あいやばばライフ


北国初心者・家事初心者の日々・喜怒哀楽を・・・。
by aiyababa

<   2013年 08月 ( 17 )   > この月の画像一覧

こっこ屋さん再訪

ナマステ!

 昨日、こっこ屋さんの塩ラーメンの話しをしたら細君何を思ったか、「食べに行こう!」と言い出した。

 小生が滅多に外食しないことを知っててこの強気の発言。 たぶん・・嫉妬?

 でも・・次回は親子丼・・と思っていただけに、迂闊にも昼飯をそこで食べる羽目になった。

 ま、不機嫌になられてもお互いいいことないので、ここは連荘ではあったがまたまたこっこ屋さんに出動!ということになった。

 昼飯時であったのでカウンターはほぼ埋まってて、奥の小上がりに通された。

 当然塩を頼むと思ったら・・「夏限定、とりじゃー麺!」というメニューがあって、細君そちらをオーダー。

 聞くと「こーゆー”限定”品に惹かれちゃうの・・」と、女性は王道を踏むことをしないらしい。

 小生は何事にも一途な性格なもので、当然親子丼。 こーゆー店はまず原点と思われるメニューから看破していかないといけない・・と昔から思っているのであります。 

 要はこれが美味ければ当然こっちも美味いに決まっている! もうほとんど新興宗教の信者の如く脇目も振らず・・という感じでしょうか。 時々外れがあったりしますが・・

 とりじゃー麺はここでは取り上げません。

 で、親子丼ですが・・・

 肉は固いけれど・・滋味。 ブロイラーのような白く柔らかな肉じゃぁありません。 もしかして軍鶏?と思わせるような筋肉質の肉。 ネパールの地鶏を思い出しました。

 こーゆー肉はだしを取っても美味いんです。 向こうのチキンカレーなんかは鶏肉をぶつ切りにして骨ごと煮込むわけですけど、日本のブロイラーチキンじゃ絶対出ない味、

 「これが鶏肉だ!」っていうのがあります。 

 KFCみたいな軟弱な鶏で衣で勝負するような嘘っぱちじゃぁないんですね。 ま、あれはあれで騙されながら食べてましたが・・・。

 そーゆー鶏本来の持つ旨味を持った肉で親子丼を出しています。 嬉しいですね。

 ここまで歯ごたえのある親子丼は初めてでしたが・・・

 玉子も半熟とろとろで、汁が御飯に染み渡ってて・・・
d0251572_2110312.jpg


 本日も・・

           「完食」です。
d0251572_2174972.jpg


 これにはスープも付いてて鶏つくねが二つ入っててとっても嬉しい。

 帰りに「こっこ餃子」をテイクアウト。 夕飯に食べましたが、中の鶏肉の存在感が強烈でした。

 そんなこんなで・・また行ってみたい店になりました。 

 次は夜の焼き鳥・・でも一人じゃ来ないでしょうけど・・。

 少し出不精が治るかもしれません。 昔は週3回はスナック通いしてたんですけど・・独身時代はねぇ・・・今更無理ですが・・・。


 でわでわ また

 
 追伸: 日本ブログ村のカテゴリーを変えてみようかと思っていまして、木工だけじゃなく、庭作りも含めて全部自分がやっているので次は「DIY」に参加したいと思ってます。 引き続き宜しくお願いいたします。



 ランキングに参加しています。 ポチっと押してランキングを覗いてみてくださったら嬉しいです。 
にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村  
にほんブログ村 花ブログ 雑木の庭へ
にほんブログ村  

 ご訪問ありがとうございました。 また遊びに来てくださいませ。
by aiyababa | 2013-08-31 21:48 | 外食 | Comments(0)

街のラーメン屋さん・・「こっこ屋」さん

ナマステ!

 出不精の小生。 外食はほとんどしません。 

 それでもラーメン屋だけは時々(年に数回)訪ねます。

 そんな中、地元のラーメン屋さんで以前から気になっていたお店がありまして・・

 Fじーと一緒に食べに行きました。 実はFじーの御推薦の店でもあったのです。 

 そのお店の名前は

           「こっこ屋」
d0251572_8374737.jpg

d0251572_838915.jpg
いろいろ店が入っているビルの1階の一番奥まったところに黄色い暖簾が・・。


 当別で養鶏業を営んでいる方が店を出しているのですが、噂に聞く評判は悪くない。

 以前は当別ダム近く青山地区に店を出していて、街中に2号店を出したのですが、今回はその街中の2号店を訪ねました。 でも元の1号店は現在営業してないそうです。

 注文したのは二人とも”塩ラーメン”。
d0251572_8424862.jpg
 

 今まで塩を注文する時はどちらかって言うと海鮮風が圧倒的に多かったのですが・・・

 ここは鶏。 ネギと同様に細かくちぎってあって麺に絡み易くなってました。

 そして、煮玉子。 二つも。要は一個ですが、玉子にはしっかり味が染込んでました!
d0251572_8474165.jpg


 スープは当然鶏がら。 脂も徹底的に掬ってあってギラギラ感が全く無い。 

 こってりスープに辟易している身にはこれです。


 あっさり系だけれども味はしっかり付いていました。

 どこにいっても最初に注文するのは「塩」と決めているのだけれどもスープを飲んで

 「・・あっ! うま~~い!・・。」と感嘆。

 具を含めて非常にシンプルだけれども、そのシンプルさがよかった。 この頃食が細くて一気に完食することが難しくなってきたけど・・この日は・・・

        完食!
d0251572_8512412.jpg


 ただ、断っておきますが、決して麺の量が少ない・・とかじゃありません。 というより他より多かったかもしれません。 

 とにかく・・旨かった。

 養鶏業と聞いたら・・・次は・・


 親子丼でしょうか?

 ちなみにメニューは・・
d0251572_854930.jpg
 夜用のメニューも別に用意されていましたが・・ここは割愛。

 滅多に無い外食レポート・・でした。 あっ・・でも今月は2回目?


 でわでわ また




 
by aiyababa | 2013-08-30 09:04 | 外食 | Comments(0)

犬走りに暗渠を・・暗渠パイプ敷設編

ナマステ!

 雨の間隙を突きながら地道な排水作業が続きます。

 今回は暗渠パイプの敷設です。

 出口は余っていた110Aの塩ビパイプを使いました。 暗渠パイプは80Aなんですが、ソケットの外径が丁度塩ビパイプの内径に合ったのでこれにしました。 土砂降りの雨が来てもはけるかと思います。
d0251572_20584833.jpg

d0251572_20592869.jpg


 で、まず暗渠パイプを敷設する前に、泥を落とした砂利を敷きました。 約10cm。

 実はこの砂利の土落としが大変な作業なんです。 落とさないと折角砂利を敷いても底に泥がたまってしまいますし・・・。

 水を張った水槽で篩に掛けて大砂利と小砂利に篩い分け、洗浄します。
d0251572_216522.jpg
 

 小砂利は大砂利を敷いた後の表層に使います。 篩は丁度いいメッシュが無かったので亀甲網を使いましたが、気持ち小さかったかも・・・。

 それから、軽石と雑草が多く混じっているのでこれを分離するためもあります。 この軽石、雨が降ると浮いてきて見た目が非常に悪いので面倒でも取り除く必要があります。

 そんなこんなで、まず大砂利を敷いて暗渠パイプを敷設します。 

 縁石からパイプの高さをチェックして少しづつ勾配をつけて固定。
d0251572_21243678.jpg


 ここまでが一昨日。

 
 昨日終了時点がここまで。
d0251572_21263368.jpg
あまり進展が無さそうですが、引き続き同様の作業をして、少しづつパイプを埋めていきました。

 本日も同様の作業ですが・・・雨が降ったりしてきて写真を撮れませんでした。 出口付近の深いところからやっているので、距離的には2m程度しか進んでいません。 まだ残り5~6m程度残ってます。 大砂利の総量から見ると既に半分は終わったでしょうか。

 
 ・・・・・・・・

 砂利との格闘がもう一週間以上続いていますが、砂利確保の為に車庫前の残りの部分も一応終了。
d0251572_21395232.jpg
すっきりしました。

 砂利も十分確保しましたが・・・。
d0251572_21404736.jpg
・・・ただ、北側のスギナは伸び放題。 来年はこっちのほうの植栽も考えないといけませんが、今年はちょっと時間が無い。

 ここ数日間肉体労働が続いているのでお陰様で”筋肉量”の微増。 体脂肪が微減。

 嬉しいことです。


 でわでわ また

 



 
by aiyababa | 2013-08-27 21:50 | じぶんちの庭 | Comments(4)

犬走りに暗渠を・・防草シート編

ナマステ!

 前記事の続きです。

 将来的には現在砂利を敷いてある犬走りを玉石に変えようと思っています。 玉石は細君の実家方面の海岸から毎回帰省する度に少しづつ探し集めてきたもので、全部を敷き詰めるにはまだまだ足りないのですが、これも10年計画で収集を考えておりまして、先をそれ程急いでは居ないのですが・・・まずは犬走りの環境改善です。

 前々日、防草シートを敷きました。 
d0251572_22433241.jpg


 何故防草シートか?といえば、スギナ対策です。

 この頃は土筆を見ても感激など湧くはずもなく、ただただその横暴たる侵略に憤りを感じているのであります。 

 ちょっと高かったのですが、スギナ対応の丈夫な防草シートを選びました。 一番安い1m巾10m長で1000円以下の品物ではスギナは突き破って出てきてしまうらしい・・のです。 

 この防草シートは特殊な不織布で出来ているようで、もちろん水はけは申し分なく、問題なく浸透しそうです。

 問題は、縁石や壁の際の隙間をどう処理するか・・です。

 ただ敷いただけでは隙間から伸びてくる可能性があるので、エリア内に絶対に入り込まないようにするには??と悩みました。

 で、以前建築用の粘着力の非常に強いテープがあったのを思い出して、それで直接、縁石と基礎壁に貼ったスタイロフォームにシートを固定してみようと・・・。

 これがブツです。
d0251572_22385034.jpg


 スタイロフォームは強力に付きそうですが、問題は縁石のコンクリートです。

 果たして??
d0251572_22392797.jpg
貼り付けた後雨が降りましたが・・全然問題なし。


 そのままでは土が付いているので縁石表面を水洗いして、完全に乾いてから貼り付けてみましたが、上々の粘着力です。 普通のガムテープの数倍の強さがありそうです。

 防草シートの固定まで進めたのはよかったのですが・・・そのあと雨・雨・雨・・・が降ったり止んだり。
 
d0251572_22411378.jpg
水はけが悪いので直ぐに溜まってしまいます。

 ま、とりあえずしっかり粘着固定されているので問題はないですけど・・・とりあえず乾かないことには次の工程に進めません。 泥も取らないといけないし・・・


 でわでわ また。


 次回は・・暗渠パイプの敷設です。
by aiyababa | 2013-08-25 22:51 | じぶんちの庭 | Comments(0)

犬走りに暗渠を・・・穴掘り編。

ナマステ!

 前回の話の続き・・の様なものですが・・・。

 我が家の南北、軒下に巾1.2m、長さ8mの犬走りがあるのですが・・・これの水はけがあまりよろしくない。
 
 やや強い雨でもすぐに水溜りが出来て、屋根の雨水は池の方に溢れて流れてしまいます。

 建築前の打ち合わせで、家の周りは縁石で囲って、その間は砂利を敷いておきます・・ということは確認してましたが、なんとなく、「犬走り=水はけがいい!」と勝手に思い込んでた節もあって、まさかこんなに水はけが悪いとは思いもよらず・・

 「・・・何か排水対策を講じなければ・・・」と前々から思っていたのです。

 かてて加えて、犬走りの下の土盛りは火山灰でやってあるのですが、普通火山灰って聞くと、”水はけ良好”っていうイメージですが、ぜ~んぜん始末が悪いのです。

 ややもすると、小さな軽石が雨で浮いてきて、水が引くと軽石が砂利の上に沢山残る・・。 

   見た目も悪いのです。 

 それに草が生えると例によって、草取りが非常にやりづらい。

 犬走りを砂利にしたって・・何にもいいことが無いわけです。

 ま、うちの場合ですけど・・。


 とりあえず車庫前に敷く土が足りないと言うことで、急遽犬走りの土を篩に掛けることにしたわけで・・・・

 「・・・そんなら・・今でしょ!」ってことで、暗渠パイプを埋めることに・・。

 暗渠用のパイプはHCで購入しました。 直径75mmで4mのものです。 1本1600円なにがし・・しましたか。
d0251572_8554998.jpg
塩ビのパイプに沢山の穴を開けて使ってもよかったのですが、値段的にもそれ程変わらないし、それならこっちの方が断然いい。

 ま、そんなわけで、こんな形で排水対策に着手した・・・ということです。


 まずは、穴掘り。
d0251572_942567.jpg
20分ほど夕立っぽい雨が降ったらこんな感じ・・水はけ悪いでしょ?

 3日目終了。 砂利を取り除きながらなのであまり進まないけど・・・
d0251572_98146.jpg
残りあと2mほどで、表面の砂利と土の篩掛けが終わります。

 4日目は最後の砂利篩いと穴掘り。
d0251572_920623.jpg


 5日目・・穴掘り完了・・レベル出し。
d0251572_9205594.jpg


 レベルは大雑把です。 距離8mで10cm程度の勾配をつけました。 水糸は張らず、縁石のトップを同じ高さと仮定してそこから計って行きましたが、

 そして、縁石内側と建屋基礎周りのスタイロフォームの水洗い。・・何故?

 この説明は・・次回に。

 
 でわでわ また

 
by aiyababa | 2013-08-23 09:55 | じぶんちの庭 | Comments(0)

たかが砂利・・されど砂利・・。

ナマステ!

 タイトルからは一体何?・・と想像される向きもあるかと思いますが・・・。

 これが・・昨年の物置作りに匹敵する一大作業になるとは・・自身でも思ってもないことでした。

 きっかけは・・草取り。

 砂利の間から伸びてくる草ほど取りづらいものはないですよねぇ。

 砂利の間となると、我が家の庭では歩道の際(きわ)と、車庫前になります。

 取り除く場所は・・ここ。
d0251572_9534676.jpg


 この家を建てるときに外構はあまり深く考えていなかったので、設計段階でも「じゃ、砂利を敷いておきましょう。」ということにしておいた。

 基本的にそーゆーところは皆さん除草剤を使って最初から何も生やさない処置を取っています。

 我が家でも最初は”それくらい限定された場所なら問題ないだろう”と思っていたのですが・・・

 井戸を設置してから・・”できることなら・・控えた方がいいかなぁ・・”と漠然と思いはじめ・・・・今に至るまでまだ除草剤を使ったことはありません。

 でも・・・そのかわりに鎌や除草用の鍬の刃が痛めつけられ・・・
d0251572_1013849.jpg
サンダーで粗砥ぎして砥石で仕上げてっていう作業も多くなり・・これが意外と面倒。

 それじゃぁってんで、畑の土を篩にかけた延長で、車庫前の砂利も全部取ってしまおうと・・一大決心をしたのであります。

 ま、そこまでは良かったんですが・・・


 いざ取り除いてみたら・・・砂利の分・・地面が低くなりすぎた・・・・。

 ま、当然と言えば当然。

 車庫前の地面が歩道より低くなって、雨が降ったら大きな水溜りが出来てしまった。


 でも・・ここまでは想像していたとおりで、その分の土は建物南側の犬走りから持って来ようと・・。

 犬走りも小砂利が多く敷き詰めてあって、実はここも草取りがしづらい。
d0251572_1084350.jpg


 この犬走りの土を車庫前に集めて・・なんとか格好はつけた。 先の写真と比べて・・草が無いでしょ。
d0251572_107957.jpg
まだ、車庫を外れた手前の部分は遣り残していますが・・そこはいずれ・・・。

 というわけで、次から次へと砂利を篩に掛ける場所が増えてしまった。

 最終的に残った全ての砂利は犬走りに戻すのだけど・・・ただ戻すだけじゃない。

 序でに犬走りに暗渠を埋め込もうと算段中。 


    よって・・”されど砂利”、なのであります。


 こちらは別の機会に取り上げるとして・・・


 こんな意味のあるような無いようなことを・・日々大汗を掻きながらやっているのであります。

 でも・・長柄の草取り鍬で除草が出来るって言うのは実に楽なんです。 しゃがまなくていいし、あっという間に作業が終わる。

 小生のような者でも勝手に「草取りのプロ!」を名乗れるくらいですから。

 体力のある今のうちにやっておけるものはやっておけば、後々楽になる・・。

 ってなわけで、今日も犬走りの砂利を篩に掛けるか・・・。


 でわでわ また

 
 池の睡蓮・・また咲きました。 午後は閉じてしまうこの花。 朝に見ておくとちょっとだけエネルギーをもらえます。
d0251572_10185688.jpg


 
by aiyababa | 2013-08-21 10:27 | じぶんちの庭 | Comments(0)

高校野球の準々決勝をみて・・

ナマステ!

 
d0251572_9552319.jpg


 昨日の準々決勝戦のチケットを買って見に行った人は得をしましたねぇ。

 みんな良い試合でした。

 全てが一点差勝負。 最後までわからない緊迫感。

 特に常総学院VS前橋育英の試合は劇的でした。 甲子園には魔物がすんでいる・・・。

 まさにそんな試合でした。

 個人的に茨城出身なのでもちろん常総学院を応援していたんですが・・・

 2-0でリードしてて9回よりによって常総エース飯田君が足吊って離脱・・。

 替わった2年生ピッチャーも簡単に2死まで取って・・最後になるはずだった何でも無さそうなセカンドゴロ・・。 

 鉄壁の守りもちょっとだけほころびを見せただけだったのに・・・そのあとのたたみ掛ける攻撃。

 結果は同点にされて・・延長であえなくサヨナラ負け。


 今年の高校野球は一体何処が栄冠を勝ち取るのやら・・。

 下馬評の高かった大阪桐蔭、横浜、済美、浦和学院等々・・・早々と姿を消して・・常総も散って・・伝統校がベスト8でほぼ姿を消してしまいました。

 こうなると・・前橋育英に・・となるところですが、今年は東北勢が2校も残っている。 もう一つ個人的に言わせてもらえば富山第一がもし勝ち残っていたらもう何処を応援して良いのか判らない状況でした。

 日ハムの大谷祥平君が成し遂げられなかった夢を叶えてあげさせたい気持ちもあるので花巻東を第一にとは思っていますが、初出場初優勝が掛かった前橋育英にも・・・。

 明日からの2日間。 甲子園から目が離せません。

 そして・・日ハム。 奇跡を起こしてください。


 でわでわ また


 追伸:・・・誠君・・この頃出番ないけど・・・たまに使って!
d0251572_952883.jpg

 
 
by aiyababa | 2013-08-20 09:57 | ???? | Comments(0)

ジャガイモ収穫したけど・・・。

ナマステ!

 先週の金曜日、ジャガイモの収穫をしました。

 実は試し掘りで10日程前に一箇所だけ採ったことがあります。

 そのときは花も終わり、葉っぱや茎が黄色く色付き、ものの本によると「収穫時期にきているので試しに一箇所ほど掘ってみるのもいいでしょう云々・・」とあったからです。

 でも・・・結果は・・まだ小さいものが多く・・先人の言うとおり・・上部が完全に枯れてから・・にしてみたのです。

 今年は種芋は10個ほど植え付けしまして・・結果は・・・
d0251572_1275730.jpg
小粒もかなり混じっていましたが大きいのもそこそこあって、初作付けとしては及第点じゃないでしょうか。

 収穫にはFじーも手伝っていただきまして(って手伝ってもらうほどの作付けはしてませんが・・)一応初イベントとして参加していただきました。

 作ったのは男爵。 

 新じゃがはアルミホイルで包み、早速我が家の車庫ジンで(車庫でジンギスカン)じゃがバターとチーズ載せの2種類でいただきましたが・・

 Fじー曰く、「ジャガイモはでんぷんの含みが北海道産が一番!」だとかで両方共美味しくいただけました。

 写真を撮ってなかったのが残念。 チーズはFじー持参の青かびチーズ?とチェダーチーズを溶かしていただきました。 
 あらためてチーズの奥深さを感じると共に、北海道っていう乳製品も良し、野菜も良しという風土に感謝ですね。

 おいしいジャガイモを収穫できたことは嬉しいのですが・・・

 実は・・こんな規格外のものも。
d0251572_122832100.jpg
おそらく固い土の塊があって生育を邪魔されたんだと思います。

 凹みジャガイモ・・ネットで検索してもあまりヒットしなかったんですが、通常の土作りをしていたならば土の中に多少の石や固い土があっても押しのけて普通に育つらしいのです。
 そりゃ無いに越したことは無いのですが・・との注釈付きでしたが、我が家の物はどうやら土がふかふかしてなかったので、ジャガイモの方が負けた感じです。

 このあと、収穫後の土も一度篩にかけようと思ってますが、やはり篩にかけたところで何度か雨が降ったりすると少しづつ土が締まってきて、まだまだ土作りに不足している物があるなぁと・・。

 努めて藁とか腐葉土を混ぜ込ませて、徐々に野菜に優しい土を作っていかなければ・・・との思いが一層強くなりました。
 

  ・・地道にやっていくしかないですね。



 でわでわ また
by aiyababa | 2013-08-18 12:45 | じぶんちの畑 | Comments(2)

恒例のBBQ

ナマステ!

 1週間ぶりの更新となりました。 御無沙汰いたしました。

 お盆は細君の実家に帰省しておりました。 

 昨年の記事などをみれば、毎年どのようなことをやっているのかそーぞーがついてしまうのですが・・・今年も中身は似たようなものです。 言わば恒例となっている「北海道の正しいお盆の過ごし方」・・・と言っても過言ではないかと思われます。

 新しく覚えた言葉の一つに「車庫ジン」というのがあって、これはFじーから聞いた言葉なんですが、車庫でやるジンギスカン・・・のことであります。 縮めて・・車庫ジン・・・。

 方々の家庭から賑やかな声が聞こえたら・・それはだいたい車庫でやってますね。 庭でやっているところより今では多いように見受けられます。 雨や風に左右されないので、車庫ジンはかなり浸透してますね。 

 今回のBBQもご多分に洩れず・・車庫ジン・・でした。

 火熾しの準備は男衆の担当。 一応着火剤を準備したのだけど・・・オヤジさん・・いきなりガスバーナーを持ってきて直接炭を焼く・・・・。 

 「・・・着火剤を頼んだのはオヤジさんだったが・・・要らないジャン・・・。」 

 適当に火が付き始めたところで・・ウチワを扇ぎ・・15分でほぼ完了・・・。



 唯一・・「いちおうこれでも参加してるもんねぇ・・・」という火熾しイベントであったが・・・

    
   なんか出番・・無し・・。



 新聞紙燃やして・・木っ端を入れて・・炭置いて・・・というプロセスは完全に飛ばされて・・・文明の利器で・・・。

 「・・・オヤジさん・・。 そーじゃないんだよなぁ・・やっぱり炭を熾すってゆーのは・・・」などと思ったりもしたが・・それはそれでいいか・・・と。

 具材は・・海の幸8に対し山の幸2・・・いや1かな?
d0251572_1449498.jpg
バケツに一杯のウニやら貝やら・・。

 で、ウニはこーやって、真ん中をこじ開けて・・
d0251572_14515579.jpg
・・小生「食べる人」に徹しているので、このへんの段取りは全て細君が・・・。

 で、ホタテを乗っけて、ヒル貝を乗っけて、ツブ貝(青ツブ)を乗っけて、イカ乗っけて、ウニを乗っけて・・・
d0251572_14541573.jpg
(一応ラム肉も用意はされてましたが・・まずは海の幸からっしょ!)

 焼きウニの味はさておいて、下味を付けて焼いたイカはまた美味かった。 

 今回のBBQで絶賛っていうくらい美味かったのは実はホタテ。 刺身として食べるには活きが下がったホタテだったけど・・・何故か旨味が増していたのだった。 醤油も注さず、貝の持ってる汁だけで十分な美味さがあった。 きっとエビとか肉も採れたてよりも数日後の方がアミノ酸が増えて美味さが増すというのはホタテにも当てはまるのかもしれない。

 いつもいつも一体何しに帰省してるんだ? BBQを愉しみに帰省してるだけじゃないのか?と自問自答してる小生ではありますが、それの何処が悪い!と声を大にして唱えるわけじゃぁありませんが・・・元気な姿を見せるだけで、それはそれでいいかと・・。

 次はまた来月前半に帰省を予定しておりまして・・次は久々に釣竿でも持っていこうかなぁ・・・

 鮭はまだか?


 やっぱり不謹慎?



 でわでわ また



 遠くに見えた天売島と海鳥と・・・。
d0251572_15334113.jpg


 晴れたり・・曇ったり・・雨降ったり・・安定しないお盆の天気でしたね北海道は。 でも本州に比べたらずっと涼しいし・・文句は言うまい・・。
by aiyababa | 2013-08-17 15:44 | 帰省 | Comments(0)

やっと畑らしくなって・・。

ナマステ!

 昨日、予期せぬお湿りがありました。 東北、道南各地で豪雨の被害をもたらした低気圧ですが、ここ当別では、やっと降ってくれた普段の雨でした。

 一昨日はカラカラ状態でしたが・・
d0251572_558576.jpg


 昨日の雨で、土が黒々と。
d0251572_557452.jpg
反射して光って見えますが、黒々とした土の色っていうのは、見ていても力が漲ってきますよねぇ。

 っていうか、この日照りの間、朝・晩と井戸水でせっせと水遣りをしてましたが、庭木のほうも含めると毎回優に30分は水遣りに掛かってしまっているのでその手間が省けたことが一番嬉しいです。 大分水道代も節約できたと思いますし。

 さて、6月末に苗で植えたトマトや茄子、ピーマンがここに来てやっと収穫できるようになって来ました。 1ヶ月半近く掛かってます。 

 まずはトマト
d0251572_6334352.jpg


 ピーマン
d0251572_634215.jpg


 数日前に種まきした大根が芽を出してきました。
d0251572_6351954.jpg


 同じく、ほうれん草や二十日大根、水菜も芽を出してくれてます。
d0251572_6363516.jpg


 実は・・この上の2枚の写真の場所・・。 土を篩に掛けて、固い土の塊を取り除いたんです。
d0251572_649862.jpg


取り除かれた塊たち。
d0251572_6512580.jpg


 この作業はすごい地味で、鍬で掘り起こした後にある程度潰して、それを篩に掛けて、残った土の塊をさらに手でほぐしていく・・という作業を延々と続けました。 それでも固い土が出てきて、それは除外する・・という風に。

 家を建てたときは、元々畑だったところでしたが、重機が入って土を徹底的に固めてしまった・・といういきさつがあります。 それも去年は腱鞘炎になるほどカチカチの土を砕いて砕いて細かくしたつもりだったんですが・・実はまだまだ大きな塊が掘り起こした中に沢山混じっていたのです。

 6月に苗を植えたときは、時間が無くて、ただ鍬で掘り起こしただけですが、今回は根類、菜っ葉類を育てるので、それなら徹底的に土を細かくしておこうと思ったわけです。

 お陰様で・・これら、芽を出したところの土はフカフカです。 

 これから順次全ての畑の土を篩にかけていく予定です。

 
 実は・・すごいカルチャーショックを受けたんです。 

 先日、石をいただいたHさん宅の色んな野菜を見せてもらったんですが、たかだか1~2週間早く植えただけとは言い難いほど・・見事に育っていたのです。

 決定的な違いは土でした。 手で簡単に掘れるくらい細かく柔らかくて・・そしてミミズが一杯。 我が家の畑にもミミズはいますが・・密度が違いました。

 生ゴミ入れて枯れ草入れて堆肥作りに余念がなく、見た感じで・・収穫は倍以上ある・・って感じでした。 

 畑の歩く場所でも土がふわふわしていたのでほんとに驚きでした。 

 我が家ではまだまだ市販の堆肥や肥料に頼っていますが、全て自家製っていうところが目指すところです。 

  
 今年は、海外での仕事も入って、畑のほうを構っていられなくて、昨年よりも寂しい野菜作りとなってますが、ここに来て8割方エリアは埋まってきたので、ちょっとホッとしています。

 またお盆に掛けて好い天候が続くので水遣りに今まで以上に励まなくてはなりません。

 そんなわけで手押しポンプ「ガチャポン」にもまだまだ活躍してもらわなくては・・。
d0251572_7165183.jpg

 何か名前でもつけてあげようか・・・。


 でわでわ また
by aiyababa | 2013-08-10 07:20 | じぶんちの畑 | Comments(2)


「みちくさ」 ちょっと覗いて
最新の記事
以前の記事
最新のコメント
カテゴリ
タグ
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧