あいやばばライフ


北国初心者・家事初心者の日々・喜怒哀楽を・・・。
by aiyababa

カテゴリ:山野草( 15 )

帰省しました。 海辺の花。

ナマステ!



 細君の実家に帰省してました。



  寒かったですねぇ・・。気温など10度あるかないかで、海岸沿いの街なので風も強い。



  今回は行きで珍しく細君にハンドルを一部区間握ってもらいました。 眠気が襲ってきてどーしようもなかった。



  それ以外はいつも通り小生の運転だったけど・・・この時期あたりから楽しみがありまして・・・



  まず、山間に入ると緑が一気に増して、運転してても気持ちいい!  田んぼは全て水が張ってあって田植えも済んで、細い葉が風にたなびいているのが季節を感じますし、ちょっぴりしか緑はないけれど・・空が映る水面に列をなした緑は今しか見えないもので、日本人の心に埋め込まれている風景でもあるわけで・・ホッとする。



  海辺に出ると・・そっちこっちで今の時期見られるのが・・



     
d0251572_18172001.jpg

 エゾカンゾウ。
d0251572_18171931.jpg


    海沿いの道を北上していくと・・なんとなくエゾカンゾウにも場所によってオレンジに近い物から黄色に近い物から若干色に違いがある。  スカシユリはもうちょっと後かなと思ったけれど咲いてるところには早速咲いていた。 が、写真はなし。



  代わりに・・初めて目にした花。 「オオバナノミミナグサ」を見つけた。 初めて見る花、以前はここになかったぞ? っていう記憶をもとに家に戻ってから図鑑で見たら・・やっぱし初めての花だった。 
d0251572_18183663.jpg

  通常のミミナグサの倍はありそう。




  実家に着いて・・運動不足解消の為、ちょっと外に出て浜まで歩く。



    久しぶりに見るヒメスイバ。 これは群落で生えてるやつで・・一本一本は大した花じゃないけれど・・集まると見ごたえがある。
d0251572_18184109.jpg


   もうちょっと赤が派手なタイプの方が色映えしましたね。




    そして・・コウボウ麦・・ではなくて・・コウボウシバ(芝)。
d0251572_18184513.jpg


   
  この二つ、かなり似てるし、どっちかっていうとコウボウシバの方が麦っぽいんだけど・・・だからと言って麦だと言えないわけで・・名前を付けた人ももしかしたら失敗した・・と思っているかもしれません。




  でも・・食べられそうな感じだけど・・食べて美味しいという話も聞かないし・・きっと見掛け倒しなんでしょうね。


   

  そして・・本当は・・砂浜でオカヒジキを見つけたかったんですが・・・



   風が半端なく強くて・・体感温度0度。 ちょっと嘘っぽいか?? 5℃くらいかな。


   
   いずれにしろ・・・歩く気力が失せたのです・・・。




    ついこの前30度近くまで行ったのに・・この2日・・最高気温も11℃とか12℃だもの・・。



   もう一枚羽織るもの持ってくりゃ良かったと・・悔やむ悔やむ。



   帰りに・・また野菜苗を・・。 サンチェと南蛮。 サンチェは先日・・レタスが強風で茎がポロリと折れてしまった代わりです。



  ついつい・・この時期・・野菜苗を売ってるところに立ち寄ると・・なにかと誘惑に負けて買っちゃうんですよねぇ・・。



    後が大変なのに・・・・。




   でわでわ また



   
  ランキングに参加しています。 いずれか一つで結構ですので・・ポチっとブログ応援よろしくです。 別窓で開きます。 





  ご訪問ありがとうございました。 またお越しくださいませ。



   

by aiyababa | 2017-06-04 19:59 | 山野草 | Comments(0)

当別・・野山散策


ナマステ!


 帰国後初めての日曜日。 この一週間、鎌を握り続けてばかりいたら右手が悲鳴を上げちゃったので、日曜日は休養日ということにしました。



 夏の野山の観察もしておきたかったので、丁度いいかなと、細君を誘って当別ダム周辺の林道を走ってきました。
      
d0251572_07402551.jpg
 ↑ダム湖中ほどの望郷橋から。

 そして、ここから林道に入っていきます。

 オオハンゴン草、ヨツバヒヨドリが今が盛りとそっちこっちで群落を作ってますが、
d0251572_07532045.jpg
d0251572_07530845.jpg
  これらが咲き終わった後は、次なる侵略草? 大アワダチソウが、次々と花穂を付け始めてきてまして、今月末はこの花一色になる勢いです。

 ところどころに見る山野草に目をつけて・・。

    まずは、トリアシショウマ
d0251572_07455990.jpg
たくさん咲いているとけっこう鬱陶しい花ではあるのですが、単独でポツンと咲いてたりすると・・無性にかわいく見えるから不思議だ。

     キツリフネ。 

d0251572_07540351.jpg
  この近辺でツリフネ草はなかなか見つからず、そのほとんどはキツリフネ。



  ゲンノショウコ。 もうそろそろ終わりでしょうか?
d0251572_07581294.jpg

   イワガラミ。
d0251572_08161097.jpg
  
  
   ヤマハハコ。
d0251572_08301006.jpg


  ハナニガナ。 この時期、キク科の花のオンパレードといった気配がします。
d0251572_08315267.jpg

  白花シナガワハギ。
d0251572_08322283.jpg

  庭に植えるような花じゃありませんが、野原にあるから似合ってるのかもしれません。
  
 
  オニユリ。 河川敷の土手のすすき野にポツポツと彩りを添えていました。 小憎らしいほどに存在感を出してました。
d0251572_08385368.jpg
d0251572_08392241.jpg

  エゾノキツネアザミの群落。
d0251572_08425763.jpg
d0251572_08432784.jpg
 最初は外来種のアザミかなと思ってたんですが、どうやら北海道固有種のアザミだと判りました。 棘もなくてまるで園芸品種のようです。

この時期、木の実も目立ってきてます。 
  
   ドクウツギ。 名前が過激ですけど・・実際猛毒を持った木であるらしい。
d0251572_09014252.jpg

  オニグルミ。 
  
d0251572_09042669.jpg

  ハイイヌガヤ。 今までイチイかなと思ってたんですが、花後すぐに色づくイチイと違ってこれから熟すそうです。

d0251572_09070475.jpg
 食べられるというんで、またあとひと月後に来てみようかと思います。 果実酒にもなるらしい・・愉しみです。

 久しぶりに野山に入るとこーふんしますね。 ただ、ここんところ熊情報も多く入ってきてるので、車から離れないような場所でしか写真を撮っていません。 山奥深く入っていった昔が懐かしいです。


 でわでわ また



 ランキングに参加しています。 いずれか一つで結構ですので・・ポチっとしていただけましたら・・ブログの励みとなりますゆえ・・よろしくお願いもうしあげます!

 ご訪問ありがとうございました。 またお越しくださいませ。




by aiyababa | 2016-08-08 09:16 | 山野草 | Comments(2)

山野草・・タチツボスミレと思ってたニョイスミレ。

ナマステ!


 趣味の世界ですから、興味の無い方がたくさんいるかと思うのですが、山野草・・特に北海道の山野草に興味を持って早10年。 最初の5年くらいはニセコだの積丹だの厚田だのに行っては林道歩きをして知らない花を見つける喜びに浸っていました。


 ここ4年ほどリスト化を止めてしまってるのですが、現在までのところ約370種確認してます。 


 今持ってる北海道出版会から出している”新北海道の花”図鑑では1300種以上記載されているので3分の一にも達してないのですが・・・せめて生涯500種くらいは出会ってみたいですね。


 以前は知らない花を見つけると、植物図鑑とネットで名前の同定を確認しないと気が済まない時期もあったのだけど・・・


 ここ数年、あんまり固執しなくなった。 


 図鑑では花の色から調べるようになっていて、非常に使いやすいと言えば使いやすいのですが、小生に言わせると判断に苦慮する花の多いこと・・・。 


 「・・こんなことをするために花を見てきたわけじゃないだろ?」って思うようになってきたんですよ。


 丸一日かけて、細君と調べに調べても結論が出ないようなものもあったりで・・・正直・・疲れるのだ・・。


 面倒なものは至極面倒なのだ。


 ちなみに名前の同定という作業をするのに、絶対欠かせないのが情報。 時期、見つけた環境、で、それらを判断するのに写真を一種に付き最低3枚以上撮ったり・・。 全体・花の拡大・葉っぱの付き方が確認出来るアングルとか・・エトセトラ。


 そんなことしてたら・・あとで膨大な写真を整理しなきゃならないわけで・・帰ってからも延々と続くわけです。 けっこうへとへとになります・・。


 植物学者はどういう基準で科とか属とか亜種とか決めてるのか? それぞれの花で実に曖昧な気がするのだ。


  何に対してっていうほどのものじゃないのだけれど、今回紹介するスミレは実に難解な植物の一つでもあると・・小生は思うのであります。


 例えば、通常青色が普通の花に対して、白い花が出来たとすると”シロバナ○○”と別名を付けてたりするかと思えば・・「・・稀に白い花もある・・。」で済ませる時もある。


 前に紹介したミドリニリンソウなどは同じ株から通常種の白花と花弁が緑色のものが数個出来てたりすると、”ミドリニリンソウ”になってしまうし・・っていう具合であります。


 スミレに至っては、もう何が何だかわかりませんよ。 葉っぱの形も綺麗なハート形をしてロート状にすぼまっているものがタチツボスミレかと思えば多少長葉でもその範囲であり、かと思うと葉っぱが長いだけで亜種とみなされ別な名前が用意されたりする。


 スミレ類は雑交配し易いからか? 花の色、形、葉っぱの形状どれをとっても採取された場所の差なのか、微妙に違うのに同じ名前で千差万別なのですよ。


 タチツボスミレで画像検索してみたら一目瞭然。 これみんな同じなの??って感じでほんとにいろいろ出てくる。


 今回掲載する我が家のものは、正直ネットで見る限りどれも同じものが出てこない。ただし、タチツボスミレで検索を掛けた場合ですが・・・。
d0251572_01134283.jpg

  拡大すると・・・
d0251572_01134241.jpg

 花の形はこんな感じ。
d0251572_01134206.jpg

 通常は花は薄い青紫色をしていて、北海道に大繁殖しているタチツボスミレやオオタチツボスミレと葉っぱは酷似してるのだが、背丈が低い分タチツボスミレのほうかな?と思ったり・・。
d0251572_11391314.jpg
 ちなみに・・こちらはタチツボスミレ。


 でも・・・タチツボスミレとはやっぱ違うなぁ・・・園芸品種なのか?とも思ったが、あまりにも普通に道端にあったりすると野生種でしょ!ってことになる。


 ところが・・・ブロ友さんの野迫川倶楽部のけいさんの記事でニョイスミレっていうのが紹介されてて・・・


 あれ? 似てないか? って思ってネットで調べてみたら・・どうやらニョイスミレのようで、とりあえずはスッキリ。


 こーゆーもんなんですよ。 一日かけても判らなかったものが、ひょんなことから判明する。 


 無い無いと思って探してた1万円札が、1年ぶりに出した冬服のポケットの中のポケットから出てきたりとか・・。 


 北海道でもごく普通に見られるスミレ類だったので、我が家の庭への植生は一応合格。 だけど・・今回も名前の同定では疲れました。 


 北海道で坪型の葉っぱをしたスミレはオオタチツボスミレ!って固定観念があって、今までず~~っとそう思ってたし・・。


 庭に移植したのは細君なのだけど・・・最初は「この花は繁殖力強いから庭なんかに植えたらあっという間に広がって雑草扱いだよ・・。」などと言ってたのだったが、思ったより地味な活動家であったようで、それほど拡張するには至っていない。 ただ、他の花に比べての話であって移植5年目の今はあちこちで見かけるようになっている。


 タチツボスミレやオオタチツボスミレよりは背丈も低く、キュートな感じがしていい。 ・・と思う。


 スミレ類は花期が比較的長いのでそれなりに楽しめて嫌いじゃないけど・・これからは咲かせる場所を選ばないといけないかなと・・・やっぱり日当たりの良い道端が似合うかな・・。 


 少しづつ道端の方へ移植していこう。


 ニョイスミレでした。



 でわでわ また





 ランキングに参加しています。 いずれか一つで結構ですので・・ポチっとしていただけましたら・・ブログの励みとなりますゆえ・・よろしくお願いもうしあげます!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 雑木の庭へ
にほんブログ村

 ご訪問ありがとうございました。 またお越しくださいませ。
 
 


by aiyababa | 2015-05-11 13:47 | 山野草 | Comments(4)

萌えの季節。


ナマステ!


 例年ならまだ蕾のころ・・・今年は早い早い。 桜前線も北上して我が町も桜が満開。
d0251572_21543485.jpg

 五月一日から三日まで帰省しておりました。


 行く先々、新緑の始まった萌えの季節でありました。


 ご近所の小さな神社の境内・・エゾエンゴサクが咲いているので毎年楽しみにしているのですが・・今年は・・
d0251572_22140543.jpg



  若干ピークを過ぎていましたが・・今年もたくさん咲いてました。
d0251572_22141323.jpg

 
             白花も
d0251572_22143645.jpg

      
            ピンクも・・ピンボケですが・・
d0251572_22143886.jpg

 
   アズマイチゲもちらほら・・
d0251572_22144531.jpg

   なかなか幸先のいい出だしです。

 
   今回は海岸線のルートをたどり北上です。


      途中、雄冬の展望台で昼食。

 
d0251572_22330856.jpg

 GWの割には訪れる人も無くて、ちょっと拍子抜けをしてしまいましたが・・行ってみれば展望台から先の遊歩道はダメージを受けて通行止め。 木道の方はちょっと薄気味悪くて歩く気がしない感じで・・写真に見える鉄の階段を往復しただけだったが、階段に腰を下ろしてやっと葉を見せ始めた初々しい木々の芽出しと日本海を眺めながら昼食とした。
d0251572_22331176.jpg

 イタヤカエデの花と葉っぱ・・かな?


 オオカメノキの葉っぱの成りたては独特の形をしていて・・なんだか親しみを感じる。
d0251572_22331628.jpg


 が、かたや、既に花を咲かせていたり・・。
d0251572_22331368.jpg

 しわしわの深い、丸みのある葉っぱ・・・・是非是非庭に植えておきたい木の一つですよね。 我が家にも2本ほど小さいのがありますが、いつになったら花を付けてくれるのか・・?


 で、細君の実家に到着して翌日・・・山野草の咲き具合を見にいつも行く林道へ。


 ただ・・お目当ては山野草もそうですが・・山菜のチェックも怠りません。


 手始めに・・こごみ。

     伸びきったものもあったが・・
d0251572_23543623.jpg

  丁度いいのも。
d0251572_23283533.jpg

 ロケーションがいいんですよ。 他でも出ているところは沢山あるのですが、タイミングが合えば、いつもここで採集してます。 太くて・・やわらかくて・・・癖が無い。 


  蕗を採ってきても良かったのですが・・まだまだかな?と思いこの日は思いとどまりました。

 ところが・・まだ早いだろうと思っていたウド・・めっけ。
d0251572_23281382.jpg

 ウドはこーゆー斜面にあるのは冬の間に土砂がかぶさってて白いところが長い確率が高いんですね。 

 まだ出始めでこの他に何本か確認しましたが、採ってきたのは3本だけ。 初物をちょっと味見する程度です。


 ここは札幌とか旭川とか大きな街も無いところだしマナーの悪い山菜採りの人もいないし気持ちよく採れますが、絶対的に消費が少ないので数本獲れば十分なんです。 


 山野草もいっぱい。


  まずは川岸に咲くヤチブキとエゾエンゴサク。
d0251572_23273700.jpg

 
 林道沿いの姫イチゲ。
d0251572_23274222.jpg

  そして・・・
d0251572_23274651.jpg

 これをみて直ぐに判った人がいたら山野草通・・かな。

  この葉っぱの下で開いた花・・
d0251572_23274953.jpg

        オクエゾサイシン・・でした。 


  細君が・・姫ギフチョウを見つけて・・・姫ギフチョウはこの野草に卵を産み付けるらしくて、切っても切れない関係なのだと・・うんちくを披露されて・・そーいえば・・天然記念物らしいこの蝶々・・この辺でよく見かける・・。


  エンレイソウもこのあたりのはちょっと色が緑がかっている。
d0251572_00323506.jpg

  帰り際・・・春紅葉(もみじ)   萌えの表情を春紅葉とはよく言ったものだなぁ・・と感心。
d0251572_23280141.jpg

 ちょっと赤系統が足りませんが・・今これから新緑に向けて色付く頃です。


   場所を変えて・・・


  オオバナノエンレイソウも。
d0251572_00321282.jpg

  ミドリニリンソウも見つけました。 見つけたのは細君ですが・・。 
d0251572_00381749.jpg


   いやいやいや、この時期ほんとに楽しい。 エゾノオオサクラソウも群落で咲いてましたし・・このほかにもいろんな花が咲いてましたが・・とりあえず・・以上。


  そうそう・・蕗を採りに行きました。 居ても立っても居られなくなったのです。 家の近くを散歩してていい蕗だったものだから・・。 前日とは別な場所ですが、実家の近くの同じ川の下流です。
d0251572_00431668.jpg

 北海道にしたらそれ程大きいものじゃありません。 50~60センチくらいでしょうか? 


 あく抜きして・・筋取って・・・これもこの時期、蕗の内部に虫食い?が少ないので美味しいですが、本州の青蕗程綺麗な緑をしてなくて、やや濁った緑なのでそれに比べれば見た目は悪いですが・・味は・・引けを取りません。
d0251572_00564758.jpg


 帰ってきたら・・アスパラが食べごろに伸びてました。



  春は楽し・・嬉し・・美味し。



 でわでわ また


 


 ランキングに参加しています。 いずれか一つで結構ですので・・ポチっとしていただけましたら・・ブログの励みとなりますゆえ・・よろしくお願いもうしあげます!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 雑木の庭へ
にほんブログ村

 ご訪問ありがとうございました。 またお越しくださいませ。





by aiyababa | 2015-05-04 01:13 | 山野草 | Comments(2)

レンプクソウ

ナマステ!

d0251572_19334056.jpg

不思議な花ですよね〜。四面真横に向いて咲く花なんて他に知りません。

連福草・・縁起のいい名前ですよね。
ギャンブル好きには崇拝に値する花です。

でわでわ また

by aiyababa | 2015-05-02 19:26 | 山野草 | Comments(0)

スノーシュー履き初め。

ナマステ!


 昨夜はミッション・インポッシブルを見てて、アップする機会を失いました。


 相変わらずIphoneの取り扱いに苦慮しているのですが、ドコモメールとWi-Fiへのコネクションが出来てちょっと進歩。 しかし・・・ヤフーにすぐにたどり着けなかったり・・たまたま・・とか偶然とかいう感じで・・会得した・・というところまでは・・まだまだ。


 先は長い・・・。


 さて、昨日ちょっと天気も安定してきたところで、この冬初めてスノーシューを履いて近くの河川敷まで散歩してみました。

 今年は新たにストックを購入して、いざ出発!
d0251572_15363491.jpg

 今年から河川敷が雪捨て場になって、あと2週間もしたら家の近くまで到達しそうな勢いです。
d0251572_15363347.jpg

 やっぱり今年は暖冬なのか・・まだ川は結氷まで至っていない。
d0251572_15363352.jpg

 川向こうに居るらしいエゾリス達もこれではこちら岸に渡ってこられない・・。


 この日は一応目的があって、動物たちの足跡を見つけてどんな動物が河川林に遊びに来てるのかを観察することだったが・・・・キタキツネの足跡も見つけることが出来ず・・・実際は・・何一つ見つけられなかった。 そんなことがあるのだろうか? 2年前はいろいろあったんだけど・・・。

 やっぱり雪捨て場にされて年中ガーガーとうるさい環境になっているからだろうか?


 木々は怒ってる!
d0251572_15363473.jpg

 何かが飛び出してきそうな”うろ”というかキツツキの穴?だったが・・何の変化もなかった。


 途中からうっすら日も差してきて・・・
d0251572_15363438.jpg

 世間に対して何の貢献もしてないけれど・・”足長おじさん”でも。



 これは何の実だろうか? 触ってみたらふにゃっていう感触があったので、ちょっと試食してみたら意外と果肉部分は多かった・・・が、甘みは感じられず。 毒ということもあるかと思い・・一応ぺっぺ・・と。
d0251572_15363462.jpg

            
d0251572_15363401.jpg

 見渡したところ・・この一本だけだった。 春になって葉っぱでも出て花が咲けば特定出来るのだろうけど・・もしかしたら果実酒くらいは出来るかもしれない。


 他に実を付けたものは・・ツルウメモドキ。
d0251572_15363454.jpg

d0251572_17571581.jpg

 北海道は高木の常緑樹は針葉樹を除いてほとんどないのだけど・・落葉樹でも葉っぱを落とさないものもあって、殺伐とした林の中で結構目立った。

 
 で、その落葉してない落葉樹・・?・・は、
d0251572_15363436.jpg

 ミズナラだった。 カシワの葉っぱがそのままで冬を越しているのはよく見るが、兄弟樹?だからかミズナラもここまで葉っぱが付くものだとは思ってなかったので・・ちょっと勉強になった。 


 いくら歩いても鳥も姿を見せず、以前ならどこかで聞こえてきたキツツキのドラミングの音もなく、聞こえてきたのは重機の音だけっていうのはちょっと寂しかったなぁ。


 午後の散歩だったので、雪もかなり落ちてしまっていたが、林の木々の北側にだけ付いた雪の跡。 季節風の厳しさが垣間見られるのはこのような情景。
d0251572_18111219.jpg

 で帰路に着く。 平原を一直線に歩いてきたつもりが・・多少曲がった・・・残念。
d0251572_18112250.jpg

 5000mのベースキャンプに到着、8000mの頂上が見える。・・・と、そーぞーしてみてください。
d0251572_18111819.jpg

 で、夏の間は絶対撮れないアングルから・・小生の家を
d0251572_18112786.jpg

 見えてる木々は全てお隣さんのものだが・・こっちからみるとちょっと木々に囲まれた感じ。


 庭に植えている木々もゆくゆくはこんな感じになるはず・・なのだが・・さていつのことやら・・。



 庭作りは地道に・・・。 


 
 でわでわ また



 
 ランキングに参加しています。 皆様のポチ・・励みになります。
にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 雑木の庭へ
にほんブログ村

 ご訪問ありがとうございました。 またお越しくださいませ。



by aiyababa | 2015-01-12 18:39 | 山野草 | Comments(0)

当別ダム周辺散策

ナマステ!

 一昨日、月曜日のことなんですが・・・細君が日曜出勤の代休を取って休みになった。

 本当は、日帰りでどこか野山散策に出掛けようという手筈を整えて、じゃぁニセコあたりにでも行って見る?っていう計画もあったのだけど・・・

 どうも天候が怪しい。 まだ雨が残ってるらしい。 もし雨模様ならば中止にして、近場で空模様を見ながら・・・・ってことになって、恒例になっている当別ダム周辺の散策ってことにした。

 今回の工程は約2時間。 「帰ってきたら近所のうどん屋さんで昼食にしましょ! 是非行って見たいうどん屋さんがあるの!」

 と、どうやら楽しみにしているのは散策の方ではなくて食の探訪・・らしい。

 10時過ぎに家を出て、当別ダムを目指して車を走らせると、路肩には細葉ウンランの群落が続く。 数年前にはまだまばらだったけど・・すごい勢いで増えている。

 ここは写真も取らずにやり過ごしていくと・・見慣れない薄いブルーの花が路肩に・・
d0251572_06072905.jpg

 キクニガナ・・帰化植物でヨーロッパでは食用にされているらしいが、花は綺麗だ。 食べようとは思わない。
d0251572_06072903.jpg

 更に林道に車を進めてちょっとぶらぶらしてたら・・

巨大なキノコを発見。
 
 アカヤマドリタケ。

d0251572_06072984.jpg


   とにかくでかい。 長径で25cm、短径で20cmはあった。 茎の直径も5cmはありキノコでは小生の見てきた中では最大級の大きさであった。 (ちなみにタバコはロングサイズ・・10cm)

  更に歩くときれいに傘を広げたタマゴタケも・・。
d0251572_06072977.jpg


 このアカヤマドリもタマゴタケも食菌であるが・・さすがにここまで大きくなると食べようとは思わない。 細君の前で声を大にして言えないが・・やっぱしこーゆーのは若いのがよろしい。

 さて、今回見ておきたいと思ったものの一つにサラシナショウマがあります。 秋の野山を彩る代表的な山野草だけど・・この花のもこもこ感がいいですよね。

 本来、ここら辺では9月になってから咲き始めるのだけど・・気の早いのが一本、花をつけていた。
d0251572_06252199.jpg


d0251572_06072967.jpg


 見れた見れた!と気をよくしていたら・・今度は警戒感の少ないキタキツネに出会った。
   
d0251572_06072973.jpg


まだ子ぎつねである。
d0251572_06072982.jpg


 一体なにを追っているのか? あちこち砂利道を舐めるように見ていたが・・こっちの車に気付いているはずなのに・・うろうろしたまま・・。 さすがに道路の下にモグラはいないと思うけど・・・。


 そんな光景を目にしながら車を走らせてはいるが・・この時期道路沿いの風景と言ったら大体がこんなもの。
d0251572_06072909.jpg


 北の国からで、100万本のバラのBGMにのって正吉が蛍にせっせと集めては送っていたオオハンゴンソウと、それを凌駕する勢いで増えているオオアワダチソウの群落をあちこちで見る。

 オオハンゴンソウは実は我が家でも困っている。 お隣の廃屋の敷地(休耕畑)にものすごい勢いで増えて、その勢いは年々増している・・。

 で、小川の横では・・
d0251572_06072931.jpg

 よく目にするキツリフネ。

 他にもたくさん花を咲かせていたが・・このごろピント合わせが今一ついい加減で、載せるべきものもないので・・

 このへんで。

 さて、帰ってきてから、うどん屋さんに行く。

 午後1時を過ぎたあたりで、ピーク時間を避けたつもりだったけど・・平日にもかかわらずお客さんが次から次へと・・。

 残念ながら写真を撮り忘れるくらい、食う方に夢中になってしまったのだが・・・。

 次回はちゃんと写真を撮っておくつもりであります。

 お店の名前は「樺戸製麺所」

 実は以前からあったらしいが、製麺所っていうくらいだから麺を作っているだけだと思い気にもかけなかったのだが・・・

 その方面では知る人ぞ知る、うどん屋さんなのであった。 

 温麺を頼んだが、一番の売れ筋はぶっかけ麺。 

 次回はちゃんとレポートを書くこととして・・・麺は腰もあってつゆもちょうどいい塩加減でうまかった。

 間違いなくまた来る店だと思います。


 でわでわ また




 ランキングに参加しています。 皆様のポチ・・励みになります。
にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 雑木の庭へ
にほんブログ村

 ご訪問ありがとうございました。 またお越しくださいませ。



by aiyababa | 2014-08-27 08:38 | 山野草 | Comments(2)

気持ちいい早春の北海道でした。当別編

 ナマステ!

 またまた前回と似たような記事なんですが、早春の当別・厚田方面を久しぶりに会ったFじーとドライブに行ってきたので、その時の風景と花の写真を・・・。


 今回、ちょっと遠出?するにあたって、6か月ぶりに乗るハナちゃんが心配でした。


 なんつったって、6か月ぶりです。 当初は3か月って言われて行ったのが11月初め。 1月終わりに帰ってこられる当てもなく・・ずるずると半年もカタールに監禁されてしまってましたから、エンジンが掛かるかどうか非常に不安でした。


 でも・・・危惧に終わりました。 キーを回したときはちょっと頼りないセルの廻り方をしてましたが、十分な回転もないままでもエンジンは目を覚ましてくれました。

 さすが・・・スバルサンバー035.gif

 遠出と言ったって、大した距離じゃありません。 あまり隣町にまで足を運ぶこともなかったので、いつもよりちょっと遠くに行った・・。 ただそれだけのことであります。


 で、まずは当別ダムから。


 大量の雪解け水のオーバーフロー水。 春先でないとなかなか見られない光景ですね。
d0251572_03173255.jpg

で、ダム湖の方は一部木々が沈むくらいの水を湛えています。 ちょっと濁ってますね。
d0251572_03181706.jpg
d0251572_03184126.jpg

で、木々の間からよくよくみれば・・おしどりが・・。


50mくらい離れていましたが、今回買ったキャノンパワーショット・SX50HS・・光学で50倍のレンズをつけているのですが・・これがすごい。
d0251572_03190097.jpg
 トリミングもなにもしてない画像ですが・・望遠レンズにしたら何百ミリまでズームアップしたんだろう?


 これがなんと三脚無しで撮れてしまいました。


 手振れ補正も以前持っていた2010年頃のものより数段性能がアップしている気がしました。


 前の機種は土手を上っていたとき滑ってカメラにダメージを与えて以来どうも調子が良くなくて、こっちに持ってきてからレンズエラーが頻繁に出るようになったので仕方なく新しいのに買い換えたのですが・・・正解ですね。 
 
 遅かれ早かれこの機種は衝動買いしていたと思われ、現在はほぼ満足でありますが、見た目は前より華奢な気がします。 耐久性があるのかどうか? あとはそのへんでしょうか。 上を見たらきりがありませんから・・。


 で、まずはこの当別ダムに沿って林道を走らせて、早春の花々を写真に収めたわけですが、ダムを造るにあたって新しく引いた道ですから、ダム建設中には当然入っていけなくて見られなかったところばかりです。 


 そして、こんなところで思いもかけない花に出会うことが出来ました。


 座禅草です。
d0251572_03210112.jpg

 座禅草があるところ・・・やっぱりこの花も。
d0251572_03201480.jpg
水芭蕉とエゾノリュウキンカです。


この沢は比較的まとまって咲いていた場所でしたが、きっといろんな沢をさかのぼるともっとすごい場所に出会えるような気がしました。


工事用で作った林道はいたるところにあるのですが、そのほとんどはゲートが閉められて、中に入れません。


もうちょっと解放してくれたら・・・と行くたびに思うのですが・・国や道のやることはわかりません。一般開放して何か問題があるのか?


ま、それはおいといて・・・。


ちょっと威厳のある木。
d0251572_03220646.jpg
根元の方にぼこぼこがたくさんあるのは、若いときに苦労したからか?


で、ここでも見つけました。


アズマイチゲ。
d0251572_03213762.jpg
エゾエンゴサクと共存共栄です。


そして・・車は峠を越えて厚田側へ。


厚田側に入ったら山の景色がちょっと変わりまして、どうも気温のせいかどうか1週間程度早く時が過ぎていっていたように思いました。


桜も満開できれいでしたし、
d0251572_03222872.jpg

コゴミも伸びきっていました。
d0251572_03234435.jpg


そして、ヒトリシズカも花をつけタチツボスミレも。(Photo by Fじー)
d0251572_03254444.jpg
d0251572_03251885.jpg


で、久しぶりに見た・・
d0251572_03230571.jpg

                    ナニワズ。


 この場所にあるのは知っていましたが・・見たのは7年ぶり?くらいでしょうか。 あいかわらず背が低い。ほとんど上には伸びていない気がします。 ウィキペディアによると樹高50cmとか書いてありましたが・・北海道では地を這う感じ?

 ということで、おしまい・・ですが、ハナちゃんご苦労様でした。 ちょっとバンパーにダメージをもらいましたが・・ご愛嬌ということで・・・。



 二回も続けて山野草の記事なっちゃいましたが・・・もしかして帰国中は遊んでばかりいたのでは?と勘繰られても致し方のないところであります。


 でも・・・草取りやら、ジャガイモの植えつけやら、雪で押しつぶされた薪棚の修理やら、イチゴ苗の移植やら・・庭仕事もそれなりに精を出してまいりました。


 あっという間の10日間でした。 


 つい先日、細君からジャガイモが芽を出しましたよ・・と、写真付きでメールが送られてきました。


 よかったぁ・・。 けっこう気を揉ませたジャガイモでした。 初めての植えつけだったので・・ホッとしています。



 でわでわ また


 ランキングに参加しています。 まだバナーが記事上にうまく貼れないので、申し訳ございませんが、ポチッと一押しは画面トップに戻って、右上のバナーからお願いいたします。

 ご訪問ありがとうございました。



by aiyababa | 2014-06-04 04:47 | 山野草 | Comments(0)

気持ちいい早春の北海道でした。帰省編

ナマステ!

 一月前のことを今更書いても新鮮味はないのですが・・ちょっとこっちのブログも面倒見ないと小生の足跡が飛んじゃうので・・・ま、足跡の備忘録みたいなもんです。

 今回、たまたま帰りのチケットの期限一杯まで居て一時帰国したのがGWだったっていうだけのことなんです。

 人ごみが苦手なもんだから街に出掛けようなんて考えませんが、逆にみんなが郊外に出掛ける時でもあるんで、ちょっとタイミングが悪かったなぁ・・と思ってました。

 ただ、北海道じゃ雪解け後間もないところが多かったので、幸い行楽客は桜の方(道南・道央)流れて行ったと思われ、北のほうにはあまり流れていかなかった気もします。

 日本滞在は10日間。 この貴重な時間・・あれもやらなくちゃいけない・・これもやらなくちゃいけない・・と・・いう他にも・・これだけは見ておきたいってものがありました。

 この時期にしか見られない山野草です。 庭に咲いてるのもありますが、早春に一瞬の輝きを放って一斉に咲き誇っては早々と姿を消すスプリングエフェメラル達や水辺に咲く水芭蕉やリュウキンカ等々。

 いろいろある季節の中でも特にわくわくするシーズンですね。 まずは・・

 細君の実家に帰省した時の花々たちから・・。

 途中の浦臼神社でのエゾエンゴサクとカタクリの群落から
d0251572_02091654.jpg

d0251572_02133416.jpg

 ここは初めて訪ねたところでしたが、ちょうど見頃とあってたくさんの人が写真を撮りに来てまして、結構にぎわってました。 散策路も確保されていて、管理された場所ですがやっぱ見応えはありました。

 で、次は実家近くの林道です。 帰省するたびに必ず行くところなんですが、まだ道には雪が残っていて、残念ながら奥まではいけませんでしたが、いくつか撮ってきました。
d0251572_02311602.jpg

d0251572_02342287.jpg

残雪にはネコヤナギ?が落ちてました。 最初は毛虫かと・・。


d0251572_02373165.jpg


 上は斜面に咲くエゾエンゴサクと延齢草です。


 残雪間際でまだ葉っぱも伸びきってないのに花をつけ始めたエゾノリュウキンカ。 きっと何らかの事情があったのかもしれません。 そんなに咲急ぐこともないのに・・。
d0251572_02394088.jpg


 で、次は日当たりのよい渓流沿いの場所です。
同じエゾノリュウキンカでもこちらは花盛りでした。
d0251572_02443062.jpg



 で、もう一つ。 小生の好きな花の一つ。

アズマイチゲ。

d0251572_02475034.jpg

 葉っぱが開く前に花だけが先に開いたこちらも気の早いイチゲです。

 で、花ではありませんが・・・山菜のコゴミ。 
d0251572_02513102.jpg



 この個体はまだ収穫には早すぎますが、他の場所ではぽつぽつ採れまして、今年の初収穫となりました。見ての通り蕗もいい感じで葉を広げてました。 

 他では・・ニリンソウ・・(花芽は三つありますが・・)
d0251572_02590112.jpg



 そして、カタクリ。 これは大型の球根を持っていると思われ、花が一株から二つも。もしかしたら球根は2つかもしれないのですが・・珍しく単独じゃありませんでした。
d0251572_03032103.jpg


帰路は山村を抜ける近道をいつも使うのですが、途中水芭蕉の群落を見つけて・・

d0251572_03102543.jpg



 北海道のいいところは低地でも本州の高山でしか見られない花をみつけることができることでしょうか。
水芭蕉だと札幌郊外では石狩川河口のマクンベツ湿原がありますが、水芭蕉は全然珍しくない花ですから、普通に国道を走っていても見られて驚きを覚えたものでした。

で、最後に田んぼの畔にあるエゾエンゴサク。

d0251572_03164735.jpg



      なんかのどかでいいですよねぇ。

      この時期ドライブしててもいい気分にさせてくれます。



  でわでわ また


 追伸:パソコンを新しいのにして、あらためてブログ再開したら投稿スタイルがちょっと変更になってまして、DIYとか雑木の庭とかのバナーが張り付けてもピン送信が出来ない状況になっちゃいました。 原因はこれから追究する予定ですが・・ 

 ピン送信が出来ないみたいなので、申し訳ありませんが、
トップに戻って右上にあるバナーをポチッと押してくれたらうれしいです。


by aiyababa | 2014-05-31 03:25 | 山野草 | Comments(0)

当別の山に秋を見つけに・・。

ナマステ!

 ここんところ非常に寂しい日々を送らざるを得ない状況になっている。

 秋が少しづつ深まってきたからとかそんなセンチメンタルな出来事から言っているのではありません。

 あまりにも不甲斐ない日本ハムの戦いぶりに情けない思いで戦況を見つめているのであります。

 やっと札幌ドームに戻ってきて首位イジメ・・と思っていたら・・ホームでコテンパンにやられてしまった。 まさかの3タテ。 楽天戦で行けばホームでまだ勝ってないらしい。 ビジターならまだしも・・毎年鴨にしている球団にこの成績は・・情けないのであります。

 更に今日からリーグ2位のロッテ戦。 8時現在1:3とリードを許している有様。

 一体誰が投げたら勝てるのか・・。

 そーゆーことを忘れるには・・小生の場合・・・山に入るのが一番の気分転換。

 先週末の土曜日。 また近くの当別ダムに行って、花や木々の写真を撮ってきた。



 先週までの雨で珍しく、ダムは満水。 放流されていました。
d0251572_20282674.jpg



 もともとはサラシナショウマが開花している頃だから・・・というのがその目的ではあったのだけど、以外にも既に里でも紅葉が始まっていたりして、それはそれで楽しかった。


 ただ、山々を見渡せばまだ秋の気配には乏しい。
d0251572_20302788.jpg



 まずは花の写真から。

 早速・・サラシナショウマ。
d0251572_20175532.jpg
この手の”もこもこ系”の花はけっこう楽しい。

 既に種も出来始めていて、10月になったらまた採りに行こうと画策中。
d0251572_2020944.jpg


 次はアキノキリンソウ。
d0251572_2021416.jpg


 どこにでもイヌタデ。 
d0251572_20215437.jpg
でも群生するとそれはそれで見ごたえがあります。 路肩が華やかになります。

 そして、キツリフネ。 意外と花期が長い。
d0251572_20251582.jpg



 この時期の菊科の花は珍しくないけれど、何処にでも咲いているエゾノコンギクは置いといて・・


 エゾゴマナ
d0251572_20332225.jpg
一株で咲く花の数がすごい・・ので。


 で、この時期の木の実と紅葉。

 丁度ツリバナがそちこちで実を割ってぶら下がっていました。
d0251572_2035245.jpg
既に葉っぱは一部紅葉も始まっていて・・・その姿といい・・庭木に1・2本欲しい木だなぁ。

 実を拡大すると・・
d0251572_20355119.jpg


 そして、山葡萄の紅葉。
d0251572_20375037.jpg
個体差が激しくて、落葉し始めているのもあったり、まだ緑色のもあったり・・環境でかなり左右されてるようで・・。


 オオカメノキの紅葉。
d0251572_204028100.jpg
数あるオオカメの中で何故この木だけこんな早くに?

 コマユミも少し紅葉し始めました。
d0251572_20421178.jpg



 そして小生にとっては親の仇?的な存在のツタウルシ。
d0251572_20463843.jpg
このツタの紅葉は見事しか言いようがないが・・・ここんところ毎年・・返り討ちにあっている・・・。


 で、帰り際・・田んぼの沢でこんなものも。

d0251572_204914100.jpg
ホップです。 これでビールでも造れれば採って帰るのだが・・・。


 今回は他にクルマユリの種も採取したし、けっこう集まったけど・・このうちどれだけ芽が出るのか・・愉しみです。


 でわでわ また


 ランキングに参加しています。 ポチっと押してランキングを覗いてみてくださったら嬉しいです。 
にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村  
にほんブログ村 花ブログ 雑木の庭へ
にほんブログ村  


 ご訪問ありがとうございました。 また遊びに来てくださいませ。



 
by aiyababa | 2013-09-24 21:03 | 山野草 | Comments(0)


「みちくさ」 ちょっと覗いて
最新の記事
以前の記事
最新のコメント
カテゴリ
タグ
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧