あいやばばライフ


北国初心者・家事初心者の日々・喜怒哀楽を・・・。
by aiyababa
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

山芋が気になったんで・・。

ナマステ!



 前々からお隣さんには山芋の蔓がヒバの木に絡んでいるのを知ってましたが・・・我が家にはムカゴしかこぼれてきませんで、毎年毎年新芽がそこら中から出るたびに草引きする羽目になって、何とかしてよ!お隣さん!って思ってたんだけど・・・



 その後、いろいろあって、今では休耕地だった畑も使わせてもらってる上、ちゃっかり腐葉土箱も設置してしまって、我が物顔で使わせてもらってるんだけど・・・今まで草ぼうぼうで行けなかったところが・・・おかげさまで簡単な道もつけて通れるようにしまして、山芋の蔓も容易に探し出せることとなりました。
d0251572_20321613.jpg


 
  そーなると・・人間現金なもんで、”ヒバの木の保護のためにも・・・”とか勝手な理由をつけて・・・収穫を試みる。



   ヒバやイチイの木には10数本の蔓が絡み合っているのだけど、その中から、木から離れている蔓を選んで・・・と。



  昔、小生の実家の垣根にもよく長芋の蔓が絡んで、何度か長芋掘りをやってみたんだけど・・・木の根っこに邪魔されて、全部取れずに悔しい思いを何度したことか・・。



  選んだのは木の根元から1mちょっと離れたところのやつ。



  蔓の太さから行くと「・・・大きいのは皆無だな・・。」っていうのは判るんだけど、その中でも大きいのを選んでみました。
d0251572_20334631.jpg


   小さい根っこはそこかしこに回ってるけど・・全部バッツリと切っては掘り進みます。 
d0251572_23352635.jpg


  ん? まだ続くか? もうちょっと広げねば・・・。
d0251572_20434426.jpg


  あまり進まぬうちに、いきなり終わってしまいました・・・。



     可食部・・正味30cm・・・。
d0251572_20445122.jpg


    ちょっと物足りなさを感じたけれど・・一応食べられるサイズには十分だったので・・二匹目のどじょうを・・・。



    で、これだって思う蔓の周りを掘ってたら・・・
d0251572_20583599.jpg



    別な山芋をザックリ!  え? なんでここにも??
d0251572_21041213.jpg


   よく見たら蔓が下りてたけど、細いものでした。 本命はこの奥にあります。


      途中経過・・・。
d0251572_21060041.jpg

 
     形は良くない・・。 案の定、この後すぐに終了。


    で、今回の成果。 2番目のは左端、最初のが右端です。
d0251572_21074649.jpg



    これを見る限り・・木の近くにあるものは蔓の太さから可食部で50cmはあるかと思われますが・・ざっと見たところ採り易そうな場所では、せいぜい30cmクラスでしょうか?



  で、真ん中の小さい2本をまず試食。


  ピーラーで皮を剥いて・・おろし器ですり下ろしてみたら・・すぐに変色?
d0251572_21121950.jpg


    ↑の二本を全部すり下ろしたら・・・
d0251572_21141943.jpg


   全然落ちない・・わけじゃないけど・・すごい粘り気です。


  
   長芋だとばかり思ってたけど・・・限りなく自然薯に近い。  ちなみに、この粘り気を・・長芋を1、自然薯を10としたら・・



   8くらいでしょうか? かなり自然薯です。 長芋の先祖返りってものがあるなら頷ける粘り気ですが・・・野生のものだったんでしょうか??



   とてもじゃないけど出し汁を入れなきゃ食えない粘りだったので、自然薯の1.5倍くらいの量の出し汁で溶いた。
d0251572_21191859.jpg


   写真は2回目に入れた75ccの分量です。 これに醤油と、メンミ(キッコーマン北海道限定販売のめんつゆ)を入れて・・・やっと食べられる粘度に・・・。



   これを水菜と玉ねぎスライスの生野菜サラダにドレッシング代わりに掛けて・・・
d0251572_21263180.jpg


   これは細君直伝の食べ方なんでありますが・・・まずまずの美味しさでした。



  とにかく、どうやら自然薯らしい・・・っていうのが大きな収穫でした。



   で、次は・・すり鉢で擂ってみました。 
d0251572_19172614.jpg

  細かい泡を含んでよりきめ細かい滑らかな口当たりです。 同様に出し汁を加えて・・



  醤油とメンミで味を調えても一度かき回して・・・今回は生卵を一個加えて終了。



  とにかく・・・うんまい!



   今年は・・もう時間がないので・・・次回の芋掘りは・・・ないだろうな・・・。



  来年・・また、期待したいですね。



   でわでわ また



   ⇓
ランキングに参加しています。 いずれか一つで結構ですので・・ポチっとブログ応援よろしくです。 別窓で開きます。 







   ご訪問ありがとうございました。 またお越しくださいませ。





by aiyababa | 2017-10-31 19:20 | 山菜・きのこ | Comments(2)
Commented by けい at 2017-11-01 06:07 x
流石、凄い粘りですね。

一番下のすり鉢で擂ったものは白いですけど、あく抜きをされたのでしょうか?
あく抜きは酢でしょうか?

自然薯は塩ビのパイプで育てている人が居ると聞きました。
つくね芋などの粘り気のある芋がお好み焼きに欠かせないので、我が家も今年は
チャレンジしてみたいと思っています。
Commented by aiyababa at 2017-11-01 08:24
けいさんおはようございます。

あく抜きですか・・。 そういえば、すり鉢で擂った山芋は変色しなかったですね。 
いつもあく抜きはやってませんでしたから
なんだか個体差があるようで、粘りも若干落ちてた気がします。 粘り度6くらいでした。

塩ビパイプはやってみたい方法ですね。 縦に1mも掘れないですから、考えた人にはノーベル賞上げたいですよ・・。
お好み焼きに入れるわけですか・・なるほど~・・真剣になるわけですね。
<< 腐葉土箱No3の製作・・そして... 突然の出会いが2度もあった。で... >>


「みちくさ」 ちょっと覗いて
最新の記事
以前の記事
最新のコメント
いつまでも通り過ぎない通..
by aiyababa at 22:06
葉菜さんこんばんは。 お..
by aiyababa at 21:51
こんにちわ。大根の越冬法..
by いつまでも通り過ぎない通りすがり at 13:19
お早うございます 寒暖..
by 山の葉菜 at 06:53
けいさんおはようございま..
by aiyababa at 08:24
流石、凄い粘りですね。 ..
by けい at 06:07
カテゴリ
タグ
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧