あいやばばライフ


北国初心者・家事初心者の日々・喜怒哀楽を・・・。
by aiyababa
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

タグ:DIY ( 113 ) タグの人気記事

スチール物置前アプローチ用ステージ製作。

ナマステ!




 平昌五輪の公式ホームページ地図に日本列島が描かれていなかった事実に”故意ではない”と言い切ったコリアンの関係者。 日本より小さい台湾、スリランカの島が描かれフィリピン、カナダ、インドネシアの細かい島々までがちゃんと描かれてて日本列島を書き忘れたって?? ありえないでしょ。 グーグルマップを拡大していけば竹島のみならず対馬や隠岐の島までが韓国領みたいな書き方をするし・・北朝鮮北朝鮮というけれど、韓国ですら嫌悪感を感じる小生・・・どうも朝鮮民族っていう輩はでっち上げとか作り話が得意でうさん臭くて好きになれません。 




 と、出だしからあまり機嫌のいい話題じゃなくてすみません。 あまりに呆れた国家レベルのニュースが飛び込んできたのでついついコメントを書いてしまいました・・。




  で、昨日の記事でちらっとミニ耕運機のことを書きましたが、昨日はそれを物置に仕舞うために物置入り口と同じ高さのステージ作りをしました。




   まずは・・・ミニ耕運機をステージにあげた後に直角に振り回すためのスペースを確保しないといけないので、木造物置周りの石垣を一部改造をかけて、ステージスペースを確保しました。  まずは改造前。
d0251572_21244466.jpg



      改造後。  木造物置のドア前のスペースがなくなりました。
d0251572_21260147.jpg


   これを終えて・・・やっと寸法どり。 45x45の垂木材でフレームを組みます。
d0251572_21314652.jpg


   そして、防腐剤の塗装です。



   で、これを組み立てた後に物置前に移動して・・・支柱を立てます。 当別あたりでは凍結深度は確か65㎝?だったかと思うけれど・・そこまでは掘らずに・・その半分のせいぜい30cm。 雪が積もればそこまでは凍りません。
d0251572_21370812.jpg


   内側のフレームがいい加減な位置なのは・・上に載せる板材の寸法に左右されてます。 ステージ用の板材は当然ながら余り物で作ったので、こーなりました・・・。 




    これに板を張り付けまして・・・ 右が30cm幅のしっかりした2枚。左が長さ1・2mで幅15㎝の雪囲い用に作ったものを解体して使いました。
d0251572_21415711.jpg


   夜の7時までかかってやりましたが・・・残念ながら終わらなくて・・・夕食の準備優先ですし・・・。




   というのも・・昼間ちょっとしたハプニングがありまして・・見知らぬ人が訪ねてきてですね・・



  「ちょっとすみません。 これこれこーゆー加工をしていただきたいんですが・・できないでしょうか?」という依頼を受け、正味1時間ほど、その方の依頼品の加工に時間を割くことになってしまったのであります。



  何のことはない壁のサイディングボードを8cm幅で切ってほしい・・と言う単純なものだったんです。



   でも結局・・・これが仇となって・・一日で終わらなかったのは・・不覚!  



   でも・・一日としてはそれなりに充実してたんだから良しとしますか・・・。





   ま、でも木工は面白い。 






   で、今朝、余った時間を利用して・・残りの板を取り付けて・・・完成。
d0251572_21444790.jpg


   あとは取り外し可能なスロープを置くだけです。





   でわでわ また




   ⇓
ランキングに参加しています。 いずれか一つで結構ですので・・ポチっとブログ応援よろしくです。 別窓で開きます。 







   ご訪問ありがとうございました。 またお越しくださいませ。
   






by aiyababa | 2017-09-29 22:40 | じぶんちの畑 | Comments(0)

ひっさしぶりのテーブル磨き。

ナマステ!



 昨日は台風襲来日。 外仕事が出来なかったので、以前からチャンスをうかがっていたテーブル磨きをしました。



 久しぶりにやった理由は・・・細君に催促されてたこともあるんですが・・・次回は1,500番までのサンドペーパーで磨いてみたいっていうのもありました。



  600番から始まり・・
d0251572_23092266.jpg



  800番。



  1000番。
d0251572_23093992.jpg




    そして最後に1500番をかけて・・・
d0251572_23100772.jpg


  「・・・・。」



     見た目変化ないです・・・。 触り心地は違ったんですけどねぇ・・・。





   天然ワックスを塗って・・・
d0251572_23121867.jpg




      艶が出ました!





  結局・・・最初からワックスを塗るだけでも良かったのでは?  






   ・・・そーいっちゃぁ・・おしまいだけど・・・。




    でわでわ また



   ⇓
ランキングに参加しています。 いずれか一つで結構ですので・・ポチっとブログ応援よろしくです。 別窓で開きます。 






   ご訪問ありがとうございました。 またお越しくださいませ。





by aiyababa | 2017-09-20 20:50 | じぶんち | Comments(0)

犬走りの改修・・その3 コンクリ打設と縁石並べ。

ナマステ!




  久しぶりの手練りコンクリートは、骨の節々に来ますねぇ。 疲れました。
d0251572_20080538.jpg



  手練り用のバットというか舟、ぎりぎりセメント一袋分用の容量はあるんですが、あまり強度の必要のないコンクリート・・例えば捨てコンレベルのものだと・・無理がある・。 と、書いても何を言ってるのか分からないでしょうから説明しますと・・・



  コンクリートは捨てコンと言われる型枠をきちんとセットするための、強度をそれほど必要としないコンクリートがあります。 あとでマーキング(墨出し)をしたり、ある程度の精度をもって高さを出しておかねばならないコンクリートです。



  我が家で打つコンクリートはこの強度の低いもので、セメント・砂・砂利比が1:3:6という容積比で作りますが・・・強度を必要とするもの、例えば1:2:4でやろうと思えば容積比で3分の2で済むことになりまして(セメントの割合が高くなりますので・・)、骨材を入れてもけっこう余裕が出てくる・・のでありますが、強度をそれほど必要としないものだと、舟に並々っていう事態に陥ってしまうのです。



 ということで、強度は要らないので捨てコン程度のコンクリートを打つことにしたのですが、計量はセメント1袋じゃなくて1/2袋で行こうということにしまして・・・あらかじめ作ってある計量箱できちんと量って入れてます。
d0251572_20064607.jpg



  
  量を半分にして、捏ねやすくしてますが、結局1回で済むところを2回捏ねなくちゃいけないから仕事量は一緒・・かもしれませんが・・最大限に出す力はやや少なくて済むのでやっぱり楽でしょうか。 


 で、合計3バッチ++。 セメント1.7袋分でしたかね。 他にも並行してやることがあったので・・たったこれだけでも二日間にまたいで終えました。
    

   まず東側から・・・
d0251572_20231619.jpg

  

     そして・・西側。  型枠の抑え方はまちまちです。 でも・・・壊れないなら多少のゆがみはたいした問題じゃありません。
d0251572_20231622.jpg


   で、一日経って・・・型枠を外しまして・・・
d0251572_20264029.jpg


   まっすぐ打てましたよ。 この上に載る縁石よりやや大きく打ててりゃOKなので・・・。


  で、型枠に使った板。 洗いましたよ。 たった一回数か所ビスを打っただけで、薪になるのももったいないし・・・。 またどこかに使います。
d0251572_21534543.jpg


  
   この後は家の基礎壁の補修を兼ねて・・モルタル補修です。



    たとえば・・こんなところを・・・
d0251572_20323580.jpg


    こーして終了。
d0251572_20330937.jpg


   で、いよいよ縁石ブロック積み・・です。



    水糸を張って・・・それに倣って・・・置くだけですが・・・意外と難しい・・・。
d0251572_21550522.jpg


    それでも翌日には終えて・・・
d0251572_20352530.jpg



       西側の方も終了。
d0251572_20391687.jpg




   久しぶりにダイヤモンドカッターを使って、縁石の長さ調整をしました。 あんな固いものを・・いとも簡単に切れ目をつけて・・ダイヤモンドカッターを考えた人はすごい・・。




   と、これで一応目的の改修工事は半ば終了。 あとはもう一度砂利を敷きなおして・・・色石を並べて・・・終了ですが・・・



   それらはまた・・次回。



   でわでわ また



   
ランキングに参加しています。 いずれか一つで結構ですので・・ポチっとブログ応援よろしくです。 別窓で開きます。 






  ご訪問ありがとうございました。 またお越しくださいませ。






by aiyababa | 2017-08-29 21:55 | じぶんちの庭 | Comments(0)

犬走りの改修・・その2 型枠設置。

ナマステ!



  前々回の続きです。



 犬走りの縁からスギナが伸びてきているのは当然といえば当然。 防草シートを敷いたのはいいけれど、縁はテープで全周に渡りコンクリートに張り付けていただけなので、当然完璧に張り付いているわけもなかった。



 で、あちこちからスギナが伸びてきてたわけですが・・・北側の犬走りはこれを見て防草シートの縁はコンクリートで抑えようと改造に掛けたわけですけど、南側も同様にコンクリートで抑えようと・・。



  で、前の記事で表層の砂利の回収と洗浄まで終えた犬走りで、今回は型枠の設置です。



  その前に・・縁石代わりに打つコンクリートですが、その中に一応つなぎ役として網目10cmのワイヤーメッシュ(太さ3.2㎜)を買って(1mx2m)これを10cm幅で切断してコンクリートの中に埋めこもう!と。



  で、壁や縁石から引きはがしたシートをめくり、軽く整地です。
d0251572_05415734.jpg


     で、型枠をセットして・・・
d0251572_05420504.jpg

    出来上がりがこんな感じです。 まず東側。
d0251572_05442886.jpg



      そして、西側。
d0251572_05443251.jpg

   一度取り外した縁石を使って、型枠の保持です。



   HCに行って砂・砂利の購入も済ませました。 詰め放題で518円だったかな? 砂も砂利も一緒の値段です。 
d0251572_05570759.jpg


   通常はどうやら40kg前後らしいのですが・・・小生が詰めると50kg以上入れてしまいます。



   詰めたのはいいけど・・積めるか?って話ですよね。



   ショーもないダジャレですみません。 袋がちぎれそうになりましたが・・ギリギリ持ち上げられました。 砂とかは形が崩れて持ち上げづらいんですよ。 ヤサオトコは力もないし・・。



  余談ですが・・この”与えられた袋”は耐用品とは言い難く、耐候性も全くないため、砂・砂利が余ったら他のしっかりした土嚢袋に入れ替えておいた方が賢明です。
  


  で、型枠が設置されたところで・・・いよいよコンクリート打ちですが・・こちらはまた次回に・・。




   でわでわ また



  追記: さっき調べたらサンバートラックの最大積載量は350kgでした・・。 ということは50x8袋で400㎏・・。 



    積載オーバー・・ということに・・なるね。 ここはかたくなに”一袋40kgであった”ということにして・・合計320kgっちゅーことに!



     偽装? ま、公文書でもないし、実際量った人もいなかったし・・40kg・・。 これで行きましょ!



   でも・・ハナちゃん偉い。 フツーに走れてました。 



    惚れ直しました!



       
ランキングに参加しています。 いずれか一つで結構ですので・・ポチっとブログ応援よろしくです。 別窓で開きます。 







   ご訪問ありがとうございました。 またお越しくださいませ。






by aiyababa | 2017-08-28 20:42 | じぶんちの庭 | Comments(0)

犬走りの改修・・その1 色石回収

ナマステ!



 やっと記事にできます。 ついに始めたというか、やっと始められたというか・・



 犬走りの改修工事です。 北側の犬走りは昨年終えまして・・・今回は南側の犬走りです。



 今回の工事は長丁場になるので・・数回に分けての記事になると思います。



  というわけで、始める前の状況からですが・・・
d0251572_20534492.jpg


    写真にもあるように、今回の改修理由の一つは・・・



    スギナの侵入です。 これはいずれ侵入すると覚悟してましたから、改修時期といえば時期なんですが・・・



    もう一つの理由は・・・色石が目立たなくなってしまったってことでしょうか? 元々は一番下に敷いた小砂利の上に不織布を敷いて、その上に色石を置いていたんですが・・・



   不織布は耐候性は余り無かったんですね。 翌々年あたりにはボロボロになっていました。 下に敷いた砂利の色が茶系統の色だったので、見栄えが悪くなっちゃったし、色石も雨だれ位置あたりの石が移動しちゃったのか、空白地が沢山出来てしまって、茶色=土色・・というか、汚れた色・・みたいな感じで・・・



    いずれにしろもう一度並べ替えたほうがいいだろうということで、一旦回収しました。
d0251572_21062729.jpg


    土嚢袋はそれぞれ色別に回収して入れてます。
d0251572_13190006.jpg


    

    色は・・白系、黒系、緑系、赤系、茶系の大まか5つ。 それにビーチグラス、瀬戸物、浮き球、貝等々。



    地道に集めた色石ですが・・土嚢袋で10数袋になってます。  意識して集めた緑と赤はそれなりに多いんだけど・・そのほかの色はそれほど多くはありません。 更に、今一つ意思統一(石統一?)が出来てなくて、守備範囲が広すぎるというか、小生のイメージとかけ離れた石も結構混じっていて、あまりメリハリがなくて扱いに困るのものもあります。 全体的に見れば10%くらいでしかないのだけど、これらの石をどう配置するか・・その辺が悩むところです。

  石自体はきれいな模様をした石が沢山あって、単独で飾るなら申し分ない石なんですが・・・いうなれば、田舎の学校に来た東京の転校生・・ま、50年前の話ですが・・F田佳子(よしこ)ちゃんみたいな感じで・・周りとの釣り合い取れないんですよ。 よしこちゃん可愛すぎたからねぇ。 


  子供ながらに「・・こーゆー子が女優になんだっぺなぁ・・。」などと思ってたんですが・・ならなかったところを見ると、やっぱり上には上がいるんだな・・と・・。



  まったく関係ない話・・・でしたね。 



  で、色石の回収を終えて・・・ボロボロの不織布も取り除いて・・すっきりしましたが・・・
d0251572_13213804.jpg

  よく見ると、石と石の間に泥がいっぱい・・・。 暗渠の穴も砂で塞がっている感じです。
d0251572_17452191.jpg




   5年分の埃とか、運ばれてきた土とか、砂利が押されたり擦れたりして砂になってまして・・結構目詰まりを起こしている傾向にあった。



  最終的に色石を敷く前に、雨水の流れを良くしておかないといけません。 まだ完全に目詰まりはしてませんが、今後ならないとも限りません。 掃除するなら今がチャンスですので・・。



   で、簡単に清掃することにしました。 



  新たに網を買ってきて、ふるいを作りまして、土や泥を簡単に洗い落としました。
d0251572_17480945.jpg


   とりあえず・・・表層の砂利だけを回収し・・・・
d0251572_17492592.jpg


        洗浄しました。 
d0251572_19072085.jpg



   とりあえず、今回は砂利洗浄まで。



    続きはまた次回。



  
   でわでわ また


   
ランキングに参加しています。 いずれか一つで結構ですので・・ポチっとブログ応援よろしくです。 別窓で開きます。 






  ご訪問ありがとうございました。 またお越しくださいませ。



  


by aiyababa | 2017-08-25 21:44 | じぶんちの庭 | Comments(0)

雨樋の続き。 配管施工編。

ナマステ!




  開度90度の雨樋を2つ作ったところまでは記事にしましたが・・そのあと・・・



  雨水が合流してからは塩ビの配管で池までもっていくことにしました。 



  配管の太さは40mm。 なぜ40mmかというと、うちに40mmのパイプが2m程余ってたからであります。 



   それと、1インチ・・25mmのパイプじゃ細い感じがするし・・・50mm径じゃ太すぎる。 それにこれらは全部買わなきゃいけないから高くつく・・という諸々の事情から・・40mmがちょうどいいとなったのであります。 大雨が降ったら対処しきれないと思うけど、それだけの大雨だったら・・雨水の回収をする必要なく池には水が溜まるし・・・降りが少なくても少しは回収できるかな?っていうと・・40mm。 設備屋の勘も働いてます。



  で、まずは合流桝から・・
d0251572_18013894.jpg


   上手く止水してくれるかどうか不安ですが、桝はすべてシリコンコーキングとしました。 プラスチックとかタイルなら愛称は抜群でしょうが・・木との相性は?です。 



    で、次の段階は塩ビパイプの調達です。



  ハナちゃんを飛ばして近くのHCに行ったら・・・時々お世話になっている古物商のSさんとばったり出くわしまして・・



  一応・・念のため・・「40か50の塩ビパイプなんてあります??」って聞いたら・・



  「確かあったよ。 勝手に持ってっていいよ!」っていうもんだから・・その気になったんだけど・・行ってみたら40と50それぞれ2.5mに4mの長さで、両方ともVUで排水管には最適! 十分使用に耐えうるもんでした。  「ほんとにタダでいいの?」ってもう一回念を押したんだけど・・「いいよ!」っていうものだから有難く頂戴してきました。 もっとも、小生も時々鉄くずや使えなくなった電動工具とか家電のモーターとかをタダで差し上げているのでその辺も考慮してのことかもしれません。



   いわば・・Give & Take・・Win-Winの関係みたいな・・・もう死語かな?



   いずれにせよ、パイプ代はタダとなり・・あとは必要最小限の継ぎ手を買って・・
d0251572_18192575.jpg




   配管接続作業の開始です。



    さっきの木の桝に出口のソケットを取り付けて、周りをシリコン固めです。
d0251572_18191652.jpg



   言い忘れたけど・・・今回の配管作業・・桝から最終パイプまで、3分割にして組み立てます。 この雨水回収装置が必要ないときにすぐに仕舞えるようにです。  その一つ目が上の合流桝です。
d0251572_18335461.jpg


  そして。イチゴエリアを横断して池エリアまで延ばしたのが2番目のパイプです。
d0251572_18335780.jpg



  で、最後は最終放流パイプ↑。



   先ほど不意に雨が降ってきまして、ものの数分で止んでしまったんですが・・降り始めから3分後にはもう池に放流されまして・・上出来上出来!
d0251572_19131938.jpg



  ただし・・問題がありまして・・シリコンの硬化時間が24時間となってまして・・実際・・シリコン塗って・・まだ5時間でしたから・・まだ完全硬化とまでいってないかも? なんですが・・・もし・・漏れたとしても・・たいしたことないでしょうから・・良しとしましょう。



  で、残りの50のパイプは??っていうと・・・物置とハナちゃんの車庫の屋根の雨水を回収するために使わせてもらいましょう。



  差し当たって、75のパイプも2本ほど都合つける必要がありますか・・・ね? またSさんに聞いてみよ~~っと。



  
   でわでわ また


   
ランキングに参加しています。 いずれか一つで結構ですので・・ポチっとブログ応援よろしくです。 別窓で開きます。






  ご訪問ありがとうございました。 またお越しくださいませ。



  


by aiyababa | 2017-08-12 10:04 | じぶんちの庭 | Comments(0)

ビオトープの水位がピ~~~ンチ!

ナマステ!



 今年になって一番水位が下がった我が家の池とビオトープ。
d0251572_19151809.jpg




 井戸水を補給!って言う手もありますが、井戸の水位とかも考えると、一度に大量の補給は難しい。 というより・・・小生の体力が・・。 ガチャポンを20分以上連続で動かすのは現状・・無理。



 現在の水位は井戸水タンクから一度補給したくらい(600リットル)ではたぶん全然足りなくて、その倍は補給しないと間に合わない量であることは間違いありません。



  雨が降る前の水位で行くと・・池とビオトープは本来繋がっているんですが・・・今は縁が切れてまして、このままいくとあと5日くらいでビオトープの水面はなくなると思われます。 
d0251572_19142539.jpg



  で、ついに動きました! 雨水を回収する配管は前回の雨の時も使っていましたが、今回は更に、直接屋根の水を池に送ろうというもので、屋根軒下に付ける雨樋を地面に置いて雨水を回収しようというものです。



  で、どんなものか簡単に、ものの10分で終了する程度の簡易回収装置を作ってみました。



      まず板を置いて・・
d0251572_19174532.jpg


    
     次にビニールシートをかぶせて、板とシートが倒れたり煽られないようにして・・・
     
 
d0251572_19175366.jpg


     出口はホースをつないで・・先は池の中に・・・っていう感じです。



  で、台風5号の余波で雨模様になった9日、期待して待ってみたんですが・・・地面がやっと濡れる程度のお湿りしか降らなくて、期待は100%裏切られました。  半日くらいは雨降りでしたが、全部足しても5~6ミリ程度の降雨量じゃなかったか?と。
d0251572_20311788.jpg




  あと3cm水位が上がるくらい降ってくれたらいうことはなかったんですが・・。  上手く機能しなかった原因の一つに、雨樋内のたまり水が多すぎたこと。 今のままだと、溜まった水は縁石を超えるレベルまで貯まらないとオーバーフローして池のほうには流れないので、非常に非効率的であった・・。 これに尽きるかな?




 この結果を受けて・・・本腰を上げました。 




   「・・もちょっとましなものを作るか・・。」



   で、先の木曜日・・・最後の長板の余り材を使って雨樋を作りました。
d0251572_20383547.jpg


    
    90度の角度をつけて・・・45度の角度に材を切断する場面も出てきました・・。 頂点が90度の三角形の板を作りそれをボトムに貼って板を固定しようということです。
d0251572_20385392.jpg



     雨樋の受けです。 高さを変えてありまして、3cmの勾配が付くようにしてありますが・・実際の勾配は現場に合わせて調整が必要となると思います。

d0251572_20400576.jpg



    で、こんな感じで軒下にセットしまして・・・
d0251572_20513553.jpg


    同じものを2つ作りまして・・合流した後・・別配管で池まで伸ばす予定です。 




     初日はここまで。 この先は材料調達・・しないといけないので・・・。



    
    塩ビパイプにしようか、フレキホースにしようか・・迷うところです・・・。




  でわでわ また



   
ランキングに参加しています。 いずれか一つで結構ですので・・ポチっとブログ応援よろしくです。 別窓で開きます。 






ご訪問ありがとうございました。 またお越しくださいませ。




  

by aiyababa | 2017-08-11 20:53 | じぶんちの庭 | Comments(0)

西側薪棚付近の片付け・・その1 扉の設置。

ナマステ!



 この春・・Fじーの実家の総ざらい?で粗大ごみ行きのところを踏みとどまらせて・・小生が引き取ったっていうのがいくつかありまして、園芸用花壇の仕切りというか、塀代わりに設置する格子状の板もその一つ。



  以前、物置前のハナちゃんの車庫の薪棚に同じようにこの格子を使って、ぼろ隠しを作ったんだけれども・・
d0251572_08293472.jpg




 実は格子はまだ余ってて・・西側薪棚の通路に置きっぱなしにしてあったんです。 
d0251572_23114161.jpg


   西側薪棚は他からは見えない所にあるので、庭に置けない邪魔なものは薪棚通路に取り敢えず置いてしまう・・という悪循環がこれまであったわけで・・正直あまり褒められたものではありません。



  で、この格子を使って・・今度は通路出口に扉を作ろう!ということにしました。 



  釘やらピンやらを抜いて一応見栄えを気にして・・・。
d0251572_23121059.jpg
  
    枠を作って・・・みました。
d0251572_23124186.jpg



  大きさは違うけれど丁番も取り付けて(余り物同志)・・・完成です。
d0251572_23131186.jpg



  でも、なんで扉を?っていうことなんですが、・・ここは野良猫の休憩所とか通り道になってまして、ここを通って我が庭にひょっこり現れ、庭を通過して池の渡りを渡った後にこの通路を通ってお隣に向かったり・・と・・・何かと庭を横切るルートとして欠かせないところになってるのであります。 夏はお隣の廃屋はうっそうと草木が生えて歩きにくくなってるので、ついつい歩きやすい薪棚通路を使うのです。



  ついでに野良達は雲固を平気でするし、池の魚は狙うし、出来る限り排除し、懲らしめてやりやい気持ちでやってますが・・なかなかしぶとくてねぇ・・。



  ま、そーゆーことで、前々から扉の必要性は感じてたところなんです。 ただ・・木製の扉ですし、このままでは簡単に登られてひょいと乗り越えていってしまう気もしますが・・乗り越えたら唐辛子攻めにあうように罠でも仕掛けておきますか・・。



  次回・・DIYは支柱置場の記事の予定です。



  でわでわ また


   
 ランキングに参加しています。 いずれか一つで結構ですので・・ポチっとブログ応援よろしくです。 別窓で開きます。 






  ご訪問ありがとうございました。 またお越しくださいませ。






by aiyababa | 2017-07-26 08:36 | じぶんちの庭 | Comments(2)

ちょっとだけDIY

ナマステ!



 自身、塀作り以来の木工作業になりました。




 一つは・・・風除室にある棚の改造。  これは以前、Fじーの実家総ざらいの時に・・不用品として粗大ごみに行くところを・・薪として十分燃やせるからと・・引き取った経緯のある一品。
d0251572_18294709.jpg



   そのまたあくる日に・・今度はスノコを引き取ったんだけども・・・




   今回そのスノコを利用して、棚の中にまた棚を作ろうというものです。




   あまりにバカバカしいくらい簡単なので、DIYとして入れちゃっていいのかどうか迷ったんだけども・・・塗装もしたし、それなりに見栄えもしたからいいんでないか・・ということで、



   制作風景。
d0251572_18300293.jpg



      脚を取り付けて完成。
d0251572_18301229.jpg


    ちょっとオリジナルと色が違うけれども・・ご愛敬。 ちなみに靴以外では・・下段左側のプラスチックボックスに・・野鳥とエゾリス用のえさ置きとなってます。 二つに分かれているんですが・・青米(スズメ用)とクルミ(リス用)を入れてあります。青米はそろそろ底を突きますが・・クルミは残念ながら昨シーズンの消費はほとんど無し・・と言う状態でした。




 ここに靴置場を作ったのは、泥をできるだけ室内に持ちこまないようにするためであります。 


  将来犬猫を室内で買う予定がありまして・・・泥を室内玄関まで運んじゃうと・・一応境界は作るとしても、土足側に入り込む可能性はゼロではないので・・できるだけ少なく・・ということです。 



  話が横に逸れちゃいましたが・・もう一つは・・



  庭入り口の扉の修正。



   何度か雨が降って、木材も収縮を繰り返して来たら・・・扉がだんだん下がって来てしまいました。



   恐らく・・基礎が沈んだんでしょうね。 
d0251572_18432020.jpg


   上の写真を見ると、両扉とも中心に向かって下がっているのが判ります。



    これを水平に保つには実際には約15mm程持ち上げなければなりません。
d0251572_18433450.jpg

   30cmの水平器で片側が4~5mm差があります。



   ここんところこの扉に使っている閂(かんぬき)を動かすとき、両扉とも先で下がってますので、ちょっと引っ掛かりが激しくなってきてまして、この落ち込みを解消しないといけなくなってきてました。



  
  で、薪棚側は動かせそうにないので・・・反対側の庭側の支柱を少し起き上がらせるべくつっかえ棒を打つことにしました。



  こんな感じで支柱をちょっとでもいいから立たせました。 荷造り用のベルトを引っ掛けて・・
d0251572_18433882.jpg



   起きたところをビスで揉む!って寸法です。




   10ミリほど起きたんだけど・・ビスを打って・・ベルトを緩めたら・・結局5mmほど起き上がっただけでした。



  ま、それでも以前よりスムーズに閂が通るようになったので良しとします。  真ん中に隙間が出来まして、上の方で当たらなくなりました。
d0251572_20433557.jpg


    よく見たら・・向かいの田んぼもかなり緑が濃くなってきましたね。




   庭の草も一段とはびこるわけだ・・・。

   


   でわでわ また



   ⇓
 ランキングに参加しています。 いずれか一つで結構ですので・・ポチっとブログ応援よろしくです。 別窓で開きます。 






  ご訪問ありがとうございました。 またお越しくださいませ。

  




by aiyababa | 2017-07-15 08:37 | じぶんち | Comments(0)

薪棚製作・・完了編。

ナマステ!


 前回は、既設の薪棚も含めた屋根下地までの工事でしたが・・



  その後、まず黒の防水シート(池の防水工事で使ったもの。 池の縮小に合わせて出来た余り材でもあります。)をタッカーで固定して、
d0251572_21005553.jpg




  周りを胴縁で固めて終了。 胴縁は一部使い回しです。
d0251572_21021968.jpg



   そして、昨日、歩道側の側面。 既設の塀に合わせて、1x4材で開口部を塞ぎました。
d0251572_21475575.jpg

   と、ここまでで薪棚製作作業・・完了です!



   一連の木工作業はこれで一段落ついた格好です。



    次は・・・やるとしたら、ハナちゃんの車庫内の薪棚の支柱の改造・・でしょうか?



   この冬、実は支柱の下に敷いてあるブロックが地面の凍結で7cmも持ち上がり、梁に打った支柱のビスが全て剪断されてしまったのと、横に渡した板が同様に7cm持ち上がってしまって、手前と奥の横板の高さに段差が生じてしまったのでした。 奥の方は束石に乗った角材を渡してますので凍結の影響は受けてないのですが、薪棚として追加製作した支柱については歩道側の3本・・全て改造が必要となりました。 



   あわせて、車庫内の地盤そのものも毎年凍結によって数センチ上昇している現実がありまして、この辺りも含めて・・けっこう大掛かりな地盤凍結対策が強いられる気がします。



   やっぱし・・北海道なんだな・・と、しみじみ思います。



   でわでわ また


   
ランキングに参加しています。 いずれか一つで結構ですので・・ポチっとブログ応援よろしくです。 別窓で開きます。






 ご訪問ありがとうございました。 またお越しくださいませ。





by aiyababa | 2017-05-30 08:31 | 薪ストーブ | Comments(0)


「みちくさ」 ちょっと覗いて
最新の記事
以前の記事
最新のコメント
カテゴリ
タグ
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧