あいやばばライフ


北国初心者・家事初心者の日々・喜怒哀楽を・・・。
by aiyababa

カテゴリ:山菜・きのこ( 21 )

山にイチゴ摘みに行ってきました。

ナマステ!



  5月のGWに野山の散策に行った時に見つけた能郷イチゴの群落。
d0251572_21103523.jpg




  さて・・いつ頃摘みに行こうかと考えていたんだけど・・先日我が家の能郷イチゴも初収穫を迎えた。



  初収穫と言っても・・たったの4粒。 合わせたって普通のイチゴの一個分にもならない・・が、期待は持てた。



  ↑の写真の場所も南斜面のポカポカ陽だまりが出来るようなところに生えていたので、条件は変わらないだろうと・・昨日出掛けてみました。



   色づいたのは三つ四つ採って来たけど、全体的に早過ぎた感あり。
d0251572_21145991.jpg

  写真中央のは3日後くらいにOKでしょうが・・・他のほとんどは・・・


  

  あと1週間・・10日ってところでしょうか? 



   一週間後の楽しみが出来ました。



   お目当てのイチゴがまだ早い・・と判ってからは・・山菜取りに変更。



     小さい沢に入った時・・斜面にたくさんの山ウド。 既に大きくなっていたけど、先端の新芽はまだ柔らかいので食べられます。



   そして・・・今年の新しい山菜発見は



    う・る・い 



   土の崩れてる斜面に生えてたうるいを数株見つけまして・・そのうちの一株から2本ほど頂いてきました。 この手の斜面に生えた山菜は山ウドも含めて白い部分が長くて美味しい。




   で、偶然に・・朽ちた白樺に生えたヒラタケも見つけまして・・なんか・・この沢・・最高!



  時期的に一般的な山菜には遅い季節ですが・・タラの木などを見ても・・全然採られた跡がないって言うのが驚きでしたね。
d0251572_22155287.jpg


   車も基本的に入ってこられる場所で、タラの芽が生き延びていた?っていうところを見たのは何十年振りかです。





   で、今回の収穫。
d0251572_22121253.jpg

    正直・・うるいは葉っぱも広がって時期的に遅かったのですが、食べられないことはない・・ということで採ってきました。




  ぎりぎりセーフって言った感じでしょうか? きっと最後まで雪が残っていた場所かもしれません。




   とりあえず・・・酢味噌和えでいただきました。 若干のぬめり感がたまんないですよね。
d0251572_06485259.jpg



   そして・・家に戻った後、もう一つ作りました。



   我が家で採れた山わさび・・・どう活用しようかと考えていたんだけれども・・

d0251572_08175759.jpg



    結局は思いつかず・・山わさびの醤油漬けに落ち着いてしまった。
d0251572_08205389.jpg


    空き瓶も丁度いいのがありました。  久しぶりにきつい涙を流してしまいました・・。



   ただ・・・毎年結構な量を収穫していくようになると、そろそろ他の活用方法を見つけないといけません。



    ・・山わさびの醤油漬けなどちょっと食えば十分でそう毎日毎食食うものじゃないし・・。 



  今回の野山歩きはまだうるさいブヨやアブも飛んでなくて気温も景色も爽やか感いっぱいで比較的楽しく過ごせました。 でも・・もうそろそろ出てくるでしょうね。



   来週のイチゴ摘みは防護ネットを被っての作業になるかも・・かなぁ。




   でわでわ また


   
ランキングに参加しています。 いずれか一つで結構ですので・・ポチっとブログ応援よろしくです。 別窓で開きます。 






  ご訪問ありがとうございました。 またお越しくださいませ。





by aiyababa | 2017-06-07 08:49 | 山菜・きのこ | Comments(2)

タケノコ採り(根曲がり竹)3回目・・今シーズン終了。

ナマステ!



 昨日・・行ってきました・・今シーズン3回目のタケノコ採りです。 ただし・・・実質2回目。



 今回は単独行。 熊との遭遇とか心配事は尽きませんが、場所を奥まった所じゃなくて車を止めてすぐ近く・・ということで行ってきました。



  昨日は凄い人が出てました。 路肩に止まってる車だけでも30台くらいはあったでしょうか? 



  小生がいつもFじーと行くところも既に7台~8台は止まってました。 出発も遅かったし・・当然到着も遅くなって8時50分を廻った所だったので・・・もうかなり取られた後かな・・・と思いましたが・・



  長靴に履き替え、リュックを背負い、飲み物、軽食を携え、腰で結ぶ帆布製の山菜取り袋を付けると・・一気にタケノコ採りモードは上がって・・・




  遅ればせながら・・いざ出陣!
d0251572_09441447.jpg


   一か所で数本まとめて・・出てました。 
d0251572_09441489.jpg



   全体的に、やや伸びたのも多く見受けられたけど、これからっていうような短いものもあり、時期的にはピークじゃないかと思いました。



  よって、取り始めて1時間10分。 



   10時15分。 タケノコ採り終了。 前掛けの袋からリュックに入れること4回目。 リュックはまだ満杯ではないけれど、歩きづらくなってきたこともあって・・・・
d0251572_10313641.jpg




  「・・もうそろそろいいんじゃないか?」と。 ・・・いったん車に戻って2回目! ・・・とかいう勇ましい行動は避けて・・



   これだけ採れば十分! との判断で・・一番遅く着て・・一番早く帰る・・ことにした。



   家に戻って、計量したら・・5.7kgもあった。 
d0251572_10310657.jpg

   およそ1kgづつ計って5回+最後が700g



    ネットでは2キロ3500円~で売ってまして、驚きです! 道の駅でも1キロ千円くらいで売ってたかもです。 一回山に入っただけで1万円?? 根性入れたら一日5万円も稼げるじゃん!!  と、思っちゃってもおかしくはないですが、正直・・熊が出るかもしれないようなところ・・毎日行きたくはないですよね。



  そこそこ採ったので・・これで良し!として・・さて・・これからが本来の格闘の時間です。



   採ってるときも、笹に足を取られながらの格闘の世界ですが・・家に戻ってからも台所に立ちっぱなしで・・格闘の世界なんです。




   最初は剥きやすくするための切込み作業。 先端部を斜めに切って落とす作業・・地道な作業です。
d0251572_10392276.jpg




    今回は更に縦に一本浅く包丁を入れてみました。
d0251572_10395206.jpg

 






  ですが・・今回・・秘密兵器?・・IH対応の深鍋を購入してもらいましたので・・茹で方はかなり楽になりました。
d0251572_10234474.jpg

中に水切り網がセットになってるのが嬉しい。
d0251572_11053804.jpg




  さて・・タケノコ採りの中で日々徐々に増えてくるのが”虫食いたけのこ”です。
d0251572_10363072.jpg






  これが実にいやらしい。 これが入ると途端に固くなり食い物にならない。 元の方なら先端の方はある程度食べられますが・・↑の、このようなものは即却下! 



  で、こーゆーのを取り除いたり、下の固いところを除去したり・・出来るだけ柔らかいところだけ残す努力をして・・



  なんだかんだ3時間くらい掛かりました・・。 格闘時間は圧倒的に後処理の方が長いんです。



  ですから・・全て自分でやるって言う事考えた時・・・一回目のリュックが一杯になった時点で、これ以上採ったら後処理が大変なことになる・・・と、頭をよぎったのは言うまでもありません。 



   このへんが限界・・っていうのが正直なところ。



  今日は瓶詰に挑戦します。 今までは深鍋が無かったのでそれが出来なかったんですが・・今回のものならなんとか出来そうです。



  でわでわ また


   
ランキングに参加しています。 いずれか一つで結構ですので・・ポチっとブログ応援よろしくです。 別窓で開きます。






  ご訪問ありがとうございました。 またお越しくださいませ。





by aiyababa | 2017-06-01 11:31 | 山菜・きのこ | Comments(0)

タケノコ採り(根曲がり竹)2回目。

ナマステ!



 今シーズン2回目のタケノコ採り・・行ってきました!



 前回は下見みたいなもので、実際生えてなかったし、雨にも祟られ、今回が実質初回・・・みたいなものですが・・






 7時にFじーが我が家に来て、ハナちゃんに乗り換えて出発です。 1時間半も走ると目的地到着。

d0251572_08444700.jpg


   と、まだ桜が満開状態でした。





 行ったのはいつもの場所でも東南エリア。 やっぱりまず雪解けが始まるエリアから芽を出し始めるのは当然のことで・・いろいろ他の場所も見ながら行きましたが・・まだ芽出しまでは行ってませんでした。



 
  細物は既に芽は伸び放題で、至る所で見かけますが・・本命の太物は・・
d0251572_08470810.jpg

   写真用に土をどかしてありますが・・実際は背丈の半分は埋まってました。 枯れた笹の葉の下にあるものもあり、まず最初の一本を見つける・・これが大事。 近くに数本見つかることしばしば。





 笹原の藪漕ぎは普通の山菜取りの何倍もの体力が必要ですし・・・還暦オーバーズの我々にしたらそうそう長い事歩いてはいられません。




 10時過ぎまでの約1時間半・・。 結構きつかったですよ。 まだあと1時間は笹と格闘できるかな・・と思ったけれど・・・




  二人とも・・大失態。  実は飲み物を忘れて入山してしまったのです。 Fじーは持参してきたけれど・・藪漕ぎ途中でペットボトルが脱走してしまい・・気が付いた時には身軽になってた・・。




  そーゆーわけで・・二人とも無理をせず・・山を下りて・・・飲み物を調達して・・




  ここからはふつーの山菜取りにチェンジ。




  採ってきたのは・・蕗、シドケ、ホンナ、山ウド。 




  これも、本来の・・食べる分だけ・・を信条として・・↑の山菜が全て一か所で取れる場所を目指していつもの小さな沢に・・。



  ここの沢沿いの林道の崖というか法面には立派な山ウドが出るんですが・・
d0251572_09013057.jpg

   10cm程土を落として初めて根っこが現れました。 実は左側の方が更に立派で、15cm程土に埋もれて白い部分が15cmも・・。   こーゆー崖とか土手とか・・ブラタモリじゃないですけど・・小生もある意味・・崖好き・・です。



  
     で、ギリギリでナイフを入れて・・収穫。
d0251572_09020026.jpg





  ここの沢には赤ミズも生えていたんですが・・東北で見かけるような立派なミズはまだ北海道ではお目にかかっておりませんで・・ちょっと寂しい限り。



  で、本日の収穫。



    まずは・・根曲がり竹。
d0251572_09070924.jpg



     下からシドケ(モミジガサ)、ホンナ(ヨブスマソウ)、山ウド。

d0251572_09073921.jpg


     そして・・蕗。 一番左の太いものは元で3cm程あります。葉っぱまで80cm~1mはあったりします。 一本だけで見ればボリューム的には本州産の青ブキの5~6倍? それでもラワン蕗に比べたら全然小さい・・。
d0251572_09090840.jpg


   そして・・
d0251572_09083811.jpg

    ☝ 鹿の角を見つけてしまいました。 こーゆーのは猫除けとかカラス除け・・にはならないものか??  こんな大きいのを2本も生やしてたら・・山の中を移動するのに絶対邪魔になると思うけど・・




   そして・・もう一つ。 こっちは山菜ではありませんが・・
d0251572_09080959.jpg



   安くて新鮮だったので・・途中の売店で・・。




   で、帰ってきたのはいいのですが・・・山菜取りというのは・・帰宅してからも余力を残しておかないといけません。




   後処理です。



   生で保存するものは濡れ新聞に優しく包んで冷蔵庫。  御浸しはちょっと塩を入れて湯がいて
d0251572_09285993.jpg

   ゴマドレッシングでいただきました。 シドケです。




   山ウドは塩もみして湯がいて・・

d0251572_09282999.jpg

d0251572_09285937.jpg


  筋を取って・・タッパーに・・。



   そして・・タケノコ・・。 毎度毎度同じ写真になりますが・・・



    元と先を切り落として・・
d0251572_09245034.jpg



   10分ほど茹でたら・・冷水に浸して・・皮むき・・。 ひたすら皮むき。 下から2~3枚の皮は固いので、それは別に一枚づ剥がしておけば、残りは先端の切込みから指というか爪を入れて半分に割くように剥くとスルッと取れまして、先端の柔らかい皮は多少残すくらいに指の間に挟んで回せば・・完ぺきに皮むき終了!
d0251572_09252031.jpg




    で、剥いたのはこんな感じ。
d0251572_09381907.jpg



  一部は真空パックで保存。  水煮で殺菌処理した瓶での保存は次回・・もっとたくさん採れたらトライするつもりです。
d0251572_09255054.jpg



    で、今朝はタケノコご飯です。
d0251572_09285922.jpg



   孟宗竹のタケノコも美味しいけれど・・根曲り竹は格別・・だな。 蕗も美味しかった。




   止めらんないよねぇ・・自然から頂く恵。




   でわでわ また


   
ランキングに参加しています。 いずれか一つで結構ですので・・ポチっとブログ応援よろしくです。 別窓で開きます。 






  ご訪問ありがとうございました。 またお越しくださいませ。






by aiyababa | 2017-05-23 09:50 | 山菜・きのこ | Comments(0)

敵情視察?? タケノコ採りに山には入ったが・・

ナマステ!



 焦りというものはしばしば人の判断を狂わせるようで、人としての修行が出来てない御仁にはそこんところ重々気を付けなければいけない所だけども・・・今回・・小生の判断ははっきり言って誤った・・と言うしかない。



2年前の時、この時も雪解けは早かったんだけれども、今回はさらに早まった。 調べたら前回は5月20日だった。 例年この頃かさらに遅くに函館方面から根曲竹のニュースが入って来るし、この辺だと6月の声を聴いてからって言うのが常識なんだけれども・・・


 やっぱり、まだこのニュースは入ってきてない。 よって、前回でもかなり早かった時期なのにさらに早く行って出てる訳が無かろう!っていう声も聞き入れず・・っていうかそんな事誰も言う人は周りにいませんが、小生自身も3割程度の確率で・・もしかしたら・・を期待して行ったのであります。



   いつもながら・・タケノコ行にはFじーもご同行願っておりまして、何を隠そう、今回の山菜・タケノコ採りはFじーのスケジュールに合わせた・・と言っても過言ではない。 



    出発時は既に怪しい雲行きとなってたけれど・・・現地に近づくにつれて完全に雨。 こーゆー時に限って予報が当たるっていうのは余程ついてない・・。



   案の定・・・雪はまだいたる所に残ってまして、雪のないところでも一本の新芽さえ見当たらない。 このあたりの判断が出てるか出てないかの指標でして、茎の細い竹の場所ですら出てないのでは・・推して知るべし!って言う事であります。



  で、早々に引き上げて・・さらに下界の・・民家のある標高まで降りてきまして・・一般的な山菜取りのスタートです。
d0251572_07453673.jpg



  山々の木々は春紅葉の態をして、実に清々しい。 もっとも折からの雨模様って言うのもあったけれど・・この頃からやっと止んできたのです。




   で、とある支流沿いに林道を分け入り・・山菜取り・・スタートです!



         こんなところです。⇓
d0251572_07482882.jpg



     まずは・・山ウド。 小生の中での山菜ベスト3の一つ。 
d0251572_07491398.jpg



   ⇓ちょっと開き気味ですが・・タラの芽。  この山菜は小生の中では圏外ですが、誰も採ってないので・・いただきました。
d0251572_07491312.jpg


   定番の蕗。  蕗は採ったあと・・中空になった中を覗かないといけません。 ここのは数本、虫食い?というか中が荒れてるというか何かに食われている感じのものが混じってました。 時期も中盤を過ぎるとこーゆーのが目立ってきます。
d0251572_07494250.jpg


   そして・・今回の裏エース・・というか滑り止めというか・・決して”序で”ではない・・競馬で言ったら本命に対しての対抗馬・・的な扱いで臨んで・・採ってきた・・


 
   シドケ。 モミジガサです。
d0251572_07491211.jpg




    ここに挙げた山菜の他にもいくつか現地には出ていましたが・・今回の収穫対象は主にこの4種で行きました。



   そして、今回もそれ程採って来ません。 


      蕗と山ウド・・そしてタラの芽。
d0251572_07501318.jpg


シドケと細いタケノコ3本?? 
d0251572_07504318.jpg

  採ろうと思えばいくらでも採れた山菜ですが・・長期保存の方法を良く知らないので・・ほんとにその都度食べる分・・だけ。


   昼前に帰ってきて・・Fじーと一緒に昼飯です。 メニューは・・



      天ぷらです。



   ちょっと・・プロの腕をのぞき見・・?
d0251572_07504302.jpg


    ☝まず・・材料のレイアウト。



   そして・・・ふり粉・・。  今回天ぷらを揚げるにあたり・・”薄衣”をリクエストしたんですが・・なんでも・・衣の剥がれ防止に軽く粉をふって馴染ませるんだと・・。
d0251572_08420591.jpg


  この間は、冷たい水で溶いた天ぷら粉を冷蔵庫で保管。



   で、いよいよ・・スタート。

d0251572_08464489.jpg


    小さいフライヤーではせいぜい3個まで・・だそうです。 

 
     えっ! 小生は6つ7つまとめて入れてましたが・・



    盛り付けです。
d0251572_08492569.jpg


     今回は塩で頂きます。 しかし・・この塩にも秘伝?の混ぜ物が・・・。



   うどん担当の小生。 我が家で最高級の稲庭うどんを添えて・・
d0251572_08495455.jpg




    いただきま~~す!



      



   でわでわ また



   
 ランキングに参加しています。 いずれか一つで結構ですので・・ポチっとブログ応援よろしくです。 別窓で開きます。






  ご訪問ありがとうございました。 またお越しくださいませ。


     

  

by aiyababa | 2017-05-16 09:08 | 山菜・きのこ | Comments(0)

キノコ原木栽培に目覚める。 なめこ編

ナマステ!


 
  雪解けが急速に進んで・・今朝の積雪深・・いつの間にか20cm台に突入してました。



  積雪深28cm?? 今日は雨の予報もあるし・・計測棒は・・・取り外します。 いつ倒れてもおかしくはない。



 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



  さて・・・キノコの原木栽培・・・前回は椎茸菌でしたが・・・



    今回はなめこの種駒を植え付けました。
d0251572_08340694.jpg


  
   ホダ木探しで芦別まで行ってきたんだけど・・・お目当てのカエデやサクラは手に入らず・・楡の木のみゲット。



   さて・・・この楡の木がなめこ栽培に適しているのかどうか?なんてことは判らないのだけど・・



    とりあえず広葉樹なら生える・・・っていう人もいるし、この際ダメ元で植えてみました。
d0251572_08355635.jpg
  種駒の周りはびっしりと白いなめこ菌に覆われてました。 そのすごさは椎茸以上でした。



    長さ75cm x 3本。 一本30個で合計90個。 種駒250個のうち楡の木に90本。 残り160本・・こちらはミズナラの方に植えました。 ただ、長さは45cmでカット。 一本18個 x8.5本 で160個。 0.5本は残った16本の駒を打つのに短く切ったものです。
d0251572_08360373.jpg


   左が楡の木、右の短いのがミズナラの原木。




    以上、種駒の植菌作業は無事終了。



   で、次はこれらを仮伏せしなくてはなりません。 



   この仮伏せ作業・・・実は一番神経を使う重要な作業らしくて・・・小生もやや困惑気味です。 



    この時期、ホダ木に菌糸を増やしてちゃんと定着させるか…に関わって来るというからです。  湿気とか温度とか・・雑菌に犯されずに如何に椎茸菌やなめこ菌をホダ木に蔓延させるか・・の最重要作業・・。


  きのこがちゃんと収穫できるかどうかはこの時期の養生に関わって来るっていうのですから・・・ちょっと困っちゃいました。


   なんとなく・・風通しの良い日陰に寝かせておきゃぁいいんでない? っていう軽い気持ちでいたもんで・・。


   風通しが良くても北側は気温が低いから良くない・・とかネットで調べれば調べるほど混乱してきます。



   で、最終的に・・お隣の敷地の屋敷林をお借りして・・中央の松の木の裏なんですが・・
d0251572_09213708.jpg



   木陰で寝かせてあります。 
d0251572_09213781.jpg


   これにちょっと散水してビニールを被せて6月あたりまで様子見。 小口に白い菌の繁殖が確認できたら・・OK・・ということらしいです。



   同様に仮置きしていた先週種駒を植え付けた椎茸のホダ木も・・やや湿り気がある井戸周りに仮伏せしました。
d0251572_09301459.jpg


   こんなところでいいのかな?という不安はありますが・・



   とりあえず・・これで行ってみましょう。



   無事に椎茸菌に侵されることを願ってます。




   でわでわ また



 
 ランキングに参加しています。 いずれか一つで結構ですので・・ポチっとブログ応援よろしくです。 別窓で開きます。 





  ご訪問ありがとうございました。 またお越しくださいませ。





by aiyababa | 2017-03-30 09:43 | 山菜・きのこ | Comments(0)

キノコ原木栽培に目覚める?

ナマステ!



  昨日の記事でも取り上げたんだけど・・・キノコの原木栽培をやってみようか・・と。



  小生・・とにかく出来たら毎食何かしらのキノコを食べていないと・・きっと死ぬ。 と、かように思っているのでありまして、外食しても山菜・キノコの天ぷら・・きのこハンバーグ・・ミックスきのこスパゲッティ・・きのこご飯・・シメジのバター炒め・・等々・・何かきのこが入っていたら優先的にそれを頼むというか、他があまり目に入らないのでありますが、オーダーの基準は第一がキノコ・・なのであります。


   言ってみれば・・きのこ命!  決して大げさではありません。



  茨城にいた頃・・・小生の15も年の離れた兄がこれまた奇人変人の範疇に入るんじゃないかと思うくらい、何かに憑りつかれたように集中して物事を極める御仁でありまして、キノコの原木栽培からおがくず栽培まで興味を持ったらとにかくとことんやる!・・のであります。


  キノコもありきたりの椎茸からなめこ、ヒラタケ、クリタケ・・今から20年以上も前の話で、中には菌の培養から始めたのもあったりで、傍から見てると・・どうも実験好き?っていうタイプの人間でしょうか? 培養は大概風呂場でやってたりしまして、時として風呂場が使えない!という事態もあったりしました。 小生は訳も分からず、こーしろ、あーしろと温度管理やらなんやらを手伝わされてまして、1年後2年後になって、ちゃんとキノコが生えてきたりすると・・滅茶苦茶嬉しかった記憶があります。 特に大株になったなめこの収穫は忘れることが出来ません。



  そーゆー過去の記憶が今になって降って湧いたわけでもないんですが・・・前々から原木栽培を自分の手でしたかったんですよ。
d0251572_00364869.jpg



  で、まず・・手始めに・・シイタケから。



   HCで種駒を一袋買いまして(↑250個入り)・・序でに・・これも大事・・ドリルビット。 
d0251572_00455043.jpg



  椎茸の種駒用のが売ってるんですが・・
d0251572_00551069.jpg


  ちゃんと決められたサイズ(8.5㎜)を求めて・・あとはホダ木を調達するのみだったわけです。


  で、ホダ木は白老まで行って調達し、いよいよ昨日・・種駒の植え付けです。



   指南書?に書いてある通りの間隔で穴を開けて・・・種駒を打ち込んで・・



  一応・・即席で定規らしきものも作っておけば・・穴あけも楽。
d0251572_00570722.jpg




   250個・・ホダ木7本・・完了です。
d0251572_00583371.jpg



   そういえば・・種駒の形・・昔はタバコのフィルターみたいにズン切りだったのに・・
d0251572_01000927.jpg



  今はピストルの弾のようになってるんですね。  ま、打ち込みに失敗は無いと思います。 が、昔のは上下がなかったからどっちを下にしても良かったわけで、真っすぐ打ち込む技術さえ会得すれば以前の方が早く打ち込めた気がしますが・・これも確実性の向上・・誰がやっても失敗がない・・熟練は必要としない・・アメリカ的な合理性を取り入れた気がしますが・・考えすぎ?か・・。



   で、仮伏せですが・・・これをとりあえず雪の上に寝かせてあるんだけど・・来月になったらまた場所を移動して、もっと環境のいいところに寝かせてあげようと思っています。



   なめこがまだ残っているんですが・・こっちはもうちょっと・・。 今ミズナラのホダ木はあるのだけど、もし手に入るならカエデか桜のホダ木も欲しいなと思ってます。 



   そうそう・・・実は種駒が数個残ったんですが・・どこかに全部打ち込んでもよかったんだけど・・・お遊びで真空パックにしてみました。 
d0251572_01165225.jpg



    そして、もう一袋にはおがくずを入れて真空パック。 もし、納豆のように菌が広がったら面白いな・・と。
d0251572_01165207.jpg

種駒が2個入ってます・・。



   小生も兄と同じで・・実験が好きな人種かも・・・。



   でわでわ また



   
 ランキングに参加しています。 いずれか一つで結構ですので・・ポチっとブログ応援よろしくです。 別窓で開きます。 





  ご訪問ありがとうございました。 またお越しくださいませ。





by aiyababa | 2017-03-25 09:34 | 山菜・きのこ | Comments(2)

2回目キノコ採り

ナマステ!



 昨日は林道ドライブがてらのこくわ採り。 そして今日は今シーズン2回目のキノコ採り。


 秋を自分なりに満喫?してます。


 毎回行ってるところは同じなので、採れるキノコも一緒なのだけど・・
d0251572_21313970.jpg

  カップルのラクヨウ? 



  今回もあまり収穫はありませんでした。 取りこぼしを見つけて採ってるって感じなので、前回のリベンジは果たせませんでした・・。
d0251572_21514308.jpg

  でも、二人でつつましく食べる分には十分。 と、強がりだけは・・言わせてください・・・。



  しかしながら・・・今回は初めて見たキノコ・・もちろん食べられるキノコですが・・・



  そーゆーキノコを採ってきました。



  その名もキヌガサタケ。 正確にはマクキヌガサタケというのだけど・・弟分みたいなとこでしょうか?


   こんなやつです。
d0251572_21344989.jpg
d0251572_21372244.jpg

    幼菌はこんな感じで、割れる前の物はまるでピンポン玉です。ゼリー状の物質に守られてニョキっと傘を出してきて上の写真のようになります。  不思議なキノコです。 卵の殻が割れて中から何かが・・って感じで、ウミガメが出てきてもおかしくない画像・・の訳はないが・・。



   え~~?? こんなキノコ~~?? と、お思いになる方もいるでしょうけど・・



     小生の持ってるキノコ図鑑・・によれば
d0251572_21551541.jpg


   1ページ丸々使って紹介されてるんです。 ということは実に優秀な食菌なんです。 ほかに1ページ割いてるキノコと言ったら・・ラクヨウ、本シメジ、シイタケ、マイタケ、マツタケ、ナラタケ、えのき茸等々、皆が知ってるポピュラーなキノコと同等扱いで乗ってたんです。 しかも写真も4つも使って段階的に説明もされてます。
d0251572_21552296.jpg

  今回採ってきたのは上の写真で言うと第1段階の幼児と第3段階の青年。




  これまでにもアミガサタケとかも採って食べたけれども、今一つ・・。 今回は直感的に「・・これは確か・・○X茸・・。」って感じで「とりあえず数本採ってみっか・・。」っていう感じで、まだまだあったんだけど、試食用として確保しました。
 

   調理は一番上の黒い匂いが強烈な部分を取り除いて水洗いして・・・
d0251572_00153188.jpg




  そう・・・思い切って料理してみました。 触った感じは脆く潰れる感触だったんですが・・・



   半信半疑でまず2本茹でてみたら・・
d0251572_00191049.jpg

  スポンジのように弾力があって、食感が軽~くシャキっとした歯触り。 



    ネットで調理法を調べたら、中華風にアレンジしてる人が多く(図鑑でも中華風のスープ云々と書いてあった)、小生もそれで作ってみることにした。



    ミニチンゲン菜と玉ねぎを入れて・・・片栗粉で少しとろみをつけて・・
d0251572_00260825.jpg

   色合いに赤系のニンジンを入れてもよかったけど・・ちょっと焦ってたかも・・。



    とりあえず・・完成です。
d0251572_00274411.jpg

   ちくわみたいですが・・中国やフランス料理では高級品扱いの食材らしく・・



   ちょっと変わった感じのスープで・・不思議な美味さがありました。 



     中国では薬膳的な扱いもされているようで・・食べてみればそーゆー感じが無いわけじゃない。



  小生、キノコに関してこーゆー初物は、まず自分が試食してから細君に説明して提供してます。



   して・・細君・・小生を信じ切ってくれたようで、中華風アミガサタケキヌガサタケスープを「スープが美味しい!」と、食していただきました。 多少出汁も出てる感じがします。



    また採ってきてもOKってことだな。 よしよし!



  でわでわ また


  ⇓
 ランキングに参加しています。 いずれか一つで結構ですので・・ポチっとしていただけましたら・・ブログの励みとなりますゆえ・・よろしくお願いもうしあげます!

 ご訪問ありがとうございました。 またお越しくださいませ。




by aiyababa | 2016-10-16 01:15 | 山菜・きのこ | Comments(2)

3年ぶりのキノコ採り。

ナマステ!



 いや~~3年ぶりにキノコ採りに山に入りました。



 海外での仕事で何がストレスかって言ったら・・・山菜取りやキノコ採りで山に入れないっていうのがありまして、この2年、そーゆーチャンスに巡り合えなかったので、ちょっとコーフンしましたね。



 で、いつも行ってた場所を目指して車を走らせていたが、途中のカラマツ林には止まれるスペースがある場所には必ずと言っていいほど車が入っていたのに・・・


  到着したら・・・その付近はどこにも車が無かった。 一番乗りなのか? いやいや10時到着・・という時間はキノコ採りとしたら遅い方だ。



 で、記憶をたどりながら、林道から山に入っては見たが・・なんか様相が違う・・・。 笹がかなり増えてて、こんなはずじゃ・・と思いながら・・目的のエリアにやっと入った。



 だが・・お目当てのラクヨウキノコはなかなか見つからなかった・・・。



     やっと、見つけたが・・小ぶりだった。
d0251572_22123427.jpg


  その後もあまり芳しくなく・・見つけてもその周りにはせいぜいもう一本。
d0251572_22143125.jpg


  
  いつもなら時間を忘れて取り続けてるところだったが・・



   あまりに不作なので、1時間半程度探しただけで、帰ることとした。



  雰囲気的にかなりの人が過去に入った形跡はあるが、先週の土日で採り尽くされたか?? なんとなくそんな気がしないでもない・・。 


  それとも・・大きく開いたキノコは全くないところを見ると・・まだ走りなのか? 周りはベニタケ科のキノコ全盛で、イグチ系のキノコはまだこれからなのかも知れなかった・・が、もう一度あとで来てみないことにはちょっと判断が付かない・・。



  保険的な意味合いで、他に白ヌメリイグチとアカモミタケも一緒に採集してきたが、肝心のラクヨウはたったの10数本。



  惨敗と言っていいかな。 



    でも・・ま、楽しかった。



   帰ってからのキノコの虫出しとゴミ取り作業。 


   
     まずは・・虫だし・・。
d0251572_22342388.jpg

   

      若いキノコにはまずほとんど虫は付かないけれど・・大きめの傘が開いたものなどはちょっとご用心・・。



   もし・・疑いのあるようなものがあれば・・こんな感じで傘を割ってみて確かめるのも・・有り。
d0251572_22464148.jpg


   大きいのは食感は良くないけど・・ボリュームがあるので・・今回は止む無し・・ってことで採ってきました。 見ての通り・・虫は入ってないようで・・一安心。


    アカモミタケはこんな感じのキノコです。
d0251572_22345345.jpg


  そして、同じところでよく採れる白ヌメリイグチ(左2個)とラクヨウ(右3個)。 
d0251572_22353930.jpg


   
d0251572_22353996.jpg

   キノコの石付きを取って、洗って・・


       完了。





   で、まずは・・みそ汁。 サバの味噌煮も久々に作りました・・。
d0251572_23085294.jpg



   で、昨日作る予定だったキノコご飯。 

  ・・炊き込みじゃなくて混ぜご飯なんだけど・・・最後になって、鶏肉を解凍するのを忘れてて・・今日作りました。

d0251572_23235606.jpg


   これも久しぶりに作ったけど・・



    キノコ採りに行ってよかったぁ!!



    っていう感激の・・美味しさでした。 
    自分で作って言うのもなんですが・・。



   でわでわ また



  ⇓
 ランキングに参加しています。 いずれか一つで結構ですので・・ポチっとしていただけましたら・・ブログの励みとなりますゆえ・・よろしくお願いもうしあげます!

 ご訪問ありがとうございました。 またお越しくださいませ。





by aiyababa | 2016-10-06 23:31 | 山菜・きのこ | Comments(2)

山菜採り・・根曲り竹2回目

ナマステ!


 タケノコ採り、またまた行ってきました。 今回は偵察がてらではございません。


 ガチで採りに行きました。


 現地には日の出に合わせて到着しようとFじーには夜中の3時に来てくれるように言っておいたら・・


 3時にきっちり来てくれました。 気合入ってますねぇ。 


 で、3時15分出発。 外はまだ真っ暗でしたが・・直ぐに明るくなってきて・・


 4時20分には現地到着。


 到着時に先行車は一台。 地元の人達とかがまだ来てないのは意外でした。


 前回から10日後。 その間雨も降らず伸びがどの程度なのか予想も付きませんでしたが、残雪はほぼ無くなって周りの景色も新緑に萌え上がり春真っ只中っていう感じでした。
d0251572_20573508.jpg


 で、早速山に入って・・みたら・・


 タケノコは全体的にかなり伸びてまして、
d0251572_20572028.jpg

 ちょっと遅すぎたのかなぁ・・っていう第一印象でしたが・・それなりに丁度いいサイズも見つかり、多少長いのも含めて・・・どっさりと採集してきました。


 4時半には行動開始して、6時過ぎにはリュックも一杯になって、一度車に戻り・・・


 ふたたび山に。


 7時半にまたリュックが一杯になったので車に戻ったけれど・・・三度目は・・無し。


 十分採りました。 


 6時に戻ってきたときには車もかなり増えてましたが7時半の時にはおよそ8台。
d0251572_21081622.jpg

 右奥に居る方たちに聞いてみたら、あんまり取れなかった由。 でもしっかりリュック一杯は採っていた。


 やっぱり山歩き、それもタケノコ採りはただの山歩きと違って体力の消耗は甚だしい。


 思ってた倍以上の収穫があったのでここで切り上げて下山。


 途中の道々、路肩駐車の車が一杯。 相当数の人が山に入ってる。


 もし採れなかった場合の別の候補地の駐車場はもう満車状態。
d0251572_21143306.jpg

 ここでも7~8台は駐車してあった。 


 ただ、遠い昔新潟の笹ヶ峰高原に行ったときはこんなもんじゃなかったけどね。 タケノコより人の数のほうが多いんじゃないかって思った程で、タケノコ採り目的で行ったわけじゃなかったからこんな夜中にどんどん車が入ってくるので落ち着いて眠れなかった(車中泊で旅行してた時でした)のを思い出しました。


 で、一路我が家・・・ていう前に、前回も行った林道に立ち寄った。


 なかなか良い渓相をしてるんですよ。 その沢。
d0251572_21144299.jpg

 
 沢沿いには、コンロンソウやらユリワサビ、ミズ、三つ葉等々前回同様咲いていたけれど、今回はミゾホウズキの花が咲いていました。
d0251572_21144734.jpg

         拡大写真がこちら。
d0251572_21144710.jpg

 白ばかり咲いてる中で黄色の花は良く目立ちました。



 帰路、Fじーのお友達が在宅だったのでちょっと立ち寄って、ご挨拶。


 その方は御年70。 芸術家で、スクラップアート界では知る人ぞ知る方で、博物館の中を見せてもらったりしたけれど、そのどれもがユニークな作品ばかりで、どんなイメージを持ったらそのような作品になるのかが皆目見当つかない代物ばかりであった。 



 そのあと、いろいろ訳あって、とある陶芸家の茶碗を土産にもらっちゃったりして、思わぬ美味しい出会いでした。

 

 帰宅して・・・二人で採ったタケノコは・・ごらんの通り。
d0251572_21150395.jpg

 大まかに体重計で測ったら17kgありました。



 半分以上は、親戚やお隣さんにおすそ分け。



 残りは本日・・地道に茹でて・・皮剝いて・・ってのを昼過ぎまで掛かってやってまして・・


 実際のところ・・・採ってる時間より、加工している時間の方が圧倒的に長かった。



 皮を剝いて、硬いところも取り除いてってやって行ったら・・食べられるのは約半分の重さになるってことが判りました。 今回は長く伸びたものも採ってきたので、捨てる部分も多かったのがあげられますが、しっかりと節間のやわらかいところはキープしてあります。



 それでも合計したら3キロ以上になってるでしょうか? 
d0251572_21151549.jpg

 大きめのタッパーで二つ。 Lサイズのジップロックで2つ。 これも行先が決まりました。


 なにはともあれ・・一大イベントは終了・・・・ヘトヘトです。


 海外への出立が6月15日と決まりまして、残り2週間となりました。


 とりあえず、山菜採りは満足しました。


 あとは薪棚をやっつけて、残った解体材やトドマツを薪サイズにカットして薪棚に積んで、庭の草取りをしてっていうところまでやっつけなければなりません。


 あっという間に2週間なんて過ぎてしまいますからねぇ・・。 



 残りの娯楽・・・釣りをする時間を作れたら嬉しいのだけど・・・。



 でわでわ また




 ランキングに参加しています。 いずれか一つで結構ですので・・ポチっとしていただけましたら・・ブログの励みとなりますゆえ・・よろしくお願いもうしあげます!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 雑木の庭へ
にほんブログ村

 ご訪問ありがとうございました。 またお越しくださいませ。





by aiyababa | 2015-05-31 22:27 | 山菜・きのこ | Comments(2)

山菜採り その2・・下処理。

ナマステ!


 山菜にはいろいろあく抜きやら干したりとか下ごしらえが必要な山菜も数あるけれど・・


 正直・・そーゆー山菜はあまり好まない。 好まないけれど・・美味しいからそーも言ってられない。


 そーも言ってられないけれど、他にあれば・・やっぱしそっちを重点的に採ってしまう。


 今回採ってきた中で下処理が必要なのは根曲り竹くらいで、他はそのまま天ぷらやただ茹でるだけでおひたしに出来るものばかりだったんですが・・・シドケだけは若干日が経ってまして、なんとなく元の方がスジっぽかったので茹であがってから蕗と同じように筋取りをしました。 


 問題は根曲り竹です。 先端を斜めに切り取って本体まで届かないあたりまで切れ込みを入れると簡単に皮がむけるというのですが・・・どうしても時々ミスって?本体まで到達してしまう時があります。


 よって、小生の場合先端だけ斜めに切り落とすだけに留めました。
d0251572_10005234.jpg

 で、茹であがってから水に晒して先端の方から指を差し入れて皮を割いていきまして、最後は水の中で先端の薄皮をクルクル反転させながら取り去って・・おしまい。 切れ目を入れておいた方が確かに若干楽に剥がせるかと思うけど、その差はそんなでもありません。 


 しかしながらこれで終わりかと思えば・・・さに非ず。


   元の方は硬いスジっぽい部分が残っているものもあるのです・・・。 


 採る時は小気味よくポキッと音を立てて採れるからどれもこれもやわらか~~~~って思うところが落とし穴。


 そこは包丁を入れてみた感触でスゥ~~っと入っていくところまで切り落とします。
d0251572_10012397.jpg
  全部捨てるかと思いきや・・節近くのやわらかどこだけ切ってポリポリ食べてます。


 ほとんど食べられると思ってましたが、意外や意外、一節分切り取らないといけないものも数多くありました。


 で、下処理・・完了!
d0251572_10012737.jpg
  あ~~みるからに美味しそう!!!!。


 って、ここまで書くと簡単そうに思えるでしょうけど・・実は我が家には大鍋が無い。


 こちらに引っ越して、調理はすべてIH。 ガスの時に使ってたアルミ鍋も置くところが無い・・と云う理由でおさらば願った。


 二人暮らしなので、鍋も中型が一番大きいサイズ。 だから今回も中鍋2つ使って、茹で上げてお湯を棄てて、また新しくお湯を沸かして今度はこっちっていう具合に何回も沸かしては棄てて・・を繰り返したのです。


 で、細君に大鍋が欲しいよね・・と云ったら、安いアルミ鍋と、外専用でブリキ製薪ストーブ買って煮炊きしたらどうかしら・・との提案があった。 



 それも悪くないんだが・・・雨降りの場合・・ちょっと困る。 



 IH用かIHでも使えますっていう安~い大鍋・・ちょっと探してみるか・・・。



 さてさて、本題に戻れば・・まだ水煮にして瓶に保存する方法を試したことは無いのだけど、これからはそんなことも覚えていかねばと思ってます。


 でも・・それはたくさん採れた時の話で、タケノコに限らず他の山菜やキノコも保存方法の確立ってのが重要課題でしょうか。


  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



  ここんところ、毎日のように山に入ってもいいなぁ・・と思うのですが、消費量は限られる故、せいぜい1週間に一度行けたら良い方。 このはやる心を鎮めるにはどうしたら・・・。


 明日からまた気温も上がってどんどん成長を始める木々や草花たち。 今年まだ採ってない山菜もいっぱいあるのに・・。



 大方コクワ棚も終わったし・・・薪棚に移るか・・。



 でわでわ また




 ランキングに参加しています。 いずれか一つで結構ですので・・ポチっとしていただけましたら・・ブログの励みとなりますゆえ・・よろしくお願いもうしあげます!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 雑木の庭へ
にほんブログ村

 ご訪問ありがとうございました。 またお越しくださいませ。






by aiyababa | 2015-05-21 21:50 | 山菜・きのこ | Comments(0)


「みちくさ」 ちょっと覗いて
最新の記事
以前の記事
最新のコメント
カテゴリ
タグ
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧