あいやばばライフ


北国初心者・家事初心者の日々・喜怒哀楽を・・・。
by aiyababa
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

ラクヨウきのこを探しに行きました。

ナマステ!



 ここんところFじーとのセッションが続いてる”遊びの時間”なんですが、昨日のFじーの定休日は、実りの秋にふさわしい欲張りプランを立てていました。




  プランの内容は・・・まず、前回行った山でキノコ採りをして、そのあと海に行って大チカの夢の続きを見る!っていうものでした。




  しかし、当日が近くなると・・天気予報では雨・・・ということになってまして・・話し合った結果・・




  「成り行きに任せましょう・・・。」ということになった。



 
  で、当日朝、起きた時には雨も止んでて遠くは光が差してるところもあったんですが・・・
d0251572_10591299.jpg



  8時半。 石狩市にある某海産物商店の駐車場で待ち合わせをしたときは・・生憎の雨。 



 小生はキノコ採りだけは合羽を着てでもやるつもりではいましたが(どうせ朝露に濡れた草木をかき分けたらびしょびしょになりますので・・・)、小生の道楽に付き合っていただくFじーにまで雨中のキノコ採りという暴挙に付き合わせるにはいきません。



  で、Fじーには今回はご遠慮なさっていただき、小生のみで向かうこととした。



   厚田区望来の海岸線です。 晴れていれば結構眺めのいい景色なんですが・・・雨とあっちゃ何もかも霞んでしまっていけません。
d0251572_10575790.jpg


    9時20分・・現地着。 




   そしたら・・なんと・・・雨は止んじゃったじゃないですか・・。




   合羽を着てリュックを背負い、誰かが落としていったらしい棒を手に早速山に入りまして・・




    幸先よく・・5分もしないうちに一本目を発見。
d0251572_11075827.jpg
            ありがたや~~

    傘も開く前の上等な一品でした。


   

   そして・・次から次へと見つかりまして・・・
d0251572_11101008.jpg


    ↑ 7割方はこのように傘が開き切ったもの。 でも中身はしっかりしたものでした。



     他にも・・・
d0251572_11101667.jpg

d0251572_11102008.jpg






   1時間も歩かずにそこそこ一杯取れたので、一旦車に戻ってまたほかの山に入りましたが・・そこでは30分歩いてもたった2本しか見つからなかったので、キノコ採りをやめて11時には帰路につきました。



      で、今回の収穫。
d0251572_11152488.jpg


    大小合わせて50本強。  昔に比べたら少ないですが近年では一番採れたほうではないでしょうか? 正味1時間半、2時間でなら上出来です。



       すぐに塩水を作って虫出し作業。
d0251572_11164626.jpg



     早速、スーパーで買ったシメジも入れて・・・昼飯は・・・



      
         ラーメン!


d0251572_11193096.jpg


    
     野生のキノコは全てに主張してるよね。 これは食べたものしかわからない。 





     少しづつご近所さんにおすそ分けして・・





       残りはこれだけ。
d0251572_11243526.jpg


     これで、我が家用と・・・とある方にきのこの混ぜご飯を作ります。 否、作りました!ですね。




   具材は・・・ラクヨウのほかにシロヌメリイグチ、しめじ、エノキ茸、牛蒡、人参、こんにゃく、油揚げ・・そして鶏モモ肉などです。
d0251572_13422234.jpg



   味付けはかつおだしと醤油、酒、砂糖、おろし生姜少々・・配合は適当。 何と言ってもキノコや牛蒡からのダシで香りも最高でありまして・・・小生にすれば猫にマタタビ・・みたいなものです。 




   ぐつぐつと煮込みまして・・・
d0251572_18164839.jpg

    これはしかし・・・「含む・Fじーへのおすそ分け!」です。




  意外とあっさりとおすそ分けで差し上げたり、調理してしまったりで全てのものを使い切ってしまったので・・・あ~~もうちょっと頑張ってあそこの山にも入ってみてもよかったかなぁ・・とやや後悔。



  でも・・・楽しかったぁ・・・。 




  でも・・・ちょっと気がかりな面もありました。 キノコは広葉樹の森の倒木や朽ち木に生えるナラタケとかなめこ、マイタケなんかは別として・・松の林に生える、シメジ類やイグチ類等はその林の年齢によって年々環境が変わっていって、老木の下ではそのうちに生えなくなってきてしまいます。



   ある程度地面にまで日が差し込む程度の若い木で他の低木も一緒に生えてる混成林が実は一番これらのキノコには良い環境となるのだが・・・残念なことにカラマツを植林している林をあまり見かけない。 我が町でも見るほとんどはトドマツとかエゾマツじゃないかと思うのだけど・・カラマツ林は多くは皆大木になっていて、恐らく昔は採れていたであろうラクヨウも今ではあまり採れなくなってきているのじゃないかと思うのです。 まだ採ったことはないけれど、エゾ松に生える北海道産のマツタケも同じことが言えるのじゃないかと思います。




  しかしこれは時の流れですから、小生がここで何か言ったところでなんとも出来ないのではありますが、以前に比べて少しづつ山が荒れて行ってる気もしないではなくて、一抹の不安と寂しさを感じます。



    食っていける林業・・ってのは望むべきもないのでしょうか?




   少子高齢化でおまけに結婚もしない・・人口は減るばかりで住宅を建てるどころか空き家ばかりが多くなってる。 需要がどんどん減ってる現状に山も荒廃し、どげんかせんといかん!・・と、いろんなところであの手この手で山を守っていこうという機運が高まっているのは結構なことですが・・しかし・・その多くは林業従事者の高齢化と減少で打ち捨てられてるところが多いと聞きます。




   小生なんか、「好きな木を切っていいよ!」と言われたら、手弁当でチェンソー持って行ってすぐに飛んでいくんですが・・・なかなか世の中上手くいきません。




    後世のためにも、キノコの生える豊かな森を夢見て・・・




   また来年もラクヨウ採りたいですもんねぇ・・・。





   でわでわ また



   ⇓
 ランキングに参加しています。 いずれか一つで結構ですので・・ポチっとブログ応援よろしくです。 別窓で開きます。 







   ご訪問ありがとうございました。 またお越しくださいませ。





by aiyababa | 2017-09-30 18:20 | 山菜・きのこ | Comments(0)
<< 帰省してます。 スチール物置前アプローチ用ステ... >>


「みちくさ」 ちょっと覗いて
最新の記事
以前の記事
最新のコメント
いつまでも通り過ぎない通..
by aiyababa at 22:06
葉菜さんこんばんは。 お..
by aiyababa at 21:51
こんにちわ。大根の越冬法..
by いつまでも通り過ぎない通りすがり at 13:19
お早うございます 寒暖..
by 山の葉菜 at 06:53
けいさんおはようございま..
by aiyababa at 08:24
流石、凄い粘りですね。 ..
by けい at 06:07
カテゴリ
タグ
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧