あいやばばライフ


北国初心者・家事初心者の日々・喜怒哀楽を・・・。
by aiyababa

<   2013年 01月 ( 17 )   > この月の画像一覧

新しいえさ台を窓際に置いてみました。

ナマステ!

 毎日毎日楽しませてくれるえさ台ですが、スズメが来るとカラ類の鳥は空き待ち状態になって、付近に待機してる・・・っていうのが常なんです。


 ある日、窓際まで来て中を覗うシジュウカラがいました。


  試しに窓際の雪の塊に種を撒いたら・・

  
   空き待ちのカラ類が引っ切り無しに来ることが判りました。


    窓際でも全然警戒する様子がありません。


 で、思い切って、高級うどんの空箱で窓際にもえさ台を設置してみました。

 窓から30cmの距離です。 手前は20cmたらずしかありません。
d0251572_1249191.jpg
・・こんな感じでカラ類がやってきてくれました。

 ちなみに彼らの会話を翻訳すれば・・

  右 コガラ「シジュウカラ君・・そこどいてくれよ!」

  中央 シジュウカラ兄貴「生意気なコガラだ・・ホバリングずっとしてろ!・・」

  手前 ゴジュウカラ「外野うるせーぞ!静かに食わせろ!」

  左 シジュウカラ弟「兄貴・・また喧嘩売ってる・・・序列的にゴジュウカラ君が食べないと・・ややこしい力関係だなぁ・・同時に集まるなよぉ~・・・」

   
    と・・こんな感じでしょうか。


 メインは最初に設置したえさ台なので種はパラパラくらいしか置かないのですが・・・

 あっという間に無くなって・・一日に何回も補充にいったり・・ですが・・・

 スズメは警戒して絶対このえさ台には近づかないので、カラ類は大喜び!

 ついでに、バードテーブルに置いたヒヨドリ用のりんごをエゾリス君が先に食べてしまうこともあったので・・・

  ひよどり君・・可哀想に・・・と、ここにりんごを置いたら・・

     早速・・・


        ヒヨドリが・・。


 
d0251572_1257025.jpg
占領してしまいました・・・・・。

  シジュウカラ兄貴「・・・さっさと食べて出て行けよ・・まったく・・ぷんぷん。」

  ヒヨドリ 「うんまい! エゾリスの連中もここまでは来ねぇだろう・・ん? 誰かいるか?」

 でも・・・窓際のいいことは・・・


  ほんとに間近で野鳥を見られることです。

 
      窓際で頬杖をついて見たら・・・

         その距離・・たったの40cm!


  こんな至近距離で野鳥を見られるなんて・・・

 で、写真撮影も望遠要らず。
d0251572_14481311.jpg

d0251572_14484026.jpg
あまり頭がよろしくないヒヨドリ君、食うことにかけては鋭い眼光でりんごを突いてますが・・このあと

 りんごをひょいと持ち上げて・・

  下に落としてしまった・・・・。で、その落としたりんごに気が付かない・・・。

d0251572_1449877.jpg
あれ?りんごどこいった??

 あ゛~~~どっかさいったぁ~~~
d0251572_14493385.jpg




  ・・・とろい鳥。

 
 至近距離の野鳥の観察はまた・・楽し!・・でした。



 でわでわ また



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花ブログ 雑木の庭へ
にほんブログ村

  ご訪問ありがとうございました。
by aiyababa | 2013-01-31 15:26 | じぶんちの庭 | Comments(0)

根性なしのワカサギ釣り・・その2

ナマステ!

 長く続く好天も、そろそろやばくなりそうな本日・・

 行って来ました・・

  初めてのワカサギ釣り!

 前回下見に行ったマクンベツ川です。
d0251572_23571438.jpg
流石に旧石狩川・・広いです。

 本日の同行者もFじー。 

 ワカサギ釣りに本格的に取り組むかどうかは本日の釣果に掛かっている・・といっても過言ではない。

 本格的=テントを買う・・とか、穴あけドリルを買う・・とか、何千円もするリールとか竿とかタックルを充実させる云々ではあるが・・・。

 でも・・・格好から入らない我々「どうでも中年」は・・セットで1700円とか、ドリルの替わりに鉄棒で穴を開けるとか、テント無しで、晴天に限って釣る・・とかでとにかくやってみる・・。

 穴あけに関しては、先客が残していった、「ここに穴があるよマーク」のところの雪をどければ多少氷は張っていても、それ程厚くはなくて・・・

 やってみれば・・ものの1分もかからず穴は開いてしまった。
d0251572_23583697.jpg
おみごと!

 穴の氷出しの網も、20分で作った手作り品である。
d0251572_23594853.jpg
網はキッチンで使う味噌漉し(棄てられていたものを取っておいたのだ)の網を取り払って、余った亀甲網(野鳥のラード入れに使ったもの)を張って、篠竹を取り付けたもので、穴は大きめだったが・・使用には十分耐えた。

 本日、他には6・7張りくらいのテントが張られていた。 他のところに比べたらかなり少ない。
d0251572_064720.jpg
隣り同志がかなり離れているので貧果でも・・気にならない。

 で、氷上ワカサギ釣り開始。

 最初の一匹は直ぐに来た。 出だし好調。
d0251572_095433.jpg
ただ・・小さくてどこにいるのか判らない・・・・。手袋の先なんですが・・・。

 ここです。
d0251572_0562690.jpg
 


 ところが・・・その後不調。 どうも棚が合ってない。 

 晴れてはいたが・・・気持ちも落ち込んで・・・足は冷たいし・・・指先かじかむし・・・

 「・・・やっぱりワカサギ釣りよりチカのほうが数段面白い・・・」などと考えていた。

 これでワカサギ釣りも最初で最後になるのか?

 そんな小生の不調をよそに・・お隣のFじーは折れた穂先で満足なあたりも判るか判らないかっていうようなタックルでどんどん釣り上げる。 

 好調時は一気に3匹の一家釣り。
d0251572_023261.jpg
・・・・。

 こっちはもう黙って寒さをこらえて釣るしかない。 

 でも・・・晴れた日の釣りってのはいい。 昼飯のカップラーメンも美味かったし。
d0251572_0353351.jpg


 そのうち棚もわかって・・一時は10匹は水をあけられていた差も徐々に詰めてきた。

 というより・・・Fじーがリールの糸がらみで釣りを中断せざるを得ない時に差を縮めたというのが正解であったが・・
d0251572_036153.jpg
Fじー悪戦苦闘中。

 
 昼飯も食って順調に上がるが・・・爆釣・・とまではいかない。


 まだまだ釣り方に研究の余地アリだ。


 本日の釣果
d0251572_0444217.jpg
正味2時間半で二人で84匹。 まずまずっしょ。 初ワカサギにしては。


 天候さえもっとよければ100匹はいけたと思うが・・・・1時過ぎから雪雲が近づいてきて、雪と風がいきなり強くなってきたのだ。 最後の20分で身体は一気に限界に・・・。 まだまだ修行が足りない。


    風にギブアップ!

        2時前に納竿



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


  そして・・・

    夕食は・・


       当然


         ワカサギの天ぷら。

 しかし・・・この日も細君は残業。


  一人で揚げて・・ 
d0251572_0473658.jpg
Fじー御免・・せっかくのワカサギ・・。 写真の撮り方が悪いのではなくて・・揚げ方が悪い・・。

 で、一人で食った。
d0251572_0494635.jpg
塩で。 エビフライに見えるが・・実は5cmのワカサギ。 写真に騙されないように!


 揚げ方どーのこーのはあるけれど・・・味は良かった。


 ワカサギも悪くない。

 
 さて・・・次回はいつ行こうか。



 でわでわ また



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花ブログ 雑木の庭へ
にほんブログ村

 ご訪問ありがとうございました。
by aiyababa | 2013-01-30 00:57 | 釣り・釣られ | Comments(4)

スノーシュー履いて冬を撮る

ナマステ!

 先週、ワカサギ下見した時、屯田のHCに行って”あるもの”を買った・・と書きましたが・・

 その”あるもの”とは・・

    以前から興味があった・・

      スノーシュー

 ま、言ってみればカンジキの西洋版といったものでしょうか?
d0251572_2001373.jpg
5480円だったかな?裏と表です。

 性能の良し悪し、耐久性・・いろいろあるのでしょうが、スポーツ店に行くと1万円以上はしてしまう。

 これは安い方で、新雪、深雪用のは1000円高で後方がより長くなって、受ける面積がやや多い。

 買うときに迷ったのだけど、長いと歩きづらい気がして安目の方を買ったのだが・・体重も軽くなったし、これくらいでよかっぺ・・ということにした。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 翌日装着してみた。
d0251572_2083169.jpg


 ここんところ天気が良くて雪が降らない。新雪はせいぜい5cm程度。

 歩いても既に硬くなった雪面では深く入ることはない。 新雪も含めて10~15cm沈む程度?

 これがなかなかよろしい。

 第一に、装着が楽。 みんなワンタッチで片手で出来る。 長靴の上から締め付けるのだけど・・・カチッカチッと小気味よく締まる。 もちろん緩めるのも楽。

 で、かねてより遊びに行きたかった河川敷に行って見た。

 堤防までは約150m。この間畑しかないのでいちいち道路を横断しなくていいから、これから冬の間は人の土地でも我フィールドになってしまうのです。

 堤防までちょいと写真を。
d0251572_2018899.jpg
奥の林がエゾリス君達の住む・・と思われる林で、その裏が我が家です。

 堤防と低い山々。
d0251572_20201783.jpg


 で、河川敷と河川林。 川の両岸に柳をメインに河川林が続いています。
d0251572_2023974.jpg
ここが前々から行きたかった場所です。

 林の中から結氷した川を・・。
d0251572_20251496.jpg
長靴じゃここまで来れません。 積雪は1.5m越え。 ラッセルしても20mがいいところでしょう。

 枝に付いた霜?
d0251572_20282113.jpg
川近くだと湿気が多いからか付く量も多い気がする・・。

 キツツキが空けた穴。
d0251572_20291494.jpg
いつも来る赤ゲラ夫婦かもしれませんねぇ。

 小生の影
d0251572_20314571.jpg


 一通り歩いて家路に・・
d0251572_20325216.jpg
・・でもこれはお隣の廃屋です。 その奥が我が家。 ちらっと見えますが・・。

 ・・・・・・・・・・・・・・

 とまぁ・・履いて歩いた感触は・・悪くなかった。

 かかとが上がるのがカンジキとの大きな違いだが、この違いは・・大きい気がする。 カンジキ履いた事は無いけど、歩き方は普通の歩き方でOKだから歩き易いのだ。

 新雪が降ったあともう一度試してみたいのだが・・かれこれ一週間・・ほとんど雪が降らない。 これじゃ試しようが無い。

 これを買ってから、河川敷まで歩いて夕日を撮ったりしてますが、次回は山を歩いてみようかと・・。 

 おにぎりとコーヒー持って・・広~~い石狩平野を見てみたい。

 これでまた・・

   新しい冬の楽しみ方が増えました。


    そうそう・・ストック買わなきゃ・・。


 でわでわ また



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花ブログ 雑木の庭へ
にほんブログ村

 ご訪問ありがとうございました。
by aiyababa | 2013-01-28 20:44 | 旅・お出かけ | Comments(2)

あかぎれ

ナマステ!

 ちょっと厄介なことになってしまいました。

 左足にかかとと小指下の二箇所にあかぎれが出来てしまいました。

 若干血も滲んでいたので、その深さは結構なものかと・・・。

 そもそも・・・足が冷たいのに我慢して雪掻きやら外仕事をしていたのがいけなかった。

 風呂上りにクリームは塗っていたけど・・・直ぐに乾いてしまうし・・・

 乾燥肌気味でかかとあたりは何本も白い線が出来ていたのは知っていたが・・・

 パックリといってしまってた。

 醜いから写真は載せませんが・・・少し歩くと痛い。

 今まで・・しもやけまでは出来たことがあるけど・・・

 あかぎれは初めて・・・。 

 3本目のあかぎれ防止にもっといいクリームを買ってこないと・・・。


 そもそも・・二ベアくらいじゃダメらしい。 

 外国で二ベアは一般的で、日本でも使っていたけど・・北海道の冬の寒さと乾燥には一般品では小生には効き目が無かったようです。

 最初の割れは塞がりつつあるのでいいとして・・小指下のはまだ深く切れたまま・・・。


 ある日突然パックリといってしまうあかぎれ・・・


 ちょっぴり恐怖におののいている・・。




 でわでわ また




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花ブログ 雑木の庭へ
にほんブログ村

ご訪問ありがとうございました。
by aiyababa | 2013-01-27 22:42 | 私のこと | Comments(0)

野良猫め~~!

ナマステ!

 堀北真希ちゃんの次?くらいに愛くるしい・・毎日毎日やってくるエゾリスや野鳥達に・・

      天敵が現れました! 

 野良猫の治作です。


 7時半頃現れたエゾリスが、最初のクルミを持ち去ってから・・・2個目を取りに来ない・・。

 おかしいなぁ・・・普通なら埋めた後すぐに引き返してくるのに・・・


 と、しばらく様子を見てたがやっぱり来ない。


 謎のまま・・また数分して・・えさ台を見たら・・・

 見慣れた奴が・・堂々と目の前に現れやがった。
d0251572_1823369.jpg
じぃ~~~~とふてぶてしくテーブル見つめてましたが、追い払おうと外に出たら・・・

     なんと・・・・

       いつのまにか・・・

          テーブルに乗って物色してるではないですか・・・。

         唖然! 


 「・・三味線の皮にしてやる~~~!・・」


 こっちの気持ちを読まれたか・・どうか・・


 慌てて廃屋の方に逃げていきましたが、あれは後ろ隣の家がエサをあげている猫'sの一匹。


 これまでは早朝か夜かわからないけど、まだ鳥達が活動を開始する前に、庭をうろうろしてるらしい足跡はあった。

 こっちも四六時中えさ台を覗いているわけじゃないので昼間も来てるのかどうかは疑問符が付いていたのだが・・・やっぱり来ていた。

 しかし、隣の猫'sは治作だけじゃない。 トメもいるし、田吾作もいる。 秋口には子猫もいた。 一昨年は8匹は居た野良猫の館がお隣にあるのだ。 今は一体何匹居るのか全く判らない。

 油断ならない連中だ。 

 最初にえさ台を設置してから、かなり積雪も増えて、1m30~40cmはあったテーブルまでの高さも6・70cmくらいまでになってしまったので、この頃は支柱周りを除雪しながら高さをキープしていたが・・それも限界に来たようで・・・簡単に上がり易くなってしまっていた。

 今回、この事件もあって、

  一度引き抜いて・・・また高さを上げました。
d0251572_18431768.jpg
この高さでいいのかどうかは別として、一応・・安堵。

 威嚇用にパチンコでも無いかとHCに行った時に聞いてみたけど・・売ってない・・らしい。

 小学校以来そんなの作ってないが、作ってみる価値がある・・かもしれない。


 一度逃げた後、間合いを置いて(約20m)こっちをみる・・あの憎たらしいほどの野生が備わった距離感。

 雪球を作ってみたが・・さらさら雪だと投げてもバラけてしまって・・届きもかすりもしない・・。 あざけ笑われた感じ。 

 雪球あたりじゃ効果が・・・無い。 あまりよろしくないのだ。


 パチンコを作る作らないは別としても・・・


 本当に忌々しいやつらだ。


 そして・・その日は本当に珍しく、エゾリス君達はそれからとうとう現れなかった。


 どこかの巣穴でおののいて居たのだと思う・・・。


 この事件は3日前で、昨日、今日と一応エゾリス君は来てくれているが、以前のように入れ替わり立ち代わりということが無くなった。 

 どうやら1匹かせいぜい2匹がやってくる程度です。 お隣さんの話では4匹いるというのに・・。

 まさか・・どこかで被害に遭ったとは思いたくないが・・


 また以前のように2時間くらいえさ台を占拠するくらい来てくれないものか・・・。



 でわでわ また



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花ブログ 雑木の庭へ
にほんブログ村

 ご訪問ありがとうございました。

 
by aiyababa | 2013-01-26 20:20 | じぶんちの庭 | Comments(2)

えさ台の鳥たち・・中間報告

ナマステ!

 毎日毎日日課となってしまったエサの補給。

 ヒマワリ種はコーヒーカップで3~5杯。 クルミの種が2個。 時々かぼちゃの種・・そしてダメになりかけた果物・・等々

 そうそう・・スーパーで仕入れるラードや牛脂が1週間に一回程度。

 冬至を境に日の出の時間が少しづつ早まり、鳥たちの活動開始も心なしか早まっている。 前は7時半にエサを補給してたけど・・今は7時前後に補給しないと、エゾリス君達も肩透かしを食らって文句を言いかねない。

 鳥の名前を特定するのも大変なんだけど、新しい鳥を見るたびに・・それはそれで興奮して、ネットで必死に探し回るのもけっこう楽しい。

 これまでに確認した鳥を列記すると・・

 1、コガラ・・ハシブトガラかもしれませんが・・。 非常に類似してて特定が難しくて・・とりあえずここではコガラ・・としておきます。 これは毎日・・常時来てます。主にヒマワリとラード

 2、シジュウカラ これも毎日、常時食べに来てます。 主にヒマワリとラード

 3、ゴジュウカラ これも毎日、常時食べに来てます。 主にヒマワリとラード


 4、ヒガラ 今まで見逃していましたが、二度程見ました。 シジュウカラだとばかり思ってましたので・・。

 5、ヤマガラ 毎日、常時食べに来てます。 主にヒマワリとラード

 6、シメ 毎日、時々食べに来てます。 ヒマワリ種のみ

 7、ヒヨドリ これも今年になってほぼ毎日、時々やってきます。 食べるのは果物だけなのでカラ類とは競合しません。

 8、赤ゲラ 週4・5日やってきてます。 一日一回か2回程度。 食べるのはラード・牛脂のみ。

 9、スズメ 毎日大群でやってきます。 何でも食べます。行儀が悪い。

 10、アトリ 紹介したことあったかな? 12月末に2日間だけ飛来しました。 最初はスズメ?と勘違いしましたが、以後見てません。
d0251572_1721780.jpg
スズメと仲良く並んでました。

d0251572_1731476.jpg
・・と、羽根の色は違うけど姿はスズメによく似た・・アトリでした。


 そして、昨日・・偶然?にも2種類の新しい鳥が遊びに来たのを確認しました。

 なんと・・11、ミヤマカケス これまでに来た鳥の中では一番大型の鳥でした。 最初はハトでも来たのか?と思いましたが・・・・それにしては綺麗過ぎる!・・ヒマワリ種には目もくれず・・ラード・牛脂に夢中でした。
d0251572_1792420.jpg


 ちょっと警戒?
d0251572_17114557.jpg
それにしてもこの鳥も綺麗な羽根を持ってます。 

 普段見ない鳥ですが・・・どうやってここにエサがあるって嗅ぎつけるんでしょうかねぇ? そして・・今日も来てくれました!

 そして、12番目は・・シマエナガ サッと来て、カメラを持って2枚ほどシャッター切ったら直ぐに飛んでいってしまいました・・・。 

 写真では確認できないですが、頭が真っ白で目がクリリンとしてて・・正面から撮りたかったんだけど・・・。
d0251572_1718125.jpg
最初はシジュウカラの突然変異?と思ってました。 それにしては尻尾が長い。 これも印象的な鳥でしたねぇ。 また遊びに来てくれたら嬉しいけど・・・。

 こうして見てみたら・・12種類も来てたんですねぇ。 

 最初はスズメ以外は名前も知らない鳥ばかりでしたが・・・12種類も覚えてしまいました・・・。 

 これはえらいことです。 たぶん・・12種類の山野草の名前・・・忘れています。


 でわでわ また


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花ブログ 雑木の庭へ
にほんブログ村

 ご訪問ありがとうございました。


 
by aiyababa | 2013-01-24 17:35 | じぶんちの庭 | Comments(2)

根性なしの釣行記・・ワカサギ釣り下見。

ナマステ!

 本年初の釣行。 Fじーと一緒に石狩湾新港東埠頭に行ってまいりました。

 昨日は実にいい天気で、これで爆釣とかだったら人生が狂ってしまうかもしれない・・・というような・・・天候的には最高のお膳立てが揃っていたのですが・・・。

 まず・・・我々横着中年組の釣行は”朝一番!”とか”夜討ち朝駆け”とか勇ましい行動を取ることが無い。

 それでいて、一丁前に釣果だけは行く前から期待する・・・という典型的な理想ばかりを追い求めて、現実を見ないタイプの”型”にガチガチに嵌まったダメ人間でありますから・・・この先は言わずとも知れたもの・・・なのであります。

 で、10時に現地待ち合わせということで、それぞれがそれぞれの車で行って見ると・・・


d0251572_11103528.jpg
だ~れも居ない・・・。

 ここは新港南側の樽川埠頭ほどでは無いけれども・・いつもなら少なくても数人は入っている場所・・なのでありますが・・・


 どうやら我々が一番乗りらしい・・・。しかもこんな時間で・・。 

    「・・うそ・・・。」 ちょっと・・嫌な予感が・・・・。

 この時期岸壁まで除雪してくれてないので、50m程歩かなくてはならないと言う面倒くささがあったが・・・とりあえず竿は出してみようと・・・頑張った。


 10分・20分・30分・・・と撒き餌をしたりして・・じ~~~~っと当たりを待ったが・・・

 
   ただの一度もピクっと竿先に反応すら無かった・・・。


  そして1時間経過・・・。 状況変わらず・・・ということで、


     納竿! 

 
 このまま・・帰っても良かったのだが・・・Fじーが

 「昼飯を用意してるから」ということもあり、まだ昼飯には早い時分だったので、かねてより気になっていた”ワカサギ釣り”の釣り場の下調べをすることにした。

 チカ釣りをやっていると・・・どうしてもワカサギが雑魚に見えてしまっていたのであるが・・冬の釣りの風物詩の一つでもある氷上ワカサギ釣り・・決して侮れないのである。

 このワカサギ釣り・・実はいつも心の奥で「・・・いつかはしてみたい!・・・」とくすぶっていたのである。

 今年に入って実は一度Fじーと下見に行ったところがある。 10日ほど前だったか・・・。

 新篠津の「しのつ湖。」

 こちらは管理釣り場で、温泉付き道の駅”たっぷの湯”でやっていたそれは・・・

   大繁盛! 駐車場はほぼ満車。

 6人だか10何人だか入れる小屋が湖の中に何棟も立っている。 

 貸し竿、餌、椅子、暖房完備の『手ぶらで来てもラクチン、一家団欒で一家釣り!』っていうような感じで、一人1500円だかで全て揃えてもらってしかも入浴料込みでやれてしまうのである。 
d0251572_1134296.jpg
参考までに・・。

 500匹以上釣ったつわものもいたらしい。
d0251572_1146351.jpg


 遂にずら~っと並んだ貸し小屋は空き待ち状態。 スタッフもお客対応で大わらわ。 

 情報を聞きにいった我々は遂に一度も聞けるタイミングを見つけられずに・・そこを後にした。

 しのつ湖は合計3箇所の管理釣り場があって、唯一南釣り場だけが普通のワカサギ釣り場となっていた。 

 こちらは
d0251572_11472142.jpg
こんな感じで同じく貸切の小屋も常設されている。

 小屋は野菜ハウスに似てなくも無いが、外は風が吹いてめっちゃ寒くても中はあったかなのだ。
d0251572_1154746.jpg


 入漁量は外釣りの場合500円成り。 貸し竿が300円。 

 外釣りは風がちょっとでも吹くような天候ではテントでも持っていないとちょっと無理だろうねぇ。 少なくても我々はやらない。

 

 たかがワカサギ釣り・・・されどワカサギ釣り・・・本格的にやろうと思うと、お金が掛かる。

 穴あけドリルで7500円。 テントも1万円以上する。 ひぇ~~!!

 ワカサギ釣りセット・・だけなら980円とか竿立て付きで1700円とかで買えるのだが・・。
d0251572_1212093.jpg
・・・じ、実は・・先日広告が入ってきた日に近くのお店で・・・既に・・買ってある。


 で、昨日、石狩湾新港を後にして、下見第二弾は・・そこから程近い”真薫別川(マクンベツ)”に行ってみた。
 真薫別川とは言うけれど・・これも旧石狩川の一つである。

 ここは誰でも入れるフリーの釣り場、平日ながら7組くらい人が来ていた。
d0251572_1216128.jpg


 ちょっと拡大して・・
d0251572_12163683.jpg


 で、テントではなくてポカポカ陽気(でも日中はマイナス気温ですが・・)の下、青空の下でやっていた3人の老練な釣師達にいろいろ話を聞かせてもらった。
 
 この3人・・すごかったなぁ。 それぞれ100匹以上は釣っていたと思われるが、この手の釣り師は自分であれこれと小道具を考えるものらしい。 この3人組も例外ではなかった。 

 他の色んな釣りにも言えることだけれど、共通して、この手の釣り師は釣りが上手い! 廃材を利用したりして、如何に釣り易い環境をつくるかに腐心している。

 初心者や、一般的な釣り人は、釣り具屋さん以外の道具は多分使わない。 仕掛けも何もかも。

 その辺が一般と老練の違いかもしれない。

 この3人組はテントも張らず少し離れた一角でやっていたが、もうその勢いは・・

 「ここに来たワカサギを外に逃がすな!」・・と言う感じでヒットの連続。 テント組をあざけ笑っている感じもしないではなかった。 

 その小道具は見えないが(自分で考えましょう・・ということにして)・・・老練ワカサギ師3人組の後姿を・・。
d0251572_123918100.jpg
 

 ま、この3人組に出会えたことで、ますますワカサギ釣りがしたくなった。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 そんなこんなで12時も廻って・・・

 本来なら、石狩湾新港東埠頭の岸壁で、笑いが止まらない中、昼食を取っているはず・・だったが・・

 予定が大幅に狂わされたので、どこか景色の良い場所で昼飯を取ろうという事になった。

 でも・・・帰りながらそんな場所を見つけるって言ったって・・・


 結局、生振(オヤフルと呼びます)の農道に路肩駐車をして昼食を摂った。

 周りはこんな雪原が・・
d0251572_1301240.jpg


 除雪は完璧にされていたが・・・ほとんど車がこなかった。
d0251572_12491450.jpg
 


 まず・・お湯を沸かして・・・
d0251572_1246212.jpg
生うどんのカップ麺とおにぎりを用意してくれていた。 エビのかき揚げも入ってなかなかのものだった。
 
 うまいうまいと小一時間そこで暇を潰して・・・
d0251572_13573682.jpg



 帰り掛けに・・屯田のHCに。

 そこで・・・あるものを買った。

 この話はまた次回と言うことで・・・

 本日、魚は釣れなかったが・・久しぶりに野外飯を食って・・次の行動予定を立てつつ・・分かれた。

 
 雪掻きが無いっていうのはいいなぁ・・・・・。


 でわでわ また



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花ブログ 雑木の庭へ
にほんブログ村

  ご訪問ありがとうございました。
by aiyababa | 2013-01-23 13:40 | 釣り・釣られ | Comments(2)

冬の火遊び。

ナマステ!

 ブログ村マイページの情報欄に載ってたお知らせによると・・・

 新たに「雑木の庭」なるカテゴリーが追加されました。

 早速こちらにも入ってみました。 

 でも・・

 まだ知らない人が多いのか・・・小生を含めてたったの2名。 

 ちょっと寂しい気もしますが・・・

 これから地道に増えていくでしょう。

 なんてったって、目指すのは正しく”雑木の庭”ですから・・うってつけのカテゴリーだったわけで、あと一月もすれば・・・

 10人くらいの所帯にはなるかと・・・。 

 
 ただ・・・目指す方向は決まっていても・・・まだまだ先の話で、庭には去年の秋に植えたせいぜい高くて1m程度の木ばかり。 

 現在、そのほとんどの木は雪に埋もれた状態で、庭はただの雪原と化しています。

 で、この無味乾燥な冬の庭をなんとか華やかなものに!・・・と思い、

 これから北海道中雪や氷のイベントが繰り広げられる中、一足先にやってみました!

 題して 『一壷?に凝縮された雪と氷の祭典』

 ま、こんなんです。
d0251572_23184958.jpg


 これがいくつか集まると・・・
d0251572_23194425.jpg


 で、これをリビングから見ると・・・
d0251572_23204252.jpg


 で、更にロフトから眺めると・・・
d0251572_23213654.jpg


 で、ライトアップ?された我が家。
d0251572_23223186.jpg
・・・とこうなるわけで・・・


 でも・・

     最初に見せたいと思っていた細君は・・・


                  残業。




 ま、自己満足っていうやつ?


 別に氷の器を作る必要も無くて、雪の壁に穴をあけて、そこにろうそくを置けばいいだけのことなんだけれども・・・

 直火を見るのと、氷を通してみるのとでは・・・違う。

 氷を通すと・・

      より幻想的に・・

              見える・・・


                    はず。



 そこにこだわりとかがあるわけだが・・・この器・・1個作るのに2日掛かる。

 小さなバケツに瓶を入れて凍らせるのだけど・・・
d0251572_23301384.jpg
これだけ寒くても・・1日では完全に凍ってくれない・・・。

 只今合計8個。


 ・・・密かにこの計画は年始から遂行されていて・・・


   やっと今、まとまった数が揃って


      本日のデモンストレーションと相成った。



   それもこれも天使のMさんが夕方来て除雪をしてくれたからで・・

 その前は・・・
d0251572_23343779.jpg
こんな雪の塊が目の前にあって、

 お勝手口のドア前などは・・
d0251572_23354691.jpg
1mmもドアが開かない。

 それを知ってか・・エゾリスの愛ちゃん・・
d0251572_23391092.jpg
いつもと違う雰囲気を感じてか・・

 颯爽と滑り降りて
d0251572_2340665.jpg


 落雪の塊に来て・・・実はこっちに一瞥し・・(ドアを挟んで1.5mくらいの至近距離だった・・・)
d0251572_2343682.jpg


 珍しく給餌台の天辺に乗って
d0251572_23411715.jpg
すまし顔。・・・餌の催促だったりして・・・・。


 こんな状態だったのであります。 


 Mさんのおかげで地道に製作していた氷の壷もやっと陽の目?を見て・・


  家の前をこんなにすっきりしてくれて・・


  急遽、今回のイベントに・・。


   次は・・雪祭りよろしく何かもっと映えるオブジェでも有り余る雪で製作しようか・・


    と、思案中です。


  雪に囲まれた地方の冬の暇つぶし?かもしれませんが・・それはそれで・・


        おもしろい!


 
  でわでわ また


 新たに雑木の庭を追加しました。 押すのはどちらか一方で結構です。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村 花ブログ 雑木の庭へ
にほんブログ村

  ご訪問ありがとうございました。



 
by aiyababa | 2013-01-22 00:13 | じぶんちの庭 | Comments(4)

屋根の雪下ろし

ナマステ!

 昨日・・遂に屋根の雪下ろしをしました。

 朝一番は家の前の雪掻きでしたが、11時から意を決して屋根の雪下ろしを決行しました。

 2日前のどか雪で3・40cm程更に積もりました。 正面お隣の屋根・・いつもは10cm程度で直ぐに落雪するのですが・・こんなに積もったの初めて見ました。
d0251572_20195455.jpg


 北側の屋根の雪も6~70cmだったのが更に・・

 ”そろそろやったほうがいいんじゃね~のか?”・・という声が・・脅迫観念のように心の内に聞こえまして・・・・もう観念した・・というところでしょうか。

 一人での雪下ろしは(御法度!)・・ということで、細君を見張りに立てて・・

 まずは雪下ろし前の写真。

 我が家北側屋根の雪
d0251572_18431891.jpg
見た目7~80cmですが・・・。 鉛直方向では優に1m越えでした。

 ちなみにお隣の廃屋は・・こんなに・・・。
d0251572_18441720.jpg
玄関屋根は昨冬の大雪で若干潰れてしまってます。 今年の雪で玄関は完全につぶれてしまうかも・・。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 実は雪下ろしは初めての経験・・・初体験・・だったのですが・・

 なんとか夕方5時半まで掛かったけれども・・終えました。 こーゆー初体験はあまりしたくないですが・・・。

 日没時間も近くなり、撮影も難しくなるかと思い、途中の模様を一枚・二枚。
d0251572_18484057.jpg
積雪はこのへんで1m以上はありました。 屋根上には2~30cm残してありますので、除雪は70cm~1mだったでしょうか・・下部は若干圧雪気味でしたので・・雪投げの雪とは違い・・重いのなんの・・。

 将来用の煙突も露わになりました。
d0251572_19515198.jpg


 ただ・・勾配があるので投げるのは楽でしたが・・ママさんダンプもザクっと入ってくれなくて・・汗はいつもの倍は掻いた気がしました。 勾配が緩やかとはいえ毎回上下するのは骨が折れます。

 
 家の正面、南側は何度も落雪してるので北側ほどの積雪は無く、こちらは1時間ほどで終了。

 でも日没から1時間・・外は街灯が照らすほどの時間まで掛かってしまいました。

 なんとかそれでもロフトの採光窓の雪も落として・・一件落着。

 終わったら・・・ドッと疲れが・・・夕飯を食べて2時間?3時間?寝てしまいました。

 

 今朝の写真です。南側正面。
d0251572_1921481.jpg
今日の暖かさで先ほどかなりの落雪がありました。 これも昨日の雪下ろしがなかったら太陽熱が伝わらなくて落雪まで行かなかったかと・・・。

 そして苦労した北側。
d0251572_1931063.jpg
落とした雪が窓下まできてしまいました。

  

 先ほど岩見沢で雪下ろし中の事故で一人亡くなった・・・というニュースが流れていました。

 気温が緩い時の雪下ろしは・・非常に危険・・というのが昨日やってみて感じた矢先の事故。

 もし、今日雪下ろしをしていたら・・雪と一緒に落下していたかもしれません。

 昨日も最初、一箇所無理して屋根を露出してみたんですが、日中の気温は-3度でも屋根表面は雪が融けるんです。 太陽の持つエネルギーはすごいです。 

 融ける=足が滑る=落下・・・ですから。 で、雪を全部取り除くのは当然止めにしました。 というよりそこまでやったら一日じゃ終わりませんでしたし・・・足を滑らせながらやる人などいません。

 そして今日の事故、気温が緩い時は場合によっては雪が一番下の地盤から一気に滑り落ちるんですね。

 くわばらくわばら・・・。

 


 これで・・・もう雪下ろしは・・・・。


 と、行きたいところですが・・・。


  これで今年はお終いにしたいなぁ・・ということで・・お祈り。


  でわでわ また



 今日の一枚。
d0251572_2017451.jpg
何を話しているのかわかりませんが・・会話があるような・・無いような・・・。 できることなら参加してみたい。
 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 ご訪問ありがとうございました。
by aiyababa | 2013-01-20 20:49 | 雑用・諸々 | Comments(0)

えさ台の作り方

ナマステ!

 ここんところエゾリス君達の出勤時間が早くなり、7時過ぎにはえさ台を偵察に来るので、その前に餌を補充しておく・・という生活リズムが出来上がってしまい、更にこれまた毎日降る雪と格闘しつつ、一日最低1回は雪投げを行い、言ってみれば毎日毎日代わり映えのない単調な生活?・・を送っているあいやばばであります。

 しかしながら・・やっと昨日から、ロフトに置く”あら隠し収納台”なるものの製作に着手し始めました。 

 こちらの方はいずれアップすることとして・・・


 昨日、ブロ友さんからのコメントで”えさ台の中の構造は?”という質問があったので、スケッチを使って全体を説明したいと思います。 

 まずは本体。
d0251572_14355488.jpg
ここの注意点は、窓。
窓は餌の残量をチェックするための物なので、段違いに穴をあけました。 窓の材料は硬質プラスチックですが、あまり薄いとくちばしで突かれて穴が開いてしまいます。 今は使わないかもしれないですが・・・下敷きくらいの厚みがあったほうが安全です。 

 窓の下部は少し斜めにしておくと種が窓に残らずに落ちていきますので、餌が無くなった時に、窓を突かれなくて済みます。

 出口は上部を45度くらい鋭角に切り込んだ方が種が出やすくなります。 ただ・・1x4cmはちょっと大きいかもしれません。 今もそのまま使ってますが、端が雪で塞がるので実際は2~3cmになってる感じです。 雪の降らない地方ならもっと小さくしたほうがいいかもです。

 ここには書きませんでしたが、時間があれば内部だけ白ペンキか薄いクリーム色とか明るい色で塗っておくと、より残量が見易くなるかと・・・思います。 

 台は2m程度の杭の天辺に木ネジ1本(75mm)で留めてあります。 外す時はドライバーがあれば直ぐに脱着出来ます。


 そしてえさ投入口でもある屋根。
d0251572_14432953.jpg
売っているものは蝶番で片側だけ開くのがほとんど。 でも・・・雨が降ると中に入りそうだったので、被せるタイプにしました。 より広い間口になるので種も入れやすいです。 

 
 えさの出口はマイナーチェンジをして嵩を高くしました。 
d0251572_14473685.jpg
これも大きなポイントです。 

 種を入れるときに勢いで種が遠くにいくので最初は1cmの高さの防御壁を作っておきました。

 でも・・それでは意味が無く・・スズメ達に好き放題に遊ばれてしまったのです。
 
 どうやらスズメは自分では殻を破るのが大の苦手。 カラ類のように器用に割ることが出来ない。 
 実は破られた殻に残ったカスを食べようと?必死に探している・・可能性が高い。 その行為が、落ちてくる種をどんどん弾き飛ばし、割られた実を探しているうちに、おびただしい種が回りに落ちてしまう・・・ということに。 中にはもちろん彼らでも割れる種はありますが、総じて・・下手くそ。

 設置初日の翌日は下に落ちている種の8割方がまだ割られていない種でした。

 丁度、2ミリ厚で巾が25mmの板があったので、水に板を一日浸し、完全に湿らせてからやや熱めのお湯の中でラジオペンチを持ちゆっくりゆっくり曲げて、直径10cmくらいの円を作りました。 

 別に木にこだわる必要もないし材料はプラスチックでもアルミ板でも藤蔓でも何でもいいですが、えさの出口はやや高めにしておいた方がいいです。 

 なんといっても無駄に種が出てしまっては・・・えさ代も馬鹿になりません。 ヒマワリ種5キロを1500円で買っていますが、入れれば入れるだけ無くなってしまうので、下手をすると1週間持ちません。 

 これにしてから、種の飛散は無くなったのですが・・・エゾリス君たちが入れ替わり立ち代わり来るので(お隣さん情報では3匹いる!と・・今朝メールが・・・)一回10分から20分はえさ台を占拠して貪り食うので、リスだけで相当消費してしまってますが・・今は入れる量を抑えて10日で一袋くらいでしょうか?

 で、最後に内部を。
d0251572_15194124.jpg
実は内部には両サイドの出口に種が出やすいように分散板が入っています。

 ダンボールタイプのプラスチック板があったので、それを適当にカーブを付けて下にセットしてあります。 これを作らないと・・・死に種?が出来ます。

 以上が”あいやばば式?”ヒマワリ種給餌台の説明ですが・・判りましたでしょうか? 

 見よう見まねで作ったにしては、なかなか考えて作ったな・・と自分でも悦に入ってます。 

 こーゆーのを作るときってのは何故か集中力と創造力が10倍くらい働きます。 

 
  男って言う生き物は不思議だな・・と自分でも思います。

 
 
  でわでわ また



 今日の一枚。 

 立ち木に雪が着いて・・・陽に焼けた水泳の飛び込み選手・・か、はたまた南方の土人?に見えました。
d0251572_15421214.jpg
明日はこの写真はきっと撮れない貴重な一枚!・・です。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 ご訪問ありがとうございました。 雪投げに忙しく?以前のようにアップすることが出来無くなりましたが、あいもかわらず訪問してくださる皆様に感謝申し上げます。 
by aiyababa | 2013-01-16 15:59 | じぶんちの庭 | Comments(4)


「みちくさ」 ちょっと覗いて
最新の記事
以前の記事
最新のコメント
カテゴリ
タグ
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧