あいやばばライフ


北国初心者・家事初心者の日々・喜怒哀楽を・・・。
by aiyababa
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:家事・料理( 83 )

久しぶりのコクワ酒と予想外のコクワジャム。

ナマステ!



 久しぶりに興奮するほどの量を採りましたコクワですが、実はキノコもそうですが野生のものを収穫するってことは、後処理をしなきゃならないってことで、これまた大変なんですよねぇ。




 で、実は行く前からちょっと懸念されたことなんですが・・・9月下旬っていうのはコクワ酒目的で採集するには時期的に10日ほど遅いんです。




  もっともこれは小生の主観でしかないんですが、長年の経験? じゃ、なんで10日前に行かなかったの?ってことになるんだけど・・なんとしても毎年一度は拝みたいとなると・・・キノコ優先ってことですわ。




  さて、そのコクワ、木によって熟す時期にバラツキがあるんですが、この頃から急速に熟し始めるので、気が抜けないんです。




  収穫量は2.7キロでしたが・・・



   
  それをまずコクワ酒用とジャム用に選別しなければなりません。 要は全数チェックですから・・時間がかかります。




      チェックすると同時に、コクワ酒用はヘタとしっぽの髭?を取り除きます。
d0251572_19524443.jpg

      右の器がコクワ酒用、左の器が柔らかくなって熟してしまったジャム用。 ピンクのバケツに山盛りで採れました。




      そして、収穫したうちのコクワ酒用の硬い実のほうは・・・
d0251572_19513322.jpg


    約1キロ。 コクワ酒を準備するときにもう一度選別して10個ほどジャム用に回しました。




    そして、軽く洗って新聞紙の上で乾かします。
d0251572_20143050.jpg

   途中で一度軽く回して上下入れ替え。 こーすれば乾きが早くなります。 洗った後タオルで軽く拭くと更にいい・・。





   ジャム用のコクワは更に汚れを落として、傷んだ部分も取り除き、ヘタと尻尾を切り落として使うので、一個一個まな板の上で除去作業を行います。 これがまたしんどい・・・。 
d0251572_20050735.jpg

    9月半ばに収穫したコクワだと熟したジャム用は全体の10%程度なんですが・・・今回は6割強がジャム用ですから・・その量は半端じゃありません・・・。




   残り1.7キロと思いきや・・・200gほどが除去されて・・・
d0251572_20104430.jpg


    1.5キロ。 今回はどうしてこんなに切りのいい数字になったんでしょう? 



   で、ここまでが約2時間半。 ただの準備段階でしかありません。 かなりくたびれました・・・。 チカの開き作りより面倒でした・・。




    一息入れた後・・まず、コクワ酒から。 




    一息入れたといっても・・・この間にホワイトリカーを買いに行ったり、いつもの買い物をしたり・・ゆっくりは出来てないのだが・・・。




    さて、コクワ酒の仕込みですが・・・コクワ:焼酎:氷砂糖の比率を・・1:2:0.5・・・としています。




   よって、3リットル瓶があれば丁度良かったんですが・・まだ飲んでないまま保管されてて、5リットル瓶に仕込みました。
d0251572_20412415.jpg


  
    で、いよいよジャムの仕込みです。 ただ・・今回1.5キロ分全部はやめました。 一気に作りたかったのですが・・・瓶も無かったし、もし上手くいかなかった場合を考えて、配合バージョンを変えた分を残しておいてもいいかな・・と思い、1キロだけとして、500gは冷凍保存です。 


   

   まず・・ミキサーにかけてドロドロにします。
d0251572_20515102.jpg


  これを煮詰めていき、コクワ:砂糖を3:1として、砂糖は一応300g程度用意しておきますが、初回投入量は200g。
d0251572_20535317.jpg


      これを舐め舐めしつつ、味を確かめて・・最終的に350gでした。 完熟コクワじゃなかったので酸味が強いものが多かったってことでしょう・・。




   ジャムにするとき、どの程度煮詰めればいいのだろう?って思いますが・・煮詰めすぎないために、思ってる状態より9割程度手前でいったん火を止めて、冷めた後の粘度というか流動性というか・・を見極めて、足りないと感じたらまた煮詰めればいいと考えてやってます。





    で、500ccの瓶でぴったり2本。できました。
d0251572_21083475.jpg


    まだ・・ラベル作りをしてないので、ちょっと味気ないですけど・・・




   完成です。



    結局朝早くからコクワ採りに行って・・・ジャムの完成まで11時間費やしてしまいました。  




    疲れました・・・・。




  できたジャムをFじーにプレゼントしようと思ったが・・・ご飯党でパンは食べないというではないか・・・。 じゃ、ご飯にかけて!って言ったら・・ヤダ!・・と言われてしまった。 ま、当然予測した答えではあるが・・




    Fじー・・今回のコクワ採りの参加目的はジャムに非ず! 半年後のコクワ酒に期待しているらしい・・と見た。



   


    昨今、ニセコあたりの酒屋では5%くらいに薄めた?小生に言わせれば似非(えせ)コクワ酒が売りに出されている・・が、知らないで飲んだ人に”これがコクワ酒か”と思われるのはちょっと本意ではない。 かといって、これ(小生作)を人に勧められない今の世の中・・なんか酒に関しては自由を束縛されてて・・つまらない世の中ですね。 と、本質的に下戸に近いくせによく言うよ・・ときつい言葉を浴びせられそうですが・・・。





   ま、密かな嗜みとして個人的にやっていくのもまんざら悪くない・・か。





    でわでわ また


    
   ⇓
 ランキングに参加しています。 いずれか一つで結構ですので・・ポチっとブログ応援よろしくです。 別窓で開きます。 







   ご訪問ありがとうございました。 またお越しくださいませ。
 




by aiyababa | 2017-09-27 21:48 | 家事・料理 | Comments(0)

それなり燻製記・・豚と鶏と・・。

ナマステ!



 ここんところ燻製の記事が少なくなってきてますが・・・燻製作業そのものは別にペースダウンしたわけでもなくて相変わらず週1回は何かしらの燻製を作ってます。



  ま、書いても同じ記事になってしまうので書いてないだけなのですが・・・



   ちょっとだけ変えたレシピがありまして、前回も書いたかと思うのですが・・ソミュール液を作るときの塩分濃度を15%から12.5%に減らしました。



  少しづつおすそ分けしながら他の方の意見を聞いたりしてると・・「もうちょっと塩分を抑えても・・。」・・というのもあって、それなら少し減らして作ってみっか。  ということで作ったら・・・



   そんなに悪くない。 対砂糖との比率が1:3から1:2.5になったので、若干甘みを感じる配合になったかも・・です。



  先週末は鶏ムネ肉とモモ肉の燻製でした。 外国産のはもっと安いですが、ここは北海道産のにこだわって、いつも一番大きい(重い)ものを選んで仕込んでいます。
d0251572_11510009.jpg


    ソミュール液はモモ肉1枚、胸肉2枚で12.5%(37.5g)の塩水が300cc。 これに醤油を60cc。 砂糖を15g。 コショウを少々。 フェンネルとかクミンシーズとか香辛料数種をパラパラ。 ニンニク一個のスライス片を入れて沸騰させて・・冷まします。



   これをストック袋に入れて1週間。 



   で、軽く洗ってから、いつも通り、タコ糸で縛って鍋に入れて・・塩抜き。 75℃で45分ほど。
d0251572_11503810.jpg



   これを燻製器に吊るして・・・・燻製開始です。
d0251572_11504609.jpg


    かなり風格?が出てきた燻製器の中で・・燻し完了です。
d0251572_12561622.jpg




   モモ肉の燻製はあまり作りません。 肉としてまとまってないので、糸で縛ってもボリューム感もなく・・切ってみると・・細かく分かれてしまう個所もあり、美味しいけれど・・胸肉のようにハムっぽくなりません。  接着剤みたいなものがあればいいんだけどなぁ。 
    
d0251572_12562260.jpg

    でも、試し切りで半分にし食べてみましたが・・やっぱり肉そのものの味としてはモモ肉は一枚上手・・と言う気がします。 肉もしっかりしてますし・・。



    それでも胸肉の燻製に行ってしまうのはコスパもさることながら・・しっとり感がいいんだよねぇ、胸肉は・・。 個人的にですが。





   そして・・ほぼ同じ日に仕込んだ豚肉。





    肩肉とバラ肉なんですが・・・
d0251572_13124201.jpg

d0251572_13124842.jpg


   上が肩肉、下がバラ肉。 この時は残念ながらボリュームのある肩肉が店においてなくて、ちょっと薄めのさえない肉しか買えませんでした・・。 それでもいいか・・と。



   それぞれソミュール液350cc、400cc作って10日間漬け込みました。 ソミュール液自体は香辛料などは変えず、塩の分量だけ15%から12.5%に変更しただけです。




   で、漬け込むこと約10日間。 次の作業は塩抜き。




   塩抜きも1時間半程度。 途中実を削いで塩加減をチェック。・・・小生の場合は”塩っ気有り有り!”で恐らく他の方がやってるよりややしょっぱいかもしれません。  でも・・これは好みだから・・・。
d0251572_13213835.jpg


    で、半日ほどネットに入れて風乾。
d0251572_13421054.jpg



    4つまとめてやるのは久しぶりです。
d0251572_13423453.jpg


   2時間半ほど80℃~100℃で熱を与えて・・・脂肪を落として? いよいよ燻し作業です。
d0251572_13423842.jpg


   今回はちょっとお遊びをして、ザラメを毎回入れてみました。 チップは桜をメインにヒッコリーとナラも少々。 おおよそ20分程度で燃え尽きるのですが、炭化して残ったやつを炭の方に投入して全て煙にしてしまってるので一回およそ30分強のサイクルで3回入れました。
d0251572_16334724.jpg

   扉は庫内の温度調節で若干開けたり閉めたりしています。




   なんだかんだで都合2時間++が燻しタイム。 あとは庫内の温度が下がるまで・・1時間以上そのままにして・・・初めから終わりまで今回は7時間くらいかかってしまいました。
d0251572_16344900.jpg

    中間の脂受けはあふれる寸前でした・・・。 途中で一度捨てるべきでした・・・。




    で、出来たのが・・・
d0251572_16363953.jpg

d0251572_16365071.jpg



   豚バラ肉は15%~20%程水分と脂がそぎ落とされました。 購入時530gの豚バラ肉が420gまで落ちてました。 味見で1㎜程スライスして食べましたが・・いい按配です。




   多少の実験的な温度管理や塩抜きなどしてますが、基本的に温度は80~100℃をキープして2時間昇温、2時間燻し、2時間脂落とし・・的なやり方は変えていません。



  相手がバーナーとかの安定的な炎じゃなくて炭火なので、こまめなチェックが必要ですが・・・この頃はだいぶ慣れてきました。




  炭もあまり安い炭はだめですね。 かといって備長のような高い炭は買えないし・・そこそこ火持ちする炭を探してます。




   冷蔵庫に放りこんで・・数時間後。 すべて真空パックしました。
d0251572_16544586.jpg


    フリーザー用ビニールパックと、シンクの水切りネットの組み合わせですが・・・いくつもやってると段々失敗作が少なくなってきました。 今回は合計8個、全て一回でOKが出ました!
d0251572_16573158.jpg


    失敗の一番のケースは、袋のシールした一部が溶けて切れてしまうってケースだったんですが・・・シール時間を手動で短くして、すぐに蓋を開けない・・等々の工夫をしたら・・・ほぼうまく行ってます。



   今回のベーコン作りの半分はインド行き用に作ったんですが・・・現場はインドの中でもイスラム色の強い州だとかで・・唯一禁酒の州らしいのです。 ・・・イスラム教のエリアに豚を持っていったらやばいよなぁ・・。 ま、自分一人で食べるんだからいいかと思うんだけど・・・。



   なんでヒンズー教じゃないんでしょ? インドなのに・・・。 ま、ヒンズー教も禁止ではないけど豚はほとんど食わないけどね・・。





   ということで、”それなり燻製記”・・・でした。





   でわでわ また



   ⇓
 ランキングに参加しています。 いずれか一つで結構ですので・・ポチっとブログ応援よろしくです。 別窓で開きます。







   ご訪問ありがとうございました。 またお越しくださいませ。





by aiyababa | 2017-09-19 20:12 | 家事・料理 | Comments(0)

たまにはウニ三昧の日々。

ナマステ!



 実にぜいたくな話なんですが・・・しばし・・ウニ三昧の食生活を送っておりました。



 毎年、夏になると細君の実家に帰省しては・・これでもか!っていうくらいウニを食べまくってきてたのですが・・・どうやら今年はそうもいかない事情が出てきたようで・・残念ながら、今年のウニ漁は例年通りとはいかなかったようであります。



  それでも・・細君のご両親は・・無理をして?ウニを確保してくださり・・・小生のために大奮発してくれたのであります。
d0251572_21544264.jpg


     鍋に一杯のウニ・・・。 ぜ、全部はいくらなんでも・・・。



      まずは・・実家での一杯。
d0251572_21554399.jpg

   ちょっとだけ遠慮して・・・御飯が・・見え隠れしてます・・・。



       その日の夜。 ビールが付きました!
d0251572_21591218.jpg



        で、翌朝。  まだまだ活きはいいです。
d0251572_22014344.jpg



      そして・・・昼食。
d0251572_22014937.jpg


    流石に4連続でウニ飯を食べてきたので・・夜は・・BBQで・・蒸しウニです。 アルミホイルの包み焼・・と言った方がいいかもですが・・。 



      これはこれでうんまい!

d0251572_22063864.jpg



   で、もう一品。 ウニの煮込みです。 味はでも・・あっさり目です。
d0251572_22111588.jpg



   一通りのウニ料理を食べました。 ・・・十分満足出来ました・・。




   これで・・・とりあえず・・心残りもなく・・インドへは行けそうだ・・。




    でわでわ また



   ⇓
 ランキングに参加しています。 いずれか一つで結構ですので・・ポチっとブログ応援よろしくです。 別窓で開きます。 







  ご訪問ありがとうございました。 またお越しくださいませ。



  


by aiyababa | 2017-09-07 22:21 | 家事・料理 | Comments(0)

ずんだ餅を作ってみました。

ナマステ!



 枝豆・・・作ってみるとあまり手が掛からなくて小生にとっては優良野菜の一つと言えます。



 しかし・・・これをずんだ餅にしようとすると・・・けっこう大変でした。



  何が大変かって言ったら・・・茹でた後の薄皮剥きの手の掛かること・・・。 



       まずは茹で上げる前の計量。
d0251572_18434981.jpg


    402gでした。 枝豆の両端をカットして、茹で上げます。 この時4%の塩も入れました。 
d0251572_18443838.jpg



       で、これから中身を出しまして(・・・左側のボウルです。)


   薄皮剥き開始です・・・。
d0251572_18454989.jpg

    右のボウルが薄皮を剥いたもの。  たったこれだけで・・・一息入れまして・・・



    で、何度か一息ついて・・・



     やっとのこと・・・剥き終わり・・・
d0251572_18480881.jpg


     ひっじょーーーに地道な作業でしたね。



    量ってみれば・・・
d0251572_20051382.jpg


    半分以下の169g・・・。 たったこれだけの量に何十分費やしたというのだ・・・。



   で、この写真は2回目の時なんですが・・・



    一回目の時は・・・すり鉢で擂り潰したんですが・・
d0251572_20084531.jpg


   この時は今回の半分以下。 でもきれいに擂り潰せなくて若干固形物感が残ってましたので・・



    今回はミキサーでやってみました。
d0251572_20135664.jpg

  最後に砂糖と塩を混ぜたら・・途端にトロ~~ンとしました。




   白玉団子の方は実は初めて作ったのですが・・・意外と簡単で驚きました。  とはいえ・・最初水が多すぎて・・粉を追加・・。 3個分くらい多く作ってしまいました。
d0251572_20165233.jpg

d0251572_20170806.jpg

d0251572_20154005.jpg

  
    
d0251572_20234971.jpg

   ずんだ・・これくらいの量でも小生には十分でしたね。 



    ずんだ餅・・・美味いね!



   くたびれたけど・・地道に剥いた価値はあったかな?




    でわでわ また


   
ランキングに参加しています。 いずれか一つで結構ですので・・ポチっとブログ応援よろしくです。 別窓で開きます。 







  ご訪問ありがとうございました。 またお越しくださいませ。






by aiyababa | 2017-09-03 20:43 | 家事・料理 | Comments(0)

小玉ねぎのシチュー 初尽くし三兄弟!

ナマステ!




  ブログ記事をしたためつつ、BSで大曲の花火大会の実況を見て、時々日ハムの試合状況にチェックを入れたりと・・なかなか8月の夜もPCの前で忙しいことになっています。




   日ハムもここにきてやっと勝ってくれるようになって、ひところの消化不良から脱してきています。 今日も楽天、則元君を出鼻に攻略し、何とか僅差で逃げ切り勝利をつかみ取りました。 加藤君偉い!



  さて・・・畑の記事ですが・・・ここんところ毎朝の収穫が愉しみで、たとえ雨が降っていようと傘をさしてでも採りに行ったりしてまして、少~しづつ畑馬鹿になりつつあります。
d0251572_22231024.jpg
d0251572_21502628.jpg



 でも、野菜もいろいろで、中には出来損ないの野菜もありまして・・・一喜一憂したりしてますが、玉ねぎなどは結構打ちのめされた野菜の一つでありました。



  植え付けた場所はお隣の間借り畑ですが・・やはり肥料不足だったんでしょうか? 来月半ばが収穫予定だったんですが・・もう茎もしなだれ・・倒れ、中には腐ってなくなりかけたので・・・先週初め、全部抜いて天日乾燥を済ませました。



 そのあたりの写真は・・とてもとても恥ずかしくて人にお見せできるものじゃないので、勘弁してもらって(実は撮ってなかった・・。)



  先日・・その初玉ねぎの中で厳選した玉ねぎを使ってシチューを作りました。
d0251572_21570274.jpg




   しかし・・どれもこれも小玉ねぎばかりで・・シチューにも一個丸々使って丁度いい大きさのものばかり。




   他にも、初収穫をしたニンジン、ジャガイモ・・と、この夏の初尽くし三兄弟・・みたいなタイトルですが・・



   作ってみました。
d0251572_22003493.jpg



    これを実況すれば・・・「お~~~っと、カラス被害を免れたベビーコーンも一緒だ~~。」っていうことにもなるけれど、主役は小玉ねぎに、人参、ジャガイモです。 序にインゲンも入れました。




   実をいうと・・こんなうれしいことはありません・・・。 肉とキノコを除いては皆自家製ですから・・。




   で、ぐつぐつやって・・・
d0251572_22123771.jpg

   このあと・・・”ハウスシチューの素”を入れて出来上がりですが・・・



  一番最後の・・実に美味しそうな盛り付け写真も何もかも・・・記録がない・・・。



    あれ??




    でも・・・久しぶりのシチューは結構美味しいものでした。




    でわでわ また



   
 ランキングに参加しています。 いずれか一つで結構ですので・・ポチっとブログ応援よろしくです。 別窓で開きます。 







  ご訪問ありがとうございました。 またお越しくださいませ。
 






by aiyababa | 2017-08-26 22:26 | 家事・料理 | Comments(0)

週末BBQ

ナマステ!



 今月に入って2回目のBBQ記事ですが・・・実は毎週末、天気さえよければ土曜日/日曜日連荘でBBQをやるんですよねぇ~我が家では。



 なんで、そんなに毎回っていうほどやるかっていうと・・・



 その第一は、この時期、新じゃがとかトウキビとか、BBQで食べてみたい素材が自家製野菜として我が家の畑から採れてくるんですよ。



 今回は・・カラス記事でおなじみのトウキビ。



 正直、出来はあまりよくないんですが、そこそこ甘いです。 ボリュームが売り物と比べてかなり見劣りするので、違いといえばその点だけですかね。
d0251572_14142698.jpg

   写真写りは最高でしょ? 粒もきれいに揃ってて、申し分なさそうですが・・小ぶりなんですよねぇ。


   先週の土曜日はジンギスカン。 でも鉄板ではなくて網焼きで食べました。
d0251572_14162653.jpg

   あれっ? 手前のナスが人面ナス?になってますね。 今、気が付きました。  この日はベビーコーンも収穫しました。



   そして日曜日のBBQ。
d0251572_14194914.jpg

    手羽元はこの日の準主役です。 ・・実は新十津川のO畑精肉店で買った”コロコロホルモン”が主役なんですが・・写真は毎度のことながら・・・”食う”に夢中になると・・すぐに忘れて・・脂が燃えてもうもうと煙を出した写真も何もありません。



  で、炭水化物はこの日もトウキビです。 おにぎりも食べてるんですけどね・・。



  食器の洗い物が少なくて済むっていうメリットもあって・・休日午後のBBQはたぶん毎週やると思います。



   あまりに頻繁にやるので、ついついBBQ台は終了後、直接水を撒き、消火したまま消壺にも入れず、片付けもせず、すぐに火を熾せる状態にしてあります。
d0251572_18061309.jpg


   言えば聞こえはいいけど・・実際のところ・・放りっぱなしです。



   網もこの頃はろくに洗いません。 脂が付いたまま・・放りっぱなし。 火を熾したら、強い火力の時に全部燃やし尽くします。  



  金ブラシとかたわしとか洗剤使って落としてもそう簡単にはきれいに落ちません。 最後に植物油を網に塗って保管しておいても、埃が付いたりとかして、結局次回最初の時に火の洗礼を受けますし・・無駄といえば無駄なんです。 そもそも・・網自体安く売ってるんですよねぇ‥今は。



  かといって毎回取り変えるとかはしません。 ここ10数回、全然変えてないですが・・まだ使えそうです。



     始める前の準備段階で燃やし尽くす! これが一番です。 面倒な時はガスバーナーでやっちゃいます。 



   文明の利器無しで・・というのも・・基本BBQはそうでありたいと思ってますが、面倒な場合とかも考えて、緊急用にそーゆー利器も用意しておく・・・というのが小生のスタンスです。



  
  次の畑の収穫候補と言ったら・・・スイカ? BBQには入れないから・・・カボチャでしょうか? これは・・・まだ先だなぁ・・。



  次回の食材も似た顔ぶれでやるかと思いますが・・・



    BBQ・・・やっぱいいですね。 



  でわでわ また


   
ランキングに参加しています。 いずれか一つで結構ですので・・ポチっとブログ応援よろしくです。 別窓で開きます。 







  ご訪問ありがとうございました。 またお越しくださいませ。
  

  
 


by aiyababa | 2017-08-23 21:28 | 家事・料理 | Comments(0)

久しぶりにカレーを作りました。

ナマステ!



  久しぶりにカレーを作りました。



  我が家から圧力鍋が去ってから・・手作りカレーも市販カレーもあまり作らなくなったんですが・・・



  なぜかっていうと・・・小生がカレーを作るっていう時はけっこう”こだわりを持って”作っていたからであります。 毎回数時間かけて作ってました。



  基本的に玉ねぎ、トマト、というのがベースで、肉は豚バラであったり、きのこであったり、鶏であったり‥っていう感じなんですが、スープは鶏ガラからとったり、煮凝りからとったり・・いろいろやってました。



  自慢じゃないけど・・・同じ味は二度とできないっていうレシピも何も存在しないいい加減カレーではあるけれど・・



  結構内輪(細君のみですが・・・)では好評でした。



   そうそう・・圧力鍋が去った理由は・・・新居になって・・レンジがガスからIHになって使えなくなっちゃったんです。



  そして・・・カレーもいつしか市販のルーを使うカレーを作ることが多くなったんですが・・・それでも前ほど頻繁に作るということはなくなりました。



  今はあまりこだわりは持ってなくて、市販ルーカレーでいんでない?って感じで作ってますが、前回はスープカレー風、今回は普通のカレーを作りました。 



     まずはその準備。
d0251572_10094016.jpg


    ベースは玉ねぎ、トマトのほかに、ニンニクとショウガ。



   鍋に油をひいて、玉ねぎを炒めて・・しんなりしたらニンニクとショウガ・・、そして肉を入れてスパイスを放り込むんだけど・・・
d0251572_13053762.jpg



   スパイスはネパールで買った”マサラ”っていうやつです。  因みに細かく言うとミートマサラというやつで肉用カレースパイス・・といえばわかりやすいでしょうか? インド人とかネパール人といえども個々のスパイスを一から炒ったりして混ぜ合わせて作る人なんてほとんどいませんよ。 こーゆーのが売ってるんですね、どこのお店にも。 そして何よりめちゃくちゃ安い!
d0251572_10134343.jpg


    余談になりますが、ネパールの庶民的な料理・・ダルバート・・言ってみれば豆スープ定食・・みたいな感じなんですが・・これを日本にあるネパールレストランで食べると・・やたら高いでしょ?
  もうほとんどぼったくりに近い値段で出してたりするものだから、一度もそーゆー店に入ったことがありません。



  
  このミートマサラを入れて・・やや焦げ始まってきたら(実にいい香りなんです・・。鼻孔をくすぐるというんでしょうか? )トマトを放り込んで・・
d0251572_13533009.jpg



さらに炒めて、適当に火が通ったところで水を入れて・・・プラスアルファの香辛料を追加して・・ぐつぐつ。
d0251572_13542454.jpg


 で、以前ならこのままぐつぐつとろみがつくまで煮込んでいたんですが・・・時間も圧力鍋もないですし・・・ここは・・・




   とろみは・・明治キンケイミルクカレー・・でつけて、
d0251572_21244772.jpg


   カレーとしての基本的なコクは「ハウスジャワカレー」で取りまして・・・



  あとは好みで・・・何か足して・・ササっと済ませて。 



   で、完成。




     今回は気分で、新じゃがの外れ芋?・・本来捨ててしまうような直径1~2cmの小芋にもならないジャガイモを拾っておいたので、試しに放り込んでみた。 皮付きのままです。  
d0251572_14120545.jpg
   もちろん・・食べるのは一度冷まして・・それから。


    家で出来たトマトをけっこう放り込んだら・・若干酸味が強くなったけど・・おおむね・・OK.




    これで夕食・朝食・昼食・・と3食連続カレーでした。



    でも・・・満足です。




     でわでわ また


   
ランキングに参加しています。 いずれか一つで結構ですので・・ポチっとブログ応援よろしくです。 別窓で開きます。 






  ご訪問ありがとうございました。 またお越しくださいませ。







by aiyababa | 2017-08-15 16:21 | 家事・料理 | Comments(0)

休日やっぱりBBQ?

ナマステ!




 ここんところBBQが定番になってる週末。  昨日も実はBBQだった。




 何が楽しみっていうわけじゃないんだけど・・・




  強いてあげるなら・・・自家製野菜をいただくってことでしょうか。
d0251572_19462995.jpg




  自分とこで育てた野菜を食べるっていうのは、別段特別っていうわけでもなくて、買ったものを食べるよりは嬉しい!っていうくらいのもんですが・・・




   今回新たに加わった野菜っていうのが・・新じゃがです。 
d0251572_19251656.jpg



   北海道には素晴らしい料理がありますよね。 料理と呼べるかどうかわかりませんが・・・じゃがバターですよ。
d0251572_19315748.jpg



   も一つ上げるなら・・・実際のところ・・・野菜どーのこーのというより”火遊び出来る”のが男としてより嬉しい・・のである。
d0251572_19330211.jpg




  火遊びが過ぎちゃいけないんだけど・・・(ちょっとしてみたい気もないではないが)飛び火しない程度に火遊びしたい!
 



   最初は薪を燃やして燠を作ります。 着火剤など要りません。 チェーンソーに使う粘り気のあるオイル・・どうしてもこれがポリ缶に残るため、奇麗にしようとノコギリ屑を入れて掃除したら・・そのノコギリ屑が・・要は着火剤と同じ役目になりまして・・・
d0251572_19450267.jpg

    ↑既にオイルと混ざってます。



 
   これをギュッと握って、新聞紙に包んで火をつければ~~ 
d0251572_19450223.jpg


       あとは楽しいオ・ト・ナの世界。



   ・・・昔ながらのキャンプを思えば・・キャンプに炭は要りません。 拾った薪で燠を作って料理する・・・これが基本ですね。



   でも・・今は格好つけないで炭を追加しますけど・・・。



    夕方のBBQも終える頃(日没頃)はこっちじゃ少しづつ肌寒くなってきまして、次あたりは昼間からやってもいいかもですね。



  さて・・次回の新野菜は何か? 期待するところではトウモロコシ。 こっちでいうトウキビだ。



  トウキビは出回っているけれど、我が家のやつはまだ収穫には早い。 先日一個だけベビーコーンとして折って食べたが、本チャン用は毛がまだ白いのだ。 一部うっすらと茶色がかってきたけれど・・これからあと何日で収穫できるのだろうか?
d0251572_20252578.jpg


    早く食べた~~~い! 気持ちを抑えて・・・



   よいこは待つとするか。



   実はもう一つ野菜があって・・・玉ねぎがそうなんだけど・・・完全に成熟する前に、ちょっとトラブル?で予定より早めに収穫せねばいけなくなりまして・・・



   放っておいたら中から腐りそうで・・急いで収穫・・。
d0251572_20510590.jpg


   なんか・・思惑通りに行かないところが”にわか家庭菜園家”でありますが、こいつらが近々デビュー予定・・。  ほんとはあと1か月後の予定なんですが・・・。 うまくいかないもんです。





  野菜も何種類もあってそれぞれに付く虫もあって・・いったい何がいいのか悪いのか・・困惑。 



   律儀に生きてきた男にとって、野菜作りは1+1=2じゃないんだよねぇ・・・腹立つけど・・。 でも時として1+1=4くらいになったりもするから・・止めらんないのかもなんですが・・。 今年は初めて開墾して作った畑に翻弄されております。



   BBQの継続の楽しみも含めて・・野菜作り・・頑張りますか・・・。



   あれ? 今日は野菜作りがテーマじゃなかったが・・・ま、いいしょ。




   でわでわ また



   ⇓
ランキングに参加しています。 いずれか一つで結構ですので・・ポチっとブログ応援よろしくです。 別窓で開きます。 






  ご訪問ありがとうございました。 またお越しくださいませ。









   

by aiyababa | 2017-08-06 22:21 | 家事・料理 | Comments(0)

ブルーベリージャム・・作りました。

ナマステ!



 先週の日曜日、たわわに実ったブルーベリーの第一回目・・収穫しました。



    


       先月終わりの写真です。
d0251572_07554676.jpg


   収穫4日前の写真です。 ・・実も少しづつ大きくなり、たわわに実った枝が地面に付きそうになって、この後慌てて支柱を立てました。


     実は昨年にも増して大きくて・・
d0251572_07555473.jpg


    10円玉とはいかないけれど・・1円玉より大きいかと・・。




   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。 実は思ってた。





    人間の感覚なんて・・実にいい加減なもので・・




      コインを大きい順に並べてみれば・・5円くらいはあっただろう・・と思ったら・・5円ほどもなく・・



         更に・・・50円玉にも及ばず・・・



      最少コインである一円玉と・・大きい粒なら・・
d0251572_08342615.jpg




      ほぼ同じ。 という結果でした。  




   法螺吹きと言われちゃ叶わないので・・とりあえず写真で比較してみたまで・・・・。 10円玉で比較しようとしたのは無謀でしたね・・。





   で、我が家には4種類のブルーベリー(ハイブッシュ系)があるのですが、今回採集対象になったのが2本。 残り2本のうち一本は全く実が成らず、もう一本は数も少なくまだ色づき始めてない・・ということで、左程収穫は期待できません。



   で、この2本から・・1.1キロ以上の収穫があってちょっと驚きでした。
d0251572_08472152.jpg



    この中から生食用に400g程,大粒のものから取り出して・・早速ヨーグルトに・・。
d0251572_10301900.jpg





・・残り750gをジャムにしました。
d0251572_09072908.jpg


     入れるのは一応砂糖のみ。  ・・とりあえず300g。
d0251572_09082467.jpg


     
    そう考えるとブルーベリー250gで砂糖100gってことになるんだけど・・この配分・・最初に見たレシピのもので、結局これだと・・甘すぎたきらいがあって、ちょっと多かった。 


 
     どこまで煮詰めればいいのか・・?っていう疑問をずっと持ちながら全部潰さずそのままそ~~っとしておく。
d0251572_09111322.jpg


   
      その一方で、



      ジャムの瓶を煮沸しなきゃいけない。 
d0251572_09215287.jpg


       良く乾かして・・
d0251572_09222234.jpg


        瓶詰。
d0251572_09240383.jpg


  

      ラベルを貼って・・完成です。
d0251572_10295318.jpg



     今まで・・どちらかっていうと酸味を大事にして作ってきたんですが・・・今回はちょっと失敗と言えば失敗。 



    もしかしたらブルーベリー自体・・糖度が高かったんだと思います。 次回はもうちょっと下げてもいいですね。



    で、不思議なんですが・・・去年のブルーベリー・・煮詰めていったら大きな種(ピーマンの種のようでもあり、ブドウのようでもあり・・)がぞろぞろ出てきて・・・



   「・・・・あれ?? ブルーベリーってこんな大きな種ってあったっけ??」っていうような種で、煮詰め作業を一旦止めて・・



    ピンセットで一粒一粒取り出した…って言うことをしてました。



    あれは何だったんでしょうねぇ? 今年は同じ木から去年の3杯から4倍の量の、しかも粒ぞろいのブルーベリーが収穫出来てます。  もちろん種などの異物感は全くなし。



   果物とか生り物は梅とか柿なんかは年によって全然収量が違うってことはあっても、ここまで実の中身が違うってこともなかった記憶があるんだけど・・



    不思議ですね。 




    今年のは、もうあと2回くらい収穫できると思いますが、合わせて1キロくらいになるでしょうか? 2株半の本数で2キロの収穫はジャムにするには十分です。



  我が家はこの時期のイチゴとブルーベリーのジャムで一年間のジャムを作り溜めするので、一応これで十分かな? これまでよりやや贅沢にパンに塗れそうな気がします。



    でわでわ また


   ⇓
ランキングに参加しています。 いずれか一つで結構ですので・・ポチっとブログ応援よろしくです。 別窓で開きます。 






  ご訪問ありがとうございました。 またお越しくださいませ。






by aiyababa | 2017-08-04 22:11 | 家事・料理 | Comments(0)

それなり燻製記・・8月頭編。 ベーコンとか鶏ハム。

ナマステ!



 前回の燻製記事からそう経っていないんですが・・・親戚筋からご要望があり・・



 鶏むね肉と豚肩肉のベーコンを急遽作ることになった。 



  よって予定を変えて・・燻製記事をまたぞろ書くことになったのだけど・・・



  そもそも・・要望は小生の方の親戚筋であり、海を渡って本州は茨城まで送料払って届けなくちゃいけない代物なのか??という問題もある・・・。 



  この肉代から材料代全て小生の小遣いから捻出しているのであるが、このことを彼女たちは知らない。



   そう・・彼女たち・・とりわけ義姉さんのわがまま?ごり押し?と言ってもいいのだが・・これがまた、いつもいつもいろいろ何か届けてくれるしねぇ・・どっちもどっちで、美味いもの食べさせてもらったりしてるし、嫌とは言えないんだよねぇ・・・。 



   言い分がまたいい。 「娘等がうるさいのよ~~。あれは美味かったって・・。」 娘とは小生の姪っ子であるが、既に40前後になり、ム・ス・メ・の面影はどこにも無い・・・。



   しかしながら・・そー言われたらこっちも悪い気はしないので・・ついつい「いいよ!」と言ってしまったのである・・。



  迂闊にも以前に約束してしまった以上・・作らねばならない。 そして、7月半ば。 まず豚肩肉を仕入れて仕込んだ。 

d0251572_15380774.jpg





   8月1日に合わせて今度は7月終わりに鶏むね肉を調達。 今回は若干調合比を変えてやや甘く・・と言う方に変えてみた。
d0251572_15460988.jpg




   漬け込み期間は豚肉が14日間。 そして鶏むね肉が6日間。  で、同日・・塩抜き・・燻製



   豚肩肉は2時間の塩抜き。 途中3回の水の取り換え。
d0251572_15585683.jpg




    鶏むね肉はタコ糸でグルグル巻きに締め締めして鍋に放り込んで40分。 70~80℃で塩抜き。
d0251572_15594050.jpg




    で、それぞれ塩抜きも終えて・・10時30分、



    燻製器に吊るして・・スタート。 
d0251572_16014560.jpg



    温度を80℃前後にコントロールして、1時間程乾燥を掛ける。



   
    で、そのあといよいよスモーク開始。 サクラ:ヒッコリー、7:3で使ったのはチップ。


  でも・・・毎回使って思うんだけど・・チップはコントロールが難しい。



   小生の場合、熱源にカセットコンロを使うのをやめて、炭火一本にしてまして、炭の追加のタイミングで温度を調節しています。



   そして、火の勢いが強い場合は扉を半分開けたりちょっとだけ開けたり、全部閉めたりしながら温度調節してるんですが、その時その時の火の勢いによって、スモークチップもゆっくり燻されたり、火が付いたり、ギリギリ火が付く前で煙を出し続けたりで・・何度やっても一番気を遣う場面です。
d0251572_16032551.jpg

d0251572_16034631.jpg



    それでも・・概ね良好で・・・臭い付けは出来たかなと思います。




    と、ここで上の写真を見て何かお気付きの方がいたら・・嬉しいが・・・



   実は・・今回、初めて車庫を飛び出して屋外で燻し作業を行ないました。  毎回車庫でやってたら・・なんとなく車庫の中がスモーキーというかきな臭い?感じが時々するんですよね。 ですから天気が良くて風が強く吹いてないなら外でやろうと・・。 



   燻製器の中はいっぱしの燻し色になってまして、大分風格が出てきました。 ま、裏を返せば・・これだけの煙を車庫内に吐き出していたわけですから・・。




  と、話はちょっと飛びましたが・・・鶏むね肉は燻し作業終了後・・冷蔵庫。
d0251572_16045964.jpg




   豚肩肉はその後更に2時間近く80℃で温度キープして終了。 

d0251572_16045322.jpg


  今回は一応自家消費のものじゃないので・・温度管理には気を遣いました。 




       豚肩肉も終了。
d0251572_16313685.jpg



   で、昨日・・これらを真空パックしまして・・無事宅配便で送ることが出来ました。 (うっかりしてて・・真空パックした写真を撮り忘れちゃいました・・。)



    一応約束を果たせてホッとしているところです。



   
    ただ、作った物の味見をせずに送っているのが心残り。 その辺が心配なんですが、いつもと同じことをして作ってるから大丈夫だとは思いますが・・




     腹を下したら・・謝ればいいか・・。




     でわでわ また



   
 ランキングに参加しています。 いずれか一つで結構ですので・・ポチっとブログ応援よろしくです。 別窓で開きます。 






  ご訪問ありがとうございました。 またお越しくださいませ。



   


by aiyababa | 2017-08-03 22:39 | 家事・料理 | Comments(0)


「みちくさ」 ちょっと覗いて
最新の記事
以前の記事
最新のコメント
カテゴリ
タグ
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧