あいやばばライフ


北国初心者・家事初心者の日々・喜怒哀楽を・・・。
by aiyababa

カテゴリ:山野草( 21 )

ヒメイズイ3段階変化形。

ナマステ!



 ヒメイズイをこよなく愛する?細君。



 先日、その訳を述べてくれた。



 ヒメイズイをよく観察してると、確かに面白い変化をするのであるが・・・通常なら気が付かない。 というより誰も気に留めない・・。



 花を見せてから完全開花まで3段階の変化があるという・・。



   その1・・葉っぱの間から花が現れました! 
d0251572_20275102.jpg

   
*葉っぱがあまり開かない間は花の筒先が上を向いてます。


   
     変化・・その2
d0251572_20275205.jpg

   *葉っぱが角度が緩やかになると・・ポトンと落ちて上向きが下向きへと変わりました!



 と、通常・・この辺りで花が咲きました!・・と思ってもおかしくないのだけど・・



   この先のさらなる変化が・・・
d0251572_20275151.jpg

 *先っぽが開いて若干カールが掛かって・・開放!! 


   以上、三変化・・完成形です。





  確かに・・こーならないと、蜂が入って受粉してくれませんしね。




  視点を変えれば何でもないことが面白くみえたりすることも・・。




  でわでわ また



   ⇓
ランキングに参加しています。 いずれか一つで結構ですので・・ポチっとブログ応援よろしくです。 別窓で開きます。










   ご訪問ありがとうございました。 またお越しくださいませ。






by aiyababa | 2018-06-01 08:39 | 山野草 | Comments(0)

野幌森林公園散策。・・その3、蘭の花。

ナマステ!




  野幌森林公園・・続きです。 ネタが乏しいもので・・ちょっと小分けに・・・。



  今まで紹介してきた花は普通に見られるんですが、散策路の散歩でもう一つどうしても見たいのが蘭の花。 一人で道の右側、左側と目を移して行ったら見られたものも見られなくなるので、ここは手分けして探すことにして、そっちは右側担当、こっちは左側担当・・って感じで探していって・・



    最初に見つけたのがコケイラン。 
d0251572_05344483.jpg

  これを見つけてから・・コケイランに関しては次から次へと見つかりまして、ごく普通に咲いてました。
d0251572_23532595.jpg

   この花を抜こうものなら手前のウルシをどけないと無理なようで、なかなか共生関係っぽくて・・とはいえツタウルシはどこにでもありましたが・・。



        次は銀ラン。 道すがらこの一つだけしか見つからなかったんだけど・・良く見つけたな・・と感心。
d0251572_23535587.jpg

   実は、コケイランを最初に見つけたのは細君。 そしてこの銀ランも細君。 で、このあと出てくるノビネチドリもサルメンエビネも・・・



  最初に見つけるのはいつも細君。 このあたり・・ここに来るまで道を間違えたあたりからどうも調子が乗らない・・・。




      そして・・ノビネチドリ。
d0251572_07392756.jpg


      で、サルメンエビネ。 これは途中で出会った方に場所を教えてもらいました。
d0251572_07411451.jpg
d0251572_07413159.jpg

  この株は何株も無かったですが、盗掘されているんでしょうか?



   最後は・・まだ蕾なんですが・・トケンラン。 今週中には咲き始めるかと思います。
  
d0251572_07501097.jpg
  たった往復3キロちょっとの散策でこれほど多くの花が見られ、蘭も5種類も見られて・・なかなか無いですよこんな濃い散策路は・・・。  



   ということで・・野幌森林公園大沢コ―スから桂コースの散策は終了。 気温もそう高くはならずに、歩いている分には爽やかな風が始終流れてました。
d0251572_07533300.jpg

  新緑が気持ちいい一日でした。



  この後・・帰宅してから恒例のBBQ。
d0251572_07584543.jpg

  取りたててブログアップするようなものでもないんですが・・・BBQ楽しいです。



  でわでわ また




   追記: 野幌森林公園は山野草を見たり、バードウォッチングをしたり・・って言う人ばかりが訪ねてきてるのかと思ってたら・・半分はジョギングの人でしたね。
  出会った人が言ってましたが、50人超えのバードウォッチャーがフクロウ親子を撮りに来てたようで、どうりで途中で出会う人のカメラレンズのすごいこと・・。 そんなカメラは持ってないので当然見には行きませんでしたが・・フクロウもびっくりでしょうね・・・。 中にはタバコを吸いながらシャッターチャンスを待ってる人もいたとか・・園内禁煙になってるんですが・・。 フクロウもきっと煙たがってますよね・・・。


   ⇓
ランキングに参加しています。 いずれか一つで結構ですので・・ポチっとブログ応援よろしくです。 別窓で開きます。










   ご訪問ありがとうございました。 またお越しくださいませ。






by aiyababa | 2018-05-30 04:31 | 山野草 | Comments(0)

野幌森林公園散策。・・その2

ナマステ!



 昨日の続きです。 マムシグサ(コウライテンナンショウ)のところまで書きましたが・・今日はどっから行きましょうか・・。



 ちょっと変わった花から?  つーことで、ネコノメソウの大群落。 大沢コースではここ一か所で大きなコロニーが出来てました。
d0251572_23043338.jpg

  緑色から黄色っぽくなってるんですが、どこから花でどこから萼(がく)なんだか分かんなくて、いつ咲くんだと思ってたらこれが花だったっていうネコノメソウでした。



     そして・・・ツクバネソウ。 
d0251572_23102631.jpg

   同じ仲間だけど、葉っぱが8枚前後あるクルマバツクバネソウ。
d0251572_23112387.jpg

花びらみたいなのは・・萼です。


  
  白い花が多い中、黄色い花を見せてくれたのがオオダイコンソウ。
d0251572_23163251.jpg


  またもや白花に戻りますが・・・



       群落がありそうでなかったユキザサ。
d0251572_23181406.jpg



       ニリンソウは質素に咲いてました。
d0251572_23194410.jpg




         結構好きな花。 タニギキョウ。 
d0251572_23234106.jpg


  昨日はホウチャクソウを紹介しましたが・・今日はオオアマドコロ・・たぶん。
d0251572_23285652.jpg


   
        ニョイスミレもいたるところで・・
d0251572_23295231.jpg



 最後に・・・スダヤクシュ。  これも立ち姿はバランスが取れた素晴らしい花ですよねぇ。 
d0251572_23594311.jpg



  
   で、ま、こんな花が沢山咲いていたわけですが・・・



  下ばかりでなく上の方に目をやれば・・深山サクラ?
d0251572_08194004.jpg

   大好きなオオカメノキを探していたんですが・・花は見つかりませんでした。 既にお終い?





  明日は、二人して散策路わきで見つけた蘭を紹介していきます。




   でわでわ また

 


   ⇓
ランキングに参加しています。 いずれか一つで結構ですので・・ポチっとブログ応援よろしくです。 別窓で開きます。










   ご訪問ありがとうございました。 またお越しくださいませ。






by aiyababa | 2018-05-29 08:27 | 山野草 | Comments(0)

野幌森林公園散策。

ナマステ!



 昨日、予報では天気も上々。 どこか近場で・・・ということで、ひと月前にオープンした厚田の道の駅にでも行ってみようかという案も出たが、とにかく混み混みだから休日は避けたほうがいいだろうという事で、江別、札幌、北広島の3市にまたがって広がる野幌森林公園に行くことにした。




 知らない人の為に言っておくと、野幌森林公園は広さで言ったら2,000ヘクタールを超える広大な広さがあります。 ヘクタールの広さは・・というと10,000平米。 もっと具体的に言えば・・100mx100mの広さ10,000平米。 それが1ヘクタール。 で、そのマスを1としたら2,000個以上の広さがあるってことです。 




 と、広さの説明はそのへんにしておいて・・この広大な公園をくまなく歩くというバカげたことは出来ません。 アクセスは数か所あって、今回は我が家から一番近い・・大沢口。 でも、ここから入るのは初めてで、大麻地区から向かっていったのですが、文京地区に行くのにJR線とR12号線を交差しなくちゃいけないのだけど・・素直に行けるアクセス路があまりなくて、いきなり道を間違えて・・車内は空気が重くなって・・最終的にカーナビで・・。 小生の信用度がゼロに落ちた瞬間でした。




  ま、でも無事に駐車場に到着して・・いよいよ最短コースで大沢口から大沢コースで大沢園地、でまた桂コースで大沢口に戻るというルートで園内散策です。
d0251572_09363113.jpg

   ↑ やっと着いた駐車場です。 




  距離はたったの3.5キロですが・・とにかく山野草の写真を撮りながら歩いたので・・3時間ちょっと掛かりました。



  では順を追って・・・花の写真とかを・・・



      スタート地点の大沢口。
d0251572_09395179.jpg

 
   全域にあったコンロンソウ ↓とかマイヅルソウ。
d0251572_09420190.jpg


       マイヅルソウ ↓
d0251572_09432136.jpg



       クルマバソウにヤブニンジン。
d0251572_09454198.jpg

d0251572_09462394.jpg

       ヤブニンジン↑

 


   ホウチャクソウにマムシグサ。
d0251572_09510390.jpg



       マムシグサの胴体。
d0251572_09513379.jpg


   鎌首を持ち上げて・・威嚇?
d0251572_09521514.jpg


   途中で見つけたマムシグサにはこんなものも・・・。



    まさに、自分で自分の首を絞める?・・・の図。



    落ち葉の穴に鎌首の先端を入れたまでは良かったが・・・落ち葉の繊維は・・非常に強かった・・・。
d0251572_09553185.jpg

d0251572_09553297.jpg


     可哀そうにと思ったが・・・自然の厳しさを皆に知ってもらう為に・・あえてこのままに・・。 って誰も気が付く人など居るとは思えないが・・。




   と、まだまだあるので・・本日はここまで。 




    残りは次回・・。




   でわでわ また



   
ランキングに参加しています。 いずれか一つで結構ですので・・ポチっとブログ応援よろしくです。 別窓で開きます。







   ご訪問ありがとうございました。 またお越しくださいませ。





  
    

by aiyababa | 2018-05-28 11:20 | 山野草 | Comments(0)

春を探しに行きました。

ナマステ!



帰省中には必ず行きたい林道散歩。



この時期はもしかしたら山菜も採れるかも知れず、心ここにあらずの心境になるんだけど、花々もしっかりと写真におさめてきます。
d0251572_10311505.jpeg

雪もまだ残ってました。
d0251572_10314673.jpeg


熊の糞はありませんでしたが、鹿の糞は至る所にありました。
d0251572_10351877.jpeg

今はエゾエンゴサクが旬でした。
d0251572_10370962.jpeg

そして、ニリンソウも咲いていましたが、他はエゾノリュウキンカが咲いていたくらいで種類としては、まだ寂しいものがありました。



そんな中、珍しいところでは・・
d0251572_10472240.jpeg

オクエゾサイシンが今年もいつものところで見られました。今回は姫ギフチョウは見られませんでしたが、そのうち飛んでくるでしょう。



それから、山菜のコゴミが走りを迎えていました。
d0251572_10532111.jpeg
いくつか収穫してきたのは言うまでもありません。



川の水も雪解け水を集めて流れに勢いがありました。
d0251572_11004413.jpeg


雨の予報に反して時折晴れ間も見えて、ちょうど良い散策日和でした。



でわでわ また




ランキングに参加しています。 いずれか一つで結構ですので・・ポチっとブログ応援よろしくです。 別窓で開きます。







ご訪問ありがとうございました。 またお越しくださいませ。






by aiyababa | 2018-05-05 10:23 | 山野草 | Comments(0)

平日の楽しい過ごし方・・?? 自然公園散歩。

ナマステ!



 また、接戦・・落としましたね。 そして同じくチャンスにもう一本出ない。 相手がSBだったからこそあと一本欲しかった・・。



 負けちゃいけないSBにこれで6連敗? 前回は札幌ドームでもやられてるからねぇ・・。 日ハムにはSBに勝つ気があるのか?って疑われてもおかしくない内容です。



 ほんとに毎日毎日・・今一つ小生自身もスッキリと気分高揚とはいかない・・・。 




 さて・・本題。




  先日のイベントは釣りだけじゃなかったんですよ。 実に中身の濃い内容を伴った一日だったんです。




  12時前に納竿して、車をすぐ隣のハマナスの丘公園ビジターセンター駐車場に移動して・・いよいよ・・久しぶりの・・・




   石狩ハマナスの丘公園の散策です! 



   まずは、象徴でもある石狩灯台。 でも化粧直し中でしたね。
d0251572_07470971.jpg




 
  ビジターセンターから河口まで行って戻ってくると最低3キロは歩くし、砂地を歩くと結構疲れるもので、ひと歩きすると意外と疲労感を覚えたりします。  最初の500mくらいは木道を歩きます。
d0251572_07484787.jpg




  中間付近には東屋があって、そこから海に向かって歩く散策路の中間にベンチがありまして、他より1m程度高くなって・・展望台になってます。 
 ここで昼食ですね。 写真は既に昨日の記事に掲載してますが・・もう一度。
 
d0251572_09470196.jpg

 
   ここからは一旦海に出て、砂浜を歩いて河口先端に近いところの砂嘴を横切り石狩川の方に移動して戻って来る・・・という最長ルートを取りました。 ふたりともまだ若いですから・・・。


 
   砂浜に降りる前の北側に向かって・・一枚。 なんとなく砂浜の幅が狭まってる気がします。 
d0251572_07581198.jpg


   同じ場所から南側。 一応全面保護地区でロープで遮られた散策路以外は立ち入り禁止です。
d0251572_08013190.jpg



    同じく東方向。 昼食をとったのはこのベンチです。点線横が散策ルートです。
d0251572_08145066.jpg


   砂浜の流木沈殿?地帯。 干上がった川床に横たわった感じです。 今回は特に目ぼしいものはありませんでしたが・・ワクワクする散策ですよね。 この流木街道。
d0251572_08233866.jpg



    羊君が野垂れ死にしそうだったので、大木を背に休ませてあげました。 この流木・・別の角度からだとカバに見えなくもなくて・・持って帰っても良かったんですが・・あまりに大きすぎた・・・。
d0251572_08240783.jpg



   海浜植物最前線をリポート。




   前を行くハマダイコンに後れを取るオカヒジキ。  波打ち際まで10mの攻防戦を繰り広げています。
d0251572_08292610.jpg



   で、今回の大発見・・とはいっても小生的には・・の範疇ですが・・



   砂浜で見つけたキノコ。  ↑の写真とそう離れてない場所です。 波打ち際まで12mあたりでしょうか? 
d0251572_08344729.jpg


    キノコってこんなとこに生える??っていうようなところで・・ちょっと調べてみました。 こんなところにひょっこり生えるわけはない! これは腐朽菌の一つで、腐った木とか死骸とかから発生してるに違いない! 



   と、ここなんですよねぇ。 こーゆーのを見ると調べてみたくなるんです。 もしかしたら新種の冬虫夏草かもしれないし・・・これは性みたいなもんです。



    ちょっと砂を搔き分けて・・
d0251572_08381694.jpg

   5cm程じゃ何も出てこなかった。 が、まだ先はあるので・・続行。



   すでに8cm。 まだ??
d0251572_08460697.jpg




    キノコが倒れたので・・ここから先はさらに慎重に・・



   で、約12cmの深さまで到達。 やっと基部が露出!
d0251572_08491765.jpg



    やはり腐朽菌でした。 砂に埋もれた枝から派生してました。 キノコの種類・・名前はこれから・・ですが・・・




    周りを見たら・・あるある。 そこら中にありました。
d0251572_08515652.jpg



   しょーも無いことに、Fじーまで付き合わせちゃいけないと思い・・キノコのお相手はここまで。



   この時期・・咲いてる花の方に目を向けて・・・



     まず・・ハマニガナ。
d0251572_08573583.jpg



     ハマボウフウ。
d0251572_08590424.jpg



  
   エゾスカシユリ。
d0251572_08594999.jpg


     ノハナショウブも今が見どころ。
d0251572_09113151.jpg



   ハマナスは全域で咲き誇ってますが・・その中から・・パラボラアンテナ的な咲き方の一枚。
d0251572_09133011.jpg





   というのも・・通常はこんな感じですから・・。
d0251572_09144295.jpg


     そうして・・ちょこっと汗を掻き始めた頃に東屋まで戻ってきました。
d0251572_07501677.jpg



   ここから約800m歩いて・・ゴールです。 ⇓




d0251572_09251633.jpg



    と、ここまで・・と行きたいところですが・・やっぱりここまでとしておきましょう。




    いい汗を掻きました。




   でわでわ また



   
ランキングに参加しています。 いずれか一つで結構ですので・・ポチっとブログ応援よろしくです。 別窓で開きます。






  ご訪問ありがとうございました。 またお越しくださいませ。







by aiyababa | 2017-06-30 09:34 | 山野草 | Comments(0)

帰省しました。 海辺の花。

ナマステ!



 細君の実家に帰省してました。



  寒かったですねぇ・・。気温など10度あるかないかで、海岸沿いの街なので風も強い。



  今回は行きで珍しく細君にハンドルを一部区間握ってもらいました。 眠気が襲ってきてどーしようもなかった。



  それ以外はいつも通り小生の運転だったけど・・・この時期あたりから楽しみがありまして・・・



  まず、山間に入ると緑が一気に増して、運転してても気持ちいい!  田んぼは全て水が張ってあって田植えも済んで、細い葉が風にたなびいているのが季節を感じますし、ちょっぴりしか緑はないけれど・・空が映る水面に列をなした緑は今しか見えないもので、日本人の心に埋め込まれている風景でもあるわけで・・ホッとする。



  海辺に出ると・・そっちこっちで今の時期見られるのが・・



     
d0251572_18172001.jpg

 エゾカンゾウ。
d0251572_18171931.jpg


    海沿いの道を北上していくと・・なんとなくエゾカンゾウにも場所によってオレンジに近い物から黄色に近い物から若干色に違いがある。  スカシユリはもうちょっと後かなと思ったけれど咲いてるところには早速咲いていた。 が、写真はなし。



  代わりに・・初めて目にした花。 「オオバナノミミナグサ」を見つけた。 初めて見る花、以前はここになかったぞ? っていう記憶をもとに家に戻ってから図鑑で見たら・・やっぱし初めての花だった。 
d0251572_18183663.jpg

  通常のミミナグサの倍はありそう。




  実家に着いて・・運動不足解消の為、ちょっと外に出て浜まで歩く。



    久しぶりに見るヒメスイバ。 これは群落で生えてるやつで・・一本一本は大した花じゃないけれど・・集まると見ごたえがある。
d0251572_18184109.jpg


   もうちょっと赤が派手なタイプの方が色映えしましたね。




    そして・・コウボウ麦・・ではなくて・・コウボウシバ(芝)。
d0251572_18184513.jpg


   
  この二つ、かなり似てるし、どっちかっていうとコウボウシバの方が麦っぽいんだけど・・・だからと言って麦だと言えないわけで・・名前を付けた人ももしかしたら失敗した・・と思っているかもしれません。




  でも・・食べられそうな感じだけど・・食べて美味しいという話も聞かないし・・きっと見掛け倒しなんでしょうね。


   

  そして・・本当は・・砂浜でオカヒジキを見つけたかったんですが・・・



   風が半端なく強くて・・体感温度0度。 ちょっと嘘っぽいか?? 5℃くらいかな。


   
   いずれにしろ・・・歩く気力が失せたのです・・・。




    ついこの前30度近くまで行ったのに・・この2日・・最高気温も11℃とか12℃だもの・・。



   もう一枚羽織るもの持ってくりゃ良かったと・・悔やむ悔やむ。



   帰りに・・また野菜苗を・・。 サンチェと南蛮。 サンチェは先日・・レタスが強風で茎がポロリと折れてしまった代わりです。



  ついつい・・この時期・・野菜苗を売ってるところに立ち寄ると・・なにかと誘惑に負けて買っちゃうんですよねぇ・・。



    後が大変なのに・・・・。




   でわでわ また



   
  ランキングに参加しています。 いずれか一つで結構ですので・・ポチっとブログ応援よろしくです。 別窓で開きます。 





  ご訪問ありがとうございました。 またお越しくださいませ。



   

by aiyababa | 2017-06-04 19:59 | 山野草 | Comments(0)

当別・・野山散策


ナマステ!


 帰国後初めての日曜日。 この一週間、鎌を握り続けてばかりいたら右手が悲鳴を上げちゃったので、日曜日は休養日ということにしました。



 夏の野山の観察もしておきたかったので、丁度いいかなと、細君を誘って当別ダム周辺の林道を走ってきました。
      
d0251572_07402551.jpg
 ↑ダム湖中ほどの望郷橋から。

 そして、ここから林道に入っていきます。

 オオハンゴン草、ヨツバヒヨドリが今が盛りとそっちこっちで群落を作ってますが、
d0251572_07532045.jpg
d0251572_07530845.jpg
  これらが咲き終わった後は、次なる侵略草? 大アワダチソウが、次々と花穂を付け始めてきてまして、今月末はこの花一色になる勢いです。

 ところどころに見る山野草に目をつけて・・。

    まずは、トリアシショウマ
d0251572_07455990.jpg
たくさん咲いているとけっこう鬱陶しい花ではあるのですが、単独でポツンと咲いてたりすると・・無性にかわいく見えるから不思議だ。

     キツリフネ。 

d0251572_07540351.jpg
  この近辺でツリフネ草はなかなか見つからず、そのほとんどはキツリフネ。



  ゲンノショウコ。 もうそろそろ終わりでしょうか?
d0251572_07581294.jpg

   イワガラミ。
d0251572_08161097.jpg
  
  
   ヤマハハコ。
d0251572_08301006.jpg


  ハナニガナ。 この時期、キク科の花のオンパレードといった気配がします。
d0251572_08315267.jpg

  白花シナガワハギ。
d0251572_08322283.jpg

  庭に植えるような花じゃありませんが、野原にあるから似合ってるのかもしれません。
  
 
  オニユリ。 河川敷の土手のすすき野にポツポツと彩りを添えていました。 小憎らしいほどに存在感を出してました。
d0251572_08385368.jpg
d0251572_08392241.jpg

  エゾノキツネアザミの群落。
d0251572_08425763.jpg
d0251572_08432784.jpg
 最初は外来種のアザミかなと思ってたんですが、どうやら北海道固有種のアザミだと判りました。 棘もなくてまるで園芸品種のようです。

この時期、木の実も目立ってきてます。 
  
   ドクウツギ。 名前が過激ですけど・・実際猛毒を持った木であるらしい。
d0251572_09014252.jpg

  オニグルミ。 
  
d0251572_09042669.jpg

  ハイイヌガヤ。 今までイチイかなと思ってたんですが、花後すぐに色づくイチイと違ってこれから熟すそうです。

d0251572_09070475.jpg
 食べられるというんで、またあとひと月後に来てみようかと思います。 果実酒にもなるらしい・・愉しみです。

 久しぶりに野山に入るとこーふんしますね。 ただ、ここんところ熊情報も多く入ってきてるので、車から離れないような場所でしか写真を撮っていません。 山奥深く入っていった昔が懐かしいです。


 でわでわ また



 ランキングに参加しています。 いずれか一つで結構ですので・・ポチっとしていただけましたら・・ブログの励みとなりますゆえ・・よろしくお願いもうしあげます!

 ご訪問ありがとうございました。 またお越しくださいませ。




by aiyababa | 2016-08-08 09:16 | 山野草 | Comments(2)

山野草・・タチツボスミレと思ってたニョイスミレ。

ナマステ!


 趣味の世界ですから、興味の無い方がたくさんいるかと思うのですが、山野草・・特に北海道の山野草に興味を持って早10年。 最初の5年くらいはニセコだの積丹だの厚田だのに行っては林道歩きをして知らない花を見つける喜びに浸っていました。


 ここ4年ほどリスト化を止めてしまってるのですが、現在までのところ約370種確認してます。 


 今持ってる北海道出版会から出している”新北海道の花”図鑑では1300種以上記載されているので3分の一にも達してないのですが・・・せめて生涯500種くらいは出会ってみたいですね。


 以前は知らない花を見つけると、植物図鑑とネットで名前の同定を確認しないと気が済まない時期もあったのだけど・・・


 ここ数年、あんまり固執しなくなった。 


 図鑑では花の色から調べるようになっていて、非常に使いやすいと言えば使いやすいのですが、小生に言わせると判断に苦慮する花の多いこと・・・。 


 「・・こんなことをするために花を見てきたわけじゃないだろ?」って思うようになってきたんですよ。


 丸一日かけて、細君と調べに調べても結論が出ないようなものもあったりで・・・正直・・疲れるのだ・・。


 面倒なものは至極面倒なのだ。


 ちなみに名前の同定という作業をするのに、絶対欠かせないのが情報。 時期、見つけた環境、で、それらを判断するのに写真を一種に付き最低3枚以上撮ったり・・。 全体・花の拡大・葉っぱの付き方が確認出来るアングルとか・・エトセトラ。


 そんなことしてたら・・あとで膨大な写真を整理しなきゃならないわけで・・帰ってからも延々と続くわけです。 けっこうへとへとになります・・。


 植物学者はどういう基準で科とか属とか亜種とか決めてるのか? それぞれの花で実に曖昧な気がするのだ。


  何に対してっていうほどのものじゃないのだけれど、今回紹介するスミレは実に難解な植物の一つでもあると・・小生は思うのであります。


 例えば、通常青色が普通の花に対して、白い花が出来たとすると”シロバナ○○”と別名を付けてたりするかと思えば・・「・・稀に白い花もある・・。」で済ませる時もある。


 前に紹介したミドリニリンソウなどは同じ株から通常種の白花と花弁が緑色のものが数個出来てたりすると、”ミドリニリンソウ”になってしまうし・・っていう具合であります。


 スミレに至っては、もう何が何だかわかりませんよ。 葉っぱの形も綺麗なハート形をしてロート状にすぼまっているものがタチツボスミレかと思えば多少長葉でもその範囲であり、かと思うと葉っぱが長いだけで亜種とみなされ別な名前が用意されたりする。


 スミレ類は雑交配し易いからか? 花の色、形、葉っぱの形状どれをとっても採取された場所の差なのか、微妙に違うのに同じ名前で千差万別なのですよ。


 タチツボスミレで画像検索してみたら一目瞭然。 これみんな同じなの??って感じでほんとにいろいろ出てくる。


 今回掲載する我が家のものは、正直ネットで見る限りどれも同じものが出てこない。ただし、タチツボスミレで検索を掛けた場合ですが・・・。
d0251572_01134283.jpg

  拡大すると・・・
d0251572_01134241.jpg

 花の形はこんな感じ。
d0251572_01134206.jpg

 通常は花は薄い青紫色をしていて、北海道に大繁殖しているタチツボスミレやオオタチツボスミレと葉っぱは酷似してるのだが、背丈が低い分タチツボスミレのほうかな?と思ったり・・。
d0251572_11391314.jpg
 ちなみに・・こちらはタチツボスミレ。


 でも・・・タチツボスミレとはやっぱ違うなぁ・・・園芸品種なのか?とも思ったが、あまりにも普通に道端にあったりすると野生種でしょ!ってことになる。


 ところが・・・ブロ友さんの野迫川倶楽部のけいさんの記事でニョイスミレっていうのが紹介されてて・・・


 あれ? 似てないか? って思ってネットで調べてみたら・・どうやらニョイスミレのようで、とりあえずはスッキリ。


 こーゆーもんなんですよ。 一日かけても判らなかったものが、ひょんなことから判明する。 


 無い無いと思って探してた1万円札が、1年ぶりに出した冬服のポケットの中のポケットから出てきたりとか・・。 


 北海道でもごく普通に見られるスミレ類だったので、我が家の庭への植生は一応合格。 だけど・・今回も名前の同定では疲れました。 


 北海道で坪型の葉っぱをしたスミレはオオタチツボスミレ!って固定観念があって、今までず~~っとそう思ってたし・・。


 庭に移植したのは細君なのだけど・・・最初は「この花は繁殖力強いから庭なんかに植えたらあっという間に広がって雑草扱いだよ・・。」などと言ってたのだったが、思ったより地味な活動家であったようで、それほど拡張するには至っていない。 ただ、他の花に比べての話であって移植5年目の今はあちこちで見かけるようになっている。


 タチツボスミレやオオタチツボスミレよりは背丈も低く、キュートな感じがしていい。 ・・と思う。


 スミレ類は花期が比較的長いのでそれなりに楽しめて嫌いじゃないけど・・これからは咲かせる場所を選ばないといけないかなと・・・やっぱり日当たりの良い道端が似合うかな・・。 


 少しづつ道端の方へ移植していこう。


 ニョイスミレでした。



 でわでわ また





 ランキングに参加しています。 いずれか一つで結構ですので・・ポチっとしていただけましたら・・ブログの励みとなりますゆえ・・よろしくお願いもうしあげます!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 雑木の庭へ
にほんブログ村

 ご訪問ありがとうございました。 またお越しくださいませ。
 
 


by aiyababa | 2015-05-11 13:47 | 山野草 | Comments(4)

萌えの季節。


ナマステ!


 例年ならまだ蕾のころ・・・今年は早い早い。 桜前線も北上して我が町も桜が満開。
d0251572_21543485.jpg

 五月一日から三日まで帰省しておりました。


 行く先々、新緑の始まった萌えの季節でありました。


 ご近所の小さな神社の境内・・エゾエンゴサクが咲いているので毎年楽しみにしているのですが・・今年は・・
d0251572_22140543.jpg



  若干ピークを過ぎていましたが・・今年もたくさん咲いてました。
d0251572_22141323.jpg

 
             白花も
d0251572_22143645.jpg

      
            ピンクも・・ピンボケですが・・
d0251572_22143886.jpg

 
   アズマイチゲもちらほら・・
d0251572_22144531.jpg

   なかなか幸先のいい出だしです。

 
   今回は海岸線のルートをたどり北上です。


      途中、雄冬の展望台で昼食。

 
d0251572_22330856.jpg

 GWの割には訪れる人も無くて、ちょっと拍子抜けをしてしまいましたが・・行ってみれば展望台から先の遊歩道はダメージを受けて通行止め。 木道の方はちょっと薄気味悪くて歩く気がしない感じで・・写真に見える鉄の階段を往復しただけだったが、階段に腰を下ろしてやっと葉を見せ始めた初々しい木々の芽出しと日本海を眺めながら昼食とした。
d0251572_22331176.jpg

 イタヤカエデの花と葉っぱ・・かな?


 オオカメノキの葉っぱの成りたては独特の形をしていて・・なんだか親しみを感じる。
d0251572_22331628.jpg


 が、かたや、既に花を咲かせていたり・・。
d0251572_22331368.jpg

 しわしわの深い、丸みのある葉っぱ・・・・是非是非庭に植えておきたい木の一つですよね。 我が家にも2本ほど小さいのがありますが、いつになったら花を付けてくれるのか・・?


 で、細君の実家に到着して翌日・・・山野草の咲き具合を見にいつも行く林道へ。


 ただ・・お目当ては山野草もそうですが・・山菜のチェックも怠りません。


 手始めに・・こごみ。

     伸びきったものもあったが・・
d0251572_23543623.jpg

  丁度いいのも。
d0251572_23283533.jpg

 ロケーションがいいんですよ。 他でも出ているところは沢山あるのですが、タイミングが合えば、いつもここで採集してます。 太くて・・やわらかくて・・・癖が無い。 


  蕗を採ってきても良かったのですが・・まだまだかな?と思いこの日は思いとどまりました。

 ところが・・まだ早いだろうと思っていたウド・・めっけ。
d0251572_23281382.jpg

 ウドはこーゆー斜面にあるのは冬の間に土砂がかぶさってて白いところが長い確率が高いんですね。 

 まだ出始めでこの他に何本か確認しましたが、採ってきたのは3本だけ。 初物をちょっと味見する程度です。


 ここは札幌とか旭川とか大きな街も無いところだしマナーの悪い山菜採りの人もいないし気持ちよく採れますが、絶対的に消費が少ないので数本獲れば十分なんです。 


 山野草もいっぱい。


  まずは川岸に咲くヤチブキとエゾエンゴサク。
d0251572_23273700.jpg

 
 林道沿いの姫イチゲ。
d0251572_23274222.jpg

  そして・・・
d0251572_23274651.jpg

 これをみて直ぐに判った人がいたら山野草通・・かな。

  この葉っぱの下で開いた花・・
d0251572_23274953.jpg

        オクエゾサイシン・・でした。 


  細君が・・姫ギフチョウを見つけて・・・姫ギフチョウはこの野草に卵を産み付けるらしくて、切っても切れない関係なのだと・・うんちくを披露されて・・そーいえば・・天然記念物らしいこの蝶々・・この辺でよく見かける・・。


  エンレイソウもこのあたりのはちょっと色が緑がかっている。
d0251572_00323506.jpg

  帰り際・・・春紅葉(もみじ)   萌えの表情を春紅葉とはよく言ったものだなぁ・・と感心。
d0251572_23280141.jpg

 ちょっと赤系統が足りませんが・・今これから新緑に向けて色付く頃です。


   場所を変えて・・・


  オオバナノエンレイソウも。
d0251572_00321282.jpg

  ミドリニリンソウも見つけました。 見つけたのは細君ですが・・。 
d0251572_00381749.jpg


   いやいやいや、この時期ほんとに楽しい。 エゾノオオサクラソウも群落で咲いてましたし・・このほかにもいろんな花が咲いてましたが・・とりあえず・・以上。


  そうそう・・蕗を採りに行きました。 居ても立っても居られなくなったのです。 家の近くを散歩してていい蕗だったものだから・・。 前日とは別な場所ですが、実家の近くの同じ川の下流です。
d0251572_00431668.jpg

 北海道にしたらそれ程大きいものじゃありません。 50~60センチくらいでしょうか? 


 あく抜きして・・筋取って・・・これもこの時期、蕗の内部に虫食い?が少ないので美味しいですが、本州の青蕗程綺麗な緑をしてなくて、やや濁った緑なのでそれに比べれば見た目は悪いですが・・味は・・引けを取りません。
d0251572_00564758.jpg


 帰ってきたら・・アスパラが食べごろに伸びてました。



  春は楽し・・嬉し・・美味し。



 でわでわ また


 


 ランキングに参加しています。 いずれか一つで結構ですので・・ポチっとしていただけましたら・・ブログの励みとなりますゆえ・・よろしくお願いもうしあげます!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 雑木の庭へ
にほんブログ村

 ご訪問ありがとうございました。 またお越しくださいませ。





by aiyababa | 2015-05-04 01:13 | 山野草 | Comments(2)


「みちくさ」 ちょっと覗いて
最新の記事
以前の記事
最新のコメント
カテゴリ
タグ
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧