あいやばばライフ


北国初心者・家事初心者の日々・喜怒哀楽を・・・。
by aiyababa
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ:山菜・きのこ( 34 )

能郷イチゴ採り・・2回目・・行きました。

ナマステ!



日に日に犠牲者と安否不明者が増えていく今回の豪雨災害。 台風7号の発生から尾を引いて梅雨前線の影響から始まった今回の惨禍。 まさかの北海道にまでその被害は派生しました。 10日前はこれ程の被害になるとは誰しも思わなかっただけに、毎年繰り返される予想だにしない悲劇の繰り返しに、この文明の世の中でさえ人智の無力さを感じます。 犠牲になられた方々のご冥福をお祈りいたします。



 さて・・・エゾ梅雨?にしてもあまりに長かった雨があがり、久しぶりに差した陽の光の下・・・



 実は先週末のことなんですが・・・行ってきました。 能郷イチゴ採り。



 我が家のイチゴが散々な目に合っていたので、野生種はどんなものだろうと思ってましたが・・被害はそれほどでもなくて、時期的に採集が遅れて腐りかけたっていう感じのが見受けられた程度でした。 ⇓こんな感じですが、黒くカビが生えるところまでは行ってません。 でもここまでふやけたら・・対象外・・・かな。
d0251572_10481598.jpg




 今回は平日で、細君にもFじーにも休日が合わずに一人で行ってきたのですが・・収量としてはまあまあとしても昨年には及びませんでした。



  今回は恐らく北東ないし北西斜面と思われる場所での採集となりました。 要は最後まで雪が残っていたと思われる場所ですね。 そーゆー場所がメインで採ってきました。
d0251572_10474421.jpg
d0251572_10475307.jpg


 前回、細君と二人で言った時より100gほど少なかったです。 時間は倍掛けましたが、一か所で大量にというのは余り無かったです。 



  それでもヘタ+ゴミ付きで480g近く採れて・・
d0251572_12060143.jpg



  地道にヘタ取りです・・・。 ほんとに地道です。 ワカサギを開くのより時間が掛かる気がしました・・・。 今回のはやはり長雨にたたられて若干ふやけた感じのイチゴも一緒に採ってきたので・・ヘタ取り前に一旦軽く凍らせてからヘタ取りしました。 これは・・正解でした。 ワイルドストロベリーの場合にも使える手法です。
d0251572_12073965.jpg


 下準備後の計量でも350gありましたから小瓶で2つくらいは出来るか出来ないかというところです。 いいんじゃないでしょうか?
d0251572_12091789.jpg

   野生のイチゴジャムは酸味がいい味出してくれるのでやっぱし毎年欠かせない収穫行事であり、製造作業です。 今年はもう行く予定はありません。 長雨に祟られちゃってますしね。



  林道も年を追うごとに草が深くなって少しづつイチゴの繁殖エリアが他の草や木々に侵されてます。 あと・・4~5年続けられたら嬉しいけど・・。 ちなみに別な場所で5年前にたくさん採集した場所はもう見る影もなくなってしまいました・・。 



  当別ダムの建設に伴って出来た比較的新しい林道なのでやむを得ません。



  こーやって新しい場所を見つけ出すのもまた楽しいのですが・・新しい場所を見つけるって・・・けっこう体力要るんですよね。 車じゃなくて足で稼ぐものですから・・・。



  でも野山の散策はいつ行っても楽しいですよ。



  でわでわ また






  

by aiyababa | 2018-07-09 12:26 | 山菜・きのこ | Comments(0)

能郷イチゴ採りに行きました。

ナマステ!



 昨年のジャム作りで味を占めて、今年も野に繰り出して能郷イチゴを採りに行きました。



 天気は曇り。 気温もそう上がらず、虫も飛んでなくてホッとしました。



 今回は細君も一緒に採りに行ったので、虫でもいたら大変な騒ぎになっていたはずなので、まずそこんとこが良かった。



 例によって・・出掛ける前のセイコーマート詣で。
d0251572_18384979.jpg
        車の窓はちゃんと拭いておきましょう!




 生えているところはこんな林道の際なんですが・・・小生が採った場所は車道側よりガードレールの近くか、外側。 こっちの方が大物がある・・気がしまして・・・。
d0251572_18404747.jpg

   能郷イチゴはそこそこ大きいのも混じってるので、採ってても良いのを見つけると思わずにんまりしますが・・大概はそれ採ってどうするの?っていうサイズ。



     この辺は中の上。 親指の爪ほどもないが・・これでも大きいほうだ。
d0251572_19550207.jpg


   そして、こーゆー苔の上に生えてるのは汚れが無くてよろしい。
d0251572_19581116.jpg


  しかし・・・油断がならないのが・・ツタウルシ。 夢中になると気が付かずに触ってるケースが多い。 手袋しててもやっぱり触ってとってて樹液が残ってるケースも無いとは限らないし・・出来ることなら事前にチェックして、ツタウルシのある所は採らないと決めたほうが良い。 小生なんぞは毎年春でも秋でも山に入ると一度はかぶれる・・・。  実は今年も被れた。



   これなどは典型的な例。 一見して分からない。
d0251572_20102402.jpg


   こーいった混在してる場所はパスしたので今回の収量は昨年に比べて減ったけれど・・ジャムを作るにはひとまずOK.
d0251572_20132261.jpg

   上が細君、下が小生。 この時点では540g。 ここからヘタを取って洗ってってやっていって・・



   きれいに洗った後で460g。 このあと、水を完全に切った後で再計量したら435g程度になってました。
d0251572_20160764.jpg


  これを煮詰めてジャムにしたのが・・細君。
d0251572_20190113.jpg


   煮沸して瓶詰。  二瓶と半分・・出来ました。
d0251572_20242596.jpg

  後は小生がラベルを張り付けるだけです。



  能郷イチゴのジャム・・・一味違うんですよ。 酸味が効いてパンチがあります。




  まだ物足りないので・・・もう一度今度は一人で採りに行こうと思ってます。 




   熊に遭遇しませんように・・。





  でわでわ また。





by aiyababa | 2018-06-27 20:35 | 山菜・きのこ | Comments(0)

フキ採りに行きました。

ナマステ!

 先日、Fじーの休みに合わせて・・フキ採りに行ってきました。 Fじーがフキに目覚めてしまったんですよね。



 フキなんてものはわざわざ店で買うものじゃない・・と小生が言ってるにも拘らず買って食べてたようで・・店に出ているものより美味しいフキを採らせてみれば分かるだろうと・・いうこともあって、フキ採りを決行したんだけど・・




 それとは別に・・・やっぱり山懐に入るのは実に楽しい。




  まずは・・腹ごしらえ。 北海道のオアシス・・セイコーマート。
d0251572_22102172.jpg

    林道ドライブ・・といえば・・ハナちゃんの出番です。



   
 朝はまだ霧雨が降ってまして・・出発するころは霧雨も止んでたけど・・山はまだ朝霧が残ってました。 フキの採取場所は見ての通り?当別ダム周りの林道です。 



  フキは道中3か所くらいで数本づつ採って、なんだかんだで20数本も採ってしまった。 正直・・5~6本で十分だったんだが・・ついつい・・良いものが出てくると、前のはボツ・・ってことにしていいものだけを残す。  で、結果的に前のも捨てられなくて・・持って帰ってきちゃった・・ってことですわ。



 野鳥ものんびり。 小生を見るとギャーギャー騒ぎまくる近所のカラスとは大違い。



      まず一つは橋の欄干に止まってこっちの様子をうかがうキセキレイ。
d0251572_22201093.jpg


      そして・・つがいのキジバト。 ミミズでも探していたのでしょうか?
d0251572_23385229.jpg


   あまりに逃げないものだから・・車で行きすぎるのが申し訳なかったんだが・・無情にも蹴散らすように・・・通り過ぎた。




      この日の収穫。 厳選されたもの・・といえます。
d0251572_00021330.jpg

    出来るだけ、緑色のものを見つけて採ってきましたから・・・店に置いてあるものより多分質は高い。



      あく抜き。 まずは板摺り。
d0251572_00054205.jpg

   似たような大きさのものだけでゴリゴリ・・ゴリゴリ・・。



  寸胴に湯を沸かし・・沸騰して2~3分。  茹で上がったら・・冷水に晒して・・
d0251572_00104318.jpg




      皮むき~~~~。  いい色してますよね。
d0251572_00115324.jpg

  
  
     一応終了。
d0251572_00131421.jpg

   一部・・赤味がかったものも混じってますが・・やっぱりいい色してます。




      で、3分の2は保存用に塩漬け。
d0251572_00325206.jpg


    昼飯にうどん。 具に使わさせていただきました。
d0251572_00371248.jpg

   ごちそうさまでした。




   でわでわ また






by aiyababa | 2018-06-22 08:21 | 山菜・きのこ | Comments(0)

能郷イチゴの偵察?に行ってきました。

ナマステ!



 例年より暖かい日が続き、野菜苗の成長も早い今年。 我が家の能郷イチゴも場所によっては5月末から赤く色づきまして、いよいよ野生の能郷イチゴはどーなってるのか? ・・・気になるとこでした。



 去年のブログを見てみれば6月7日の同じ日にはまだ早かったが、いくつか赤くなり始めてた・・というのがあって、ならば今年はいつもより早めだし、もしかしたら・・と思って出かけたんだけど・・全然赤くなってなくて、まだ花が盛りでどう見ても熟すのは6月半ば過ぎが良いころかな?っていう感じでした。



 でも、せっかく野外のフィールドに出てきたんだからと・・山野草やら山菜のチェックに余念がありません。
d0251572_17081695.jpg

    ↑まずは・・たのもしいハナちゃんの雄姿から。



   林道の途中で見えるダム湖の水の色もかなり透明感を出してきてました。  新緑の中に身を置くっていうのは気持ちいいものです。
d0251572_17102071.jpg

d0251572_17112173.jpg



 山の花はいろいろ。 まずはタニウツギがそこかしこに咲いてて、道端にアクセントをもたらしてくれてました。
d0251572_15410752.jpg


       深山サクラは今が丁度いい感じ。
d0251572_15423761.jpg


  そして、ミズキ。 これも意外と大きくなる木ですね。 普段はこの高さ(見下ろす高さ)では見られません。 橋から撮りました。
d0251572_15423797.jpg


   そして、盛期は過ぎてたけれど、結構な密度で咲いていた・・朴ノ花。
d0251572_16092669.jpg



  我が家にもほしいな・・と思ってるミヤマガマズミ。 紅葉もきれいだから、オオカメと対で植えてみたい木の一つです。
d0251572_16115224.jpg


   そして・・超危険な・・ツタウルシの花。
d0251572_16141443.jpg


   ほんとに嫌ですよねぇ・・。 小生は今年さっそく山菜取りでウルシにやられてしまってます。



  この花で終わるには抵抗があるので・・最後に紹介するのは・・



   ノビネチドリ。 手稲山あたりだとハクサンチドリが群落で咲いているのだけど・・当別ダム周辺ではまだ見ていません。 でもこの花は林道沿いでも数か所で見受けられました。
d0251572_15423791.jpg

       結構目立ちます。



   そして、山菜取りでは・・良質のフキを求めて探しました。
d0251572_17010565.jpg

   小生の場合・・茎が赤いのではなくて、できれば緑のフキを探して採取してます。 味は変わらないと思うのだけど・・茹で上がった後の色が緑の方が美味しそうに見えるから・・・ただそれだけの事なんですが、上の写真のフキなんかは上等であったと思います。



   帰ってきてあく抜き。 今回もそれほど沢山は採ってきませんでした。 やや大型のタッパー一杯分。 
d0251572_17161132.jpg


  右手指先、親指・人差し指・中指の第一関節から先の指紋やひび割れは・・きれいに真っ黒? 皮むきと筋取りは面倒ですが・・このシミは小生の勲章?です。 
d0251572_17263350.jpg


      で、昨日の昼飯は山菜ラーメン。 具は以下の通り。
d0251572_17165557.jpg


 上の左から、カブの葉っぱ、シメジ、アカミズ、ワラビ、下の段が今回のフキ、ウド、そしてタケノコ。



   出来上がりはうまそうじゃありませんが・・醤油味です。  肉は鶏モモ肉少々。
d0251572_17165543.jpg
でも・・見かけによらず・・






   して・・本当は・・ミズナラの古木の根元に生えたナラタケの株を見つけたんです・・・が、
d0251572_17335833.jpg

    残念ながら・・・ほとんど・・虫食い・・・。 かなりがっかり・・・。 このキノコが入ってたらもっと味に深みが出たんだが・・ 収穫は諦めました・・・。  



   今回は空振りでしたが・・・春先でも偶発的にこーゆーのが見つかったりするから山歩きはたまりません。




  でわでわ また



   ⇓
ランキングに参加しています。 いずれか一つで結構ですので・・ポチっとブログ応援よろしくです。 別窓で開きます。










   ご訪問ありがとうございました。 またお越しくださいませ。






by aiyababa | 2018-06-09 08:42 | 山菜・きのこ | Comments(0)

タケノコ採り(根曲がり竹)3回目・・一応・・完。

ナマステ!



 昨日・・タケノコ採り本年3回目・・行ってきました。



 現地到着は6時10分。 比較的早い到着だったんですが・・既に5台も! 中央の軽トラがハナちゃんです。
d0251572_08364760.jpg

   さほど広くない山です。 一体何人が入ってるのか分かりませんが、小生は浮気をせず・・いつものところ。



  誰かはいるだろうと思ってましたが・・・山に入って2時間。 何の物音もせず、ただ鳥の鳴き声だけが聞こえては小生が出す笹の藪漕ぎのガサガサ音だけ。



 結果は・・前回3時間掛けて採った量よりやや多い6キロ弱を2時間弱で収集しまして・・さらにもう一度山に・・・



  入ることはせずに、下山しました。 その後、いつもの沢に行ってモミジガサ・・シドケを採ろうと思ったんですが・・
d0251572_08543978.jpg



   残念ながら既に先客があり、多分当日か前日あたりに入ったと思われ・・川には葉っぱが打ち捨てられていました。 葉っぱを捨てる行為が良く分からないのですが、確かに茎は美味しいですが・・広がった葉っぱだけ捨てたようです。



   こーゆー光景が上流に向かっていっても数か所あって・・シドケ採りは諦めました・・・。



   家に帰って計量。 正確には5.7キロでした。 小生は6キロくらいかなと思ってましたので、大まか勘は当たってました。
d0251572_08562178.jpg

   バケツに5キロ、 計量器に720g。



  虫食いも混じってきましたが・・まだそれほど多くは無かったでした。



  例によって・・虫食いの選別をした後・・茹でて・・皮むき作業です。
d0251572_09001231.jpg

  で、昨年失敗したビン詰め作業は今年はやめて・・・



  真空パックで保存することにしました。 皮むきをした後、水気を取るために半日ネットに入れて表面を乾燥させて・・機械にかけました。
d0251572_09114171.jpg

  半年以上は持ちますよ・・というので、せめて正月まで間に合えば・・と思ってます。




  今回は奥の方までは行かずに林道沿いから離れず採ってまして、太さの平均で行けばやや小さいかな?って思いますが、ま・・これくらいでいいでしょうと思ってます。 道の駅なんかでは巨大な根曲がり竹があるんですが・・本州出身の身としたら、あれは大きすぎる。 これくらいが丁度いいサイズかなと思ってます。



  どこか負け惜しみ的なものもありますが・・・




   食べて美味しければ・・いいんです。




  とりあえず・・・これで今年の収穫量はクリア出来たので・・要請がない限り、終了です。 本音を言えば・・ちょっと寂しいのですが・・




   でわでわ また



   ⇓
ランキングに参加しています。 いずれか一つで結構ですので・・ポチっとブログ応援よろしくです。 別窓で開きます。










   ご訪問ありがとうございました。 またお越しくださいませ。
 





by aiyababa | 2018-05-31 09:26 | 山菜・きのこ | Comments(0)

近場で山菜採り。

ナマステ!




 おとといに続いて昨日もちょっとばかしハナちゃんを飛ばして近場の山菜の状況を見てきました。




 場所は当別ダム周辺の林道。 まだGW中に山野草の花を見に行ったことはあったけど・・山菜採り目的では今年最初。
d0251572_00281647.jpg
   雪解け水の量もひところに比べて少なくなりました。




 今回の目的は、山菜の中でも極太山ウドの発見とウルイの収穫。 



 山ウドはどこの斜面でもそこそこいいのが出てましたが・・・
d0251572_00355566.jpg


   とある斜面・・芽出しのほとんどが・・山ウド?っていうほど・・畑じゃないの?と思われてもおかしくない場所も。
d0251572_00390663.jpg



  時期的にはやや遅い感じですが、一部斜面の土が流れたような場所では、今年一番の優れものが・・
d0251572_00403522.jpg


   丁度、ナイフの長さ分くらい土に埋もれた上物です。




  そして、今年新たにもう一か所ウルイの群落を見つけました。
d0251572_00445609.jpg


   こちらも開いたのが多くて時機を逸したかな?って思わせられたのだけど・・・中には丁度食べごろのものも・・・。




  ここんところ山菜の採り過ぎ??かどうか、まだ前回のが冷蔵庫の中にあるような状態だったし、毎日えぐみの強い山菜ばかりも飽きたというか食傷気味になってきてるようだったので・・って細君の方ですが・・収穫は控えめにしておきました。  



  このウルイ・・タチギボウシだと思うのですが・・食べてみれば・・同じく美味しいです。 若い芽(葉っぱが開く前)は白く、筋もなくてぬめりもありしゃきっとしてて、この若芽の時期の物は山菜の西の横綱?くらいに思ってます。 東の横綱は・・言わずと知れた根曲がり竹・・ですが・・。 ウルイは葉物では小生の中では一番ですね。 行者ニンニクはまた別の意味で美味しいですが一般的と言ったらウルイ・・かなぁ。



  みんなタラの芽を一番に上げたりする方がいますが・・小生の中では9番か10番くらいです。 湯がいて食べる人はあまり居ないと思いますし、やっぱり天ぷら一辺倒だと思うんだけど・・癖が無さすぎる。 天ぷらで食べるのだったら山ウドとかコゴミ、シドケの方がずっとうまい。 えぐみは旨さです。




  ダムの水の色はまだ雪解けの濁ったままですが、少しづつ透明感が出てくるでしょう。 そして、今まで閉じていたゲートが開いた林道も見つけました。 
d0251572_01104897.jpg



   また次回、林道散策の楽しみが増えました。





  でわでわ また



   ⇓
ランキングに参加しています。 いずれか一つで結構ですので・・ポチっとブログ応援よろしくです。 別窓で開きます。







   ご訪問ありがとうございました。 またお越しくださいませ。






by aiyababa | 2018-05-27 09:08 | 山菜・きのこ | Comments(0)

タケノコ採り(根曲がり竹)2回目。

ナマステ!




 昨日は今年二度目のタケノコ採りに行ってきました。 



 天気予報でははっきりしなくて、朝方3時頃に雨だったり、曇りだったりっていうのがあって、「・・・明日になってみてからだな・・。」などと軽く構えていたんだけど・・



 翌日3時半起床(早っ!)。・・・3時じゃなくて・・4時頃に雨降り。 出発は4時半に!ってかなり気合が入ってたんだけど・・・PCを立ち上げて、雨雲の今後の予想を見たら・・なんとか2時間後くらいには晴れて居そうなので、慌てずに行こう!・・と気持ちを切り替えたら・・雨が止みまして・・・



  それでも5時20分。 予定より1時間遅れで出発。



 ところが・・・現地に着く20分前からまたもや雨降り・・・。 標高を上げるにつれて雨足はどんどん早くなっていって完璧に本降り。



  現地着・・6時半。 あらま‥既に2台の車が駐車してまして・・・・ゆっくり横を通って見てみたら・・・



  誰も乗っていない。  ということは・・・この雨の中強行軍を張ってタケノコ採り!!??  



  うわ~~~・・・世の中には狂気じみた人たちがいるもんだ・・と、感心したんだが・・



   いずれは止む雨。 その時まで車の中で待機・・と運転しながら思ってたんだが、先客の状況を見て・・・どのみち雨上がりだって合羽を着ないと無理だし・・



  それなら・・行くか!・・・となった。



   合羽と長靴、そしてリュックと山菜採り袋を荷台から運転先に移して・・中で着替えです。  軽トラってあまり席もスライド出来ないし、背もたれも倒せないから・・とにかく狭い・・。 



 もぞもぞと芋虫のぜん動運動のようにして合羽を着てリュックを背負って・・雨の中・・出発です。



  ここからはもう携帯も取り出せませんので・・駐車場に到着後からの写真しかありません。



  山の中にいること約3時間。 本当に悪戦苦闘・・笹竹に翻弄され滑ったり転んだり笹薮エクササイズを経て・・リュックも重くなってきたので一旦車に戻りました。



 と、通常ならここから荷を下ろしたら直ぐに踵を返して再突入!となってたはずですが・・・雨中の行軍は流石に足腰に来ましたし、精神的に・・



 「・・・もう・・・いい・・。」  と、なりました。



   車に戻ったときには雨も止み・・濃い霧の中でした。 下界から見たら雲の中・・ってやつですよね。
d0251572_06134908.jpg



       北側斜面の林道にはまだ残雪が・・・。
d0251572_06142848.jpg



       で・・・無事・・ご帰還。



 みんな・・びしょびしょです・・。 リュックも山菜採りバッグも水を含んで重かった・・。
d0251572_06235101.jpg

  
        昨日の収穫。 まだまだ入るスペースはありましたが・・
d0251572_06253989.jpg




       計量。  1.5㎏を3回と、1㎏。 
d0251572_06314616.jpg



    濡れてたし、ゴミも一杯くっ付いたままなので・・大方5㎏程の収穫。
d0251572_06372084.jpg




   本数の割りに重量があったのは、タイミング的にちょっと遅くてやや長く伸び過ぎてたのがたくさんあった為、嵩んだんだと思います。




  この後、ゴミを軽く流して、虫食いをチェックしながら大雑把に固いところも含めて切り落とし。 車庫のステンの流し台にはタケノコの残骸の山。
d0251572_06391275.jpg


   ↑ 午後からはこの作業と、おすそ分けで宅配便で本州の実家やお友達に送ったりで・・手元に残ったのは左程ない。



  この後はあく抜き・・皮むき作業・・・。



   なんだかんだで8時過ぎまで掛かってしまいました。




    もう・・・くたくたです・・・。



  手元に残ったのは・・2回分のたけのこご飯か煮物と、数回分の味噌汁・・くらいになってしまったので・・
d0251572_06495927.jpg



   来週後半・・・3回目のタケノコ取りを計画中です。 これは保存用です。 




      懲りないね・・・。




   でわでわ また



   ⇓
ランキングに参加しています。 いずれか一つで結構ですので・・ポチっとブログ応援よろしくです。 別窓で開きます。







   ご訪問ありがとうございました。 またお越しくださいませ。

  




by aiyababa | 2018-05-26 07:38 | 山菜・きのこ | Comments(0)

2018年度、タケノコ採り1回目。

ナマステ!




 先の日曜日、今年の雪解け具合と気温のバランスを見て・・満を持してFじーと行ってきました。




 採り。  





 5時に我が家集合!という事前打ち合わせだったのに、4時半過ぎに外に出てみたら・・既にFじーは到着してまして・・もしかしたらその意気込みは小生以上??





 現地に近づくにつれて標高を上げて残雪の具合を見たら予想以上に融けていまして、内心「・・ちょっと出遅れたかな?」と危惧しつつ現地到着。





 6時過ぎにはもう到着しちゃったんだけど・・先客・・やっぱしいました。 車が一台止まってました。 ほどなく、手ぶらで引き上げてくる人たちが居まして・・どうやらその先客。





 引き上げ時に「駄目だ、まだ早すぎる!」と我々に言い残して通り過ぎたが・・小生は「いや、そんなことは無い、大丈夫絶対出てる!」と小生なりの確信をもって反論?したのだが・・果たして・・・。





 目的地は昨年と一緒の場所。 日当たりの良い他より早く芽出しが期待できる場所・・。 




      やっぱし・・ありました!
d0251572_22303239.jpg



    この日一番の物はそんなに太くは無かったけれども・・読みが当たった感激ったら・・・なかったですね。



  ただ、ほんとに走りの物ばかりで、長く成長しているのも無くて短いものばかりだったから・・時々採りづらいものもあって・・
d0251572_23343888.jpg


  本来手だけで採ってたものだけど・・・この日だけはナイフを使って採りました。




  このタケノコ採りの記事には場所が掛かれてませんが・・・こーゆーところです。
d0251572_23411784.jpg


   このあと・・車に戻って、来た道を戻り、標高を下げた枝道の林道に入り、またまた毎年同じところでの他の山菜取り。




  このせせらぎが心を癒してくれます。
d0251572_23473705.jpg



    この沢近辺で採ったのは・・モミジガサ。 東北地方ではシドケと言われるものです。
d0251572_23502108.jpg


      そして・・この斜面で採れる山ウド。
d0251572_23514745.jpg


      なかなかそそられるサイズは見つかりませんが、時々目尻が下がる大物が・・
d0251572_23525468.jpg


   これなどは若くて太い! 白い部分もそこそこあって上物でした。



  あとは帰り道にフキを採って帰って・・・10時半には無事ご帰還。




       この日の収穫。
d0251572_23563821.jpg


    タケノコはこれで約1.8㎏。 



  で、いつもながら・・・ここから先がほんとは一番長い・・・。




    タケノコの下処理、山ウドの下処理、フキの下処理などなど・・・



      タケノコはやることが一杯・・・。 まず先端を斜めにカットして茹で上げます。



    で、地道に皮むき・・・。

   
d0251572_00021390.jpg


  そのタケノコをさらにカット。 いわゆる節切りです。 節間の柔らかいところは残して、固い節のみ切り落とす切り方です。
d0251572_00022371.jpg


        山ウド。 太いところの一部の皮を剥いていつでも生でも食べやすいように・・。
d0251572_00081145.jpg

  
     昼飯はBBQ。 採りたてのタケノコを焼いて食べました。 ちょっと切れ込みを入れて・・・
d0251572_00184768.jpg



   夕飯には早速煮込みを作ってくれました。
d0251572_00301663.jpg



   〆は山ウドのきんぴら。 あ"~~~
d0251572_00302138.jpg



    また週末行ってきます!



    でわでわ また



   ⇓
ランキングに参加しています。 いずれか一つで結構ですので・・ポチっとブログ応援よろしくです。 別窓で開きます。







   ご訪問ありがとうございました。 またお越しくださいませ。






by aiyababa | 2018-05-22 09:03 | 山菜・きのこ | Comments(0)

石狩方面に山菜取り。

ナマステ!



 恒例?のFじーの休みに合わせてのお遊びデーがやってきまして、一昨日、石狩方面に行ってきました。



 まずは海の様子を見て、駄目なら望来から古潭に抜ける林道ルートで山菜取りをするべ・・ということで・・前日に話は出来てまして・・



 いつもなら8時始まりのNHK朝ドラを、BSで7時半に見て、8時過ぎに出発。 落ち合う先は石狩市望来のセイコーマート。



 でも、小生よりもっと早起きのFじーは、かなり早く現地に来てて・・・落ち合う前に古潭でちょっと竿を出したとか・・・。 結果として・・他の釣り人もほとんど釣れてなくて海の線は半ばあきらめていました。



  セイコーマートで食料を調達して、じゃ次は山菜?と思うけど・・近くの無煙浜(砂浜・元海水浴場)に行って投げ釣りができるかどうかの偵察に行きました。 しばらくぶりで来たけれど・・砂浜まで簡単に行けた道がものすごいことになってて、いくら4駆のハナちゃんだって冷や汗を掻いてまで行く道じゃないような大穴があって水たまりばかりでちょっとためらうところでした。 でも消波ブロックが置いてあるところまでは比較的楽に行けそうなので(普通乗用車ではちょっと無理?)そっちへ行ってみたけど、ちょっと竿を出すような状況じゃなくて、風は強いし、かなり投げないとある程度の水深があるところまで行きそうもないので・・すぐに諦めて・・・海から山へ!
d0251572_11453142.jpg

        ↑無煙浜から国道に抜ける途中・・下に見えるのは望来の街並み。 どんよりとした天気・・。


  
  このまま国道に出てから、望来川沿いの道を行って、古潭林道に入り山菜取りをすることにしました!




 上部の土が崩れ落ちているような斜面が来ると・・車を止めて山ウドのチェックです。 こーゆー場所は根っこからの土被りが意外とあって、白い部分が長くて良質の山ウドが採れる時があるのですが、なかなかそこまでの上物には巡り合いません。 が、若い芽はそれはそれで大変美味しいので、そのへんはあまりこだわってはいません。



  前回、細君と一緒に山野草の写真を撮りに来た沢にも入りました。 まだカタクリなんかが咲いてました!
d0251572_14373312.jpg

d0251572_14380369.jpg

      
    
d0251572_14391438.jpg


  山菜を物色するFじーとその向こうがハナちゃん。



   ここの斜面にはたくさんの山ウドがいい感じで出ていたんですが・・如何せん・・踏みとどまっていられない程の急斜面。 手の届くところの数本を採るに留めました。
d0251572_14462125.jpg


   そして、いつも思うのは、ここは小さな花園を形成してまして、ちょっと見廻すと・・・
d0251572_14402073.jpg


   倒木に覆いかぶさった苔にちょこんと乗って咲いてるタチツボスミレ。 違う種類のスミレかもしれませんが、確認するところまで足を運べません。



   そして斜面には行者ニンニクも生えていましたが・・全てがまだ一枚葉の子供なので採集は断念。 あと、2年後くらいには大人になっているかと思いますが・・・誰かが採っていってしまってるかもしれません。 
d0251572_14384461.jpg



  と、ここでのチェックはここまで。



  次の場所は逆に伐採後の明るい場所です。  
d0251572_14534011.jpg



   タラノ木の丁度いい大きさのがたくさん育ってましたが・・・ほとんどの一番芽は採られていました。 Fじーとの連係プレーで? 数少ない1番芽を数個ゲット。



  ここも山ウドはたくさん有りましたが・・小さいのばかり。 大きいのは既に採られてまして、恐らく前日あたり来た先客と思われます。 こちらはそれでもまあまあな感じ。 
d0251572_14564032.jpg



  このあと・・別なところでフキを採りまして、山菜ツアー終了です。



       数回分の量のみ。
d0251572_15020198.jpg



      採ってきたフキはたったの5本。 数日中にまた山菜取りに行く予定なので、これで十分。

d0251572_06543893.jpg


   
  で、いつもながら帰ってきてからの後処理。  山ウドの細い茎と若芽は濡れ新聞紙に包んで、天ぷらにするまで保管。 太い茎の方は、皮を剥いて軽くゆでて・・。
d0251572_15033972.jpg

d0251572_15102019.jpg



     フキはあく抜きしてから、筋を取って・・・一応冷蔵庫保存用。 数日分。 京ブキではありませんが、赤味の無いものを選んで採集したものです。 見た目はやっぱり緑だけの物の方がいいですね。
d0251572_15110504.jpg



   山ウドは早速酢味噌で和えて・・食べまして・・




   あとは天ぷらです。
d0251572_07021542.jpg





   そうそう、それからウルイもありました。 ってこの株は昨年ブロ友さんからいただいたものです。 今年の初ウルイです。
d0251572_07023179.jpg

   このあと、生のままじゃなくて一旦湯通しをしました。
d0251572_07023517.jpg



  今回は酢味噌でいただきましたが、・・↑天ぷらでもいただきました。




  小生の中で山ウドやウルイは特別な山菜ですから・・・美味しかったですねぇ





   でわでわ また



   ⇓
ランキングに参加しています。 いずれか一つで結構ですので・・ポチっとブログ応援よろしくです。 別窓で開きます。







   ご訪問ありがとうございました。 またお越しくださいませ。






by aiyababa | 2018-05-18 07:52 | 山菜・きのこ | Comments(0)

山芋が気になったんで・・。

ナマステ!



 前々からお隣さんには山芋の蔓がヒバの木に絡んでいるのを知ってましたが・・・我が家にはムカゴしかこぼれてきませんで、毎年毎年新芽がそこら中から出るたびに草引きする羽目になって、何とかしてよ!お隣さん!って思ってたんだけど・・・



 その後、いろいろあって、今では休耕地だった畑も使わせてもらってる上、ちゃっかり腐葉土箱も設置してしまって、我が物顔で使わせてもらってるんだけど・・・今まで草ぼうぼうで行けなかったところが・・・おかげさまで簡単な道もつけて通れるようにしまして、山芋の蔓も容易に探し出せることとなりました。
d0251572_20321613.jpg


 
  そーなると・・人間現金なもんで、”ヒバの木の保護のためにも・・・”とか勝手な理由をつけて・・・収穫を試みる。



   ヒバやイチイの木には10数本の蔓が絡み合っているのだけど、その中から、木から離れている蔓を選んで・・・と。



  昔、小生の実家の垣根にもよく長芋の蔓が絡んで、何度か長芋掘りをやってみたんだけど・・・木の根っこに邪魔されて、全部取れずに悔しい思いを何度したことか・・。



  選んだのは木の根元から1mちょっと離れたところのやつ。



  蔓の太さから行くと「・・・大きいのは皆無だな・・。」っていうのは判るんだけど、その中でも大きいのを選んでみました。
d0251572_20334631.jpg


   小さい根っこはそこかしこに回ってるけど・・全部バッツリと切っては掘り進みます。 
d0251572_23352635.jpg


  ん? まだ続くか? もうちょっと広げねば・・・。
d0251572_20434426.jpg


  あまり進まぬうちに、いきなり終わってしまいました・・・。



     可食部・・正味30cm・・・。
d0251572_20445122.jpg


    ちょっと物足りなさを感じたけれど・・一応食べられるサイズには十分だったので・・二匹目のどじょうを・・・。



    で、これだって思う蔓の周りを掘ってたら・・・
d0251572_20583599.jpg



    別な山芋をザックリ!  え? なんでここにも??
d0251572_21041213.jpg


   よく見たら蔓が下りてたけど、細いものでした。 本命はこの奥にあります。


      途中経過・・・。
d0251572_21060041.jpg

 
     形は良くない・・。 案の定、この後すぐに終了。


    で、今回の成果。 2番目のは左端、最初のが右端です。
d0251572_21074649.jpg



    これを見る限り・・木の近くにあるものは蔓の太さから可食部で50cmはあるかと思われますが・・ざっと見たところ採り易そうな場所では、せいぜい30cmクラスでしょうか?



  で、真ん中の小さい2本をまず試食。


  ピーラーで皮を剥いて・・おろし器ですり下ろしてみたら・・すぐに変色?
d0251572_21121950.jpg


    ↑の二本を全部すり下ろしたら・・・
d0251572_21141943.jpg


   全然落ちない・・わけじゃないけど・・すごい粘り気です。


  
   長芋だとばかり思ってたけど・・・限りなく自然薯に近い。  ちなみに、この粘り気を・・長芋を1、自然薯を10としたら・・



   8くらいでしょうか? かなり自然薯です。 長芋の先祖返りってものがあるなら頷ける粘り気ですが・・・野生のものだったんでしょうか??



   とてもじゃないけど出し汁を入れなきゃ食えない粘りだったので、自然薯の1.5倍くらいの量の出し汁で溶いた。
d0251572_21191859.jpg


   写真は2回目に入れた75ccの分量です。 これに醤油と、メンミ(キッコーマン北海道限定販売のめんつゆ)を入れて・・・やっと食べられる粘度に・・・。



   これを水菜と玉ねぎスライスの生野菜サラダにドレッシング代わりに掛けて・・・
d0251572_21263180.jpg


   これは細君直伝の食べ方なんでありますが・・・まずまずの美味しさでした。



  とにかく、どうやら自然薯らしい・・・っていうのが大きな収穫でした。



   で、次は・・すり鉢で擂ってみました。 
d0251572_19172614.jpg

  細かい泡を含んでよりきめ細かい滑らかな口当たりです。 同様に出し汁を加えて・・



  醤油とメンミで味を調えても一度かき回して・・・今回は生卵を一個加えて終了。



  とにかく・・・うんまい!



   今年は・・もう時間がないので・・・次回の芋掘りは・・・ないだろうな・・・。



  来年・・また、期待したいですね。



   でわでわ また



   ⇓
ランキングに参加しています。 いずれか一つで結構ですので・・ポチっとブログ応援よろしくです。 別窓で開きます。 







   ご訪問ありがとうございました。 またお越しくださいませ。





by aiyababa | 2017-10-31 19:20 | 山菜・きのこ | Comments(2)


「みちくさ」 ちょっと覗いて・・現在ランキング取りやめ中
最新の記事
それなり燻製記・・ベーコンと..
at 2018-08-14 22:35
BBQ。
at 2018-08-14 09:12
浜辺の散歩でビードロとかギア..
at 2018-08-12 15:25
うに飯を食す。
at 2018-08-12 07:21
アマガエルの不可解な行動につ..
at 2018-08-11 10:55
以前の記事
最新のコメント
カテゴリ
タグ
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧