴリゴリ・・。



  寸胴に湯を沸かし・・沸騰して2~3分。  茹で上がったら・・冷水に晒して・・
d0251572_00104318.jpg




      皮むき~~~~。  いい色してますよね。
d0251572_00115324.jpg

  
  
     一応終了。
d0251572_00131421.jpg

   一部・・赤味がかったものも混じってますが・・やっぱりいい色してます。




      で、3分の2は保存用に塩漬け。
d0251572_00325206.jpg


    昼飯にうどん。 具に使わさせていただきました。
d0251572_00371248.jpg

   ごちそうさまでした。




   でわでわ また






by aiyababa | 2018-06-22 08:21 | 山菜・きのこ | Comments(0)

能郷イチゴの偵察?に行ってきました。

ナマステ!



 例年より暖かい日が続き、野菜苗の成長も早い今年。 我が家の能郷イチゴも場所によっては5月末から赤く色づきまして、いよいよ野生の能郷イチゴはどーなってるのか? ・・・気になるとこでした。



 去年のブログを見てみれば6月7日の同じ日にはまだ早かったが、いくつか赤くなり始めてた・・というのがあって、ならば今年はいつもより早めだし、もしかしたら・・と思って出かけたんだけど・・全然赤くなってなくて、まだ花が盛りでどう見ても熟すのは6月半ば過ぎが良いころかな?っていう感じでした。



 でも、せっかく野外のフィールドに出てきたんだからと・・山野草やら山菜のチェックに余念がありません。
d0251572_17081695.jpg

    ↑まずは・・たのもしいハナちゃんの雄姿から。



   林道の途中で見えるダム湖の水の色もかなり透明感を出してきてました。  新緑の中に身を置くっていうのは気持ちいいものです。
d0251572_17102071.jpg

d0251572_17112173.jpg



 山の花はいろいろ。 まずはタニウツギがそこかしこに咲いてて、道端にアクセントをもたらしてくれてました。
d0251572_15410752.jpg


       深山サクラは今が丁度いい感じ。
d0251572_15423761.jpg


  そして、ミズキ。 これも意外と大きくなる木ですね。 普段はこの高さ(見下ろす高さ)では見られません。 橋から撮りました。
d0251572_15423797.jpg


   そして、盛期は過ぎてたけれど、結構な密度で咲いていた・・朴ノ花。
d0251572_16092669.jpg



  我が家にもほしいな・・と思ってるミヤマガマズミ。 紅葉もきれいだから、オオカメと対で植えてみたい木の一つです。
d0251572_16115224.jpg


   そして・・超危険な・・ツタウルシの花。
d0251572_16141443.jpg


   ほんとに嫌ですよねぇ・・。 小生は今年さっそく山菜取りでウルシにやられてしまってます。



  この花で終わるには抵抗があるので・・最後に紹介するのは・・



   ノビネチドリ。 手稲山あたりだとハクサンチドリが群落で咲いているのだけど・・当別ダム周辺ではまだ見ていません。 でもこの花は林道沿いでも数か所で見受けられました。
d0251572_15423791.jpg

       結構目立ちます。



   そして、山菜取りでは・・良質のフキを求めて探しました。
d0251572_17010565.jpg

   小生の場合・・茎が赤いのではなくて、できれば緑のフキを探して採取してます。 味は変わらないと思うのだけど・・茹で上がった後の色が緑の方が美味しそうに見えるから・・・ただそれだけの事なんですが、上の写真のフキなんかは上等であったと思います。



   帰ってきてあく抜き。 今回もそれほど沢山は採ってきませんでした。 やや大型のタッパー一杯分。 
d0251572_17161132.jpg


  右手指先、親指・人差し指・中指の第一関節から先の指紋やひび割れは・・きれいに真っ黒? 皮むきと筋取りは面倒ですが・・このシミは小生の勲章?です。 
d0251572_17263350.jpg


      で、昨日の昼飯は山菜ラーメン。 具は以下の通り。
d0251572_17165557.jpg


 上の左から、カブの葉っぱ、シメジ、アカミズ、ワラビ、下の段が今回のフキ、ウド、そしてタケノコ。



   出来上がりはうまそうじゃありませんが・・醤油味です。  肉は鶏モモ肉少々。
d0251572_17165543.jpg
でも・・見かけによらず・・






   して・・本当は・・ミズナラの古木の根元に生えたナラタケの株を見つけたんです・・・が、
d0251572_17335833.jpg

    残念ながら・・・ほとんど・・虫食い・・・。 かなりがっかり・・・。 このキノコが入ってたらもっと味に深みが出たんだが・・ 収穫は諦めました・・・。  



   今回は空振りでしたが・・・春先でも偶発的にこーゆーのが見つかったりするから山歩きはたまりません。




  でわでわ また



   ⇓
ランキングに参加しています。 いずれか一つで結構ですので・・ポチっとブログ応援よろしくです。 別窓で開きます。










   ご訪問ありがとうございました。 またお越しくださいませ。






by aiyababa | 2018-06-09 08:42 | 山菜・きのこ | Comments(0)

タケノコ採り(根曲がり竹)3回目・・一応・・完。

ナマステ!



 昨日・・タケノコ採り本年3回目・・行ってきました。



 現地到着は6時10分。 比較的早い到着だったんですが・・既に5台も! 中央の軽トラがハナちゃんです。
d0251572_08364760.jpg

   さほど広くない山です。 一体何人が入ってるのか分かりませんが、小生は浮気をせず・・いつものところ。



  誰かはいるだろうと思ってましたが・・・山に入って2時間。 何の物音もせず、ただ鳥の鳴き声だけが聞こえては小生が出す笹の藪漕ぎのガサガサ音だけ。



 結果は・・前回3時間掛けて採った量よりやや多い6キロ弱を2時間弱で収集しまして・・さらにもう一度山に・・・



  入ることはせずに、下山しました。 その後、いつもの沢に行ってモミジガサ・・シドケを採ろうと思ったんですが・・
d0251572_08543978.jpg



   残念ながら既に先客があり、多分当日か前日あたりに入ったと思われ・・川には葉っぱが打ち捨てられていました。 葉っぱを捨てる行為が良く分からないのですが、確かに茎は美味しいですが・・広がった葉っぱだけ捨てたようです。



   こーゆー光景が上流に向かっていっても数か所あって・・シドケ採りは諦めました・・・。



   家に帰って計量。 正確には5.7キロでした。 小生は6キロくらいかなと思ってましたので、大まか勘は当たってました。
d0251572_08562178.jpg

   バケツに5キロ、 計量器に720g。



  虫食いも混じってきましたが・・まだそれほど多くは無かったでした。



  例によって・・虫食いの選別をした後・・茹でて・・皮むき作業です。
d0251572_09001231.jpg

  で、昨年失敗したビン詰め作業は今年はやめて・・・



  真空パックで保存することにしました。 皮むきをした後、水気を取るために半日ネットに入れて表面を乾燥させて・・機械にかけました。
d0251572_09114171.jpg

  半年以上は持ちますよ・・というので、せめて正月まで間に合えば・・と思ってます。




  今回は奥の方までは行かずに林道沿いから離れず採ってまして、太さの平均で行けばやや小さいかな?って思いますが、ま・・これくらいでいいでしょうと思ってます。 道の駅なんかでは巨大な根曲がり竹があるんですが・・本州出身の身としたら、あれは大きすぎる。 これくらいが丁度いいサイズかなと思ってます。



  どこか負け惜しみ的なものもありますが・・・




   食べて美味しければ・・いいんです。




  とりあえず・・・これで今年の収穫量はクリア出来たので・・要請がない限り、終了です。 本音を言えば・・ちょっと寂しいのですが・・




   でわでわ また



   ⇓
ランキングに参加しています。 いずれか一つで結構ですので・・ポチっとブログ応援よろしくです。 別窓で開きます。










   ご訪問ありがとうございました。 またお越しくださいませ。
 





by aiyababa | 2018-05-31 09:26 | 山菜・きのこ | Comments(0)

近場で山菜採り。

ナマステ!




 おとといに続いて昨日もちょっとばかしハナちゃんを飛ばして近場の山菜の状況を見てきました。




 場所は当別ダム周辺の林道。 まだGW中に山野草の花を見に行ったことはあったけど・・山菜採り目的では今年最初。
d0251572_00281647.jpg
   雪解け水の量もひところに比べて少なくなりました。




 今回の目的は、山菜の中でも極太山ウドの発見とウルイの収穫。 



 山ウドはどこの斜面でもそこそこいいのが出てましたが・・・
d0251572_00355566.jpg


   とある斜面・・芽出しのほとんどが・・山ウド?っていうほど・・畑じゃないの?と思われてもおかしくない場所も。
d0251572_00390663.jpg



  時期的にはやや遅い感じですが、一部斜面の土が流れたような場所では、今年一番の優れものが・・
d0251572_00403522.jpg


   丁度、ナイフの長さ分くらい土に埋もれた上物です。




  そして、今年新たにもう一か所ウルイの群落を見つけました。
d0251572_00445609.jpg


   こちらも開いたのが多くて時機を逸したかな?って思わせられたのだけど・・・中には丁度食べごろのものも・・・。




  ここんところ山菜の採り過ぎ??かどうか、まだ前回のが冷蔵庫の中にあるような状態だったし、毎日えぐみの強い山菜ばかりも飽きたというか食傷気味になってきてるようだったので・・って細君の方ですが・・収穫は控えめにしておきました。  



  このウルイ・・タチギボウシだと思うのですが・・食べてみれば・・同じく美味しいです。 若い芽(葉っぱが開く前)は白く、筋もなくてぬめりもありしゃきっとしてて、この若芽の時期の物は山菜の西の横綱?くらいに思ってます。 東の横綱は・・言わずと知れた根曲がり竹・・ですが・・。 ウルイは葉物では小生の中では一番ですね。 行者ニンニクはまた別の意味で美味しいですが一般的と言ったらウルイ・・かなぁ。



  みんなタラの芽を一番に上げたりする方がいますが・・小生の中では9番か10番くらいです。 湯がいて食べる人はあまり居ないと思いますし、やっぱり天ぷら一辺倒だと思うんだけど・・癖が無さすぎる。 天ぷらで食べるのだったら山ウドとかコゴミ、シドケの方がずっとうまい。 えぐみは旨さです。




  ダムの水の色はまだ雪解けの濁ったままですが、少しづつ透明感が出てくるでしょう。 そして、今まで閉じていたゲートが開いた林道も見つけました。 
d0251572_01104897.jpg



   また次回、林道散策の楽しみが増えました。





  でわでわ また



   ⇓
ランキングに参加しています。 いずれか一つで結構ですので・・ポチっとブログ応援よろしくです。 別窓で開きます。







   ご訪問ありがとうございました。 またお越しくださいませ。






by aiyababa | 2018-05-27 09:08 | 山菜・きのこ | Comments(0)


「みちくさ」 ちょっと覗いて・・現在ランキング取りやめ中
最新の記事
以前の記事
最新のコメント
カテゴリ
タグ
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧