あいやばばライフ


北国初心者・家事初心者の日々・喜怒哀楽を・・・。
by aiyababa
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

<   2014年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

思いがけずに・・

ナマステ!

 まずはお知らせから。

 今回の記事を以ってこちらの「あいやばばライフ」は一旦休止とさせていただきます。

 次回は小生の海外用のブログ『40億のはざまで』のほうでお待ちしております。


  さて・・・、タイトルの「思いがけずに・・・」っていう出来事っちゅーのは日常茶飯よくあることですが・・いくつかあったうち・・まずはジャガイモ編。


 ジャガイモ・・・特にキタアカリですね。 これはインカのめざめとは打って変わって大収穫とまではいきませんが、大きさも含めてそこそこ収穫できまして、細君と二人嬉々として収穫したまではよかったのですが・・・
d0251572_18580544.jpg

 このジャガイモ・・・収穫して1週間か10日も経ったころでしょうか? 

 いくつか冷蔵庫に取り込もうと見に行ったら・・・

 
   いつのまにか・・・


 数個が完全に白いカビが発生してて・・汁をだして腐ってしまっていました。

 去年と同じように、乾燥させた後段ボール箱に入れて車庫内の棚に保管してたのですが・・・

 「えっ? なんで?? そんなことがこんなに早く起きるの??」ってな感じで・・・大慌て。

 とりあえず一回全部箱から出して、見てみたら、腐りかけ予備軍も含めて相当数がダメージを受けていた・・・・。

 その数およそ半分。 一個一個360度眺めまわして手で触って固いかどうか調べて・・腐ったジャガイモの影響を受けているかいないかを丹念に調べたのだが・・次から次へと出てくるダメージジャガイモにもう半べそ状態です。

 落胆もここまで多いと最後はため息も出ません。 


 で、次に取り掛かったのは・・ジャガイモの皮むき。

 ホテルの料理人でもないのに一度に数十個のジャガイモの皮むきはさすがに疲れました。

 それもこれも、腐った個所や腐りかけの部位を取り除きながら食べられそうな部分だけ取り出したわけです。

 流し台はおびただしいジャガイモの皮の山が築かれました。


 さて、じゃぁ・・この残ったジャガイモをどうしようか・・・・。


 ネットで探しまくりました。 


 一般的だったのが・・・マッシュドポテトにして冷凍保存。


 どーやら・・・・・これだな。


 家にある一番大きな鍋に入れたら・・・・もう口いっぱいになってしまって、二つの鍋を用意しました。 二人家族なので一般家庭にある大なべはありません。 

 塩を入れて、これを沸かして、完全に火が通ったところで、お湯を切って、更に鍋底に残った汁をも蒸発させて粉吹き芋状態にして、火を止めて・・。

 ポテトマッシャ―で徹底的に粒がなくなるまで潰す・・潰す・・潰す。

 同じようにもう一個の鍋も潰す・・・潰す・・・潰す。
 あっ、鍋は潰してませんよ。
d0251572_18562483.jpg

 で、粗熱が取れたあたりで・・ラップに包んで空気を抜く作業がまた面倒くさい。 


 何度も裏返しにしてはペッタンペッタン・・して・・


    もうこれくらいで勘弁してやらぁ! っていうところまでやって・・・


 とりあえず・
d0251572_18562453.jpg
・・冷まして・・・


 冷凍庫へ。 


 冷凍庫はほぼ満杯状態だったが・・・いくつか冷蔵庫に移動願って・・・無事納まりました。


 帰ってきた細君にはお礼とお褒めの言葉をいただきました。 


 それはそれで嬉しくもありましたが・・・・こーゆーことは今後あっちゃならないことなんですよねぇ。

 掘った時期が悪かったのか? ジャガイモを掘った後の処理がまずかったのか? あまりカンカン照りの下で何時間も乾かしていたのがいけなかったのか? 採ってからの保管方法がいけなかったのか? まだまだ謎が多いのだ。 

 カンカン照りの下だとジャガイモの温度が上がりすぎて中で化学変化が起きて、腐敗を促すとか、風通しが悪いところに保管すると一気に菌が充満するとか・・

 似たようにやって・・去年OKで今年は駄目っていうのが理解を超えているのであります。


 一体、ジャガイモ世界の中で何が? 


 さてさて・・・もう一つ・・思いがけないこと。

 
 去年エゾリス君用に山から採ってきたクルミ・・

 なんと収穫忘れの種から今年芽を出していたんです。
d0251572_18574506.jpg
 山から拾ってきたクルミをまず地面に置いて表皮が朽ちるのを待ってクルミを洗うのですが・・・その時たぶん真っ黒い表皮の残骸に埋もれて気付かなかったクルミがあったんですね。

 帰国してきた最初は当然草の中に埋もれていて全くその存在に気付きもしませんでした。

 で、草取りをして初めて・・

  あれっ? なんだこれ? ウルシ??って最初は思いました。

 山ウルシやツタウルシには小生敏感ですからねぇ・・人並み以上に注意をはらってます。 なぜなら・・・・

 小生・・ウルシとかにはめっぽう弱くて毎年どこかしら被れるんです。

 秋になると年中山に入りますしね。 それなりに気を付けているのですが・・どこかで接触してるんですね。


 でも・・よくよく根元をみたら・・・
d0251572_18573610.jpg

 クルミの殻が出て割れているではありませんか。 ↑写真、根元。


 「なぁ~~んだぁ クルミかぁ~」と思って付近の草を勿論取りました。 当然木にも葉っぱにも接触してました。 葉っぱを除けて草を引き抜いてましたし・・・。


 その数日後・・ウルシかぶれに似た被れが右目の横に・・・。 なんかむず痒い。


 細君の実家に行った時も山に入ったが、それからはもう4・5日も過ぎてる。


 考えられるのは・・・クルミ??


 ネットで調べたら・・・どうやら・・クルミでも被れが起きるらしい。樹木の科は違うがどうやらお仲間?? のようだ。

 去年はクルミをあれだけ採ってきて何も無かったし・・原因はウルシなのかクルミなのかショージキ定かではないのだけど・・

 思いもかけないクルミの木の出現にも驚いたが・・・


  クルミで被れたことは思いもかけずにショックだった・・・・。


 これから山に入るときは宇宙服の格好で入らないといけない??


  思いもかけないこと・・・よくあるものだ・・・。


 問題はでも・・ここからだ。 


  せっかく生えてきたクルミの木。 エゾリス君には嬉しい食材であるからして・・このまま引き抜いて処分・・と言うわけにもいかない。

 かといって・・・このままここで育てる訳にもいかない。


 来春の移植に向けて・・どこが適当か思案中である。


 話として・・結局どっちも失敗談といえば失敗談。 


 いい話には大体落ちが付くもんだ・・とはよく言ったものです。


 でわでわ また




 ランキングに参加しています。 皆様のポチ・・励みになります。
にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 雑木の庭へ
にほんブログ村

 ご訪問ありがとうございました。 またお越しくださいませ。



by aiyababa | 2014-09-05 11:33 | ???? | Comments(0)

食べ納め

ナマステ!

 一時帰国すると・・・まず最初に聞かれるのは「何食べたい?」・・です。

 小生の場合・・・ほとんどは・・「何でもいいから刺身が食べたい」と答えます。

 海外でもシンガポールあたりだと、刺身も珍しくありませんから、答えに躊躇することもあるのですが、カタールとかまともな日本食を出す店が無いようなところは・・やっぱり寿司とか刺身になりますよねぇ。 


 そんなに高級なものでなくてもいいんですよ。 小生の場合。 


 イカとかタコで十分なんです・・が、やっぱりそれでも・・久しぶりに帰ってきたんだし・・・ってことで・・・旬のものは外せないです。 

 滞在中に「せめて一度は!」ってのもあります・・。
    
d0251572_20065742.jpg

 
 これは確か・・ツブとサンマだったっけ?

 サンマは北海道ではかなり前から刺身で食べられていて、鮮度が命の刺身の中にあって、出されるとうれしい一品ですよね。


 で、帰国一番は刺身だけれど、それぞれの夏の料理も捨てがたいものでして、我が家では帰郷の時も含めてBBQを数回やりました。


 さすがに帰省した時は、いつも豪華な海の幸山の幸が出てくるんですが、定番はやっぱ・・


 ウニ焼き! 

  
d0251572_20072136.jpg

  あれっ? ないね。 


 そうなんです。 帰郷した時・・ちょうど日本を騒がせていた台風が通り過ぎて行った後だったので・・・ウニ漁が出来なかったのでありました。


 その代りと言っちゃなんですが・・・これも定番の・・ホタテ。 あれ?横になにか乗ってますが・・・


 こんなのが出たり・・・。


 ちなみに・・奥のフライパンに転がっているのは、新十津川で有名な大畑精肉店のコロコロホルモンです。 最初の油を出してます。 そのまま焼くと・・凄まじく油がたれて・・すぐに火がついて煤で真っ黒になっちゃうのですよ。




 好き嫌いはありますが・・・
d0251572_20071354.jpg

 こんなのも。 


   ナマコ君です。 お酢でいただくのも悪くないですが、半焼きにして食べるとまた美味しい。




 で、ごく普通ですが、夏と言ったら”冷ナントカ”っていう類のものがいっぱいありますが、これは・・・
d0251572_20072971.jpg

 冷やしうどん・・・でいいのかな? 奥にあるつゆをぶっかけて食べるのでぶっかけ冷麺?


 ま、何でもいいけど・・・こーゆーものも欠かせないですよね。



 今回は、小生一度も料理を作らずに過ごさせていただきました。 毎回忙しい中、細君が腕を奮ってくれたんですが・・

 我が家でも外で食べることを慣例にしてみようということで・・・


 我が家の外食風景??


 こちらはとある休日の朝食です。
d0251572_20074381.jpg

 パンは自家製。 ソーセージはお中元でいただいたもの。 ジャムも去年小生が作った自家製能郷イチゴジャム。 ジャガイモ・トマトも自家製。

 あまりお金は掛かってないんです。


 今年の8月はあまり気温が上がらなくて、朝は少しひんやりするくらいのさわやかな陽気で・・外での朝食も悪くないなぁ・・というのが正直なところ。 

 で、日も傾きかけて4時を回ると・・今度はビールが・・・。
d0251572_20075062.jpg

 サッポロビールの北海道限定版? 100のキセキっていう銘柄。 

 アルコール度が7%もある超高級ビール?です。 コクがあって旨いんですよ。 お値段もそれなりに高いけど・・。

 毎日飲めるビールじゃありませんが、帰国の時は目をつぶって大盤振る舞いしましょ!ってのが我が家のモットー。 これくらいだったらささやかな大盤振る舞い?ってところですが・・・。

 今回の食べ納めの一品?二品?がこれ。

d0251572_20082229.jpg

 でた。  毛ガニだ・・・。


 これを二人で食べるのですからそんなに贅沢なものでもありませんが、うれしいのは毛ガニの命・・ともいうべき味噌が・・全部小生のもの。 細君カニ味噌苦手なんです。

 これが食べ納め・・・と思うでしょうが・・・


 小生の心の北海道はカニにあらず。

 実は・・・これ。

d0251572_20082284.jpg

 なんといっても・・・・

  ホッケの開き。 これに尽きますね。 これを食べていかないことには何かを置き忘れた気になっちゃいますから。


 この夏の食べ納めでした。


  でわでわ また





 ランキングに参加しています。 皆様のポチ・・励みになります。
にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 雑木の庭へ
にほんブログ村

 ご訪問ありがとうございました。 またお越しくださいませ。



by aiyababa | 2014-09-02 21:49 | 家事・料理 | Comments(0)

エンジンチェーンソーをいただいちゃいました。

ナマステ!

 実は・・・お盆で細君の実家に行った折に・・

 いただいちゃったんですよ。 


     大きな声では言えないんですが・・・


  
     エンジンチェーンソー。



 やっぱ、薪ストーブを入れて・・んでもって薪棚まで作って・・・ナタも斧も買って・・・って事を運んで・・

 足りないものな~~~んだ? っつったら

 やっぱし・・・
チェーンソーでしょう。

 
d0251572_20510847.jpg


 BBQをやってて↑、ひょんなことから薪の話になって・・チェーンソーがねぇ・・・っていう話になった時に・・いつにもなく酒を飲み過ぎていた細君の親父さんが・・・

 「あ~それなら持ってる。 ○○のおやっさんからもらったんだども・・うちじゃなんも使うことねぇから・・持ってけばいい。」

 「いや・・・ほんとっすか? ほんとに使わないんすか?」

 「もらったけども、一回も使ったことねぇんだ」

 「いやいやいや・・そーゆーことなら喜んでちょーだいしまっす!」

 ○○のおやっさんは漁師さんで数年前に他界して、それまでは薪ストーブ用に流木を切って使っていたらしいが、晩年身体を壊して家は石油ファンヒーターに入れかえて薪ストーブも既に無くて、形見分け?でいただいたものらしいのだ。

 翌日・・我が家に戻る際に、どうやらやっぱり酒の席で言ったことはすっかり忘れてしまっていたようで、そのことを細君に話したら、細君の妹さんの方から

「そういえばおとうさん、チェーンソーあげるって言ったこと忘れてない?」

 と念を押してもらって、いわば強引に思い出させて、持ってきてしまったといういわくつきのチェーンソーでもある。 

 そんなわけで今から10年くらいは前の型かもしれないのだが、見た目はまだまだ新しくて新古品に近い。

 メーカーはキョーリツ。 でも最初にパッと見せられた時にはハスクバーナ?と思っちゃいました。

 で、小生、いただいたはいいけれど・・・ここ30年一切チェーンソーを使っていなかったし・・・いわば初心者同然。


 で、お呼びしたのが・・DIYの師匠・・


    Fじー大納言様。
 

 時は一時帰国も終わりかけの先月29日。

 彼の経歴を紐解くと・・ほぼすべてのDIYに精通してるお方です・・というくらいしか明かせないけれど、チェーンソーの扱いも、目立ても、メンテナンスもお茶の子済々・・なのであります。

 小生が勝てること・・といったら目くそ鼻くそを笑う程度の髪の毛とワカサギの釣果くらいのもの。
 
d0251572_13425529.jpg
 残念ながらチェーンソーを撮ったのはこの1枚のみ。・・コンクリート打ちの応援で来てくれてチェーンソー談義になった時だけ・・。


 ほんとーに心強いんですよ。 


 で、Fじー曰く、「日本製のチェーンソーなんてみんなどこかしら外国製のパクリだから、取説なくても調整方法なんて変わんない。 これ、この調整ネジも位置から見た目から何からハスクとほぼ一緒。」ってな具合で・・・HCに行って、必要なメンテ部品とオイルとかを買って・・分解して清掃して・・・目立てもしてくれて・・・チェーンの張り具合の調整もレクチャーを受けて・・・

      いざ始動! 

 燃料はたぶんもう何年も入れたままになってることもあって、出来るなら取り換えた方がいいけど・・一応掛けてみるべ・・と。 オイルはほとんど空だったので補給したけど・・。

 アイドリングも不安定だったが、少しづつ調整をして、たぶん・・・数年ぶりに・・・


   よみがえった。



 目立て前は余り切れなかった刃であったが、試しに一個切ってみて・・

 一つ一つ、と以前の小さい切粉を指して、「これが前の切粉。 で、これが目立て後の切粉。 こーゆー切粉が出来たらOK。」と。 
 小生も恐る恐る切ってみたが、直径10cmちょっとくらいの木じゃ一瞬で切れた感じがして・・切った!感がしなかった。 いわば重みで切れた・・・。 

 少しづつその辺も思い出して・・そうそう、目立て後は力要らなかったよね・・と昔話に戻って・・。

 今回は時間も無くて、一応応急措置ぐらいのメンテだったけど・・・小生にすれば・・輝きを取り戻してくれた亀仙人にも見えた。 もっとも頭の輝きは以前から人一倍はあった人ですからいつもまぶしくて正視出来ないこともしばしばありましたが、今回はこれまでの中でも最大級に輝いておりました。 ま、天気も良かったですし照り返しもきつく・・いや失礼。ただただ、生き返らせてもらって、感謝感謝の一語に尽きます。

 ま、本格始動はこの冬か来春ということになるのでしょうけど、いきなりいただいたものが39cmバー?の35ccクラスのものだったんで、もう日本製だろうが外国製だろうがそんなことはどーでもよくって・・本格的なエンジンソーにメロメロです。 

 あとは・・必要な保護具でも買わないといけませんね。

 今回は残念ながら・・・写真をほとんど撮ってなくて・・・。

 早く薪集めに没頭したいです。 こんなところで日銭を稼ぐのもいいけれど・・・来たばかりで何だが・・・早く日本に帰りた~~い!


 でわでわ また



 ランキングに参加しています。 皆様のポチ・・励みになります。にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 雑木の庭へ
にほんブログ村

 ご訪問ありがとうございました。 またお越しくださいませ。



by aiyababa | 2014-09-01 21:05 | 薪ストーブ | Comments(0)


「みちくさ」 ちょっと覗いて
最新の記事
以前の記事
最新のコメント
いつまでも通り過ぎない通..
by aiyababa at 22:06
葉菜さんこんばんは。 お..
by aiyababa at 21:51
こんにちわ。大根の越冬法..
by いつまでも通り過ぎない通りすがり at 13:19
お早うございます 寒暖..
by 山の葉菜 at 06:53
けいさんおはようございま..
by aiyababa at 08:24
流石、凄い粘りですね。 ..
by けい at 06:07
カテゴリ
タグ
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧