あいやばばライフ


北国初心者・家事初心者の日々・喜怒哀楽を・・・。
by aiyababa

カテゴリ:家事・料理( 77 )

久しぶりにカレーを作りました。

ナマステ!



  久しぶりにカレーを作りました。



  我が家から圧力鍋が去ってから・・手作りカレーも市販カレーもあまり作らなくなったんですが・・・



  なぜかっていうと・・・小生がカレーを作るっていう時はけっこう”こだわりを持って”作っていたからであります。 毎回数時間かけて作ってました。



  基本的に玉ねぎ、トマト、というのがベースで、肉は豚バラであったり、きのこであったり、鶏であったり‥っていう感じなんですが、スープは鶏ガラからとったり、煮凝りからとったり・・いろいろやってました。



  自慢じゃないけど・・・同じ味は二度とできないっていうレシピも何も存在しないいい加減カレーではあるけれど・・



  結構内輪(細君のみですが・・・)では好評でした。



   そうそう・・圧力鍋が去った理由は・・・新居になって・・レンジがガスからIHになって使えなくなっちゃったんです。



  そして・・・カレーもいつしか市販のルーを使うカレーを作ることが多くなったんですが・・・それでも前ほど頻繁に作るということはなくなりました。



  今はあまりこだわりは持ってなくて、市販ルーカレーでいんでない?って感じで作ってますが、前回はスープカレー風、今回は普通のカレーを作りました。 



     まずはその準備。
d0251572_10094016.jpg


    ベースは玉ねぎ、トマトのほかに、ニンニクとショウガ。



   鍋に油をひいて、玉ねぎを炒めて・・しんなりしたらニンニクとショウガ・・、そして肉を入れてスパイスを放り込むんだけど・・・
d0251572_13053762.jpg



   スパイスはネパールで買った”マサラ”っていうやつです。  因みに細かく言うとミートマサラというやつで肉用カレースパイス・・といえばわかりやすいでしょうか? インド人とかネパール人といえども個々のスパイスを一から炒ったりして混ぜ合わせて作る人なんてほとんどいませんよ。 こーゆーのが売ってるんですね、どこのお店にも。 そして何よりめちゃくちゃ安い!
d0251572_10134343.jpg


    余談になりますが、ネパールの庶民的な料理・・ダルバート・・言ってみれば豆スープ定食・・みたいな感じなんですが・・これを日本にあるネパールレストランで食べると・・やたら高いでしょ?
  もうほとんどぼったくりに近い値段で出してたりするものだから、一度もそーゆー店に入ったことがありません。



  
  このミートマサラを入れて・・やや焦げ始まってきたら(実にいい香りなんです・・。鼻孔をくすぐるというんでしょうか? )トマトを放り込んで・・
d0251572_13533009.jpg



さらに炒めて、適当に火が通ったところで水を入れて・・・プラスアルファの香辛料を追加して・・ぐつぐつ。
d0251572_13542454.jpg


 で、以前ならこのままぐつぐつとろみがつくまで煮込んでいたんですが・・・時間も圧力鍋もないですし・・・ここは・・・




   とろみは・・明治キンケイミルクカレー・・でつけて、
d0251572_21244772.jpg


   カレーとしての基本的なコクは「ハウスジャワカレー」で取りまして・・・



  あとは好みで・・・何か足して・・ササっと済ませて。 



   で、完成。




     今回は気分で、新じゃがの外れ芋?・・本来捨ててしまうような直径1~2cmの小芋にもならないジャガイモを拾っておいたので、試しに放り込んでみた。 皮付きのままです。  
d0251572_14120545.jpg
   もちろん・・食べるのは一度冷まして・・それから。


    家で出来たトマトをけっこう放り込んだら・・若干酸味が強くなったけど・・おおむね・・OK.




    これで夕食・朝食・昼食・・と3食連続カレーでした。



    でも・・・満足です。




     でわでわ また


   
ランキングに参加しています。 いずれか一つで結構ですので・・ポチっとブログ応援よろしくです。 別窓で開きます。 






  ご訪問ありがとうございました。 またお越しくださいませ。







by aiyababa | 2017-08-15 16:21 | 家事・料理 | Comments(0)

休日やっぱりBBQ?

ナマステ!




 ここんところBBQが定番になってる週末。  昨日も実はBBQだった。




 何が楽しみっていうわけじゃないんだけど・・・




  強いてあげるなら・・・自家製野菜をいただくってことでしょうか。
d0251572_19462995.jpg




  自分とこで育てた野菜を食べるっていうのは、別段特別っていうわけでもなくて、買ったものを食べるよりは嬉しい!っていうくらいのもんですが・・・




   今回新たに加わった野菜っていうのが・・新じゃがです。 
d0251572_19251656.jpg



   北海道には素晴らしい料理がありますよね。 料理と呼べるかどうかわかりませんが・・・じゃがバターですよ。
d0251572_19315748.jpg



   も一つ上げるなら・・・実際のところ・・・野菜どーのこーのというより”火遊び出来る”のが男としてより嬉しい・・のである。
d0251572_19330211.jpg




  火遊びが過ぎちゃいけないんだけど・・・(ちょっとしてみたい気もないではないが)飛び火しない程度に火遊びしたい!
 



   最初は薪を燃やして燠を作ります。 着火剤など要りません。 チェーンソーに使う粘り気のあるオイル・・どうしてもこれがポリ缶に残るため、奇麗にしようとノコギリ屑を入れて掃除したら・・そのノコギリ屑が・・要は着火剤と同じ役目になりまして・・・
d0251572_19450267.jpg

    ↑既にオイルと混ざってます。



 
   これをギュッと握って、新聞紙に包んで火をつければ~~ 
d0251572_19450223.jpg


       あとは楽しいオ・ト・ナの世界。



   ・・・昔ながらのキャンプを思えば・・キャンプに炭は要りません。 拾った薪で燠を作って料理する・・・これが基本ですね。



   でも・・今は格好つけないで炭を追加しますけど・・・。



    夕方のBBQも終える頃(日没頃)はこっちじゃ少しづつ肌寒くなってきまして、次あたりは昼間からやってもいいかもですね。



  さて・・次回の新野菜は何か? 期待するところではトウモロコシ。 こっちでいうトウキビだ。



  トウキビは出回っているけれど、我が家のやつはまだ収穫には早い。 先日一個だけベビーコーンとして折って食べたが、本チャン用は毛がまだ白いのだ。 一部うっすらと茶色がかってきたけれど・・これからあと何日で収穫できるのだろうか?
d0251572_20252578.jpg


    早く食べた~~~い! 気持ちを抑えて・・・



   よいこは待つとするか。



   実はもう一つ野菜があって・・・玉ねぎがそうなんだけど・・・完全に成熟する前に、ちょっとトラブル?で予定より早めに収穫せねばいけなくなりまして・・・



   放っておいたら中から腐りそうで・・急いで収穫・・。
d0251572_20510590.jpg


   なんか・・思惑通りに行かないところが”にわか家庭菜園家”でありますが、こいつらが近々デビュー予定・・。  ほんとはあと1か月後の予定なんですが・・・。 うまくいかないもんです。





  野菜も何種類もあってそれぞれに付く虫もあって・・いったい何がいいのか悪いのか・・困惑。 



   律儀に生きてきた男にとって、野菜作りは1+1=2じゃないんだよねぇ・・・腹立つけど・・。 でも時として1+1=4くらいになったりもするから・・止めらんないのかもなんですが・・。 今年は初めて開墾して作った畑に翻弄されております。



   BBQの継続の楽しみも含めて・・野菜作り・・頑張りますか・・・。



   あれ? 今日は野菜作りがテーマじゃなかったが・・・ま、いいしょ。




   でわでわ また



   ⇓
ランキングに参加しています。 いずれか一つで結構ですので・・ポチっとブログ応援よろしくです。 別窓で開きます。 






  ご訪問ありがとうございました。 またお越しくださいませ。









   

by aiyababa | 2017-08-06 22:21 | 家事・料理 | Comments(0)

ブルーベリージャム・・作りました。

ナマステ!



 先週の日曜日、たわわに実ったブルーベリーの第一回目・・収穫しました。



    


       先月終わりの写真です。
d0251572_07554676.jpg


   収穫4日前の写真です。 ・・実も少しづつ大きくなり、たわわに実った枝が地面に付きそうになって、この後慌てて支柱を立てました。


     実は昨年にも増して大きくて・・
d0251572_07555473.jpg


    10円玉とはいかないけれど・・1円玉より大きいかと・・。




   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。 実は思ってた。





    人間の感覚なんて・・実にいい加減なもので・・




      コインを大きい順に並べてみれば・・5円くらいはあっただろう・・と思ったら・・5円ほどもなく・・



         更に・・・50円玉にも及ばず・・・



      最少コインである一円玉と・・大きい粒なら・・
d0251572_08342615.jpg




      ほぼ同じ。 という結果でした。  




   法螺吹きと言われちゃ叶わないので・・とりあえず写真で比較してみたまで・・・・。 10円玉で比較しようとしたのは無謀でしたね・・。





   で、我が家には4種類のブルーベリー(ハイブッシュ系)があるのですが、今回採集対象になったのが2本。 残り2本のうち一本は全く実が成らず、もう一本は数も少なくまだ色づき始めてない・・ということで、左程収穫は期待できません。



   で、この2本から・・1.1キロ以上の収穫があってちょっと驚きでした。
d0251572_08472152.jpg



    この中から生食用に400g程,大粒のものから取り出して・・早速ヨーグルトに・・。
d0251572_10301900.jpg





・・残り750gをジャムにしました。
d0251572_09072908.jpg


     入れるのは一応砂糖のみ。  ・・とりあえず300g。
d0251572_09082467.jpg


     
    そう考えるとブルーベリー250gで砂糖100gってことになるんだけど・・この配分・・最初に見たレシピのもので、結局これだと・・甘すぎたきらいがあって、ちょっと多かった。 


 
     どこまで煮詰めればいいのか・・?っていう疑問をずっと持ちながら全部潰さずそのままそ~~っとしておく。
d0251572_09111322.jpg


   
      その一方で、



      ジャムの瓶を煮沸しなきゃいけない。 
d0251572_09215287.jpg


       良く乾かして・・
d0251572_09222234.jpg


        瓶詰。
d0251572_09240383.jpg


  

      ラベルを貼って・・完成です。
d0251572_10295318.jpg



     今まで・・どちらかっていうと酸味を大事にして作ってきたんですが・・・今回はちょっと失敗と言えば失敗。 



    もしかしたらブルーベリー自体・・糖度が高かったんだと思います。 次回はもうちょっと下げてもいいですね。



    で、不思議なんですが・・・去年のブルーベリー・・煮詰めていったら大きな種(ピーマンの種のようでもあり、ブドウのようでもあり・・)がぞろぞろ出てきて・・・



   「・・・・あれ?? ブルーベリーってこんな大きな種ってあったっけ??」っていうような種で、煮詰め作業を一旦止めて・・



    ピンセットで一粒一粒取り出した…って言うことをしてました。



    あれは何だったんでしょうねぇ? 今年は同じ木から去年の3杯から4倍の量の、しかも粒ぞろいのブルーベリーが収穫出来てます。  もちろん種などの異物感は全くなし。



   果物とか生り物は梅とか柿なんかは年によって全然収量が違うってことはあっても、ここまで実の中身が違うってこともなかった記憶があるんだけど・・



    不思議ですね。 




    今年のは、もうあと2回くらい収穫できると思いますが、合わせて1キロくらいになるでしょうか? 2株半の本数で2キロの収穫はジャムにするには十分です。



  我が家はこの時期のイチゴとブルーベリーのジャムで一年間のジャムを作り溜めするので、一応これで十分かな? これまでよりやや贅沢にパンに塗れそうな気がします。



    でわでわ また


   ⇓
ランキングに参加しています。 いずれか一つで結構ですので・・ポチっとブログ応援よろしくです。 別窓で開きます。 






  ご訪問ありがとうございました。 またお越しくださいませ。






by aiyababa | 2017-08-04 22:11 | 家事・料理 | Comments(0)

それなり燻製記・・8月頭編。 ベーコンとか鶏ハム。

ナマステ!



 前回の燻製記事からそう経っていないんですが・・・親戚筋からご要望があり・・



 鶏むね肉と豚肩肉のベーコンを急遽作ることになった。 



  よって予定を変えて・・燻製記事をまたぞろ書くことになったのだけど・・・



  そもそも・・要望は小生の方の親戚筋であり、海を渡って本州は茨城まで送料払って届けなくちゃいけない代物なのか??という問題もある・・・。 



  この肉代から材料代全て小生の小遣いから捻出しているのであるが、このことを彼女たちは知らない。



   そう・・彼女たち・・とりわけ義姉さんのわがまま?ごり押し?と言ってもいいのだが・・これがまた、いつもいつもいろいろ何か届けてくれるしねぇ・・どっちもどっちで、美味いもの食べさせてもらったりしてるし、嫌とは言えないんだよねぇ・・・。 



   言い分がまたいい。 「娘等がうるさいのよ~~。あれは美味かったって・・。」 娘とは小生の姪っ子であるが、既に40前後になり、ム・ス・メ・の面影はどこにも無い・・・。



   しかしながら・・そー言われたらこっちも悪い気はしないので・・ついつい「いいよ!」と言ってしまったのである・・。



  迂闊にも以前に約束してしまった以上・・作らねばならない。 そして、7月半ば。 まず豚肩肉を仕入れて仕込んだ。 

d0251572_15380774.jpg





   8月1日に合わせて今度は7月終わりに鶏むね肉を調達。 今回は若干調合比を変えてやや甘く・・と言う方に変えてみた。
d0251572_15460988.jpg




   漬け込み期間は豚肉が14日間。 そして鶏むね肉が6日間。  で、同日・・塩抜き・・燻製



   豚肩肉は2時間の塩抜き。 途中3回の水の取り換え。
d0251572_15585683.jpg




    鶏むね肉はタコ糸でグルグル巻きに締め締めして鍋に放り込んで40分。 70~80℃で塩抜き。
d0251572_15594050.jpg




    で、それぞれ塩抜きも終えて・・10時30分、



    燻製器に吊るして・・スタート。 
d0251572_16014560.jpg



    温度を80℃前後にコントロールして、1時間程乾燥を掛ける。



   
    で、そのあといよいよスモーク開始。 サクラ:ヒッコリー、7:3で使ったのはチップ。


  でも・・・毎回使って思うんだけど・・チップはコントロールが難しい。



   小生の場合、熱源にカセットコンロを使うのをやめて、炭火一本にしてまして、炭の追加のタイミングで温度を調節しています。



   そして、火の勢いが強い場合は扉を半分開けたりちょっとだけ開けたり、全部閉めたりしながら温度調節してるんですが、その時その時の火の勢いによって、スモークチップもゆっくり燻されたり、火が付いたり、ギリギリ火が付く前で煙を出し続けたりで・・何度やっても一番気を遣う場面です。
d0251572_16032551.jpg

d0251572_16034631.jpg



    それでも・・概ね良好で・・・臭い付けは出来たかなと思います。




    と、ここで上の写真を見て何かお気付きの方がいたら・・嬉しいが・・・



   実は・・今回、初めて車庫を飛び出して屋外で燻し作業を行ないました。  毎回車庫でやってたら・・なんとなく車庫の中がスモーキーというかきな臭い?感じが時々するんですよね。 ですから天気が良くて風が強く吹いてないなら外でやろうと・・。 



   燻製器の中はいっぱしの燻し色になってまして、大分風格が出てきました。 ま、裏を返せば・・これだけの煙を車庫内に吐き出していたわけですから・・。




  と、話はちょっと飛びましたが・・・鶏むね肉は燻し作業終了後・・冷蔵庫。
d0251572_16045964.jpg




   豚肩肉はその後更に2時間近く80℃で温度キープして終了。 

d0251572_16045322.jpg


  今回は一応自家消費のものじゃないので・・温度管理には気を遣いました。 




       豚肩肉も終了。
d0251572_16313685.jpg



   で、昨日・・これらを真空パックしまして・・無事宅配便で送ることが出来ました。 (うっかりしてて・・真空パックした写真を撮り忘れちゃいました・・。)



    一応約束を果たせてホッとしているところです。



   
    ただ、作った物の味見をせずに送っているのが心残り。 その辺が心配なんですが、いつもと同じことをして作ってるから大丈夫だとは思いますが・・




     腹を下したら・・謝ればいいか・・。




     でわでわ また



   
 ランキングに参加しています。 いずれか一つで結構ですので・・ポチっとブログ応援よろしくです。 別窓で開きます。 






  ご訪問ありがとうございました。 またお越しくださいませ。



   


by aiyababa | 2017-08-03 22:39 | 家事・料理 | Comments(0)

BBQ・・今回は3人で。

ナマステ!




 先の日曜日・・久しぶりにFじーをお招きしてBBQをやってみた。



 いつもは細君と二人だけなので、たいした食材を使う訳でもなく・・焼肉だぁ・・ジンギスカンだぁ・・と、フツーに店で売ってるフツーの値段の食材で、はしゃぎもせずに黙々と食べるのだけど・・・



  今回はFじーの方から、差し入れがあって・・ちょっと賑やかなものとなった。



  持参してきたのは・・・青ツブ。  それもあらかじめ一度火を入れておいて、更に専用の出し汁まで持参してきたのだ!



   まず・・・アルミニウムホイルで、丸い座布団?を作る。 
d0251572_09591468.jpg

      なるほど・・・転がり易いツブ貝を安定させるんですね。



   でもって、専用スープを注ぎ入れて・・・
d0251572_10012209.jpg



    食べたくなったら・・おもむろに台ごと網の上に持ってきて・・



     湯気が出て・・若干グツグツいって来たら・・OK。
d0251572_10071048.jpg


    我が家のほうではスーパーから仕入れた「BBQ5種パック」なる、豚とろとか生ラムとかカルビとか、それぞれ人気の肉がパッキングされているものを用意。



   しかし・・・注目は・・この青ツブのほうでして・・



    上手く貝から取り出せるか否か・・・これが道産子か流れ者かの判定基準にもなってる・・とか?



  Fじー曰く、「近年、ろくに北海道に住んでもいないくせに、北海道民を名乗る不届き者が居る・・。」言うまでもなく・・小生のことなんだが・・なかなかFじーから移住証明書にハンコをもらえないでいる。



   気軽にやろうBBQ!・・・の筈なんだが・・・



    このツブ貝から身を切らさず絡め取る?・・・ことに神経を集中しすぎて・・正直焼肉の味を覚えていない。



    で、無事・・トライした3個全て・・クルリと抜くことができた。
d0251572_10255582.jpg

d0251572_10274568.jpg



      もう・・・安堵のひとこと。  これでお墨付きを頂いたかどうかは別にして・・やれば出来るもんだ・・。




    このツブ貝のいいところは・・・中に残ったスープがまた美味い。 猫舌には最初のひとすすりを気を付けなくてはいけないが、貝の出し汁っていうのはどうしてこんなに美味しいのでしょうねぇ・・。



   我が家のBBQは夏は夕方、春・秋は日中と、気温が20℃以上なら気が向けばやってますが・・・



    今は無理かもしれないけど・・本来なら・・焚火して、石を放り投げて熱々の石の上で肉を焼くとか・・ムカ~~シ・・キャンプしながらどこでも火を焚けた頃のワイルドさが懐かしい・・・。



   北海道は”キャンプ=直火”って言うことに対して・・多分日本一厳しいルールがある自治体だと思います。 渓流魚の禁漁河川とか、意外とワイルドに旅行できるかな?って思ってたら・・本州でやってたことがここじゃ全部ご法度!っていうのもありました。



   こーゆー魚介を使ったBBQなんてのは昔だったら、浜辺で全て現地調達!っていう感じでやってたって話を聞くんですが・・・今は・・もう・・漁業権とかがあって、一般人が海に潜ってウニやアワビを取るってことはたとえ無人島に行っても出来ないらしいし・・世知辛い世の中になっちゃったもんですよ。



   でも今は流通技術は発達して、新鮮な魚介をスーパーで取り寄せることも出来て便利になりましたよね。 現地に行かずに自宅で食べられる。 ただ・・Fじーはこの日の為に・・海に潜って調達してきた・・と、のたまっておりましたが・・・そーゆーことにしておきましょう。




   北海道はそーゆー法螺話が昔から語り継がれる風土がある。 でも・・時としてまんざら法螺でもない話もあったり・・ふところが深いのが北海道なんであります。  ワカサギなんて10cmにも満たない小さな魚と思いきや・・ここには20cm級の大物もいたりする。 イトウは2mどころか3mもあって、子牛を淵に引きずり込むとか・・怪魚、怪獣の話は切りがない。



  BBQの話が横に逸れてしまったけれども・・小生は北海道にいる限りそーゆー人達を相手に暮らさなければいけないのであります。



   ま、終の棲家をここに選んで良かったですよ。 



    当分・・飽きそうにない。




   でわでわ また


   
ランキングに参加しています。 いずれか一つで結構ですので・・ポチっとブログ応援よろしくです。 別窓で開きます。






  ご訪問ありがとうございました。 またお越しくださいませ。






by aiyababa | 2017-08-02 23:18 | 家事・料理 | Comments(0)

干すという技?

ナマステ!



 キュウリの件については何度か記事にしてきた通り、我が家で今や3株植えてあるキュウリの供給量と言ったら・・・とても手に負えない量でありまして、なんとかおすそ分け以外でも消費する方法を見出さないと大変なことになるな・・と、焦りを感じていたのですが・・



  生のまま使うんじゃなくて、一度干して食べてみる・・・ということを提案されて・・



  先日早速実行したんですわ。 



   最初はおろし金に付いているスライサーで薄く切っていたんですが・・たまたまピーカンの日でありまして、あっという間に乾いてしまったようで、ペラペラになって干しざるにへばり付いてしまい大変でした。 別な半分は切り方を変えて、もっと厚く切っておいたので、乾き方も半生で・・実はこれがとても都合よかった。
d0251572_17512596.jpg



   2回目はもうちょっと厚めに切って、形とかもいろいろ取り混ぜて3種類干してみました。
d0251572_17465216.jpg


    それぞれ一種類一本分のキュウリです。 



    ↓横から。 ・・・実は干してるのを忘れてまして・・・4時間ほど外に出していたんですが、ラッキーなことに、晴れているんだか曇っているんだかはっきりしない天気で・・影がくっきりと出来なかったところを見ると曇ってたのかな?っていうような天気が幸いして、カラカラにはならず、半生状態で仕上がりました。
d0251572_17462124.jpg
 
   ひっくり返すのも忘れて・・片側のみ。 でもこれ以上は・・


  
d0251572_17455149.jpg

   ↑並べた後と比べるとそれでもかなり干された方だと思います。



   で、これを・・どう料理してるかというと・・スープとか炒め物に使っています。 


 
    ちなみにこれは一人寂しくいただく焼きそば! でございます。



 野菜・野菜・野菜・野菜・肉どこ??野菜・野菜・・。 


      これでもか!野菜!っていう焼きそばです。
d0251572_18021122.jpg

   キュウリのアッピールが少々足りなかったので・・3つ4つ下から上に持ってきて・・演出が入ってます。 あしからず・・。



   実は・・・干しキュウリ・・かなり甘味が増しました。 生のシャキシャキもいいけれど・・半生干しキュウリは時にもっと良い!



   干しキュウリのいいところは、量的に2割か3割くらいに減るので、キュウリ一本分でも直ぐに無くなっちゃうことでしょうか?



   これだと・・逆に足りなくなるくらいかもしれません。 ・・・と、それはないか・・。




  急遽”浅漬けの素”を使って、遊び半分で紫蘇巻きキュウリを作ってみました。 



  
  残った干しキュウリを紫蘇に載せてくるっときつめに巻いて・・小さいタッパーに置いて・・八分目くらいまで浅漬けの素を注いで・・上からちょっとだけ押す感じで板を置いてみましたが・・


  
  重石(板)を載せた感じがこれ。 板は熱湯消毒しました。
d0251572_07585405.jpg

  重し板を取ってみると・・
d0251572_07583890.jpg

   これを好みに切って・・・食べます。
d0251572_07585726.jpg

   ちなみに巻いてあった物を広げると・・
d0251572_07582745.jpg

   干しキュウリは柔軟性があるので、きつく巻くには適してます。



   味ですが・・・浅漬けの素・・の味です。 あたりまえですが・・。 ↑の感じですと青じそ味が勝ってまして・・これでご飯一杯はいけないけど・・・3口くらいは運べそうです。




   でも・・まぁ。 主夫の領域がまた少し広がりましたね。




    でわでわ また


   
 ランキングに参加しています。 いずれか一つで結構ですので・・ポチっとブログ応援よろしくです。 別窓で開きます。 






  ご訪問ありがとうございました。 またお越しくださいませ。






by aiyababa | 2017-07-28 08:30 | 家事・料理 | Comments(2)

それなり燻製記・・7月編。 ベーコンとか鶏ハムとかタコ。

ナマステ!




 10日に一回くらいのペースで何等かの燻製を作ってきてはいるのですが・・・ここんところ記事に纏めておりません。




 なんで?っていうのも野暮ですので、ここは省略して・・今回記事にしたのは・・たまにはやってるよ!っていうお知らせみたいなものですので・・あしからず。



  ここんところは、鶏むね肉、豚肩肉かバラ肉・・。 この3種類を定期的に作っているという感じです。



  2週間前に仕込んだ豚肩肉。 塩抜き2時間(今回は少し伸ばしました)の後、風乾半日。
d0251572_07025400.jpg



       まずは肩肉から昇温。 70~80℃あたりで1時間。
 
d0251572_07493451.jpg




  で、今回初めてっていう材料がありまして・・・燻したのは・・ミズダコです。 



  水ダコは前日夜に

   水200cc
   塩30g
   砂糖15g
   醤油40g
   胡椒・・少々 1g程度?
   ニンニクスライス・・一個。
   他、香辛料少々。


   で、仕込みまして・・・


   燻製当日・・塩抜き。  好みになるまで・・今回は40分くらいでしょうか?


   終了したら水気を取って・・燻製器に・・。
d0251572_07584226.jpg


   水ダコは・・刺身では捨てるふにゃふにゃ部分も一緒に。 最初は刺身で食べるんだけど・・その時に捨てないで取っておきます。




  入れた時に合わせて、サクラのスモークチップで約30分・・。 



  水ダコっていうくらいだから・・水を拭き取ってもタコの持つ水分はけっこうあったかと思ったけど・・結果的に20分で良かったかもです・・。



  やや固くなってしまったけれど・・・若干半生感は損なわれずに残っていて・・いい感じ。
d0251572_08204998.jpg



    豚肩ロースの方は引き続き燻製を続けて・・いつものように2時間。 そして、都合4時間80℃前後をキープして終了。
d0251572_08261601.jpg



   切り口はこんな感じです。
d0251572_08273953.jpg



    で、これをまたお遊びで・・ラベルを貼って真空パック。
d0251572_08280964.jpg


    ちょっとだけ、ら・し・く・なりました。




  今月は他にシシャモも燻製にしたんですが・・ちょっとNGでした。 オスだったんですが内臓も一緒にやったんで、味が今一つだったんですね。 メスの子持ちなら良かったんですが、オスだったら内臓を洗ってから燻したら良かったと思ってます。




   なんだかんだ・・これも奥が深いですよ。




   現在、お歳暮用に親戚筋へのベーコンと鶏ハムを仕込み中でありまして・・この暑い季節に火を熾すのもなんだけど・・汗を掻いてちょっとでもダイエットと思えば・・いいかと。



  でわでわ また



   
 ランキングに参加しています。 いずれか一つで結構ですので・・ポチっとブログ応援よろしくです。 別窓で開きます。 






  ご訪問ありがとうございました。 またお越しくださいませ。




 

by aiyababa | 2017-07-25 08:49 | 家事・料理 | Comments(0)

キュウリを食べ尽くす前に・・河童はどこぞに?

ナマステ!



 野菜作りっていうのはいろいろ一筋縄ではいかない面もあって、それはそれで楽しいものなんですが・・・




 二人暮らしってことを考えると・・実は・・・それほど作らなくたって十分足りてるっていうのがほとんど。 ましてや二人とも小食ですから・・消費量は一般的日本人の半分強ってところじゃないでしょうか?



 例えばキュウリだったら5本パックとか3本パックでは買ってきません。 安売りしてるときだけ1本とか2本買いで終わりです。



 先の記事で、毎日2本前後収穫してますって書いたけど・・それなら苗を1本にしちゃえばいいじゃないか・・っていう理屈が当てはまって当然ですが・・・。



  ところが一本にすると、今回のように突然折れてしまったり(たぶん強風の所為)して、何も採れないっていう事態になるから、保険の意味でも各野菜・・最低2本は植えるようにしています。



  ただ・・ナスとかピーマンだと2本で丁度いいかタイミングによってはやや足りない感じがします。 が、キュウリはそんなわけで・・一本でも足りるところを2本植えてるんだから持て余すのは当たり前の話なんですが・・



  収穫せずに放っておくわけにもいかない・・。




  放っておかないと言ったら・・人にあげるか、自分たちで食べるかって話になるんだけど・・・



  とりあえず・・自家消費ってことで、今までになくキュウリ三昧の毎日になっています。



  まずは・・定番の漬物。 
d0251572_22230333.jpg



   漬物といっても糠漬けとかじゃなくて、焼酎漬けです。  これは大きく育ち過ぎたキュウリ(店先サイズの3倍重量)3本を使いました。 大量消費にはこれが一番効果的なんですが・・それでもやっぱし限度がありまして・・一回でせいぜい太物5本まで・・。




  そして・・キュウリと大根のツナサラダ(青じそ入り)。 
d0251572_22435706.jpg




   奥が・・今ちょっとハマってる・・ハムと春雨とキュウリの青じそドレッシング掛け+錦糸卵。 




  そして・・いつも切らさないようにしてるのが生野菜。 ベースは水菜なんですが、それにピーマンやら玉ねぎやらニンジンやらレタスを加えまして・・キュウリもその一つです。
d0251572_22442887.jpg



   こーゆー感じで・・いろいろと使って・・作ってはせっせと消費を試みているんですが・・



   キュウリの収穫はまだ始まったばかりと言ってもいいくらいの時期で、これから先の長~~い期間をどう対処するかっていうと・・何か別な味も含めて開拓するしかない・・。



   そこで・・新たに試みたのが・・汁物です。 云わば熱を通すというもの。



   長い海外生活で、けっこうキュウリの煮物とか、炒め物とか火を通して食べてた経験があります。



   で、面白半分に作ったのが・・キュウリの豚肉詰め。 とでも名付けたらいいのかどうか・・。 名前はどーでも・・まずは料理風景から・・。



  大きくなり過ぎたキュウリを半分に縦割りして・・種の部分を取り除く。
d0251572_23110273.jpg



   まな板の上では・・肩ロースのミンチ、玉ねぎ、エリンギ、ニンジン、ニンニクのみじん切りを用意して・・
d0251572_23110218.jpg


   ボウルに移して、片栗ひと匙、玉子、塩コショウを適当にして、序でにハイミーを少々。 これを良く揉んで・・




   ここから先・・写真が無いのですが・・




    キュウリに詰め込んでいきまして・・半割りしたものをもう一度合体させて・・タコ糸でぐるぐる巻きにします。



    一本の長さが長いので鍋に入りきれないから・・半分にして・・切り口はラップを被せて輪ゴムで・・。



   ここまでやって、切り口はこんな感じ。
d0251572_23165206.jpg

    

      これを鍋に入れて・・・
d0251572_23314934.jpg


   水を7割方浸かるところまで入れて・・火を入れ・・落し蓋の代わりにキッチンペーパーを被せて・・



   煮込むこと約7分。
d0251572_23332103.jpg


    スープも一緒に飲むので火を止める間際に水菜を・・。



   肉詰めは取り出して・・

d0251572_23391062.jpg


    糸をほどいて・・輪ゴムを取ると・・
d0251572_23391880.jpg

      ちょっと輪ゴムがきつかったかな?


    輪切りにして・・ちょっと醤油を垂らして・・。
d0251572_23413349.jpg



    余った肉はフライパンで・・焼いて・・
d0251572_23413897.jpg



      とある・・夕食です。



    ちなみに・・書き忘れましたが・・スープは中華味にして煮込んでます。




    味的には・・ちょっと物足りず・・翌日、同じように切った肉詰めにとろけるチーズをのせてレンジでチンをして食べましたが・・・こっちのほうが美味しかった。 ソースを工夫するっていう手もある。



   調理方法にまだまだ開発の余地ありなので・・ここら辺は今後の楽しみとして残しておきます。



   他にキュウリをスープの具として食べましたが・・けっこう普通に美味しかった。  表現が微妙だけど・・みそ汁に入れた大根のように大根そのものが凄く美味いと感じないけど、無いと困るんだよね・・的な位置づけと考えてください。





   でも・・キュウリばかり食べていると他の野菜の消費がおろそかになり・・今度はそっちがだぶついてしまう・・という事態に陥らないとも限らない・・。





   近所に河童でもいれば毎日でもおすそ分け出来るんだが・・せいぜい鈴虫とかカブトムシじゃなぁ・・。




  このまま続けたら・・河童になれるかも・・。 




  泳ぎ下手だが・・。





  でわでわ また



   
ランキングに参加しています。 いずれか一つで結構ですので・・ポチっとブログ応援よろしくです。 別窓で開きます。 






  ご訪問ありがとうございました。 またお越しくださいませ。

  



by aiyababa | 2017-07-22 07:50 | 家事・料理 | Comments(2)

ぼちぼちとBBQ始めてます。

ナマステ!



 週末はBBQ・・・っていう季節になってきました。 



 BBQ自体は昼飯時なら4月からやってますが、夕飯時となると・・まだちょっと肌寒い。 が、今の時期なら・・



  やれる!



  気温18℃。 これ自体は問題ない。 これに風があると厄介で、体感温度が10℃とか12℃とかまで下がると・・とても外で食事なんてする気になれない。 ただし、この温度は夏に向かって次第に上がっていく。 要は最高気温との温度差があり過ぎるとやる気が起きなくなるのだ。



 先週の土日は思いついたように・・BBQにしようか・・・という手筈となった。



  かといって特別なものは何もない。 肉と野菜を焼いてタレで食べる・・だけ。 それにビール・・かな。



  たくさんいただいたアスパラガス・・。 細君は豚バラ巻きを作ってくれた。 が、これはフライパンである程度脂を出し切った方が良かった。 ちょっと炙ると・・直ぐにぼうぼう燃え上がる。 じゃフライパンを用意してやるかっていうと・・やらない。
d0251572_08081959.jpg

  ちょっと炙って、脂を落として直ぐにトングで取り出し、脂だけ燃やして鎮火したらまた同じことをする・・っていう感じで根気よく焼いて・・時間は掛ったけれど・・



   美味しくいただきました。




  他にはイカ焼き。 イカゴロは小生の大好きなもののひとつ。 このホイル包みは料理とも言えないけれど・・
d0251572_08081911.jpg




     うんまい!



  翌日日曜日は・・・ジンギスカン鍋。 しかし・・写真はない・・。



   急遽、日曜日の朝の買い出しにジンギスカン用の肉も・・と言うことになって、丁度セールで安売りしてる肉があって、思わず飛びついて買ったんだけど・・細君にすれば・・ブランド肉にしてほしかったのか、理由は「名も知らない肉は当たり外れが多いし、肉厚も薄くて駄目なのよね・・」というものだったのだが・・食べてみたら・・・一応合格点だった。 首はつながった・・。



  日曜日はしかしながら・・風が強くて・・体感温度も5~6℃は下がったかと思うくらい風が強くて困った。 それでも強引に外で食べたんだけど・・ビールは半分も飲まずに・・大方食べ終えたところで撤収! あとは家でゆっくりと・・・。



  
  翌朝・・・忘れていたBBQの後片付けの洗い物。 半日水に漬けておいたのを洗うのもBBQのうち・・。 
d0251572_08181708.jpg

   使い捨て・・という感じで100均にはジンギスカン用鍋もBBQ用の網も売ってるんだけど・・やっぱり何度も洗って使ってしまう・・・。 




   けち臭いというなかれ・・・。  焦げは焼き尽くせば残らないし、ちょっとした脂なら洗剤で落ちるというもの。  洗った時に多少残ってても、次回の火熾し中の火力の高い時に一度全部焼いてしまえば何度でも行けるのだ。




  ただ・・・本格的な夏を前に・・このままのマンネリ的なBBQスタイルにも危機感を持ってる訳で・・・何か他に刺激的なBBQがあれば云う事は無いんですが・・今後の課題です。 





  っていうか・・結局は食材に左右されちゃうんですけどね・・。




    でわでわ また


   
ランキングに参加しています。 いずれか一つで結構ですので・・ポチっとブログ応援よろしくです。 別窓で開きます。






  ご訪問ありがとうございました。 またお越しくださいませ。







by aiyababa | 2017-06-20 08:31 | 家事・料理 | Comments(0)

たけのこ水煮・・大失敗しました。

ナマステ!



 今月初頭に行ったタケノコ採りで、そこそこ採れたから一部は”水煮”に挑戦してみたんですが・・・。



 瓶はHCで調達して、深鍋も購入済みでいつでもOKの状況で、早速瓶を煮沸して・・タケノコを茹で上げ・・長さを揃えて瓶に投入し再び茹で上げて・・
d0251572_23202877.jpg




   動画で見た通りに蓋をしていったのだが・・・うまくいかない。




 どうしても空気が溜まってしまう。 瓶の蓋は竹の子を詰めた後軽く締めるだけで、終了前に一度外して水中で空気が入らないようにもう一度被せて瓶を引き上げ、素早く締めて逆さまにしてまた深鍋に戻すのだが・・何故だかこの時既に空気が入ってて・・どうしても1cm弱の空気溜まりが出来てしまうのだ・・。
d0251572_23221797.jpg


   
    手順は間違ってないと思うのだが・・逆さにすると今度は竹の子の高さが高くて空気溜まり内に露出してしまう・・・。
d0251572_23221723.jpg

   ちょっと長く切ったものは↑の写真のように露出してしまう。 こーゆーのが半数あった。




 
   ネットであらためて調べたら・・タケノコの長さは瓶の肩までにしておいたほうがいい・・と書いてあった。 逆さまにした時に露出しないのだ。 




   あれからたった2週間。 深鍋を使う予定がでてきたので、一旦瓶を移したのだが・・濁りが・・。




    おかしいな? 水も濁ってる・・。 そしてやや凹んでいた蓋も若干膨らんでいる気がする。 
d0251572_23433650.jpg



   どうやら・・腐ってる?



  雑菌が入ったのか? 入っちゃいけない空気が入って菌を培養してしまったのか??




   蓋は閉まってるのに・・なんやら微妙な異臭がする。  きっつい口臭を嗅がされたような臭い・・。




   一個だけ開けてみたら・・とんでもない臭いが・・



   完全に腐ってた!  直ぐに残りも全て・・畑に穴を掘って捨てた・・。井戸水で簡単に洗って・・蓋は処分。 



    残念・・。 



   深鍋を用意したのは実は蕗も同じように水煮にして保存してみようか・・・と思ったのだが・・止めました。



    せっかく採ってきたものだから・・一応塩漬けに変えました。



   来年・・また挑戦してみようと思ってますが・・何か気が付いてない失敗をしてるんだと思います。 



   どうもそうそう簡単には行きそうもないけど・・予想される懸念をひとつづつ解消して成功に導きたいですね。 




    でわでわ また


   ⇓
ランキングに参加しています。 いずれか一つで結構ですので・・ポチっとブログ応援よろしくです。 別窓で開きます。 






  ご訪問ありがとうございました。 またお越しくださいませ。
   





by aiyababa | 2017-06-17 09:31 | 家事・料理 | Comments(0)


「みちくさ」 ちょっと覗いて
最新の記事
以前の記事
最新のコメント
カテゴリ
タグ
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧