あいやばばライフ


北国初心者・家事初心者の日々・喜怒哀楽を・・・。
by aiyababa

<   2013年 02月 ( 20 )   > この月の画像一覧

えさ台の鳥たち・・ヤマゲラが来ました!

ナマステ!

 この冬から始めたえさ台の設置。 

 先日・・また新しい鳥がやってきました!

 それも・・

  驚きの

   ヤマゲラ君です。

d0251572_15551232.jpg


 ちょっと大柄なのでくちばしも大き目。 亀甲網の目が小さいかもしれませんが・・

 真剣な目で、ピンポイントで突いてはラードを引き出していきました。
d0251572_16112258.jpg
それにしても・・珍しい色の羽根を持っていますよね。 ウグイス色? ちょっと違う? 抹茶色? ヤマゲラ色っていうのを作ってもいいですよね。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 これで、この冬やってきた鳥は13種類。 これまでやってきた鳥の種類は「えさ台の鳥たち・・中間報告」を参照ください。

 
 このえさ台は雪解けが始まって、地力で立っていられるまで(ただ雪の上に挿してあるだけですので)続けようと思ってます。 

 残りあと一ヶ月? 一ヶ月半?

  新しい野鳥が飛来してくるのはあまり期待できませんが・・観察は続けていかねば・・・。


  思うに・・鳥の間にも口コミってものがあるのか無いのか? なぜ毎日給餌台目指して飛んでくるのか? ヤマゲラなんて普段は山に生息してそうな気もしますが・・人里にまで飛んできたのは何故? 

 鳥目線でものを見たとき、神社の杜とか、河川林とか、そこそこ密生した林があって、山から木の密生地を転々としてきて我が家にたどり着いた・・・ような気もするのですが・・そう考えると「みどり」ってぇのはほんとに大事ですよねぇ。


 ここから一番近い山林は北海道医療大学とその西のゴルフ場あたりのものですから約2kmはありまして、その中間は畑です。 唯一、当別川の河川林がずっと続いているので、川伝いに遊びに来たのかもしれません。 
d0251572_17193933.jpg
当別川河川敷と北方面の山々。

 そしてお隣さんは廃屋ですが、立派な屋敷林を残してくれてます。 こーゆー条件が揃って我が家にやってきてくれたんだと・・・勝手に思ってますが・・当たらずとも・・遠からず?


  ここに引っ越してきて、お金で買えない幸せや楽しみを一杯もらいましたよ。


 でわでわ また



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花ブログ 雑木の庭へ
にほんブログ村

 ご訪問ありがとうございました。

  
by aiyababa | 2013-02-27 17:21 | 生き物 | Comments(2)

かんじきフットパスに参加してみました。

ナマステ!

 もしかしたら初めての当別紹介記事になるかしらん?

 先日、新聞の折込に第2回景観セミナー「冬のかんじきフットパス・・参加してみませんか!」というのが入っていました。

 これは”当別町役場・企画部美しいまちづくり課”が企画して行っているもので、「当別町景観形成普及啓発事業」の一環として、今回は中小屋地区の秋編に続いてスエーデンヒルズGCでの冬編であって、「かんじきを履いて冬の当別の素晴らしさを実感してもらおう!」ということらしい。 

 これを今後春・夏と継続していき、当別町の景観の素晴らしさをまもり、つくり、ととのえていこうではないか・・と。

 主旨は概ね了解したものの・・・ちらしを見る限り・・どうも堅苦しさから抜け切れない・・アカデミックなイメージを持ってしまいかねない内容のものであった。 (担当者さんごめんなさい。 あくまでもイメージですから・・・景観形成普及啓発事業とかセミナーとか書かれると教養を持たない方々・・例えば小生のような輩はそれだけで萎縮してしまう・・?)

 家族連れの参加者もそういえば居なかったなぁ・・。

 なにはともあれ、当別町に住所を移して1年半。 暮らし始めて8ヶ月の小生にしてみれば、当別町の殆どを知らずにいるわけで、もっともっと地域のことを理解したいし、ひいては”こんないいところに俺は住んでいるんだぞ~~!”と、声を大にして自慢もしたい。 

 でないとせっかく終の棲家として選んだ当別町が札幌都心までたった30kmしかないのに寂れていくってーのは堪らないじゃないですか。 

 当別町企画部の意図するところはどうだったか判りませんが、このようなイベントはもっと若者や30代・40代のバリバリ世代(世帯)もより多く参加できるようなものにしないと、近隣市町村、ひいては道外からの移住を考えているような人達の目を惹くことができるのか・・いまのままではちょっと疑わしい気もしないでもない。 目的はそこにあるわけではないというのであれば話は別ですが・・・。

 ま、現段階は2回目ということでもあり、テスト段階で、今後募集先をもっと開放して地道に広報活動をしていくようではありますが、今回50代半ばの小生でも全体的に若い方に入ってしまうくらいで、”中高年専用企画”と言われてもしかたないものであったので、その辺・・どう捉えているのか・・正直な感想をいえば、意外な年齢構成で驚いたといえば驚きました。 家族連れがけっこう参加してくるんじゃ無いかとおもっていたもので・・・。

 さくらでもいいから役場職員の家族でも何組か参加させて当事者の目からこの企画が上手く行ったか行かないかを見たって良かったのにと・・ちょっと悔やまれます。

 ただ、朗報なのは・・用意されたかんじきの数に限りがあって、最初から多くは募集していなかったとはいえ・・募集人員はすぐに一杯になってしまった・・ことで、このことは「かんじきフットパス」に少なからず皆さん関心があったってことです。
 小生も実は、募集定員は達したけれど、かんじき・スノーシューを持参される方は参加OKですよ・・という粋な計らい?で参加できた一人なのであります。



 前置きが長くなってしまいました。

 では「冬のかんじきフットパス」の体験記事を・・・。

 
 実はあらかじめスノーシューの深雪実践テストをドカ雪の降った日の午後にやってみた。

 なんせ吹きさらしの場所でも5・60cmは積もり、吹き溜まりなどは1m以上も積もった今回の豪雪・・一体どんなものかと・・。
d0251572_1236225.jpg
ひざまで埋まりました。およそ40cm。

 これで、50mを一気に歩きましたが・・・かなり疲れました。 とてもじゃないけどトップ引きはぜ~~~ったい無理。 皆さんの歩いたあとを大人しくついて行かないと遅れを取るぞ・・と。


 で、セミナー当日 2月24日 日曜日。 

 リュックにお菓子とチョコレート、水筒と着替えを入れて、スノーシューを持って10時20分前に当別駅に到着。既に数人が来てました。

 遠い昔、待ち合わせと言ったら・・渋谷ハチ公前・・田舎から駆けつけた小生はハチ公が判らず(人垣がハチ公を隠していた)渋谷駅を3周して・・遂に人にハチ公の場所を聞いて・・仲間に会えた・・苦い経験の持ち主ではありますが・・こんな看板を用意してくれてたので今回はすんなり。
d0251572_12544458.jpg



 で、10時、石狩当別駅を出発。
d0251572_1243087.jpg
立派な駅舎です。 ここでけっこうな人数をピックアップして・・

 石狩太美駅へ10時15分。
d0251572_12571749.jpg
ここでも10数人ピックアップして・・

 合計30数人は集まったでしょうか?  一路スウェーデンヒルズGCへ


 見えるはスウェーデンハウスが立ち並ぶスウェーデンヒルズ。
d0251572_130277.jpg


 で、スウェーデンヒルズGCクラブハウスへ。
d0251572_1314015.jpg



 で、今回同行した酪農学園大学、小川巌教授による挨拶があって、
d0251572_132776.jpg


今回使用したスペシャルかんじき?の取り扱い、履き方の説明を受け、皆さんかんじきを装着。
d0251572_16552438.jpg

d0251572_16555855.jpg



 このかんじき、なかなか優れものらしい。 実にコンパクトに出来ていて、今まで持っていたかんじきのイメージと180度違ってまして、軽く、装着も簡単。 しかも・・・

    かかとが上がる。
d0251572_1410597.jpg


 よって歩き方も楽。 


 小生の買ったアルミパイプ製のものも装着は簡単だし、軽い・・・と思っていたのだが・・みなさんの歩いているのを見る限り・・・更に上を行く装着感、歩行感があるのではないかと想像される。


 冬のゴルフコースの開放っていうのはなかなかのアイデアだと思います。 


 今回採用したコースから広々とした石狩平野の眺めはかなわなかったけれど、一部は見ることが出来た。

 ただ、若干小雪が舞うコンディションだったので、遠くまでは望めなかったのはちょっと残念。

 それでも、アップダウンのあるコースにはいくつか動物の足跡もあって、その都度オーソリティーである小川教授の説明等もあったりでなかなか為になるトレッキングであった。 

d0251572_141247.jpg
d0251572_14122475.jpg


 こちらはウサギの足跡。 これも初めて知りました。 
d0251572_14133824.jpg


 で、ここから小川教授の説明のよると・・

d0251572_14251157.jpg
このように、スパっと芽や枝をナイフで切ったような跡があるのは、ウサギが食した跡だというんです。 足跡付近の枝をさっと見てみて、すぐに鋭く切れた枝を見つけて説明してくれました。

 これは・・・楽しい。 
 

 そしてこの木の幹をみて
d0251572_1426587.jpg
エゾリスが剥いだ跡だと・・・。

 これは今の時期巣作りに欠かせないベッドの材料にする・・らしい。

 そーいえば・・我が家のお隣の林の木もところどころ幹が剥がされていた。 春先には子リスが見られるのだろうか?

 途中、一度休憩をとって、ソリ遊びなどもやったが・・小生は・・・遠慮組。

 一度上って来たところを下って・・また上る?・・というハードな行動・・汗はもう十分だったし・・。

 クラブハウスまでもう一息。 最後の上りです。
d0251572_14354076.jpg


 もうこの頃になると、ちょっと疲れが・・・。

 実は、小生ガニマタ歩きなんですが・・・みなさんの付けたトレースを辿ると・・巾が無さ過ぎで、障害なく歩こうとすると、スノーシューを平行に運ばねばならず、ガニマタ歩きでは先端が壁の外に出て歩きづらいのです。 
d0251572_14395081.jpg
小生の使っているスノーシューの方がスペシャルかんじきより2回りくらい大きいので4・50cm巾以内で歩行するのはかなり辛い。 
 時々、ルートを外して新雪の上を歩くが、それはそれで体力が要る。

 スノーシューを平行に運ぼうとすると、足の付け根に負担が掛かって・・・ガニマタ矯正には丁度いいけど、別な汗を掻いてしまう。

 後半は下りより上りが多く、けっこう息が切れそうな場面もありましたが、なんとかクラブハウスが見えてきました。
 丁度、昼休みの時間で、屋根には沢山のママさんダンプが・・・。
d0251572_15553690.jpg
 先日のドカ雪・・雪下ろしも大変そう・・・・。

 そして到着。 ご苦労様でした。
d0251572_1557367.jpg


 時間は正味1時間半くらい? 最後で一気に汗を掻いたって感じでしたが・・充実感はありました。


 そして、ランチ。 クラブハウス内のレストランがオープンしてまして、バイキング形式のランチにホッと一息。
d0251572_15595055.jpg
2種類の飲み物と2皿+デザートを採りまして、胃に収めました。 なんかこー元は取ろうと・・頑張りましたが・・見についた遠慮がちな性格が出てしまい・・・他の人のように3皿4皿は・・ちょっと小生にはきつかった。

 最後に、小川教授の話、参加者の感想等々、主催者側の挨拶を終えて・・無事終了。

 再び送迎バスに乗って、当別駅に戻り・・解散。


 この催し・・今後も続くと思いますが、これは是非春・夏と参加してみてもいいかな・・と。


 札幌雪祭りも最初は市民参加の小さなイベントだったのがあんなビッグイベントに・・。


 この企画も今後どう発展していくのかわかりませんが、面白いイベントになることに期待を持って・・主催者の方々には頑張ってもらいましょう。 



 でわでわ また



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花ブログ 雑木の庭へ
にほんブログ村

  ご訪問ありがとうございました。

   
by aiyababa | 2013-02-25 17:29 | 旅・お出かけ | Comments(0)

えさ台の鳥たち・・ヒガラとシマエナガetc.

ナマステ!

 どうやら、この時期、雪の話題はもううんざりの体を要してきたので、また動物ネタで・・。


 ここんところ、ヒガラが頻繁に見られるようになりました。 

 ヒガラは他のカラ類と違って、すばしっこい。

 窓際の給餌台にもやってくるのですが・・種を啄ばんだら直ぐに取って返して飛び去ってしまいます。

 よってこれまでも何度かカメラに収めたことはあったけれど・・いずれもイマイチ。 なかなかジッとしててくれない。


 今回、ようやく載せられる様な写真が撮れました。


d0251572_22162436.jpg
でも後姿でした・・・。

 今度はやや正面 
d0251572_22242663.jpg
シジュウカラに似てますので・・やっとこの頃一発で見分けられるようになったばかりです。 右奥のシジュウカラと比較しても判るかと思いますが、一回り小さい。 そして頭に冠毛がちょこっとある。 これが無かったら・・可愛くない鳥だなぁ・・と思われても仕方ないかもしれません。

 羽根の模様もシジュウカラのようにくっきりとしてなくて、なんか曖昧な感じでも判ります。

 そして一番の大きな違いは・・・何よりネクタイが無い。 

 

 でも・・・ここまで、個体を何羽も見て・・・言わば・・判ったから・・判る・・のである。


 未だにコガラとハシブトガラの差異は判らないし、ワカサギとチカの違いも判らないままである。


 こちらは・・正直・・・判ろうとする気概が・・無い。 


 鳥を見る楽しみとは・・・えさ台に来てくれる鳥達の行動観察に興味がある・・ことかな。 多くの種類を見たいとは思わないんですよ。 よって、他の鳥達を見たいからと・・鳥が目的で足を伸ばして撮影に行く・・・ことも・・ありえない。

 もし、間違いを指摘してくれるのは非常にありがたいですが・・・いろいろと質問とか追求するのは勘弁願いたい・・ですね。


 で、昨日は群れでやってきたシマエナガを写真に収めました。
d0251572_23145399.jpg
なんか以前のより白が強調されてなくて、灰色っぽく見えますが・・
 
d0251572_23151777.jpg
ネットで調べると”群れで云々”と書いてあるのに・・今まで二羽以上で来たことがなかった。 御家族を呼び寄せたのでしょうか? 仲良く食べてます。

 この鳥は何故か他のえさに目もくれず、ラードにばかりたかる。 

 そんなシマエナガ・・当然ラードしか興味の無い鳥といえば・・・


 アカゲラとバッティングしてしまいます。
d0251572_23183023.jpg
今日は雪を食べて?ましたが・・・


 やっぱりラードに飛びつきました・・・。
d0251572_23193375.jpg
シマエナガは不服そうに、追い出されましたが・・まだ未練があるようです。

 こーゆー流れは見ていて本当に飽きません。


 で、いろんな鳥を観察していると・・・


 結構、多くの鳥が同じ場所で、同じ格好で・・ジッとしている・・


 言って見れば・・黄昏ている時があります。


 このヒヨドリもそうでした。 ちょっと元気がなさそうで心配だったのですが・・
d0251572_23365230.jpg
えさ台には大好きなリンゴもありません。

 でも10分、20分・・・その場から動こうとしません。 

 やっと、反転してくれて・・今度はこっちをじ~~~~っと見ています。 


 こんな時はズームでド~~~ン。 トリミング無しでお届けです。
d0251572_23423495.jpg
くちばしにピントが合ってるのかな? 実質距離は60cmくらいでしょうか。 コンデジでもこれくらい撮れるんだ・・と・・ちょっと驚きでした。 

 いくらガラス越しとはいえ・・大抵は飛んで逃げていくのですが・・元気が無かったのはもしかしたら・・病気?だったのかもしれません。 尾羽付近が濡れてまして、お尻あたりの羽根に乱れが・・。 ちょっと心配です。 生き抜いて欲しいですが・・・。

 
 本日はこれくらいで・・。


 でわでわ また



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花ブログ 雑木の庭へ
にほんブログ村

 ご訪問ありがとうございました。
by aiyababa | 2013-02-24 00:10 | 生き物 | Comments(0)

雪と向き合ってみた。

ナマステ!

 昨日のドッカ雪、雪だけじゃなくて風も強かったので、ホワイトアウトに何度悩まされたことか・・。 

 雪投げは道路を横断して向かいの畑のほうに投げるので、もしライト点灯を忘れた車が来た時はヒヤッとする時があります。 

 こんなのに命を懸けたくないので、基本、雪投げ中断です。
d0251572_183217100.jpg
家の中でじっとして時を待ちます。 正真正銘のホワイトアウトはこんなものではありません。 第一、カメラを外に出せません。

 いやなのは車だけじゃなくて、雪投げした後の帰りはまともに正面から風雪を喰らうので(これが・・痛い)、余程根性の入った人で無い限り猛吹雪の中での雪投げはやらないかと・・思ってましたが・・皆さん頑張ってやってるんですよねぇ・・・。 でも小生は・・そこまで根性入れません。

 昨日の記事ではとりあえず、車庫前と玄関までのアクセスがついたことでやれやれと一息つけた・・とまで書きました。


  でも・・まだまだ・・。


   ハナちゃんの救出があります。 

 前後左右・・荷台まで雪に埋もれたハナちゃん。
d0251572_1983664.jpg
いつまでも遭難者・・否、遭難車を放っておくわけにも行きません!

 で、”ウルトラママさんダンプ”の登場です。 

 正式名称忘れましたが・・”パパさんダンプ”はまた別なので名前が付いているようなので、ここではこう呼ばせていただきます。 上の写真で若草色をした人力排雪運搬ソリです。

 これが実によろしい! 深底になっていて、今までのより2倍運べる!との謳い文句で登場したのだが・・・実は値段も2倍する。

 実はこれ大分前に購入済み。 これによって、排雪は以前よりずっと量?計?行って(ハカ行く・・量または時間的に思ってた以上に仕事が出来た・・時に使う・・・方言?)思い切って買ってよかったと思ってるわけです。 雪投げ必須アイテムと言い切っていいかと・・・。

 では正式にご登場願いましょうか・・・。
d0251572_1923873.jpg
どうですか? 凛々しいでしょう。 そうでもない・・?


 底面が安定しているため、運搬中凸凹の雪面を滑らせても思ったより荷崩れしにくいっていう長所がありまして、もう昔のママさんダンプは使えません。

 せっせせっせと事を進めまして・・

 遂にハナちゃん救出成功です。
d0251572_19471738.jpg
まだ荷台と屋根には雪が残ってますが・・こちらの雪は本日除雪完了しました。 (黄色い線は実際の車の輪郭です)


 で、次に玄関入り口のデッキの除雪。 ・・これを終えて・・


 やった==--~~!!と・・・思ったのですが・・



  気が付きました。 視界に入ってくる・・・妙な・・巨大なナメクジのような物体。


    今まで目の前ばかりしか見ていなかったので・・



      見落としてました・・。


       
        雪庇です。


 デッキ前と・・・
d0251572_1955285.jpg


 
 車庫入り口・・。
d0251572_19553213.jpg
・・落ちて当たったら・・痛いではきっと済みません・・・。


 序でに・・物置・・。
d0251572_19574268.jpg
でもここは入り口まで全部胸以上の高さの雪で・・近寄れません・・・。 よって・・パス。


 雪庇切りで落として・・・ちょっと愕然。
d0251572_201163.jpg
せっかく排雪したのに・・・・。 また”ウルママダンプ”(短縮すればいいってもんじゃないですが・・ちょっと長いので・・失礼)数台分の排雪が・・それぞれの雪庇で・・。


  でも、もう夕暮れ・・・殆ど体力余ってませんでした。 


   よって・・排雪は・・パス。(こちらの残雪も本日全て片付けました。)


 本日、道路の除雪、排雪が入ってきてまして、流石に大型除雪作業車が入るとちがう。 歩道に残った雪までも綺麗に無くなっていました。


 これで、今までの状態に戻りました。


 明日は物置へのアクセスと雪庇を落としたいと思ってます。


 やれやれ・・。



 (・・・本当なら今日で終えていたけれど・・ちょっと誘惑に駆られて・・・またワカサギ釣りに行ってしまったのです。 Fじーも休みとなれば・・そりゃ行かねば・・ね。)





 嗚呼・・・・それにしても降りも降ったり・・


 たった一日で多分50cm以上。 吹き溜まりなどは1mは積もりました。


 家正面の雪も・・降る前はこんなでしたが・・
d0251572_20153250.jpg
雪の火遊び・・第2回目です。 ブログアップはしてませんでしたが・・。

d0251572_20215114.jpg
バードテーブルの屋根の雪と支柱の長さに注目。

 今回の雪で・・それぞれ・・
d0251572_20193476.jpg
お隣さんの窓が隠れて見えなくなりました。

そして、バードテーブルの屋根の雪はバッキンガム宮殿の近衛兵の帽子になり・・
d0251572_20255166.jpg
支柱もかなり埋まってしまいました。


 午後はカラッと晴れ渡る好天に恵まれまして、いい汗掻かせて頂きました。


 また1kg体重が減ってました。 スノーシューの深雪走破テストもやってみましたし・・。



 雪も唖然とするほど降ると・・それなりに心構えも出来てくるようになり・・一日でやっつけよう!などと馬鹿げたことも思わなくなりまして、適当な運動だと考えて日々やってます。


 でも・・・筋肉痛が・・・。



 でわでわ また




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花ブログ 雑木の庭へ
にほんブログ村

  ご訪問ありがとうございました。
by aiyababa | 2013-02-22 20:53 | 雑用・諸々 | Comments(2)

流石に堪えました・・ゲリラ豪雪?

ナマステ!

 やれやれ・・やっと一息吐けました。

 ブログアップする気力だけでも残しておきたかったけど・・・

 雪って一晩でこんなに降るの?

 ・・・・なかなか次のキーを叩けません・・・。

 始まりは昨晩からでした・・。

 昨日のブログの冒頭で書いたように・・夜・・窓をあけたら
d0251572_20433038.jpg
・・こんなに窓に着雪したのは初めてのことでした。

 危惧してたとはいえ・・・


 一夜明けたら・・・


 なぬ===---~~~!!

 まだ夜明け前・・・5時に目を覚まして・・外はもう吹雪・・


  じゃなくて猛吹雪!


 慌てて・・身支度をして・・外へ・・



  あれ? やっと身体を出せるだけドア開けて・・


   びっくり!!


  その積雪量ときたら・・・


   歩道横の駐車している軽トラのハナちゃんがいつの間にか・・


      のっぽになってた・・・。
d0251572_20502991.jpg



 外に出ても・・道路が見えない? ・・・?。


   ラッセルして行くが・・吹き溜まりになってるデッキ横は・・
d0251572_20513255.jpg
丁度・・男のシンボル・・又よりチョイ上あたりまで・・・。


 どうやら道路は除雪はされていたが・・排雪はしてないようで・・


  除雪された雪が歩道にどっさり!
d0251572_20563194.jpg
ハナちゃんまで埋められようとしていた・・。


   積雪は・・へそまで来てる!?!
d0251572_20565429.jpg
「・・・・。」

 
 その道路との段差は・・
d0251572_2059402.jpg
優に1mはあった。


    車が出せない・・・・。


 でも・・・以前からお世話になっている・・前にもご登場いただいた・・


   天使のMさんが吹雪の中除雪機を持ってきてくれて・・


  車庫前の雪を除雪してくれたのだった。 


  やっぱ・・心強い・・。 除雪機・・・欲しい・・


  しかし・・まだ新聞屋さんも来ていない・・。


   新聞屋さんの為にも・・玄関までの通路を・・確保===--!


  こっちはお隣のTさんが小型除雪機で道をつけてくれた。


 みなさんに助けられて生き延びているあいやばばでございます・・・・。



   こっちもただ指を銜えてみているだけではない!

   
     細かいところは小生がえっさえっさと掻き掻きして・・




    朝飯前・・・とりあえず格好がついた。



   ”朝飯前”という単語を使うときは得てして・・余裕のヨッチャン的な意味合いを持つものだが・・・


  本日は・・・はーはーぜーぜー・・・み・みずーーー・・・

 と、余裕も何も無い・・パニック一歩手前で事なきを得たという感じでした。


 「これだけの大雪もちょっと無いなぁ・・・。」と地元の方が言うくらいだから・・



 やっぱりただものではない雪だったんだと思う・・。



 テレビではドッカ雪関係のニュースでJR北海道・・撃沈だし・・。



 お隣の石狩市ではこれまでの最高積雪を記録したと言ってるし・・



 ウルトラままさんダンプでの排雪作業の様子は・・明日に持ち越すとして・・



 本日・・ここまで。


   もう疲れた・・・・。 


  機械が無かったら・・人力ではやっぱり限界があります・・。



    結局一日中雪投げで終始しちゃいました。 休み休みでしたけどね。


 こーゆー経験は・・一度でよかです。



 でわでわ また


 筋肉痛に報いる励みのポチなどしていただけましたら・・嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花ブログ 雑木の庭へ
にほんブログ村

  ご訪問ありがとうございました。
 
by aiyababa | 2013-02-21 21:43 | 雑用・諸々 | Comments(0)

エゾリス君は毎日元気!

ナマステ!

 外は今までに無い吹雪が猛威を奮っています。 窓ガラスは着雪で外が見えません。 先ほど恐る恐る外に出ようとしたらドアが半分しか開きませんでした。 

 外は街灯がぼんやり輝いているだけで2軒先くらいまでしか確認できませんでした。

 明日朝は一体どうなっているのやら・・・。

 さて、久しぶりに動物特集です。

 とはいっても・・・毎日毎日遊びに来るエゾリス君達のスナップに過ぎないのですが・・

 この付近のエゾリスは正面のお隣さんの綿密且つ真摯なる観察によると・・4匹居るらしい。

 拙宅からは右隣の廃屋の屋敷林の一部しか見えないので、林の中での活動はほとんど判らないに等しいので、この辺のお隣さん情報は聞き逃すことは出来ない。

 えさ台付近の3匹までは同時に観察できたけれど、それが精一杯であった。

 して、先日、お隣さんから小生にメールが来て、劇的か偶然か一枚の写真に収められた4匹のエゾリスのスナップが送られてきた。

 開いてみると・・・

  ・・遂に”居るらしい”・・・から”居る!”に確信を持った瞬間であった。

 そんなわけで、当初「ジュンとアイ」というNHK朝ドラの受け売りネーミングで命名していたが・・(2匹居ると思ってた頃)この頃は一体どれがジュンでアイなのかいささか曖昧になってきた。

 で、今までいつも一番最初に来てたエゾリスを「ボス」と呼ぶことにしたのだけど・・・これもこちらの観察不足で100%ボスかどうか疑わしいのだ。

 お互い喧嘩する者しない者、追い払う者、気にも留めないもの・・

 一つの確認方法として、毛の色が黒っぽいのと茶色っぽいのと大きい個体とやや小さい個体とちんこがあるもの無いもの・・等々。

 動物を追って何ヶ月も山に入って観察してる動物写真家や映像を送る人々の観察のポイントは、恐らく他にあるんだろうと思います。 プロはきっと容易に判別しちゃうんだろうなぁ。

 これは毎日来ているシジュウカラやアカゲラなんかもきっと一つ一つ見分けられるのじゃ無いかと思います。 

 結局・・・どれがどーでも、見てると楽しいから・・それでいいか・・となっちゃってます。

 つーわけで・・エゾリス君たちのスナップへGo!

 まずは仲良しグループ?のツーショット。 この2匹はどうやら敵対関係は無い様で・・
d0251572_2374185.jpg

d0251572_2312456.jpg


 外が吹雪いていても生きるためには”食うこと”が大切なんですねぇ・・
d0251572_23163638.jpg

d0251572_23171050.jpg


 クルミはその場で食べたことはまだ一度もありません・・。 最初に埋めたクルミは50cm以上も下にあるはずですが・・出てくるのは春先?
d0251572_23193417.jpg
クルミを銜えられるほど結構大きく口を開けられるんですね。
d0251572_23285032.jpg
この後は必ず林にまっしぐら。 で、埋めた後すぐに戻ってヒマワリ種をむさぼる・・というのが食のパターン。


 一時に何匹もリスが来る時・・追い返されて林に逃げ込むリスも居ますが・・・その中の一匹は躊躇なく・・なんと、窓際の給餌台にまで足を伸ばすようになりました。

 大概、ボスがメインのヒマワリ種の台に居座っている時に来るのだけれど・・

 飼いリスじゃない野生のリスを50cmの至近距離で見られるのは驚きでした。
d0251572_23374564.jpg
最初は勝手口の前まで来て引き返してたのですが・・

 遂に台に乗っかってしまいました。
d0251572_23415694.jpg


 そして・・貪り食う。
d0251572_23424252.jpg
こいつは何故かリンゴには目もくれない・・。

 先日も・・
d0251572_2343415.jpg

d0251572_234482.jpg


 時として・・雪に穴を掘ります。
d0251572_23445673.jpg
「・・ここ・・臭いな・・。」

d0251572_23455135.jpg
突然・・掘る!


 で、一体・・何を見つけたのか?
d0251572_23465094.jpg


 で、時にリンゴを食べるときもあります。 が、我が家では美味しいところは人間が食うので、皮と芯を分け与えます・・・。 
d0251572_23494262.jpg
でも・・こいつらほんとに美味しそうに食うんだよねぇ。 

 ますます可愛くなっちゃいますよ。

 ただ・・うちの細君。 毎朝エサやりに行くとき、小生にもリンゴの一切れをくれるのだけど・・よく見るとリスのエサの中にも切り分けた実が入っている。 ヒヨドリ用だというのだが・・意外とその大きさは小生にくれたものと遜色ない。 皮付きか皮が剥いてあるかの違いだ。

 ヒヨドリはトロイから大概その前にリスに食べられてしまうのだが・・。 

 しかし・・・時々・・リスが食う前に・・小生がいただくときもあることを彼女は知らない。

 「なんであいつらにこんな大きな切り身食わせんだよ~~・・・勿体無い・・。」・・と思って食べちゃうのだが・・

 ふと思うと・・「・・・俺もリスと同類?・・」と気付かされる・・。


   一気に地に落ちた瞬間だな・・あれは・・・。


 これからは、エサやりに行くとき以外でリンゴを剥いて出してくれたら絶対的な差別化が生まれたような気がして嬉しいのだが・・・。


 リスやヒヨドリは・・・こんな微妙な心を知らない・・・。



 でわでわ また


 一つ忘れてました。 個体判断の一つ。 ちんこのある無し。
d0251572_0133013.jpg

d0251572_0143498.jpg
ちっちゃい白いもこもこが”ちんこ”。 



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花ブログ 雑木の庭へ
にほんブログ村

 ご訪問ありがとうございました。
by aiyababa | 2013-02-21 00:15 | 生き物 | Comments(0)

根性無しの釣行記・・ワカサギ釣り4回目。

ナマステ!

 北海道の天気予報ははっきり言って・・・当てにならない。

 昨日朝の天気予報では日中”晴れ”だった。

 
 しかし、昨日夕方の予報では日中曇り、3時以降”晴れ”となって・・・


 今朝の予報では・・・ずっと曇り。 夜に雪。

 でも・・・今朝はぱらぱらと雪が舞っていた。 ちなみに雪の結晶がそのまま落ちてきた比較的珍しい雪だった。


  そんなのっちゃあんめ~よ!(それはないだろ!・・の茨城弁です)  

 でも折角だから雪の結晶写真を
d0251572_18173335.jpg

d0251572_18175463.jpg
あんまり綺麗じゃないですね。 設定間違えたか?

  さてさて・・・・そんな訳で、本日そのワカサギ釣りに行こうか行くまいか・・判断が微妙につきにくい天候だった。・・・が、 

 午前10時。 我が町当別はうっすら陽が射して来た。 朝から雪だったし、半ば諦めかけていただけに・・俄然行く気になってしまい、

  10時40分出発。
  
 
 11時過ぎに着いたときは既にテント5張、青空釣師1組が入っていた。


 ただ・・・天気は・・・やっぱり・・雪。 石狩川を過ぎたら・・そんなに強い降りではないものの・・さらさらの雪がポワポワ~~っと降りていた。

 折角来たんだし、ここで逃げ帰るのもなぁ・・・少し根性あるところも見せとかねば・・と、

 背中にリュック、右手に鉄棒、左手に角スコという井出達で下に下りるも・・・先日の湿った大雪で40cmは積もっていたであろうと思われ、歩くのに難儀した。 スノーシューでも持ってくればよかったと思っても後の祭り。 時々足を取られながらやっと到着。

 目的地は初めてワカサギ釣りをやった場所。

 ワカサギ釣りは実績のあるポイントで釣るのが鉄則!・・と先週の釣番組で言ってたので・・実績というほどの実績はないものの、手練の先客が陣取っている場所に間違いは無かろうと近くに釣り場を構えた。

 青空釣りのいいところは、軽装備で来て、準備も短く、撤収も早く・・・ということであり、現場到着5分後、11時30分頃釣り糸を垂れた。

 ・・・しかし・・小さなあたりはあるものの・・・


     食いついてくれない・・・。


 一人でじ~~~~っと考えながら、いろいろ方法を試す。 

 傍から見るとお地蔵さんになったかのようだが・・・その実は頭の中は・・エサのつけ方、あたりの取り方、棚の確認、釣竿の置き位置等々、一時も頭の中が休んだことはない。 

 最初の一時間は6匹程度とあまり調子よくなかったが・・

 昼飯を胃に収めた12時半ころから・・とある方法で釣るとそれまでよりいい釣果が出るようになった。

 群れの回遊にも大きく左右されるので一概に「絶対この方法だ!」ともいえないが・・

 竿は常に持って対応すべし!・・・・が、一つ導いた結論。 

 いろいろ他人のを見ていると、置き竿にして穂先を棒で叩く人、当たりがきたら、すぐさま竿尻をコツンと叩いて竿先をちょっとあげる人、竿近くにいつも手を添えて、当たりが来たら直ぐ竿を持ち上げる人・・様々だが、八割方のひとは四六時中竿を持って対応はしていない・・。

 しかし、アグレッシブに釣りをするなら、矢張り竿はいつも手に持ってすばやい対応を取る!のが正解な気がする。

 午後2時過ぎあたりから少し風と雪が強くなり始めたので2時45分に納竿。 3時までと思って頑張ったが・・・寒さが厳しくなってきたので・・根性無しの釣師は即撤収に掛かる。

 家に戻って勘定したら

  本日の釣果・・正味3時間20分で・・45匹。

d0251572_18242724.jpg
今回はぎりぎり底が隠れました。

  これは初めて釣りをした時より時間当たりの数量では勝っていると思われ・・特に最後の2時間でおよそ40匹釣ってるので、この時期周りの人はいかほど釣っているのか判らないけど、自分なりには上出来では?と思っている。 

 まだまだ、改善の余地有りなので、時間当たり3・40匹までいけばベテランの域に達するのでは?と思っている。

 しかし、一日中やってるとはいえ・・・300も400も釣り上げちゃう人って・・ベテランだけでは語れない何かがありますよねぇ。 

  その何かとは?? 


    まだ判らない・・・・。

   釣って言うのはほんとに奥が深い・・・。


 残念ながらFじーは仕事が忙しくて合流できず。 

  
 本日占い最下位の細君が不機嫌よろしく「またワカサギの天ぷら~!」って言われるのも不本意なので・・


    本日のは全部冷凍庫へ。


 できるなら・・・もうあと2回くらいはやってみたい。


 でわでわ また



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花ブログ 雑木の庭へ
にほんブログ村

  ご訪問ありがとうございました。

 
by aiyababa | 2013-02-19 18:39 | 釣り・釣られ | Comments(2)

"雑木の庭”は人気が無い?

ナマステ!

 今回は小生が入っている二つのカテゴリーのうち、”雑木の庭”についてちょっと思いを綴ってみようかと思います。

 なかなかお仲間さんが増えません。 折角“雑木の庭”っていうカテゴリーが出来て、小生のように「待ってました!」っていう感じの方が沢山いるかなぁ・・と思ったんですけどねぇ・・・・。

 そろそろ1ヶ月経ちますが、相変わらず2名のみ。 もうひとかたは暫く更新してないので、新着写真、新着記事欄は小生のみ・・・いわば独占状態です。

 折角事務局の方で設けてくれたカテゴリーなのに・・・このままだと・・

 もしかしたら・・

   IOCのレスリング問題のように

     外される運命に・・・?

 ま、向こうは100年以上の実績があって・・今になって何故?というところで、根本的に置かれている状況には大きな違いがあるのですが・・・

 こればかりは小生がいくら呼びかけたところで、まだまだ駆け出しのマイナーカテゴリーですから、今からジャンルを替えるという人もなかなか居ないかと思います。

 でもトップが20点台で独走中!っていうのは・・・・はっきり言って

    自慢にはなりません。

 そもそも ”雑木の庭”がガーデニングとして少しづつ脚光を浴びてきたのはいつ頃からなのでしょうか? その辺の歴史には疎くて勉強不足も甚だしいのですが・・・少なくても小生は30年以上も前から漠然と「里山の中に暮らしたいなぁ・・・。」と思ってました。 

 ただ実際はそうも行かなくて(話すと長くなりそうなので割愛しますが・・)・・・周りは里山!・・という土地ではないので、せめて庭には「里山のミニチュア版を再現してみたい!」と思い、昨年から苗木をせっせと植えてみたりしてます。 

 が、夢の実現までにはまだまだ相当な道のりがありまして、へこたれることなく地道に作っていこうと、いろいろ諸先輩の記事を読み、意見を聞きつつしている毎日であります。 ローマは一日にして成らず・・ですから。

 そんな感じで、かなり肩入れしている”雑木の庭”ではありますが・・・雑誌や本もいろいろと出版されていますし、心癒される”雑木の庭”は今や時代のトレンドじゃないかなんて思ってたんですが・・・まだまだマイナーなんですかねぇ。

 既に多くのブロガーさんがそれぞれの”雑木の庭”を作られて、ブログに載せていますが、多くは”雑木の庭”がカテゴリーとして新設されたことを知らずに居るかもしれません。

 現在入っているところでそこそこのランクに居られる方々が、たとえこの存在を知ったとしても割り当てを変更して参加してくれるのかどうか疑問ですし・・・お仲間が増えるのはなんかそんなに期待できない?・・・のかなぁ。 

 現在、田舎暮らしを始めたいとか、週末別荘代わりに田舎で過ごしたいとか思っている方々の多くは、山林をそのまま買って、即”雑木の庭”の環境に身を置かれると思います。 

 実際、小生の住んでいる当別町にもそのような方々が沢山移住してきています。 庭は普通の花壇にしてても裏山が雑木林とか、全体を見回して自然林の中に家がある・・・そんな環境に住んでいる方が、都会暮らしをやめて初めて田舎暮らしのゆっくりした時間の中に身を置くと、「新しくブログを始めちゃおうかな!」っていう方も居るんじゃ無いかと・・・そんなところに期待して、楽しいジャンルになれればいいのになぁ・・とも思う今日この頃です。

 もし、雑木の庭を実践されている方で、この記事が目に留まったら・・

 是非10%でもジャンル変更をしてこちらに参加してくれることを祈っております。


 でわでわ また



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花ブログ 雑木の庭へ
にほんブログ村

 ご訪問ありがとうございました。

by aiyababa | 2013-02-18 12:46 | ブログ | Comments(0)

春めっけ!

ナマステ!

 この頃雪投げも手馴れてきたのか・・雪は降っても汗を掻く前に終わってしまうようになりました。

 余った時間・・・青空も見え始めてきたし・・・

 「スノーシュー履いて河川敷まで行ってみっぺか・・」 



 ということで、150m先の当別川河川敷まで。

 
 毎度のことですが・・新雪を踏むのは気持ちが良いもんです。


 河川敷に行くまでちょっと寄り道(といっても10mほどですが)して・・・本日のエゾリスの足跡。
d0251572_23542229.jpg
目的地までは一直線。あのフカフカ雪でどうして沈まないんだろうか? 不思議です。 

 このちょっとした寄り道が・・・河川敷一番乗りを逃してしまった。

 到着1分前になにやら甲高いエンジン音・・・。 

 高みで止まって・・唖然・・・。
d0251572_024432.jpg
小生の汗です。 ウソです。 


 スノーモービルが走り去ったようです。
d0251572_03411.jpg
くっそ==--気持ちよかっただろうなぁ・・・といっても遅れをとったこっちが悪い。



 河川林に入ってみると、前回は凍っていた川面は氷も融けて流れが見えていました。
d0251572_061347.jpg
本格的な春はまだ先でも少しづつ変化は起きてる・・・・。


 そんな予感の河川林歩き。 



  さてさて・・・どんなものに出会えるでしょうか?


 きのこに積もった雪。
d0251572_093348.jpg



 つづいて昨年の巣に積もった雪。 
d0251572_0103116.jpg
雪が降ると意外と手の届きそうな高さに営巣してるんですね。 3mくらい上にありました。

 そこら中にあるのがキツツキの穴。 これはどうやら今日作ったもの?
d0251572_0123231.jpg


 下には雪の上に落ちた幹の欠片・・・。
d0251572_0132492.jpg



 居ました居ました。 対岸の木でなにやら音がするかと思えば・・・
d0251572_0585197.jpg
アカゲラ君・・今日はこっちに来てましたか。

 で、ぼろぼろにされた木。 既に枯れ木です。
d0251572_0141038.jpg
痛々しいけど・・キツツキにしたらエサの宝庫・・だったんだろうな。 それでも真っ直ぐ屹立している姿が凛々しい! 老兵は死なず!って感じでしょうか・・。 ・・・枯れ木だって言ってるだろ!


 でもあまり川には近づくな!っていう標識。 
d0251572_0183061.jpg
 どうやら熊がモデルなのだけど・・熊がおぼれたって・・別にかまわないけど・・。 

 それに熊語で書かないと読めないっしょ! ただ熊の識字率はそんなに高くないから、高学歴の熊で無いと日本語までは読み取れないだろうし・・・




 あっ!こっちにはなんか何か居そうな・・木のウロが・・。
d0251572_020328.jpg
もしかして・・リスでも???

 ちょっとごめんねぇ・・・・
d0251572_0221035.jpg
何もいませんでした。

 この穴はちょうど目線の高さ・・こんな低いところじゃ・・・危なくて住めないよねぇ。




 で、しばらく歩いていたら・・


   春めっけ!

 ネコヤナギの芽が・・・
d0251572_025142.jpg
ふくらんで・・・


d0251572_0254622.jpg
半分割れて・・・

 
 光を浴び始めました!
d0251572_0261813.jpg


 なまめかしい乙女の入浴シーンに似たものがありますよねぇ。


 少しづつ恥じらいをもって・・且つ大胆に脱ぐ! 嗚呼ーなんか思い出すなぁ・・デビュー当時の関根恵子さん。 ちがうか?


 そしてちょっと上を見たら・・・さっきまで雪がついた枝だとおもっていたのが・・ネコヤナギの蕾が弾けたと知って・・・
d0251572_031848.jpg
・・感激物の一枚です!


 流石に深雪を歩くのはけっこう疲れて・・・


 帰り道は・・スノーモービルの走ったあとを・・・
d0251572_0332861.jpg
歩かせてもらいました。


 で、堤防から我が家の物置が遠くに見えて・・
d0251572_0345239.jpg
ドアの上のほうにまで雪が積もって・・ましたね。庭の高さからすると・・1.6m?

 

  で、最後にお届けするのは・・・



    冬・・雪 と言ったら・・




     あ・あ・あの獰猛な・・・・



      行く時は気が付かなかったんですが・・・





      寝ている間に・・・





       そ~~~~~~っと




         帰らないと・・・・。






d0251572_040028.jpg


   白熊君とこんな至近距離で出会うことが出来ました。


   感激です。


   今日は日差しにも恵まれました。




  形をその時その時でどう捉えるか・・・他の人と違った視線で眺める癖がついた賜物?でしょうか。

  昔から天の邪鬼と呼ばれてきて・・・・よかった?



 でわでわ また




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花ブログ 雑木の庭へ
にほんブログ村

 ご訪問ありがとうございました。
by aiyababa | 2013-02-17 01:09 | 自然 | Comments(2)

幸運?

ナマステ!

 先日・・もう10日以上も前ですが・・・節分の豆まきをしました。

 茨城の実家では炒った大豆をまいてましたが、我が家では北海道の慣例?に倣って南京豆・・いや落花生をまきました。 別に落花生じゃなくても他色々あるようなんですが、とりあえず落花生。

 で、まいたあと直ぐにそれらを回収して食べたのですが、歳の数・・とはいかなくて・・余った落花生が一杯。



 そんな中に・・




       なんと


   ”銘菓ひよこ”が・・




d0251572_1924491.jpg



 落花生も馬鹿にしたもんじゃないです。 って別に馬鹿にしたことは一度も無いですが・・・


 とんびが鷹を産んだ? 


  なんかこーゆー些細な幸運に出会うと、一日が楽しくなります。




 でわでわ また





  追伸: ただ・・・食べたら・・やっぱり落花生でしたけど・・って当たり前・・・
  



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花ブログ 雑木の庭へ
にほんブログ村

 ご訪問ありがとうございました。

   
by aiyababa | 2013-02-15 19:47 | ???? | Comments(4)


「みちくさ」 ちょっと覗いて
最新の記事
以前の記事
最新のコメント
カテゴリ
タグ
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧