あいやばばライフ


北国初心者・家事初心者の日々・喜怒哀楽を・・・。
by aiyababa
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ:旅・お出かけ( 54 )

当別ダム周辺に紅葉狩り

ナマステ!



 実に天気がいい日だったので、ちょっとたった1時間ちょっとのドライブでしたけど、町内当別ダム周辺まで紅葉狩りと勤しんでみました。



 当別ダムへは道道28号線(当別浜益港線)を北上。 



 当別レーダーサイトに行く道からの眺めがまず目に入ったので・・・でもまだこの辺りじゃ本格的紅葉にはまだ早い・・。
d0251572_23065148.jpg
d0251572_23070229.jpg

 レーダーサイトへの分岐からまた本線に戻って、ちょっと走ると青山橋。 ここには当別川の堰がありまして・・その先にある民家と裏山の風景がなんとなく雰囲気があったので・・・
d0251572_23115448.jpg

  う~~んまだまだ緑の方が強いですね。



  この先からちょっと走ってダム湖に出ます。 そう言えば・・このダム湖の名前がふくろう湖というのを今回初めて知りました。
d0251572_23153934.jpg

 ダム湖の中間に望郷橋という橋が架かっているんですが、そこを眺める場所に駐車場がありまして、そこにはこのような看板(当別ふくろう湖)が立っていました。 普段この駐車場に止まらず素通りしてたので・・見逃してました。 
d0251572_23153914.jpg
d0251572_23153994.jpg
d0251572_23153957.jpg


  ほんのちょっとだけ標高を上げただけなんですが・・・里の写真(最初から3枚目まで)に比べると黄色くなってる気がします。



  そして・・さらにふくろう湖沿いの林道を走るとさらに紅葉は増していきまして・・・
d0251572_23283833.jpg
d0251572_23290897.jpg

  赤系のはここではほとんどがハウチワカエデです。 ただ、赤といってもこのカエデは不思議な色合いを出しまして、黄色からオレンジ、そして赤というようにきれいなグラデーションを見せるのが特徴で、赤だけだったら多分ナナカマドの方がもっと赤っぽい。



  そして黄色い葉っぱの代表は・・・
d0251572_23323771.jpg

 イタヤカエデ。 銀杏の黄色も素晴らしいけどイタヤカエデの黄色はまた格別です。 白樺も黄色いけれど茶色や緑が混ざるので全体的な鮮やかさで言ったらイタヤカエデがこの辺では別格の樹種でしょうか?





  この時期、まだまだ全体的にっていうより部分的に紅葉っていう感じでして、見ごろはあと1週間先?



 支笏湖やニセコといった紅葉のメッカも見に行きたいけど・・・ことしはこつぶの世話で最大片道1時間圏内までしか足を延ばせないので・・どうしても当別ダム周辺に限られてきますが・・



 そうそう悪くはありません。



  でわでわ また



     今日のこつぶ: ちょっと病院に行ってきました。
d0251572_12462282.jpg


 



by aiyababa | 2018-10-24 00:17 | 旅・お出かけ | Comments(0)

小樽祝津の散歩。

ナマステ!



 子犬を受け取る前日、もうしばらく犬を連れての旅行が出来るまでどこにも行けそうにないから・・・ってことで、細君の申し出により小樽に行くことにした。



 小樽のどこ?って聞けば・・海がきれいなところ・・・がいい・と。 やたら漠然としてて・・だったら海岸線に沿った道を行けばいい・・と、小樽運河から色内埠頭そして高島漁港から祝津に抜けるルートを行った。 多分これ以外の道は無いと思うくらいの海岸線ルートであります。



 祝日も相まって、観光客が一杯。 北一硝子とかがあるところから小樽運河のところは特に見もせずにただ通過するのみ。  



 そして・・・どん詰まりの祝津に到着。 



 岬の上にあるニシン御殿を見に行く。 



 途中・・・小樽水族館のトドが居るところが丸見えの場所に・・。 
d0251572_15280739.jpg




 トドの餌やり・・。 餌を買って、トドにあげることが出来るらしい。
d0251572_15281191.jpg


   そしてニシン御殿。 入館料300円だったが・・外観だけを見て崖っぷちの遊歩道を歩く。
d0251572_15540251.jpg
d0251572_15543313.jpg

  眼下には透明度の高い海と祝津のヨットハーバー、高島漁港の入り江が美しい。
d0251572_15572206.jpg
d0251572_15575360.jpg


  そして更に直ぐ上にある日和山灯台。
d0251572_16271583.jpg

  中には入れなかったけど・・遊歩道は続いていた・・。 前より高いところから一枚。 柱状節理。 ここは溶岩が流れ出でた場所だったんですね。
d0251572_17420373.jpg




    おぉ~~釣り人じゃ・・。 でもどうやって渡ったんだ??

d0251572_16284734.jpg


  
  昼飯にはまだ早い時間だったんだけど・・・なんとなく・・流れで食べることになった・・昼飯。 ニシン蕎麦。
d0251572_17444309.jpg

  本当はシャコ漁が始まるとかで、シャコ料理を期待したんだけど・・・まだもうちょっと先らしくて・・。 食べられなかった。



 帰り道、高島漁港とかその周辺を見て回ったんだけど・・なかなか面白かった。 下の写真は今は行き止まりの旧道沿いから・・。
d0251572_18472799.jpg

  またもや釣り人発見。 ルアーでやってました。
d0251572_16352603.jpg



 入り江の砂浜に小舟を引き上げながらの漁をする方と見受けられまして・・漁具が吊るしてありました。
d0251572_18475874.jpg


   崖沿いは・・マムシが出る? この手の標識はここに限らず時々見かけますね。
d0251572_18502477.jpg

  そして高島漁港。 一部はかなり古い寂れた建物が往時を忍ばせる。
d0251572_18515820.jpg
d0251572_18522792.jpg
d0251572_18525874.jpg

   山はちょっぴり秋の気配です。 紅葉黄葉が始まってます。
d0251572_18541430.jpg

    帰り道・・手稲辺りで見かけた旧ランクル。 スクラップショップでもここまでベコベコな車も珍しい。 よく走ってるなと・・というより車検通ってるんだ・・というほうが感心した。
d0251572_18554308.jpg

  小樽祝津に行っても小樽水族館にも入らず、小樽運河の前を通っても歩こうとは思わず・・ほんとにただのドライブでした。



  それでもけっこう疲れが出たかな?



 でわでわ また




by aiyababa | 2018-10-09 16:39 | 旅・お出かけ | Comments(0)

厚田の道の駅を訪ねて。

ナマステ!



 先日、Fじーの休みに合わせて石狩市厚田に出来た道の駅あいろーど厚田に行ってきました。 
d0251572_12062070.jpg



 小生としては実は二度目で、初めての時は2週間前の日曜日に細君と訪ねたんですが、凄い人でゆっくりしていられませんでしたし、午後だったので買いたいものも売り切れで買えなかったり、次来るなら平日だなと・・決めていたんです。
d0251572_16503991.jpg




 一応厚田ですから釣り道具も忘れずに持って行きましたが・・・折からの強風で釣り人ナシ・・。 漁港内なら釣れないことも無かったと思うけれど、狙う魚はそこには居ない・・。



 今回の目的は釣り以外にもありまして、まず漁港の朝市を見に行って、ウニの情報を仕入れに行きました。 このへんのウニ漁解禁は7月1日という事でまだ早かったが、7月半ばに来る友人のために出来たら生うにを食べさせてやりたいのだが・・果たして・・。 解禁だからといったって毎日漁が出来るわけじゃないし、天候次第ですしね・・。



  そして、もし釣りが駄目だった場合っていう時のために用意してたところが・・・



  ここ、あいろーど厚田のごくごく近辺にあるちょっとした散策ロード。 隣接しているといっても過言ではない。 その名もボクサナイ自然散策路。 



 ボクサナイ川にはキャンプ場がありまして、この川は幅2mくらいの小さな川なのに鮭の遡上が見られるんだそうです。 川の周りは公園っぽくなってて湿性植物から菖蒲園もあり、多分親子連れでの自然散策には丁度いい。 キャンプ場の施設もしっかりしてて、利用したことは無いけれど、丁度この日は付近の草刈りもやってていつもきれいに整備されている雰囲気があります。



  その辺の案内は「あいろーど厚田」にパンフレットが置いてあって、今回はそれを参考に自然散策路のいくつかを歩いてきました。
d0251572_16533458.jpg

    これを広げると・・見開きでA3サイズになりまして・・・
d0251572_16533898.jpg

  裏側にはさらに詳しく案内が載ってます。



   で、一応車で移動しつつ、駐車場に止めてA/B/Cとかあるコースを歩くんですが、出発点にはかならず案内表がありまして、今どこにいるのかがすぐにわかるようになってます。
d0251572_16561111.jpg

   散策路はこんな感じです。  歩きやすいです。
d0251572_16561687.jpg

   で、散策と言っても小生の場合山野草をチェックするのが愉しみですから・・初めて見る山野草があったりすると小躍りしたくなります。


  
   で、実際は踊らなかったけれども・・久しぶりに見たウメガサソウ。 初めてだと思ったんだけど、小生のデーターではずっと以前に手稲山で見つけてました。 イチヤクソウの仲間です。高さ5~10cm位の可愛い花で・・たぶん皆踏んづけていると思います。 ここでは珍しい花ではありません。
d0251572_17022067.jpg
    あまりに目立たなすぎる・・・。



      そしてオオヤマフスマ。 たぶんこれも踏んづけられてます。
d0251572_17064110.jpg


   サイハイランもありましたが、車道沿いで写真に収めてきませんでした。


  

   蘭の仲間では・・恐らくギンラン。 花が終わってますが・・・。
d0251572_17101708.jpg
   これはFじーが見つけました。 努力家です・・。 小生と一緒に野山を歩くうちに少しづつ山野草を覚えてきました。 

  
  

  この時期あまり花は咲いていないのですが・・川沿いのエリア・・湿性植物エリアを歩いていると・・黄色い花が・・・。
d0251572_18470651.jpg



  花びらに光沢があるキンポウゲの仲間なんだけど・・・ただのキンポウゲなのかエゾキンポウゲなのかはたまた他の種類か同定出来ず。



  もう一つ黄色い花。 コナスビ。 地を這って延びていきます。
d0251572_19281531.jpg


   そして‥この時期一番派手にのさばってるというか・・・他人に絡みつくしつこいやつが・・
d0251572_20024978.jpg

        ツルアジサイ。 




  なんだかんだで2時間ほど散策して・・・



   またぞろ道の駅に戻ってきまして・・・



   本日の最終目標である・・・



  ニシンのばってらを買った。 231ばってらと書いて・・ふみいち・・と読みます。


   
  前回来たときは既に売り切れだったんですよ・・。 
d0251572_21034603.jpg

     
       なかはこーなってます。
d0251572_21041665.jpg
 シャリの中にある長い楕円の物体は・・・実は数の子。 うす~~い昆布の幕がまた旨味を出してたような気もします。



  
  よく出来た食べ物だと思いました。 美味しかったです。 細君も満足してくれました。



  さて、ばってらを試食したのは家に着いてからなのですが・・この日の昼食は・・・また別なところで取りました。



  町の北側、港への下り口で浜ラーメンを出す食事と民宿の八幡さん。
d0251572_21323531.jpg
    店内は・・こんな感じ。 立派なテーブル!
d0251572_21361270.jpg


   頼んだのはもちろん浜ラーメン。1200円成り。
d0251572_21370831.jpg

  何が入ってただろ? チャーシュー、メンマ、イカ、鮭切り身、シャコ、ホタテ、たこ、エビ・・かな。



  塩ベースの味ですが・・これも美味しかったですよ。 



  満足して家路に・・。 ここんところ丸一日二人して遊ぶということも無くなった・・・。



   半日遊べば満足っていう感じでしょうか。



   ま、いいか・・。



     今宵はいよいよポーランド戦。 楽しみです。




   でわでわ また





by aiyababa | 2018-06-28 22:06 | 旅・お出かけ | Comments(0)

青い池と風のガーデン。

ナマステ!




 今回も富良野・美瑛の日帰り旅の記事です。 




 昼飯のまん作。 多少並ぶのかと思えば結構すんなりは入れて、中でも3人別なメニューを頼んだにもかかわらず・・それほど待たずに蕎麦が届いたため、午後の時間にちょっと余裕が出来た。 この辺は栗山町の小林酒造に行った時のカレーを出すレストランとは大違いだった。 




 上富良野から美瑛の青い池までは思ったより早く行けました。 こちらも道中車が少なく快適に走れまして、この分なら青い池も静かに見られそうだな・・との予感もあったんだけど・・



 着いてみたら・・観光バスも何台も止まってて、一般車の駐車場も8割に近いくらい埋まってました。 
d0251572_07132709.jpg





  ということは・・静かに見られるどころじゃなくって・・・中国人の自撮り連中、人前でやるか?っていうポーズ付け連中の合間を縫って・・・隙間を見つけては速攻でスナップ写真を撮る!という行動に出ないとシャッターチャンスを逃す・・という事になるんです。



 マイカーの数を見ても日本人もそこそこ来てるのは判るんですが・・なぜか目に付くのは中国人の連中の日本人とは違う行為。 例えば・・狭い通路でも横に並んで歩くとか、なにこれ?っていう微妙な色遣いの服。 小生の場合・・そーゆーのが目に入ったとたんに・・気分を害する。
d0251572_07141824.jpg

  青い池上空は曇り空のせいもあって・・緑色を挟んで青い色のサンドイッチにはなれなかったけれど・・時々さす晴れ間に池の色も微妙に変化してくれまして、いつ来てもそれなりに神秘的な佇まいを見せてくれていました。

d0251572_09213312.jpg

d0251572_09210376.jpg

d0251572_09131096.jpg

d0251572_09124196.jpg

   すっきり晴れて居たらなぁ・・・と思う天気でしたが・・池とは反対側の足元に目をやれば・・・
d0251572_09241653.jpg

   丁度見ごろの紅花イチヤクソウがあっちとこっちとそっちに咲いてました。




   やっぱし・・山野草はホッとさせる何かを持っていますね。 今の時期ここ当別も富良野もルピナスがそっちこっちに咲いているんですが・・風景を壊すことはあっても心が癒されることはありません。



 で、この後は富良野に戻って・・風のガーデンへ。 



  場所は”新富良野プリンスホテル”敷地内? 北の国からでも使っていた(竹下景子演ずる、雪子おばさんの働いてたところです。)というか、ドラマとタイアップした?ニングルテラスあたりの駐車場に車を止めて歩きます。  ニングルテラスと隣接した場所から風のガーデンへの受付けと書いてあるゲートを通って2分くらいで受付に到着しまして、入り口で800円/人の入園料を払います。 で、そこからマイクロバスでの送迎をしてもらって・・これも2~3分で到着。



  今回はあまり写真を撮ってきませんでして・・花が咲いててもカタカナ花(小生は園芸品種をこー呼びます・・。)ばかりなので・・正直興味は無いのですが、女性の方は普通の山野草よりもこちらの園芸品種をより好むのでここを選んだのですが・・やっぱり現地に着くと・・写真を撮る意気込みは消沈してました。


   でも、いくつか紹介します。
d0251572_10015079.jpg

d0251572_10022494.jpg

d0251572_10025698.jpg

  全体的に緑一色の景色ですが・・・実際はたくさん花が咲いていたんですけどね。 花としては一般的に端境期の今ですが、ガーデンはよく考えられていて見事な花がそこかしこにバランスよく咲いてました。



  前回来たときは無かったのですが・・ちょっと足を延ばすと山野草というか、野の花エリアが新設されてまして、そっちにも行ってもよかったけれど、その時はパンフレットをよく読んでなくて、存在を知りませんでした。 ・・ちょっと歩くと遠かったかな? でも次回は行ってみたいですね。 



  薔薇ファンのために・・薔薇のエリアもあるようですが、こちらも新設。 



   今回は帰りの時間も迫っていて、そんなに時間を作れなかったのですが、せっかく800円も払うのだから・・次回はゆっくり時間を作って見てみたい‥忘れなければの話ですが・・・。




  丁度良いバスツアーが無いから・・という理由で、思いもかけずに小旅行を企てることになったんですが・・ここんところあまり旅もしてなかったので・・息抜きには丁度良かったかもしれません。



   それなりに面白かったです。



   でわでわ また



   ⇓
ランキングに参加しています。 いずれか一つで結構ですので・・ポチっとブログ応援よろしくです。 別窓で開きます。










   ご訪問ありがとうございました。 またお越しくださいませ。





by aiyababa | 2018-06-19 10:21 | 旅・お出かけ | Comments(0)

昼飯の・・手打ちそば まん作

ナマステ!



 ファーム富田のあとは・・昼飯ってんで、前もってチェックを入れておいた手打ちそばまん作”に。



 ここは食べログのなかの蕎麦部門で富良野・美瑛で一番の評価をもらってる店らしい。 そして、あとで知ったのだがミシュランの一つ星をもいただいている名店だったのです。
d0251572_18401523.jpg


   小生が頼んだのが・・おろしキノコせいろ。
d0251572_18481851.jpg

  もっと高いのもあったが・・ここは小生的にはやっぱ・・・キノコ。 きのこ命・・ですから。



  細君は野菜天せいろ。 極太のアスパラにマイタケの天ぷらサツマイモ・・だったか。 ちょっと高いものだったが・・あとでしっかりマイタケの天ぷらは頂いた。
d0251572_21272143.jpg

  
   蕎麦とうどんとどっちが好きかって言われたら今まではうどん!と即答してたんだが、ここの蕎麦は本当にうまかった。 やや細い面だったが、腰があって・・でも固いっていうイメージは無く、つるんとはいる。 



  うどんを選んでいた理由はボリュームに対して蕎麦は値段が高いっていう先入観がずっとあったからなんだけど・・もうこの頃は食べる量もぐっと減って、コスパとか言う問題でもなくなってくると・・蕎麦もいいか・・と思うようになった。



  そんなわけで、まん作に行ってみよう・・という提案に素直に従ったんだけども・・正解でした。 多少は待たされたけど5分程度のものだった。 やや早めに行ったのが良かったのかも・・・。



  だが・・こんなところにも個人で旅行していると思われる中国人達がいた・・・。 なんとなくこーゆーとこだけは聖域として侵されてほしくなかったんだが・・・。



  でも・・そんなこともすぐ忘れた・・。 



   目指すは・・次の・・青い池。



  でわでわ また



   ⇓
ランキングに参加しています。 いずれか一つで結構ですので・・ポチっとブログ応援よろしくです。 別窓で開きます。










   ご訪問ありがとうございました。 またお越しくださいませ。






by aiyababa | 2018-06-18 07:55 | 旅・お出かけ | Comments(0)

久し振りのファーム富田

ナマステ!



 昨日はちょっと遠出して富良野・美瑛方面へドライブしてきました。 



 細君が仕事でご一緒している秋田から来ているという大事なご婦人を道内日帰り旅行に連れて行くという。  当初、バスツアーを考えていたらしいのだけど・・この時期ピッタリな企画のものが無いらしく、じゃマイカーで・・ということになった。   しかし・・普段遠出をしたことのない細君・・一人で運転手と接待じゃ大変だろうということで・・それなら小生が運転手役を買って・・お二人を富良野・美瑛に案内しましょうという事になったのであります。



 で、まず最初に立ち寄ったところが、今の時期じゃまだ蕾も良く見えないけど・・ラベンダーで有名なファーム富田。
d0251572_05334848.jpg



 ラベンダーの花は来月に期待するしかないけれど・・それでも大挙して観光客は来ていた。 言わずと知れたチャイニーズ。 ズラッと並ぶ観光バスはみんなチャイニーズ団体客が・・。 
d0251572_23582298.jpg


  
   旗振りを先頭に・・3・40人の我が物顔軍団・・。 間延びした列を作って・・既にダラダラ・・。 
d0251572_23593634.jpg

   と、あまりいい印象は持てないけれど・・もはやどーすることも出来ない・・。




 さて・・ファーム富田の第一印象・・・「なんか来るたびに規模が大きくなっている感じ・・。」 前に来た時(4年前)こんな建物あったかな??っていうのが結構あったし・・今は”メロン館”なるものを建設中でした。 でも・・何故ラベンダーを売りにしてるファーム富田でメロン??



 それはさておいて、これだけ規模が大きくなると、いつの時期に来てもそこそこ満足するような配慮があって、今回もあるエリアでは花が満開っていう状態を作り上げてました。
d0251572_23573656.jpg

    
    チャイブ・・。 え? 北海道ならその辺どこにでもあるアサツキでしょ?↑


オリエンタルポピー・。
d0251572_23574144.jpg



  そして・・マーガレット? それとも・・道端で群落で咲いてるフランス菊?
d0251572_05344176.jpg

   
   アサツキだろうがフランス菊だろうが・・数は力なり!。 集団を作るとそれはそれで美しい。 集団を作って醜いのは中国人観光客くらいか・・。 あっ・・韓国人も入れておこう。




   ところで・・ファーム富田は昔富田ファームって言ってた気がするんだけど・・ファーム富田は昔っからファーム富田だったか?



  というのも・・カーナビに名称を入れて富田ファーム・・としたところ・・興部町の富田ファームまでの道案内が出てしまった・・。  さすがに興部町では日帰りは厳しすぎる・・・。



   って、そーゆー問題ではないが、今は登録商標で使っても使わなくても登録は早いもん勝ち!の醜い争いがあるからなぁ・・。 ファーム富田は輸出産業には関わってないだろうけど・・下手をすると中国では既に別な会社で登録されてたりってことあるから・・将来何か商品を作って中国で売るときには別会社名で売らねばならない・・なんてことがあるかもです。



  昨日は土曜日だったので、車も混むかなぁ・・と心配してたんですが・・7月が本格シーズンなので、まだ全然混んでなくて運転する身としては助かりました。

  
  

  ファーム富田はこれだけ大掛かりに規模を拡大し、来園者に対して駐車場も拡大整備し、期待を裏切らない努力を続けているにもかかわらず、その駐車代金も入園料も無料・・という良心的な運営をしています。 基本的に園内の売店での商品売り上げのみで経営されているんですよね。 



  で、そーゆー良心的運営に応えず・・われわれが支払った代金は・・



    3人でメロン一切れ。 300円。 一人100円です。 
d0251572_07130353.jpg

   
  ある意味・・やっぱりお金を落としてくれる中国人観光客は神様??




  で、次に向かったのは昼飯の手打ち蕎麦 まん作。 こっちの記事は次回に。




   でわでわ また



   ⇓
ランキングに参加しています。 いずれか一つで結構ですので・・ポチっとブログ応援よろしくです。 別窓で開きます。










   ご訪問ありがとうございました。 またお越しくださいませ。




   

by aiyababa | 2018-06-17 08:36 | 旅・お出かけ | Comments(0)

長沼・由仁・栗山3町見てある記+史上最低レストラン。

ナマステ!




 GW2日目。 土曜日より幾分気温も上がって過ごしやすくなったので、近場ではあるけれど長沼町、由仁町、栗山町の3町を訪ねるドライブに出かけました。




 まず最初は、長沼町の道の駅・マオイの丘公園に行ってみた。 


  ここんところシーズン一度は出掛ける場所ですが、ここは野菜とか花、野菜苗とか花苗とかがけっこう充実してて、そして安い! 8つのそれぞれの個性を持った地域販売グループが軒を並べ、いくつかは同じものを売ってバッティングしてますが、あまり重ならないような話し合いが出来てるのか、なんか住み分けが出来てる感じで、しのぎを削っていました。 とにかくいつも混んだシーズンに行くので駐車場も満杯状態に近い状況でしたが、入る人も多ければ帰る人も多いのでそれなりに空きは出来て停めることが出来ました。 
d0251572_22141616.jpg

    道の駅でも我が町当別とは全然違う。 見てて楽しいのです。 相変わらず賑わってて10時半ごろには到着したのに既に売り切れ苗もあったりで、「やっぱ今買っておこう!」と煽られる雰囲気もありました。 



 ここで買ったのは・・苗で行くと・・ディル、サンチェ、玉ねぎ・・そしてクレソン。 玉ねぎは後日植え付けるとして、ディルとサンチェは鉢に植え替えて、室内で育てる予定です。 暖かい日は外に出しますが・・。 
d0251572_22202157.jpg


  で、クレソンは・・お隣畑にある水路?に。 植えこみました。 増えたら・・ビオトープにも移植予定です。



  次はお隣の由仁町。 ユニガーデン。 ここは花苗なんかを見に行きました。 実はコモンセージの苗を探してまして、ハーブのコーナーも見て回ったんですが・・残念ながらありませんでした・・・。
d0251572_07243769.jpg

   ガーデンの中は・・・ここは小生的には特に興味を引く作庭ではないので・・・パス。




  で、次には栗山町に行って小林酒造の一角にある有名な蕎麦屋「錦水庵」で昼食にしようと行ってみたんですが・・・
d0251572_07272605.jpg


    中には既に次を待ってるお客さんが多数。 店の方が出てきて・・40分待ちになりますが・・・というので諦めて・・




   同じ敷地内にある・・「レストラン蔵」に向かった。



   幟に「カレー」とか書いてあったから直ぐに食べられるだろう・・という腹づもりで行きました。
 


       角の桜は3分咲き。
d0251572_08595736.jpg

 
   我が家の桜はまだまだつぼみでいつ咲くのか分からない感じでしたし、目の高さに枝が伸びていて‥思わずシャッターを切ってしまいました。



  で、そのまま中に入っていくと・・・既に廊下で待ってる人が7~8人。  順番の記入帳には我々は3番目になっていた。



  中を見れば空いてる席もあるし・・直ぐだろうと思っていたのだが・・・呼び出されたのが30分後。



 席についてもなかなか来る気配もなく、我々より先に入った人たちのもまだ持ってきてない。 そこは子供も含めて10人近い人がいたのだが、その人たちでさえずっと待ってる・・。 



  カウンターは全部空いててテーブル席も2卓も空いてて・・しかも食べ終えた食器は片付けされないままずっと置かれてて・・
d0251572_09080639.jpg


  一体全体・・ここはなんじゃ??っていう対応・・・。 店員も出来てくる品を一つづつ運んでくるのはいいけれど、一気にというのじゃなくて、一品づつ作っては出来た順から持ってくるというかんじだった。 



  それなら戻るときに食べ終えた食器くらいは持って帰れよ!っていう気がするのだが・・なぜか誰も持って帰らない・・? 



  15分くらいしてから・・5分ほど待ってくださいっていう知らせをいただいたが・・5分経っても10分経っても何も来る気配がない。 それよりも前のお客さんのをまだまだ運んできているのだった。 



  で、あと5分と言われてから30分後。 やっと来た。 ジンギスカンセット880円成り。
d0251572_09135197.jpg


  ご飯はかなり少なめ。 味噌汁はインスタントで、細君のと合わせてやっと一杯分の量。 漬物はキュウリ二切れ。 それもすごく小さい。 



  で、肝心のジンギスカンは・・なんとなく今どきのセットにしては結構量が少なくね?っていう感じで・・いくら少食の我々でもあまり食べた気がしないまま・・ま、適当と言えば適当だったかもしれないが、ちょっと小腹を満たす++程度で5分も掛らず完食。



  名前を書いてから物が来るまで1時間15分も待たされて・・・たった3番目の順番なのに・・



  こんなだったらやっぱり本命の蕎麦を食べたほうが良かったね・・・と文句を言いつつ出ていった。



  店の人はこれほど遅れてても、遅れた理由は私じゃないから・・といわんばかりで、「すみません。」の一言もない。



   久しぶりにというか、ここまで気分悪く食べさせらたレストランも初めての経験だった。 



  実に後味わるく・・絶対小林酒造にはいかんぞ!っていう気分だった。 別に小林酒造は悪くは無いんだが・・経営はどうなっているのか分からないが、金輪際あの「レストラン蔵」だけは行かないだろう。 作り手も含めてみんな素人さんですね。 お金を取っちゃいけないレベルでしたよ・・・。




  本日は厚田方面に出向く予定です。




  でわでわ また



   ⇓
ランキングに参加しています。 いずれか一つで結構ですので・・ポチっとブログ応援よろしくです。 別窓で開きます。







   ご訪問ありがとうございました。 またお越しくださいませ。






by aiyababa | 2018-04-30 09:31 | 旅・お出かけ | Comments(0)

当別市内散歩。

ナマステ!



 先日、ちょっと銀行まで行く用があって、最初は歩いていくかな・・と思ったんですが、道の雪もだいぶ解けてきているのでチャリンコで行ってみようかなと物置から取り出して・・ちょっと空気を入れて・・・



 約2キロの短い距離ですが・・・そーとー鈍ってましたね。 自分で言うのもなんですが・・元マウンテンバイク好き人間で、年中山奥に分け入ってはダウンヒルをこよなく愛した人間とは思えない体たらくでしたよ。 今更30年前の話を持ってきたってしょうがないんですけどね・・・。



     橋の真ん中で一枚。 上流部分を望むっていうアングルです。 
d0251572_09435013.jpg


  川を渡ると、反対側は北海道民の憩いの場、パークゴルフ場になってまして、多分来月には雪も融けて出来るようになるでしょう。 小生はやろうとは思いませんが・・北海道民元気なお年寄りにはかなりの人気スポーツです。 一つの街に最低一個はあるんじゃないでしょうか?
d0251572_09461346.jpg



 さて、当別川を渡る橋が道中唯一坂道を作っているんですが・・それにしたって標高差2~3m? ここを漕がなきゃ渡れない・・・ってところ・太ももに結構来まして・・何となく感覚的にはそーとー力を使った感が・・・。 運動不足も甚だしいったらありゃしない・・。
d0251572_09390653.jpg


    欄干には町章が埋め込まれていました。 
d0251572_09400633.jpg

d0251572_09400996.jpg



     違う橋から撮った写真ですが、名前が長くて・・・



       パンケチュウベシナイ川。 当別川の支流です。

d0251572_09402330.jpg

   この川を渡って当別町中心部に入ることになりまして、


  まずは、おそらく町で唯一の本屋さんのある十字路。角に建つのが十字屋書店さん。
d0251572_09520876.jpg


    本通りをそのまま北上して・・・



    今回の目的地である北洋銀行さん。(右奥です。)
d0251572_09540950.jpg


  現在、先に掲載した川の護岸整備をしてまして、なんやら直線化?しているのと、遊歩道になるのでしょうか? そんな工事でしたね。
d0251572_09583624.jpg

d0251572_09590553.jpg


   個人的には・・・まだ自然に流した方が味わいがあっていい気がするのですが・・・
d0251572_10000214.jpg


  それでも護岸が整備されてますから自然ではないんですけど、流れを真っすぐにして階段状にする目的が良くわかりません? 防災? 河川公園? ほんの100m足らずなんですが、それでもけっこうお金はかかると思いますが・・・子供が落ちたら流される勢いのある川ですから、遊歩道にでもするとしたら手摺が必要かと思いますが、工事が終わってみないと何とも言えません。



 帰りは前述した当別川に架かる橋の、もう一つ上流の橋の方から戻ってきて、溢流堰を見た一枚。 川も濁って水量も多くなってました。
d0251572_10081004.jpg


 この程度では体重は落ちませんね。実質一周5キロ??



  より一層の精進が必要らしいです。



    でわでわ また



   ⇓
ランキングに参加しています。 いずれか一つで結構ですので・・ポチっとブログ応援よろしくです。 別窓で開きます。







   ご訪問ありがとうございました。 またお越しくださいませ。



 


by aiyababa | 2018-03-24 10:27 | 旅・お出かけ | Comments(0)

伊勢の旅・・3日目(最終日)

ナマステ!



 2泊3日の伊勢の旅も終わりました。 今回に限ったことではないんですが、どこに行くにしても、全然勉強しないで行くものだから通り一遍うろ覚えの旅行なんですよねぇ。



 今は何か情報を得ようとする場合、簡単にスマホで知ることが出来るので、それほど慌てなくていいのですが・・それもスマホ使いが上手ならばです。



 流石に伊勢神宮を参拝するのに失礼があってはと思い、作法くらいはとお手本を見て勉強しましたが、ついつい忘れちゃうもんですね。



 ガイドブックを買っても細君だけ読んで、小生は1頁も目を通すことも無く3日間過ごしてしまいました。



 最終日、伊勢を離れるのは11:20分のJR快速。 本当は二見ヶ浦迄行きたかったのだけど・・早いうちから行動を起していたら間に合ったけど、9時からだとちょっときつかった。 うまく行ける電車が無くて、断念。 



 で、急遽予定変更して、まだ行ってなかった月夜見宮に・・。
d0251572_21091421.jpg

 中に入ると別世界。 静か・・・。 巨大な楠木?。
d0251572_21094407.jpg


  本殿もこじんまりとしてましたが、金箔ですからねぇ・・
d0251572_21094503.jpg


  伊勢神宮は内宮・外宮・別宮も含めて全て建て替えるということで、内宮の本殿だけかと思ってたら・・凄いことです。 小生の投げたお賽銭が敷石の一個くらいにはなっているかもしれないです。



  さて、そのあと・・駅の観光案内で市内のスポットを聞いて・・勢田川沿いの河崎地区の景観などどうでしょう・・と言うのでそちらに行ってみた。 駅からは1.4キロとなってましたが、なかなか風情のある通りでした。
d0251572_22113547.jpg

  

     勝手口にも勝手口の札が・・。
d0251572_22110545.jpg


    入り口も洒落てます。玄関より金かけてないかい?
d0251572_22110447.jpg



   通り自体は数百mも続き、飽きさせないものがありました。 
d0251572_21284535.jpg

d0251572_21293643.jpg

d0251572_21300500.jpg



   古い町並みっていうのは、落ち着きます。 新しく建てた感のする違和感のない同じ造りの家もありましたが、街並み保存っていうのはどこも大変なんだな・・と。 


   ただ、そんな一角、取り壊しの家も。 最終的には更地になっちゃうらしく残念です。 奥行もあって大きな立派な家だったんですが・・・。
d0251572_21342632.jpg


   外観は傷んでましたが・・中の土蔵の扉なんかはまだしっかりとしていた気もします・・・。 梁も柱も立派です。
d0251572_21342624.jpg

     重ね重ね惜しい!



  さてさて・・実は小生にしてみれば初めて見る”飾り瓦”というのか屋根の先端部にちょこんと乗ってる瓦に興味津々。 見ていて飽きない。 分からないけど同じものは二つと見かけなかった。



   ズラッと並べれば・・


      意味不明。
d0251572_21455206.jpg


      
   怪しい宇宙人?
d0251572_21462245.jpg


亀です。
d0251572_21465284.jpg


玉?
d0251572_21472355.jpg



蛙。
d0251572_21475294.jpg


反対側のは人が乗ってます・・・。
d0251572_21482299.jpg


桃?
d0251572_21485234.jpg



  既製品とは思えないので、すべてオリジナルなんでしょうか?  これを見てるだけでも飽きないです。



  こーゆー古民家でやってたカフェで一息。

d0251572_22042030.jpg

d0251572_22051166.jpg


  地元の方が、先にあげた古民家の解体を残念がってました・・。 改修するにはくたびれ過ぎてたらしいです。 



  11時前に駅に到着。 あとはゆっくり電車に乗って・・津から高速船で中部国際空港に向かって・・
d0251572_22175155.jpg


   このあと、かなり時間があったので、昼食と、お土産を買いました。



  名古屋飯の店に入りまして・・味噌カツ丼を頼みました。
d0251572_22194167.jpg


    初めての名古屋飯。 コメントなし。





  無事に新千歳空港に到着。




   明日明後日と猛烈な低気圧が通過して大荒れだというニュースが・・。 いい時に行きました。



  晴れ男・・健在!でした。



  でわでわ また




 ランキングに参加しています。 いずれか一つで結構ですので・・ポチっとブログ応援よろしくです。 別窓で開きます。 


にほんブログ村 


にほんブログ村 


にほんブログ村 




   ご訪問ありがとうございました。 またお越しくださいませ。






by aiyababa | 2018-02-28 22:45 | 旅・お出かけ | Comments(0)

無事戻る。

ナマステ!



 伊勢の旅3日目・・また明日・・。
d0251572_23425632.jpg


 結構疲れました。 

d0251572_23435388.jpg

 家に戻ったら、暖房を入れ忘れてて・・完全アウト!って思ってたら・・殊の外暖かい。 12度もあった。



 おそらく、日中良く晴れたのかもしれず、もしそーなったら・・室温はどんどん上がるので10度以上あったとしてもおかしくはないが・・・やっぱり想像を超えてました。


  外断熱の威力でしょう。 一度温まったら熱が逃げない・・・。



 それでも今11時過ぎたけど・・12度から上げ始めた温度がやっと20度を超しました。 



  久しぶりですが、大きな薪を投入して朝まで暖房!を実施します。
d0251572_23372044.jpg



  でわでわ また



   ⇓
ランキングに参加しています。 いずれか一つで結構ですので・・ポチっとブログ応援よろしくです。 別窓で開きます。 







   ご訪問ありがとうございました。 またお越しくださいませ。





by aiyababa | 2018-02-27 23:45 | 旅・お出かけ | Comments(0)


「みちくさ」 ちょっと覗いて・・現在ランキング取りやめ中
最新の記事
以前の記事
最新のコメント
カテゴリ
タグ
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧