あいやばばライフ


北国初心者・家事初心者の日々・喜怒哀楽を・・・。
by aiyababa
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2012年 07月 ( 11 )   > この月の画像一覧

野菜作りの難しさ・・。

ナマステ!

 何が良くて何が悪いのかの見極めが出来てないまま時間だけが過ぎていきました。

 土作りが大切だ・・と・・いうことは重々承知してますが・・うちの野菜たち・・正直言ってちゃんと実をつけてくれるのかどうか全く自信がありません。

 あまりにふがいない成績なので今まで控えていたブログアップですが・・記録として残しておかないといけない面もありますので・・うちの野菜たちを紹介します。

 大根です。
d0251572_8244460.jpg
 今月の10日に種まきしました。 一度間引きして、もう少ししたら最後の間引きを予定してます。 もともと大根を作っていた(プロが・・)畑なので期待はしているのですが・・今のところ順調に見えます。 というか、順調なのか、これでいいのか悪いのかの判断が付かないと言ったところでしょうか。

 お隣はほうれん草。
d0251572_82648.jpg
 21日に種まきしました。 ここだけは苦土石灰を追加して耕したので他より遅い種まきとなりました。 いつ頃食べられるのでしょうか? ほうれん草の最初の芽だしが細い葉っぱだということ・・初めて知りました。

 こちらはアイスプラント。
d0251572_22575365.jpg
 ポットで売っていたものを7月6日に地植えにしました。 今月は最高気温も半ば過ぎまでずっと22~24度で夜間も15度前後だったので寒かったのか生育がよくない。 肥料も足りないのか伸びてくれない。 家の中で育てた方がよかったのかなぁ・・・と思ってましたが、23日の週から最高気温も25~30度を記録してくるようになってぐんぐん伸び始めました。 

 先日やっと一回目の収穫。 写真は撮りませんでしたが、生でマヨネーズとカツブシで・・。 醤油をかけないほうがよかったなぁ・・と思っても後の祭り。 でもシャキシャキして美味かった。

 お隣のキャベツも同じ日に植え付け。 こちらも同じです。
d0251572_8432475.jpg
 最初の2週間はこのまま枯れるんじゃないかと思いましたが・・・ここに来て成長し始めました。 キャベツは冷涼な気候の野菜・・と認識してたのですが・・青虫が早速沢山付き始めました。 毎日プチプチしてますが・・葉っぱは穴だらけです。 でも見て判るようにここは雑草?のほうが成績いいです。 スベリヒユです。 去年9月に帰国した時に除草したのがスベリヒユでしたがこの辺に集めておいたのは記憶にあります。 その種がここに来て一気に? 今年は種が出来る前に除草しなければ・・。 でも・・黄色い花も可愛いのですが・・放っておけないので・・・昨日夕方除草完了です。

 で、気分転換に植えつけたのが・・・山芋。長芋? 良く判らないのだけど・・お隣との生垣境界あたりに先月末あたりに沢山芽を出してきたんです。 ビオトープを作るために掘った時に判ったのだけど・・どれも1年生。 ムカゴから芽を出した物ばかり。 収穫までに何年掛かるか判らないけど・・いくつか取って別の場所に植えてみることにしました。
d0251572_2203463.jpg
それがこれ。ちょうど山土(山砂?)が余ってたので・・畑の土:山土を1:2の割合で混ぜて植えました。 肥料はあまりいらないっていうんでそうして見ました。

 元々はこんな感じで生えていました。 
d0251572_2231079.jpg
これだけのムカゴを落とした昨年の親はどこだ?と探してみても見つからない。 細君は昨年秋にはこちらに移り住んできたけれども・・果たして山芋というものを知っていたかどうか・・。 摩訶不思議。ただ、木の周りに生えると後で収穫する時に根っこが邪魔になって非常に採り辛い。 昔、実家で巨大な山芋を掘った時に数時間かけて結局折らざるを得なかった・・という記憶が。

 ちなみに山芋1年生はこんな感じ。
d0251572_2133276.jpg
 まるで赤ん坊のちんちんくらいです。 これが店先サイズになるまでは・・・何年?  立派になれよー。
 

 ナスは植えつけて1ヶ月経つのに・・・全然実が付きません。 やっと第1号らしきものが・・。
d0251572_22215036.jpg
葉っぱが邪魔でしたね。

 ピーマン、しし唐、唐辛子はまあまあ順調です。 写真は唐辛子。
d0251572_22235690.jpg


 そもそも野菜作りの自信をなくしていた張本人が二十日大根。 大きさもまちまちで形も不ぞろいで・・・とても写真でお見せするような代物じゃございません。 それでも収穫して食べてみれば・・ピリッと辛くて美味しいです。 次回はもっと上物を揃えてみたい!
 

 でも・・・厄介なのが・・これ。
d0251572_8503022.jpg
 スギナです。 毎朝このように水滴を一杯つけて・・何が元気かって・・これほど元気な草を自分は知りません。

 取っても取っても出てくる。 これからは長い戦いになります。 庭中に広がっていまして、今はどこから手をつけていいのか判らないほどです。 これから庭の見栄え・・を考えるとスギナはもっとも邪魔な草ではあるけれど・・・スギナだけやっつける除草剤っていうのがあったら農林大臣賞ものですよね。 あればいいけど・・。

 今月に入ってまともに雨が降っていません。 今月初めに九州・本州地方に甚大な被害を出した前線も北海道まではやってきません。 エゾ梅雨というのもあるという話ですが・・お湿りまでは至っていません。 おかげで水道水・・かなり使っています。

 池が終わったら今度は井戸掘り・・真剣です。 御近所の人曰く2.5mでカネッ気(鉄分)のある水だけど水脈がある・・というので・・やってみます!


 でわでわ また



 
by aiyababa | 2012-07-30 07:38 | じぶんちの畑 | Comments(0)

池工事つづき・・石積みの巻き

ナマステ!

 いよいよ池の石積みです。

 かなりの石が必要なので・・川から失敬してくる・・・ということも考えましたが・・・その量は半端じゃないのです。 普通乗用車で20往復しても足りるかどうか・・という量です。 既に近くの河川は調査済みですが・・・池に使うような比較的小さな石(それでも5kg~10kgはあります)は蛇籠と言って堤防の土台として使ってしまっていてかなり遠くの川まで行かないと採集は不可能。

 それに、漬物石1個くらいならお咎めも無いのでしょうが、大量にとなると本来違反となります。

 で、近所の土木会社に頼んで石を探してくれないかと以前頼んでおいたのですが・・・10日経っても返事無し。 

 半ば諦めていたのですが・・先週末に電話があり、「少し欠けた石も混じるけどあるよ~。」

 一も二も無くオーダーしてその日の夕方には2㎥の角の取れた丸みのある石が届きました。
d0251572_218197.jpg


 転がす以外に移動できそうも無い大きな石もありましたが、転がれば何とかなる。腰痛を抱えている身としては無理は禁物です。

 この後、半数程度の石をまず選別です。 欠けた石。大きな石。小さめの石 やや平たい石。 長い石。丸い石etc.。
d0251572_725832.jpg
 

 この作業も結構しんどかったですねぇ。 腰をかばいつつの作業でしたし・・・でも以前なら絶対持ち上がらなかった石も・・身体に筋肉が付いた所為か?・・難なく持ち上げられたりしてかなり絞られてきた身体に感謝です。 ズボンも今では全部ゆるゆるです。 

 初日の石積みです。
d0251572_21172968.jpg


 真ん中には深みをつけるための桶?(園芸用の大型の木製の鉢ですが・・)を置いてあります。
この底板の場所で深さ80cm。 当初1mを予定していましたが、4mのシート幅では若干足りなくなりそうだったので80cmにしました。
 この桶が上からの圧力に耐えられるか?というのが問題ですが・・・崩れたらまた積み直せばいい!という比較的楽観的な考え方で結構な重さの石を何段も積みました。 水の中は木は腐りにくいという事実も見逃せません。 一応これを信じて・・・。

 石が来て3日目の写真です。 
d0251572_21132558.jpg


 そして4日目・・5日目・・。

 で、ここで気がつきました。 これから小川の部分を作るに当たり・・・小さ目の石が足りない?

 流石にもうこれ以上石を買うつもりもありません。 何とかやりくりして・・・場合によっては最初に作った池の石を一旦取り払って、小さめの石は小川の方に廻そう・・・。

 え~~ここまで積んだのに~? ・・・と、思われてもおかしくは無いのですが・・ま、やりくりがつかなかったらの話ですけど・・・。

 さて、小川をつくらないと池全体の現在の水位が見れなくて・・特に池に入る部分の高さが問題でオーバーフローよりもぎりぎり若干高くして・・ゆるりと水が進入するように・・と思っているのですが・・レーザーレベルでもないと確認できません。 水管を使っても出来るのですが・・二人必要なので・・ここは一度水を入れて確認してみっか。 ということに。
d0251572_6595271.jpg
 

 川の入り込みの水位は思っていた通りでした。 これによって今まで積んだ石の高さも確認できて、一部もう少し高く積み上げないといけないところもあったり非常に参考になりました。

 で、既に水を入れる前に棲みついた奴が居りまして・・
d0251572_7101648.jpg


 エゾアカガエルでした。 

 これが暑い夏の夜に大きな声で鳴いてくれます。 ちょっとやかましいですがあいやばば家の一員のつもりか勝手に住み着きました。 こいつは指を目の前にもって行っても全然逃げないのです。 擦られるとうっとりするし・・・変な奴です。

 と、ここまで終わって・・次は小川の方へと移って行くわけですが・・・その前に・・もうそろそろ魚を入れてもいいかな?と思っていまして・・次回、暇を見つけては近くの川に魚採りにでも行ってみようと思ってます。

 

 でわでわ また
by aiyababa | 2012-07-29 07:35 | じぶんちの庭 | Comments(0)

悪ガキさん一家滞在記

ナマステ!

 昨日・・・やってきました悪ガキさん一家。

 この日の為に、小生は細君の実家に前日より泊まりこみで行って、当日の朝、生ウニと活きウニと活きホタテを調達してきました。 魚介じゃなく介のみです。

 あとで箱を解いたら・・・ひる貝と青ツブも入っていましたし、活きウニは頼んだ数の1.5倍、活きホタテにしては2.5倍もの数が入っていました。 
d0251572_124827.jpg

 これでもほぼ半数食べた後に撮ったものです。

 こんな量とてもとても食べられた量ではありません・・・がホタテを除いて・・ほぼ食べつくしました。

 悪ガキさん一家ははるばるシンガポールから訪ねてくれたので、こちらもそれなりの準備をと・・・おかげさまで持ってきた甲斐がありました。

 到着後は・・まずBBQ。 

 当初は表のデッキでやる予定で準備したのですが・・・3時過ぎからパラパラと雨粒が・・・。

 急遽車庫に場所を移して何とか到着前に準備完了。 「悪い子」用にアンパンマンのシートも座布団入りで作って・・良い子になってもらおうとこちらもおおわらわ・・。

 火熾しは我々の任務と心得、まず炭を。 悪ガキさんはこの辺手馴れた調子でBBQ台に満遍なく炭を熾してくれました。 若い頃かなり火遊びをしていた経験がこんなところに生きています?
d0251572_1152740.jpg


 相変わらずスリムです。 バイク乗りに不可欠な体型なんでしょうか? デブでバイク乗りが似合うのはマクガイヤー兄弟以外知りませんから・・。

 BBQのメインは何と言っても「焼きウニ」です。 この辺は段取りから焼き加減、殻剥きして提供まで細君の出番となります。 

 「・・・あなた何もしないのね!・・・」という素振りを見せて小生の前を素通りしてゲストである悪ガキさん一家の前にそっと出します。
d0251572_123137.jpg


 焼きウニの方は「ムラサキウニ・・通称ノナ」にしました。 バフンウニより大柄で見ごたえ食べ応えがあるからです。

 ひる貝も喜んで食べてくれました。 ほとんど流通しない貝なので北海道の人でも知らない人が多いです。 でも食べてみたら・・・煮てよし、焼いてよし、蒸してよしの三拍子揃ったこの貝は一見ムール貝のお化けのように大きいですが(平均20cm前後はあります)・・・大味ではなくかなり繊細で特にその出汁は濃厚でカレーに入れても美味いです。 
d0251572_12131154.jpg


 写真でいくとBBQ台の左下にある細長いのがひる貝です。 嬉しいことにこのひる貝はサービスで入れてくれました。

 そしてホタテはスーパーで見る3cmx高さ2cmの一般家庭食卓サイズではなく・・・直径4cm強、高さ3cmはあるボリューム満点のホタテが殻付きですが発泡スチロールの箱にぎっしり収められていました。 1個食べただけでも結構満足する大きさです。

 他にジンギスカン、ホルモンなどなど・・でもこちらは完全に脇役になってしまいましたが・・。

 もう腹に納めきれない・・・というところでお開きにして・・・こんどは主役交代です。

 「悪い子」に大人が火遊びを教える時間です。 一番興奮して花火に興じてました。 終わった花火もちゃんとバケツに入れて・・正しい火遊びを楽しむよい子になっていましたが・・・3歳児にしては扱い方も慣れていて・・親の血を引いているなと感じた30分でした。
d0251572_13134369.jpg


 夜食にはひる貝の蒸した物を細君が用意してくれました。 あれだけ食べてまだお腹に入っちゃうくらい美味しいのでした。
d0251572_13581040.jpg
 
ぷりぷりです。 色も鮮やかで旨みも凝縮してます。

 さて・・一夜経って朝は・・ウニ飯。イクラ。ホタテの刺身を用意しました。   

 とはいっても・・小生・・寝坊しまして・・・全て細君が用意したのでありますが・・・その細君は7時過ぎに出勤。

 一体何時に起きて準備をしていたのか・・? しばらく頭が上がりません。

 で、我々は8時に朝食。 でも・・・「おかあさんといっしょ」が8時から始まってしまい・・悪い子は朝食に見向きもしない・・?
d0251572_13282679.jpg


 その横で悪ガキパパさんは三色丼を作ったり・・ウニ丼一色でまとめたり・・・三杯も食べて・・いただきまして・・・満足して・・次の目的地に出発していきました。 

 残りの日本滞在もエンジョイしてくださいねぇ。

 総じて・・・ま、悪い子が全然人見知りしなくて、最初から最後まではしゃぎまくりだったのでこちらとしてはホッとしました。 

 事前にアンパンマンさえ何かしら用意してくれたらご機嫌だから・・・というパパさんからの情報を基にアンパンマン団扇、ボール、花火、シート、お菓子etc.・・・買ってて良かった!

 そんなこんなであいやばば家一代イベントが終了しました。 でも・・多分・・・どっと疲れが出たのは細君。 小生はほとんど動きませんでしたから・・・。 

 あとで冷たい視線でお小言を頂戴するかと思われますが・・お疲れ様・・ありがとうございました。 といっておきます。



 でわでわ また

 
by aiyababa | 2012-07-25 14:15 | じぶんち | Comments(2)

池工事その後。

ナマステ!

 池の工事が続いています。 既に何日費やしているのかわからなくなりました。

 前回のアップから下地のシートを張り(毛布であったり、カーペットであったり、カーテンであったり・・)防水シートを張り、上掛けシートを張り・・・のサンドイッチ工法?の終了に3・4日費やしてしまいました。 

 池の大きさが半端でなかった?のかもしれません。 

 使い古しの毛布とか何とか集まるだろう・・・などと高を括っていたら・・防水シートの裏表に敷かなければならないため全然足らない!

 ・・・はてさて・・・どうしよう・・・と思案に暮れて・・カーテンは裏地を剥がし、くねくねと縫製してあるピンを刺す部分をほぐし・・・只の一枚の布にして・・・とりあえず下地の部分は何とか全面クリアして被せることができました。
d0251572_6212714.jpg


 で、次に防水シートです。 これは物を見て驚いたのですが・・・実に丈夫に出来ている。 4m幅で20m程購入したのですが、受け取った時に「・・・やけに重いなぁ・・・」と感じていた代物は少なくても0.5mm?は肉厚があり、傍目からみてもしっかり防水してくれそうな物でした。

 タイガーシートと呼ばれるこのシート・・・最終的には一重のみで行くことに決定。 もっともその裏には二重にすると足りなくなるから・・・ということもあったのですが、何せ金額が決して安くない。 
 池と湿地帯の部分だけなら15mで十分なのですが、今後小川も作る予定なので20m購入に踏み切ったのですが、これを二重にしたら・・・5万円が10万円の出費になってしまいます。(2500円/m) 5万円の出費だけでも「高~~~」と思っていたくらいですから・・・シートが思っていた以上に丈夫だったこともあり、一重でOKとの判断に胸をなでおろしたというのが正直なところ。 一種の賭けでした。

 で、この防水シートを敷き終わったところの写真がこれ。
d0251572_22505013.jpg


 池の形がシンプルに見えても深さがいろいろなので防水シートもかなり折り返しながら使わなくてはならず、単純に最短で8mなのに14~15mは使ってしまいました。 結構ごわごわに折り重なるので丁寧に折り返しをしなければならず骨が折れました。 

 上掛けのシートは毛布類が足りず農業用の不織布を2~3枚重ねで使用しました。 防水シートの保護の目的で使うものですからそれなりに丈夫さが求められるのですが、見たところ十分保護シートの務めを果たしていると思われます。 

 このシートはペラペラですが、3枚も重ねればそれなりに強くなります。 一番いいのは値段が安いってことです。 楽天から一番安いものを選びましたが・・・余ったらもちろん農業用に使えますのでちょっと多めに購入しておきました。

 そして上掛けの保護シート張りも終了。
d0251572_23202186.jpg


 と、ここまでやっと終わったけれど・・・絵で行けばデッサンが終了した程度。

 これから土入れと石積みが残っています。

 と・・・とりあえず今回はここまで。

 

 でわでわ また
by aiyababa | 2012-07-21 23:41 | じぶんちの庭 | Comments(2)

ロフトの板貼り

ナマステ!

 先週、ロフトの畳シートを購入したところまではブログにアップしましたが・・・先日・・畳シート廻りの板貼りが完了しました。 火曜日の出来事です。 

 ロフトの寸法は規格通りってゆうんではないので、畳を置いてから一つ一つ寸法を測って貼りました。

 結果は上々です。 既に出来てる壁や柱が多少ねじれていたり、真っ直ぐでなかったのでところどころ隙間は出来ましたが・・・ひどく気になるものでもなくて・・・この家を建てた大工さんより上手に仕上がっちゃいました。 と・・自画自賛。 これには細君も驚きを隠せない?ほど感激してくれまして・・・ロフト工事第1弾はひとまず成功。 
d0251572_833021.jpg


 でもこの工事・・・もちろん?小生一人で出来る物ではありません。 寸法取りは小生が行って・・・材料のカットは手馴れたFじーにお任せしました。 小生は補助要員であります。 やはり電動工具は気をつけて扱わないと大怪我をしますし、材料も特別なカットを施さなくてはならないところもあったので刃の出し加減から止め方等々・・それなりのテクニックが必要で寸法もライン残し、ライン上カット等々1mm2mmに影響してくるのでいい加減に線も引けませんでした。

 ホームセンターに行ってみると・・真鍮釘くらいは知ってましたが・・フロアー釘から巾木をボンド付けするために使う釘とかいろいろな釘がそれぞれの用途に用意されてる今日の建築事情に少々驚きました。 Fじーがいなかったら適宜にそれらを使うことも出来なかったし、仕上がりも恐らくはみすぼらしい物になっていたかもしれません。



 そんなこんなを良いイメージで行うには間を空けてはいけません。 

 翌日には・・・床材を貼ってしまいました。 この床材たまたま安売りしていたので・・色が不人気だったからでしょうか? 1坪分3950円・・・約15平米、5坪分を衝動買いしました。一枚の大きさが1818x303mmで6枚1セットのものです。303x303のクッション付の床材も候補に上がっていましたが、それだと材料費で2倍以上も掛かってしまうので・・・財務大臣に相談した結果・・・こっちの床材で行くことになったのであります。 

 で、そのうち畳のある高床の前、2坪弱の広さですが・・・やっつけました。 水糸を張って慎重に真っ直ぐに置かれているかどうかを確認しながらの作業で、これも初めての作業。

 このフロア材を固定するのは釘頭に凹みのあるフロアー釘を使います。 目打ちで板の中に打ち込んでしまうものですが、失敗すると床材の表面にポンチを打ち込んで傷つけてしまうので結構慎重にやりました。 結果・・・しくじりも無く無事張り終えることが出来ました。

 焦るな!焦るな!と言い聞かせて慎重に打ち込みました。 ここという時、まだまだ精神集中が出来てる自分を褒めておきます。 まだ3分の2の広さが残っているので油断は出来ませんが、その時は再度集中して望みたいと思っています。

 余談ですが・・・この床材・・・梱包はいい加減でした。 1セット6枚入りですが通常は2枚ずつ表面どうしを重ねてその間に紙とか薄いシートを挟みこんで表面に傷がつかないような梱包にするかと思うのですが・・・写真のようにそのまま積み重ねて売っていました。 こんなところに気を回さないのは恐らく中国製だと思います・・が、輸入業者もそこまでは注意しないのでしょうかねぇ・・・ちょっと気になるところでした。 いくつか細かい傷が入っている床材もありましたし・・。
d0251572_9394918.jpg


 ただ、ロフトでゆくゆくは半分は収納エリアにしかならないところですので、クレームはしませんでしたが・・・安いのは安いなりの理由がこんなところにもあったわけです。
 
 すこしずつ家の中も整ってきました。 もう一頑張りです。



 ではでは また
by aiyababa | 2012-07-20 09:59 | じぶんち | Comments(0)

池工事開始!

ナマステ!

 池の工事を始めました。 

 何故冬に凍る北海道で池を・・・と、思う方もいらっしゃるかと思いますが・・・メダカを飼ってみたいんです。 

 ・・・水槽や水鉢でも飼えるメダカには不釣合いかもしれませんが大きな環境を与えてあげようと・・思っているわけで、メダカばかりではありません、他にもドジョウなんかも飼えたらいいなと思っているわけで・・・ビオトープと合わせて淡水系の営みを垣間見たいと・・・かように思っているわけです。

 そのうちに春になって・・おたまじゃくしが泳ぎ、ヤゴやミズスマシが現れたりすると尚嬉しい・・とも思っています。

 ま、それらは二次的な産物でもあるわけですが、一番の目的は、水生植物や水辺の植物も山野草や雑木の庭に含めて一緒の自然空間の中に育てられたらいいなと思っているのであります。

 どこまでうまく行くのか判りませんが、池はその第1歩・・・ってなところでしょうか。 

以前掘ってもらった池は家の盛土部分の拡張で以前の位置では施工が難しくなってしまいました。

 結局50cm程度動かさなくてはならなくなって・・・人力で穴掘りです。 ここでもFじーに御協力を願いました。 

 初日は池のほうの穴掘りや埋め戻しで終了。

 2日目、3日目でビオトープ・・否、サロベツ原野と名付けた湿地帯を掘り終えました。ここからは小生一人で頑張りました。

 写真でいくと奥側の方です。 無駄に深いように思われますが・・・ちょっとした魂胆がここにはあります。 それはそのうち説明することとして

 4日目、5日目では防水シートを張る為にトップ池や湿地帯の縁取りの盛土を行いました。 

 通常の池なら盛土は必要ないのでしょうが、我が家の庭は他より低いので、お隣さんに流れ出す水位以上に盛土をして嵩を上げておかないと池を維持できなくなるのです。雨が降るたびに池も湿地帯も庭も境目がなく水浸しになるかもしれないからです。

 もちろん池用のオーバーフロー配管は既に敷設してありますが、万が一詰まった場合・・・のことを考えてです。

 今回池を作るにあたって、従来よくやっていたコンクリートでの防水は止めて、防水シートを使うことにしました。 ゴルフ場の池は大方これで作っている・・らしいです。

 池やビオトープを作ってみようと考えている方がこのブログをもしかしたら読んでいるかもしれませんのでシートの名前だけでも・・。 

 タイガーシートという名前で「エコショップすが」さんから取り寄せました。 いろいろ調べてみましたがこれがベストかどうかは判りません。(値段も含めて) でも実績があるようなのでここに決めました。 URLの貼り方が良くわからないので、上の名前で検索すればすぐ出てきます。

 「エコショップすが」さんの施工要領では出来れば二重で・・・となっていましたが、庭を掘ってみて判ったことですが・・・この元畑の土からは小石もほとんど出てきませんでした。 よって、養生シートをしっかりと敷けば二重にすることなく出来そうなので、一枚で行くことにしました。

 とりあえず、5日目までの作業が終了したところで一枚。
d0251572_203536.jpg


 この5日間・・・穴掘りもきつかったけど・・・盛土の天端合わせが一番きつかった。 転圧して固めて泥こねて形を整えて水平器で大まかに高さ調整して・・・右手は筋肉痛に関節炎?

 仕上げは次回。

 本日は・・池は一休みで・・ロフトの畳シートの周りの板貼り。 

 毎日毎日・・疲れます。 でも心地いいーーーから続けられます。


 でわでわ また
by aiyababa | 2012-07-17 21:37 | じぶんち | Comments(0)

ロフトに畳を。

ナマステ!

 月末にシンガポールから悪ガキさん家族が訪ねて来るのでロフトの床に畳シートを用意しました。
d0251572_9143290.jpg


 うちは特に来客用の部屋を用意してないので、間仕切りも無いけれどロフトには山小屋感覚で寝てもらえば3~4人は寝られるスペースがあります。

 かねがねロフトの床は自分達でやっつける予定だったので、下地合板だけ貼ってもらっただけにしたままだったのですが、今回はその一部を仕上げることにしました。

 ロフトは約25m2あるのですが、屋根下で1.7m以上あるエリアは約10m2・・・およそ3坪。 半分以上は背の立たないエリアで物置空間?でしかありません。

 その3坪空間の中でも畳が置けるのは上の写真の高床にした2坪分。 

 滅多に来ないお客さんの宿泊空間を最上級の部屋にする必要も無い・・ので・・・というより、そんなに気を遣う程の友人を持った覚えも無い・・・というのが真実ではあるけれども、そのままささくれ立った板の間に通すわけにも行かないので・・・当初から目論んでいた「畳の床」にしたわけです。 

 その2坪空間に畳を敷くと4枚で収まるのですが・・・細君が”四”という数字を嫌がったので・・1畳分を3枚、半畳分のものを2枚入れて5枚で2畳分をカバーすることにしました。 

 物は中国製ですが、他の種類の中国製よりは品質がやや良かったので、数種類あった中からそこそこ品?を選びました。 日本製は倍の値段しちゃうし・・・。規格品なので交換が効くというのも中国製にした理由の一つでもあります。 ま、毎日使う空間じゃないので”そこそこ品”でよしとしようじゃないか・・と。

 イ草の匂いだけは十分しますんで畳気分は味わえます。 

 結構気に入ったので・・・時々こっちで昼寝をしたり・・・で、意外と落ち着ける空間だった・・・というのが第一印象。 ロフトからでも庭を眺められますし横になってテレビも見られるので、特に池を中心とした風景ににんまりとして時間を過ごしています。これがどう変わって行くのかなぁ・・・と。
d0251572_9134056.jpg


 でも・・・畳シート(高さ22mm)を置いたのはいいけれど・・高床の縁を板貼りにしないと格好がつきません・・・。 その辺は後日取り掛かる予定です。

 で、また大工仕事です。 次はロフトの床を全部仕上げてしまおうと思っています。 安い合板の床材を購入して・・この辺・・またまたFじーのアドバイスと御協力をお願いしました。 自分だけで何かをしようと考えると独りよがりのアイデアしか出てこないので・・・このあたりはFじーにかなり助けられています。

 床の板張りも来週あたりに予定をしてます。 

 さて・・どんな仕上がりになるやら・・。



 でわでわ また 
by aiyababa | 2012-07-13 09:19 | じぶんち | Comments(4)

土間完成!

ナマステ!

 先週・・Fじーの助けを借りながら無事土間打ち・・・終了しました。 

 試行錯誤を重ねて・・・なんとなく終わってみると・・これで良かったのかなぁ? と思うことが沢山。

 下層では10mmのふるいに掛けただけの骨材も粘土質の土のほうは3mmのふるいに掛けなおして更に粒を細かく揃えてみたり・・
d0251572_8181579.jpg


 量が増えたけれどもバラつきを少なくして大きく2回に分けて打ってみたり・・・

 これが結構大変。 けっこう腰に来ました。 二人してなだめながら・・こんなお遊びも・・

 羊蹄山 手前の窪みは三日月湖らしいが・・・。 そこまでリアルにしなくても・・。
d0251572_8215788.jpg


 そして・・石庭
d0251572_8223187.jpg


 なかなかの芸術的作品だと思います。 

 今回は消石灰の量が前回の倍入っているので、水を加える前はこんなに白さが強調されていますが、水を入れると・・・・黒土の色にかなり近づきます。

 で、1バッチ目。
d0251572_1982155.jpg


 せっせと叩きます。 Fじー頑張ってくれてます!


 で、ある程度・・・レベルを出すところまで打って上層の1日目終了。 Fじー御協力ありがとうございました。 

 で、小生はお残りで深夜まで・・・表面をこて仕上げ。 実はこれが一番辛かった。結局一日では全然終わらなくて・・・都合3日間、こて仕上げに没頭しました。 

 土に押し当てて表面を出来るだけ艶やかにしようと試みまして・・・右腕が毎回悲鳴をあげても頑張りました・・・。

 そして完成を見たのでした。
d0251572_19222251.jpg

 よくみるとけっこう凸凹してるのですが・・・なかなかそれも悪くない。 プロのようには行きませんが・・・味はあるかと思ってます。

 
 でも少しお遊びを・・・・。

 適当に海岸で拾った色石達を並べてみると・・・これが悪くない。



 テーマは・・・土間に凝縮された・・宇宙の広がり・・・です。



 まだ乾燥が進んでなくて、あと数日はこのままの状態を維持しなくちゃいけないと思うのですが・・・ま、とりあえず土間の三和土は終わりまして・・・大きな山の一つをクリア・・・といったところです。

 でも気を抜けません。

 次は・・・・池と湿地帯の製作です。 ビオトープ・・・頑張ります。



 でわでわ また
by aiyababa | 2012-07-10 19:55 | じぶんち | Comments(0)

耕してもらいました!

ナマステ!

 先日、やっと畑を耕してもらいました。 ふかふかの土になりました!

 午後から行きます・・・という約束が・・・朝の8時過ぎに突然やってきまして・・・「梅ちゃん先生」もそこそこに畑に出て行って・・みると・・・
d0251572_18323231.jpg


 早い早い・・言っていた通り・・10分掛かるか掛からないで・・・終了。



 ただ・・悲しい出来事も・・・。

 ここはやらなくてよかったのに~~っていう場所まで・・・耕されてしまいまして・・仮に植えていた山野草のエリアも無残に・・・チゴユリ・・・ニリンソウ・・・エゾエンゴサク・・・

 これらは細君が友達から譲ってもらって大事に育てていた山野草だったのだ・・・。 その山野草の周りには小生が海岸から拾ってきた小石が大量に置かれていて、見た目にも機械を入れるような場所にはしていなかったのだが・・・ちゃんと見ていなかったんですね・・。 

 小生がちょっと場所を離れた2分の間に・・・思いもかけない場所が耕されて・・・石もろとも・・バラバラに・・・。 きっといきなり小石が弾ける音がしたから驚いたのでしょう。 歯も浅くしか入ってないようでしたが・・・10cmは掘られてしまってました。
d0251572_218496.jpg


 それでも・・なんとか根っこがちょっとでも残っていて再び根付きそうかもしれないものもあって・・・拾って植えてみましたが・・・植物の逞しい生命力に期待するしかありません。 多分何とか根付く気がします。

 ちなみに小石の量はこれだけ。 けっこう敷いてあったんですけど・・・。草で見えなかったのかなぁ。 歯も痛んだと思うんだけど・・・。
d0251572_21413162.jpg




 で、終わってみると・・・やっぱり機械を入れてよかったなぁ・・・としみじみ。 これだけの広さを一人でちまちまとやっていたら・・・何週間掛かっていたやら・・。
d0251572_4501489.jpg

 

 さて・・これから何を作りましょうか・・。 時期的にかなり制限されてきてしまいましたが・・菜っ葉類も作ってみたいし・・。


 でわでわ また
by aiyababa | 2012-07-09 21:43 | じぶんちの畑 | Comments(0)

エコドライブ

ナマステ!

 今週細君の実家のあるとある漁村の港祭りなるものに合わせて帰省しました。

 細君は仕事なので小生一人ののんびり旅です。 

 なぜ一人で行ったかというと・・・祭りがあったからです。 

 細君の田舎ではこの時期ウニが解禁になります。 で、祭りの前になると・・お届け物が・・・。

 「もしかしたらウニ食えるよ!」という禁断の誘惑にいつも負けてしまいます。 

 で、今年もこの時期久々に帰省出来て・・もちろん・・・ウニ・・食べてきたわけですが・・いろんな漁をしている漁師さんから買ったり貰い物したりで、ヒラメやホタテ、果てはナマコまでも・・。  

 で、久々に運転する我愛車スバルインプレッサ2008年モデル・・1600ccの極普通のエンジン(ターボ車ではない)ファミリーユースのタイプ・・を駆って行ってきました。

 近くのGSで燃料補給を済ませていざ出発。

 小生の車には燃費計がついてまして、走行距離と連動して現在の通算燃費が出る車です。 10モードは確かリッター当たり15km台だと思いましたが・・・この車は遠乗りするとそれ以上行きます。 これまでの最高はリッター17.2kmが最高でした。

 北海道は御存知の通り郊外に出ると信号がほとんどありません。 小さな町でも信号に引っ掛かるのは1回程度。 ちょっと大きな町でもせいぜい3・4度です。

 最初はエコドライブなどするつもりはありませんでしたが・・・10km程走った時にちょっと見たら・・既に16km台になってました。

 昨年9月に信号無視で切符を切られているので、あと2ヶ月は慎重に運転しなくちゃ・・と思っていたのが功を奏したようです。

 その後も順調に行きました。 なんせ前方の信号が赤の時は事前にスピードダウンできるし・・でできる限り止らないような運転を心がけました。 

 もし止まって発進するときはエンジンの回転を出来る限り2000回転以下に抑えてゆっくりスタートします。 それでも他の車に迷惑が掛かるようなスロースタートではありません。 そんな走り方でもトラックよりも加速はいいです。

 メーター読みで60~70㌔でアクセルを加減して走行して・・・100キロを超えた時点でなんと・・・リッター当たり20.3kmという数字を残しました。
d0251572_1285795.jpg
d0251572_1291886.jpg
 

 それ以降市街地に入って6~7回程信号に引っ掛かってしまい19キロ台に落ちてしまいましたが細君の実家に到着した時はリッター19.8kmまで回復。 今までの同じ経路が16.7kmだったことを考えると3km以上も燃費が良くなってました。 
d0251572_1210239.jpg


 ここまで燃費が上がった一番大きい要因はアクセルワークだと思いますが、追い風気味だったことと、同乗者がいなかったことがあげられるかと思います。 大きな声では言えませんが・・。

 港祭りの写真です。 
 
 主役は天狗さん。
d0251572_1212442.jpg


 なぜ天狗さん・・なのかは判りませんが・・・海の神様を祭ってある厳島神社の神事にのっとり、宮司さんから御祓いを受けて・・・
d0251572_12163495.jpg


  いざ・・出港。
d0251572_12183550.jpg


 さて・・細君の実家では・・夕食が・・・
d0251572_12195591.jpg
まな板に載せたまま出されました。
d0251572_12201819.jpg
ナマコ。こちらも悪くなかった。

 肝心のウニ・・・撮り忘れてしまいました。


 で、帰省した時に必ずすることが・・・・浜歩きと山野草鑑賞。 山と海が両方あるっていうところに住めたらほんとに楽しいですねぇ。

 まず花から・・・。

 浜昼顔です。 逞しい花です。 丁度今が見ごろ。
d0251572_1343838.jpg


 オカヒジキ・・大分成長しました。 オカヒジキ目線で。
d0251572_1395032.jpg


 こちらはオニハマダイコン。 花が咲くにはもう少し成長してから・・。
d0251572_139194.jpg


 ミヤコグサ。 揃って咲くことの多い花でなかなか可愛いものがあります。
d0251572_13142298.jpg


 ノハナショウブ。 こちらは海岸近くの斜面で。 エゾカンゾウやエゾスカシユリが終わるとこの花の季節になります。
d0251572_13165293.jpg


 エゾノカワラマツバ。 花は淡い黄色ですが、なんとなく金魚蜂に入れる藻が陸上に出てきた・・・というような葉っぱをしてます。
d0251572_13224751.jpg


 ルリトラノオ。 以前見つけた場所に今年も行ってみましたが・・多分株毎持っていかれたのか・・同じ場所には見つからず・・。 落胆してたら全然別な場所に群落で見つけました! 
d0251572_1327098.jpg


 そして・・・名前の同定できなかった花。 かなり珍しい形をしています。 ズームで撮ったものですが・・・なかなかユニークな花です。 一株しかなかったので・・種がどこからか飛んできた園芸種かもしれません。 もし知っている方がいましたら御一報を!
d0251572_13304912.jpg


 7月9日追記です。 同定できました。 やっぱり山野草でした。 名前はエゾヒナウスツボ。 雛が巣でえさを待っている・・って言う感じは正に言いえて妙!図鑑によると北海道後志地方以南となってましたが・・・撮影したのはもっと北です。同定した細君・・・お手柄です。

 と、このような花の写真を撮りつつ・・・帰路・・同じようにエコドライブで帰宅。

 山の中に花を見に入ったので出だしから燃費はかなり悪かったのですが・・・一般道でかなり挽回しまして・・・帰路の燃費は・・リッター18.4km。 往復だと・・19.1km。 

 次回も挑戦してみたくなりました。


 そうそう・・・浜歩きの今回の収穫品です。
d0251572_13495987.jpg


 また細君から一言・・・何か言われそうですが・・・これは・・病気ですから・・。




 でわでわ また


 
by aiyababa | 2012-07-05 13:52 | 帰省 | Comments(2)


「みちくさ」 ちょっと覗いて
最新の記事
以前の記事
最新のコメント
カテゴリ
タグ
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧