あいやばばライフ


北国初心者・家事初心者の日々・喜怒哀楽を・・・。
by aiyababa

2018年キノコ採り ラクヨウ偵察編

ナマステ!



 本当なら12日水曜日に行きたかったキノコ採りだったのですが・・・タイル工事がまだ終えてなかったので若干延び延びになってしまいました。



 キノコ採りというものは実はいつ行ってもいいというわけではなくて、ベストな日ってのがあります。 



 これまでの勘で言うと雨と気温でしょうか? 雨が降っても気温がまだ高い状態だと菌が増殖するまでには至らなくて・・適温になるのをじっと待ってるって感じでしょうか?



 そして、今回は予定より2日遅れで入山したんですが・・・



  出掛ける日の夜中にちょっとした雨が降って葉っぱは濡れてたりしたんですが・・・地面は乾燥してました。



 早速入ってすぐに見つけました。
d0251572_13551751.jpg

   一個は一部ナメクジに食われてます。
  


      そして、一個見つけて・・・
d0251572_16554579.jpg

      付近の葉っぱや枯れ葉を取り除くと・・・
d0251572_16561538.jpg

    更にもう一個現る・・・という典型的なパターン。 



  今回は同じ個所で3個以上まとまって見つからなかったので・・・結果的には・・・取りこぼしを拾ってくる・・・という状況でした。 




 アカモミタケ↓も松林に生える典型的なキノコです。 
d0251572_17014548.jpg


 ハツタケ(初茸)の仲間で、小生の実家のある茨城では”アカハツ”と言って、傷をつけると朱色に変色する特徴がありまして味に癖は無いですが食感はボソッとしてて良くないです。 が、良い出汁のでるキノコです。 小生的には見つけると嬉しいキノコの一つです。



  面白いところでは・・珍しいキノコですがノボリリュウを見つけました。 
d0251572_17082459.jpg

 珍しいキノコを見つけるのも楽しいけれど・・やっぱり大物をゲットするとそれはそれで嬉しい。
d0251572_23054720.jpg

  ちょっと開いちゃったから歯ごたえでは劣るけれども・・ボリュームは十分。 傘の直径が10㎝を超えるものは実に珍しい。 一応こんな大きさでもラクヨウです。



 ただ・・山に入ると・・ウルシがすごい。 今年は春から2回もウルシに掛かってるから、これから何度も山に入るけどそこんところ気を付けないと・・またひどい目に・・
d0251572_23150855.jpg
  こーゆー場所には生えてこないでほしい・・・。



  およそ2時間。 山をうろつきましたが、収穫はこの通り。 鍋の水面に空きが出るくらいですから量は推して知るべし・・。 塩水に浸けての虫出しです。
d0251572_23401748.jpg


 ここんところの晴天続きでキノコも次の世代の登場はほとんどなくて・・この感じだと・・一旦切れますね。 次回は一旦相応の雨降ってからですね。



 他にラクヨウと同時期に出る同じイグチ科のキノコでシロヌメリイグチ・・というものがたくさん出ていたので・・保険の意味で収穫した。



 このキノコは何故かラクヨウと味も食感も酷似したものなのにだ~~~れも採らない。 本気で持ち帰ってきたら大量に採れたはずだけど、状態の良いものだけに特化して持ってきたので左程採ってないけど、ラクヨウ自体の収量が少ないものだから・・結局一番目立つ・・。




  ここで2時間ほど虫出しをしてキノコを洗い・・キノコ飯にする分だけ別にして残りは全部冷凍保存に回しました。



  キノコご飯は炊き込みじゃなくて混ぜご飯。 甘辛に煮て鶏肉とニンジン・牛蒡、そして今回は糸コンを入れました。



  写真は・・・・無し。 昨年の記事でも参考にしてもらいましょうか?  



  でわでわ また






by aiyababa | 2018-09-16 14:43 | 山菜・きのこ | Comments(0)
<< 招かれざる者・・ブルーベリーの... またもやられた・・。 アライグマ編。 >>


「みちくさ」 ちょっと覗いて・・現在ランキング取りやめ中
最新の記事
以前の記事
最新のコメント
カテゴリ
タグ
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧