あいやばばライフ


北国初心者・家事初心者の日々・喜怒哀楽を・・・。
by aiyababa
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

2018年 10月 02日 ( 1 )

声はすれども姿は見えず・・・。

ナマステ!



 ここ北海道当別町・・台風が来たのかどうか全く分からないまま・・いつも通りの平穏な日常がやってきています。 そして、台風が近づいてきた昨日より今日の方が滅茶苦茶風が強くて、台風が逆戻りしてきたのか?って思えるほどです。




 昨日、「・・・なんだよ、結局台風なんて来なかったじゃないか・・」と、トマトやナスの囲いを外さないで良かったですよ・・・。 




 ちょっとこれからの我が家の生活リズムが一変するかも・・という用事で外出してたのが幸いしました。
 
注:実はペットショップに行ってました・・。 のちのち記事にでも・・。





 で、ここから本題です。



 
 先日、珍しくFじーが小生宅にやってきました。 



 実はFじー・・・へまというかドジというかオオボケというか・・ダッシュボードの吹き出し口のフィンにボールペンを差し込んでいたところ・・間違って中に落っことしてしまったらしいのです。



 で、ファンを回す度にカラカラと音がして不快な事この上ない・・・と、のたまっておりまして、早速ボールペン救出計画を立て、必要グッズを購入したりと・・たかだか100円程度のボールペンの救出に数千円の出費を重ねたらしいのです・・・。



 もっとも、ディーラーとか街の車修理工場に持って行って、ダッシュボード周りのパーツを取り外し難なく取り出せても、工賃に1万円とか2万円とか取られたら適わないから、あくまでも自分自身で何とかしたいという強い思いがあったのは確かで、更にFじーの脳裏に浮かんだアイデアというものが、もしかしたら自分でもできるんじゃないか・・とイメージシュミレーションでは・・恐らく完ぺきだった・・・。



  しかしながら・・・”それら”をネット購入して・・いざトライしてみたが・・・イメージとはかけ離れた性能というか車のベンチレーションの作りとかの理解も不足してたわけで、一朝一夕では失われたボールペンを取り戻すことは出来なかった。



 その救出道具は2つあって、いろいろ駆使してやってみたが・・それを同時に操作するのは難しいから・・と、小生に応援要請を乞うてきた。・・・・というのが事の次第であります。



 以上のことは電話で話してても何やらイメージは出来るが、物を見てみないと皆目見当もつけられない内容だったので、



 で、来訪と相成ったわけなんですが・・・



  その救出グッズというものが・・・



  まず一つ目はマジックハンド。 フレキシブルキャッチャー・・とでもいうのでしょうか?
d0251572_19154752.jpg

 
パイプ尻を押すと4つの爪がパイプの中から出てきます。 



  で、これをどうやって操作するかというと・・・



  なんと・・・送風口から内視鏡を突っ込むんですね。 直径5㎜か6㎜程度の筒でこの中にレンズが入ってて、管は柔軟性に富むケーブルとなっとります。
d0251572_19421710.jpg

  注:ピンポン玉のようなものを付けているのは、それがないと先端が筒壁に引っ掛かって素直に進んでいけないとかで急遽取り付けたらしい。 何かと苦労の跡が見受けられました・・・。



  で、先端はもちろんLEDライト付きで暗闇でも見ることが出来まして、これを映すのはもちろんスマホでもOKなのだが・・・



 Fじー・・かたくなにガラケー愛好者なので・・わざわざ家からラップトップのPCを持ってきた。



  ちなみにこんな感じの映像が映ります。
d0251572_20023590.jpg

  注:中央下に映っているのは後から取り付けた針金のフックです。



 以上の二つを中に入れて・・・見つけたらフレキシブルキャッチャーでつかみ取る・・・という構図だったんですが・・・



 いろいろやっているうち、ファンを回した時にボールペンが動きまして、初めてその画像をとらえたんですが・・フレキシブルキャッチャーではたぶん回収できないと判断し、急遽この時に手作りで針金フックを取り付けました。 これをボールペンのフックに引っ掛けてみよう・・と。 で、動いた拍子にピンポン玉なしでも入って行けそうだったのでこれを取り除き、入れてみた。
d0251572_20402306.jpg





 ところがちょっと回すと大きく動き、なかなかピンポイントでたどり着けない。 医者が使う内視鏡とはそもそも性能が違うのだ。 先端が自在に動く最先端技術の内視鏡ではなくケーブルそのものを押したり引いたり回したりして大まかに捜査して内情を見ることは出来るが・・・どうやら医療的な正確さには程遠い・・・。



  画像では捉えてても・・・
d0251572_20462107.jpg

   フックの先端は触りもしない・・・・。




  ガチャガチャやってるうちに、またファンを回してみたら・・・



   なんと・・・




    カラカラ音が聞こえない・・・・。




    どうやら・・・・一瞬動いた後・・ツボにはまったというか・・偶然身動きが取れない隙間に入り込んだらしい・・・。



   結論としては・・・音がしなけりゃ・・これでいいか・・。



    ・・・となった。



  なんとなく・・スッキリ・・とはいかないが、車の持ち主が良いっていうんじゃ・・良いというしかないわけで・・・




 じゃ、内視鏡とかマジックハンドって何だったの?っていうのは無しにしましょう・・・。



  ま、本人が来たときよりも晴れ晴れとした笑顔で帰っていったんだから・・・



   これでいいんでしょうね・・・。



  でわでわ また









by aiyababa | 2018-10-02 10:07 | ???? | Comments(0)


「みちくさ」 ちょっと覗いて・・現在ランキング取りやめ中
最新の記事
以前の記事
最新のコメント
カテゴリ
タグ
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧